2019年10月28日 (月)

グローバル人材と県内就職促進の両立

   今日で決算審査が終わりますが、所管の学事総務課の審査のなかで県立大学の県内就職率の目標値44%に対し3年続けて33~34%と大きく下回っていることに対して「同じような取り組みでは到底達成できない。抜本的な取り組みの見直し」を求め、既に内定がでているだろうから30年度の県内就職率を11月議会で報告するよう要望していましたが、先週末の新聞報道で「県立大学新設学科来春卒業生が大手など幅広く内定」の見出しの記事のなかで県内の内定率は25%に留まったとの記述が…就職を担当する部長はタイトルにある「グローバル人材の育成と県内就職促進の両立は難しさも感じる」とのコメント。

 こうなると当時何のために新設学科の設立を目指したのか疑問になってきます。人材の育成は県内就職にこだわらなければ望ましいことだと思います。しかし当時は国内で初めての情報セキュリティー学科を設置することで長崎に最先端のIT企業を誘致することができると言ってきたはずです。それは誘致企業だけではなく地元の同業種企業にも当てはまる話で、要は学部新設から地場IT企業の育成も含めて学生の受け皿となる企業を誘致(育てる)ができなかったことに問題があるのだろう思うわけで、卒業生の出身地等の種々の検証も必要ですが、初卒業生の就職については県の目論見通りにはいかずほろ苦いものとなりました。

| | コメント (1)

2019年10月21日 (月)

熱い一か月をありがとう

   昨夜はテレビにてラグビーの応援を。結果は残念ながら準決勝進出はできませんでしたがここまで堂々の戦いぶり。元気と勇気をもらいました。目標をもってひたむきに頑張る姿に日本国中の多くの方が感動されたのだと思います。この気持ちを自身の生活にも!

   先週17日から決算審査に入っています。28日までの日程ですが、先週末は総務学事課の審査、総務学事課は私学(県立大学含む)を所管していますが質疑を通じて感じたことは「もっと現場を知ってほしい」ということ。
 私の質疑ではスクールカウンセラーも配置できていない学校があること、担任と別に発達障害児のサポートをする支援員が配置されているかいないかも把握していないことがわかりました。
 また県立大学の卒業生の県内就職率の目標達成(44%)もここ数年達成できておらず、在校生の県内出身割合が同44%ならば県外出身者をいかに卒業後も県内に留めるかがポイントだと思いますがそのような視点を持っての取り組みはなされていないようで、検証が十分でない、要はもっと現場に足を運ばねばだと思いました。現在夏休み明けで内定の集計中ということですので11月議会の議案外審査で前倒しで県内定着率を確認し、達成できていないとすれば来年度の施策(事業化)につながるような取り組みを試みます。
 今日は教育員会の決算審査です。

| | コメント (4)

2019年10月 7日 (月)

おくんち開幕

 秋晴れのなかおくんちが開幕です。練習に励まれた踊り町の皆さん方思い切り練習の成果を発揮されてください。私は今年は所属するライオンズのブースで冷やしパイナップル売りを仕事の合間をみてお手伝いさせてもらいます。

 議会も先週末に閉会しました。今議会では個人質問も行い、質問の成果としては
「駅舎含めて駅前整備にさらに積極的に取り組むことの確認」
「災害時支援者名簿の自治会等への情報提供を急ぎ実行すること」
「県庁舎跡地の整備についてその歴史的重要性を活かすことを委員会で認識できたこと」
だったと思います。

 週末土曜日は自民党政調会でのプロジェクトにも位置づけた「国連機関の誘致」に関連するイベントの視察で北九州に。昨日は滑石地区の秋の地域に向けた行事と運動会、午後からは民謡演舞の発表会に出席させていただきました。

 今日から3日間は変則的な過ごし方ををしますのでご連絡は携帯にお願いしますが、出られないときは折り返しご連絡させて頂きますのでよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

県庁舎跡地発掘調査について

 本会議の個人質問では6月議会の議論も踏まえ、跡地整備については
「ホール」
「広場」
「おもてなし交流施設」
という3つの基本的な機能は認めつつも、その3つに限定しない慎重な検討を行うことを確認し「基本構想策定予算」を認めたことを再度公な場で確認がなされましたが、昨日の委員会では「県庁跡地を考える会」の方を参考人に招き発掘調査について集中審査をしました。

 会の方からは
①前提(開発行為ありきの調査になっていないか)
②発掘調査の対象範囲
③調査の仕方
④工期
について県の調査計画案と自分達には隔たりがあるとのことでの要望が4人の参考人の方からこの地のもつ「歴史的な重要性」の説明も含め意見がなされました。
 後に参考人に対する質疑、理事者の説明を受けての理事者への質疑を行いましたが、教育委員会からは
「予断を持たずしっかりと発掘調査を行う」
「途中の課程(プロセス)を県民の公開する」
「遺構がでてきた場合は特化した専門家も交えその後の対応について協議を行う」
等、きちんと臨む旨の答弁がなされました。
ただひとつだけ「仮に遺構がでてきた場合については一度立ち止まり現在の整備案も見直しを意見する」という趣旨の要望については「整備について私たちは意見する立場にない」という姿勢を貫かれたのでこの点について私は異論を唱えました。

 いずれにしても来月から3ケ月かけての基礎調査に注目です。

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

今日から委員会審査

   県議会は今日から委員会審査です。明日は関心をもって臨んでいる県庁跡地発掘調査で参考人を呼んでの集中審査も行われます。

   今年は台風による災害の多い年となりました。私も夏の時は政調会として災害調査に行きましたが、今は議会開催中でままならず、そんななか今日は加藤副大臣が諫早・島原の県央地区を明日は金子参議が松浦を中心とする県北地域の災害調査に行かれます。迅速な対応に感謝です。

   災害支援者名簿が自治会や消防団等への情報提供が進んでいないことを今回の質疑で確認しました。情報提供の促進に県下の自治体と再度協議するとの答弁が得られました。ことは人命に関わることであり早期に、できれば今年度内に完了するように質問後もしっかりと追いかけていきます。

今週は月曜が休みでしたので一日少なく~今週も仕事にアフター5に充実を!

 

| | コメント (0)

«新幹線はツール