2019年7月11日 (木)

県議会閉会

   昨日で県議会も閉会。
 今議会は補正予算や議案の審査の他に「新幹線」「県庁跡地」等の県政の重大案件についても委員会で活発に議論されたのですが、報道では十分に表にでてこず県民の方に伝えきれていないのが気になります。
 跡地についても自民党では事前に経済界の提案を聞く意見交換会を行い、委員会のなかでは慎重な発掘調査を求める団体を参考人として委員会に出席頂き質疑を交わしています。少なくとも「ホール」を含む3つの機能と並行して交流人口増を目指す新たな提案についてもしっかりと受け止め検討の俎上に乗せることについて確認がとれたことは、政調会長として初めて臨む議会において「最低限の仕事」はできたものと思っています。

   今朝は04時過ぎより魚市場に顔出し。午前中は相談事対応、午後は県連事務局に詰め当番日です(数日前から県連三役は必ず一人は常に県連に詰めて選挙に対応する体制となっています)。

| | コメント (3)

2019年7月 2日 (火)

議会中盤

   県議会は個人質問が終わり委員会審査に入っています。今年度は私は久しぶりの文教厚生委員会に所属。

   昨日は福祉保健部の審査報告のなかで私の昨年度の質疑で実現した「子供の生活調査」を踏まえての貧困対策の中での課題の一つに「支援制度の周知が十分でなかった」という報告があっていたので、その点について質疑しました。
 具体的に改善が必要と思われるべき事例として「児童扶養手当と就学援助」について窓口の一本化、処理の迅速化について理事者とやりとりしました。9月議会迄の実態調査と検討を約束

 全体の議論からすれば小さな視点ですが、せっかくの質疑の機会で「実をとる」ことに絞り質疑を行いました。縦割りの弊害改善の一助になれば。

 また保育無償化に伴う給食費(副食費)の実費徴収についても県としての取り組みを求める質疑を行いました。
 これも今秋の実施以降の様々な課題に対して積極的に向き合い、見直しが必要であれば来年度に反映させるよう意見~了解をとりました。

 それにしても所属する委員会に新人議員が二人いますが、市議の経験と専門的な知識・経験をもっての質疑は新人とは思えぬ堂々としたもので連日刺激を受けています。

| | コメント (1)

2019年6月19日 (水)

6月議会始まりました

   さる17日から来月10日の会期で6月議会は始まりました。改選後初めての議会となり特に1期生の積極的な姿勢には自身も「初心」に返った思いがいたしております。

   4月の選挙以来土日も一日も休みなく活動していますが、政調会長となってさらに三役としての出席行事がプラスされ公式な行事や党の行事が連日てんこ盛りでなかなか自身の活動ができていません。総会シーズン&参議選前ということもありお許し頂ければと思います。

   議会の方は私達の会派からの4人の同僚が質疑(うち2名1期生)し、予算総括質疑も新人&総務会長が行うことになり、私の質疑は次の9月議会です。今は予算や議案の勉強のほかに政調会長の仕事である「意見書、請願の取り扱い」について事務局のサポートも得ながら精査をしています。

 今議会の個人質問は21、24、25日で12人が登壇します。

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

政調会長としての初仕事

   さる9日の自民党県連大会において政務調査会長に就任させていただきました。
 新幹線、石木ダム、諫早湾干拓、旧県庁舎跡地活用と県政における長年の懸案事項、ならびに本県の最大の課題である「人口減」への取り組み。山積する課題解決に向け本県選出国会議員も国政においてご尽力頂き、県政においても取り組みの加速化、また成果がでない課題解決についてはこれまでの取り組みの検証や新たな視点での施策提案等も求められるなかしっかりと取り組んでいく覚悟でいます。

   早速三役の一人としての各種行事にも出席していますが、一昨日昨日にかけては上京し「令和2年度 政府施策に関する要望」活動を知事・県議会議長に同行し行ってきました。

061430614206141 06144 06145

 

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

区切りの年、気持ちも新たに

   土曜は月一の05時からの朝起き会、青年協会現役の厄入り神事、日曜は銅座町南蛮会の賀寿の神事と二日続きで早朝より始動。他は難聴者・中途失聴者協会の総会、党青年部局の全国一斉街頭活動、三重のペーロン大会、党地域支部・職域支部長会議(参議選へ取り組み)と行事びっちりの週末でした。神事に出席させて頂きながら自身の厄入りのはるか昔の時はどんな風に過ごしたかと思い起こしていました。神職の方から「健康に留意してじっくりと活動を」という趣旨のお話を聞き、私も統一地方選の時に「20年の実績」を訴えて再選させて頂いたわけですから現在21年目、区切りの年、これまでのなかで一番活動できた、実績をだせたという年にしたいものです。なぜそこまで言い切るかというと…9日の日曜日までお待ちくださいませ。

| | コメント (0)

«令和元年最初のひと月終えました