« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月

2003年9月17日 (水)

大失敗

 9月議会も明日で終わりです。今議会は補正予算の額も少なく、議案の数もそう多くなく少し消化不足の感じでいます。また個人質問も先日書き込んだ通りさえませんでした。そして請願の件では大きな失敗もしました。どんな失敗だったかというと、知り合いの方から議会が始まる2・3日前に連絡があり、「国立長崎病院(田上療養所)の独立行政法人への移行に伴う職員の雇用について」、関係者が議会に請願をしたいので会ってくれないかということ。議会間近でもあり大急ぎで会い話を聞かせてもらいました。説明を受けた内容は「国の機関の独立行政法人化が進み自分達の病院も法人化へ向け準備が進められている。そのなかで来年4月からは正規の看護師は引き続き雇用されるが嘱託職員(32名)は雇用継続の確約がとれない、嘱託の雇用がなくては適正な仕事(医療)が行えない」ので「嘱託職員の雇用継続をお願いしたい」というものでした。私は病院の現状と市民の雇用を守るという立場からは同調できる内容と思い、自分自身が紹介議員になることもですが、他会派の方にも相談・お願いに行きました。その間色々なやりとりはあったのですが、同僚議員の働きかけもあり5会派から紹介議員をだすという形で委員会で審議されるとこまでこぎつけました。しかし、いざ審議という段になって、請願者から出された参考資料の中には「嘱託職員を正規職員にすること」となっていることがわかり、それは話が違うではないかとなったのです。それでは賛成できないというのが多くの方の意見でした。審議に入る前、議会事務局から「前田議員、この件ご存知でしたか?」と聞かれて、あわてて説明を受けた時にもらった資料を再度見たら確かに「正規職員に」と書いてありました。私自身は正規職員に絶対反対ではありません。但しそれに賛成するには今までの経過や法人化により病院がどう変わっていくかなどまだまだ検討すべき点が沢山あると思っています。それよりなにより、そのことの説明全くなかったのですから…、結局賛成少数で採択されませんでした。
 そんな訳でどちらにとっても大変残念な結果になりました。同僚議員にも迷惑をかけてしまいました。紹介議員となるからにはもっと話をきちんと聞くことはもちろんですが、日頃から関心をもって臨まないと、こんな結果になると、大きな反省をこめていい勉強になりました。

|

大失敗

 9月議会も明日で終わりです。今議会は補正予算の額も少なく、議案の数もそう多くなく少し消化不足の感じでいます。また個人質問も先日書き込んだ通りさえませんでした。そして請願の件では大きな失敗もしました。どんな失敗だったかというと、知り合いの方から議会が始まる2・3日前に連絡があり、「国立長崎病院(田上療養所)の独立行政法人への移行に伴う職員の雇用について」、関係者が議会に請願をしたいので会ってくれないかということ。議会間近でもあり大急ぎで会い話を聞かせてもらいました。説明を受けた内容は「国の機関の独立行政法人化が進み自分達の病院も法人化へ向け準備が進められている。そのなかで来年4月からは正規の看護師は引き続き雇用されるが嘱託職員(32名)は雇用継続の確約がとれない、嘱託の雇用がなくては適正な仕事(医療)が行えない」ので「嘱託職員の雇用継続をお願いしたい」というものでした。私は病院の現状と市民の雇用を守るという立場からは同調できる内容と思い、自分自身が紹介議員になることもですが、他会派の方にも相談・お願いに行きました。その間色々なやりとりはあったのですが、同僚議員の働きかけもあり5会派から紹介議員をだすという形で委員会で審議されるとこまでこぎつけました。しかし、いざ審議という段になって、請願者から出された参考資料の中には「嘱託職員を正規職員にすること」となっていることがわかり、それは話が違うではないかとなったのです。それでは賛成できないというのが多くの方の意見でした。審議に入る前、議会事務局から「前田議員、この件ご存知でしたか?」と聞かれて、あわてて説明を受けた時にもらった資料を再度見たら確かに「正規職員に」と書いてありました。私自身は正規職員に絶対反対ではありません。但しそれに賛成するには今までの経過や法人化により病院がどう変わっていくかなどまだまだ検討すべき点が沢山あると思っています。それよりなにより、そのことの説明全くなかったのですから…、結局賛成少数で採択されませんでした。
 そんな訳でどちらにとっても大変残念な結果になりました。同僚議員にも迷惑をかけてしまいました。紹介議員となるからにはもっと話をきちんと聞くことはもちろんですが、日頃から関心をもって臨まないと、こんな結果になると、大きな反省をこめていい勉強になりました。

|

大失敗

 9月議会も明日で終わりです。今議会は補正予算の額も少なく、議案の数もそう多くなく少し消化不足の感じでいます。また個人質問も先日書き込んだ通りさえませんでした。そして請願の件では大きな失敗もしました。どんな失敗だったかというと、知り合いの方から議会が始まる2・3日前に連絡があり、「国立長崎病院(田上療養所)の独立行政法人への移行に伴う職員の雇用について」、関係者が議会に請願をしたいので会ってくれないかということ。議会間近でもあり大急ぎで会い話を聞かせてもらいました。説明を受けた内容は「国の機関の独立行政法人化が進み自分達の病院も法人化へ向け準備が進められている。そのなかで来年4月からは正規の看護師は引き続き雇用されるが嘱託職員(32名)は雇用継続の確約がとれない、嘱託の雇用がなくては適正な仕事(医療)が行えない」ので「嘱託職員の雇用継続をお願いしたい」というものでした。私は病院の現状と市民の雇用を守るという立場からは同調できる内容と思い、自分自身が紹介議員になることもですが、他会派の方にも相談・お願いに行きました。その間色々なやりとりはあったのですが、同僚議員の働きかけもあり5会派から紹介議員をだすという形で委員会で審議されるとこまでこぎつけました。しかし、いざ審議という段になって、請願者から出された参考資料の中には「嘱託職員を正規職員にすること」となっていることがわかり、それは話が違うではないかとなったのです。それでは賛成できないというのが多くの方の意見でした。審議に入る前、議会事務局から「前田議員、この件ご存知でしたか?」と聞かれて、あわてて説明を受けた時にもらった資料を再度見たら確かに「正規職員に」と書いてありました。私自身は正規職員に絶対反対ではありません。但しそれに賛成するには今までの経過や法人化により病院がどう変わっていくかなどまだまだ検討すべき点が沢山あると思っています。それよりなにより、そのことの説明全くなかったのですから…、結局賛成少数で採択されませんでした。
 そんな訳でどちらにとっても大変残念な結果になりました。同僚議員にも迷惑をかけてしまいました。紹介議員となるからにはもっと話をきちんと聞くことはもちろんですが、日頃から関心をもって臨まないと、こんな結果になると、大きな反省をこめていい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月12日 (金)

個人質問行ないました

 先週金曜日個人質問行ないました。傍聴に来て頂いた方ありがとうございます。通算8回目の質問となりましたが質問自体は時間が足らず十分な議論が出来ませんでした。事前の担当部署とのヒアリング含め引き出せた回答で一番の収穫は、無認可保育所の指導監督を強化する、特に新設の保育所に関しては開設申請後速やかに立ち入り調査を実施するとなったことです。また幼児誘拐殺害後の教育委員会の課題として「心の教育」、「道徳教育」の展開とともに「目に見えるわかりやすい施策」の実施を求め、一例として、「ノーテレビ、ノーテレビゲームの日」をPTA等に働きかけるよう提案しました。明確な答弁は頂けませんでしたが、既に展開している「家庭の日」(毎月第3日曜、知ってました?)をもっと中身を充実させ啓蒙啓発していきたいとのことでした。
 また今回は「教会群の世界遺産登録」運動についての行政としての支援の可能性について質問しました。今、日本は「世界遺産」ブームでしす。世界遺産に指定されているのは全国で11ヶ所、運動中はなんと38ヶ所あります。長崎に関連するのはこの教会群の他「軍艦島」、「被爆マリア像」が登録に向け活動を展開しています。長崎県には131の教会がありそのなかには国宝「大浦天主堂」をはじめ多くの歴史的・文化的に価値のある教会が県内にいくつもあります。これらの教会群を新たな観光資源として活かせないかということです。もちろん保護の見地からも遺産登録に向けて官民一体となって取り組んでいくことは大事なことと考えます。答弁は、遺産登録は大変むずかしいということでしたが、ゴールは世界遺産の登録ではなく、登録に向けた運動そのものが、新たな面的な観光ルートの開発につながるであろうこと指摘・要望しました。この他市営アパートの入居状況や長崎駅前開発について質問しましたが、いかんせん時間不足、問題提起、要望に留まりました。
 いつになったら100%納得いく質問できるようになるのでしょうか?もっと頑張らんばいかん!次回は3月の予定です。
PS;質問後市長と廊下でバッタリ、「もっと突っ込んでくるかと思ったよ」、くやしいー。また後日、「6月に行った小森議員の質問が前田さんのよりよかった」、もっとくやしいー
 

|

個人質問行ないました

 先週金曜日個人質問行ないました。傍聴に来て頂いた方ありがとうございます。通算8回目の質問となりましたが質問自体は時間が足らず十分な議論が出来ませんでした。事前の担当部署とのヒアリング含め引き出せた回答で一番の収穫は、無認可保育所の指導監督を強化する、特に新設の保育所に関しては開設申請後速やかに立ち入り調査を実施するとなったことです。また幼児誘拐殺害後の教育委員会の課題として「心の教育」、「道徳教育」の展開とともに「目に見えるわかりやすい施策」の実施を求め、一例として、「ノーテレビ、ノーテレビゲームの日」をPTA等に働きかけるよう提案しました。明確な答弁は頂けませんでしたが、既に展開している「家庭の日」(毎月第3日曜、知ってました?)をもっと中身を充実させ啓蒙啓発していきたいとのことでした。
 また今回は「教会群の世界遺産登録」運動についての行政としての支援の可能性について質問しました。今、日本は「世界遺産」ブームでしす。世界遺産に指定されているのは全国で11ヶ所、運動中はなんと38ヶ所あります。長崎に関連するのはこの教会群の他「軍艦島」、「被爆マリア像」が登録に向け活動を展開しています。長崎県には131の教会がありそのなかには国宝「大浦天主堂」をはじめ多くの歴史的・文化的に価値のある教会が県内にいくつもあります。これらの教会群を新たな観光資源として活かせないかということです。もちろん保護の見地からも遺産登録に向けて官民一体となって取り組んでいくことは大事なことと考えます。答弁は、遺産登録は大変むずかしいということでしたが、ゴールは世界遺産の登録ではなく、登録に向けた運動そのものが、新たな面的な観光ルートの開発につながるであろうこと指摘・要望しました。この他市営アパートの入居状況や長崎駅前開発について質問しましたが、いかんせん時間不足、問題提起、要望に留まりました。
 いつになったら100%納得いく質問できるようになるのでしょうか?もっと頑張らんばいかん!次回は3月の予定です。
PS;質問後市長と廊下でバッタリ、「もっと突っ込んでくるかと思ったよ」、くやしいー。また後日、「6月に行った小森議員の質問が前田さんのよりよかった」、もっとくやしいー
 

|

個人質問行ないました

 先週金曜日個人質問行ないました。傍聴に来て頂いた方ありがとうございます。通算8回目の質問となりましたが質問自体は時間が足らず十分な議論が出来ませんでした。事前の担当部署とのヒアリング含め引き出せた回答で一番の収穫は、無認可保育所の指導監督を強化する、特に新設の保育所に関しては開設申請後速やかに立ち入り調査を実施するとなったことです。また幼児誘拐殺害後の教育委員会の課題として「心の教育」、「道徳教育」の展開とともに「目に見えるわかりやすい施策」の実施を求め、一例として、「ノーテレビ、ノーテレビゲームの日」をPTA等に働きかけるよう提案しました。明確な答弁は頂けませんでしたが、既に展開している「家庭の日」(毎月第3日曜、知ってました?)をもっと中身を充実させ啓蒙啓発していきたいとのことでした。
 また今回は「教会群の世界遺産登録」運動についての行政としての支援の可能性について質問しました。今、日本は「世界遺産」ブームでしす。世界遺産に指定されているのは全国で11ヶ所、運動中はなんと38ヶ所あります。長崎に関連するのはこの教会群の他「軍艦島」、「被爆マリア像」が登録に向け活動を展開しています。長崎県には131の教会がありそのなかには国宝「大浦天主堂」をはじめ多くの歴史的・文化的に価値のある教会が県内にいくつもあります。これらの教会群を新たな観光資源として活かせないかということです。もちろん保護の見地からも遺産登録に向けて官民一体となって取り組んでいくことは大事なことと考えます。答弁は、遺産登録は大変むずかしいということでしたが、ゴールは世界遺産の登録ではなく、登録に向けた運動そのものが、新たな面的な観光ルートの開発につながるであろうこと指摘・要望しました。この他市営アパートの入居状況や長崎駅前開発について質問しましたが、いかんせん時間不足、問題提起、要望に留まりました。
 いつになったら100%納得いく質問できるようになるのでしょうか?もっと頑張らんばいかん!次回は3月の予定です。
PS;質問後市長と廊下でバッタリ、「もっと突っ込んでくるかと思ったよ」、くやしいー。また後日、「6月に行った小森議員の質問が前田さんのよりよかった」、もっとくやしいー
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年9月 5日 (金)

8日に個人質問

 遅くなりましたが、個人質問来週8日10時より行なうことになりました。今回は6項目、①幼児殺害事件後の対応と課題、②「特別養護老人ホーム」「保育所」の待機者の現況と課題、③市営住宅の入居の現状、④観光資源への取り組み(長崎の教会群の世界遺産への取り組み、「長崎の食」を観光イベントへ活かす方策)、⑤10年、20年先の街づくりの視点から(長崎駅周辺整備事業について、未着工都市計画道路の整備について)、⑥「国際都市長崎」としての留学生支援の現状、について質問します。時間は答弁含め60分ですから、絞った形で質問しなければ時間足りません。今回は特に、教育委員会に殺害事件後の対応の確認とこれからの教育のあり方について議論を挑みたいと考えています。具体的には国に指針による横並びの教育ではなく、長崎独自の教育の展開をすべきではないかということ。また保育所の問題では無認可の保育所のなかに残念ながら劣悪な環境のところがあるようにも聞いていますので、このような質の悪い無認可をなくしたい、そして緊急の取り組みとして避難経路、避難する際のマニュアル、防火責任者等、火災があったとき、きちんと誘導避難できないであろう無認可保育所がいくつかあるようです(あるはず)、至急対応する課題であることを質問のなかで現況含め明らかにしていく考えです。
 時間のある方はぜひ傍聴に来てください。本館横の議会棟で行なわれます。名前を書くだけ、と簡単に傍聴できますので。時間がとれない方はケーブルテレビで生中継しますのでよろしくお願いします。
 日曜は風船バレー九州大会が行なわれます。今回は残念ながら研修足らずで副審をやることになりましたが、大会のサポートに汗かいてきます。

|

8日に個人質問

 遅くなりましたが、個人質問来週8日10時より行なうことになりました。今回は6項目、①幼児殺害事件後の対応と課題、②「特別養護老人ホーム」「保育所」の待機者の現況と課題、③市営住宅の入居の現状、④観光資源への取り組み(長崎の教会群の世界遺産への取り組み、「長崎の食」を観光イベントへ活かす方策)、⑤10年、20年先の街づくりの視点から(長崎駅周辺整備事業について、未着工都市計画道路の整備について)、⑥「国際都市長崎」としての留学生支援の現状、について質問します。時間は答弁含め60分ですから、絞った形で質問しなければ時間足りません。今回は特に、教育委員会に殺害事件後の対応の確認とこれからの教育のあり方について議論を挑みたいと考えています。具体的には国に指針による横並びの教育ではなく、長崎独自の教育の展開をすべきではないかということ。また保育所の問題では無認可の保育所のなかに残念ながら劣悪な環境のところがあるようにも聞いていますので、このような質の悪い無認可をなくしたい、そして緊急の取り組みとして避難経路、避難する際のマニュアル、防火責任者等、火災があったとき、きちんと誘導避難できないであろう無認可保育所がいくつかあるようです(あるはず)、至急対応する課題であることを質問のなかで現況含め明らかにしていく考えです。
 時間のある方はぜひ傍聴に来てください。本館横の議会棟で行なわれます。名前を書くだけ、と簡単に傍聴できますので。時間がとれない方はケーブルテレビで生中継しますのでよろしくお願いします。
 日曜は風船バレー九州大会が行なわれます。今回は残念ながら研修足らずで副審をやることになりましたが、大会のサポートに汗かいてきます。

|

8日に個人質問

 遅くなりましたが、個人質問来週8日10時より行なうことになりました。今回は6項目、①幼児殺害事件後の対応と課題、②「特別養護老人ホーム」「保育所」の待機者の現況と課題、③市営住宅の入居の現状、④観光資源への取り組み(長崎の教会群の世界遺産への取り組み、「長崎の食」を観光イベントへ活かす方策)、⑤10年、20年先の街づくりの視点から(長崎駅周辺整備事業について、未着工都市計画道路の整備について)、⑥「国際都市長崎」としての留学生支援の現状、について質問します。時間は答弁含め60分ですから、絞った形で質問しなければ時間足りません。今回は特に、教育委員会に殺害事件後の対応の確認とこれからの教育のあり方について議論を挑みたいと考えています。具体的には国に指針による横並びの教育ではなく、長崎独自の教育の展開をすべきではないかということ。また保育所の問題では無認可の保育所のなかに残念ながら劣悪な環境のところがあるようにも聞いていますので、このような質の悪い無認可をなくしたい、そして緊急の取り組みとして避難経路、避難する際のマニュアル、防火責任者等、火災があったとき、きちんと誘導避難できないであろう無認可保育所がいくつかあるようです(あるはず)、至急対応する課題であることを質問のなかで現況含め明らかにしていく考えです。
 時間のある方はぜひ傍聴に来てください。本館横の議会棟で行なわれます。名前を書くだけ、と簡単に傍聴できますので。時間がとれない方はケーブルテレビで生中継しますのでよろしくお願いします。
 日曜は風船バレー九州大会が行なわれます。今回は残念ながら研修足らずで副審をやることになりましたが、大会のサポートに汗かいてきます。

|

8日に個人質問

 遅くなりましたが、個人質問来週8日10時より行なうことになりました。今回は6項目、①幼児殺害事件後の対応と課題、②「特別養護老人ホーム」「保育所」の待機者の現況と課題、③市営住宅の入居の現状、④観光資源への取り組み(長崎の教会群の世界遺産への取り組み、「長崎の食」を観光イベントへ活かす方策)、⑤10年、20年先の街づくりの視点から(長崎駅周辺整備事業について、未着工都市計画道路の整備について)、⑥「国際都市長崎」としての留学生支援の現状、について質問します。時間は答弁含め60分ですから、絞った形で質問しなければ時間足りません。今回は特に、教育委員会に殺害事件後の対応の確認とこれからの教育のあり方について議論を挑みたいと考えています。具体的には国に指針による横並びの教育ではなく、長崎独自の教育の展開をすべきではないかということ。また保育所の問題では無認可の保育所のなかに残念ながら劣悪な環境のところがあるようにも聞いていますので、このような質の悪い無認可をなくしたい、そして緊急の取り組みとして避難経路、避難する際のマニュアル、防火責任者等、火災があったとき、きちんと誘導避難できないであろう無認可保育所がいくつかあるようです(あるはず)、至急対応する課題であることを質問のなかで現況含め明らかにしていく考えです。
 時間のある方はぜひ傍聴に来てください。本館横の議会棟で行なわれます。名前を書くだけ、と簡単に傍聴できますので。時間がとれない方はケーブルテレビで生中継しますのでよろしくお願いします。
 日曜は風船バレー九州大会が行なわれます。今回は残念ながら研修足らずで副審をやることになりましたが、大会のサポートに汗かいてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »