« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »

2003年10月

2003年10月20日 (月)

離島の整備と過疎化

 慌しくおくんちも終わり関係された方々もほっとしていることと思います。私は先週1週間かけて壱岐、対馬の離島まわりをしました。
 みなさん島に行ったことありますか?対馬がどれくらい広い島か想像つきますか?端から端までの距離は長崎市の県庁から平戸口までの距離になります。そこを3往復してきました。私は自分の立場からすぐ選挙のことを考えるのですが、それは大変です。こんな広いところに県会議員が一人、来年3月には6町が市町村合併し一つの市になるそうですがそこで新しく29人の市議が選出されるそうです。今までの町議さん達が大半なられるのでしょうが市議選の期間は7日間ですからその選挙戦たるや大変の一言、私からは想像もできません。
 ところで対馬に行ったのは重油流出事故(覚えてますか?)があって以来ですから8年ぶりになります。当時と比べて島全体に元気がなくなっているというのが率直な感想です。活気がありません、若者の姿がみえません。一方、交通アクセス、道路やトンネル、その他港湾の整備はもうやるところないやろうと言うぐらい整備が進んでいます。
 今回、選挙応援ということで壱岐・対馬のような離島にも行く機会がありましたが長崎県は大くの離島を抱えています。その問題点は小泉総理がいうような三位一体の改革という全国一律の聞こえのいい歌い文句がおしなべて通用するようなものでは決してないことがはっきりとわかりました。離島のような大きなハンディキャップを抱えるところの街づくり・自治体の経営深刻な現状、先行きです。こうやって自分が住むところ以外の様子が見れたことも大きな収穫です。このことは書き足りないのでまた後日書き込みします。
PS;でも島の人はのどかで人情味あってよかですよ。小さな部落に入るとお昼どきはみんな外にでて座り込んで話し込んだりしている光景もありました。
 

|

離島の整備と過疎化

 慌しくおくんちも終わり関係された方々もほっとしていることと思います。私は先週1週間かけて壱岐、対馬の離島まわりをしました。
 みなさん島に行ったことありますか?対馬がどれくらい広い島か想像つきますか?端から端までの距離は長崎市の県庁から平戸口までの距離になります。そこを3往復してきました。私は自分の立場からすぐ選挙のことを考えるのですが、それは大変です。こんな広いところに県会議員が一人、来年3月には6町が市町村合併し一つの市になるそうですがそこで新しく29人の市議が選出されるそうです。今までの町議さん達が大半なられるのでしょうが市議選の期間は7日間ですからその選挙戦たるや大変の一言、私からは想像もできません。
 ところで対馬に行ったのは重油流出事故(覚えてますか?)があって以来ですから8年ぶりになります。当時と比べて島全体に元気がなくなっているというのが率直な感想です。活気がありません、若者の姿がみえません。一方、交通アクセス、道路やトンネル、その他港湾の整備はもうやるところないやろうと言うぐらい整備が進んでいます。
 今回、選挙応援ということで壱岐・対馬のような離島にも行く機会がありましたが長崎県は大くの離島を抱えています。その問題点は小泉総理がいうような三位一体の改革という全国一律の聞こえのいい歌い文句がおしなべて通用するようなものでは決してないことがはっきりとわかりました。離島のような大きなハンディキャップを抱えるところの街づくり・自治体の経営深刻な現状、先行きです。こうやって自分が住むところ以外の様子が見れたことも大きな収穫です。このことは書き足りないのでまた後日書き込みします。
PS;でも島の人はのどかで人情味あってよかですよ。小さな部落に入るとお昼どきはみんな外にでて座り込んで話し込んだりしている光景もありました。
 

|

離島の整備と過疎化

 慌しくおくんちも終わり関係された方々もほっとしていることと思います。私は先週1週間かけて壱岐、対馬の離島まわりをしました。
 みなさん島に行ったことありますか?対馬がどれくらい広い島か想像つきますか?端から端までの距離は長崎市の県庁から平戸口までの距離になります。そこを3往復してきました。私は自分の立場からすぐ選挙のことを考えるのですが、それは大変です。こんな広いところに県会議員が一人、来年3月には6町が市町村合併し一つの市になるそうですがそこで新しく29人の市議が選出されるそうです。今までの町議さん達が大半なられるのでしょうが市議選の期間は7日間ですからその選挙戦たるや大変の一言、私からは想像もできません。
 ところで対馬に行ったのは重油流出事故(覚えてますか?)があって以来ですから8年ぶりになります。当時と比べて島全体に元気がなくなっているというのが率直な感想です。活気がありません、若者の姿がみえません。一方、交通アクセス、道路やトンネル、その他港湾の整備はもうやるところないやろうと言うぐらい整備が進んでいます。
 今回、選挙応援ということで壱岐・対馬のような離島にも行く機会がありましたが長崎県は大くの離島を抱えています。その問題点は小泉総理がいうような三位一体の改革という全国一律の聞こえのいい歌い文句がおしなべて通用するようなものでは決してないことがはっきりとわかりました。離島のような大きなハンディキャップを抱えるところの街づくり・自治体の経営深刻な現状、先行きです。こうやって自分が住むところ以外の様子が見れたことも大きな収穫です。このことは書き足りないのでまた後日書き込みします。
PS;でも島の人はのどかで人情味あってよかですよ。小さな部落に入るとお昼どきはみんな外にでて座り込んで話し込んだりしている光景もありました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年10月 7日 (火)

半月ぶりの書き込みです

 この書き込み毎日書くぐらいの気持ちで続けなければと思ってますが実際はなかなか…、でもなにか一つだけでも毎日続けること、例えば歩くとか、たばこをやめる(ちょっと違うか?)とか目標もって続けている人います。私の場合はこの書き込みです。忙しいことを言い訳にはできませんが11月9日まで待って下さい。
 近況を書きますと、9月議会終了後の主な活動は私立幼稚園協会の方と一緒に特区構想のお願いをしてきました。現在まだ長崎県は特区0なんですが、幼稚園協会とお願いしたのは、3歳児の入園については今まで誕生月を迎えないと入園許されませんでしたがそれを年度初めから入園OKにしてほしいというものです。現在は誕生月まで待たないと入園できませんでしたので年度を通じた教育が出来ず、園側としてはどうしても預かり的なものになっていました。それを年度初めから受け入れるということで3歳児にも年間通じた教育プログラム・計画のもと子供達に接することができるというものです。他の自治体でもいくつか特区申請されています。24、25日は「合併による議員定数の見直し」の協議を市議会代表者会議で行いました。新聞でご存知でしょうが結論、合併後2年間の定数特例(各町から一人の市議会議員)+さらに4年間の定数特例、+最初の2年間の各町から選出された議員以外の町議で構成される「地域審議会」の設置で決まりました。色々紆余曲折ありましたが各町の理解が得られひと安心です。議長はじめ長崎市議会を代表して会議に出られた先輩議員、大変なご苦労あったことと思われます。
 29、30日は14年度の決算審議が行われました。総務委員会は全体の歳入と歳出をみるのが主な仕事ですから今まで所管の部の細部の予算執行状況について質疑をしていたのと比べると少し物足りない気がしました。もちろん全体をみるのは大事なことですが。どこの自治体もそうですが歳入不足はこれからも好転する見込みは望めず、さらなる歳出削減に努める、具体的にいうと行政改革の推進をもっと加速させなければなりません。税収をあげる対策も必要ですが、それには「お金がまわる仕組み、施策を積極的にうつ」ことが大事だと考えています。
 文字数の関係でここまでにしますが、10月から衆議員選挙の応援に入っています。だから甘えて11月9日までなんです、すみません。 

|

半月ぶりの書き込みです

 この書き込み毎日書くぐらいの気持ちで続けなければと思ってますが実際はなかなか…、でもなにか一つだけでも毎日続けること、例えば歩くとか、たばこをやめる(ちょっと違うか?)とか目標もって続けている人います。私の場合はこの書き込みです。忙しいことを言い訳にはできませんが11月9日まで待って下さい。
 近況を書きますと、9月議会終了後の主な活動は私立幼稚園協会の方と一緒に特区構想のお願いをしてきました。現在まだ長崎県は特区0なんですが、幼稚園協会とお願いしたのは、3歳児の入園については今まで誕生月を迎えないと入園許されませんでしたがそれを年度初めから入園OKにしてほしいというものです。現在は誕生月まで待たないと入園できませんでしたので年度を通じた教育が出来ず、園側としてはどうしても預かり的なものになっていました。それを年度初めから受け入れるということで3歳児にも年間通じた教育プログラム・計画のもと子供達に接することができるというものです。他の自治体でもいくつか特区申請されています。24、25日は「合併による議員定数の見直し」の協議を市議会代表者会議で行いました。新聞でご存知でしょうが結論、合併後2年間の定数特例(各町から一人の市議会議員)+さらに4年間の定数特例、+最初の2年間の各町から選出された議員以外の町議で構成される「地域審議会」の設置で決まりました。色々紆余曲折ありましたが各町の理解が得られひと安心です。議長はじめ長崎市議会を代表して会議に出られた先輩議員、大変なご苦労あったことと思われます。
 29、30日は14年度の決算審議が行われました。総務委員会は全体の歳入と歳出をみるのが主な仕事ですから今まで所管の部の細部の予算執行状況について質疑をしていたのと比べると少し物足りない気がしました。もちろん全体をみるのは大事なことですが。どこの自治体もそうですが歳入不足はこれからも好転する見込みは望めず、さらなる歳出削減に努める、具体的にいうと行政改革の推進をもっと加速させなければなりません。税収をあげる対策も必要ですが、それには「お金がまわる仕組み、施策を積極的にうつ」ことが大事だと考えています。
 文字数の関係でここまでにしますが、10月から衆議員選挙の応援に入っています。だから甘えて11月9日までなんです、すみません。 

|

半月ぶりの書き込みです

 この書き込み毎日書くぐらいの気持ちで続けなければと思ってますが実際はなかなか…、でもなにか一つだけでも毎日続けること、例えば歩くとか、たばこをやめる(ちょっと違うか?)とか目標もって続けている人います。私の場合はこの書き込みです。忙しいことを言い訳にはできませんが11月9日まで待って下さい。
 近況を書きますと、9月議会終了後の主な活動は私立幼稚園協会の方と一緒に特区構想のお願いをしてきました。現在まだ長崎県は特区0なんですが、幼稚園協会とお願いしたのは、3歳児の入園については今まで誕生月を迎えないと入園許されませんでしたがそれを年度初めから入園OKにしてほしいというものです。現在は誕生月まで待たないと入園できませんでしたので年度を通じた教育が出来ず、園側としてはどうしても預かり的なものになっていました。それを年度初めから受け入れるということで3歳児にも年間通じた教育プログラム・計画のもと子供達に接することができるというものです。他の自治体でもいくつか特区申請されています。24、25日は「合併による議員定数の見直し」の協議を市議会代表者会議で行いました。新聞でご存知でしょうが結論、合併後2年間の定数特例(各町から一人の市議会議員)+さらに4年間の定数特例、+最初の2年間の各町から選出された議員以外の町議で構成される「地域審議会」の設置で決まりました。色々紆余曲折ありましたが各町の理解が得られひと安心です。議長はじめ長崎市議会を代表して会議に出られた先輩議員、大変なご苦労あったことと思われます。
 29、30日は14年度の決算審議が行われました。総務委員会は全体の歳入と歳出をみるのが主な仕事ですから今まで所管の部の細部の予算執行状況について質疑をしていたのと比べると少し物足りない気がしました。もちろん全体をみるのは大事なことですが。どこの自治体もそうですが歳入不足はこれからも好転する見込みは望めず、さらなる歳出削減に努める、具体的にいうと行政改革の推進をもっと加速させなければなりません。税収をあげる対策も必要ですが、それには「お金がまわる仕組み、施策を積極的にうつ」ことが大事だと考えています。
 文字数の関係でここまでにしますが、10月から衆議員選挙の応援に入っています。だから甘えて11月9日までなんです、すみません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年9月 | トップページ | 2003年11月 »