« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »

2003年11月

2003年11月25日 (火)

政策要望と12月議会

 何かと慌ただしい時期ですが市役所もこの時期は来年度の予算を組み始める時期と12月議会の準備でバタバタする時期でもあります。予算が組まれるまでの流れを簡単に説明すると、まず市長の方から「来年度はこういう方針で臨む」みたいな基本姿勢が示されます、それを受けて①担当する課や部が来年度の予算案をつくる②財政部にその案をだす③財政部と担当部とのヒアリング(ここでかなり削られるとも聞いてます)④市長への説明(復活したり削減されたりとこの時点でもかなり予算が動きます)、そして晴れて来年度予算として成立。今は①から②の段階です。
 市議会の各会派でも予算作成時期に合わせ、行政に対し政策要望を会派毎に行います。もちろん自分たちの要望を予算に活かしてもらうためです。政策要望されたものは来年2月頃回答がなされます。私は前期後半はひとり会派だったこともあり政策要望していませんでしたが、今回は小森さんと二人で要望を作り上げ28日に市長宛に行います。
 12月議会は1日から17日までです。今回の個人質問は小森さんです。
 今週は来週から始まる議会の準備が主な活動になります。
 それにしても連日飲み会に出てます。なんか今年は忘年会のスタートが早いような気がしていますが私の回りだけでしょうか…

|

政策要望と12月議会

 何かと慌ただしい時期ですが市役所もこの時期は来年度の予算を組み始める時期と12月議会の準備でバタバタする時期でもあります。予算が組まれるまでの流れを簡単に説明すると、まず市長の方から「来年度はこういう方針で臨む」みたいな基本姿勢が示されます、それを受けて①担当する課や部が来年度の予算案をつくる②財政部にその案をだす③財政部と担当部とのヒアリング(ここでかなり削られるとも聞いてます)④市長への説明(復活したり削減されたりとこの時点でもかなり予算が動きます)、そして晴れて来年度予算として成立。今は①から②の段階です。
 市議会の各会派でも予算作成時期に合わせ、行政に対し政策要望を会派毎に行います。もちろん自分たちの要望を予算に活かしてもらうためです。政策要望されたものは来年2月頃回答がなされます。私は前期後半はひとり会派だったこともあり政策要望していませんでしたが、今回は小森さんと二人で要望を作り上げ28日に市長宛に行います。
 12月議会は1日から17日までです。今回の個人質問は小森さんです。
 今週は来週から始まる議会の準備が主な活動になります。
 それにしても連日飲み会に出てます。なんか今年は忘年会のスタートが早いような気がしていますが私の回りだけでしょうか…

|

政策要望と12月議会

 何かと慌ただしい時期ですが市役所もこの時期は来年度の予算を組み始める時期と12月議会の準備でバタバタする時期でもあります。予算が組まれるまでの流れを簡単に説明すると、まず市長の方から「来年度はこういう方針で臨む」みたいな基本姿勢が示されます、それを受けて①担当する課や部が来年度の予算案をつくる②財政部にその案をだす③財政部と担当部とのヒアリング(ここでかなり削られるとも聞いてます)④市長への説明(復活したり削減されたりとこの時点でもかなり予算が動きます)、そして晴れて来年度予算として成立。今は①から②の段階です。
 市議会の各会派でも予算作成時期に合わせ、行政に対し政策要望を会派毎に行います。もちろん自分たちの要望を予算に活かしてもらうためです。政策要望されたものは来年2月頃回答がなされます。私は前期後半はひとり会派だったこともあり政策要望していませんでしたが、今回は小森さんと二人で要望を作り上げ28日に市長宛に行います。
 12月議会は1日から17日までです。今回の個人質問は小森さんです。
 今週は来週から始まる議会の準備が主な活動になります。
 それにしても連日飲み会に出てます。なんか今年は忘年会のスタートが早いような気がしていますが私の回りだけでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月21日 (金)

九州新幹線・長崎ルート

 本日午前9時より市議会・各派代表者会議が行われました。議題は来月10日に東京で行う九州新幹線建設促進期成会の陳情、意見交換会への長崎市長、議長の出席の了承を求める案件でした。定例議会中の期間での市長や議長、議員の出張についてはこうやって各派の了承をとらなければなりません。
 新幹線については多くの人の間で意見がわかれるところです。新幹線乗り入れの効果、地域活性化のために絶対に必要という人。いや社会情勢が大きく変化してきたなかでその建設費(約4000億、地元負担560億)、費用対効果(所要時間の短縮は現行ダイヤより44分程度の短縮)を考えるときもう止めるべきだという考えの人がいます。
 私自身は建設促進の立場です。しかし何十年先になるかわからないという話しではなく10年先程度の近い将来の計画にしてもらわないと、と思っています。
 本来なら新幹線問題は今回の衆議院選挙では長崎県の候補者にとってはひとつの「マニュフェスト」として議論されるテーマであったと思っています。現に私が応援した候補者はそのことについて述べていました。しかし、みなさんの反応は「そんないつになるかわからない話ではなく今のこの不景気をなんとかしてくれ!」という切実な思いではなかったかと感じました。
 大詰めのなかで市議会としても今後建設促進の立場で活動を行っていくことになるでしょうが関係者とも活発な議論をしていきたいと考えています。以下、参考までにこれまでの新幹線長崎ルートの経過を。
S47 長崎ルートの基本計画決定
 61 長崎ルートの環境アセスメントを国鉄が公表
H 4 県知事が新長崎ルートを地元案として決定
  8 長崎駅部への進入ルート地元案公表
 10 武雄温泉・新大村間の駅・ルート公表
 12 政府・与党申し合わせ
    長崎ルートを含む新たな区間の着工については、鹿児島
    ルートの新八代・西鹿児島間の完成後に見直す
 15 与党整備新幹線建設促進プロジェクトチームの初会合




 


|

九州新幹線・長崎ルート

 本日午前9時より市議会・各派代表者会議が行われました。議題は来月10日に東京で行う九州新幹線建設促進期成会の陳情、意見交換会への長崎市長、議長の出席の了承を求める案件でした。定例議会中の期間での市長や議長、議員の出張についてはこうやって各派の了承をとらなければなりません。
 新幹線については多くの人の間で意見がわかれるところです。新幹線乗り入れの効果、地域活性化のために絶対に必要という人。いや社会情勢が大きく変化してきたなかでその建設費(約4000億、地元負担560億)、費用対効果(所要時間の短縮は現行ダイヤより44分程度の短縮)を考えるときもう止めるべきだという考えの人がいます。
 私自身は建設促進の立場です。しかし何十年先になるかわからないという話しではなく10年先程度の近い将来の計画にしてもらわないと、と思っています。
 本来なら新幹線問題は今回の衆議院選挙では長崎県の候補者にとってはひとつの「マニュフェスト」として議論されるテーマであったと思っています。現に私が応援した候補者はそのことについて述べていました。しかし、みなさんの反応は「そんないつになるかわからない話ではなく今のこの不景気をなんとかしてくれ!」という切実な思いではなかったかと感じました。
 大詰めのなかで市議会としても今後建設促進の立場で活動を行っていくことになるでしょうが関係者とも活発な議論をしていきたいと考えています。以下、参考までにこれまでの新幹線長崎ルートの経過を。
S47 長崎ルートの基本計画決定
 61 長崎ルートの環境アセスメントを国鉄が公表
H 4 県知事が新長崎ルートを地元案として決定
  8 長崎駅部への進入ルート地元案公表
 10 武雄温泉・新大村間の駅・ルート公表
 12 政府・与党申し合わせ
    長崎ルートを含む新たな区間の着工については、鹿児島
    ルートの新八代・西鹿児島間の完成後に見直す
 15 与党整備新幹線建設促進プロジェクトチームの初会合




 


|

九州新幹線・長崎ルート

 本日午前9時より市議会・各派代表者会議が行われました。議題は来月10日に東京で行う九州新幹線建設促進期成会の陳情、意見交換会への長崎市長、議長の出席の了承を求める案件でした。定例議会中の期間での市長や議長、議員の出張についてはこうやって各派の了承をとらなければなりません。
 新幹線については多くの人の間で意見がわかれるところです。新幹線乗り入れの効果、地域活性化のために絶対に必要という人。いや社会情勢が大きく変化してきたなかでその建設費(約4000億、地元負担560億)、費用対効果(所要時間の短縮は現行ダイヤより44分程度の短縮)を考えるときもう止めるべきだという考えの人がいます。
 私自身は建設促進の立場です。しかし何十年先になるかわからないという話しではなく10年先程度の近い将来の計画にしてもらわないと、と思っています。
 本来なら新幹線問題は今回の衆議院選挙では長崎県の候補者にとってはひとつの「マニュフェスト」として議論されるテーマであったと思っています。現に私が応援した候補者はそのことについて述べていました。しかし、みなさんの反応は「そんないつになるかわからない話ではなく今のこの不景気をなんとかしてくれ!」という切実な思いではなかったかと感じました。
 大詰めのなかで市議会としても今後建設促進の立場で活動を行っていくことになるでしょうが関係者とも活発な議論をしていきたいと考えています。以下、参考までにこれまでの新幹線長崎ルートの経過を。
S47 長崎ルートの基本計画決定
 61 長崎ルートの環境アセスメントを国鉄が公表
H 4 県知事が新長崎ルートを地元案として決定
  8 長崎駅部への進入ルート地元案公表
 10 武雄温泉・新大村間の駅・ルート公表
 12 政府・与党申し合わせ
    長崎ルートを含む新たな区間の着工については、鹿児島
    ルートの新八代・西鹿児島間の完成後に見直す
 15 与党整備新幹線建設促進プロジェクトチームの初会合




 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月18日 (火)

小学校の新設

 長崎市の人口減り続けていますが、市内のなかで三重と東長崎方面はベットタウンとして人口が増え続けいます。人口が増えていくと公共施設、特に各種教育施設の定員増が問題となってきます。保育所や幼稚園、そして小学校。
 昨日は矢上地区の小学校が既にパンク状態であることからの、当地区での新たな小学校の新設についての説明が教育委員会からありました。
 先月の新聞報道(新設の方向で説明会を開いたが、保護者側が建設候補地が既に固まっていることに「複数の選択肢を示すべき」「住民と一緒に地域のあり方を考える姿勢が感じられない」と強く反発があった)受けての議会への説明だったみたいですが、概略は、当地区ここ5年間で人口2万人増、矢上小学校の児童数も250人増で現在32クラス(文科省の分離新設基準は25クラス)、今後も5年間で200人児童数増加(36クラス)になるとのことで新設は「待ったなしの課題」であるとのこと。
 まえてつの所感は、人口が減るなかで、どちらかというと明るい話題(というと変かもしれませんが)で少なくとも統廃合の議論よりは前向きな問題なのにどうしてもっと早くから指摘されているように地域に問題提起しなかったのかなというのが率直な感想です。しかも場所についても、ある分譲団地を平成7年に開発の許認可だしたときから、その団地内に用地確保すること前提で進めてきたということを聞けばなおさらです。このような事態になることはわかっていたのですから。
 今回の新設もそうですが、今進められている大浦、南大浦、浪の平の統廃合問題もかなり時間かかっていますが、住民とともに考えるという姿勢と、統廃合・新設してからの街づくりも含めて(たとえば長崎市の統廃合は新たに新しい学校をつくるのが基本ですが、統廃合だけしたとしてもその地区はまたその先10年、20年先に
は児童が減少することは明らか)将来像を描きながら計画をしていかないと、作ったはまた空き教室がでるということになってしまいます。「ハコもの行政の無駄をなくす」、ということはちょっと意味合いは違うかもしれませんがこんなところも意識を変えていかなければならないと考えています。

|

小学校の新設

 長崎市の人口減り続けていますが、市内のなかで三重と東長崎方面はベットタウンとして人口が増え続けいます。人口が増えていくと公共施設、特に各種教育施設の定員増が問題となってきます。保育所や幼稚園、そして小学校。
 昨日は矢上地区の小学校が既にパンク状態であることからの、当地区での新たな小学校の新設についての説明が教育委員会からありました。
 先月の新聞報道(新設の方向で説明会を開いたが、保護者側が建設候補地が既に固まっていることに「複数の選択肢を示すべき」「住民と一緒に地域のあり方を考える姿勢が感じられない」と強く反発があった)受けての議会への説明だったみたいですが、概略は、当地区ここ5年間で人口2万人増、矢上小学校の児童数も250人増で現在32クラス(文科省の分離新設基準は25クラス)、今後も5年間で200人児童数増加(36クラス)になるとのことで新設は「待ったなしの課題」であるとのこと。
 まえてつの所感は、人口が減るなかで、どちらかというと明るい話題(というと変かもしれませんが)で少なくとも統廃合の議論よりは前向きな問題なのにどうしてもっと早くから指摘されているように地域に問題提起しなかったのかなというのが率直な感想です。しかも場所についても、ある分譲団地を平成7年に開発の許認可だしたときから、その団地内に用地確保すること前提で進めてきたということを聞けばなおさらです。このような事態になることはわかっていたのですから。
 今回の新設もそうですが、今進められている大浦、南大浦、浪の平の統廃合問題もかなり時間かかっていますが、住民とともに考えるという姿勢と、統廃合・新設してからの街づくりも含めて(たとえば長崎市の統廃合は新たに新しい学校をつくるのが基本ですが、統廃合だけしたとしてもその地区はまたその先10年、20年先に
は児童が減少することは明らか)将来像を描きながら計画をしていかないと、作ったはまた空き教室がでるということになってしまいます。「ハコもの行政の無駄をなくす」、ということはちょっと意味合いは違うかもしれませんがこんなところも意識を変えていかなければならないと考えています。

|

小学校の新設

 長崎市の人口減り続けていますが、市内のなかで三重と東長崎方面はベットタウンとして人口が増え続けいます。人口が増えていくと公共施設、特に各種教育施設の定員増が問題となってきます。保育所や幼稚園、そして小学校。
 昨日は矢上地区の小学校が既にパンク状態であることからの、当地区での新たな小学校の新設についての説明が教育委員会からありました。
 先月の新聞報道(新設の方向で説明会を開いたが、保護者側が建設候補地が既に固まっていることに「複数の選択肢を示すべき」「住民と一緒に地域のあり方を考える姿勢が感じられない」と強く反発があった)受けての議会への説明だったみたいですが、概略は、当地区ここ5年間で人口2万人増、矢上小学校の児童数も250人増で現在32クラス(文科省の分離新設基準は25クラス)、今後も5年間で200人児童数増加(36クラス)になるとのことで新設は「待ったなしの課題」であるとのこと。
 まえてつの所感は、人口が減るなかで、どちらかというと明るい話題(というと変かもしれませんが)で少なくとも統廃合の議論よりは前向きな問題なのにどうしてもっと早くから指摘されているように地域に問題提起しなかったのかなというのが率直な感想です。しかも場所についても、ある分譲団地を平成7年に開発の許認可だしたときから、その団地内に用地確保すること前提で進めてきたということを聞けばなおさらです。このような事態になることはわかっていたのですから。
 今回の新設もそうですが、今進められている大浦、南大浦、浪の平の統廃合問題もかなり時間かかっていますが、住民とともに考えるという姿勢と、統廃合・新設してからの街づくりも含めて(たとえば長崎市の統廃合は新たに新しい学校をつくるのが基本ですが、統廃合だけしたとしてもその地区はまたその先10年、20年先に
は児童が減少することは明らか)将来像を描きながら計画をしていかないと、作ったはまた空き教室がでるということになってしまいます。「ハコもの行政の無駄をなくす」、ということはちょっと意味合いは違うかもしれませんがこんなところも意識を変えていかなければならないと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月17日 (月)

きびしい財政

 今日は午前中、総務委員会の自主的な調査で市の未収金について審議をしました。議会の委員会では定例の議会中の審議の他に休会中(議会と議会の間の時期)についても「自主的な調査」という形でテーマを決めて理事者側に現状や課題・見解を問うことができるようになっています。
 長崎市の未収入金は一年間で約24億程度(H14)、これは全体の2.5パーセントぐらいの金額になります。累積では92億もあります。今日の委員会では、未収のなかでも市税について集中しての審議で進められましたが、未収の数字が多いか少ないか、中身について、の議論にはあまりならず、もっぱら他都市と比較してどうしてこんな市税収入が少ないのかに議論が集中しました。よく長崎市の現況を他都市と比較するときには、中核市(人口規模がだいたい同じぐらいの都市)で比較をしますが中核市34市中、長崎市は一人当たりの市税収入は約12万円、旭川次いでワースト2位です。ちなみに1位は豊田市の28万(世界のトヨタのお陰ですが)です。
 これからの行政の課題は限られた収入のなかでどれだけやりくりしていくかと、もともとの「財布の中身(市税収入)」をどうやって上げていくのかが最重要な課題であると改めて痛感(当たり前のことですが)させられた委員会でした。
 昨日は長崎市・五島人会の集まりにも出席してきました。父が上五島出身ということもあり10年前くらいから町人会の事務局やらさせて頂いていますが、年々会員の高齢化、集まりが少なくなってきているのがさびしい現状です。市内にはそれぞれふるさとの県人会みたいなものが沢山あると思いますが、どこも似たりよったりの状況ではないかと思います。若い人の参加が会の存続につながっていくのでしょうが・・・これまたむずかしいです。




|

きびしい財政

 今日は午前中、総務委員会の自主的な調査で市の未収金について審議をしました。議会の委員会では定例の議会中の審議の他に休会中(議会と議会の間の時期)についても「自主的な調査」という形でテーマを決めて理事者側に現状や課題・見解を問うことができるようになっています。
 長崎市の未収入金は一年間で約24億程度(H14)、これは全体の2.5パーセントぐらいの金額になります。累積では92億もあります。今日の委員会では、未収のなかでも市税について集中しての審議で進められましたが、未収の数字が多いか少ないか、中身について、の議論にはあまりならず、もっぱら他都市と比較してどうしてこんな市税収入が少ないのかに議論が集中しました。よく長崎市の現況を他都市と比較するときには、中核市(人口規模がだいたい同じぐらいの都市)で比較をしますが中核市34市中、長崎市は一人当たりの市税収入は約12万円、旭川次いでワースト2位です。ちなみに1位は豊田市の28万(世界のトヨタのお陰ですが)です。
 これからの行政の課題は限られた収入のなかでどれだけやりくりしていくかと、もともとの「財布の中身(市税収入)」をどうやって上げていくのかが最重要な課題であると改めて痛感(当たり前のことですが)させられた委員会でした。
 昨日は長崎市・五島人会の集まりにも出席してきました。父が上五島出身ということもあり10年前くらいから町人会の事務局やらさせて頂いていますが、年々会員の高齢化、集まりが少なくなってきているのがさびしい現状です。市内にはそれぞれふるさとの県人会みたいなものが沢山あると思いますが、どこも似たりよったりの状況ではないかと思います。若い人の参加が会の存続につながっていくのでしょうが・・・これまたむずかしいです。




|

きびしい財政

 今日は午前中、総務委員会の自主的な調査で市の未収金について審議をしました。議会の委員会では定例の議会中の審議の他に休会中(議会と議会の間の時期)についても「自主的な調査」という形でテーマを決めて理事者側に現状や課題・見解を問うことができるようになっています。
 長崎市の未収入金は一年間で約24億程度(H14)、これは全体の2.5パーセントぐらいの金額になります。累積では92億もあります。今日の委員会では、未収のなかでも市税について集中しての審議で進められましたが、未収の数字が多いか少ないか、中身について、の議論にはあまりならず、もっぱら他都市と比較してどうしてこんな市税収入が少ないのかに議論が集中しました。よく長崎市の現況を他都市と比較するときには、中核市(人口規模がだいたい同じぐらいの都市)で比較をしますが中核市34市中、長崎市は一人当たりの市税収入は約12万円、旭川次いでワースト2位です。ちなみに1位は豊田市の28万(世界のトヨタのお陰ですが)です。
 これからの行政の課題は限られた収入のなかでどれだけやりくりしていくかと、もともとの「財布の中身(市税収入)」をどうやって上げていくのかが最重要な課題であると改めて痛感(当たり前のことですが)させられた委員会でした。
 昨日は長崎市・五島人会の集まりにも出席してきました。父が上五島出身ということもあり10年前くらいから町人会の事務局やらさせて頂いていますが、年々会員の高齢化、集まりが少なくなってきているのがさびしい現状です。市内にはそれぞれふるさとの県人会みたいなものが沢山あると思いますが、どこも似たりよったりの状況ではないかと思います。若い人の参加が会の存続につながっていくのでしょうが・・・これまたむずかしいです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月15日 (土)

バリアフリー、共生の街づくり

 今、2つの障害者通所施設について相談を受けています。ひとつは小規模作業所の新設、そしてもう一つは既に小規模作業所でキャンドルや石鹸を作っている施設の通所のデイサービスとしての展開、の相談です。私自身、専門的知識がなく相談されている方の相談内容がどの程度クリアーできるのか、むずかしいのか、わからないのが正直なところですが、話を聞けば相談されてる内容はすごく当たり前のことで(すみません内容は詳しく述べれません)、その苦労も並大抵ではなく、行政側にはついつい「あなた達がやってみれば!」と言いたくなることがよくあります。
 昨日は未就学の障害児の子供さんを持たれている親の方達から相談を受けました。教育基本要綱の変更により平成17年から特殊学級というものがなくなり特別支援教室が新設されます。そこで問題なのはこの特別支援教室に入る子供というのは、学習障害をもった子を想定しているそうです。席にじっと座っていれない、落ち着きがない、教科によっては著しく学習能力が落ちる、こんな子供たちが全体の5パーセントにもなるそうです。そして3パーセントの子が今まで普通教室や特殊教室にいるハンディーを抱えた子供たちです。保護者の心配はこの制度に変わることで社会の流に逆行して分離教育に後戻りするのではないかということです。この相談は半年前から受けていましたが、支援する会もできたところまでこぎつけたので市議会の多くの同僚の関心をもってもらうべく活動していきたいと考えています。
 言葉ではバリアフリーとかノーマライゼーションとか簡単に使いますが現実にはまだまだ大きな壁があるのも事実です。私自身も…
 昨日はブリックホールに「市民文化の集い」見にいってきました。協は出島ワーフで農水産市に行ってきました。どちらも明日までやってます。お時間ある方は行ってみてください。

|

バリアフリー、共生の街づくり

 今、2つの障害者通所施設について相談を受けています。ひとつは小規模作業所の新設、そしてもう一つは既に小規模作業所でキャンドルや石鹸を作っている施設の通所のデイサービスとしての展開、の相談です。私自身、専門的知識がなく相談されている方の相談内容がどの程度クリアーできるのか、むずかしいのか、わからないのが正直なところですが、話を聞けば相談されてる内容はすごく当たり前のことで(すみません内容は詳しく述べれません)、その苦労も並大抵ではなく、行政側にはついつい「あなた達がやってみれば!」と言いたくなることがよくあります。
 昨日は未就学の障害児の子供さんを持たれている親の方達から相談を受けました。教育基本要綱の変更により平成17年から特殊学級というものがなくなり特別支援教室が新設されます。そこで問題なのはこの特別支援教室に入る子供というのは、学習障害をもった子を想定しているそうです。席にじっと座っていれない、落ち着きがない、教科によっては著しく学習能力が落ちる、こんな子供たちが全体の5パーセントにもなるそうです。そして3パーセントの子が今まで普通教室や特殊教室にいるハンディーを抱えた子供たちです。保護者の心配はこの制度に変わることで社会の流に逆行して分離教育に後戻りするのではないかということです。この相談は半年前から受けていましたが、支援する会もできたところまでこぎつけたので市議会の多くの同僚の関心をもってもらうべく活動していきたいと考えています。
 言葉ではバリアフリーとかノーマライゼーションとか簡単に使いますが現実にはまだまだ大きな壁があるのも事実です。私自身も…
 昨日はブリックホールに「市民文化の集い」見にいってきました。協は出島ワーフで農水産市に行ってきました。どちらも明日までやってます。お時間ある方は行ってみてください。

|

バリアフリー、共生の街づくり

 今、2つの障害者通所施設について相談を受けています。ひとつは小規模作業所の新設、そしてもう一つは既に小規模作業所でキャンドルや石鹸を作っている施設の通所のデイサービスとしての展開、の相談です。私自身、専門的知識がなく相談されている方の相談内容がどの程度クリアーできるのか、むずかしいのか、わからないのが正直なところですが、話を聞けば相談されてる内容はすごく当たり前のことで(すみません内容は詳しく述べれません)、その苦労も並大抵ではなく、行政側にはついつい「あなた達がやってみれば!」と言いたくなることがよくあります。
 昨日は未就学の障害児の子供さんを持たれている親の方達から相談を受けました。教育基本要綱の変更により平成17年から特殊学級というものがなくなり特別支援教室が新設されます。そこで問題なのはこの特別支援教室に入る子供というのは、学習障害をもった子を想定しているそうです。席にじっと座っていれない、落ち着きがない、教科によっては著しく学習能力が落ちる、こんな子供たちが全体の5パーセントにもなるそうです。そして3パーセントの子が今まで普通教室や特殊教室にいるハンディーを抱えた子供たちです。保護者の心配はこの制度に変わることで社会の流に逆行して分離教育に後戻りするのではないかということです。この相談は半年前から受けていましたが、支援する会もできたところまでこぎつけたので市議会の多くの同僚の関心をもってもらうべく活動していきたいと考えています。
 言葉ではバリアフリーとかノーマライゼーションとか簡単に使いますが現実にはまだまだ大きな壁があるのも事実です。私自身も…
 昨日はブリックホールに「市民文化の集い」見にいってきました。協は出島ワーフで農水産市に行ってきました。どちらも明日までやってます。お時間ある方は行ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月14日 (金)

久しぶりの休日

 日曜に選挙が行われました。お陰さまで私が応援する候補者は激戦を勝ち抜くことができました。ありがとうございます。本人が万歳の時笑顔ひとつなく神妙な顔をしてたのが印象的でした。本人いわく「選挙期間を通して自分の目で見てきたふるさとの現状、将来を思うとき、笑顔などでてこない」、当選証書授与の後には「当選は政策実現のための手段であり目標ではない」とこれまた険しい顔つきであったとか。応援してよかったと改めて思い直しています。特に後段の発言は私が日頃思っていることと一緒です。今年も早いもので残り2ヶ月きっています。ホームページの更新も含め、自分の活動大変遅れています、ピッチあげなければなりません。
 昨日久しぶり(1ヶ月以上)に休みをとりました。急にできた休みだったのでどこに行くという計画もなく、諫早市内の雑貨屋に行き帰りにうどんを食べて帰ろうということになりました。雑貨屋にはクリスマスから正月にかけての色々な商品が並んでいたのでしょうが、妻が雑貨屋にいる間、私は子供(2歳)を連れて諫早の運動公園に行きました。子供を連れて入れない店って沢山ありますよね。(全然違う話ですが犬を連れて会議できるところがないか、今相談を受けています)諫早の運動公園は子供が遊ぶ遊具が充実していました。10組以上の親子が遊んでいました。うちの子も大喜びで滑り台やブランコ、砂場で遊び、結局1時間近くをそこで過ごしました。雑貨屋に戻って公園の話をすると妻が一言「長崎にはそんなとこはなかもんね。近くにあれば私も連れていくとやけど」
 長崎の公園では子供が遊ぶ姿、あんまり見られません。夢彩都などの店のキッズルームには親子の遊ぶ姿見かけられます。我が家も常連だそうです。子供達がもっと外、自然のなかで遊べるような環境を作ってあげることは少子化が進み人口が減り続ける自治体では当然最優先で取り組む課題ではないかと思います。岩川町に計画しているふれあいセンターを核とした建物のなかに「子育て支援センター」をつくる計画が浮上しています。ハコがあるからそこにつくるというのではなく、支援センターとしての十分な機能、そこから全市的にどうネットワークを広げていけるのか、計画時点で積極的に意見提言していきたいと考ええいます。



|

久しぶりの休日

 日曜に選挙が行われました。お陰さまで私が応援する候補者は激戦を勝ち抜くことができました。ありがとうございます。本人が万歳の時笑顔ひとつなく神妙な顔をしてたのが印象的でした。本人いわく「選挙期間を通して自分の目で見てきたふるさとの現状、将来を思うとき、笑顔などでてこない」、当選証書授与の後には「当選は政策実現のための手段であり目標ではない」とこれまた険しい顔つきであったとか。応援してよかったと改めて思い直しています。特に後段の発言は私が日頃思っていることと一緒です。今年も早いもので残り2ヶ月きっています。ホームページの更新も含め、自分の活動大変遅れています、ピッチあげなければなりません。
 昨日久しぶり(1ヶ月以上)に休みをとりました。急にできた休みだったのでどこに行くという計画もなく、諫早市内の雑貨屋に行き帰りにうどんを食べて帰ろうということになりました。雑貨屋にはクリスマスから正月にかけての色々な商品が並んでいたのでしょうが、妻が雑貨屋にいる間、私は子供(2歳)を連れて諫早の運動公園に行きました。子供を連れて入れない店って沢山ありますよね。(全然違う話ですが犬を連れて会議できるところがないか、今相談を受けています)諫早の運動公園は子供が遊ぶ遊具が充実していました。10組以上の親子が遊んでいました。うちの子も大喜びで滑り台やブランコ、砂場で遊び、結局1時間近くをそこで過ごしました。雑貨屋に戻って公園の話をすると妻が一言「長崎にはそんなとこはなかもんね。近くにあれば私も連れていくとやけど」
 長崎の公園では子供が遊ぶ姿、あんまり見られません。夢彩都などの店のキッズルームには親子の遊ぶ姿見かけられます。我が家も常連だそうです。子供達がもっと外、自然のなかで遊べるような環境を作ってあげることは少子化が進み人口が減り続ける自治体では当然最優先で取り組む課題ではないかと思います。岩川町に計画しているふれあいセンターを核とした建物のなかに「子育て支援センター」をつくる計画が浮上しています。ハコがあるからそこにつくるというのではなく、支援センターとしての十分な機能、そこから全市的にどうネットワークを広げていけるのか、計画時点で積極的に意見提言していきたいと考ええいます。



|

久しぶりの休日

 日曜に選挙が行われました。お陰さまで私が応援する候補者は激戦を勝ち抜くことができました。ありがとうございます。本人が万歳の時笑顔ひとつなく神妙な顔をしてたのが印象的でした。本人いわく「選挙期間を通して自分の目で見てきたふるさとの現状、将来を思うとき、笑顔などでてこない」、当選証書授与の後には「当選は政策実現のための手段であり目標ではない」とこれまた険しい顔つきであったとか。応援してよかったと改めて思い直しています。特に後段の発言は私が日頃思っていることと一緒です。今年も早いもので残り2ヶ月きっています。ホームページの更新も含め、自分の活動大変遅れています、ピッチあげなければなりません。
 昨日久しぶり(1ヶ月以上)に休みをとりました。急にできた休みだったのでどこに行くという計画もなく、諫早市内の雑貨屋に行き帰りにうどんを食べて帰ろうということになりました。雑貨屋にはクリスマスから正月にかけての色々な商品が並んでいたのでしょうが、妻が雑貨屋にいる間、私は子供(2歳)を連れて諫早の運動公園に行きました。子供を連れて入れない店って沢山ありますよね。(全然違う話ですが犬を連れて会議できるところがないか、今相談を受けています)諫早の運動公園は子供が遊ぶ遊具が充実していました。10組以上の親子が遊んでいました。うちの子も大喜びで滑り台やブランコ、砂場で遊び、結局1時間近くをそこで過ごしました。雑貨屋に戻って公園の話をすると妻が一言「長崎にはそんなとこはなかもんね。近くにあれば私も連れていくとやけど」
 長崎の公園では子供が遊ぶ姿、あんまり見られません。夢彩都などの店のキッズルームには親子の遊ぶ姿見かけられます。我が家も常連だそうです。子供達がもっと外、自然のなかで遊べるような環境を作ってあげることは少子化が進み人口が減り続ける自治体では当然最優先で取り組む課題ではないかと思います。岩川町に計画しているふれあいセンターを核とした建物のなかに「子育て支援センター」をつくる計画が浮上しています。ハコがあるからそこにつくるというのではなく、支援センターとしての十分な機能、そこから全市的にどうネットワークを広げていけるのか、計画時点で積極的に意見提言していきたいと考ええいます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2003年11月 8日 (土)

いよいよ明日投票日

 私にとっては長い選挙戦でした。公示前の活動からだとちょうど、「おくんち」前からでしたら1ケ月になります。人の選挙をこんなにはまって(大村にどのくらい泊まったかな)応援したのは正直初めてです。自分の選挙と違いスタッフとして選挙に向き合うなかで「いい勉強」ができました。私が応援した候補者は世間一般では誤解されやすいタイプ?ですが自分の信念を曲げず、選挙だからといって耳ざわりのいいことを言うのではなく、この国の、そしてふるさとの将来についてストレートに語る姿勢には、応援した私が言うとちょっといやらしいかもしれませんが、今の政治に求められているものを見せてもらったと思っています。
「マニュフェスト」という言葉が踊った今回の選挙。まだまだ十分ではないかもしれませんが、少しだけ今までのただただ「お願いします」「地元のために」という選挙から脱した総選挙ではなかったかと思います。明日の天気はどうかな?天候に投票率も左右されますが棄権のないよう投票に行ってくれることを願います。
 仕事たまってます。ガンバロウ!

|

いよいよ明日投票日

 私にとっては長い選挙戦でした。公示前の活動からだとちょうど、「おくんち」前からでしたら1ケ月になります。人の選挙をこんなにはまって(大村にどのくらい泊まったかな)応援したのは正直初めてです。自分の選挙と違いスタッフとして選挙に向き合うなかで「いい勉強」ができました。私が応援した候補者は世間一般では誤解されやすいタイプ?ですが自分の信念を曲げず、選挙だからといって耳ざわりのいいことを言うのではなく、この国の、そしてふるさとの将来についてストレートに語る姿勢には、応援した私が言うとちょっといやらしいかもしれませんが、今の政治に求められているものを見せてもらったと思っています。
「マニュフェスト」という言葉が踊った今回の選挙。まだまだ十分ではないかもしれませんが、少しだけ今までのただただ「お願いします」「地元のために」という選挙から脱した総選挙ではなかったかと思います。明日の天気はどうかな?天候に投票率も左右されますが棄権のないよう投票に行ってくれることを願います。
 仕事たまってます。ガンバロウ!

|

いよいよ明日投票日

 私にとっては長い選挙戦でした。公示前の活動からだとちょうど、「おくんち」前からでしたら1ケ月になります。人の選挙をこんなにはまって(大村にどのくらい泊まったかな)応援したのは正直初めてです。自分の選挙と違いスタッフとして選挙に向き合うなかで「いい勉強」ができました。私が応援した候補者は世間一般では誤解されやすいタイプ?ですが自分の信念を曲げず、選挙だからといって耳ざわりのいいことを言うのではなく、この国の、そしてふるさとの将来についてストレートに語る姿勢には、応援した私が言うとちょっといやらしいかもしれませんが、今の政治に求められているものを見せてもらったと思っています。
「マニュフェスト」という言葉が踊った今回の選挙。まだまだ十分ではないかもしれませんが、少しだけ今までのただただ「お願いします」「地元のために」という選挙から脱した総選挙ではなかったかと思います。明日の天気はどうかな?天候に投票率も左右されますが棄権のないよう投票に行ってくれることを願います。
 仕事たまってます。ガンバロウ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年10月 | トップページ | 2003年12月 »