« あいさつ運動 | トップページ | あいさつ運動 »

2004年7月15日 (木)

あいさつ運動

 昨夜は地元中学校区の育成協議会に出ました。育成協議会研究指定校に指定(長崎市内で3校)されたとのことで、今まで登校の際の学校入り口だけで行っていた「あいさつ運動」を、地域に住む大人の人が子ども達にあいさつするような運動に広げていきたいとの内容でした。近隣の小学校区では既にそれに近い活動を行っているところもあり、その活動例の紹介や、集まった人からの意見交換があり、「まずは家庭から」「大人同士の声かけも必要」とかいう声がでてきました。

 私は、今一番問題なのは「子どもが大人の言うこと、やることを信用していないこと」だと以前から思っていました。この運動もいい試みであると思いますがやるからには広がりと継続性が求められます。
 ちなみに昨夜の会議には30人ほどの人が集まりましたが、育成協の役員と女性の保護者、各自治会の会長や民生委員さん、それと学校の先生、と集まっている人の顔ぶれがいつもこの種の会合に決まってお声がかかる方ばっかりだったのが気がかりでした。

 

|

« あいさつ運動 | トップページ | あいさつ運動 »