« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

2004年11月30日 (火)

来年度の政策要望

 昨日、年に一度の会派から市長への政策要望を行いました。この時期に各会派からの要望を受け、行政としてはそれを来年度予算策定の参考にするというものです。今回は要望するにあたり、昨年度の行った要望項目を小森議員と2人でチェックし、1年経ってもまだ進捗が進んでいないと思われるものは再度、またこの一年間でお互い、このことは大事だと感じていることを新たに加え要望をしました。以下、要望項目です(●は昨年から再度、○は新規)
「安全で安心できる暮らしの実現」
●「子育て支援」の施策推進(次世代育成行動計画の積極的展開)
●医療福祉の施策の推進(新市民病院建設に向けての協議会立ち上げ)
●市民が安心して暮らせる「治安の強化」と地域づくり
○児童虐待の早期発見と虐待防止策強化、追跡調査システムの構築
「街の再生と地域経済の活性化を図る」
●長崎市の基幹産業(観光・水産)の育成強化 
○「起業興し」ならびに「雇用の促進」の施策づくり
●「民間でできることは民間で」を目標にした行政改革の更なる推進
●NPO及び市民・ボランティア活動への支援
○「指定管理者制度」導入・推進による民活
「将来の人づくりと環境の保護・再生」
●「次の世代を育てる」長崎独自の教育の展開
●子ども達への「環境や食に対する教育」に力をいれる
○「特別支援(LD・ADHD)」対策と不登校児へのサポート強化
●資源、リサイクルの推進のための施策づくり
「民間に学ぶ自治体経営の推進」
○事業目標の効率化、定量分析の手法導入
○市長と各部局長が約束する「成果システム」の導入
○「部局予算制」導入によるスクラップ&ビルドの促進
○職員提案、庁内公募制度の積極的活用
○行政サービスの受益者負担の見直し
○「特別会計」のあり方の検証







 

|

来年度の政策要望

 昨日、年に一度の会派から市長への政策要望を行いました。この時期に各会派からの要望を受け、行政としてはそれを来年度予算策定の参考にするというものです。今回は要望するにあたり、昨年度の行った要望項目を小森議員と2人でチェックし、1年経ってもまだ進捗が進んでいないと思われるものは再度、またこの一年間でお互い、このことは大事だと感じていることを新たに加え要望をしました。以下、要望項目です(●は昨年から再度、○は新規)
「安全で安心できる暮らしの実現」
●「子育て支援」の施策推進(次世代育成行動計画の積極的展開)
●医療福祉の施策の推進(新市民病院建設に向けての協議会立ち上げ)
●市民が安心して暮らせる「治安の強化」と地域づくり
○児童虐待の早期発見と虐待防止策強化、追跡調査システムの構築
「街の再生と地域経済の活性化を図る」
●長崎市の基幹産業(観光・水産)の育成強化 
○「起業興し」ならびに「雇用の促進」の施策づくり
●「民間でできることは民間で」を目標にした行政改革の更なる推進
●NPO及び市民・ボランティア活動への支援
○「指定管理者制度」導入・推進による民活
「将来の人づくりと環境の保護・再生」
●「次の世代を育てる」長崎独自の教育の展開
●子ども達への「環境や食に対する教育」に力をいれる
○「特別支援(LD・ADHD)」対策と不登校児へのサポート強化
●資源、リサイクルの推進のための施策づくり
「民間に学ぶ自治体経営の推進」
○事業目標の効率化、定量分析の手法導入
○市長と各部局長が約束する「成果システム」の導入
○「部局予算制」導入によるスクラップ&ビルドの促進
○職員提案、庁内公募制度の積極的活用
○行政サービスの受益者負担の見直し
○「特別会計」のあり方の検証







 

|

来年度の政策要望

 昨日、年に一度の会派から市長への政策要望を行いました。この時期に各会派からの要望を受け、行政としてはそれを来年度予算策定の参考にするというものです。今回は要望するにあたり、昨年度の行った要望項目を小森議員と2人でチェックし、1年経ってもまだ進捗が進んでいないと思われるものは再度、またこの一年間でお互い、このことは大事だと感じていることを新たに加え要望をしました。以下、要望項目です(●は昨年から再度、○は新規)
「安全で安心できる暮らしの実現」
●「子育て支援」の施策推進(次世代育成行動計画の積極的展開)
●医療福祉の施策の推進(新市民病院建設に向けての協議会立ち上げ)
●市民が安心して暮らせる「治安の強化」と地域づくり
○児童虐待の早期発見と虐待防止策強化、追跡調査システムの構築
「街の再生と地域経済の活性化を図る」
●長崎市の基幹産業(観光・水産)の育成強化 
○「起業興し」ならびに「雇用の促進」の施策づくり
●「民間でできることは民間で」を目標にした行政改革の更なる推進
●NPO及び市民・ボランティア活動への支援
○「指定管理者制度」導入・推進による民活
「将来の人づくりと環境の保護・再生」
●「次の世代を育てる」長崎独自の教育の展開
●子ども達への「環境や食に対する教育」に力をいれる
○「特別支援(LD・ADHD)」対策と不登校児へのサポート強化
●資源、リサイクルの推進のための施策づくり
「民間に学ぶ自治体経営の推進」
○事業目標の効率化、定量分析の手法導入
○市長と各部局長が約束する「成果システム」の導入
○「部局予算制」導入によるスクラップ&ビルドの促進
○職員提案、庁内公募制度の積極的活用
○行政サービスの受益者負担の見直し
○「特別会計」のあり方の検証







 

|

2004年11月29日 (月)

12月議会

 今日は午前中、議会運営委員会に出席。12月議会の議案ならびに議案の説明があり了承されました。12月議会は6日召集で会期は22日まで、市政一般質問は今回は小森議員の番です。

 今回、委員会に付託される議案は合計29件、主なものは合併に伴う条例改正やコミュニィティーバス13台の財産取得(今市内を走っている「らんらん」含め、合併を機に公共交通を充実を図るため)、補正予算(台風等の災害復旧、生活保護費増・要保護準要保護児童生徒援助費、ごみ収集委託費)等の審議が行われます。

 今日は夕方からは市長への政策要望です。長崎市議会の公称会派は3人からで、市長は以前から公称会派(いわゆる一人、二人会派)以外の対応は直接受けず企画部長とされているみたいで今回もわが会派の要望は山本企画部長に受けて頂きます。中身については明日の書き込みにでも!

 昨日ほほえましい光景を見ました。下大橋から西町方面に車で向かっていたところ、前にバスが1台、ちょうど踏み切りすぎのあたりから西町市場に差し掛かったところで、杖をついたおばあちゃんが一人、バスに乗りたさそうな素振りでバスを追いかけるような感じに。「あー、おばあちゃん、間に合わなかったなあ」と思っていたところバスが停車しドアが開けられました。無事バスに乗車。規則では停留所でしか乗せたらいけないんでしょうが、こういうとっさの判断は拍手ものです。

 また昨日は先輩の村木さん(野母商船専務)が初演出したという「夏の白い砂」という演劇を観にいきました。前に見た「黒テント」と違い、舞台は長崎の家庭で言葉も方言、題材もどこにでもあるような話でしたので非常にわかりやすかったです。テーマは「日常の苦悩」、それにしても演劇の演出をできるという村木さんの才能ってすごいものです。とうてい並の人間にはまねできないものです。

|

12月議会

 今日は午前中、議会運営委員会に出席。12月議会の議案ならびに議案の説明があり了承されました。12月議会は6日召集で会期は22日まで、市政一般質問は今回は小森議員の番です。

 今回、委員会に付託される議案は合計29件、主なものは合併に伴う条例改正やコミュニィティーバス13台の財産取得(今市内を走っている「らんらん」含め、合併を機に公共交通を充実を図るため)、補正予算(台風等の災害復旧、生活保護費増・要保護準要保護児童生徒援助費、ごみ収集委託費)等の審議が行われます。

 今日は夕方からは市長への政策要望です。長崎市議会の公称会派は3人からで、市長は以前から公称会派(いわゆる一人、二人会派)以外の対応は直接受けず企画部長とされているみたいで今回もわが会派の要望は山本企画部長に受けて頂きます。中身については明日の書き込みにでも!

 昨日ほほえましい光景を見ました。下大橋から西町方面に車で向かっていたところ、前にバスが1台、ちょうど踏み切りすぎのあたりから西町市場に差し掛かったところで、杖をついたおばあちゃんが一人、バスに乗りたさそうな素振りでバスを追いかけるような感じに。「あー、おばあちゃん、間に合わなかったなあ」と思っていたところバスが停車しドアが開けられました。無事バスに乗車。規則では停留所でしか乗せたらいけないんでしょうが、こういうとっさの判断は拍手ものです。

 また昨日は先輩の村木さん(野母商船専務)が初演出したという「夏の白い砂」という演劇を観にいきました。前に見た「黒テント」と違い、舞台は長崎の家庭で言葉も方言、題材もどこにでもあるような話でしたので非常にわかりやすかったです。テーマは「日常の苦悩」、それにしても演劇の演出をできるという村木さんの才能ってすごいものです。とうてい並の人間にはまねできないものです。

|

12月議会

 今日は午前中、議会運営委員会に出席。12月議会の議案ならびに議案の説明があり了承されました。12月議会は6日召集で会期は22日まで、市政一般質問は今回は小森議員の番です。

 今回、委員会に付託される議案は合計29件、主なものは合併に伴う条例改正やコミュニィティーバス13台の財産取得(今市内を走っている「らんらん」含め、合併を機に公共交通を充実を図るため)、補正予算(台風等の災害復旧、生活保護費増・要保護準要保護児童生徒援助費、ごみ収集委託費)等の審議が行われます。

 今日は夕方からは市長への政策要望です。長崎市議会の公称会派は3人からで、市長は以前から公称会派(いわゆる一人、二人会派)以外の対応は直接受けず企画部長とされているみたいで今回もわが会派の要望は山本企画部長に受けて頂きます。中身については明日の書き込みにでも!

 昨日ほほえましい光景を見ました。下大橋から西町方面に車で向かっていたところ、前にバスが1台、ちょうど踏み切りすぎのあたりから西町市場に差し掛かったところで、杖をついたおばあちゃんが一人、バスに乗りたさそうな素振りでバスを追いかけるような感じに。「あー、おばあちゃん、間に合わなかったなあ」と思っていたところバスが停車しドアが開けられました。無事バスに乗車。規則では停留所でしか乗せたらいけないんでしょうが、こういうとっさの判断は拍手ものです。

 また昨日は先輩の村木さん(野母商船専務)が初演出したという「夏の白い砂」という演劇を観にいきました。前に見た「黒テント」と違い、舞台は長崎の家庭で言葉も方言、題材もどこにでもあるような話でしたので非常にわかりやすかったです。テーマは「日常の苦悩」、それにしても演劇の演出をできるという村木さんの才能ってすごいものです。とうてい並の人間にはまねできないものです。

|

2004年11月26日 (金)

韓流ブーム

 皆さん、昨日のペ・ヨンジュン来日のニュースみましたか?すごいですよね。女性のパワーには驚かされます。なかには子どもを学校休ませてきたという母親もいて…

 韓国への日本からの旅行者、昨年同時期と比べて40%増だそうです。中身は男性の旅行者が減り、女性旅行者が急増、しかし滞在期間平均は短くなっているとのこと。現地では俳優と会える(見れる)ツアーやドラマの舞台となった場所を訪れるツアーが人気らしく、特に俳優と会えるポイントではその見物人の8割近くが日本人だそうです。

 一方男性客は今は落ち着いてるみたいですが、ちょっと前までは旅行を計画していたお客のキャンセルが続いていたとのこと。HPでは書き込みにくいことですが、国による「買春・売春の禁止」の影響ではないかと言われています。韓国内でもその影響は大きく、生活のためそのような仕事をしていた人達が死活問題だと「禁止の撤回」を求め大規模なデモが行われたそうです。(なんでも産業として?位置づけると国内総生産GDPの5%を占めるとのこと!)

 今まで韓国といえば男性が旅行するところというイメージがなんとなくありました。美容エステブームもありますがこの機会にもっと芸能事ばかりではなく、文化や生活慣習など多くのことを知ることは今後の日韓関係においても有意義なことではないかと思います。

 今回のブーム、女性の人の気持ちはわからないけど、はっきりいえることは日本人と比べて「礼儀正しさ」「男らしさや何げないやさしさ」が人気の根本にあると思います。力強い目つきも今の日本の若者とは全然違います。日本の男も頑張らねば!昔はきっと…!

 

|

韓流ブーム

 皆さん、昨日のペ・ヨンジュン来日のニュースみましたか?すごいですよね。女性のパワーには驚かされます。なかには子どもを学校休ませてきたという母親もいて…

 韓国への日本からの旅行者、昨年同時期と比べて40%増だそうです。中身は男性の旅行者が減り、女性旅行者が急増、しかし滞在期間平均は短くなっているとのこと。現地では俳優と会える(見れる)ツアーやドラマの舞台となった場所を訪れるツアーが人気らしく、特に俳優と会えるポイントではその見物人の8割近くが日本人だそうです。

 一方男性客は今は落ち着いてるみたいですが、ちょっと前までは旅行を計画していたお客のキャンセルが続いていたとのこと。HPでは書き込みにくいことですが、国による「買春・売春の禁止」の影響ではないかと言われています。韓国内でもその影響は大きく、生活のためそのような仕事をしていた人達が死活問題だと「禁止の撤回」を求め大規模なデモが行われたそうです。(なんでも産業として?位置づけると国内総生産GDPの5%を占めるとのこと!)

 今まで韓国といえば男性が旅行するところというイメージがなんとなくありました。美容エステブームもありますがこの機会にもっと芸能事ばかりではなく、文化や生活慣習など多くのことを知ることは今後の日韓関係においても有意義なことではないかと思います。

 今回のブーム、女性の人の気持ちはわからないけど、はっきりいえることは日本人と比べて「礼儀正しさ」「男らしさや何げないやさしさ」が人気の根本にあると思います。力強い目つきも今の日本の若者とは全然違います。日本の男も頑張らねば!昔はきっと…!

 

|

韓流ブーム

 皆さん、昨日のペ・ヨンジュン来日のニュースみましたか?すごいですよね。女性のパワーには驚かされます。なかには子どもを学校休ませてきたという母親もいて…

 韓国への日本からの旅行者、昨年同時期と比べて40%増だそうです。中身は男性の旅行者が減り、女性旅行者が急増、しかし滞在期間平均は短くなっているとのこと。現地では俳優と会える(見れる)ツアーやドラマの舞台となった場所を訪れるツアーが人気らしく、特に俳優と会えるポイントではその見物人の8割近くが日本人だそうです。

 一方男性客は今は落ち着いてるみたいですが、ちょっと前までは旅行を計画していたお客のキャンセルが続いていたとのこと。HPでは書き込みにくいことですが、国による「買春・売春の禁止」の影響ではないかと言われています。韓国内でもその影響は大きく、生活のためそのような仕事をしていた人達が死活問題だと「禁止の撤回」を求め大規模なデモが行われたそうです。(なんでも産業として?位置づけると国内総生産GDPの5%を占めるとのこと!)

 今まで韓国といえば男性が旅行するところというイメージがなんとなくありました。美容エステブームもありますがこの機会にもっと芸能事ばかりではなく、文化や生活慣習など多くのことを知ることは今後の日韓関係においても有意義なことではないかと思います。

 今回のブーム、女性の人の気持ちはわからないけど、はっきりいえることは日本人と比べて「礼儀正しさ」「男らしさや何げないやさしさ」が人気の根本にあると思います。力強い目つきも今の日本の若者とは全然違います。日本の男も頑張らねば!昔はきっと…!

 

|

2004年11月25日 (木)

地域防災計画の見直し

 昨日開催された長崎市防災会議で今回の地震被害を受け市防災計画の一部見直しが明らかにされました。内容的には、①物資を迅速に調達するための大手スーパーなどとの供給協定の見直し、②仮設トイレ設置業者を協定対象に入れる、③合併する各町役場への情報収集体制づくりなどを、今回見直し、その他○災害発生時の電子メールなどでの住民に情報提供するシステムの導入、○地域自主防災組織の育成、○避難場所を明示する冊子「防災ガイド」の改訂などが検討されているそうです。

 9月の本会議では台風災害で課題が浮き彫りになった「災害弱者への対応」、今回は「地震災害から学ぶ、現・防災計画のチェックと検証」を行政にお願いしていただけに今回のすばやい検証と対応はうれしい思いがしています。他にも「災害ボランティアの育成」等課題はまだまだありますが日頃からの備えこそ肝要です。災害が不幸にもあった時、「長崎市の行政、市民の対応は他のどこよりもよかった」といわれるような防災の街づくりに向け頑張っていきたいものです。
 
 午前中は「市町村合併と長崎市の水産振興計画」というテーマで水産振興特別委員会が開催されました。来月はいよいよ総括質疑です。委員会ではとにかく特別委員会として一年間、研究・調査してきたわけだから何かきちんとした成果をだそうということも確認しあったところです。

|

地域防災計画の見直し

 昨日開催された長崎市防災会議で今回の地震被害を受け市防災計画の一部見直しが明らかにされました。内容的には、①物資を迅速に調達するための大手スーパーなどとの供給協定の見直し、②仮設トイレ設置業者を協定対象に入れる、③合併する各町役場への情報収集体制づくりなどを、今回見直し、その他○災害発生時の電子メールなどでの住民に情報提供するシステムの導入、○地域自主防災組織の育成、○避難場所を明示する冊子「防災ガイド」の改訂などが検討されているそうです。

 9月の本会議では台風災害で課題が浮き彫りになった「災害弱者への対応」、今回は「地震災害から学ぶ、現・防災計画のチェックと検証」を行政にお願いしていただけに今回のすばやい検証と対応はうれしい思いがしています。他にも「災害ボランティアの育成」等課題はまだまだありますが日頃からの備えこそ肝要です。災害が不幸にもあった時、「長崎市の行政、市民の対応は他のどこよりもよかった」といわれるような防災の街づくりに向け頑張っていきたいものです。
 
 午前中は「市町村合併と長崎市の水産振興計画」というテーマで水産振興特別委員会が開催されました。来月はいよいよ総括質疑です。委員会ではとにかく特別委員会として一年間、研究・調査してきたわけだから何かきちんとした成果をだそうということも確認しあったところです。

|

地域防災計画の見直し

 昨日開催された長崎市防災会議で今回の地震被害を受け市防災計画の一部見直しが明らかにされました。内容的には、①物資を迅速に調達するための大手スーパーなどとの供給協定の見直し、②仮設トイレ設置業者を協定対象に入れる、③合併する各町役場への情報収集体制づくりなどを、今回見直し、その他○災害発生時の電子メールなどでの住民に情報提供するシステムの導入、○地域自主防災組織の育成、○避難場所を明示する冊子「防災ガイド」の改訂などが検討されているそうです。

 9月の本会議では台風災害で課題が浮き彫りになった「災害弱者への対応」、今回は「地震災害から学ぶ、現・防災計画のチェックと検証」を行政にお願いしていただけに今回のすばやい検証と対応はうれしい思いがしています。他にも「災害ボランティアの育成」等課題はまだまだありますが日頃からの備えこそ肝要です。災害が不幸にもあった時、「長崎市の行政、市民の対応は他のどこよりもよかった」といわれるような防災の街づくりに向け頑張っていきたいものです。
 
 午前中は「市町村合併と長崎市の水産振興計画」というテーマで水産振興特別委員会が開催されました。来月はいよいよ総括質疑です。委員会ではとにかく特別委員会として一年間、研究・調査してきたわけだから何かきちんとした成果をだそうということも確認しあったところです。

|

2004年11月24日 (水)

資金集めパーティー苦戦

 昨日は午前中から自民党県連の政経セミナーの手伝いに行ってました。今日の新聞で3年8月ぶりのパーティーの実施については各紙記事になっていましたが総じて批判的な内容。批判の内容は、やり方と金額について、また開催時期として今が適当かということが書かれていました。金額(1枚2万円)、時期(震災や台風で苦しんでる方がおれるこの時期)については確かにそうかなと思いますが、やり方についてはこれにとってかわるいい方法とというのは私も考えつきません。所帯がおおきいから集める目標金額も大きいのでしょうが、広くお願いしていくというパーティー方式というのは現時点ではベターな方法だと思います。ただしお願いされる方が偏る、というか、券を買ってもらうお願いが出来る方が限れるとういうのも現実です。頭の痛い問題です。

 セミナーの手伝い後、チトセピアホールで行われていた「NPOフェアー」をのぞきに行きました。市内で活動するNPO団体の活動内容やNPOの意義などについて多くの市民の方に知ってもらうために開催されているもので今年で2回目です。
 私が知っているだけでも「地球村」や「クレインハーバー」、「DV防止長崎」、「犯罪被害者を支援する会」などいくつものNPO団体の活動事例の紹介ブースがありました。
 しかしこちらは(私が訪ねた時間帯も遅かったこともあるのでしょうが)人はパラパラ。やっている内容や最近のボランティアの盛り上がりに比べるともっと関心もたれる方多くても、と思いました。ちょっと残念な気がしました。

 今週も忙しいです。飲み会もなんだか増えてきました。みなさんも体調管理(財布の管理にも)に気をつけて過ごされてください。
PS:でも銅座の方は閑古鳥が鳴いてますのでお金も使って下さい、特に地元の飲食店で!

|

資金集めパーティー苦戦

 昨日は午前中から自民党県連の政経セミナーの手伝いに行ってました。今日の新聞で3年8月ぶりのパーティーの実施については各紙記事になっていましたが総じて批判的な内容。批判の内容は、やり方と金額について、また開催時期として今が適当かということが書かれていました。金額(1枚2万円)、時期(震災や台風で苦しんでる方がおれるこの時期)については確かにそうかなと思いますが、やり方についてはこれにとってかわるいい方法とというのは私も考えつきません。所帯がおおきいから集める目標金額も大きいのでしょうが、広くお願いしていくというパーティー方式というのは現時点ではベターな方法だと思います。ただしお願いされる方が偏る、というか、券を買ってもらうお願いが出来る方が限れるとういうのも現実です。頭の痛い問題です。

 セミナーの手伝い後、チトセピアホールで行われていた「NPOフェアー」をのぞきに行きました。市内で活動するNPO団体の活動内容やNPOの意義などについて多くの市民の方に知ってもらうために開催されているもので今年で2回目です。
 私が知っているだけでも「地球村」や「クレインハーバー」、「DV防止長崎」、「犯罪被害者を支援する会」などいくつものNPO団体の活動事例の紹介ブースがありました。
 しかしこちらは(私が訪ねた時間帯も遅かったこともあるのでしょうが)人はパラパラ。やっている内容や最近のボランティアの盛り上がりに比べるともっと関心もたれる方多くても、と思いました。ちょっと残念な気がしました。

 今週も忙しいです。飲み会もなんだか増えてきました。みなさんも体調管理(財布の管理にも)に気をつけて過ごされてください。
PS:でも銅座の方は閑古鳥が鳴いてますのでお金も使って下さい、特に地元の飲食店で!

|

資金集めパーティー苦戦

 昨日は午前中から自民党県連の政経セミナーの手伝いに行ってました。今日の新聞で3年8月ぶりのパーティーの実施については各紙記事になっていましたが総じて批判的な内容。批判の内容は、やり方と金額について、また開催時期として今が適当かということが書かれていました。金額(1枚2万円)、時期(震災や台風で苦しんでる方がおれるこの時期)については確かにそうかなと思いますが、やり方についてはこれにとってかわるいい方法とというのは私も考えつきません。所帯がおおきいから集める目標金額も大きいのでしょうが、広くお願いしていくというパーティー方式というのは現時点ではベターな方法だと思います。ただしお願いされる方が偏る、というか、券を買ってもらうお願いが出来る方が限れるとういうのも現実です。頭の痛い問題です。

 セミナーの手伝い後、チトセピアホールで行われていた「NPOフェアー」をのぞきに行きました。市内で活動するNPO団体の活動内容やNPOの意義などについて多くの市民の方に知ってもらうために開催されているもので今年で2回目です。
 私が知っているだけでも「地球村」や「クレインハーバー」、「DV防止長崎」、「犯罪被害者を支援する会」などいくつものNPO団体の活動事例の紹介ブースがありました。
 しかしこちらは(私が訪ねた時間帯も遅かったこともあるのでしょうが)人はパラパラ。やっている内容や最近のボランティアの盛り上がりに比べるともっと関心もたれる方多くても、と思いました。ちょっと残念な気がしました。

 今週も忙しいです。飲み会もなんだか増えてきました。みなさんも体調管理(財布の管理にも)に気をつけて過ごされてください。
PS:でも銅座の方は閑古鳥が鳴いてますのでお金も使って下さい、特に地元の飲食店で!

|

2004年11月22日 (月)

費用弁償の廃止について

 今日は午前中、議会運営委員会にオブザーバーで参加しました。今日の議題は先日から協議が続けられていた市議会の「費用弁償の廃止」ならびに「政務調査費の見直し」についてです。
  
 あまり知られていませんが、われわれ議員は月々もらう歳費(企業でいう給料)の他に定例会や委員会の時に「費用弁償」という形で交通費+昼食費相当額をもらっています。また「政務調査費」といって政治活動に必要な金額が上限を設けて一部公費から負担されることになっています。

 今回、緒方議長からの呼びかけでそれを実態に即した形に是正しようということで「費用弁償の廃止」と「政務調査費の見直し(増額)」が検討されることになりました。費用弁償については、議会(桜町)に近い議員も遠い議員も、また車で来ている議員もそうでない議員も一律9000円という額がいかがなものかということ、全国的にも費用弁償の廃止を決めている議会が出てきているということ、政務調査費の増額については、さきほどの交通費を実態に即し政務調査費のなかで実際かかった費用として支出できるようにすること、また同規模の人口の他都市と比べて政務調査費については長崎市の現在の10万/月は低すぎるという理由での見直しです。

 みらい市民会議としては両方の趣旨に賛成し、増額の金額については今まで費用弁償で受け取っていた、一人が受け取る年間の金額(51万)を超えない範囲内での増額を提案しました。
 結果は費用弁償の廃止は全会一致、政務調査の増額については、増額自体に反対が一会派、残りは賛成、額についても5万/月、6万、4万(私たちの会派)と様々でしたが委員長裁定で5万になりました。

 結局、結論は、来年以降の予算額だけみると費用弁償の時の金額総計よりも多くなったわけですが、今まで現金でもらいっきりとなっていたのが、実態に則し、なおかつ全て領収書添付が義務づけられたわけですから《議会の慣例の見直し》に手をつけたという意味からは評価されることではなかっかと思っています。
 皆さんからみたらどうでしょうか?

 午後からは小森議員と引き続き政策要望の打ち合わせをしたところです。前年度の要望事項の進捗チェックと新たな要望事項についてすりあわせをしました。市長への要望は29日に決まっています。

|

費用弁償の廃止について

 今日は午前中、議会運営委員会にオブザーバーで参加しました。今日の議題は先日から協議が続けられていた市議会の「費用弁償の廃止」ならびに「政務調査費の見直し」についてです。
  
 あまり知られていませんが、われわれ議員は月々もらう歳費(企業でいう給料)の他に定例会や委員会の時に「費用弁償」という形で交通費+昼食費相当額をもらっています。また「政務調査費」といって政治活動に必要な金額が上限を設けて一部公費から負担されることになっています。

 今回、緒方議長からの呼びかけでそれを実態に即した形に是正しようということで「費用弁償の廃止」と「政務調査費の見直し(増額)」が検討されることになりました。費用弁償については、議会(桜町)に近い議員も遠い議員も、また車で来ている議員もそうでない議員も一律9000円という額がいかがなものかということ、全国的にも費用弁償の廃止を決めている議会が出てきているということ、政務調査費の増額については、さきほどの交通費を実態に即し政務調査費のなかで実際かかった費用として支出できるようにすること、また同規模の人口の他都市と比べて政務調査費については長崎市の現在の10万/月は低すぎるという理由での見直しです。

 みらい市民会議としては両方の趣旨に賛成し、増額の金額については今まで費用弁償で受け取っていた、一人が受け取る年間の金額(51万)を超えない範囲内での増額を提案しました。
 結果は費用弁償の廃止は全会一致、政務調査の増額については、増額自体に反対が一会派、残りは賛成、額についても5万/月、6万、4万(私たちの会派)と様々でしたが委員長裁定で5万になりました。

 結局、結論は、来年以降の予算額だけみると費用弁償の時の金額総計よりも多くなったわけですが、今まで現金でもらいっきりとなっていたのが、実態に則し、なおかつ全て領収書添付が義務づけられたわけですから《議会の慣例の見直し》に手をつけたという意味からは評価されることではなかっかと思っています。
 皆さんからみたらどうでしょうか?

 午後からは小森議員と引き続き政策要望の打ち合わせをしたところです。前年度の要望事項の進捗チェックと新たな要望事項についてすりあわせをしました。市長への要望は29日に決まっています。

|

費用弁償の廃止について

 今日は午前中、議会運営委員会にオブザーバーで参加しました。今日の議題は先日から協議が続けられていた市議会の「費用弁償の廃止」ならびに「政務調査費の見直し」についてです。
  
 あまり知られていませんが、われわれ議員は月々もらう歳費(企業でいう給料)の他に定例会や委員会の時に「費用弁償」という形で交通費+昼食費相当額をもらっています。また「政務調査費」といって政治活動に必要な金額が上限を設けて一部公費から負担されることになっています。

 今回、緒方議長からの呼びかけでそれを実態に即した形に是正しようということで「費用弁償の廃止」と「政務調査費の見直し(増額)」が検討されることになりました。費用弁償については、議会(桜町)に近い議員も遠い議員も、また車で来ている議員もそうでない議員も一律9000円という額がいかがなものかということ、全国的にも費用弁償の廃止を決めている議会が出てきているということ、政務調査費の増額については、さきほどの交通費を実態に即し政務調査費のなかで実際かかった費用として支出できるようにすること、また同規模の人口の他都市と比べて政務調査費については長崎市の現在の10万/月は低すぎるという理由での見直しです。

 みらい市民会議としては両方の趣旨に賛成し、増額の金額については今まで費用弁償で受け取っていた、一人が受け取る年間の金額(51万)を超えない範囲内での増額を提案しました。
 結果は費用弁償の廃止は全会一致、政務調査の増額については、増額自体に反対が一会派、残りは賛成、額についても5万/月、6万、4万(私たちの会派)と様々でしたが委員長裁定で5万になりました。

 結局、結論は、来年以降の予算額だけみると費用弁償の時の金額総計よりも多くなったわけですが、今まで現金でもらいっきりとなっていたのが、実態に則し、なおかつ全て領収書添付が義務づけられたわけですから《議会の慣例の見直し》に手をつけたという意味からは評価されることではなかっかと思っています。
 皆さんからみたらどうでしょうか?

 午後からは小森議員と引き続き政策要望の打ち合わせをしたところです。前年度の要望事項の進捗チェックと新たな要望事項についてすりあわせをしました。市長への要望は29日に決まっています。

|

2004年11月19日 (金)

とにかく前に!

 昨日書き込みしたのになぜか入ってませんでした。なぜ?
 一昨日は「高齢者の住まい」に関する相談所みたいな団体をつくりたく勉強会を開きました。
 なぜこのようなことを思いついたかというと常々次のようなことを感じ(考えていました)ていました。
①在宅介護を受けていた方が、在宅の介護に限界があり福祉施設の入所を余儀なくされた時(今まで健常だった方が事故や病気で入院し退院後そのような施設への入居せざるをえない場合)、入所される方が「施設の内容や特徴、どの施設に入りたい」など選択の余地がないこと、また施設そのもののイメージをもたず入所されているんじゃないか
②斜面地に住む人は圧倒的にお年寄りが多く、坂の上り下りには大変な苦労をされている。好きでその場所に住んでいる方もいるだろうが、多くの人はできることなら平地に移り住みたいと思っているのではないだろうか?言葉悪く言えば「取り残された」ような感じがする時がある
③自分達の世代は長崎に暮らしてたくても仕事の関係で都会で暮らさざるをえない人は多く、そのような同世代の者からみたら、ふるさとに暮らす親が今後どうやって暮らしていくのか?というのは大きな関心事である

 上記のようなことをずっと感じているのでなにか高齢者(健常者もそうでない方も問わず)、いわゆる「終の住み家」のイメージとそこに「住み替え」ということがあるのであれば、そのサポート「情報の発信と相談業務」的なものができないかと思っていたのです。

 勉強会で集まってもらった方の意見は、むずかしいということと大体そのニーズがどのくらいあるかわからないという厳しい意見の反面、しかし何か出来ることはあるんじゃないかという結論になりました。
 年明けに仕切りなおしで再度集まり話し合うことになりましたのでとにかく「何かできることから」前に前に進めていければと思っています。

|

とにかく前に!

 昨日書き込みしたのになぜか入ってませんでした。なぜ?
 一昨日は「高齢者の住まい」に関する相談所みたいな団体をつくりたく勉強会を開きました。
 なぜこのようなことを思いついたかというと常々次のようなことを感じ(考えていました)ていました。
①在宅介護を受けていた方が、在宅の介護に限界があり福祉施設の入所を余儀なくされた時(今まで健常だった方が事故や病気で入院し退院後そのような施設への入居せざるをえない場合)、入所される方が「施設の内容や特徴、どの施設に入りたい」など選択の余地がないこと、また施設そのもののイメージをもたず入所されているんじゃないか
②斜面地に住む人は圧倒的にお年寄りが多く、坂の上り下りには大変な苦労をされている。好きでその場所に住んでいる方もいるだろうが、多くの人はできることなら平地に移り住みたいと思っているのではないだろうか?言葉悪く言えば「取り残された」ような感じがする時がある
③自分達の世代は長崎に暮らしてたくても仕事の関係で都会で暮らさざるをえない人は多く、そのような同世代の者からみたら、ふるさとに暮らす親が今後どうやって暮らしていくのか?というのは大きな関心事である

 上記のようなことをずっと感じているのでなにか高齢者(健常者もそうでない方も問わず)、いわゆる「終の住み家」のイメージとそこに「住み替え」ということがあるのであれば、そのサポート「情報の発信と相談業務」的なものができないかと思っていたのです。

 勉強会で集まってもらった方の意見は、むずかしいということと大体そのニーズがどのくらいあるかわからないという厳しい意見の反面、しかし何か出来ることはあるんじゃないかという結論になりました。
 年明けに仕切りなおしで再度集まり話し合うことになりましたのでとにかく「何かできることから」前に前に進めていければと思っています。

|

とにかく前に!

 昨日書き込みしたのになぜか入ってませんでした。なぜ?
 一昨日は「高齢者の住まい」に関する相談所みたいな団体をつくりたく勉強会を開きました。
 なぜこのようなことを思いついたかというと常々次のようなことを感じ(考えていました)ていました。
①在宅介護を受けていた方が、在宅の介護に限界があり福祉施設の入所を余儀なくされた時(今まで健常だった方が事故や病気で入院し退院後そのような施設への入居せざるをえない場合)、入所される方が「施設の内容や特徴、どの施設に入りたい」など選択の余地がないこと、また施設そのもののイメージをもたず入所されているんじゃないか
②斜面地に住む人は圧倒的にお年寄りが多く、坂の上り下りには大変な苦労をされている。好きでその場所に住んでいる方もいるだろうが、多くの人はできることなら平地に移り住みたいと思っているのではないだろうか?言葉悪く言えば「取り残された」ような感じがする時がある
③自分達の世代は長崎に暮らしてたくても仕事の関係で都会で暮らさざるをえない人は多く、そのような同世代の者からみたら、ふるさとに暮らす親が今後どうやって暮らしていくのか?というのは大きな関心事である

 上記のようなことをずっと感じているのでなにか高齢者(健常者もそうでない方も問わず)、いわゆる「終の住み家」のイメージとそこに「住み替え」ということがあるのであれば、そのサポート「情報の発信と相談業務」的なものができないかと思っていたのです。

 勉強会で集まってもらった方の意見は、むずかしいということと大体そのニーズがどのくらいあるかわからないという厳しい意見の反面、しかし何か出来ることはあるんじゃないかという結論になりました。
 年明けに仕切りなおしで再度集まり話し合うことになりましたのでとにかく「何かできることから」前に前に進めていければと思っています。

|

2004年11月17日 (水)

ホームページ見やすくなった?

 HP見やすくなったと思うのは私だけでしょうか?自画自賛するわけではないですが(まして自分が作ったわけでもないのに)、前から表紙の更新もさることながら「今週のまえてつ」以外は書いている内容は変わらないのだから「今週…」をクリックせずに表紙にあげれないかと考えてたので今回のリニューアル満足しています。「まえてつ通信」も16年2月号は見れるようになっています。その後通信機期間空いてるのは《はがき版》を2回だしているからです。これからさらに内容充実に努めます!
 通信を郵送させていただくところも広げていきたいと考えてますので、ご希望の方はメールでお知らせ下さい。

 昨日の午後からは小森議員と政策要望の打ち合わせと役割分担をし、その後、二人で新教育長と意見交換を行い、私たちの教育行政への要望等を意見交換のなかで伝えてきました。様々な要望をしたのですが、要約すると「教育畑出身でない教育長なのだから《民間の経営手法や感覚》というものも取り入れて10年、20年先の教育ビジョンを作り上げてほしい。全国均一の教育ではなく《長崎方式》の確立を!また今の学校まだまだ外部の人からみてわかりづらい、さらにオープンにしていいところは残しながら改善するところは改善、改革をしていく姿勢を持ってほしい」というようなことを要望してきました。教育に力をいれる会派を自負していますので現場の声を聞きながらこれからもっと具体的な提案していきたいと考えています。懇談の中では「学力テスト」「学校の統廃合」「保育所の児童記録の活用」等々も意見交換行いました。

 今日は午前中、福祉部と打ち合わせ、午後からは今月末に行う「子育てフォーラム」の打ち合わせと政策要望準備、夜は会議が入ってます。夜の会議の内容は明日書き込み予定。

 

|

ホームページ見やすくなった?

 HP見やすくなったと思うのは私だけでしょうか?自画自賛するわけではないですが(まして自分が作ったわけでもないのに)、前から表紙の更新もさることながら「今週のまえてつ」以外は書いている内容は変わらないのだから「今週…」をクリックせずに表紙にあげれないかと考えてたので今回のリニューアル満足しています。「まえてつ通信」も16年2月号は見れるようになっています。その後通信機期間空いてるのは《はがき版》を2回だしているからです。これからさらに内容充実に努めます!
 通信を郵送させていただくところも広げていきたいと考えてますので、ご希望の方はメールでお知らせ下さい。

 昨日の午後からは小森議員と政策要望の打ち合わせと役割分担をし、その後、二人で新教育長と意見交換を行い、私たちの教育行政への要望等を意見交換のなかで伝えてきました。様々な要望をしたのですが、要約すると「教育畑出身でない教育長なのだから《民間の経営手法や感覚》というものも取り入れて10年、20年先の教育ビジョンを作り上げてほしい。全国均一の教育ではなく《長崎方式》の確立を!また今の学校まだまだ外部の人からみてわかりづらい、さらにオープンにしていいところは残しながら改善するところは改善、改革をしていく姿勢を持ってほしい」というようなことを要望してきました。教育に力をいれる会派を自負していますので現場の声を聞きながらこれからもっと具体的な提案していきたいと考えています。懇談の中では「学力テスト」「学校の統廃合」「保育所の児童記録の活用」等々も意見交換行いました。

 今日は午前中、福祉部と打ち合わせ、午後からは今月末に行う「子育てフォーラム」の打ち合わせと政策要望準備、夜は会議が入ってます。夜の会議の内容は明日書き込み予定。

 

|

ホームページ見やすくなった?

 HP見やすくなったと思うのは私だけでしょうか?自画自賛するわけではないですが(まして自分が作ったわけでもないのに)、前から表紙の更新もさることながら「今週のまえてつ」以外は書いている内容は変わらないのだから「今週…」をクリックせずに表紙にあげれないかと考えてたので今回のリニューアル満足しています。「まえてつ通信」も16年2月号は見れるようになっています。その後通信機期間空いてるのは《はがき版》を2回だしているからです。これからさらに内容充実に努めます!
 通信を郵送させていただくところも広げていきたいと考えてますので、ご希望の方はメールでお知らせ下さい。

 昨日の午後からは小森議員と政策要望の打ち合わせと役割分担をし、その後、二人で新教育長と意見交換を行い、私たちの教育行政への要望等を意見交換のなかで伝えてきました。様々な要望をしたのですが、要約すると「教育畑出身でない教育長なのだから《民間の経営手法や感覚》というものも取り入れて10年、20年先の教育ビジョンを作り上げてほしい。全国均一の教育ではなく《長崎方式》の確立を!また今の学校まだまだ外部の人からみてわかりづらい、さらにオープンにしていいところは残しながら改善するところは改善、改革をしていく姿勢を持ってほしい」というようなことを要望してきました。教育に力をいれる会派を自負していますので現場の声を聞きながらこれからもっと具体的な提案していきたいと考えています。懇談の中では「学力テスト」「学校の統廃合」「保育所の児童記録の活用」等々も意見交換行いました。

 今日は午前中、福祉部と打ち合わせ、午後からは今月末に行う「子育てフォーラム」の打ち合わせと政策要望準備、夜は会議が入ってます。夜の会議の内容は明日書き込み予定。

 

|

2004年11月16日 (火)

みなさんびっくりしたでしょう!

 ついにHPがリニューアルしました。なにせ前回の選挙前に城栄商店街の空き店舗活用で頑張ってくれた長大生にHP作成してもらい彼らの卒業後どうやって更新したらいいのかわからない状態が長く続いていました。その後先輩に二フティじゃない他のところ?で作ってもらったのですが諸般の都合(こちらの勝手な都合でした、先輩すみません)でうまくいかず、今回やっとリニューアルされました。作ってくれたのは尾田君といって選挙の時に私の話を聞いてくれた人は覚えてくれていると思いますが、あの「海老君」なんです。わからない人はごめんなさい。陸(おか)で海老の養殖にチャレンジした若者です。残念ながら海老は今休眠中ですが今はなんでもチャボを飼っているとのこと。頑張っています。

 今日は午前中は同級生の保育園に話を聞きに行ってきました。先日の委員会の自主的な調査がどうもしっくりいかず、また私の認識違いもあったみたいなんでその日の朝連絡してその日に行ったんですが快く対応してもらいました。保育所のあるべき姿や自分たちの取り組み、現在の状況での心配な点、地域での子育て支援などに話が及び大変参考になりました。お昼前には失礼したのですが、彼には言いませんでしたが、お互いの高校時代考えるとこうやって子供のことについて熱く話していることがなにか不思議な感じがしました。
 でもこうやって身近なところに頑張っている友がいるわけですからもっと頑張らなければ!
 
 日本の経済、高齢社会考えると少子化問題、子育て支援というのは大きな大きなテーマだと思うんだけどなあ、もっと議会内でも同じ思いの人増やす努力もしないと!
 大正デモクラシーの思想的指導者であった吉野作造は政治の二大根本原則とは「一はいかにして自家の抱負経輪を実現せしむべきかに関する
ものであり、二はいかにすれば常に最良最善の政策方針が疑滞なく行われるよう政界の客観的状勢を作り上ぐべきか」と語っています。 


 

|

みなさんびっくりしたでしょう!

 ついにHPがリニューアルしました。なにせ前回の選挙前に城栄商店街の空き店舗活用で頑張ってくれた長大生にHP作成してもらい彼らの卒業後どうやって更新したらいいのかわからない状態が長く続いていました。その後先輩に二フティじゃない他のところ?で作ってもらったのですが諸般の都合(こちらの勝手な都合でした、先輩すみません)でうまくいかず、今回やっとリニューアルされました。作ってくれたのは尾田君といって選挙の時に私の話を聞いてくれた人は覚えてくれていると思いますが、あの「海老君」なんです。わからない人はごめんなさい。陸(おか)で海老の養殖にチャレンジした若者です。残念ながら海老は今休眠中ですが今はなんでもチャボを飼っているとのこと。頑張っています。

 今日は午前中は同級生の保育園に話を聞きに行ってきました。先日の委員会の自主的な調査がどうもしっくりいかず、また私の認識違いもあったみたいなんでその日の朝連絡してその日に行ったんですが快く対応してもらいました。保育所のあるべき姿や自分たちの取り組み、現在の状況での心配な点、地域での子育て支援などに話が及び大変参考になりました。お昼前には失礼したのですが、彼には言いませんでしたが、お互いの高校時代考えるとこうやって子供のことについて熱く話していることがなにか不思議な感じがしました。
 でもこうやって身近なところに頑張っている友がいるわけですからもっと頑張らなければ!
 
 日本の経済、高齢社会考えると少子化問題、子育て支援というのは大きな大きなテーマだと思うんだけどなあ、もっと議会内でも同じ思いの人増やす努力もしないと!
 大正デモクラシーの思想的指導者であった吉野作造は政治の二大根本原則とは「一はいかにして自家の抱負経輪を実現せしむべきかに関する
ものであり、二はいかにすれば常に最良最善の政策方針が疑滞なく行われるよう政界の客観的状勢を作り上ぐべきか」と語っています。 


 

|

みなさんびっくりしたでしょう!

 ついにHPがリニューアルしました。なにせ前回の選挙前に城栄商店街の空き店舗活用で頑張ってくれた長大生にHP作成してもらい彼らの卒業後どうやって更新したらいいのかわからない状態が長く続いていました。その後先輩に二フティじゃない他のところ?で作ってもらったのですが諸般の都合(こちらの勝手な都合でした、先輩すみません)でうまくいかず、今回やっとリニューアルされました。作ってくれたのは尾田君といって選挙の時に私の話を聞いてくれた人は覚えてくれていると思いますが、あの「海老君」なんです。わからない人はごめんなさい。陸(おか)で海老の養殖にチャレンジした若者です。残念ながら海老は今休眠中ですが今はなんでもチャボを飼っているとのこと。頑張っています。

 今日は午前中は同級生の保育園に話を聞きに行ってきました。先日の委員会の自主的な調査がどうもしっくりいかず、また私の認識違いもあったみたいなんでその日の朝連絡してその日に行ったんですが快く対応してもらいました。保育所のあるべき姿や自分たちの取り組み、現在の状況での心配な点、地域での子育て支援などに話が及び大変参考になりました。お昼前には失礼したのですが、彼には言いませんでしたが、お互いの高校時代考えるとこうやって子供のことについて熱く話していることがなにか不思議な感じがしました。
 でもこうやって身近なところに頑張っている友がいるわけですからもっと頑張らなければ!
 
 日本の経済、高齢社会考えると少子化問題、子育て支援というのは大きな大きなテーマだと思うんだけどなあ、もっと議会内でも同じ思いの人増やす努力もしないと!
 大正デモクラシーの思想的指導者であった吉野作造は政治の二大根本原則とは「一はいかにして自家の抱負経輪を実現せしむべきかに関する
ものであり、二はいかにすれば常に最良最善の政策方針が疑滞なく行われるよう政界の客観的状勢を作り上ぐべきか」と語っています。 


 

|

2004年11月15日 (月)

池島炭鉱に潜ってきました

 先週の金曜日、「観光振興議員連盟」で外海町池島の池島炭鉱に行ってきました。来年の合併をひかえ合併する6町の観光資源等もきちんと見ておこうというのが議員連盟活動のひとつの柱です。外海町は6町最後の視察先でした。当初は遠藤周記念館等を廻る予定をしていたのですが委員のなかから「外海に行くなら池島の炭鉱を見てこんと!」と言われ予定変更、池島に向かったわけです。

 池島炭鉱は平成13年に閉山しましたが国の施策により「研修センター」に生まれ変わり、今は外国、海外産炭国の技術者を養成するための研修所になっています。現在はベトナム、インドネシアの研修生が80人ちかくいるとのことで私達が訪ねたときも授業と実際に炭鉱に潜っての研修があっていました。研修期間は3ヶ月と6ヶ月、既に200名以上の卒業生をだしているとのこと。

 機械の技術力の違いもですが、それらの国では露天堀り(山に炭層がある)がまだ主流だったのが今から地下(海底)に掘っていくようになるとのことで日本の採掘技術が大いに役立つとのとでした。

 とにかく炭鉱を見るのも、もちろん潜る(海底地下190m)のも初めてで貴重な経験ができました。
 なぜこれが観光に結びつくのかというと、この研修センターではわが国のエネルギー政策の変遷を知ってもらうということで、昨年500名ちかい修学旅行生の「炭鉱体験」受け入れをしています。(またさ来週には長崎市が30名の定員でツアーを組んでいます。当時の「炭鉱弁当」も再現するとのこと)

 観光資源としてはともかく、エネルギー政策の変遷を知るという意味ではほんとうにいい勉強になるのと、一時期炭鉱で栄えた町(当時最大8000名の人口)が現在500人足らずしか住んでいないさびれた町が残るだけという現実に、なにか私達に投げかけられたものを感じ、若い人には特に見てほしいという気持ちになりました。
 一度、機会があればみなさんも見にいかれることをお勧めします。(働いていらっしゃる方々の使命感みたいなものにも感激して帰ってきました)

|

池島炭鉱に潜ってきました

 先週の金曜日、「観光振興議員連盟」で外海町池島の池島炭鉱に行ってきました。来年の合併をひかえ合併する6町の観光資源等もきちんと見ておこうというのが議員連盟活動のひとつの柱です。外海町は6町最後の視察先でした。当初は遠藤周記念館等を廻る予定をしていたのですが委員のなかから「外海に行くなら池島の炭鉱を見てこんと!」と言われ予定変更、池島に向かったわけです。

 池島炭鉱は平成13年に閉山しましたが国の施策により「研修センター」に生まれ変わり、今は外国、海外産炭国の技術者を養成するための研修所になっています。現在はベトナム、インドネシアの研修生が80人ちかくいるとのことで私達が訪ねたときも授業と実際に炭鉱に潜っての研修があっていました。研修期間は3ヶ月と6ヶ月、既に200名以上の卒業生をだしているとのこと。

 機械の技術力の違いもですが、それらの国では露天堀り(山に炭層がある)がまだ主流だったのが今から地下(海底)に掘っていくようになるとのことで日本の採掘技術が大いに役立つとのとでした。

 とにかく炭鉱を見るのも、もちろん潜る(海底地下190m)のも初めてで貴重な経験ができました。
 なぜこれが観光に結びつくのかというと、この研修センターではわが国のエネルギー政策の変遷を知ってもらうということで、昨年500名ちかい修学旅行生の「炭鉱体験」受け入れをしています。(またさ来週には長崎市が30名の定員でツアーを組んでいます。当時の「炭鉱弁当」も再現するとのこと)

 観光資源としてはともかく、エネルギー政策の変遷を知るという意味ではほんとうにいい勉強になるのと、一時期炭鉱で栄えた町(当時最大8000名の人口)が現在500人足らずしか住んでいないさびれた町が残るだけという現実に、なにか私達に投げかけられたものを感じ、若い人には特に見てほしいという気持ちになりました。
 一度、機会があればみなさんも見にいかれることをお勧めします。(働いていらっしゃる方々の使命感みたいなものにも感激して帰ってきました)

|

池島炭鉱に潜ってきました

 先週の金曜日、「観光振興議員連盟」で外海町池島の池島炭鉱に行ってきました。来年の合併をひかえ合併する6町の観光資源等もきちんと見ておこうというのが議員連盟活動のひとつの柱です。外海町は6町最後の視察先でした。当初は遠藤周記念館等を廻る予定をしていたのですが委員のなかから「外海に行くなら池島の炭鉱を見てこんと!」と言われ予定変更、池島に向かったわけです。

 池島炭鉱は平成13年に閉山しましたが国の施策により「研修センター」に生まれ変わり、今は外国、海外産炭国の技術者を養成するための研修所になっています。現在はベトナム、インドネシアの研修生が80人ちかくいるとのことで私達が訪ねたときも授業と実際に炭鉱に潜っての研修があっていました。研修期間は3ヶ月と6ヶ月、既に200名以上の卒業生をだしているとのこと。

 機械の技術力の違いもですが、それらの国では露天堀り(山に炭層がある)がまだ主流だったのが今から地下(海底)に掘っていくようになるとのことで日本の採掘技術が大いに役立つとのとでした。

 とにかく炭鉱を見るのも、もちろん潜る(海底地下190m)のも初めてで貴重な経験ができました。
 なぜこれが観光に結びつくのかというと、この研修センターではわが国のエネルギー政策の変遷を知ってもらうということで、昨年500名ちかい修学旅行生の「炭鉱体験」受け入れをしています。(またさ来週には長崎市が30名の定員でツアーを組んでいます。当時の「炭鉱弁当」も再現するとのこと)

 観光資源としてはともかく、エネルギー政策の変遷を知るという意味ではほんとうにいい勉強になるのと、一時期炭鉱で栄えた町(当時最大8000名の人口)が現在500人足らずしか住んでいないさびれた町が残るだけという現実に、なにか私達に投げかけられたものを感じ、若い人には特に見てほしいという気持ちになりました。
 一度、機会があればみなさんも見にいかれることをお勧めします。(働いていらっしゃる方々の使命感みたいなものにも感激して帰ってきました)

|

2004年11月11日 (木)

決算委員会を終えて

 3日間の決算委員会が昨日で終わりました。毎年思うことですがやはり審査の期間が足りないというのが率直な感想です。

 決算は予算審査と違い「使ってしまったお金の審査」です。また家庭の家計と違い一部項目内の流用はあるものの、原則としてお金が足りない時はその都度「補正予算」を組んでお金を支出します。ですから、決算委員会の審議内容というのは、「予算が余ったらなぜ余ったか?」、「使ったお金に対して成果はどうだったか?」、「今後の取り組みはどうするんか?」ということが主な質疑のやりとりになります。特に成果がどうかというのは一番問われることでそれが次の予算組みに反映されなければならないのですが、そこまでを徹底して審議するには期間が足りません。もちろん議員それぞれ関心をもっている項目は様々で、昨日のようにひとつの施策についても考え方は正反対ということは往々にしてあることですから時間が足りないのはなおさらです。
 やはり1週間ぐらいかけないと十分な審議はできないと思います。

 きのうの書き込みの後、福祉部長と理事が控え室を訪ねてきてくれました。委員会ではすれ違いの議論だったのですがじっくり話すなかで「自分たちもなんとかしたい」という気持ちは伝わってきました。一喜一憂しながらもしっかりと頑張っていきたいものです。

 今日から年に一度の市長への会派「みらい市民会議」としての施策要望の準備にかかり始めました。来年度予算策定に「こういうことに力をいれてほしい」ということを要望するものです、そのなかからいくつ予算化されたり予算増が行われるかが会派としての力量を問われるものとなります。既に民主市民会議(12人)、明政クラブ(7人)の2会派は終わったとのこと。
 今月末までに要望する予定です。今から作成しますが会派してのカラーをしっかりだせればと考えています。
 明日は観光議員連盟での外海町の視察に行きます。

|

決算委員会を終えて

 3日間の決算委員会が昨日で終わりました。毎年思うことですがやはり審査の期間が足りないというのが率直な感想です。

 決算は予算審査と違い「使ってしまったお金の審査」です。また家庭の家計と違い一部項目内の流用はあるものの、原則としてお金が足りない時はその都度「補正予算」を組んでお金を支出します。ですから、決算委員会の審議内容というのは、「予算が余ったらなぜ余ったか?」、「使ったお金に対して成果はどうだったか?」、「今後の取り組みはどうするんか?」ということが主な質疑のやりとりになります。特に成果がどうかというのは一番問われることでそれが次の予算組みに反映されなければならないのですが、そこまでを徹底して審議するには期間が足りません。もちろん議員それぞれ関心をもっている項目は様々で、昨日のようにひとつの施策についても考え方は正反対ということは往々にしてあることですから時間が足りないのはなおさらです。
 やはり1週間ぐらいかけないと十分な審議はできないと思います。

 きのうの書き込みの後、福祉部長と理事が控え室を訪ねてきてくれました。委員会ではすれ違いの議論だったのですがじっくり話すなかで「自分たちもなんとかしたい」という気持ちは伝わってきました。一喜一憂しながらもしっかりと頑張っていきたいものです。

 今日から年に一度の市長への会派「みらい市民会議」としての施策要望の準備にかかり始めました。来年度予算策定に「こういうことに力をいれてほしい」ということを要望するものです、そのなかからいくつ予算化されたり予算増が行われるかが会派としての力量を問われるものとなります。既に民主市民会議(12人)、明政クラブ(7人)の2会派は終わったとのこと。
 今月末までに要望する予定です。今から作成しますが会派してのカラーをしっかりだせればと考えています。
 明日は観光議員連盟での外海町の視察に行きます。

|

決算委員会を終えて

 3日間の決算委員会が昨日で終わりました。毎年思うことですがやはり審査の期間が足りないというのが率直な感想です。

 決算は予算審査と違い「使ってしまったお金の審査」です。また家庭の家計と違い一部項目内の流用はあるものの、原則としてお金が足りない時はその都度「補正予算」を組んでお金を支出します。ですから、決算委員会の審議内容というのは、「予算が余ったらなぜ余ったか?」、「使ったお金に対して成果はどうだったか?」、「今後の取り組みはどうするんか?」ということが主な質疑のやりとりになります。特に成果がどうかというのは一番問われることでそれが次の予算組みに反映されなければならないのですが、そこまでを徹底して審議するには期間が足りません。もちろん議員それぞれ関心をもっている項目は様々で、昨日のようにひとつの施策についても考え方は正反対ということは往々にしてあることですから時間が足りないのはなおさらです。
 やはり1週間ぐらいかけないと十分な審議はできないと思います。

 きのうの書き込みの後、福祉部長と理事が控え室を訪ねてきてくれました。委員会ではすれ違いの議論だったのですがじっくり話すなかで「自分たちもなんとかしたい」という気持ちは伝わってきました。一喜一憂しながらもしっかりと頑張っていきたいものです。

 今日から年に一度の市長への会派「みらい市民会議」としての施策要望の準備にかかり始めました。来年度予算策定に「こういうことに力をいれてほしい」ということを要望するものです、そのなかからいくつ予算化されたり予算増が行われるかが会派としての力量を問われるものとなります。既に民主市民会議(12人)、明政クラブ(7人)の2会派は終わったとのこと。
 今月末までに要望する予定です。今から作成しますが会派してのカラーをしっかりだせればと考えています。
 明日は観光議員連盟での外海町の視察に行きます。

|

2004年11月10日 (水)

また悪いくせが・・・

 決算委員会3日目、今日は午前中自主的調査でした。
 結論からいうと成果0、ますます行政と溝を深めただけでした。
はがゆいと、というかなさけない、せっかくの機会だったのに…

昨日の夕方の時点では同僚議員とも「明日は自主的な調査なんでお互いぶっちゃげたところで話をし多くの課題のひつつでも解決の糸口みいだそうや!」ということで臨んだのですが、始めの理事者からの「待機児童の現況、取り組み、公立保育所の民間移譲」の資料説明後の1発目の質問できれてしまいました。

 理事者からの待機児童197名という報告に対し「待機児童の数は確かにそうだが定員超過数が1059、施設外(無認可)保育所に通う児童が850人、この両方の数字も実質的には待機児童じゃないですか?待機児童の数の認識をきちんともっておかないと今後の施策に影響する」という質問に対し答えはああじゃない、こうじゃない、とあくまで197名と言い張るので、スタートからボタンの賭け違いがあり、ついついエキサイト、私の後の堀江委員も同様の質問趣旨で委員会の雰囲気は膠着してしまい、その他私と違う認識の議員は今の認識でいいんだという意味の質問を展開。

 結局、当初考えていた雰囲気のなかでのなにか解決を模索しようという調査からは大きくはずれ、しかも待機児童のことばかりに話が及び昨日のよう書き込みに書いたような色々な課題に対してまで話が及びませんでした。

 しかも悪いくせがでてあまりに攻撃的に質問をしたもんだから、同僚議員からも心なしかしらけた視線を感じる始末。ああーだめだ、まだまだ研鑽不足、感情のコントールができませんでした。
 うれしかったのは、私の書き込みをみて保育会の方二人(一人は高校の同級生)が傍聴にきてくれたことです。でも結果がね…
 また次回方法変えて!

 昼休みは小森さんと文経委員会の打ち合わせ。午後からも引き続き。

|

また悪いくせが・・・

 決算委員会3日目、今日は午前中自主的調査でした。
 結論からいうと成果0、ますます行政と溝を深めただけでした。
はがゆいと、というかなさけない、せっかくの機会だったのに…

昨日の夕方の時点では同僚議員とも「明日は自主的な調査なんでお互いぶっちゃげたところで話をし多くの課題のひつつでも解決の糸口みいだそうや!」ということで臨んだのですが、始めの理事者からの「待機児童の現況、取り組み、公立保育所の民間移譲」の資料説明後の1発目の質問できれてしまいました。

 理事者からの待機児童197名という報告に対し「待機児童の数は確かにそうだが定員超過数が1059、施設外(無認可)保育所に通う児童が850人、この両方の数字も実質的には待機児童じゃないですか?待機児童の数の認識をきちんともっておかないと今後の施策に影響する」という質問に対し答えはああじゃない、こうじゃない、とあくまで197名と言い張るので、スタートからボタンの賭け違いがあり、ついついエキサイト、私の後の堀江委員も同様の質問趣旨で委員会の雰囲気は膠着してしまい、その他私と違う認識の議員は今の認識でいいんだという意味の質問を展開。

 結局、当初考えていた雰囲気のなかでのなにか解決を模索しようという調査からは大きくはずれ、しかも待機児童のことばかりに話が及び昨日のよう書き込みに書いたような色々な課題に対してまで話が及びませんでした。

 しかも悪いくせがでてあまりに攻撃的に質問をしたもんだから、同僚議員からも心なしかしらけた視線を感じる始末。ああーだめだ、まだまだ研鑽不足、感情のコントールができませんでした。
 うれしかったのは、私の書き込みをみて保育会の方二人(一人は高校の同級生)が傍聴にきてくれたことです。でも結果がね…
 また次回方法変えて!

 昼休みは小森さんと文経委員会の打ち合わせ。午後からも引き続き。

|

また悪いくせが・・・

 決算委員会3日目、今日は午前中自主的調査でした。
 結論からいうと成果0、ますます行政と溝を深めただけでした。
はがゆいと、というかなさけない、せっかくの機会だったのに…

昨日の夕方の時点では同僚議員とも「明日は自主的な調査なんでお互いぶっちゃげたところで話をし多くの課題のひつつでも解決の糸口みいだそうや!」ということで臨んだのですが、始めの理事者からの「待機児童の現況、取り組み、公立保育所の民間移譲」の資料説明後の1発目の質問できれてしまいました。

 理事者からの待機児童197名という報告に対し「待機児童の数は確かにそうだが定員超過数が1059、施設外(無認可)保育所に通う児童が850人、この両方の数字も実質的には待機児童じゃないですか?待機児童の数の認識をきちんともっておかないと今後の施策に影響する」という質問に対し答えはああじゃない、こうじゃない、とあくまで197名と言い張るので、スタートからボタンの賭け違いがあり、ついついエキサイト、私の後の堀江委員も同様の質問趣旨で委員会の雰囲気は膠着してしまい、その他私と違う認識の議員は今の認識でいいんだという意味の質問を展開。

 結局、当初考えていた雰囲気のなかでのなにか解決を模索しようという調査からは大きくはずれ、しかも待機児童のことばかりに話が及び昨日のよう書き込みに書いたような色々な課題に対してまで話が及びませんでした。

 しかも悪いくせがでてあまりに攻撃的に質問をしたもんだから、同僚議員からも心なしかしらけた視線を感じる始末。ああーだめだ、まだまだ研鑽不足、感情のコントールができませんでした。
 うれしかったのは、私の書き込みをみて保育会の方二人(一人は高校の同級生)が傍聴にきてくれたことです。でも結果がね…
 また次回方法変えて!

 昼休みは小森さんと文経委員会の打ち合わせ。午後からも引き続き。

|

2004年11月 9日 (火)

決算委員会2日目

 今日も朝から夕方までびっちり。一般会計の決算の民生費、衛生費、商工費、ならびに国民健康保険事業、病院会計事業、老人保健事業、母子寡婦福祉資金貸付事業、介護保険事業の特別会計について審議しました。

 民生費では○母子保健訪問事業、○身体障害者育成医療費、○小児慢性特定疾患治療研究、○インフルエンザ接種助成事業、病院事業では○外来数の減少と入院日数について、○一般会計の負担金について、○新市立病院建設への取り組み、○研修医の確保等について質問しました。
 明日は私が提案した「保育所の現状と取り組み」について自主調査が行われます。待機児童解消、つめこみ施設、運営費の問題、幼稚園の現況と幼保一元について、保育料の未納問題、公立保育園の民間移譲について等々、同僚議員も「理事者と前向きな議論をし、課題をひとつひとつ解決するためにも一日かけてじっくりやろうや」と言ってくれてますので明日は提案者でもありしっかりとのぞもうと思っています。

|

決算委員会2日目

 今日も朝から夕方までびっちり。一般会計の決算の民生費、衛生費、商工費、ならびに国民健康保険事業、病院会計事業、老人保健事業、母子寡婦福祉資金貸付事業、介護保険事業の特別会計について審議しました。

 民生費では○母子保健訪問事業、○身体障害者育成医療費、○小児慢性特定疾患治療研究、○インフルエンザ接種助成事業、病院事業では○外来数の減少と入院日数について、○一般会計の負担金について、○新市立病院建設への取り組み、○研修医の確保等について質問しました。
 明日は私が提案した「保育所の現状と取り組み」について自主調査が行われます。待機児童解消、つめこみ施設、運営費の問題、幼稚園の現況と幼保一元について、保育料の未納問題、公立保育園の民間移譲について等々、同僚議員も「理事者と前向きな議論をし、課題をひとつひとつ解決するためにも一日かけてじっくりやろうや」と言ってくれてますので明日は提案者でもありしっかりとのぞもうと思っています。

|

決算委員会2日目

 今日も朝から夕方までびっちり。一般会計の決算の民生費、衛生費、商工費、ならびに国民健康保険事業、病院会計事業、老人保健事業、母子寡婦福祉資金貸付事業、介護保険事業の特別会計について審議しました。

 民生費では○母子保健訪問事業、○身体障害者育成医療費、○小児慢性特定疾患治療研究、○インフルエンザ接種助成事業、病院事業では○外来数の減少と入院日数について、○一般会計の負担金について、○新市立病院建設への取り組み、○研修医の確保等について質問しました。
 明日は私が提案した「保育所の現状と取り組み」について自主調査が行われます。待機児童解消、つめこみ施設、運営費の問題、幼稚園の現況と幼保一元について、保育料の未納問題、公立保育園の民間移譲について等々、同僚議員も「理事者と前向きな議論をし、課題をひとつひとつ解決するためにも一日かけてじっくりやろうや」と言ってくれてますので明日は提案者でもありしっかりとのぞもうと思っています。

|

2004年11月 8日 (月)

決算委員会1日目

 今日は朝一から夕方までみっちり決算委員会でした。当初2日間で終わる予定が今日の時点で予備日の水曜日にまたがること確実です。もともと審議日数が短いのですが、とにかく資料の多いこと!
 
 決算ですから使った金額についてはもうどうこうないのですが、施策の成果と不要額(使わなかった予算)が発生したらその理由の確認と現況の事業への取り組みと来年度予算にどう反映させるかを中心に議論を交わします。

 今日は厚生委員会の所管の総務費、民生費の審査でしたが、○自治会活動支援、○NPO支援、○支所の統廃合、○県外原爆展の実施、○(財)平和推進協会の今後のありかた、○身体・知的障害者へのデイサービス事業、○児童虐待防止、○子育て支援センター事業について意見、要望を述べました。

|

決算委員会1日目

 今日は朝一から夕方までみっちり決算委員会でした。当初2日間で終わる予定が今日の時点で予備日の水曜日にまたがること確実です。もともと審議日数が短いのですが、とにかく資料の多いこと!
 
 決算ですから使った金額についてはもうどうこうないのですが、施策の成果と不要額(使わなかった予算)が発生したらその理由の確認と現況の事業への取り組みと来年度予算にどう反映させるかを中心に議論を交わします。

 今日は厚生委員会の所管の総務費、民生費の審査でしたが、○自治会活動支援、○NPO支援、○支所の統廃合、○県外原爆展の実施、○(財)平和推進協会の今後のありかた、○身体・知的障害者へのデイサービス事業、○児童虐待防止、○子育て支援センター事業について意見、要望を述べました。

|

決算委員会1日目

 今日は朝一から夕方までみっちり決算委員会でした。当初2日間で終わる予定が今日の時点で予備日の水曜日にまたがること確実です。もともと審議日数が短いのですが、とにかく資料の多いこと!
 
 決算ですから使った金額についてはもうどうこうないのですが、施策の成果と不要額(使わなかった予算)が発生したらその理由の確認と現況の事業への取り組みと来年度予算にどう反映させるかを中心に議論を交わします。

 今日は厚生委員会の所管の総務費、民生費の審査でしたが、○自治会活動支援、○NPO支援、○支所の統廃合、○県外原爆展の実施、○(財)平和推進協会の今後のありかた、○身体・知的障害者へのデイサービス事業、○児童虐待防止、○子育て支援センター事業について意見、要望を述べました。

|

2004年11月 5日 (金)

来週は決算委員会!

 今日も決算委員会にそなえ勉強してます。
 朝、議会事務局で新聞チェックしてる時、議長が通りかかれ、30分ほど議長室で懇談することができました。今はまだはっきり言われませんが議長も就任以来、議会改革に努力されています。私だけでなく小森さんともども議会改革望むところですので微力ながらサポートできればと思っています。定数削減も話にでたところです。

 午後からは教育委員会学務課と「総合学習」「不登校対策」について打ち合わせ、提案をしてきます。その後は外回りに出ます。

 土曜日は自民党県連青年部局で新大工で街頭募金をいたします。日曜は青年協会のソフトボール大会と城山教会のバザーに参加する予定です。

|

来週は決算委員会!

 今日も決算委員会にそなえ勉強してます。
 朝、議会事務局で新聞チェックしてる時、議長が通りかかれ、30分ほど議長室で懇談することができました。今はまだはっきり言われませんが議長も就任以来、議会改革に努力されています。私だけでなく小森さんともども議会改革望むところですので微力ながらサポートできればと思っています。定数削減も話にでたところです。

 午後からは教育委員会学務課と「総合学習」「不登校対策」について打ち合わせ、提案をしてきます。その後は外回りに出ます。

 土曜日は自民党県連青年部局で新大工で街頭募金をいたします。日曜は青年協会のソフトボール大会と城山教会のバザーに参加する予定です。

|

来週は決算委員会!

 今日も決算委員会にそなえ勉強してます。
 朝、議会事務局で新聞チェックしてる時、議長が通りかかれ、30分ほど議長室で懇談することができました。今はまだはっきり言われませんが議長も就任以来、議会改革に努力されています。私だけでなく小森さんともども議会改革望むところですので微力ながらサポートできればと思っています。定数削減も話にでたところです。

 午後からは教育委員会学務課と「総合学習」「不登校対策」について打ち合わせ、提案をしてきます。その後は外回りに出ます。

 土曜日は自民党県連青年部局で新大工で街頭募金をいたします。日曜は青年協会のソフトボール大会と城山教会のバザーに参加する予定です。

|

来週は決算委員会!

 今日も決算委員会にそなえ勉強してます。
 朝、議会事務局で新聞チェックしてる時、議長が通りかかれ、30分ほど議長室で懇談することができました。今はまだはっきり言われませんが議長も就任以来、議会改革に努力されています。私だけでなく小森さんともども議会改革望むところですので微力ながらサポートできればと思っています。定数削減も話にでたところです。

 午後からは教育委員会学務課と「総合学習」「不登校対策」について打ち合わせ、提案をしてきます。その後は外回りに出ます。

 土曜日は自民党県連青年部局で新大工で街頭募金をいたします。日曜は青年協会のソフトボール大会と城山教会のバザーに参加する予定です。

|

2004年11月 4日 (木)

ブッシュ氏再選!

 昨夜からアメリカ大統領選が気になりずっとテレビ見てましたがブッシュ氏の再選が決まりましたね。
 日本の政界や経済界はおおむねほっとしているみたいですが、個人的にはケリー氏になって欲しかったです。ある解説者が言ってましたがもう「どちらか親日とかそうでないとか」「日本にとってはどちらがいい」とか言っている時代ではないと思うし、アメリカが世界のリーダーであることは否定できないなか、アメリカ自身が「世界のリーダーにふさわしい国に変わってほしい」と願っています。やっぱりあの「ビンラディン容疑者の犯行声明」、ブッシュを負けさせるためにこの時期に声明だしたといわれていますが完全に逆効果じゃなかったのかな。
 
PS;昨日は歯科医師会のゴルフコンペに行ってきました。ゴルフは苦手ですが勇気をもって参加したのですが…、やはり練習不足がたたりB.B賞でした(予想通り)。たぶん山口会長から「あんなんでよく参加したなあ」と言われていると思います。でもまぐれでニアピンをひとつ獲りました。それだけが救いでした。
 

|

ブッシュ氏再選!

 昨夜からアメリカ大統領選が気になりずっとテレビ見てましたがブッシュ氏の再選が決まりましたね。
 日本の政界や経済界はおおむねほっとしているみたいですが、個人的にはケリー氏になって欲しかったです。ある解説者が言ってましたがもう「どちらか親日とかそうでないとか」「日本にとってはどちらがいい」とか言っている時代ではないと思うし、アメリカが世界のリーダーであることは否定できないなか、アメリカ自身が「世界のリーダーにふさわしい国に変わってほしい」と願っています。やっぱりあの「ビンラディン容疑者の犯行声明」、ブッシュを負けさせるためにこの時期に声明だしたといわれていますが完全に逆効果じゃなかったのかな。
 
PS;昨日は歯科医師会のゴルフコンペに行ってきました。ゴルフは苦手ですが勇気をもって参加したのですが…、やはり練習不足がたたりB.B賞でした(予想通り)。たぶん山口会長から「あんなんでよく参加したなあ」と言われていると思います。でもまぐれでニアピンをひとつ獲りました。それだけが救いでした。
 

|

ブッシュ氏再選!

 昨夜からアメリカ大統領選が気になりずっとテレビ見てましたがブッシュ氏の再選が決まりましたね。
 日本の政界や経済界はおおむねほっとしているみたいですが、個人的にはケリー氏になって欲しかったです。ある解説者が言ってましたがもう「どちらか親日とかそうでないとか」「日本にとってはどちらがいい」とか言っている時代ではないと思うし、アメリカが世界のリーダーであることは否定できないなか、アメリカ自身が「世界のリーダーにふさわしい国に変わってほしい」と願っています。やっぱりあの「ビンラディン容疑者の犯行声明」、ブッシュを負けさせるためにこの時期に声明だしたといわれていますが完全に逆効果じゃなかったのかな。
 
PS;昨日は歯科医師会のゴルフコンペに行ってきました。ゴルフは苦手ですが勇気をもって参加したのですが…、やはり練習不足がたたりB.B賞でした(予想通り)。たぶん山口会長から「あんなんでよく参加したなあ」と言われていると思います。でもまぐれでニアピンをひとつ獲りました。それだけが救いでした。
 

|

ブッシュ氏再選!

 昨夜からアメリカ大統領選が気になりずっとテレビ見てましたがブッシュ氏の再選が決まりましたね。
 日本の政界や経済界はおおむねほっとしているみたいですが、個人的にはケリー氏になって欲しかったです。ある解説者が言ってましたがもう「どちらか親日とかそうでないとか」「日本にとってはどちらがいい」とか言っている時代ではないと思うし、アメリカが世界のリーダーであることは否定できないなか、アメリカ自身が「世界のリーダーにふさわしい国に変わってほしい」と願っています。やっぱりあの「ビンラディン容疑者の犯行声明」、ブッシュを負けさせるためにこの時期に声明だしたといわれていますが完全に逆効果じゃなかったのかな。
 
PS;昨日は歯科医師会のゴルフコンペに行ってきました。ゴルフは苦手ですが勇気をもって参加したのですが…、やはり練習不足がたたりB.B賞でした(予想通り)。たぶん山口会長から「あんなんでよく参加したなあ」と言われていると思います。でもまぐれでニアピンをひとつ獲りました。それだけが救いでした。
 

|

2004年11月 2日 (火)

残り2ヶ月

 いよいよ今年も残すところ2ヶ月となりましたね。1ヶ月前にも書き込みましたが今年の目標達成できてますか?私はなかなか…
頑張らねば!

 今週は来週行われる決算委員会の勉強に時間を割いています。国会で今行われている予算委員会同様、決算委員会も所管する各部の決算の報告を受けての質問はある意味「なんでもあり」です。この際自分が取り組んでいること、提案し続けていることに関する質問を可能な限り行おうと思っているところです。

 昨夜、「黒テント」という劇団の公演を観にいきました。斉藤晴彦さん(テレビなどでもよく出演されています)の主宰する東京ではかなり人気のある劇団だそうですが、正直全く理解できない内容でした。一緒に行った同級生、後輩も同様。芸術・文化のむずかしさをただただ感じたばかりでした。それにしてもキャストの方々の「声のとおり」「せりふの覚えこみ」には驚かされました。(この程度の感想しかもてない自分に…)

 今月から朝一市議会に着いたら議会事務局にある新聞を全紙チェックすることから一日を始めることにしました。
 長崎は家で見てくるので、朝日、西日本、毎日、読売、日経と全部で6紙。いまさらですが、興味深い記事が、あること、あること、今までの努力のなさを改めて痛感するところです。
 実際今までも何回かトライしているのですが毎回「3日坊主」で終わっていたので今回こそは続けるという堅い意志で頑張ります。もちろんファイリングも工夫して。

|

残り2ヶ月

 いよいよ今年も残すところ2ヶ月となりましたね。1ヶ月前にも書き込みましたが今年の目標達成できてますか?私はなかなか…
頑張らねば!

 今週は来週行われる決算委員会の勉強に時間を割いています。国会で今行われている予算委員会同様、決算委員会も所管する各部の決算の報告を受けての質問はある意味「なんでもあり」です。この際自分が取り組んでいること、提案し続けていることに関する質問を可能な限り行おうと思っているところです。

 昨夜、「黒テント」という劇団の公演を観にいきました。斉藤晴彦さん(テレビなどでもよく出演されています)の主宰する東京ではかなり人気のある劇団だそうですが、正直全く理解できない内容でした。一緒に行った同級生、後輩も同様。芸術・文化のむずかしさをただただ感じたばかりでした。それにしてもキャストの方々の「声のとおり」「せりふの覚えこみ」には驚かされました。(この程度の感想しかもてない自分に…)

 今月から朝一市議会に着いたら議会事務局にある新聞を全紙チェックすることから一日を始めることにしました。
 長崎は家で見てくるので、朝日、西日本、毎日、読売、日経と全部で6紙。いまさらですが、興味深い記事が、あること、あること、今までの努力のなさを改めて痛感するところです。
 実際今までも何回かトライしているのですが毎回「3日坊主」で終わっていたので今回こそは続けるという堅い意志で頑張ります。もちろんファイリングも工夫して。

|

残り2ヶ月

 いよいよ今年も残すところ2ヶ月となりましたね。1ヶ月前にも書き込みましたが今年の目標達成できてますか?私はなかなか…
頑張らねば!

 今週は来週行われる決算委員会の勉強に時間を割いています。国会で今行われている予算委員会同様、決算委員会も所管する各部の決算の報告を受けての質問はある意味「なんでもあり」です。この際自分が取り組んでいること、提案し続けていることに関する質問を可能な限り行おうと思っているところです。

 昨夜、「黒テント」という劇団の公演を観にいきました。斉藤晴彦さん(テレビなどでもよく出演されています)の主宰する東京ではかなり人気のある劇団だそうですが、正直全く理解できない内容でした。一緒に行った同級生、後輩も同様。芸術・文化のむずかしさをただただ感じたばかりでした。それにしてもキャストの方々の「声のとおり」「せりふの覚えこみ」には驚かされました。(この程度の感想しかもてない自分に…)

 今月から朝一市議会に着いたら議会事務局にある新聞を全紙チェックすることから一日を始めることにしました。
 長崎は家で見てくるので、朝日、西日本、毎日、読売、日経と全部で6紙。いまさらですが、興味深い記事が、あること、あること、今までの努力のなさを改めて痛感するところです。
 実際今までも何回かトライしているのですが毎回「3日坊主」で終わっていたので今回こそは続けるという堅い意志で頑張ります。もちろんファイリングも工夫して。

|

2004年11月 1日 (月)

あたたかい心

 週末の土日、市内3ヶ所で新潟中越地震被災者救援の街頭募金を行いました。街頭募金に立って感じたことは、市民の皆さんの関心の高さです。各種募金活動ではみられないような幅広い年齢層の方が募金に協力してくれました。小さなお子さんはお母さんからお金をもらって、学生の方も自分のお小遣いから、遊イング(ビデオCDレンタル店)帰りの若者、自転車を停めての募金、街頭募金終わって車に戻りかけてるところまで追っかけて募金してくださった方、ほんとうに様々な方が募金に協力して頂きました。また今回の募金ではお札の募金が多かったのにも驚かされました。千円札が次々と、なかには5千円札や1万札も!お陰で2日間で40万を超える募金が集まりました。市民の皆さまのご好意にほんとうに感謝します。ありがとうございました。
 日本の将来大変だと思っていますが、適切な表現ではないかもしれませんが、まだまだ捨てたものではありません。頑張れば変われるはずです。そんなことも感じました。

 一方悲しいニュースもありました。香田さんです。最悪の結果となり本人はもとより、ご家族の方の悲しみも殺害のされ方がされ方だけに言葉では言い表せないような悲しみであると思います。
 正直な気持ちとしてなぜそんな危険な所に行ったのかという思いはありますが、一旦事件が起きてからはそのようなことはともかく人質の無事解放が至上命題のなかで、政府は全力を尽くしたといいますが、情報の混乱やテレビで見る副大臣の現地の対応やコメントを聞くなかではもっとやれることがあったのではないかと感じています。
 自衛隊派遣については撤退すべきとは考えませんが、もう一度国会のなかで駐留期間の延長問題ももちろん、なぜ自衛隊派遣が必要か、イラク国内ではどのように評価されているのか、今後わが国はこの種の国際問題にどのように臨んでいくのかを議論し国民にわかりやすく説明、理解を求めること肝要であると思います。
 香田さんの死が問いかけるものにきちんと応える、取り組むことが、香田さんへの供養にになると思います。そう考えないとやれきれません。香田さんのご冥福を心からお祈りいたします。

|

あたたかい心

 週末の土日、市内3ヶ所で新潟中越地震被災者救援の街頭募金を行いました。街頭募金に立って感じたことは、市民の皆さんの関心の高さです。各種募金活動ではみられないような幅広い年齢層の方が募金に協力してくれました。小さなお子さんはお母さんからお金をもらって、学生の方も自分のお小遣いから、遊イング(ビデオCDレンタル店)帰りの若者、自転車を停めての募金、街頭募金終わって車に戻りかけてるところまで追っかけて募金してくださった方、ほんとうに様々な方が募金に協力して頂きました。また今回の募金ではお札の募金が多かったのにも驚かされました。千円札が次々と、なかには5千円札や1万札も!お陰で2日間で40万を超える募金が集まりました。市民の皆さまのご好意にほんとうに感謝します。ありがとうございました。
 日本の将来大変だと思っていますが、適切な表現ではないかもしれませんが、まだまだ捨てたものではありません。頑張れば変われるはずです。そんなことも感じました。

 一方悲しいニュースもありました。香田さんです。最悪の結果となり本人はもとより、ご家族の方の悲しみも殺害のされ方がされ方だけに言葉では言い表せないような悲しみであると思います。
 正直な気持ちとしてなぜそんな危険な所に行ったのかという思いはありますが、一旦事件が起きてからはそのようなことはともかく人質の無事解放が至上命題のなかで、政府は全力を尽くしたといいますが、情報の混乱やテレビで見る副大臣の現地の対応やコメントを聞くなかではもっとやれることがあったのではないかと感じています。
 自衛隊派遣については撤退すべきとは考えませんが、もう一度国会のなかで駐留期間の延長問題ももちろん、なぜ自衛隊派遣が必要か、イラク国内ではどのように評価されているのか、今後わが国はこの種の国際問題にどのように臨んでいくのかを議論し国民にわかりやすく説明、理解を求めること肝要であると思います。
 香田さんの死が問いかけるものにきちんと応える、取り組むことが、香田さんへの供養にになると思います。そう考えないとやれきれません。香田さんのご冥福を心からお祈りいたします。

|

あたたかい心

 週末の土日、市内3ヶ所で新潟中越地震被災者救援の街頭募金を行いました。街頭募金に立って感じたことは、市民の皆さんの関心の高さです。各種募金活動ではみられないような幅広い年齢層の方が募金に協力してくれました。小さなお子さんはお母さんからお金をもらって、学生の方も自分のお小遣いから、遊イング(ビデオCDレンタル店)帰りの若者、自転車を停めての募金、街頭募金終わって車に戻りかけてるところまで追っかけて募金してくださった方、ほんとうに様々な方が募金に協力して頂きました。また今回の募金ではお札の募金が多かったのにも驚かされました。千円札が次々と、なかには5千円札や1万札も!お陰で2日間で40万を超える募金が集まりました。市民の皆さまのご好意にほんとうに感謝します。ありがとうございました。
 日本の将来大変だと思っていますが、適切な表現ではないかもしれませんが、まだまだ捨てたものではありません。頑張れば変われるはずです。そんなことも感じました。

 一方悲しいニュースもありました。香田さんです。最悪の結果となり本人はもとより、ご家族の方の悲しみも殺害のされ方がされ方だけに言葉では言い表せないような悲しみであると思います。
 正直な気持ちとしてなぜそんな危険な所に行ったのかという思いはありますが、一旦事件が起きてからはそのようなことはともかく人質の無事解放が至上命題のなかで、政府は全力を尽くしたといいますが、情報の混乱やテレビで見る副大臣の現地の対応やコメントを聞くなかではもっとやれることがあったのではないかと感じています。
 自衛隊派遣については撤退すべきとは考えませんが、もう一度国会のなかで駐留期間の延長問題ももちろん、なぜ自衛隊派遣が必要か、イラク国内ではどのように評価されているのか、今後わが国はこの種の国際問題にどのように臨んでいくのかを議論し国民にわかりやすく説明、理解を求めること肝要であると思います。
 香田さんの死が問いかけるものにきちんと応える、取り組むことが、香田さんへの供養にになると思います。そう考えないとやれきれません。香田さんのご冥福を心からお祈りいたします。

|

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »