« 生涯現役 | トップページ | 視察先からの書き込みです »

2005年10月17日 (月)

議員からの転進

 昨日は日頃から議員として色々助言やアドバイスをもらい親しくさせてもらっていた奥村慎太郎前県議の来月に迫った雲仙市長選のための事務所開きに行ってきました。

 市町村合併が進むなか、県会議員からの組長選挙出馬ラッシュです。順不同ですが福江市、諫早市、西海市、そして今回の雲仙市。議員をしていて思うのはやはり組長「一国一城の主」が魅力的ではあります。一番は予算執行権をもっていることです。自分のやりたいこと、政策が即、街づくりに結果として表れ、自分の思い描いた地域づくりに反映されるからです。そう考えたら国会議員からの知事への転出もわが県も含めて続々続いています。三位一体の改革で財源移譲が進もうとしているなか、また合併が進み自治体の枠組みが広がる中この現象はまだまだ進んでいくのかもしれません。そんな風に考えたとき、県や県議会というのはこれからまさに必要か否かが議論されてくる(既にされていますが)時代になってきているのと道州制含め大きな議論の時期の着ているのではないかと考えます。

 明日から金曜日まで「議会の活性化」をテーマに議会運営委員会の視察にでます。しっかり勉強してきます。

|

« 生涯現役 | トップページ | 視察先からの書き込みです »