« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月31日 (火)

市民の声

 知事選も終盤にさしかかってきました。私は相変わらず、候補者が長崎入りしたときの車の走るコースの先導や演説会での司会や弁士等々忙しくしています。先に書いたように市外に行くこともあり、案外私達市議会議員は県外の視察に行くことはあっても県内の他市に行くことはあまりないのでこういう機会に訪ねることができることはいい経験になります。

 今回の選挙の一番の争点は今日の新聞にも載っていましたが「経済・雇用対策」だと思います。県内全域そうなんでしょうが、離島などは特に深刻で過疎化の波は強まるばかりです。たんにブランド化や企業誘致などだけではなく行政の民間移譲、女性の働きやすい職場、アジアに向けた流通、さらには公共事業の転換、現在の入札制度の改善等さまざまなことに早急果敢に関係者が力を合わせて取り組まなければならないと思います。
 そういう意味では今回の選挙、市民の声は我々地方議員に対する声でもあるのです。私達も各地を廻り聞かれる声に耳を傾け、また新聞等での世論調査をきちんと受け止めて自分達の活動に励むことがとても大事なことだと改めて思うところです。とにかく自分の仕事も平行してやりますが今週一杯は選挙です。

PS日曜日あの「片山さつき」衆議にほんと何十センチかの距離で遭遇しました。1年生議員なのに自信満々、説得力十分で「勝ち組」のオーラーが感じられました。人気もすごくまさに芸能人なみでした。

|

2006年1月26日 (木)

盛り上げるようはまってます

 書き込みとんでますが、火水、知事選で五島廻りしてきました。寒風ふくなか上五島では地区地区で人が集まってくれており道中も個人の家や会社、工事現場前に選挙カーが通る時間見計らって人が立ってくれており、なかには横断幕をかかげているところもあり感激しました。長崎市では考えられないことですがそれだけ過疎化が進む島の方の政治にかける(政治に頼らざるをえない)姿が表れていると思いました。聞いた話では上下五島で毎年高校を卒業する子は800人、うち地元に残る子は20人ぐらいしかいないとも聞きました。それだけ雇用の場がないということ、考えられない数字です。長崎県の実態をひとつ垣間見た思いがしました。月曜と木曜は夜の個人演説会の弁士もしました。

 明日は金曜週末なので選挙ひと休みし庁内での事務と党の会議、夕方からは防衛協会の講演会、保育会のレクレーション会に出席する予定です。

|

2006年1月22日 (日)

知事選盛り上がらないですね

 19日に始まった知事選も今日で3日目。新聞では毎日特集記事が組まれていますが、同僚議員以外のところでは選挙の話題はほとんど聞かれません。国政選挙や市長選挙と違い知事選って有権者と知事との距離感や、市政と違い県政と自分達の仕事や生活との密接感が乏しいというものがあるからでしょうか?このまま推移したら投票率の低さが懸念されます。そういう私は明日午後は選挙カーに乗り込む予定です。来週からは夜の個人演説会等での弁士もやる予定。
 選挙期間中ですので書き込み控えますが、金子知事が選挙事務所開きの挨拶で、これから特にやりたいということ3つを述べました、①雇用創出に全力を傾ける②子どもの安全、子育ち支援に力をいれる③長崎ルネッサンス、長崎市の街づくりの新しいスタートに取り組む、私も同感、大いに賛同します。期間中は私達の陣営だけでなく他の陣営も街頭演説や個人演説会を開催すると思います。みなさんも4年に一度の県のリーダーを決める選挙、大きな転換期のなかでの選挙選だと認識しています。
 ぜひ候補者を目で見、生の声を聞いて棄権なきよう投票に行っていただきたいと思います。

|

2006年1月20日 (金)

こども部新設

 数日前の新聞で学童保育会の陳情の際、市長から来年度「こども部」を新設するという発言があったそうです。
 なんでも今まで福祉部、保健部、教育委員会等で施策や事業が分かれていたことで連係が図れなかったり支援ができていなかったりしてた点をひとつの部で一元管理・検証し、総合的な施策推進を行なっていくとのこと。

 実は今の会派に入る前の「みらい市民会議」での2年目の会派施策要望で私達(私と小森議員)は既に「こども部」なるものは政策要望していました。ただ私達の提案は部にすると逆にそれぞれの旧部署との事業の整合がりれづらいということで子ども全般の施策調整を行なう「企画部・子ども課」の設置の提言であったのですが、考え方は今回の部の新設とほぼ一緒です。こども部があるのは九州では福岡市だけですがここも既に視察済みです。
 また昨年審議会から答申がだされた「子育て支援センター設置」についてもかなりの部分が当時の提言と重なっています。
 やっと私達の提案、考え方が認められてきたのかという思いがしています。

|

2006年1月19日 (木)

遅くなりました

 17日に書き込みしたのに今日見たらなぜか登録されていませんでした。遅くなりました。16日の市政報告無事終わりました。来てくださった方ほんとうにありがとうございました。

 会については反省多々でした。まず報告の時間がおして懇親会の開始が予定より大幅に遅れたこと、自分の話の内容が「あれもこれも」でしかも時間を気にして話していたのでいつも以上に早口になってしまったこと。日頃の活動不足が今回の「てんこ盛り」につながりました。この点は大反省です。
 長大の岩永先生にも短い時間で話をお願いしましたが、結果的にはきちんとした話をするにはそれは無理なことで時間がかかり、岩永先生自身が自分の話が終わって「自分で時間をおしてしまった」といたく恐縮されており、悪いことをしてしまいました。

 ただ悪いことばかりではなく、懇親会のなかでも終わってからも岩永先生の話がよかったという声を多数頂き何人かの方から改めて先生を紹介してほしいと依頼を受けました。そういう点では今回の会のタイトルの通り「まえてつの知り合いと知り合いをつなぐ会」という目的少しは果たせたと思っています。また私が配布した、貧困のなかでも懸命に生きる子ども達の姿がレポートされた「東アジアの子ども達は今」という本にも関心をもっていただいた方がいらしたこともうれしく思いました。

 とにかくひとつひとつの積み重ねです。次回は3月議会終わってからを目途(もくと)に頑張りたいと思っています。

 今日から知事選が始まります!

|

2006年1月16日 (月)

今月ももう月半ば

 早いものでもう1月も後半にはいりました。お正月気分も完全に終わりですね。今日はいよいよ市政報告の日となりました。来て頂いた方に、来てよかった、少なくとも前田も頑張ってるな、と思って頂けるような話ができればと思っています。しかし今日だけ特別な話をしても皆さんに気持ちが伝わるはずもなく、日頃の活動、取り組み、考えていることを自然体で伝えることができればいいのではないかと考えているところです。
 HP見てくださっている方で今夜来て来てくださる方、19時、新地の長崎ワシントンホテル(会費4000円)です。どなたが来てくださっても大歓迎ですのでお誘い合わせのうえお越しください。
 よろしくお願いします。
 

|

2006年1月14日 (土)

茂木~冨岡航路フェリー存続に向けて

 金曜日から超党派でつくる観光振興議員連盟で主には「茂木~冨岡航路フェリー存続に向けての天草・零北町との打ち合わせ」を目的に一行22名で苓北町役場を訪ねました。
 
 茂木から高速船で40分、思ったより波が船をたたくなか冨岡港に到着、波止場にはわざわざ町長の出迎えを受け、ビジターセンター見学後、早速役場にて議長はじめ町議16名全員参加のもと協議会が開催されました。

 はじめに経過説明ありましたが、昨秋からのフェリー撤退後、零北町や長崎市等の努力で北松・大島村~平戸間を就航していた小型のフェリーの譲渡が決定、今月末に引渡し受けた後、4月からまたフェリー就航が復活するとのことです。但し、この船も建造17年経ち、かつバス1台、普通車2台しか積み込めないという小型であるためいずれ新造船を建造する予定とのことで、その際の長崎市の補助や、これからの搭乗数アップを目指すなかでの運賃の一部補助を長崎市に求めたいのではないかなと意見交換のなかで感じました。
 しかし、今回が私自身も乗るのが初めてという航路、まずは市民への周知と利用度アップが当面の課題であると認識し、町あげての私達への対応の熱意に応えるうえでも私達も帰って、市長はじめ関係部署に積極的に取り組んでいくことを確認しあったところです。

 土曜の昼に長崎に帰ってきて夕方まで月曜の市政報告の準備、夕方からは地元自治会の防犯パトロール・出初式への参加、その後は直近ではサンタのイベントを終えたボランティア団体の新年会・初打ち合わせに参加しました。忙しかったです。

|

2006年1月12日 (木)

実践こそ!

 今日は朝6時からの倫理法人会のモーニングセミナーで一日が始まりました。昨秋に結成された会ですがほとんど参加できないまま年が変わり今日が今年の第一回でした。出れなかったのには理由はなく自己の意思の弱さです。まずは毎週朝6時の会にでることから。実践あるのみです。夜はハートセンターで行なわれた障害者自立支援法の施行に伴う市民説明会に参加しました。制度が大きく変わり現場ではかなり不安を抱えているのではないかと思いました。これもまたかなり勉強が必要です。
 

|

2006年1月11日 (水)

今日は何の日?

 1月11日は「鏡開き」の日です。でも今日一日どこにいてもそのようにお餅を食べているところは残念ながらなかったです。鏡開きとはお餅を食べて一年の健康を願うという行事ですが、このような日本の伝統的行事はいつの頃からか(お正月がお正月らしくなくなった頃から?)見受けられなくなりました。古きよき文化を守るという意味では、日本という国ほんとうにこれじゃいけないと思います。

 今日は午前中は冨岡事務所の武田君にお願いし市政報告の「スライドショー」つくりを行ないました。普通に話したら60分くらいかかる内容を20分前後になんとかまとめたいと思っています。よっぽど要領得てやらないときびしいかもしれません。
 お昼は先輩の紹介で下水道施設関係の維持運営を民間でやっているという若者に会いました。若干34歳で70人の従業員かかえてるそうです。頑張っている人は頑張っているものです。早稲田のラガーマンだったとかでパワー満天な青年でした。
 その後は自民党支部関係の打ち合わせ後、夕方から金子知事の総決起大会に。さすが知事選、よくもここまで集めたという感じで主催者発表は7000人でしたが、入りきれず帰る人も沢山おりたぶん4000から5000は少なくとも集まっていたんじゃないかと思いました。いよいよ選挙モードです!

|

2006年1月10日 (火)

あきれた参議院議員

 大仁田さんにはあきれました。なんでも今日午後知事と会見して「自分の意見(若手との定期的な協議会の場を設けること等々…)を知事がやると言ったので今回は出馬を辞退し応援に回ると。しかも自分の方から会見申し込んでおいて知事から要請されたというに至っては開いた口がふさがらないととはこういうことをいうのかと思いました。

 そもそも彼が参議員の立場を投げうってほんとうに出馬しよとしてたか、彼に出馬を要請したという長崎・佐世保の若手経営者とは誰なのか、いたのかいなかったのか…全てが疑問だらけです。そして一番疑問に思うことはどれだけこの長崎のことを知り、ふるさとを愛しているのか?

 郵政の民営化採決の時の涙の棄権、杉村太蔵君の指南役をするといったときのパフォーマンス、そして今回。あきれるばかりです。現役の頃、リング上でファイヤーと叫び若者の心を掴んだ人とは別人のような振る舞いにはただただ驚かされ政治というのもがここまで落ちていいのかと同じ自民党に所属する立場で恥ずかしい思いがしました。

|

暖かな新学期初日でした

 今日から新学期でしたがとにかく暖かでしたね。ここ数日大雪のニュースが流れる中、同じ日本でこんなに違うものかと…、東京でさえ今日は0度だそうです。

 大村のグループホームの火事はかわいそうでした。亡くなった方のご冥福お祈りいたしますが、施設開設者も新聞で読むかぎりでは真面目な方だったとか。施設もオール電化のなかでの火事で、まだ不確かですがたばこの火が原因でないかとも書かれており、そうなると防止という意味では限界があったとも思います。
 今回の事故を受け、県の方では早急に防火対策を再度チェックするよう、また設置義務はないけれど自発的なスプリンクラー装置をつけるようお願いしていくと報道されていました。長崎市は特にグループホームの数が多いですが以前よりグループホームの制度上からも供給過多になりつつある点からも運営は厳しいのではないかといわれていましたが、今回のような痛ましい事故が起こったからには、行政側もこの問題含むグループホームの諸課題をきちんと把握し、運営主体に求めること、国に要望していくこと、市単独ででも支援しなければならないこと、を整理し取り組んでいくこと大事なことではないかと思います。今回のようなことは二度と起こらないように

 

|

2006年1月 9日 (月)

夜中の勉強ははかどります!

 今、午前3時。わが家はここ最近子供達が寝静まってからが時間を有効に使う大事な時間帯になっています。妻は洗濯などの家事の他仕事の準備(学校の予習)、私は勉強やパソコンをいじっての各種サイトのチェックに。但し二人とも子供を寝かすつもりが大人まで寝てしまうというのが度々ですが…、今夜は主に来週の市政報告の準備に時間かけました。

 土曜は朝から長崎市消防の出初式に参加しました。路上パレードはさすがに寒かったです。今年からパレードに伴う演奏を県警の音楽隊から市立商業高校の吹奏学部にやってもらうようになっていましたが、とても上手でした。同僚議員とも話しましたが、こうやっていろんな場で高校や中学の吹奏学部の子供達が演奏できれば、日頃の練習成果の発表機会も兼ねいいことではないかと思いました。その日の夕方からは今度は地元の消防団の出初式&懇親会に参加、その後、市歯科医師会の新年会にも参加しました。そこで市長にもお会いしましたが、なんでも市長は20ヶ所以上廻るとか!新年早々大変です。

 昨日曜は完全にオフ。知り合いからもらったチケットがあったので家族と姪っ子を連れて県美でやってる「ドラえもん展」を観に行きました。たいへんな混みようでした。
 ところで県美に行かれた方でも知らない人いると思いますが、あそこの屋上、「屋上庭園」てなってるの知ってました?県美には今まで何度か足を運んでいたのに昨日初めて発見。川またがった先の建物の方からエレベーターで昇れます。庭園といっても彫刻が何体かあるだけですがそこから見える景色は長崎港、女神大橋、稲佐山を一望できいいスポットですよ。特に春先あたりは非常に気持ちいいと思います。県美に行かれた際は是非上ってみてください。

|

2006年1月 6日 (金)

昨夜は午前様してしまいました

 年明けて初めて飲みにでました。寒かったです。

 昨日は朝から魚市の「初市」にでました。知事の挨拶のなかで「長崎県の水産の現状は昨年は35万t、額にして1300億。これが昔と比べどうかというと平成元年では70万t2000億あった」と。落ち込みはげしいです。農業に比べて水産への支援は国含めて十分とはいえないのが現状だと思っています。不況業種のなかでも行政の支援の業種・業界毎でのばらつき、これからは財政状況きびくなる一方、今まで以上にその整合性やバランスもも問われる時代になってくると思います。

 今日はHPの書き込みを利用させてもらいお知らせとお願いをさせて頂きます。
 今月16日(月)19時よりワシントンホテルで立食形式の「市政報告会」開きます。会費は4000円です。久方ぶりの市政報告となりますが今回は自分の話もですが集まってくださった方々がお互いに知り合うような場になればと思っています。
 会場のキャパの事情もあり、沢山の方にご案内はできないので年末年始のご挨拶にあわせお願いしてますが、もしHP見てくださっている方でお越し頂ける方がいらっしゃいましたら私の携帯かメールにてお知らせください。出費多端なおり会費頂くのは恐縮ですがその分食べて飲んで帰っていただければと(飲み放題)どうぞよろしくお願いします。

|

2006年1月 4日 (水)

やはり暴飲暴食がたたり

 今日の挨拶回り、お昼の時点で既に胃が張ったような感じで調子悪かったです。
 今日はまだ休みのところもあると聞き、主に庁内の各課と市の出先機関を中心に廻りました。庁内を廻る議員はあまりいないみたいですが、またこの一年お世話になるわけです。気持ちだけでもと思い廻らせてもらいましたが、課によっては皆さん立って挨拶してくれたりされたのには逆に恐縮しました。
 今日は琴海町も長崎市に編入しました。また市域が広くなり人口も45万を超えました。行政の方と知恵を出し合い協働で頑張っていきたいものです。

 昼は自民党長崎支部の事務初め?にも参加。こちらはもっぱらもう2週間後に迫った「知事選」が話題になっていました。その後はお葬式に行きましたが、そこで胸にじんとくる話聞かせてもらいました。

 今日のお葬式は私の先輩(といっても地域活性に頑張っておられる大先輩です)のお父さんの葬儀だったのですが先輩から直接聞いた話では「父は肺気腫で長く苦しんでいたが昨年夏に癌とわかり、なにかしてあげたいと、長年頑張って仕事してきた父の会社の創立何十周年かの祝いを自分の他の祝いと兼ねやってあげたら父が涙して喜んでくれた。大晦日の晩にも毎年そばをうつのでそれを父はおいしく食べ、その翌日、皆に看取られ眠るように息をひきとっていった」と。言葉ではうまく表せませんが胸につまる思いがしました。私の両親はお蔭様でまだ健在ですが、自分が同じ状況になった時に父母にこのような最後の親孝行ができるか、親は元気な時に親孝行してあげて、やさしい言葉をかけなきゃいけないと帰り道思ったところでした。

 明日は朝8時から魚市の年頭会、お昼は商工会議所の新春の名刺交換会(正式な名前?)に出ます。

|

今日から仕事初めです

 ほんと今年の正月は早かったですね?皆さんいかが過ごされましたか?天気がよかったのはなによりでした。

 昨日は滑石の成人祭に出席しました。80名くらいの新成人が参加していましたが、実行委員会形式での成人式、今年で5年目になるとのこと、育成協の方々中心に行なっていますが毎年お疲れさまです。現場は成人式もさることながら同窓会的な雰囲気もありますが子供達にこのような場をつくってくれることは大変ありがたいとこです。

 今日は朝4時から目が覚めています。仕事初めは今日からですがこの体のリズムなんとかしないと。まずは今日から二・三日はアルコールやめます!(土曜に懇親会あるのでそれまでです)

 1日のタイトルで「年の初めは」の書き出しは実はこう続くんでした。松下幸之助氏がこういう内容のことを言っていました「年の初めは元日で、元日に新たな気持ちになるのであれば一日一日と朝を迎え過ぎていくのだから、毎日が元日と思えばよい。(途中省略)そう思えば朝は毎日必ずくるのだから、きのうのことにくよくよすることはない」と。その通りです。毎日元気に頑張りましょう。

|

2006年1月 3日 (火)

今年も若い世代が

 2日の日は新聞休みでしたが高校ラグビーの北陽台高校、サッカーの国見高校と、元気に勝ち進んでいますね。昨年もでしたが今、長崎県は平和大使など高校生の活躍が目につきます。それはそれでもちろんいいことなんですが「大人がもっと頑張れ!」と言われてるみたいで…ほんとうに子ども達のために何をし、なにを伝えていかなければならないのか、子供を育てるという、私達大人の義務をきちんと果たさなければなりません。

 「書き込み継続すること」と言いながらいきなり、一日空けてしまいました。夜、実家で飲みすぎ、帰って子供を寝かせつけていたら一緒に寝てしまっていました。今、午前1時半。
 昨日は家族にせかされ「初売り」に。浜屋に行きましたが、人の多かったこと、特に女性物の服やアクセサリー売り場などは山のような人だかりでした。途中から妻と下の子と別れ、上の子と一緒に電車とバスに乗り西友、トイザラスと立ち寄りながら家に帰宅しました。なかなか家での時間もとれないので今日まではしっかり家族につきあおうと思っています。

 

|

2006年1月 1日 (日)

年の初めは

 あけましておめでとうございます。皆さん、お正月はゆっくりとお過ごしのことと存じます。
 昔と違い元日といっても大きな店は営業されていて、初詣に行く方も少なくなってきたりと正月らしさがなくなってきているような感じがここ数年前からしています。
 私が子供の頃は朝から「朝風呂」に入り「雑煮」を食べ3日の「初売り」を楽しみにして過ごすというのが定番でした。とはいえ、やはり正月は新鮮な気持ちになり「一年の計は元旦にあり」ではないですがこの一年、仕事をどのように頑張り、どのように過ごそうか、と考えています。私の今年の目標はありきたりで今さらですが「今日やれることを明日に延ばさない」です。一日一日を大切に過ごしていきたいと思っています。

 今日は知り合いの方のお通夜にも行ってきました。その方は前職の頃からなにかとお世話になった方で、つい先日の私の議会での質問にも傍聴に来て頂いていたので、新聞で亡くなったことを知った時には信じられない気持ちでした。お聞きしたら元気ななか倒れられてそれっきりだったとか。先日、知り合いからのメールで「人間は生かし生かされている」と言葉が浮かびました。人間は生かされている、ならばその日その日を悔いなく生きていかなければと。また相反するかもしれませんがそう気負うことなく(くよくよせずに)生きていくという気持ちを持つことも肝要であると…

 早々に多くの方から年賀状頂いております。ありがとうございます。そのなかで「HP見てますよ」という文面も。嬉しい反面、時には内容の薄い書き込みを見てくださっていることに恥ずかしい気持ちもしています。そういう方もいらっしゃるのですから、なおさら、HP開けても更新していない、ということがないように継続していくこと心がけていきたいと思っています。本年もどうぞよろしくお願いします。

 

|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »