« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月30日 (木)

視察3日目

 昨日は仙台市の「納税推進センター」を調査。先月の7月から民間事業者に委託し、昨年度には税の滞納歴がなく今年度に入り滞納をした人(表現悪いが新規)に電話で督促をするというもの。5人体制で月1万件(つながる軒数目標4千件)平日昼間ではなかなか電話がつながらないということで夜間や休日にも実施してるそうです。行政マンがやるより効率、応対がいい、先方の担当者は言ってました。どこも大変だなあ、という思いと効果はまだわからないと説明受けましたが、やはり「生活が厳しくても真面目に納税」がほとんどなんですから、注意を促すことは必要なことだと考えます。しかし、たぶん税の次には保育料や学校の給食費、介護保険料などの市がもつ全ての債権にまで及ぶのでしょうね。
 あわせて仙台市では納税しやすい環境づくりで、今はコンビニで軽自動車税しか納入できないそうですが、納入用紙の規格を変え、全ての税にコンビニが対応できるよう検討中とのこと。将来は自宅のパソコンからの納税も可能になるようするそうです。本市でもセンター含め検討できそうだと感じました。今日は東京に入ります。

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

「市民力」の将来形

 昨日の視察先は秋田市。調査項目は「行政改革」と「しあわせづくり市民公聴条例」でしたが、秋田市長が目指すは市民との協働、地域力、まさに田上市長と同じです。秋田市の行革には地域を小学校区毎に「地区づくり組織」をつくり市内に7つの「市民センター」を設置し、そこで地域振興支援を行い地域での意思決定を拡充する、それにあわせ本庁の部と同格の予算配分を行うというものです。担当者は「地区分権」という言葉を使っていましたが、まさに私が合併前から提案してた旧市内の支所の統合ふまえての「行政区」の考え方と同じです。市民力を高めたら権限と責任を持ってもらう。これからの自治体の姿だと思います。 行革とはコスト削減ばかりに目がいきがちですが、「市民サービス向上にどうあるべきか」が本当の意味の行革だと思っています。企画部の理事者も同行されていますのでこれからの大きな課題の一つとして自分の力だけで足りなければ会派で提言(既に前年度政策要望済) していきたいと改めて思いました。
 今日は仙台市に移動し「納税推進センター」を調査してきます。宮崎市議も当選即、副委員長で今回の視察の頭ですがしっかりその役を務め頑張っています。

| | コメント (0)

2007年8月28日 (火)

子どもが遊ばない公園

 週末、先輩から少年野球の練習場所確保の件で相談を受けた。なんでも今使わせてもらってる私立の女子短大が共学に変わりその大学自身の部活が共学になったことで増えグランドを土日一面使わせてもらっていたのが今現在は半分、将来的にはグランドの使用を遠慮してほしいと言われるであろうということからの「次の候補地」探しである。

 先方からはある中学を指定して相談に行きたいということであったが、「待ってください。行政に相談してみますから」で時間をもらうことに。直感的にですが直接交渉ではむずかしいと思ったのと、指定すると当事者同士の問題にしかならないからと思ったからです。

 学校のグランドや体育館にかぎらず、まだまだ行政財産の有効活用ができていないと常々感じています。たとえばタイトルで書いた公園です。市内いたるところに公園がありますが、規模の小さな公園などはどこも子どもの遊ぶ姿を見かけることは滅多にありません。「少子化だからそうなんだろう」ですませるのか、「公園で子どもの遊ぶ姿が見えないのはなぜなのか」、どちらに思うかで行政のこれからの展開というのは大きく違ってきます。まずは少子化で子どもの絶対数が減ってきているのですから、子どもに関する施設設備をもっと柔軟に規則を改め開放すること、次に公園のように「子どもがいない」のはなぜなのか考え次の手立てをうつこと必要と考えています。少子化だというのに子ども野球の練習場確保にすら困っているという状況は「さびしすぎる相談」です。早急に子ども達や保護者の方の悩み解消してあげたいと思います。少子化対策は国がやるべき、というようなことがよく言われますが、今育っている子どものよりより環境をつくることはそこに「意識を働かす、意識を共有する」ことにより十分地方自治体で展開できるはずです。

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

安倍第2次内閣スタート

 夜になって安倍第2次内閣の顔ぶれを確認しました。テレビでは派閥の明暗やサプライズはなかった等々色々と語られていますが、とにかく適材適所で選ばれた方々なのでしょうから、目の前にある課題にしっかり取り組んで欲しいと思います。

 明日から金曜まで視察に行ってきます。戻ってきたらいよいよ9月議会が始まります。

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

アマランスフェスタ2007

アマランスフェスタ2007
 写真のアマランスフェスタの15日、22日の講師を招いての講演がPR不足なのか締切日過ぎてもブリックの国際ホールが全然埋まらないとのことで、知り合いの方に宣伝してほしいとチラシをもらいました。22日の講師はテレビの「行列のできる〜」のレギュラーパネリスト(弁護士)の方です。参加申込を月末まで延ばしてますので、時間の都合つく方は是非ご参加されて下さい。お願いします。時間は13時からです。詳しくは826-0018、男女共同参画推進センターアマランスまでお尋ね下さい。もちろん、一時保育(1歳〜就学前)もあります。

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

哲也がお世話になってます

 タイトルの言葉は昨日、父が仕事の関係で聞きたいことがあるとのことで所管する課に同行した時の父が課長に名刺交換した際に言った言葉です。いきなりお世話になってますと言われても相手の課長さんも戸惑われただろうなと隣で気恥ずかしい思いとあわせて感じていましたが、父からすればいつまでたっても子供は子供なんでしょう。

 その父が今年70歳になるのですが40数年続けてきた設計事務所の3度目の引越しをしました。今までの事務所は市役所に通う国道沿いにありましたので毎日父の事務所前を車で通っていたのですが、昨日はもう事務所の看板も取り外されており、一抹のさびしさと、中学の頃までは父の後を継ごうと思っていたこと、70歳になってもまだ事務所を引っ越してまで仕事を続けなきゃいけない父を思うと複雑な心境に。「親孝行~」と言いますがいつまでも元気で、そして早く楽をさせてあげたいと思いました。

 今日は朝から図書館の件で打ち合わせをし、その後は来月の議会で初質問する新人議員二人と勉強会を予定しています。

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

先日仕事の合間をぬって

先日仕事の合間をぬって
 ロバート・キャパ展を見に行ってきました。ここ数日毎日のように新聞でも取り上げられていますが、キャパの戦争そのものではなく人をアングルの対象にした写真には「大きな力により個人ではなんともしがたい、苦しく悲しい生活を強いられてる」人達の表情が強く表現されていて見る人の心に強く訴えかけてきます。だからこそ、平和は尊いものだと実感させられます。来月2日までの開催です。まだ見られてない方は是非足を運んでみて下さい。
 写真は同美術館の他のフロアーに展示されてた平和を題材にした小学6年生の共同製作の作品です。これも大作でした。

| | コメント (0)

2007年8月22日 (水)

夏休みも残り10日あまり

 夏休みも残りあと10日あまりになりました。皆さん、どのように過ごされましたか?私は前半は選挙でバタバタしていましたが(選挙後は負けてしばらくだれてしまいました)今は相談ごとに精力的に動いいているのと、1期2期目の選挙公約ならびに今まで本会議で質問した事項の進捗チェックを行っているところです。プライベートでは夏休み家族をどこにも連れて行っていないので週末別府まで一泊で旅行に行く予定をしています。来週頭には本会議1週間前の定例の議会運営委員会が開かれ9月議会の議案等も明らかになります。また来週は私の所属する委員会の班が一番遅かったのもしれませんが委員会視察にも行ってきます。これもこれまで何度も書き込みしていますが税金で行く以上は「先進地」視察で本市になにか取り込めるものがないかしっかりと勉強してきます。

 日大、よく頑張りましたね。正直、試合が始まるまでは連戦とはいえ佐賀には勝つんじゃないかと思ってた方が多かったんじゃないですか。試合は見ていませんがいい試合だったと聞きました。西高が甲子園に行くチャンスだ、で応援し始めた高校野球も日大の頑張りでいつになく高校野球に関心をもった夏でした。ありがとう日大ナイン、お疲れ様。堂々と胸をはって帰ってきてください。そしてここまできたら隣県の佐賀北高に優勝してほしいものです。

 いよいよ暑い夏も終わりです。夏のやり残しを片付け気持ち新たに頑張りましょう!

| | コメント (0)

2007年8月21日 (火)

信じられません

信じられません
車中からみた光景ですが、危ないですよね。若いお母さんみたいですがびっくりです。私が家族なら絶対こんなことはさせません。母親の子育て支援も頑張って取り組まないといけませんが、母親(父親)の啓蒙啓発も色々な媒体や方法、また行政だけでなく地域や学校通してなど色々模索し考え伝えていかないといけませんね。

| | コメント (6)

2007年8月20日 (月)

ベスト4進出

ベスト4進出
 凄いですね。ここまできたら…次は佐賀北高、隣県対決ですが是非あとひとつは勝ってほしいです。

 今日の新聞の広告に写真のような季節雇用の広告が混じていました。わが国の景気は上向きだと言われてますが、実態は正規雇用を減らし非正規雇用の拡大により得られた利益増。その恩恵は企業のトップだけに…地域格差や雇用の格差、新しい内閣では大きな課題として取り組んでほしいものです。

| | コメント (2)

2007年8月19日 (日)

いいかげんにしないと

 いいかげんにしないとこの国はほんとうに沈没する。

 今日の新聞一面には「消費税増税先送りか」という記事がある。自民党が参議選の惨敗を受け、消費税増税を打ち出すと次の衆議院選挙は乗り切れないというのが本音からきてるものらしいが「本末転倒」、今だからこそ、法案が通る通らない以前の問題として議論をすべきではないかと思う。自民党の立場でいえば今回の参議選、民主党の言うことの多くに「では財源はどうするのですか?」と言いたい思いが強くあった。しかし、今のわが国の財政の現況、また、どうひいきめにみても今の社会・経済の有り様は非常にまずく、それを招いたのも自民党の政治である。ならば今こそ、参議選での有権者の民主の選択は本当の意味での「政治力の発揮」を期待したものだと私は思っています。ならば今回の参議選の結果は意義があり、また大きな転換期になるいい機会でもあると私なりに結論づけています。だからこそ、今、この議論からは政治家は逃げてはいけないと思います。

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

お盆

 昨日15日は、珍しくという言いかたはおかしいですが、例年どなたかの精霊船担ぎのお手伝いをしていたのですが今年は声がかからず家族と何年かぶりに終日過ごす年となりました。親戚のとこのお参りは既にすませていたので久しぶりに家族サービスで前夜から話していた佐世保の亜熱帯動植物園まで行ってきました。お盆の日になぜ?と思われるかもしれませんが、こういう日でないと時間もとれず、さりとて遠くまで出る気もせず子どもに動物を見せよう、お金もかからん、という極めてシンプルに行き先は決まりました。しかしさすがにお盆のせいか、行ってみたら閑散としていました。動物はというと、ゾウ、キリン、ライオン、オラウータン、シマウマ、ペンギン、ツキノワグマなどなど意外と動物そろっていました。また、今人気のある北海道の旭山動物園を真似てか、動物への餌やりにあわせて職員さんが動物の紹介をしたり、お盆期間中は夜間開園もしたりと、たぶんきびしい運営のなか、いろんなところで努力している様子がうかがえました。入園料が大人400円、子どもは小学生以下は無料というのもびっくりです。園内は清掃も行き届いており気持ちがよく、よかったら小さなお子さんがいらっしゃるご家族は一度足を運んでみてください。場所は佐世保パールシーの手前から左折(石岳)、標識もでてますので迷うことはありません。

 終戦の日を迎える昨日、今の自分達の幸せが、多くの人達の犠牲のうえに成り立っていることを思う若者がどれくらいいるのでしょうか。子ども達が小学生になったら、私も私なりに戦争や平和に対する思いを子ども達に伝えていきたいと、動物園で走り回る子ども達を見ながら思ったものです。平和な国日本、平和ボケしていませんか? 

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

昨夜は選挙総括を

 昨夜は選挙の総括をマスコミの方も交え(メンバーはすみません、内緒です)行ないました。やはり、まずは長崎というより中央の「風」が勝敗を左右したこと。地方は改革の痛みに耐え切れず「小泉改革の修正」を求めているのに今回の選挙でそのことに言及せず「さらなる改革一辺倒」だったこと。選挙手法としては従来型の組織選挙では限界(地域は合併による影響、職域や団体は規制緩和の推進で「選挙を応援する理由がない」など)にきていてるという点、またマスコミの「誘導」はさけがたく、それであれるならマスコミ対策必要だったのができていなかった等々4時間ちかく議論させてもらいました。もちろん、選挙の話しばかりではなく、今の政治の有り様や長崎県の政治の歴史など、大変有意義な議論と話しを聞く場になりました。

 市役所などは交代で休みですが、世間はお盆真っ盛りですね。皆さん、どのように過ごされますか?うちは15、16日の両日だけゆっくり過ごそうと思っていますが、いまだ何も予定計画なしです。なかなか家族と過ごす時間がとれないのでそのことが最優先だと思ってはいますが…

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

久しぶりの恵みの雨

 今朝は久しぶりに雨が降ってますが、連日猛暑が続いたので、気温も少し下がるだろうし、大地にとっては恵みの雨となるでしょう。

 忙しかった8日、9日も過ぎ、ひと段落ついた感じで週末より初盆廻りを始めてます。役所はお盆関係なく仕事していますが、世間はもうお盆真っ盛り、昨日は午前中夢彩都のあたりを車で走りましたが大波止のターミナルに入る道は大渋滞、車の長蛇の列ができていました。

 昨日は初めてビファーレンの試合を観戦しました。熱烈なサポータも応援頑張っていましたが応援むなしく負けてしまい、なんでも次のクラブチームの全国大会に進む条件の、九州リーグ上位2チーム入りは大変きびしい情勢になったということです。最後まで諦めず頑張ってほしいと思いますが、やはりJリーグ入りを目指すのであれば、練習環境の改善等、もっと回りの方の物心両面のサポート必要だと思います。数ヶ月の前にビファーレンの事務局の方とも会いましたが、本拠地の長崎誘致に取り組めないか真剣に考えてみようと思っています。明るい話題づくりも必要でしょう。

| | コメント (0)

2007年8月 9日 (木)

暑かったけど感動しました

 昨夜は確か青年協会卒業以来の「888平和の灯」の手伝いにでました。集合時間に顔をだすと実行委員会の会長からは「あら、めずらしか、どこの団体で参加ね?」と冷やかされながらでしたが、キャンドルを運んだり、水をまいたり、ステージ設営手伝ったりと大忙しでした。コンサートは予定通り19時からスタート。最初にキャンドルに子ども達が火をつけるのですが、昨日は風が強く火がなかなかつかずあせりました。結局は予定の時間を7,8分おすなかでやっと全部に点火(120個のキャンドルでスタートしたのが今年は6058個だそうです)その後は山里小や城山小の子ども達による合唱などが行なわれ、8時前には辺りもすっかり暗くなり、キャンドルの明りで会場は幻想的な雰囲気でした。久しぶりの参加で少しジンときました。12回目を迎えるそうですがいいイベントです。今年は多くの一般ボランティアの方も参加されておりこれからもずっと続けていってほしいものです。お手伝いされた皆さんお疲れさまでした。今日は9日、それぞれの人が式典会場や職場もしくは出先かもしれませんが、11時2分には黙祷をささげ平和への祈りを捧げて下さい。

| | コメント (0)

2007年8月 8日 (水)

数年ぶりに

数年ぶりに
88平和の灯手伝い中。あと1時間、7時からスタートです。

| | コメント (0)

2007年8月 7日 (火)

62回目の夏

62回目の夏
 昨日は広島原爆の日でした。長崎もあさってを控え式典のリハーサルなど炎天下のなか準備をされてることでしょう。関係者の方お疲れ様です。
 ところで日曜の市民大清掃の時に集会所につめてると集会所の黒板に写真の案内が貼ってありました。戦後62年たって、まだ無縁仏の方が122名いらっしゃいます。死んでなお御霊も安らげないでしょう。このことひとつとっても、またここ数日記事になっている「原爆症認定基準」の問題も、まだ関係者にとっては戦争は終わっていないんだと1枚のポスターから改めて感じさせられました。

| | コメント (0)

2007年8月 6日 (月)

凹んだ1週間過ぎ

 先週は選挙に負け、気持ち的に凹んだ1週間過ごしてきましたが、今週からまた活動フルに再開します。

 今週は明日火曜は「産業振興特別委員会」が開催されます。8、9日は原爆関係の平和イベントの手伝いに参加予定です。来週になるともう初盆廻りで8月前半は終了、とあっという間ですので暑さに負けずひと頑張りします。

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

庁内での活動再開

庁内での活動再開
 今日、午後は銅座町自治会のゴミ処理の件で環境部と1時間半にわたり協議、ここ数年来の自治会の大きな懸案課題です。PS写真手前に私が座ってました。

| | コメント (0)

海岸べた

 今日は午前中、茂木から海岸べたを走り県道34号線を野母方面に走りました。選挙期間にお願いに行ったところへの御礼の挨拶が用件でしたが、この辺りは地元でもなく滅多に走らないところ、久しぶりに走ると、やはり道路幅狭く、県道としての整備がまだまだ必要なこと実感しました。今日行った先で道路の話しを聞くとまだ10ヶ所近く落石や地盤の弱いところがあり、県にはお願いはしてるがなかなか整備が進まないとのこと、地元では10ヶ所の整備をするより迂回路のトンネルを掘った方が事業費としても安いと提案し、今、青写真程度のものはできているそうですが、いつになることやらと仰ってました。ちなみにそのトンネル、いくらぐらいかかるのですかと聞くと「30から40億ぐらいだろう」と。さすがに「はい、わかりました。私からも県に強くお願いします」とは言いきりませんでした。しかし、地元にとっては生活道路ですし、もちろん道中には小中学校などもあります。そこに住む人にとっては切実な訴えです。県道については最近、予算がなく、これまでたてた計画も「交通量」などを理由に白紙状態(凍結)になっているところも多数あると聞きます。長崎県はそれでなくても日本一の海岸線をもつ県です。道路整備ひとつとってもこれから大変だと改めて思いました。

| | コメント (0)

2007年8月 2日 (木)

それはないでしょう?

 昨夕、赤城農相の辞任(更迭?)のニュースを聞きました。なんともタイミングの悪い、後手後手の結果になったと思います。それも赤城さん含め一番の勘違いは「選挙で負けた責任を感じてけじめをつけた」というコメント。久間代議士も同じような理由で辞任されましたが、ほんとうは、何が問題で、その問題を厳粛に受け止め辞任します、ということにならないといけないのに…安倍総理含め本質的なところをわかっていません。だから、解散にもうってでれないんでしょう。国民が何に怒り、何を求めているのか、政局の「読み違え」含め、改革路線断行の総理の姿勢は支持しますが、センスがなさすぎだと感じています。

PS選挙期間中にニュースとして流れていましたが、日本の米が中国にも輸出されることになったそうです。価格は中国国内の米と比べたら何十倍もするそうですが、中国内の富裕層のなかでも「安心、安全、おいしい」が求められているそうです。そうでしょうね、このことについてはそう驚くことではないのですが、今回の中国への米輸出実現に一番尽力したのは亡くなった松岡代議士だったそうです。なんだか、それを聞いた時じんときてしまいました。

 

| | コメント (0)

2007年8月 1日 (水)

申し訳ありませんでした

 申し訳ないの第一は、先月の私の書き込みが極めて少なかったことです。選挙時でもありましたが、選挙後も含め書こうと思えば書けるはずなのに怠ってしまいました。選挙後は特に言い訳できません。

 第2は、参議院選挙、力及ばず負けてしまいました。応援して頂いた方、ありがとうございました。

 正直、いまだに信じられない気持ちです。終盤なんとか勝てるとこまで追いついたと思ったのですが…。選挙翌日から挨拶廻りしていますが、商店街などで会う人、会う人に「久間さんのあの発言で負けたとよ」と言われます。私達が認識する以上に久間発言は重く、であるならもっと丁寧な対応を私達がしなければならなかったというのが、まずの感想です。選挙全般は、残念ながら「政策で政党・候補者を選ぶ」というところまで至らなかったと思っていますが、その前にこれほど自民党内での失言やお金の問題等々でてくれば、またリーダーである安倍総理の決断力が発揮されず、発言もぶれてしまえば、「政策で選んでください」以前の問題だと私も思います。自民党支持層のなかでも他の候補者・政党に1/4近い票が流れた結果などはまさに「いいかげんにしろよ」という声だと思います。個人的には安倍総理の「改革路線」は理解しつつ、ここは「内閣改造」ではなく、「解散」にうってでるべしと思います。たとえそれで下野したとしても。

 また私達は中央のせいにばかりせず、地方組織として「じゃあ、自分達はどうだったの」ということを意識しなければなりません。もしかすると「中央も中央、地方も地方でつまらん」と言われていないか…ふりかえると、足元の組織とその活動を改める(変えていく)必要性感じています。 

 なんとなく脱力感抜けきれずにいますが、あと1、2日したらまたフル回転、暑さに負けず頑張りたいと思っていますので、しばし休ませてください。PS昨夜は育成協と学校合同の夜間巡視に参加しました。夜とはいえ汗びっしょりに。参加された方お疲れ様でした。

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »