« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

少し拍子抜けの国会の議論

 一昨日は守屋前次官の証人喚問を見ていましたが、昨日の新聞等にも書いてあったようになんだか拍子抜け、追及が甘いと感じました。与党はまだしも民主党の議員の甘さが特に違和感を感じ何かあるのかなという疑いさえもったほどです。自分も議員であるだけに見ていて「自分だったらこの答弁でこう切り返すのに」というジリジリした思いを何度となくしました。わが自民党の議員も厳しく追及する気がないのか、「お説教口調」。国民がこれだけ憤慨しているのにそれはないだろう、貴方の説教を聴きたいのではないと言いたくなるほどです。そして昨日の福田さんと小沢さんの突然の党首会談。密室協議はやらないとあれほど拒否してた小沢さんが協議に応じ1時間近くも話し合いをしたと報道されています。テロ特措法の審議に入り、これでは国民の政治への信頼回復とはいかない、なんだか雲行きのあやしい国会となってきました。

 

| | コメント (0)

2007年10月30日 (火)

多忙な一日でした

 今日は午前中、軽度発達障害の療育について行政のここ数年の取り組みレクしてもらった後、関係者と協議。昼にはウェルシティ(旧厚生年金会館)の存在問題について、これまた関係者と協議。その後は市役所に戻り、相談受けてた道路や地域での宅老所の開設手続きについて、その他いくつかの相談事項について担当課と打ち合わせを行いました。夜は久しぶりに上五島町人会の新役員と今後の会の存続・あり方について相談しました。
 明日、あさっては総務委員会の決算審議が行われます。

| | コメント (0)

2007年10月29日 (月)

海外視察

 今週は水・木に総務委員会の決算審査が行なわれます。なのでそれに向けての勉強とそろそろ来月末から行なわれる定例議会の個人質問(できればですが)の準備にはいります。質問項目はまだ考え中ですが、前期より取り組んできた「軽度発達障害の医療・療育」については必ず質問を行ないたいと思っています。また先の議会中にメンバーは確定できた「幼稚園振興議員連盟」の立ち上げの準備も今週中に目鼻はたたせたいとこです。幼稚園の議員連盟は保育所に対抗する「幼稚園の味方」ではなく、認定こども園がなかなか思ったように進んでいかないなか、保育所ともどもにこれからどう幼児の教育や子育ち環境を整えていけるか考えていきたいのと喫下の課題としては私立幼稚園の運営のきびしさにも目を向け行政(市)としてなにができるか模索していきたいと思っています。

 先週来、議員の海外視察が新聞やテレビで取り上げられています。今回取り上げられているのは、来月行なわれる九州市議会議長会主催の海外視察に長崎市議会の5人の議員が90数万の費用(税金)でいくことに対する問題提起的な意味をこめた視察の是非、あり方についてです。長崎市議会では2期生に任期中(4年間)で30万、3期以上は同100万の予算がついています。それ以外に、毎年の常任委員会の視察は年間36万(年度内であれば予算内何度でも視察可能)、特別委員会の視察には15万(1回かぎり)の予算がついています。その他、自分の所属する委員会の所管事項以外の調査項目を視察したい場合は政務調査費でも視察の可能です。

 これだけ多くの視察の機会があるのですから、結論からいえば、今回の海外視察に関して「いいとか悪い」「自粛すべきだ、いや行って何が問題なんだ」ではなく国内外含めて視察のあり方を一定見直し検討すべき時期だと思います。きびしい財政状況のなかでの視察自体の是非、視察の方法、視察後の行政への施策反映の仕方、視察内容の公表のあり方等々、色々と検討すべき事項はありそうです。このての問題はなかなか当事者から問題提起するのはむずかしく、今回のマスコミの指摘がそのような検討に向かうイントロになればと幸いだと個人としては思っています。

| | コメント (0)

2007年10月27日 (土)

住宅フェアのぞきました

住宅フェアのぞきました
去年までは「かぶとかにアリーナ」で開催してたものが今年は夢彩都横のくんち広場で開催。交通の便もよく、また通りかかった人も寄ってもらえ、今年の会場の方がいいように思いました。写真は工務店連合会のブースで木のタイヤのついたおもちゃ箱入れ作製中の長男。こういう経験もできるだけ多くさせなければいけないと側で見ていて思いました。日曜は急遽、日帰りで上五島行きになりました。

| | コメント (0)

2007年10月26日 (金)

保育参観中

保育参観中
英語の時間です。うーん、必要なんだろうか…遊び程度の英語ならいいかもです。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

副議長選出余波

 昨日から、自民党の市議・幹事長(辞表、支部長預かり中ですが)として共産党市議への投票はどういうわけか?とお叱り、事情説明求められた電話少なからず受けてます。自分のなかでも正直しっくりしてはいません。国政と違い地方政治のなかでは政策のなかで党派の違いを大きく感じることはそうありませんが、共産党の方の主張には確かに首をかしげることも多々あります(但し理論的にはそうだなと思うことも同じくらいありますが)議会の民主的運営のもとでの今回の投票行為でしたが、しばらく自分のなかでじっくり考えてみたいと思います。 今日は午後からは市歯科医師会の来年度の予算要望(福祉保健部長対応)にも同席しました。明日は上の子の幼稚園の保育参観に頭顔出し、妻の仕事終わり次第交代し昼は会派と市長との意見交換会、その後はブリックで行われる私学振興大会に出席します。

| | コメント (0)

2007年10月23日 (火)

長崎市議会初

今日初副議長選出の臨時議会が行われ、共産党の中田市議が副議長に選出されました。投票は26対24、私は中田市議に1票投じました。議会の民主的な運営のなかでの意思統一がまず第一ですが、とできうることならば政策協定等も結びたい考えではいます。いづれにしても議会の役割は「行政のチェック」と「長崎市の将来展望」そして市民の生活のなかで地域のなかでの「光のあたらないところに光をあてる」役割があります。そのことに専念し、しっかり頑張っていきたいものです。

| | コメント (0)

2007年10月22日 (月)

今週の予定

 議会は今日、明日、あさって(予備日)と決算委員会が行われます。但し明日は決算委員会を午前中中断し臨時議会が開かれ、先日の副議長の辞職に伴う副議長選出が行われます。
 今週は子育て関係の会議や歯科医師会との会合等、この時期は来年度の予算編成時期に合わせた各種団体との会議も活発に行っています。随分以前から予算編成中間での策定状況明らかにするよう求めてますが、行政の反応は鈍く、であるなら今の時期に働きかけるしかありません。市民や地域のニーズをしっかり掴む手法の検討が行政側にも求められるところです。私達はその上で、「行政が目の届かないところに光を当てる役割」を担ってるにすぎないのですから

| | コメント (0)

2007年10月18日 (木)

パッシング

ここ数日、亀田親子へのマスコミのパッシング凄いですね。この前までは相撲協会だったのですから、今回、矛先がボクシングに向かい一番喜んでるのは相撲協会なんでしょうね。朝青龍の件も最近ではほとんどニュースとしては聞かれません。政治関係では一時期テレビや週刊誌賑わした横峯参議も、姫の虎退治の参議も…安倍前総理も既に過去の人に。世の中が全てワイドショー的情報で溢れ、視聴率至上主義がそのことを増長させ、政治においては衆愚政治の危険性をはらんでくるに至れば、まさにこの国のゆく末はどうなるんでしょう?そのなかで自分がどう生きていくか、夜は涼しいこの季節、じっくり考えてみようと思う今日この頃です。

| | コメント (0)

2007年10月17日 (水)

足でかせぐ

昨日は当初の予定は宮崎市の視察予定でしたが、急な用件が入り急遽キャンセルし長崎に戻ってきました。そのため、本来今日帰路の予定だったので日中の予定が真っ白で、相談やお訪ねしたいと思いながらなかなか時間がとれなかった先を訪問させて頂きました。黙っているとわからない行政の動きや情報が耳に入り、やはり民間企業もそうですが「足で稼ぐ」が一番ですね。

| | コメント (0)

2007年10月15日 (月)

週前半は視察に出ます

今、朝9時過ぎですが今日から水曜まで熊本・宮崎に研修&視察に出ます。熊本は第2回全国市議会議長会の研究フォーラムに。午後から開会ですが第1部の基調講演は竹中平蔵氏を招いての「地方行政の課題」について、第2部は「地方行財政改革の行方」をテーマにしたパネルディスカッションです。明日は宮崎市に移動し「企業誘致」と「九州一の街づくり事業」について勉強してきます。水曜の午後には長崎帰ってきます。

| | コメント (0)

2007年10月14日 (日)

地域格差

増田総務省大臣が今日のテレビ番組で、現在は消費税の5分の1を地方に充てられているのわ5分の2の倍にすることを検討するとのこと。5分の1はは2.5兆円だそうです。地方にとっては都市と地方の地域格差が顕著になるなかでありがたい話ではありますが、消費税の引き上げも待ったなしの課題の今日、安易にそのような流れになっていいのか疑問を感じえません。目先の帳尻合わせよりしっかりした議論のうえ地方の財源確保が求められます。

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

選挙は人が見える

 タイトルの言葉は、小嶺さんが総科大の教授に就任されることになりその記者会見で述べられた言葉です(新聞記事による)

 選挙以来、1・2度ばったりとしかお会いすることなく、その後どうされているのか、ビファーレンに戻られたのか、3年後の選挙での雪辱を目指すのか、私なりに心配していたので、教授になられることよかったと思います。しかし、タイトルの言葉は選挙に関わった身としては大変気になります。一度機会があれば是非話しを聞かせてもらいたいと思っています。議員としてまたこれからも人の選挙(各種選挙)に関わっていくでしょうから今後の参考になればと思うのと、自分が見えずにいるもの(気づかない点)に気づければと…

 今日は看護連盟の会長を訪ね勉強会を行なう他各種相談事等に対応する一日です。昨日、会派の政策要望のことを書きこんだせいか、寝床で色々と要望したいことが頭のなかをよぎりました。早速忘れないうちにメモをとり案をつくっていきます。

| | コメント (0)

2007年10月10日 (水)

ゴミ問題

 もうここ数年、銅座町のゴミ処理について行政と話しあっているがなかなか解決の糸口が見つかりません。今日も自治会、行政、業者で協議の場を持ちましたが平行線。今月末で今の業者が引き上げするのは決まっているので、いよいよあと20日でなんとか解決しなければなりません。困っています。
 今月中旬には来年度の予算編成方針も財政からだされ、これもいよいよ田上市政初予算編成です。誰が市長になっても厳しい現実には変わりありませんがどんな特色や思いが表れてくるか、楽しみでもあります。私達の会派でも予算要望策定に取りかかりますが、まずは昨年度の要望事項の進捗をチェックし、今回は項目もしぼりますが、それだけ必達できるような内容での要望になるよう工夫したいと思ってます。
 くんちは今日の天気だったら今日に延期してもよかったと思われますが、そこは結果論、朝4時の時点での決断は大変悩んだと察せられます。関わった皆さん、ほんとうに大変だったことでしょう。お疲れ様でした。

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

三連休

 土曜含めての三連休、だれすぎました。公的な行事も少なくお宮日も見る側なので忙しくもなく、なんとなく3日過ごしてしまいました。くんちは天気がいまいちで残念ですがテレビで見ると例年に負けずおとらずの充実しただしものの連続、町名復活の銀屋町のみごとでした。各踊り町、昔に比べお金も人も集まらず苦労していると聞きますが、長崎の全国に誇る伝統行事、これからもずっと続いてほしいものです。よき伝統と文化を守り伝え、そこに新しい発想や思いを肉付けして新たに組み立てていって街の発展はあるものだと思います。

 連休中に「サウスバウンド」という本を読み始めましたがこれがなかなか面白いです。主人公は小6の子ですがお父さんが元過激派という設定で、この父がすごい、年金は払わない、学校の修学旅行の積み立ては学校と業者の癒着だと騒ぎ出す、など、とにかくはちゃめちゃ、しまいには東京から電気も水もない西表島に引っ越してしまい…、まだ下巻の途中なのでそれ以上は読んでいませんが、ストーリの展開はさておき、そこに登場する元過激派の父は、常に純粋で、子どもに対しては対等に向きあい、自分のことは自分で決める、将来は自分で切り開け、と、今、子どもに対して大人がどこか自信なさげに接しているようなところがみえるなか、子どもへの接し方、また人としての生き方はこうあるべきなんじゃないかと思わせるような本でした。ちょうど映画も封切られてます。お父さん役はトヨエツ、監督は森田さん、これまた観てみたいです。

 さて、今日から市政報告の準備に入ります。くんちも今日までですが最後まで天気がもってなんとか無事終えてくれればです。

| | コメント (0)

2007年10月 4日 (木)

100円パーキング

 外廻りする時はほとんどが車で移動しますが、最近は訪問先のお宅や会社の前といえども路上駐車はできず100円パーキングを探すことがよくあります。皆そうなのか、日中の100円パーキングはどこもマンパイ状態ですよね。

 先日も訪問先でパーキングに入れたのですが、入れたパーキングの機械は1000円札も入らず500円玉でもお釣りが出ず領収書も発行されない旧式なものでした。打ち合わせを終えパーキングのメーターを見ると300円の表示。しかしその時に限り全く小銭を持っていず目の前の自動販売機で飲み物を購入、100円コーヒーがあったのですが、その時ばかり変な健康心をおこしお茶を購入。もう話しわかりました?で、お金を払うだんになるとメーターの表示が400円になっていたのです。結局、2本飲み物を購入しました。なんだかくやしかったです。こんな経験ありませんか?

| | コメント (0)

2007年10月 3日 (水)

コミニケーション

 先日の琴海への地産地消ツアーで琴海地区の公園での休憩時にツアーに参加された年配の女性が市の職員の人に話しかけていました、「田上市長さんはこんなことは好きなんでしょう?さるくでも頑張っておられたし」、こんなこととは「地産地消のツアー」を指すものですが、この会話でも察せられるように市長の人気は絶大です。多くの方と好感とある種の親近感をもって市長のことをみられ応援されていることが、私も多くの方と接するなかで日頃から感じさせられます。

 虹色の町ミーティング、ちゃんぽんミーティング、しっぽく弁当会議、職員との直のメール開設、各種団体との意見交換等々、様々な方法で時間があれば市民と職員と対話することを心がけているみたいで市長の市政運営の基本は「コミュニケーション」に重きを置いてるのだと思っています。自分が描く将来像、ビジョンのもとに「対話」により肉付けしていくことはとても大事なことであり、そのような手法をとっていけば方向性の大きな違いや市民や地域が思うこととのズレはないでしょから是非これからもご多忙でしょうが、時間の許すかぎり多くの方と会って頂きたいと思います。 そのうえで私なりに注文がふたつあります。ひとつは今は市長が「こういう人たちに会いたい」、もしくは「市長に会いたい」という団体・グル-プの人が秘書課にアポをとって市長と会えていると思うのですが、なかなか市長と会いたくても会えない、どう申し込んだらいいのかわからないという人たちは多いと思います。そこで方法は色々、例えば市のHPでひと月に数団体、市長との意見交換をしたい団体・グループを募集するとか、システム的にわかりやすい方法で募って欲しいということ。また、もう一点は、これは愚痴っぽく聞こえるかもしれませんが、私達市議とも意見交換できるような場、時間をつくってほしいとも思います。多くの方が市長と直に話す機会が持たれているなかで、私達市議は市長と議会の本会議以外のところではゆっくり話す機会がありません。たぶんこれは私に限らずほとんどの同僚市議がそうだと思います。思い出されるのは前市長はほんとうににたまにでしたが、いきなり当日になって「前田議員、今晩一杯やりましょうか、何人か誘ってみてください」と言って、その日の夜に市役所近辺の居酒屋で飲んだことがありました。もちろん、当日になってのお誘いなので皆その日の約束はキャンセルしての参加でしたが、市長と直接話す機会があるというのは大変勉強になるいい機会でした。優先順位としてはずっと後でいいですが是非そのような時間もつくってほしいと思います。特に今春議員になった新人議員の方は切望してると思います。

 あわせて、コミニケーションの大切さはあえて述べませんが、そろそろ市議と市の職員ととの「飲みかた」は復活してもよくないかと思います。このことは数年前の入札妨害事件以降、職員の倫理規定に照らし、一部の条件つきならOKだけど一般的には禁止となっていますが、1対1で個室みたいなところで飲むのはやはり好ましくありませんが、数名と一緒に、居酒屋のような皆が顔をさすとこで「ワリカン」で一次会を飲む程度はいいんではないかと思っています。市民のために、長崎市をよくしたいという意味では、お互いと例えるなら「同じ会社の仲間(同志)」です。「コミニケーションをとることが飲まないといけない」のかというご意見はあるでしょうが、私は「飲んでなんぼ」肯定派です。

 市長と話す機会があれば直接話しますが、いつそのような機会があるかわからないので、このメール見られた方で市長と話す機会ある方は「前田がこんなこと書いてた」と伝えてくれたら幸いです。色々書きましたが、まあしかし今日の書き込みの締めくくりは何事も「対話(コミニケーション)と相手の立場で考える」ことが大事だということを伝えたかったのでした。

 

 

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

そこまできた?

今日は外回りの予定ですが、学校選択制の件である中学のPTA会長とお会いします。私の6月の質問を聞いてくださった方からの紹介で会うことになったのですが、保護者(PTA)の立場で話を聞けるのは有意義です。

昨日のテレビで東京都厚生事業団が教職員向けに訴訟保険を売りだしてたところ、ここのところ加入者が急増し、東京では3人に一人か加入してるとのこと。最近よく聞く「モンスターペアレント」考えられないような保護者のクレームに対し訴訟になることまで想定し、月々700円の掛金で最高8000万円まで保険がきくということです。訴訟社会とはいえ、学校の先生と保護者の間にこのような事態まで想定しなければいけない世の中になったというのは報道に接しながら、なんだか悲しいというか複雑な気分にさせられました。

| | コメント (0)

2007年10月 1日 (月)

地産地消ツアーに参加してきました

 昨日は市も関係する実行委員会の主催する「琴海地区地産地消体験ツアー」に長男と一緒に参加しました。聞くところでは150人の参加申し込みがあり、急遽50名の定員を80人に増やして抽選をしたとかで、地産地消、安全安心な食への関心の高さがうかがわれました。日程は漁協の直売所、琴海地区内の公園、直売所での地産のバイキング、そして午後からはいも堀り、のコースでしたが、皆さん、イベントに納得された様子、うちの子も大型バスでの移動もあってか旅行気分で大満足、初のいも堀り体験にも興奮気味でした。いいイベントでこれからも続けてほしいと思いました。担当部署の方々お疲れ様でした。

PSただし帰路道ノ尾でバスを降ろしてもらったのですが西友前で子どもが「お腹空いた。月見バーガー(マクドナルド)食べたい」と言ったのにはがっかり。家庭の食育は自らの実践含め、まだまだです。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »