« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

梅雨っぽい天気

 昨日に続き雨ですね。なんだか梅雨っぽい天気ですが、急に涼しくなったこともあり、周りでは鼻をグズグズ、風邪の引きはじめの方もちらほら見かけれられます。皆さん、お気をつけ下さい。

 今日は午前中、長男の授業参観に行きます。妻が仕事なので私が出るのですが、考えてみたら初の参観です(幼稚園はありますが)仕事を休むのは恐縮ですが、楽しみにしています。

 8月後半のお盆明けに議会の控え室の床の張替えがあった時、一時的に荷物を別の部屋に移さないといけないということで自分の書類等をダンボール箱につめたら、11人のなかで一番多い6箱にもなってしまいました。それで張替えが済み、元に戻す際、仕事に支障をきたさないものは箱のまま置いとこうと思って過ごしていたところ(案外、なければないで仕事できるし困らないものです)最近になってさすがに同僚から「早く片付て」と言われ徐々に箱から書類だし整理しています。そこで改めて気づかされたのが、ほんといらない書類の多いことと、逆にやりかけの調査事項の多さでした。「机(書類)の整理ができない人は仕事ができない」とよく言われていましたが、ほんとそうですね。最近はパソコンに情報を蓄積できるので、ペーパレス化されてきているはずですが、私達のとこだけはすくなくともまだペーパレス化が一向に進んでません(特に私と私の右隣はそうです)

 今日は、そういうわけで午後から市役所に出て諸々の相談事項などの対応をしますが、明日は所管に無理を言い、民間移譲した保育所2園と今後移譲が予定されている保育所のうちの1園を視察してきます。

PS そういえば昨日から既に茂里町の商業施設オープンに伴い、国道の要所要所に「パーキング満車」のプラカードを持ったガードマンの方が立っています。プレでさえこの状況ですから明日のオープン後はどのくらい交通渋滞するのか、心配しています。仮の話はしなくていいのかもしれませんが、あまりにその影響がでた時は行政の方にも開発の際の協議内容や経過についても確認しないといけないと思っています。

| | コメント (0)

2008年9月29日 (月)

早いもので

 今朝より雨が結構ひどく降ってますね。月曜日の雨は「今週も頑張ろう!」の気勢をそがれる感じです。

 早いもので今日明日で9月も終わり、ふっと数えてみたら今年も残すところ100日をきり94日しかありません。年頭にたてた目標は…まだまだ必達できてません。頑張らねば!です。

 昨夜は長崎市上五島町人会の先輩方数名と今後の会の運営について集まり協議しました(といっても飲みながらですが)年々、特に合併してからは集まる機会も集まる人もめっきり減ってしまいました。五島全体の「五島人会」も解散状態、、本島市長の頃、五島人会で松山の陸上競技場で運動会をしていたのは、はるか昔になってしまいました。さびしいかぎりです。昨夜の話し合いでは先輩諸氏に声かけをし年内には一度会をもとうとなりました。

 ここ数日新聞をにぎわした中山大臣(もう辞任しましたが)の発言はひどかったですね。しかも確信犯だからたちが悪い。一人の大臣の発言で選挙の行方が左右されるとなれば残念なかぎりです。しかし、中山氏の奥様は中山恭子参議(拉致担当)ということを忘れていて報道で聞いて「ああ、そうだった」と思い出したわけですが、あの発言が確信犯であるなら家庭でもあのような話をしているのかと疑ってしまいました。仕事のことは家庭に帰って話はしない、というのかもしれませんが、お二人とも官僚出身で政治家でもあるわけですから、日常そのような話をしていてもおかしくありません。私は中山参議の拉致問題への取り組みには頭の下がる思いで評価していただけに、なんだかお二人が夫婦というのがいまひとつピンときません。って大きなお世話でしょうが…それにしてもいつの世もそうですが、政治家には、多くの国民が納得でき、また国民をよき方向に導くような思想信条を持ってほしいものです。

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

あぐりにきてます

あぐりにきてます
 天気もいいので久しぶりにあぐりに来てます。今、村エリアで子ども遊ばせてますが、私達3人以外に人いません。貸し切り…所管する農林でプロジェクト組んで活用方法を今年度中に結論だすみたいですが、とにかく多くの市民が何度も足を運ぶ魅力ある施設に再生してほしいものです(10:30)

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

地域の核なんだけど

地域の核なんだけど
 久しぶりに滑石の市場に行きました。野菜を見てたら野菜屋のおじちゃんがうちの子供二人にお菓子をくれました。長男は私に代わり代金をおばちゃんに渡したら誉められて少し得意げに。野菜ははち盛りだけど少量でも買え、なにより新鮮。やっぱりいいですよねえ〜しかし、ごたぶんに漏れずここも随分というか、3分の2ぐらいが空き店舗(スペース)になってます。残念です。地域の商店街振興の質問を本会議でしてからそろそろ1年。改めて12月議会で質問してみようと思ってます。

PS 電車に乗って移動の際の話。隣で大人二人と子供一人で「しりとり」をしていました。子供の方は無邪気に動物や魚、花の名前など言っているのですが、大人は時折、ヤキトリ、リストラ、フケイキ、となんだか世相を反映したような単語が…とにかく景気よくしなきゃ!です。

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

刺客

 昨夜、小泉元首相の突然の引退の報道が流れびっくりしました。劇場型選挙でブームを作り上げ、強引ともいえるやり方で改革を押し進めた手法は「政界の異端児」と言われた小泉さんだからこそできたこと。私は当時の改革は必要であったと理解してますが、結果、人や地域にここまでの格差がでてきたことは「結果に対するフォロー」が政治に欠けていたと思います。これからの大きな課題です。
 しかし、今回の引退が「小泉さんらしい」と思うなか、ひとつだけ、次男を後継にしたのは「らしくない」ですね。「国替え」もあると言ってる小沢氏、私が彼の立場なら自ら神奈川11区から小泉次男の「刺客」になりますね。劇場型の第2幕をやりたいならそういうこともあるのかなと思います。

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

僕らの時代

 昨日の組閣で小渕優子さんが戦後最年少(34歳)の大臣に就任しました。子どもがちょうど1歳になるということで、子育て真っ最中。少子化担当大臣としては当事者でもあり適任ではないかと思います。

 小渕さんが大臣になったと聞いた時、あるテレビ番組を思い出しました。それは2ヶ月ぐらい前だったと思いますが、日曜の早朝からどこかの民放でやっている「僕らの時代」という番組に小渕さんと野田聖子さん、橋本聖子さんの3人が出演していました。番組は各界で頑張る次世代を担う人たちを招いてのトーク番組みたいですが、たまたま見たこの3人の話、とても力強い内容で、またバランスのいい話をしていたことを記憶しています。ことこまかに内容は覚えてはいませんが、番組の中で、今の政治は男ばかりに頼ってはいられない、この3人の中から総理大臣をだそう、それはなかなか難しくても私たちが政治の中枢に入れたら政治を変えてみせるという話をされていました。

 そして今、現実にそのうちの二人が大臣になったわけです。それも今、国民の多くが不安をもち社会問題化している「食の安全」と「少子化・子育て支援」担当に。この二人なら必ずしっかりした仕事をしてくれるはずと期待しています。

 今日は私も午後、保育会役員と勉強会を行います。

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

今日はもう水曜日

今日はもう水曜日
 1週間の火曜や水曜に祝日が入ると1週間がやけに早く感じますね。今日はもう水曜です。議会が先週で終り気持ち的には一段落してますが、回りは選挙モード。私もこれからどっぷりはまらなければなりませんが、次の議会までの約2ケ月、やるべきこと、勉強しなきゃならない案件をきちんと整理し活動しないといけないと計画たててるところです。
 今議会で南幼稚園の廃止条例に賛成し22年度末廃園が決まりました。写真は幼稚園視察の際のものですが、元気に私達に「おはようございます」と挨拶した子ども達の笑顔が頭に残っています。この子達は、もちろん私達が廃止条例があがってるので現地調査に来たなんてわからないだろうし、「自分達の幼稚園が廃園になるかも」とは知らないし、そう聞いても想像もつかないでしょう。

 私は公立の存在価値がきちんと見出だせないなら廃園(保育所も同様に民間委譲)に賛成の立場ですが、平成11年ぐらいから検討課題にあがっていたことをもっと真摯に庁内・議会で取り組んでいたら、もしかしたら違った結論になったのかもしれないと思っています。自分のやるべきことを考えた時に、このような思いを後からするのはこれを最後にしなければいけないと強く思っています。

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

ボランティア募集

 昨日、青年協会の例会で講師を務め、その後懇親会に参加しましたが、そこで毎年、現役会員が先輩からの歴史を引き継ぎ行っているくんち事業の話になりました。くんち事業とはおくんちの3日間、県庁裏の江戸町公園を貸切、飲食やゲームブースを周辺の出店よりは安く提供し、子供達家族連れに楽しんでもらおうと行っている事業です。ステージ等もくんでイベントやまた踊り町にも来て頂き、演技を披露してもらったりもしています。

 もちろん、協会の事業なので会員で行うわけですが、さすがにそれだけでは人手が足りず会員の奥様や知り合いの方にボランティアで助っ人をお願いしています。今年は特に3日間とも平日でスタッフの手配に苦労しているとのこと(会員もみな仕事もっているので)

 そこでお願いです。この書き込み見られた方でちょっとの時間でも手伝えるという方は是非連絡をもらいお手伝いをお願いします。時間帯は7日~9日の11時~22時間の都合のいい時間帯で結構です。特に人手がほしいのはくんち初日の7日の午後です。この日は学校が昼までで終るとのことなので午後からは大変賑わいそうです。ボランティアなので、まかないの食事を提供するぐらいしかできませんが、なかなか楽しく、いい汗がかけます。そういう私も7日は手伝う予定でいます。周りの方への声かけも含めどうぞよろしくお願いします。

PS  収益は市役所等に寄付したり、青少年育成事業等の経費に充てさせてもらっています。

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

いよいよ2

 民主党では小沢氏が代表3選承認され「所信表明演説」を行い、自民党では今日の総裁選で麻生氏が当選確実に。自民党の総裁選は身内から見ても「なんだかな」の出来レースにみえましたが(国会議員の投票は今日なのに、早々と今日の新聞に地方票の結果が公表されるなんてナンセンスそのもの)とにかく二大政党のトップが決まったわけですから、日本の行く末についてガチンコで徹底した議論を戦わせ、選挙に臨んでほしいものです。 昨日は外海でいい酒を飲んできました。皆さん、地域を愛する方ばかり。最近、急速に外海ファンになりつつあります。
 今夜は出身団体の青年協会の例会で今年3度目の講師講演(前回に続き浅田県議とジョイントで)をやります。今回は世界遺産について話しをします。

PS 福岡の児童殺害、母親が逮捕されるというニュースが流れてます。たまらない気持ちです。動機などはわかっていませんが、わかったとしても理解できないし、もちろん許されることではありませんが、子育て支援が求められる今、同時に母親へのサポートの必要性も認識されており、このような事件が起こったことで、自治体が行う施策や事業の再検証も求められると考えます。

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

いよいよオープン間近です

 今日の新聞をみるとココウォークの竣工式が行われるとなってます。明日にはバスセンターが供用を開始し、来月1日には全館オープンです。長崎の消費行動がどう変わるのか、新規の雇用の拡大やそれぞれの商業エリアの互いのサービス競争により消費者にとって、また全体としてプラス効果が見込まれる反面、交通渋滞や消費力が大きくならない「限られたパイ」のなかでの競争にとどまれば、マイナス面もでてくるものと思われます。当初、私は正直、新規オープンしても大変苦戦するのではないかと思っていましたが、施設コンセプトや入居テナントのバラエティーさ、レジの一元化システムやバス会社がオーナの強みを活かした、バスとの連結やスマートカードへのポイント還元等の工夫をみるとき、なかなかやるなという感じを持っています。いずれにしても、オープン後年内一杯ぐらいはじっくり様子をみていく必要があると思います。

 さて、今日は珍しくのんびりしています。今、14時に書きこみをしていますが、この後は先日手伝いに行った外海の散歩未路のイベントの打ち上げに外海インまで出かけます。

PS ココの影響は、小さな話ですが、既に北部住民は受けていて、住吉にあったモスバーガーはココに出店のため半年ほど前に店舗を閉め、最近では同様にこれも住吉のミスタードーナツが閉まりました。ミスドは住吉店の出先でチトセピア内と西友内にもコーナーを設け販売してましたが、これもなくなりました。住吉は空き店舗が増えさびしいかぎりです。またココの直接影響かどうかはわかりませんが、浜の町のメトロ書店はアミュに統合で先週末閉鎖、戸町のユニクロも近いうち閉店になるそうです。浜の町含む昔からの地元商店街は以前から大苦戦ですが、これからますます厳しくなりそうです。地域コミュニティーの核である商店街にどのような支援ができるのかを検討することは、関係者や行政、議会が力をいれて取り組む待ったなしの重要課題だと認識しています。

続きを読む "いよいよオープン間近です"

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

文化振興

文化振興
 議会中の17日夜、音楽連盟主催の「音楽人パーティー」に案内受け参加してきました。今年で4回目、様々な演奏活動に関わる方が一同に介し、スーテージ演奏やそれぞれの活動や催しの紹介、そして情報の交換と、なかなか評判よく毎年開催しているそうです。 
 議員としては私と吉原議長が出席しましたが、議長が挨拶の中で「長崎市は文化振興予算が少ない。もっと予算をつけるよう働きかける」と挨拶すると会場のあちこちから拍手が起こっていました。私も引き続き「皆さんがなんの心配もなく演奏活動に専念できる環境を整えたい」と挨拶させてもらいました。長崎の文化振興予算は全体の予算約2000億に対し2500万(議長挨拶より)あまりに予算かけなすぎです。文化の振興、裾のを広げるにもお金は必要です。田上市長の街づくりの重点課題でもあり、来年度予算に向け、議長ともども「属議員」として頑張って取り組んでいきます。

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

議会最終日

 今日は9月議会最終日です。各議案の採決と委員会の委員長報告があります。

 今議会を総括した報告と昨日の議会制度改革の報告もしなければいけないのですが、とにかく今日が終わってすることにします。

 昨日また痛ましい事件が起きてます。福岡での児童殺害事件は許しがたく、同じ年の子どもをもつ親としてはやりきれない気持ちになります。以前聞いた子育ての講演で「今の母親は子供がちょっとでもいなくなったら(自分の視界には入らなくなったら)子どもを探してまわる。自分達が子ども頃はそんなことはなくほったらかしだった」というような話をしたのを覚えてますが、昨日の事件はほんと母親が公園のトイレに入った数分の間で子どもがいなくなった事件で、こういうことが起こるとますます親は子どもから目が離せず、外で遊ばせることすら躊躇され、安心安全な街づくりと私達は頑張って取り組んでいますが、その取り組みもどこまでやればいいのか、考えさせられます。命を落した児童の冥福を祈り、一日も早い犯人の逮捕を願います。

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

選挙より先に

 リーマンや汚染米の記事が紙面を連日さくなか、私達はもっぱら選挙モードになりつつありますが、選挙より先にやるべきことがあると日に日に強く感じています。

 それにしても2区の福田さんの民主党からの出馬には噂では聞いていましたが「ほんとにでるの?」と驚いています。なんでも今日小沢代表が本人やご家族と会って最終的な出馬要請をするとのこと。私は福田さんは薬害肝炎訴訟原告としてほんとによく頑張り、そのことが救済の特別措置法の成立につながったわけで、政治を動かしたという意味でもついこの前のことですが私も感動しました。でもそのことと今回の選挙への出馬は別問題だと思います。ことこまかにその理由は述べませんが、彼女というより彼女を推す人達をあさましいと思っています。これまで、健康な私達には想像もできないような苦労をしてきた人を利用するのかという気持ちです。たしか、法律が制定された直後の彼女への喜びのインタビューでは「これからやりたいことは?」の質問に「好きな仕事をしたい。そして普通に結婚もしてみたい」と話していました。彼らはたぶんその報道を見ていなかったんでしょうね…選挙は文字通り戦いです。私達は相手が福田さんであって戦わなければならず、勝ちを目指します。もちろん戦いですから勝つか負けるかはやってみないとわかりませんが、福田さんが勝っても負けても彼女を推した人達は彼女のこれからの人生をしっかり支えてあげてほしいと思います。それが選挙に推した人達の責任です。小嶺さんへの自戒の念を持ってそう思っています。

 議会は今日は「制度改革推進会議」です。今回ぐらいから具体的な改革案示せそうです。

続きを読む "選挙より先に"

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

とんでもない事態に

 リーマンが日本でいう民事再生を申請しアメリカはじめ全世界に激震が走っています。日本でも即座に株価が大きく下落し、リーマンの日本法人は負債3兆円をかかえ民事再生の手続きに。これから大きく経済に与える影響は予測され、大手銀行ばかりでなく地銀でも2000億近くが債権回収不能とになるのではないかとのこと。ただでさえ厳しい中小企業にとっては銀行の貸ししぶり、しめつけが大変心配されます。また、報道によると金融筋ではAIGも経営不安になっているとのこと。長崎は多くの人がAIG関連の会社で働いており(特に若い女性)、働く当事者の方含めて先行きが心配されます。そういう意味では現在策定されている国の緊急経済対策ももしかしたら見直しが必要かもしれませんし、当然、解散総選挙前に補正予算を通すことは、国民生活を守る意味からも必ずやらなければならない情勢だと思います。

 昨日は厚生委員会で市民病院の所管事項調査がありました。PFI可能性調査の報告はさておき、原爆病院との統合についての県との協議経過の報告は個人的にはしっくりせず、総論ばかりで先方から具体的な提案がないのでこちらは粛々と進むしかないという答弁はわかりはしますが、市長が言う「ベクトルが同じなら検討はする」ということであれば、施設の統合は無理としても、両病院の機能の統合や連携、将来的には全体としての統合について検討するということがあってもいいと思います。原爆病院長も個人的とはいえ「統合には医師含め違和感はない、原爆病院も10~15年後には建て替えの必要性でてくる、被爆者も高齢化する」と言っているのです。例えば、ありえないかもしれませんが、今の計画の病床を450ではなくマックス近い550~600で建物を建て、25年は無理としても30年までには統合するとかできないんでしょうかね?将来的なこと考えたら(県の提案にのるとかのらないのレベルではなく)内部検討だけはしてもいいと思うんですが…委員会では他の同僚委員や理事者とは意見が全くあわないのですが、今議会終ったらまた病院関係者、できたら市長とも話す機会があればと思っています。

 今日は世界遺産の特別委員会です。こちらも今日の観光業界と教会関係の参考人から意見を聞くことで、視察や外部の方の意見聴取は終了。いよいよ具体的に特別委員会としてどんな提案ができるかという段階に入ります。頑張りどころです!

PS 昨日の海外視察の書き込みについてコメントくるのかと思っていましたが…HPトップから送れるメールで皆さんのご意見をお聞かせください(ブログ上にはでてきませんので)よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2008年9月16日 (火)

海外視察

 昨日、近日中にと書きましたが、そう言うと気になり、率直に思っていることを書くことにしました。

 ここ数日で、複数の方から「マエテツは海外視察についてどう考える?ブログに書き込まないのか?」というお声が届いていました。正直、この時期意見を述べることには戸惑いがあり書かずにいました。なぜか…自分の海外視察への考え方を書くと今話題になっていることに対し批判的に受けとめられる恐れがあると思ったからです。しかしブログを書いて自分の考えを伝えるということを心がけている意味ではそれじゃいけないだろうと思いました。

 結論を言えば、海外視察を自分の政治活動に活かすも活かさないも、個人次第だと思っています。あまり長々書くと読む気もしないでしょうから、簡潔に書きます。要は視察の目的(内容)と行程、そして金額が妥当なのか否か、また市民からみて「税金を使っての視察」として許容範囲なのかどうかだと思います。

 内容はもちろん、視察で学んだことが市政に反映されるのか、否か?行った議員個人のなかだけで「先進地はよかった、長崎もこうならないといけない」と思うだけではNGです。情報の共有とその後の自分の質問や活動等につながらなければいけないでしょう。そしてこれは国内視察もそうですが、「視察を活かす」という意味では視察した内容を検証する(市政にどう反映させるか)仕組みづくりも必要です。

続きを読む "海外視察"

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

敬老の日

 今日は敬老の日、地元エミネントの敬老会に出ました。わが自治会も団地ができ15年あまり、子供会の子供の数より高齢者(70歳以上)の数が数年前から逆転してましたが、ついにその数も大台の100人を越えました。今日の昼食会への参加者は少なかったですが、これから自治会全体でお互い助け合いながら生活できれるよう微力ながら頑張れたらと思ったところです。今日はその他、お葬式と子供を休日診療にも連れてきバタバタでした。明日は委員会で市民病院の所管事項調査。PFI可能性調査と原爆病院との統合についての協議報告がなされます。

PS 市議会の海外視察について、色々な方から会って直接に、またメール等で「前田はどう考えるんだ?」とお尋ねがあってますので、近日中に議員の海外視察含め視察全般について、また姉妹都市交流について自分の考え方をお伝えさせてもらいます。

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

神浦散歩未知

神浦散歩未知
 今日は神浦散歩未知(こうのうらさんぽみち)の手伝いに行きました。第7回、42店舗の参加のイベントに今回「川谷商店」として初参加。川谷商店とは、以前ブログで書いた、川谷氏がふるさと外海・神浦の活性化のために自分が何かできないかと地元の方に呼びかけ開いた「神浦の明日を考える会」(8月開催)を開いた時、まず手初めに散歩未知に来た方の休憩所をやろうと企画したのが今日の川谷商店になりました。焼いた鰯と地元でとれたサツマイモを蒸したのを無料で振るまったのですが、午前中で在庫がきれるほど盛況でした。田上市長も忙しい中来られ、ゆっくりと回られていました。午後からはあいにく雨が降りましたが、あさってまでのイベントなので皆さんもお時間とれるなら是非足を運んでみて下さい。

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

予想通りか

 昨日、総裁選をやることはよかったと書きましたが、初めての渋谷での街頭演説、白けた雰囲気だったそうです。予想通りです。政策でもっと国民に真摯に訴えればいいのですが、見るかぎりパフォーマンスと民主党批判が目立ちます。小泉元総理まで「民主党との戦いに誰がいいか〜」揚げ句に「(誰を支持するか)何も言えねえ」それがうけてご機嫌にいたっては…また麻生候補が既に国会議員の4割の支持を得てるとなれば尚更です。日本の将来、国民の生活、地方をいかに守るかを語れ!

 今日は委員会で南幼稚園の廃止条例の審議に関連し、対象となっている2幼稚園の現地調査後、審査に入ります。以前、公立で唯一残る長崎幼稚園を訪ね話を聞いていますが、今日もしっかり調査をし「公立幼稚園の存在価値」について午後の議論に臨みたいと思っています。

 今日一日頑張れば、多くの方は三連休。きばりましょう!

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

総裁選スタート

 昨日、自民党総裁選がスタートしました。鳩山氏の「総裁選ごっこ」はじめ批判も多くありますが、昨夜ニュースで立候補した5氏の話を聞くと、特に年金の財源確保や消費税の引き上げについてのそれぞれの考え方には、なるほどと思わせる発言もあり、私は現政権政党の考え方、これからの方向性を知るいい機会だと思いました。

 昨日の私の所属する厚生委員会では「いのちの基金」創設の審議で、その目的を定義する文言をめぐり理事者と見解が別れ、その間2時間近く休憩をはさみ結局修正がなされました。最近思うことは、議会に提案される前に庁内でよく議論されてきたのかなということをよく感じます。どういうことかというと、物事の決定に際してはいくつかの視点(多方面)から物事を見ることは行政にかぎらずどの世界でも当然のことですが、どうもそこのとこが弱くなったような気がします。これは私だけでなく、同僚議員からも同じようなことが聞かれ、先輩議員などは「組織が緩んでいる」とも言っています。今議会終わったら、政策決定過程含めゆっくりと理事者の方と話してみたいと思います。

 委員会は来週火曜日まで行われます。昨日はクールビスとはいえあまりにラフな格好で委員会に出席し委員会のメンバーから冷やかされましたので、今日はスーツに。やはり真剣な議論する時はそれなりの格好からしないとですね。形も大事です。

| | コメント (0)

2008年9月10日 (水)

便利にはなるけれど

 昨日の質問で伊王島架橋について質問がありました。現在進捗率59%、2年後の完成目指しているそうです。

 島の人にとっては橋は待ち望んでいたものなので順調に完成してくれればと思いますが、橋ができることでいい反面、懸念されることもでてきます。私が心配なのはまずは交通問題、今まで島の車の数は限られていたんですがこれが橋でつながると…事故等の心配もですが島の環境・自然破壊が心配です。質問では道路の整備をどう考えるかのか質問がでていましたが、答弁は私と同じ考えで「パークアンドライド」で駐車場を整備したいというもの。つまり私が思っているのと同じであれば、橋を渡ったところで駐車場に車を停めそこから先はバス(観光用の小型のトローリーバスみたいなのがいいですね)に乗り換えるというもの。もちろん徒歩も可。ベロタクシーなどもいいですね。昔、青年協会所属の頃、子供達とキャンプで伊王島に来て島内を歩いたことがありますが、伊王島ぐらいだったら島内一周歩いてちょうどいいぐらいです。

 別の心配はこれも質問されていましたが、今運行している船の問題です。質問者は橋ができても船を残してほしいという趣旨でしたが、私も島の人が利便性を求めての橋の建設なんでしょうが、「船で渡る風情」もなんとか残してほしいものです。私だけではないと思いますが、伊王島に行くとき、船に乗るとなんだか旅行気分になりワクワクするものです。やすらぎ伊王島が今夏、オープン以来最高の売り上げを記録したと聞いていますが、伊王島に行く人にこの夏「なぜ、伊王島に?」と聞くと、多くの方が「近くて、海で遊べ、温泉にも入れて、船に乗れる」と言います。観光が非日常性を楽しむということを考えたら、橋ができても「船で渡る伊王島」はやはり魅力的なのです。いずれにしてもまだ2年あります。島の人の生活の利便性アップときれいな環境を守り、また観光促進もはかるための共存のルールづくりが求められます。

 今日から委員会審議です。

PS 伊王島大橋の質問の最中、同僚議員と小声で話していたのですが「島に橋がかかると、島に渡ってもいつでも帰れるようになる。観光面から泊まってもらうこと考えたら、橋にゲートをつくり、例えば夜の11時になったら、ゲートを降ろし渡れなくしたらどうだろうか?もちろん緊急時(病人搬送のような)はゲートはあげる。そしたら泊まらざるをえない」と。冗談ですが。

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

心やさしい温かい改革

 市議会の個人質問も今日登壇の6人で述べ20人の質問が終了し、明日からは委員会審議となります。

 昨日、民主党の小沢党首が党の代表に無投票3選し、自民党は与謝野、小池両氏が立候補表明を正式にし、候補者5人による総裁選がスタートしようとしています。総裁選は劇場化だという批判もでていますが、やるからにはパフォーマンスではない真の政策論争を展開し、国民に訴え、そこで選出された党の代表が、「日本もやっとここまできたか」というような二大政党制の政権交代を可能とするような、「国民の政策の選択」による総選挙をやれたらいいと思います。そうなるならば、仮に自民党がやぶれても、それは国民の正しい選択であり、今度は野党として切磋琢磨し頑張れればいいのだと思っています。

 自民党総裁選候補者の発言で心に響く言葉(キャッチフレーズ)をされているのは、私には「心やさしい温かい改革」というフレーズの与謝野氏の言葉です。改革といえば、やはりそこには厳しさがあり国民に我慢を強いるというイメージが浮かびます。実際にそうなんだと思いますが、小泉改革の方向は間違っていませんでしたが、そこに足りなかったのはやはり政治の原点である「弱者の目線」「社会的弱者に手を差しのべる姿勢」が欠けていたことだと私は考えます。だから、心やさしい温かい改革…言葉の通りそうできたらいいと思います。そういうことを考えていたら、なぜか、持ち上げるわけではありませんが、田上市長の姿ともだぶってしまいました。

 しかし、心やさしい温かい改革を実行するためには、誰かが我慢せねばならないことも避けれないと思います。その誰かは、誰かと言えば、税金で給与をもらっている当事者である自分達、市の職員と議員が真っ先だと思います。何を言いたいかというと、市民ための行政、弱者を救う政治を行う、しかし財政はきびしい、だとすればやはり私達の給与(報酬)の大胆なカットしかないのです。これから5年間で92億の歳入不足が予想されていますが、職員(+議員)の人件費1割カットで年間30億の財源が確保できます。

 市長、今からでも遅くありません(遅くないというのは、私は行政の認識と違い、もう本市の財政は危険水域、非常事態だと思っているので)、職員に対し「どうか私の任期中は給与を1割カットさせてくれ。但し、財政が好転した時には給与は戻すから」とお願いする決断をしてほしいと思います。もしそこまでの決断をして、組合が反対するとするならば、どうぞ退職金を上積みしますから役所を辞めて下さい、ぐらいの覚悟をもって臨まれて欲しいです。地域や市民の生活の苦しさは、役所が感じる体感とは大きくかけ離れたところにあります。

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

ふるさとを思う気持ち

 先週の本会議の質問でふるさと納税の取り組みについての質問があり、現在70万強集まっているとの答弁がありました。質問者は働きかけが足りないのではないかという意見を述べていましたが、全国的にもふるさと納税の額は低調であるという記事も新聞に掲載されていました。

 ふるさと納税、趣旨はいいと思うのですが、どうでしょうかね?私の周りの方をみると、ふるさとを思う気持ちは県外に出られた方の方が、自分のふるさとを思う気持はややもするとそこに住んでいる人より強く、いろんな形で何かふるさとに役にたれば、貢献できればと思っている方は少なくないと思います。例えば教育産業で頑張っている僕の同級生は自分の仕事で長崎の子ども達の教育に少しでも役にたてないかと長崎県や市に働きかけています(残念ながらまだ実現していませんが)他にも長崎の物産品を自分の会社の中元やお歳暮に積極的に使ってくれている方もいます。何を言いたいかというと、ふるさとを思う気持ちの表し方は様々、なので納税の額をあまり気にすることもないし、そればかり事あるごとにお願いするのはどうかと思うのです。市では職員で長崎市以外に住んでいる人にもお願いしているといいますが、それはこの制度の趣旨から考えてもなんだか変だし、強制的に思えてなりません。やめるべきだと思います。

 県外の人も市内に住む人も、長崎を愛し、将来の子ども達のためにも今しっかり知恵と力をあわせこの街を輝かせたいものです。今週も皆さん張り切っていきましょう!

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

一段落しました

一段落しました
 昨日、勉強会をしました。人数は目標の数には達しませんでしたが内容濃い勉強会でした(詳細は後日アップします。しばしお待ちを)勉強会後の立ち呑み懇親会も盛り上がりその後三次会、四次会に。

P1050027

P1050045

おかげで直後書き込むつもりも一日空けてしまい、あげくに二日酔いでした。今日一日ゆっくり休み明日からまたしっかり議会に臨みます。

| | コメント (0)

2008年9月 5日 (金)

変わらぬ「その場しのぎ」

 昨日は質問初日で5人の議員が登壇しました。原油価格高騰や後期高齢、県庁舎移転問題、市民病院の原爆病院との統合など関心深い質問が続きましたが、残念ながら、この質問だけかわせばいいと思うのか「その場しのぎ」の答弁、または質問の趣旨は十分わかっているはずなのに答弁を「はぐらかした」ような場面がいくつかの質問で感じられました。

 私がそう感じたいくつか。まず県庁舎移転の質問で質問した議員は魚市跡地移転を本市は支持するのかという質問に「規定路線通り」と答弁。そこまではよかったのですが、続いての「では本市が現在策定中のまちなか再生計画での江戸町界隈の行政・ビジネスの集積ゾーンの位置づけとは整合性がとれないのではないか?」の質問に「他にも行政の施設、企業があるので整合性はとれている」という副市長の答弁は、ポイントは「現在地跡地をどう考えているのか?」という質問なのに、それに明確な回答ができないため明らかにはぐらかした答弁であったと思います。他にも路面電車の北部延伸の質問では「必要と認識しており引き続き調査をし県に交渉していく」という答弁は、北部住民の私でさえ「いいかげんにできないならできないとはっきり言ったら」と思います。もちろん、ルートを変えるとか、代替の公共交通利用促進の乗り換え接続案をだすとか、今の計画が無理と思うなら前向きな提案をしてほしいと思っていますが。だってどう考えたってできないでしょう。単線だと効果薄いし…。新型インフルエンザ対策、市民周知ができていないのではないか?の質問の答弁などは言うに及ばず、「市民がなかなか関心をもってくれない。SARSの時のようにある程度話題になった時(はやりだして)をみて周知を図りたい」…なんとも無責任な答弁と聞いていてあきれました。

 議員側ももうこれ以上聞いてもムダと判断するのか、それ以上の追求しませんが、本会議の質問のやりとりを深めることが、最終的には市民の利益、生活向上につながるのですからもっとそのことを意識し質問の答弁に臨むべきです。田上市長、逆の立ち位置で自分達の答弁を聞いてみませんか?

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

おにぎり屋台

おにぎり屋台
 昨日お昼、市役所の近くでおにぎり販売の屋台を発見しました。お米は西海市の米で、どこか違うとこでおにぎりつくってきて、11時半近くから販売してるとのこと。試しに買ってみたのですがおいしかったです。値段は1個100円~150円、おにぎりの他にみそ汁やお茶も販売していました。色んな商売あるんだなと感心し、早速、同級生の米屋さんに報告しました。ちなみに市役所の2Fでも売っているそうです。

 こういう屋台を「ネオ屋台」といい、都会の方では大変はやってるそうです。開業するには、そう大変ではない保健の検査許可が必要と聞いてますが、あとは車と車を停車する民間の土地か駐車場にさえ置けばよく(路上はNG)車の改修費にそこそこ費用はかかるでしょうが、ビジネスとしては比較的初期投資少なくやれる商売だと思われます。もちろん当たり外れはあるでしょうが…
 以前、観光活性化の視点から、元船の倉庫街の前の道路を区分けし、簡易水道などを整備し、いわゆる「屋台村」をやってはどうかと提案したこともありましたが、当時はできない理由並べられ「今後検討してみます」だったんだけど、その後どうなったのか?思い出しました。面白いと思うんですけどね。駅から出島ワーフへの導線にもなるし…担当部署にあの地区の開発計画含め再度聞いてみようと思います。

 今日から個人質問(20人)始まります。今日は5人の議員の質問。他の議員の質問ではありますが、特に市の重要案件や自分の関心ある案件については、自分が質問してるつもりでしっかり質疑答弁のやりとり聞いて勉強します。

PS 共同通信の世論調査結果、「次期首相に麻生氏」トップは予想した通りですが「政党支持、どの政党中心の政権を望みますか」に自民党が民主党を上回ったというのは正直意外(びっくり)しました。もちろん、また「ふりこの揺り戻し」が起きるでしょうが…

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

劇場型選挙2nd

 昨日は「議会制度改革推進会議」がありました。9つの検討課題のうち前回議論していなかった4つの項目の課題提案会派からの説明後、各会派からの意見が出され、早速に次回に議論持ち越されるものと、次回には正副座長案示せるものに仕分けをしました。その後は一番のテーマである「定数」と「報酬」の議論に入りました。一部の会派は前回よりさらに一歩進んだ意見がだされましたが、他はほぼ前回同様の「法で決められた44(現在の51は合併特例)でいい」と「いや、44から減を目指すべき」の二つに意見が割れています。減を主張する会派も具体的な数字は提示しているところと、していないところ(うちは後者)があります。そこで次回は「定数」「報酬」「政務調査費」(私は3点セットと言ってます)の具体的な数字を持ち寄ることになりました。

 既に3回目の会議になりますが、議員同期の田中座長(市民クラブ)の的確な会の進め方で予想以上に早いペースで進展できているように思われます。ただやはり、検討項目によっては「これまでこういう経過があるのだから変更できない(する必要性ない)」みたいな私からすれば消極的な意見も多々あります。経過や理屈ではなく世間に照らせば、また市民感情からすればもっと大胆に改正する点あると思っています。会派の代表で議会に臨んでいるので強くまだ発言できていませんが、定数などは私の考えは大幅減44→35ぐらいです。また、すでに制度は残すことで決定していますが、海外視察は「一時凍結」。このような点は会議以前の会派内で議論を重ねなければならないところですので、会議の報告とあわせ自分の意見を述べていきたいと思っています。例えば、定数に関連して、編入町の選挙区をもう一回続けたらどうか(香焼、三和、野母崎で1人、伊王島、高島で1人、琴海、外海で2人)という提案なんかは既に会派内で却下されています。

 さて、昨日から議会の勉強・準備もですが、福田さんの辞任により解散総選挙が早まるのではないかとバタバタと動いています。自民党は麻生さん他複数の候補者で総裁選を華々しくやり、民主党の代表選をふっ飛ばし、注目があるうちに選挙にうってでるという目論見なのか…まずは身びいきで「政策論争をオープンにやれるのは自民党です」但し、対民主党・選挙を意識してパフォーマンスにならないことを願っています。しかし、身内ながら、その後早期に実施されるかもしれない総選挙に関しては前回の衆議戦のような、また最近の選挙の特徴である「劇場型選挙」は避けなければいけないと思っています。マスコミ含めこのような選挙が「定番」となってくるのはわが国を誤った方向に導く大きな要因ともなってしまいます。この国行く末を考えた時、勝ちさえすればいいという選挙では決してないはずです。

 PS 私がはまる第1選挙区はわが陣営はもっぱら「負け」という方がほとんど。でも、短期決戦になると…勝算ありです!

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

残念かつ理解不能

 昨夜、福田総理が突然辞職したのにはびっくりでした。総合経済対策への考えや安心安全プランなどをうちだした矢先、またあと10日もすると臨時国会が始まるというこの時期に…正直なところは、国のあるべき姿、政策を訴え、やれるところもやってそれでも局面を打開できなければ辞めるという選択肢もあったと思うのですが、これでは政権投げ出しと言われても仕方がないと思います。首相には首相の考えがあるのでしょうが…

 同じ日に民主党も代表戦出馬表明、これまたここ10年間で7度目の代表交代、しかも今回も無投票、10年の間で党員・サポーター選挙(自民党でいう総裁選)があったのはたった2回です。これでは党内での政策論争がどう行われているかも疑問であり、また、「開かれた政党」という意味ではNGだと思います。

 自民党は本命麻生さんに対抗馬小池さんあたりで総裁選を華々しく演出し、麻生総理誕生、早期解散で風を吹かせ、負けを最小に留め政権死守という筋書きだと勝手に予想していますが、国民の信を問うという意味では、既存政党(自民と民主)はどっちもどっち、「国民不在のしらけた選挙」になるのではないかと心配します。また、総選挙前の政界再編や政治の果たすべき正しき道に先導する駆動性のある新党の誕生などがあっていいのかもしれません。いずれにしてもこれからが大事です。国民の信頼を取り戻す政治の舵取りを切に望んでいます。

| | コメント (2)

2008年9月 1日 (月)

今日から 9月議会始まります

 夏休みも終わり、今日から9月議会が19日までの日程でスタートします。年度でいえば後半に入ったわけで、議案や補正予算の審議しっかり勉強し議論していきます。

 さて今週は久しぶりの勉強会も開催します。「カジノを通して長崎の経済活性を考える」というテーマで6日(土)17時半からメルカ築町5F会議室で行います。

 きっけは青年団体のある方から「カジノ構想が進んでるみたいだけど、自分達も勉強をしてみたい」という話から、私自身もカジノ法案の研究が全国の各自治体や商工会議所を中心として検討がされているなか、長崎についてはハウステンボスを拠点として研究会が発足し活動を展開しているなかで、一度、本市でも検討(長崎市はどういうスタンスなのか、現在の佐世保の構想とどう連携をとるのか等)がなされていい時期であり、また、カジノ構想を勉強するなかでカジノにこだわらず「長崎経済を自分達が先頭にたって活性化させていこうや!」という機運づくりのきっかけになればと思い企画しました。青年団体の方に勉強会に対する趣旨に賛同を頂き、それぞれの団体に声をかけていることもあり、極力政治色をださないようにと考え、青年団体の人と「カジノ構想を考る会」という有志の組織の主催という形で行います。当日は2部構成で、1部はハウステンボスの経営企画本部長の山本氏とながさき地域政策研究所の常務理事の菊森氏(昨年12月内閣府が行った政策コンペで優秀賞を受賞された気鋭のシンクタンカー)を講師に、その後はパネルディスカッション形式で行います。2部は近くの酒屋を貸しきり「立ち飲みトーク」(会費千円)です。どなたでもお越し頂き結構ですので是非ご参加頂ければと思います。会は1部が5時半~7時まで。2部が7時から~を予定しています。もちろん1部のみの参加でも結構ですのでお時間のとれる方はご来場頂きますようお願いいたします。

続きを読む "今日から 9月議会始まります"

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »