« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

浜屋の屋上

浜屋の屋上
 つい最近、ほんと久しぶりに浜屋の屋上に行ってきました。皆さんも随分ご無沙汰じゃないですか?小さい子供の頃行った記憶がありませんか?食堂で旗つきのお子様ランチ食べて…
 写真はそこのゲームコーナーにあったピンボール。これまた懐かしく、思わず写真に。1回30円となってました。皆さんも浜の町に出て時間のある時はぶらっと訪ねてみて下さい。昔思い出しなつかしい気持ちになれます。

PS 今月は2度目の「月間フル書き込み達成」できました。これも毎日読んでくれる方が励みになってこそです。感謝です。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (1)

あまーい話

あまーい話
 昨日、シュガーロードシンポジウムを聞きに行ってきました。
長崎から北九州・小倉を結ぶ25宿、57里の長崎街道を別名「シュガーロード」と呼び、その昔、沿線で独自の砂糖文化を発展させ、現在も魅力ある西九州エリアのスイーツ地帯を形成しています。
 シンポジウムはシュガーロードを生かした地域文化の掘り起こしと西九州全体の活性化のヒントを探るシンポジウムでした。
 スタートは武雄市長と田上市長との対談でした(樋渡武雄市長、39歳、なかなかユニークなアイデアマン市長でした)それにしてもやはり田上市長、このての甘い話は得意分野ですね。西九州を県域またいでのシンポジウムは初めてと紹介あっていました。大変いいシンポであったと思いましたが、市長!甘い話、ちゃんぽんミーティング、さるくもいいですが、厳しく辛い話もよろしくお願いしますよ。

| | コメント (0)

2008年10月30日 (木)

政策要望

 昨日、市長に対し平成21年度の政策要望をしました。

 今回は①市民生活セーフティーネット事業、②行財政改革、③産業再生・活性化事業、④地域再生のための投資事業、⑤教育・文化推進事業、⑥政策の再編及び転換、と大きな項目を6項目、小項目は25項目(前年は42項目)としぼった形で要望を行いました。昨年からの継続した項目もありますが、今回のうちの会派の要望の目玉は、市民生活が厳しく、社会保障が制度改革の過渡期のなかで大変心配され、また安心安全がより求められる社会情勢にたって、「セーフティーネット事業」というくくりで次の4項目をあげたことです。

1、旧合併町域内の登録業者を入札の参加業者と条件することを前提に、域内の公共事業を前倒し、もしくは新規事業として発注すること。額は総額50億。

2、学童施設やグループホーム等、需要ニーズの高い福祉施設については、適切な計画の見直しを行い整備促進に努めること(耐震化含む)

3、がん検診の受診率を高めること。特に女性特有のがん検診については市独自の助成制度を設けること。

4、「現在の視点」から長崎市独自の「社会的弱者救済政策」をうちだすこと。

 その他の項目を含め、次年度予算に反映、もしくは積極的な取り組みがなされることを期待して次年度の予算策定を(引き続き働きかけながら)楽しみにしておきます。

 今日はまたお詫びがあります。HPの私の月毎の日程・活動欄、長い期間記入がなされていません。HPリニューアル時の新コーナーであり、気がけて記入していたのですが、ある時を境にぷっつりと途切れてしまいました。正直に言えば気になりつつずるずるときてました。昨日、ある方からその点を指摘され「見る人に失礼だし、なんも活動しとらんと思われるよ。HPにアップするならきちんとすることが最低限の務めやろう」とお叱りを受けました。返す言葉がありませんでした。本当に申し訳ありませんでした。

PS 最近あやまることの連続です。怠慢か、感覚麻痺か、それともその両方か?こういう時こそ自分をふりかえったり、初心の気持ちで頑張らねばです。いい季節だし

| | コメント (0)

2008年10月29日 (水)

台風のあとのさわやかな風

 昨夕、テレビをつけてみたら目に飛び込んできたのは高橋尚子の引退の会見でした。突然のことにびっくりしながらも、とうとうこの日がきたかという思いで会見を見ました。私にはここ数年の彼女の走りは本人の意識とは別に、なんだか常に周りの期待の大きさに応えようと精一杯の姿ばかりが感じられ、本来の彼女らしさの「勝負を楽しむ」というものからはほど遠い悲壮感漂うなかでのレースの連続であったように思えます。そういう風にみてた私からすれば、本当にお疲れ様でしたという気持ちでいます。常に期待され結果を求められるというプレッシャーのなか、彼女は競技に臨む、ひたむきさとストイックな精神ばかりでなく、生き方そのものをメッセージとして発信し続けていたんだと思います。最後とわかっての引退レースを見れないことは残念な気もしますが、次にどんな世界にいくにせよ、またその世界でも自身のさらなる飛躍と私たちに夢を与えてくれるような活躍をされることと思います。いくつもの感動と夢をもらいありがとうござました。

 さて今日は会派の政策要望の日です。昨日まで最終の要望案をまとめていましたが、昨年の私たちのお願いに応えての例年より1ケ月前倒しの要望日となっています。行政側も11人の市議の声を重く受け止め、できるものは(ひとつでも多く)早速に来年度の施策や事業予算に反映させてほしいと願っています。

| | コメント (0)

2008年10月28日 (火)

ここまできた?

ここまできた?
コンビニのウィンターギフトの冊子を何気に見たら「ご当地もの」はじめ今はなんでもあるんですね。これでは地元のギフト屋は苦しいはずと思いながらページめくっていたら…発見しました。ペット用ギフト!しかも結構な値段にびっくりです。誰が買うんだろう(でも商品化してるから確実にしかもかなりの注文あるんでしょうね)写真からすると人間が食べるものより高価みたいでした。

| | コメント (0)

苦戦してます

 昨夜の学童の相談は、せっかく担当課にも会議にでてもらったので少しでも前進すればと思って臨みましたが、なかなか保護者の方の要望に応えるには厳しい状況でした。しかし、意見交換を通じ、行政や学校側もなんとか子どものために環境改善をはかりたいという思い、そのうえで種々検討していることは保護者の方にも伝わったんではないかと思います。

 学童を取り巻く施設(ハード面)の整備と指導員の待遇改善についての環境整備は緊急かつ大きな課題ではありますが、なにせお金のかかること、それも試算するとすぐにでも10億を超えるような半端でない金額です。頭の痛い問題ですが、優先順位を現場の方とも共有しながら確実に解決していきたいと思っています。まずは今受けてる学童の相談に全力投球します。

 明日、行う予定の会派の政策要望も今日になって構成の見直しの指示が先輩から。明日をひかえ大急ぎで修正に取り組んでいます。

PS 前日のバス停、注意してみてたら銭座町や興善町(図書館前)にも同じのが設置されていました。広告の効果があるところに設置してあるということだったのでまだ他の場所にも設置されているのかもしれません。衆議院選挙、年越しそうな感じですね。私も今の経済状況からしたら仕方ないような感がしています。

| | コメント (0)

2008年10月27日 (月)

交通バリアフリー

交通バリアフリー
  写真は茂里町ココの前のバス停です。大型施設オープンにあわせ雨よけのバス待合いが新設さtれています。

 長崎市も高齢化率は年々上がり、人口の25%を超える日もそう遠くありません(現在24%)高齢化に対応した公共交通への取り組みが今後ますます望まれるところです。自治体の公共交通への取り組みは交通弱者の方への対応というばかりではなく環境対策のうえからもその取り組みが求めらています。

 以前、本会議で「民間企業であっても公共交通の役割を担う会社には税金投入があってもいいのではないか?」という質問をし、答弁として「そのように認識している」という答弁をされたのを覚えています。電停の整備やバスの運行補助などは既になされていますが、写真のようなバス停もあれば高齢者にはありがたく、順次長崎バスが整備してくれたらと思いますが、なにぶんお金がかかることでしょうし…と思い、知り合いの長バス関係者に聞くと茂里町前のは企業の広告費で設置したとのこと(写真のような広告が両面にはいっています)なるほど、そんな方法もあるかと。いずれにしても企業の広告としての設置や行政が1/2補助をだすなど、どのような方法であれ徐々に整備してほしいものです。

PS 週の初めですね。私は週末、久しぶりの岩盤浴も体験し、どっぷり汗をかき、気持ちいくぶん体が軽くなったようです。気のせいですが(笑)今月にやらなければならなかったことは来月に持ち越さない。今週も頑張りましょう!

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

イベント時の駐車場

 今日は知人の相談事で現場や会議で午前中過ごしましたが、昼前に国際交流フェスティバルをのぞこうと車で出かけましたが、出島周辺はどこも駐車場一杯で入れませんでした。今日はベイサイドマラソンがあってたこともありますが、この界隈はイベント会場であるわりには駐車場の絶対数が足りないと思います。観光・コンベンション都市であることを自負する都市としては早急に解決を要す課題のひとつです。
 今週は会派の政策要望や歯科医師会の来年度予算要望立ち会い、学童の相談を受けたり、また終盤に差しかかった世界遺産推進特別委員会もあります。

| | コメント (0)

2008年10月25日 (土)

まだまだ

まだまだ
 写真は数日前の夕刻に撮った浜の町のアーケードです。昔と比べ人が減ったというもののまだまだかなりの人が通行しています。 以前、高知市の行政ならびに商店街の人が視察に来た時案内したら、人の多さにびっくりされてました。
 人通りはあるのですから、要は「どうやって人を店に呼び込むか」です。
 県庁移転問題も迷走してますが、浜の町の商店街当事者の努力と行政、ならびに私たち「浜ん町ファン」ばかりでなく市民全体で力をあわせ浜の町を元気にしたいものです。
 もちろんできることからコツコツでしょうが、例えばアーケードの個店をまとめた「株式会社浜ん町」をつくり、ビルの建て替えによる高層利用や空きテナント・物流等の一元管理、レジシステムの統合、そこで働く女性の子どもを預かる企業内保育所設置など思い切った取り組みが求められます。
 前に前に夢をもって進みましょう!

| | コメント (0)

2008年10月24日 (金)

35周年

あ
 昨夜は私が所属する長崎中小企業経友会の35周年の記念式典が行われました。写真は中島会長が挨拶しているところですが、市内の中小企業の経営者で組織するこの会も今は100名弱の会員ですが、会長の挨拶の中での会の歴史を聞くと、昭和48年に10名の会員からスタートしたそうです(設立当初からの会員は現在会長一人)

 式典には田上市長にも来賓でお越し頂きましたが、この会は来賓挨拶でも市長が述べられていた通り「会員相互がざっくばらんにつきあえるフレンドリーな会」であります。私はまだまだそのご縁を忙しいことを理由に十分活かしきれていませんが、元々経営者でもない私が入会させてもらっているわけですから、もっと頑張って活動しなければいけないわけです。

 昨日は記念総会ということで、漫画家である「黒田クロ氏」を講師に招き記念講演をして頂きました。私は昨日まで黒田氏のことを知らなかったのですが、4コマ漫画を書いているそうでなんでも年間250回ぐらい全国を講演して廻っているとのことでした。その内容は聞く人にペーパーを用意してもらい黒田氏が色々と質問をし、その回答は紙に書いてもらうという独特のスタイルだったのですが、それがまた面白く飽きさせない話で1時間の講演はあっという間でした。しかも奥深い内容でしたので皆さんにもこのブログで後日改めてお知らせします。

 いづれにしても、皆さんも仕事以外で色々な活動をし多くの人と知り合っていると思います。そういうつながりはこの世の中での何かの「縁」であるわけですから、その縁を「大事にする」「活かしていく」ことをもっと強く意識して生きていかねばならないと昨夜の講演を聞いて強く思ったところでした。

PS 昨日、病院の統合の話を強く批判しましたが、「考え方」の「方」は「方向の方」見る方向(立ち位置)を変えたら考えも変わってくるもの。このことに気づけば相手の気持ちもわかってくるはず。これも昨夜の講演の内容ですが確かにその通りです。あまりに片方からの、しかも自分が正しいんだという書き込みでした。おおいに反省です。当事者の方が読んでいたら不愉快な思いをさせたと思います。いづれ直接お詫びしようと思います。それと私も議員ですから、今回の件はまた改めて正式な場で議論を深めたいと思っています。

| | コメント (0)

2008年10月23日 (木)

一日たっても

 一日たっても昨日の委員会は後味が悪いです。後味悪い理由はひとつは感情的になり委員会の場であるとはいえ失礼な言い方をした自分への反省、それとせっかくの自主調査であったのだからもっと深い議論をしたかったのにできなかったという2点です。

 昨日の様な理事者の答弁ならば、やはり県や大学の医学部長を参考人で呼び今回の提案を直接聞くべきでした。なぜなら昨日も書いたように、昨日の答弁は「自己の正当化」と先方の提案がいかにイレギュラーであるかだけの答弁に終始したと感じたからです。

 確かに提案自体は「今頃なぜ?」「理由は他にあるんでは?」「ほんとにそんなことできるの?」というものですが、それが市長が言う「同じベクトル」で将来、市民のためにプラスになるというのであればもっと深く、分科会の場だけではなく、県や大学、医師会等交えひざを突き合わせて議論した結果を持ってくるべきでした。私がキレてしまったのは「私達が知らない(門外漢)である」ことを前提に自分達の都合のいい理屈で私達を納得させようとしたことです。「何を言うか、そんなつもりではない」と言うのであれば、私だって事前に調査にあたり県の話も聞いてきているわけですから(議員なら当然そうします)、今回の統合のメリット、デメリットをきちんと資料で提出して、先方が主張するメリットの①医療の質の向上(医師の確保・養成)、②長期的な経営好転(市の繰り出し金の削減)③行革の推進(公務員削減)④別地建設によるメリット等について委員会できちんと説明すべきです。県の言うことがもうとう全部正しいとは思っていません。しかし、そういうことを言われておきながらその説明を添付資料で「県からの資料です」と一部を配布したぐらいで説明すらしない姿勢にはやはり前述のような不信感をもたれてもいたしかたないと思います。早期完成を急ぐ理由の答弁にも、一番最初にでてきた答弁は「今の市民病院ではお見舞いに来た方が昼食をとる場所もない(中略)今はそのようなアメニィティがない病院には人は集まらない」他に理由として電気の容量の話もでていましたが、「市民がより安心して過ごせる体制を一日も早く確立したい。高機能の医療がないところには患者は来ない」が一番最初にでてくる理由でしょう…とにかく全てにおいて答弁が委員会を軽くみているとしか思えなかった感想しか持ちえませんでした。 

 先のことは予想がつかない、失敗を前提に話はできませんが、昨日の答弁では医師の確保(県や大学の提案を彼らからみたらそっけなく「蹴り返して」県や大学が新病院の医師の確保・派遣について協力してくれると思っていますか?それはそれと言いたいんでしょうが…政治は理屈ではないところで動くこともあります。もちろんそれだけの覚悟があってのものだと思いますが。だから双方納得いくまで検討してくださいとお願いしているのです)も含め十分私達を納得させるような検討結果は示されていません。「失敗したら誰が責任をとるんですか?」とあえて言いたいのと「行政が後戻りをできないというのはこんなことをいうのだ」と改めて感じさせられた一日でした。

| | コメント (0)

2008年10月22日 (水)

すれ違いの議論

 市民病院と原爆病院の統合問題の調査は残念ながらすれ違いの議論に終わった感がしたとこです。

 「高機能の病院を目指すという意味では県の案も市の案も変わらない」「現在地での建設、25年開設は大前提」というスタンスは終始変わらず、最初から「結論ありき」と受け止められても仕方なく、じゃあ同じ様に最初から市が言ってる「取り入れられるものがあったら取り入れていく」てのは何があるんですかと言いたいところでした。

 最終的には市長判断なのでしょうが、事務方の意見を聞いてそのまま判断するんでしょうね。せめてメリット、デメリットをはっきり示し、この案なら県や大学にこういう条件設定を提案しなければ(人材、土地、お金等)みたいな複数の案を市長に示すなかで自治体のトップの判断を仰ぐべきだと思います。そこからは市長の責任を伴う「政治判断」です。

 医師の確保も頑張る、経営も大丈夫と言っているのですから、開設後、いやここ2、3年(救急救命の医師の養成は開設してからでは遅いので)の努力を待つことにします。今日の私の委員会での発言には病院局長含め担当所管は腹もたつでしょうが「みとけよ、ああ発言したことを間違ってたと言わせてみせる」という気持ちで頑張られることを期待しています。私は医師の確保と養成、今のような市の一般財源からの持ち出し(10数億)が新病院開設の25年にはそのような財政的な余裕は全くないという理由から可能なかぎり統合に向けギリギリのところまで検討をしてみるべきという気持ちに変わりはありません。

| | コメント (0)

2008年10月21日 (火)

つらい一日でした

 昨日からの風邪が治りきらず今日の決算審議は体力的につらい一日でした。そんな状態だとやはり資料ひとつ見るにもいつものような集中力はなく、体調管理の悪さを反省するところです。皆さんの代表で議会に臨んでいるのに、ある意味失格です。今後このようなことのないよう注意します。
 明日の委員会は市民病院と原爆病院の統合問題に関する自主的調査です。

| | コメント (0)

2008年10月20日 (月)

決算委員会

 今週は月から水まで厚生委員会が行われます。今日、明日は平成19年度決算審査、水曜は市立市民病院と原爆病院の統合についての自主的調査を行います。

 決算については、予算が組まれたなかでのお金の執行状況をチェックするわけですから、数字上はいいとか悪いとかはないわけで、むしろ大事なのはその予算でどれだけの成果・効果があったかが審議されるべきなのでしょうが、そういう意味では以前から指摘していますが、行政側が提出する「成果説明書」は数字の羅列=実績だけで物足りない資料となっています。

 水曜の統合については、突然の提案でびっくりでしたが、市長が検討するといったわけですから、その後どこまで検討されどう対応しようとしているのかしっかり確認し、議会としても「議会の意思」を示せたらと思っています。

PS 県庁舎の現地建て案を新聞で見てびっくりしました。22階建ての高層になるとは、だから魚市跡地しかないというようなもんで、真剣に現地建て替えを検討しましたというにはほど遠い案だと率直に感じ、まさしく「迷走」してきた感がしてなりません。

| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

異業種交流

 先週の金曜は議員になる前から参加しているある異業種交流会に2ヶ月ぶりに参加しました。この会はもともとはダイエー新地店の店長を囲む異業種交流でもう随分と長く続いている会なのですが、会も長くなると会のメンバーも内容も変わってきて、ここ数年はダイエーの支店長の参加がなく、またメンバーもかなり入れ替わり、最近は月一の集まりでしかないのに参加者が一桁の人数になってきていました。

 そして今月はレギュラーメンバーの2人が当分の間、ドクターストップがかかり欠席(比較的メンバーの年齢も高いので)、また当日のアクシデントで急遽2名がキャンセルと結局のところ6名の参加にとどまりました。私は当日少し早めに会場に着いたのですが、既に前会長が到着していて、このような状況ふまえてか、その方から「前田さん、今のこの会の状況をどう思うね?(途中省略)もうこの際、会を解散しようと思うとよ」と。突然の話に、そんなことを聞かされると思っていなかったので答えに困りましたが、確かに先輩が言われる通り、会に皆が魅力を感じなくなってきたら、また自分から「月一回なのだから色々忙しくてもこの会にはでよう」という気持ちがなくなってきたら、会としてはなかなか続けていくのは難しいと思います。

 しかし、ちょうどいいタイミングというか、今回はダイエーの新地店の新店長が参加されてました。そこで、皆で話し合い、この会も最初のスタート時に戻り、今のメンバーにプラスしてダイエーの社員さんや関係している業者の方などもお誘いし、新たにスタートきろうとなりました。もちろんざっくばらんな異業種交流の性格はそのまま残して、です。新地店の店長も喜んでもらい、次回は銅座店やチトセピア店の店長も連れてきますとおっしゃってました。よかったです。

 やめるのは簡単、続けていくことが大事だとつくづく感じました。私ももっと積極的に参加せねばと思いながら帰った夜でした。

 今日は午前中、子どもをプールに連れて行き(風邪気味なんですが)、午後昼寝、明日からの決算の勉強をして過ごしています。

PS 今度の新地店の店長(48歳)は12年ぶりに長崎に戻ってきたそうですが、もともと新入社員として新地店に勤務されたそうです。今回、長崎に大型店ができたこと含め、新地店の立て直しで異動されてきたと言われていました。長与に奥さんの実家があり奥さんはそちらに住んでいるそうですが、本人は24時間いつでも仕事に対応できるようにと出島のマンションに「単身赴任」されており、朝は6時に出社、夜10時まで店にいるそうです。最近では珍しい「仕事人」の方です。店や長崎への色んな思いを聞かせてもらいました。きっと、こんな方が店長ならいい方向で結果がでるのもそう遠くないと思いました。頑張ってください!

| | コメント (0)

2008年10月18日 (土)

経営者フォーラムに参加しました

今日は
 朝から冨岡事務所で選挙の打ち合わせし、昼は市民会館前広場での「看護祭」をのぞきました。メタボ検診もあってたので、機械で測定してもらったら、やはり「肥満」という結果が。わかってはいましたがデーターをプリント印刷でみたら落ち込みました。

 午後からは長崎県中小企業同友会の経営フォーラムにオブザーバーで参加させてもらいました。講演の他に分科会でのグループディスカッションもありなかなか面白かったです。参加させて頂きありがとうございました。

| | コメント (0)

2008年10月17日 (金)

いい天気続きますね

 ここ数日、新聞で民主党の前田議員のマルチ商法の企業との癒着の問題が新聞やテレビで報道されています。「企業を擁護する立場で国会で質問はしてはいない」と言われてるみたいですが、寄付や高額の講師謝礼をもらってるとなると、その言い分はなかな理解されないでしょうね。なんでも次の選挙には出ないとか…日頃の政治活動も公序良俗に照らし、けじめつけて活動・発言しなければなりません。同姓がよくないことで報道を賑わすのは、やはりあんまり感じよくないです。

 さて、今日は会議が5本入ってます。県庁で1本、世界遺産正副委員長、議会制度改革正副委員長、市医師会との打ち合わせ、来年度の政策要望の協議、とバタバタです。

PS 昨日、友人から先日書き込んだ「食品のからくり」の本についてお尋ねがありました。その後市立図書館で借りることができたとか。自分が書き込んだことで反応があるのは嬉しいかぎりです。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2008年10月16日 (木)

建ってしまいました

建ってしまいました
  夕刻時に写真撮ったので暗い写真になっていますが、写真のマンションは赤迫バス停前((向かって住吉~道ノ尾側)に完成したマンションです。狭い敷地によくこんな高層のマンションが建つものだと感心していますが、このマンションの向かい側でもマンションの建設が着工され、これで懸案であった赤迫の交差点改良事業の計画は非常に難しく、制約されたものとなってしまいました。当時、土地の所有者から長崎市に土地購入のお尋ねがあった聞いているだけに、私は大きな判断ミスをしたと今でも思っています。

 電車の滑石までの北部延伸が地元から期待され、市としても「実現したい」といい続けてきてもう何年がたつでしょうか?先の9月議会本会議でもこの件に関し個人質問がなされ「頑張りたい。まずは六地蔵までの延伸を目指す」と答弁がなされましたが、私はもう従来の計画なら「断念します」と言うべきだと思います。げんに私は地元の方には「あきらめましょう」と話しています。なぜなら、六地蔵の坂を上っても、そこから滑石の入り口の打坂までの複線の軌道確保のための用地買収が困難だからです。単線だと意味がないし、ましてやその先がわからないという六地蔵の延伸ならやらない方がいいと思います。

 私の考えは、ふたつ。ひとつは電車をあきらめ、その代わりに公共交通の接続をもっと機能的かつ便利にする。その一方策が赤迫交差点周辺の大規模な改良事業や道ノ尾駅直通のバスやパークアンドライドなどを考えた再開発です。もうひとつは電車は延伸しますが、六地蔵の坂を上ったら道ノ尾駅側に軌道をまわし、そのまま時津に延伸するというものです(将来のことを考えたら時津・長与への延伸がいいと思っています)もしくは同僚市議が提案している赤迫からJRの軌道に電車を乗せるという方法も面白いでしょう。

 いづれにしてもできそうにないことに変に期待を持たせるより、実現可能かつ将来をみすえた都市計画を打ち出すべきだと思っており、これは大きな方針転換ですから最終的には市長の「政治的決断」だと考えます。この件に関してはもちろん民間企業である電気軌道の経営計画があってのもの。電気軌道もこの春、社長が交代したこともあり、南部や東長崎への延伸含めて、トップ同士が腹をわって話をするいい時期ではないでしょうか?

PS これまた持論ですが、これからの高齢化の進展、環境保護の視点からも公共交通機関(企業)への公費(税金)の投入は是と考えています。

| | コメント (0)

2008年10月15日 (水)

食の安全

食の安全
今日の朝のニュースでは冷凍インゲンに殺虫成分が混ざってたと報道されていました。最近では「食の安全」について報道されない日がないというぐらいで、私たちが口のなかに入れる食べ物に対してこれほど敏感にならざるをえない状況になったことは、ある意味私達が「豊かさ」や「便利さ」を求めた負の結果の一面であると私は思っています。

 数日前、求めた本を書店に買いに寄ったおりふと目にとまった文庫本を購入しました。それが写真の「食品のからくり」(別冊宝島編集部 438円)です。まだ読みかけですが、これを読むと、私達が日常食べている物がいかに人工的に作られたものであり、まさに「いかがわしい食品」であるか、また最先端の食品加工技術には驚かされます。昨年の夏に問題となったミートホープの牛肉偽装などは業界では常識であったこともこの本からもわかります(ちなみにこの文庫本自体がミートホープが問題化される1年前の06年7月に刊行された本の改訂した文庫本です)この本は、本の前書きにも書かれていますが「安全な食」への提言書ではないといっています。安全の議論は結論をだすことが難しい。重要なのは「知る」ことでその後の判断は消費者それぞれに委ねられると書かれています。 確かに「知る」ことが大事だとつくづく感じさせらる本でありました。はまって読めば3時間もかけたら読み終えることができます。是非皆さん、読んでみてください。ワンコインで日頃の食への意識が変わればもうけもんです。以下、この本の構成を①「外食」のヒミツ、②「コピー・加工食品」のからくり、③「食品添加物」の魔法、④「健康食品」の裏側、⑤「日本の食卓」の舞台裏となっています。

PS ちなみに第1章のヒミツに書かれてる食品は、立ち食いそば、回転寿司のトロ、ハンバーガー、カレーライス、食べ放題の焼き肉、人造イクラ、ヒラメのエンガワ、シシャモ、総菜コロッケ、チキンナゲット、白身魚フライ、牛丼、ネギトロ、成型ステーキ、おかわり自由コーヒーです。ドキリとした人は…必読!

| | コメント (0)

2008年10月14日 (火)

いよいよ大詰めに

 今週は議会制度改革推進会議の正副座長会議を行いますが、先の推進会議では議員定数と視察費のうち国内視察費については正副案を委員に提示し了解をとりました。その内容は定数については条例定数(44)法定定数(46)維持の意見も併記ながら定数40が大勢の意見であったという内容になっています。条例定数からは4減、現在の議員数からは11減になります。併記ですから最終的には議長に答申した後、議長が判断することになりますが、個人的には大勢の意見の通りになるのではないかと思っています。これも個人の意見ですが私自身は大幅減(35程度)の考えをもっていますが、会派として意見をまとめて提案する今回は私の意見は会派のなかではまとまらない数字であり、残念ながら自分の気持ちのなかで留めた数字となってしまいました。当初大幅減を提案したいと言っていましたので「らしくない」とご批判を受けるでしょうが、皆さんに対し率直にすみませんという気持ちでいます。また視察費の国内視察についても、現行の36万から11万減の25万で了解をとりました。

 今後は報酬、政務調査費が定数にリンクしているという意見が最初からだされていましたので今回の定数案をもとに議論されます。そういうわけで、いよいよ終盤に差し掛かります。だされるであろう結論が市民の皆さんからみて「まだまだ改革が足りない」というものになるのかどうかはわかりませんが、今回できうるかぎりの努力をしたいと思っています。

 公立病院改革検討会(市民病院と原爆病院の統合問題)も今週行われると聞いています。これもまた先にも書きましたが、個人としては市長の大英断を期待しています。将来を考えたら諸条件が整えば統合がベターであることは疑う余地がありません。例えば県に対し統合するためにいくつかの条件をだすなど、その諸条件をクリアーする方法を是非検討し、県に対し「これだけのことを県がしてくれるならやる」みたいなものがあってもいいと思います。最終的な判断が迫られるなか、もう一度、民間の病院関係者含め多くの市民の声を聞いてみたらいいと思います。今回の決断が10年後「やっぱりあの時~」とならないように願っています。

| | コメント (0)

2008年10月13日 (月)

晴天続きの連休

晴天
 晴天続きの三連休でしたが、皆さんどのように過ごされましたか?私は今日は子どもとまたあぐりに行ってきました(うちはあぐりから近いので、近くのスーパーに行くぐらいの感覚です)10時過ぎに現地に着きましたが、その時は人もまばらで「休日なのに少な過ぎる」と思いましたが、11時を過ぎ昼前にはかなりの人で賑わっていて、私が行ったなかではひさしぶりの盛況でした。アイスクリームの体験教室に参加しましたが、そこも一杯でした。子ども連れの家族が、弁当持ってお金をかけずに過ごすにはいいとこです。毎週末、もっといえば平日もこれぐらい人出があるといいのですが…

 しかし、やはり施設維持考えると、来た方がもっとお金を使うような魅力ある施設にしないといけません。うちの家族で駐車場代に200円とアイスクリーム体験の600円、計800円しか使っていません。指定管理者制も一度白紙になったこの施設をどう生まれ変わらせるか、検討会議等も庁内で設置されているみたいですが、場所や景観もいいのですから、やはりお金をかけるべきところにはしっかりかけて魅力ある場所(施設)にリニューアルされるよう願っています。

※写真は乗馬体験場(300円)、乗るのに並んでました

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

粋な対応

粋な対応
 留学仲介の会社の経営破綻でカナダ語学校協会は自国に留学していた約160人の授業料を免除する救済措置を取ることを明らかにしています。「救済措置がカナダの語学学校の信用度を上げることになる」と。授業料が払われていずに帰国を余儀なくされた学生がいるなかで、粋な対応、というかアクシデントな状況ななかでそれをプラスに変える対応には感心させられました。

 今日の新聞には国が発達障害者を雇用する企業に助成金を来年度から新設する方針を決めたという記事もありました。大企業で年間50万、中小企業で1年半で90万。まだまだ十分とはいえませんが大きな前進です。雇用については、各企業への発達障害への正しい理解を促進する施策も並行して必要です。
 写真は今日来賓でおじゃました幼稚園の運動会風景です。

| | コメント (0)

2008年10月11日 (土)

のんびりさせてもらってます

 久しぶりに珍しく、午前中の冨岡事務所での打ち合わせ以外は予定なく、のんびりした一日でした。連日夜遅かったこともあってか午後からは3時間近く子どもと一緒に昼寝しました。あとは読書。こんなのんびりな一日もたまにはいいかもです。明日は幼稚園の運動会他地域のイベントいくつかに顔だす予定です。皆さんも楽しい週末をお過し下さい。

| | コメント (2)

2008年10月10日 (金)

予測141議席では

 解散総選挙がいつになるかわからない状況のなか、最近の週刊誌は政局の記事が多くみられますが、今日知人が持ってきてくれた雑誌では早くも300小選挙区の当落予測がされており、それをみると自民党はなんと141議席!これみたら早々に解散とはいかないかもですね。

 で、こうなったら、自民・公明での3分の2議決を使い、これまでの懸案の法案を片っ端から法案審議の舞台の上に乗せ通していく(もちろん審議のなかで自民と民主の政策の違いをはっきりさせていくということ前提ですが)というのも乱暴ですが「あり」なのかもと思います。3分の2での議決は「与えられた権利」なのですから。その過程で国民にこれからの政権を託す政党がどちらなのかをはっきり審判してもらうということです。解散するにせよ、しないにしろ、これ以上の政治の停滞は許されない状況だと思います。

 おくんちも昨日で終わりました。天気に恵まれよかったです。関係された皆さんお疲れ様でした。週末ほっと一息休まれて来週からまた頑張りましょう。

 

| | コメント (0)

2008年10月 9日 (木)

そろそろ

 先日、県の公立病院改革プラン検討協議会の長崎地域文科会で市民病院と原爆病院の統合問題について話しあわれています。今回は県の方からより積極的な提案がなされていますが、新聞各紙の記事は「現計画(現在地建て替え)を早急に進める」、「現計画の範囲内で県案を反映できる部分があるかどうか検討したい」、と、市側はどちらが真意なのかわからないような記事になっています。

 気になるのは、発端となった長大の学長の提案があった時、市長が「同じベクトルなら検討する」とコメントして以降の経過や踏み込んだ提案を受け、自治体トップの市長はどう考えているのか、聞こえてこないことです。就任され1年半を過ぎ、市民病院だけではなく種々の課題についての市長の考え方を広く発信していく時期ではないかと思いますが、皆さんはどのように感じていますか?

 最近、自分のことについてあまり書き込んでませんが、学校図書やグループホーム、公共工事入札について再度勉強し始めたところです。

| | コメント (0)

2008年10月 8日 (水)

ミッキーが…

 昨日は書き込んだように、おくんち事業の手伝いにいき、気分もすっかりおくんちモードになって帰ってきました。しかし随分と人の流れが変わってしまったと実感。出店が県庁側にはほとんどなく、人の流れは夢彩都~長崎駅側になってしまい、大波止の交差点を渡る人の流れが激減してしまってます。浜の町の方はわかりませんが、やはり人出が減っているのではないでしょうか?それにしてもくんち自体は曇ってはいましたが雨にあわずよかったです。今年は3日間とも平日開催ですが、天気いいことを願っています。関係者の皆様もお疲れさまです。

 ところでタイトルの「ミッキーが…」は、昨日残念なニュースが流れてきました。TDLの運営母体であるオリエンタルランドが世界初のディズニーランドの大型屋内施設の建設を白紙に戻したそうです。日本でのこの計画は東京(関東圏)以外での建設が計画されていて誘致合戦になっていましたが、今年の元旦の西日本新聞でも報じられていた通り、大阪、名古屋を押しのけ福岡が最有力で、もうその建設場所の具体的な検討に入っていたと聞いています。子どもばかりでなく大人にとってもTDLは何度でも行きたくなるようなところ、但し、長崎から家族で行くとなると旅費や現地でかかる費用考えると4人家族で最低でも20万はかかり、何度も行けるかというとそう行けるものではありません。それが福岡にできればと、私も個人的に随分と期待していたのですが…

 なんでも白紙の理由は「収益が期待できない」と。そうなんですかね?福岡にできると日本全国ばかりでなく、アジアからの観光客が大量に訪れると予測され、年間数百万は来場者があるだろうと、鹿児島新幹線全線開通もひかえ、九州の観光の起爆剤として大きな期待をもたれていただけにほんとうに残念です。

PS このニュースを知って随分昔の話を思い出した。それはもう何年前になるでしょう。東京TDLに併設でディズニィーシーができる時、その記念として全国の何ヶ所かで「ディズニィーパレード」を地方で実施するという話を同僚の市議(現在県議)がどこかで聞いてきたらしく、それもかなりのつてがあるということで長崎でやれないか頑張ってみようと私に相談があり、二人で色々と動きましたが最終的にはうまくいきませんでした。多くの子どもにパレードを見せてあげたいのに、と残念に思ったのを記憶しています。ミッキーは子どもにとって、また大人にとっても「童心にかえれる」永遠のアイドルです。

| | コメント (0)

2008年10月 7日 (火)

会場入り

会場入り
足手まといならないよう働いてきます!

| | コメント (0)

財政きびしいなかで

あ

昨日、企画部から一年前にだした会派での平成20年度の政策要求に対する進捗状況の回答をもらいました。

 9月議会が終ると行政は本格的に来年度予算策定に着手します。ざっくりとした流れは担当課→担当部→財政課とのヒアリング→市長とのヒアリングとなりますが、従来、私たち会派の政策要望は11月末に行われていましたが、昨年、私が「会派として政策要望しても11月末のこの時点では既に予算をあげていく作業もかなり進んでおり、私達の要望がどの程度反映されるか考えた時に、時期が遅すぎるのではないか?」と市長に次年度以降の前倒しを要望したところ、今年度は早速1ヶ月早めての実施になりました。このあたりの市長の要望に対してのレス、柔軟性はさすがですし、このことはじめ「反応の速さ、いいものはいいと取り入れる姿勢」は田上市政の特長でもあろうかと思っています。ただそうやって時期が早まったということは、今まではあまり反映されていなかったということにもなるのかと…。回答の中身についてもこれから精査しますが、項目に対し文章での回答。やはりわかりやすさという意味ではABCぐらいの進捗の評価とD(不可)とはっきりと対応できないというような表現があってもいいと思っています。限られた財源、行政がやることには限界があり、そのなかで優先順位をつけるとすれば、対応不可があっても致し方なく、逆に「検討します」のような含みを持たせた表現の回答をするなら「いつまでに」を明記すべきです。

 いづれにしてもこれから進捗状況をチェックし、会派の皆さんの意向をとりまとめ、しっかりした来年度の政策要望を作成(作成担当のひとりなので)します。

PS 今日は朝一から役所で仕事しますが、11時~16時までは江戸町公園の青年協会主催のおくんち事業の助っ人をしてきます。公立の小学校は今日は学校はお昼で終るそうですが、昼からのスタッフが不足しているための手伝いです。あまり戦力にならないので食品ブースの裏方あたりの担当を拝命するかと思いますが、もしのぞける方がいらっしゃれば声をかけて下さい。

| | コメント (0)

2008年10月 6日 (月)

「ランタナ」オープン

 今日、市民活動センターが馬町の旧市長公舎を改修(耐震化も)してオープンしました。県には以前からボランティアセンターがありますが、長崎市としても1ケ所設置すべきという意見を初当選した直後から議会等で質問してたので足かけ9年でやっと開所にこぎつけました。
 担当課も今日までには必要性は認識しながらもなかなか形にならないジレンマもあったと思いますが、これはまだひと区切り、真の意味での市民との協動はまだまだこれからさらに進化、施策展開させねばなりません。たぶんこの分野で一番うるさい議員は私だと自覚しています。自分の役割を意識しながらこれからもさらに色々と提案しますのでよろしくお願いします。
 市民の多くの方に利用してもらい、市民活動の広がり、ネットワークが構築できればなによりです。

PS「ランタナ」とはアフリカ原産の花で花言葉は「協力」だそうです。公募で選ばれたこの愛称の提案者は市の若い職員さんでした。こんな花言葉を知ってるとはなかなかお洒落ですね。私も花言葉辞典でも買ってみようかと…

| | コメント (0)

2008年10月 5日 (日)

受け継がれてる「らしさ」

受け継がれてる「らしさ」
 今日はあいにくの雨のなか、青年協会主催のくんち事業のプレイベントの親睦祭が行われました。毎年、福祉施設の子どもやお年寄りを招き、おくんちの雰囲気を楽しんでもらおうと行っていますが、昨夜からの雨で、朝起きた時は正直中止かなと思ってましたが、電話で確認したら「やります」との返事。

 オープニングの会場に着くまでは大丈夫かなあという気持ちでいましたが、会場に着いて、そんなことをちょっとでも思ったことを恥ずかしく思わされました。雨の降るなか、ステージの雨よけにシートをずぶ濡れになりながら設営する会員、急遽設営したテントに机と椅子をバタバタと運ぶ姿。そしてなにより今日を楽しみに足を運んでくれた人で一杯でした。
 普通の団体なら中止にしてもおかしくない状況でしょうが「一人でも楽しみにしてくれる人がいるのだからやるんだ」という青年協会スピリッツは今に引き継がれています。雨のなか、市長にもお越し頂きました。ありがとうございます。
 今年のくんちは平日開催で仕事を持つ会員は大変ですが頑張って祭を盛り上げてほしいものです。

| | コメント (0)

雨のなかの渋滞

雨のなかの渋滞
 ココがオープンして最初の日曜、雨のなか渋滞がどの程度のものになるのか心配していました。ちょうど午前中に車で通る機会があったのですが、住吉側からは浜口ひぐち手前あたりから三車線のうち内側一車線が渋滞。 
 予想したほどではないと通過して対向車線をみたら施設入口から長崎駅手前まで一車線完全につぶしてました。特に困ってる風は路線バス。真ん中の車線走るバスもありはしましたが、ほとんどが一番路肩寄り車線の渋滞に巻き込まれていました。ココに行かない乗客にしてみたら迷惑な話です。母体の長崎バスもこのあたりは想定外だったのかもです。ガードマンも多数配置し誘導してましたが、雨のなか交通対策の課題であることがはっきりした一日でありました。

| | コメント (0)

2008年10月 4日 (土)

私たちの宝

私たちの宝
 今日は次男の保育所の運動会に来てます。昨年は長男の幼稚園の運動会と重なったので来れなかったのですが、随分幼稚園とは違うみたいです。ここは学童の子ども達も一緒に参加。なかなかいい光景です。子どもは私たち、地域の宝物です。

| | コメント (0)

2008年10月 3日 (金)

辻立ち

 朝から冨岡衆議の街頭辻立ちに一緒してきました。手を振ってくれたり、クラクション鳴らしてくれたりと元気づけられました。

P1050265_2

 今日は議会制度改革推進会議があります。議論も進み、全会一致した認識にたてないとこもありますが、いよいよ定数他視察費などにつき正副座長案を提示する段階までこぎつきました(内容は後日お知らせします)市民目線での改革をこれからも進めていきます。

 週末金曜ですね。来週はいよいよ、くんち。なんとなく気持ち、浮足立ってますが、昨夜聞いた話では、桟敷の席がまだ売れ残っているということです。不景気の影響でしょうか?そうだとすれば残念です。祭りも街が元気であってこそ継続されるのです。そういう意味でも「長崎再生」頑張ります!明日は次男の保育所の運動会を見に行きます(参加もあるのかも…)

| | コメント (0)

2008年10月 2日 (木)

評判上々

 昨日、ココウォーク、オープンしましたが、早速行った方の話を聞くと「長崎バス、なかなかやるな」という感じでかなり楽しめる施設になっているとのことでした。まだしばらくは様子をみないとわかりませんが、同じパイを食い合うということではなく、今まで長崎から博多に出て買い物をしていた、いわゆる「かもめ族」のような人達が博多まで出て買い物をせずに地元でお金を使うようなことになってくれればと思います。そしてこれからがまさに浜の町商店街は正念場。ガンバレ、ハマンマチ!

 ご報告していた保育所の視察はなかなかむずかしいものがありました。移譲に手をあげる民間側の移譲する計画の施設をある程度しっかり補修して譲渡してほしいという気持ちも、また、行政側の行革による方針のなかで、現状のままの譲与で了解してくれるところに手をあげてもらうという考え方(他の施設の民間移譲との整合性含め)も一定理解でき、ほんとどうしたらお互いの言い分が折り合いがつくのか、昨日一日の視察ではいいアイデアを持ち合わせるとこまでは行き着きませんでした。時間が限られていますが、同僚市議や行政ともよく話し合ってみたいと思って帰ってきました。

PS 視察には課長と若い職員が同行してくれましたが、若い職員、なかなか優秀な感じでした。市長の言う「職員力」ではありませんが、総じて市役所の若手は優秀です。市長は「しっぽく会議」等で若手職員とも意見交換をしているみたいですが、我々議員も彼らと話す機会もっとあれば、いろんなことの問題意識の共有と課題等に対し自分達では気づかない着想による様々な見方が見い出せるのかもしれません。そういう機会を数多く持ちたいものです。

| | コメント (0)

2008年10月 1日 (水)

選挙はいつに?

 今日から国会は代表質問にはいりますが、ここにきてアメリカの金融市場の大混乱により解散の時期が先延ばしされるという話がもちあがってきています。「世界の情勢がこんな時に政治空白、選挙をしてていいのか?」ということなんでしょうが、私は補正予算を通し、すぐに解散総選挙というのが、国民が一番納得する流れだと思います。政権が変わる、変わらないにしろ「国民の信を問い」そのうえで国内外に山積する諸課題に新たに取り組むというのが望ましいと考えます。国民の理解・協力なくしては政治は動かないのですから。いつあるかわからない選挙の準備はむずかしく、既に少々疲れ気味です。

 さて、今日は民間移譲された保育所2ヶ所と民間移譲の方針がだされている保育所のうちの1ヶ所を同僚議員と視察に行きます。既に移譲されたところの検証をするなかで、今後の移譲の際の条件設定が、これまでの通りでいいのかどうかを見極めるのが視察の目的です。もし見直しが必要ということであれば、今月末に市長にだす会派の政策要求に盛り込もうと思っているところです。

 久しぶりに晴天になりましたね。子ども達もやっと外で遊べます。週半ばですが、来週はいよいよ、秋の大祭のおくんちです。今週、仕事をあとひと頑張りして、余裕をもって祭りを楽しみたいものです。みなさん、ファイトで!

| | コメント (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »