« 勉強会スタート | トップページ | カタログ商品 »

2009年10月25日 (日)

秋晴れのなか

秋晴れのなか
秋晴れのなか
秋晴れのなか

 昨日は秋晴れのなか色々な行事が行われていて、私も写真の湊公園でのちびっ子くんち~旧市長公舎跡を活用したランタナオープン1周年(市のボランティア会館)~メルカ築町で行われた「登校拒否を考える親の会」の講演会に参加しました。

 登校拒否=不登校とは厳密には違いますが、不登校の児童は本市でも増加しているみたいです。みたいというのは実態がなかなかみえてきません。教育委員会も不登校対策としてヤングアドバイザー(大学生らによる訪問助言活動)の事業等取り組んでいますが、「最終的には学校に戻る(戻す)」ことが大前提(目的)での種々の対応です。以前からその点についても少し疑問を感じていましたが、昨日の広木克行先生の講演を聞いて、やはり「子どもが学校に行きたくない時は無理して戻すべきではない」~学校に行きたくないは心のシグナルであり、シグナルそのものの「学校に行かない」ということにとらわれるのではなく、その根底にある心に向き合うことが大切、という、考えたら当り前のことをご自身の経験談、取り組みから話して頂きすっと自分のなかで納得したような気持ちになりました。メルカの200名席のホールはほぼ満杯。子どもの教育を巡る諸課題のなかでも登校拒否に対するケアーはもっと力をいれて取り組まねばと改めて認識させられ、幸い今年度は文教経済委員会に所属しているので、来月行われる決算委員会で早速に問題提起も含め質疑をできたらと思っています。

|

« 勉強会スタート | トップページ | カタログ商品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勉強会スタート | トップページ | カタログ商品 »