« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

すがすがしい朝

すがすがしい朝

 今週はこの写真アップでスタートしようと先週末から頭の中で。天気がイマイチではありますが…歩くのは気持ちいいです。いつまで続くか?ですが状況許すかぎり続けたいと思ってます。
 それと、歩くのは体にいいのはもちろん、考え事するのにいいですね。今日は浦上川の川端の道路工事が進んでいるのを見ながら、長崎駅周辺の開発〜新幹線と、やはりオリンピック。週末の忘年会、飲みの席では「できんやろうけど、発信することはよかことさ。もう十分効果はあった」と言うお声多かったです。しかし、「不可能を不可能と言ってしまえば何もできない」という市長のその言葉は今年の2月(病院の統合問題)の時に聞きたかったですが、市政全般での「不可能を可能に!」は賛成です。ともに頑張りましょう。

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

初体験!

 今日は一日オフで、午前中は一般質問後に行われる委員会資料を既にもらっているのでその勉強を。午後からは実家への顔だしと滑石公民館区青少年育成協議会と子ども会育成連合会が主催する「4つ葉のクローバーコンサート」を聴きに行きます。このコンサートも地域の人に支えられもう第10回を数え、校区内の小中学の児童の日頃の練習の成果を地域の方に披露する場としてすっかり定着しています。準備に関わった皆さん、大変ご苦労様です。ありがとうございます。

 さて、タイトルの初体験とは…ここ10日以上、日頃肩こりがひどいのですが、それが首にきてて「首が回らない」状態に近くなっていたので、さすがにまずいと思い整形外科に行きました。そしたら骨や筋肉、血管の血の通り等は正常で、たんなる肩こりの延長だったみたいですが、そこで初めて「首吊り」を体験したのです。首に「輪っか」をはめ機械で引っ張り伸ばしたりゆるめたり…携帯電話で自分撮りしてみましたが、かなりなさけない姿でした(なのでブログにもアップしません)首吊り後は肩から背中にかけ電気をあて、それから電気パックというので肩を温めました。しばらくリハビリした方がいいとのこと。すごく年をとった気持ちになりました。皆さんも体調管理を気をつけられてください。

 また、選挙後の急激な体重増も問題で先週は一度夜の行事に向かう時、家から駅前まで歩いてみました。45分もかかってしまいました。実行が伴わないと「有言不実行」になるので「宣言」はしませんが、毎日歩いて通勤してみようかとも考えています。忘年会シーズンにいよいよ突入し、自信はありませんが…もうこのあたりから意志弱です。まあ、今年は勘弁してください。

 皆さん、ゆっくりとした日曜お過ごしください。

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

順調!

順調!
順調!

  昨夜は城栄商店街の活性化委員会でしたが、早速に先日実施した来街者アンケート調査の結果もでて皆で分析~今後は自治会や銀行・幼稚園のお母さんなど来街者でないところでのアンケートを実施することになりました(なぜ商店街に足を運ばないか、商店街に何を求めるかを探る)
 進捗が順調なのもですが、なによりも嬉しく思っているのは、まだ少人数の委員会ではあるのですが、そのなかに今まで参加されていなかった銀行や介護施設の方の参加があり積極的な意見を頂いていることです。「地域で商店街を盛り上げる」という理想的な流れに向かって確実に進んでいるような気がしています。
 しかし、半年という期間を決めての事業ですからピッチを上げねばです。

 今日は写真の長男の学習発表会を見に行きました。夜は青年協会OB会の忘年会です。

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

好調!

ブランド戦略

 なにが好調なのか?

 今月初めに発売を始めた、中央卸売市場がブランド化して売りだした「甘姫みかん」のことです。
 甘姫みかんとは2SやSサイズの通常は県外等には出荷されず(市場などでひとかご、いくらで売られているもの)、また通常は糖度や酸度をはかるセンサーにもかけないような小ぶりのみかんを、今回はセンサーにかけ、糖度が12度、酸度が1%以下のものを甘姫として売りだしているそうです。

 昨夜、中小企業経友会の会員講演があり、この甘姫みかんの話でした。
 ブランド品は普通は産地側がブランド化するものを、今回は卸売市場が開発したブランド品で、昨秋から研究~検討がなされ、市ならびに民間のデザイン広告会社等と一緒になって商品開発にこぎつけたそうです。評判も上々らしく、また通常ならば1キロ150円程度のみかんがキロ300円とブランド化による価格の付加価値もついてるそうです。試食させてもらいましたが、ほんとに甘く、ひと箱(5キロ箱)買っても1500円~2000円と手頃な値段で、ちょっとした贈り物にはとても喜ばれる品だと思います。12月10日ぐらいまでの出荷ということなので是非皆さんも一度取り寄せられてみてください。昨日の会員の話では初出荷直後、早速、山形のデパートの果物コーナー最前列に並んでいたそうです。

 また昨日の講演は日ごろ関わりが少ない市場の話で大変興味深く聞かせてもらいました。以下ためになった話の一部を紹介すると、

○今の市場(田中町)は昭和50年に開設、昔は中島川から新地に船で野菜があがり、リヤカーで運んでいたそうです(その後旧魚市跡地)
○最近は皮をむかないといけなかったり、重い野菜は敬遠され、手軽で調理が不要な野菜の売り上げがのびている
○道の駅のような直売所が増え、現在県内に約100ケ所で総売上40憶(長崎市では29ケ所、19憶)県外では1ケ所で100憶売上るところがいくつもある。また、市場はトレーサビリィティのような出荷側に厳しい規制がかけられるのに直売店にはほぼなんの規制もない。
○甘姫みかんは高く売れるような人気でも、設定した価格より高くでは売ってはいけない。また、仮に売れ残ってどうしても安売りしなければいけない時は「甘姫」のラベルを外して売ること、を取り決めているとのこと。

 最後に九州はみかんの生産は全国的にトップ10にいくつも入るぐらいの生産県が多いそうですが、逆に消費量は全国でも40位代にずらりだそうです。皆さん、みかんを食べて下さい!とのことでした。
 しかし、今回の卸売市場の取り組みは、年々扱い高が低迷するなか、「これではいかん。自分達も頑張るんだ」という「元気」が伝わってきて非常に嬉しい気持ちになりました。次はじゃがいもの新ブランドづくりに挑戦しているそうです。

 今日は終日、本会議一般質問です。5人の議員が登壇します。夜は城栄商店街の活性化委員会です。

PS もう1枚の写真は経友会の会員さん同士がコラボで歳末の贈答品にしたものです。ハム屋さんから「生ハム」そして市場からは「メロン」、酒屋さんからは「ワイン」、で写真の通り1杯どうですか?というものです。少々値段が高めですが、これまた異業種交流のネットワークを活かしたアイデア商品です。

| | コメント (3)

2009年11月26日 (木)

冬はやはり「あったかで」

どこも
どこも

 今朝の長崎新聞では九十九島かきを使った「食べるスープ」が掲載されていて(写真だけみてもかなり食欲そそります)また写真のように雲仙・小浜では日帰り観光客に狙いを定めたバスの運行も行っています。どこも冬場の観光客獲得に向け様々な趣向を凝らしていますが、紹介のふたつに共通するところは「あったかいもの」
 スープに温泉。やはり冬ですから…観光を商品に例えると、商品化には「季節感」は絶対にはずせない要素です。本市は観光客が少ない冬場の観光対策でランタンを磨き、十分に人を引き寄せることができる「商品化」に成功しましたが、それ以外での「冬場商品」の開発はイマイチ停滞気味の感がしてなりません。今は龍馬で売り出し中ですが、残念ながらこれは一過性のもの。期間限定商品を売り込むこともですが、やはり定番商品のさらなる購買を高めることが大事です。観光部を中心とした官民一体となった取り組みに期待します。そいう視点から今議会も観光部を所管する文教委員会では質疑を投げてみたいと思っています。

 ちなみにもう1枚の写真は小浜ちゃんぽんヒットの先がけの「蛇の目」という寿司屋さんの「スープ麺」です。先の休みに小浜まで足を運び何年かぶりに食べました。普通のちゃんぽんと違うのは牛乳を使ってスープをとっている点です。おいしかったです。小浜はご存じの通り温泉にプラスしてちゃんぽんを売り出していますが、来年2月には海べたのところに全長105mの日本一長い足湯がオープンするそうです。お金はそうかからないのではないかと…いい観光スポットづくりですね。アイデア賞ものです。

PS 昨日は外回りをしていましたが、会う方会う方から「今日は議会ではないのか?」と…まだまだ自分達の説明不足です。定例議会は初日開会したら、翌二日は休会日なのです。その間は、質問者(今回は21名)と理事者のヒアリングが行われます。なので質問の順番でない議員は基本フリー。私も昨日は受けた相談事と今回の議案や予算に関しての外部の方の意見聞きで外を回っていました。明日から4日間の日程で一般質問が始まります。お時間許す方はケーブルやインターネットでご覧になってください。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

全員協議会

全員協議会

  昨日から市議会が開会され、オリンピックの全員協議会も開催されました。

 全員協議会についてはコメントに頂いたような「追認の場」という雰囲気がしないこともなかったですが、私的には具体的な答弁も、また現時点で深く議論する論点も定まらず消化不良の会議であったような感想を持っています。昨日の質疑を聴きながら改めて疑問に思ったのは、

○2020年に核廃絶を達成した時の「お祝い」としてオリンピックが開催できれば嬉しい、と昨日も何度も言葉としてでてきた「お祝い」…お祝いでオリンピックをやるというのがしっくりきません。そもそも20年での廃絶の道のりは厳しいなか(だからこそ地道な努力が必要なのですが)かたやオリンピックについては来夏には開催地を決定~もし広島・長崎の共同開催が決まれば、これはもう確定事項で、その後の世界の情勢がどのようになろうが開催せねばならぬのです。二つのことを同時に走る、オリンピック開催に費やすエネルギー、そして昨日は本市が候補地になれば、サミットや軍縮会議等の誘致にもプラスになると答弁があっています。ならば本市はサミットのような国際的な会議にもこれから積極的に手を挙げるということで…話がそれましたが、理念と現実の整合性を私自身のなかで整理がつきません。また、市長が言われる通りであるならば、今回共同開催で手を挙げることが万が一できなくても(20年の開催地が日本で決まらなければ)次の24年にも共同開催で手を挙げていくという姿勢もつのか、はたまたそれは20年という意味のある年だから今回かぎりなのか…そうだとするなら水面下含め準備不足です。

○可能性を検討し可否を決定する~昨日は可否の判断基準について質問がでました。いい質問だったと思いますが、具体的な答弁はありませんでした。私は判断基準も大変興味深いですが、誰が判断するのか…もちろん市長なのですが、オリンピックには莫大な費用とそれに向けた準備がいります。当然大多数の市民の理解と応援がなければ成功しません。市民はまた市の借金という意味でも大きな負担を強いられます。ならば判断するのは「市長であり市民なのです」そうであるなら市民の合意をどうとらえるか…私はこれも別の方が質問し答弁はありませんでしたが「住民投票」を実施すべきと思います。それぐらいの覚悟を持って臨むという姿勢を求めます。住民投票は「条例の制定」が必要ですので、臨時議会の開催も必要です。そのうえで可となった時に、初めて市民が一体となって将来的な負担も含めオリンピック開催に向け頑張る、頑張ろうということになると思います。

○「いくらお金がかからない実施」といっても財政的負担は莫大です。現在ある2000憶あまりの借金をここ数年でいくら減らすことができたのか、極論すればこの2000億を一旦0にするぐらいの計画をもって、オリンピックにも財源をさくというのであれば話はわかります。今ある借金も減らせずして、将来的な市民の福祉を守れるのか…はなはだ疑問です。

 まだまだ述べたいことはありますが、当面は検討の結果待ちであり、議会として追認したわけではないことをお伝えしたいと思います。

 昨夜は写真の看護連盟との勉強会もありました。野党になってもしっかり連携とって地域福祉向上のため頑張ります!

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

いよいよ今日から議会

 いよいよ今日から議会が始まります。今日は上程された議案や予算の説明と一部先決が必要な議案の委員会審議が行われます。

 また、今日はやっとオリンピックの件で全員協議会が行われます。全員協議会とは議案や予算以外の市政の重要案件について、その緊急性や分割した委員会で審議するのではなく全員での審議が必要等判断された場合に本会議場において全市議参加のもと行われます。進行は最初に理事者(市長)から説明がありその後議員側から質疑が行われますが、今日は4人以上の会派からは代表で15分、その他会派は5分の持ち時間内で行われ、今回は7人の市議が質疑を行います。残念ながら私は行いません。事前の議会配布資料も十分なものでなく、正直、この時期にどの程度掘り下げて議論されるのかわかりませんが、それぞれの代表が他の質問者とのダブりがないよう考えての質問項目。今までは理念には共感せざるを得ない状況でしたが、まさに今日は「議会力」を発揮し、特に市民の代表として「財政の視点」からも厳しい質問がされるであろうことを期待しています。うっかりしていましたが、全員協議会ですからケーブルテレビの放映があるかどうか確認していませんでした。放映されたらいいのですが…以下、先週末に自宅にファックスで届いた各会派代表の質問項目です。

続きを読む "いよいよ今日から議会"

| | コメント (5)

2009年11月23日 (月)

ホーム最終戦

ホーム最終選
ホーム最終選

 昨日は雨のなかVファーレンのホーム最終戦を長男連れて見てきました。試合は残念ながら0対0の引き分けでしたが、選手たちも悪コンディションのなか最後までよく頑張りました。今期はあと1試合残っていますが、私の観戦は結局今期は3試合で(しかも試合終了まで見れたのは昨日のみ)ゴールを決めたのを見たのは1度だけでした(失点は多数)来期はもっとゴールシーンを見てみたいものです。
 先日も書き込みましたがオフには長崎市へのかきどまり競技場の施設改修の要望の件はじめいくつかの課題に取り組まなければなりません。施設改修ありきではなく、長崎市民、地域がもっとVファーレンを応援しようという盛上がりが大事だと思います。施設改修の件で最もネックになっている観客席の件ですが、J2の昇格条件である施設では観客席がボックス型の個別になっているもので1万席が条件です。今はかきどまりもそうですが、写真のようなベンチ仕様になっています。

 昨日の試合でいい話がひとつと残念なところに気づきました。

続きを読む "ホーム最終戦"

| | コメント (0)

2009年11月22日 (日)

龍馬が愛した長崎の産品たち

龍馬が愛した長崎の産品たち
龍馬が愛した長崎の産品たち
龍馬が愛した長崎の産品たち

 昨日はタイトルのキャッチコピーで浜ん町ベルナード観光通りにおいて行われた「地域資源活用開発製品展示会」(県中小企業団体中央会主催)を見に行ってきました。
難しそうな名前の展示会ですが、要は本県の農林水産物やそれぞれの技術を活かしたアイデア商品の展示会です。飲食物の他に工芸品や福祉用具まで紹介されてましたが、今年は龍馬伝にあやかった商品が多かったです。
 私的には食べ物で「雲仙牧場鹿ソーセージ」と「生姜めん」が美味で気に入りました。皆さん、知ってました?雲仙に日本最大級の鹿牧場があることを。また、深江にそうめんカフェがオープンしてることを。

 なかなか中小企業では自社商品の宣伝活動は難しいところ。昨日のようなイベントは大変効果的だし、いっそまちなかの空き店舗などを行政が借りて、ブースに分けて期間を定め賃貸して販促活動とかできたら面白いかもしれませんね。思いつきですが一考の価値ありかもです。

 連休二日目、あいにくの雨ですが皆さんゆっくりできてますか?

PS 3枚目の写真は「龍馬の復元ブーツ」だそうで(値段がちょっと高いと感じましたが)買えるそうです。

| | コメント (2)

2009年11月21日 (土)

27877円

 なんの数字でしょうか?

 ある生命保険会社が調査した、夫婦一人あたりの月のおこづかいの平均値だそです。夫婦の平均ですからお母さんが節約してお父さん分が上乗せされているケースもあるそうですが、一時期に比べ2割減の数字だとか。わが家は…自分に関して言えば、でるお金が多く怖くて計算したことありません。これから忘年会シーズンを迎えますが、政府がデフレ宣言もし、ますます財布のひもは固くなりそうで、私達もそうですが年末かき入れ時の飲食店さんなども厳しい冬になりそうです。

 昨日は議会前ということもあってか、議会の控室に入るなり、アポなしの理事者から報告~説明が続々で大変バタバタの一日でした。文化振興課、さるく課、世界遺産推進室、教育委員会総務課、と全て今度の議会や先の決算委員会(世界遺産は先日のモニターツアーのアンケート報告、好評だったそうでよかったです)についてでしたが、短い説明ではなかなか理解しづらい内容でした。いよいよ週明けから今年最後の議会が始まります(24日~12月11日)

 皆さんにお知らせとお願いです。明日13時、諫早の県立陸上競技場でVファーレンの今期最終戦が行われます。4位内を目標に頑張った今期でしたが、現在11位。明日の対戦は17位のFC刈谷です。最終戦を勝利で飾りまた来期に向け頑張ってほしいです。J2昇格を目指し、施設の問題含め多くの課題がありますが、選手は選手でプレーに集中、グランド外のことはフロント含めもっとサポーターである私たちが頑張らねばです。議会が終わったら長崎市にも施設整備の要望を再度するよう予定されています。今オフにしっかりした道筋をつけてあげたいものです。微力ながら私も汗をかけたらと思っています。

 風邪をひいたら困りますが、多くの方は三連休。皆さん充実された週末をお過ごし下さい。

PS おかげさまで今週初めにアクセスが7万突破しました。最近は平日目標の一日100件(ダブルカウントなし実数)もほぼ達成できています。ありがたいことです。今日の書き込みで通算ブログ数は2246件。これからも継続していきますので今後ともよろしくお願いします。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

暖かい声援

アンケート

 昨日は前日のブログで書いた通り、城栄商店街活性化委員会を中心に「来街者アンケート」を午前と午後と2回とりました。多くの人が気持よくアンケートにご協力頂き、当初は来週に予備日としてもう一日組んでいましたが、ほぼ昨日で目標の数のアンケートがとれ予備日はなしにしたほどです。アンケートをとる方も活性化委員会の委員(私もそうですが)の他に仕事の合間をみてお手伝いにきてくれた人も多数いて、市の担当課の職員さんも含め、まさに「協働」の作業で、ひいきめではありますが、皆さん張り切っておられ、当初は正直「このようなことをやっても」みたいな空気がありましたが、アンケートに協力頂いた方から「店が少なくなってさびしか。頑張ってくださいよ」というようなお声を多く頂き、「地域の商店街はやはりなくてはいけないんだ」という気持ちを改めて感じてくれたのではないかと思います。もちろん、「(個店や商店街全体としての)努力が足りない」という手厳しいご意見もありましたが、総じて「頑張る元気」をもらった昨日の調査でした。今後はアンケートの結果を集計~分析しこれからの商店街の目指す方向性や目標、具体的な事業の展開の参考にさせてもらいます。

 話はガラッと変わり私には絶えず色々な情報をお知らせしてくれる先輩がおりまして(感謝しています)昨日も「これを読んでみて」と日経新聞のコラムをメールしてくれました。非常に身につまされる思いがしましたので、ご紹介したく(あまりこのようなことはしませんが)本文をそのまま載せさせてもらいます。ご一読ください(続きをクリックされてください)

続きを読む "暖かい声援"

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

もうそんな時期に

もうそんな時期に
寒いのは当たり前として、もうそんな時期になってきましたね。市街いたるところでイルミネーションが照り始めました。
写真は油木のかぶとがにアリーナ前の広場です。

| | コメント (0)

子育てママの美容室

ママ

 「子育てママの美容室」といっても子育てママは「お客さん」がでなく「スタッフ」がママなのです。
 昨日、城栄商店街に1軒の美容室がオープンしました。オープンにあわせ新聞チラシも入ってました。以下チラシの文章を

 ママさん美容師達の働く環境というのは、小さなお子さんがいると日曜・祝日などは身内等、だれかに預かってもらわないと仕事ができず、休まなくてはいけなくなります。そうすると預かってもらえる人がいない方は、なかなか勤める場所が限られてくるのが現状です。
 そこで、そのような方が安心して子育てと仕事を両立できるような環境を整えたお店を創設することにしました。日曜・祝日を定休日にし、受付時間も短め(17時)に設定するなど、お客さまには大変ご不便をおかけ致しますがよろしくお願いします。また、皆様方にはご不便をお掛けする分、価格をリーズナブルに設定させて頂いております。

 なるほどです。子育てママの就労支援という会社の精神がよく伝わってきて好感もてます。美容師の資格をもった方でもママになって土日祝日に働かないといけないということでせっかくの資格を活かせずにいる方もいるでしょう。そういう方にとっては働き場としてうれしいお店でしょう。
 では、お客さん側にとってはどうでしょうか?こういう店を応援する気持ちで利用する方もいるでしょうが、同じ子育てママさん達でも働くママは…やはり日曜祝日に店が開いてないと利用しづらいでしょうね。だとするとこの店の商売的なもうひとつの「うり」は文章最後の「リーズナブル」てとこなのでしょう。カット(クイックブロー仕上げ、なんかな?1280円)、パーマ(カット込み)3280円などなど。実は城栄商店街は商圏のわりに美容室が多く「美容室激戦区」なのです。そうしたなか、高齢者が多く、低価格の店がないという商圏リサーチをしっかりやってオープンということになっていると思います。旧店舗からの改装の仕方もシンプルです。 

 ともかく、企業としての色々な工夫による「子育てママの就労支援」には大いに感心~拍手ものです。多くの企業がこのような視点も持ってほしいと思ったところです。ちなみに、わが会派からの市長への政策要望には「出産による職場復帰促進のための長崎市独自の企業への支援、助成制度を始めること」を要望しています。

 さて、今日は終日、その城栄商店街で活性委員会による「来街者アンケート調査」のお手伝いをします。8年前に長大大学生がとって以来の調査になりどのような結果になるか楽しみでもあります。

PS 「子ども手当 所得制限も」の報道があっていますね。妥当だとは思いますが、先の選挙思い返すと「それはないやろう」「やっぱりね」という声がでてくるでしょうね。
 OECDの「見直すべし」の政策提言もこたえるでしょう。今、国民の支持が大きい「事業仕分け」に例えれば、
矢継ぎ早に効果や財源、他の施策との関連性を問われ→明確な回答はできず→「巨額な財源が必要な一方効果が疑問」→多数決で全員一致→結論「事業見直し、予算大幅削減」てとこでしょうか?

※OECDとは?以下を
http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/oecd/html/

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

心の栄養剤

 昨夜は青年協会卒業同期の久しぶりの飲み会でした。参加は7名。全員揃えば9名いるのですが、1名欠席、1人は県北で頑張っています。

 不思議なものでボランティア活動で共に汗をかいたこのメンバーで飲む時はすごく気楽で互いが背伸びすることもなく(皆がそう思っているのか)いつも盛り上がります。昨夜は互いの近況や将来について、子どもの成長、疎遠気味の先輩後輩の様子、そして僕が参加していることもあってか、ふるさと長崎のこれから等について熱く語りあったところです。タイトルにある通り、「心の栄養剤」をもらった気分です。後半はカラオケにはまり(しかも古い曲ばかり)、最後は「50歳になったら皆で旅行するぞ」とこの年代お決まりのお開きパターンで解散しましたが、持つべきもものは…ずっと大事にしていきたい「NYA(青年協会)38会同期組」です。写真撮っとけばよかった。

PS 長崎のこれから、で色んな話がでたのですが、ひとつ互いにそうだよなと意見が一致したひとつに「長崎は海岸線を活かしてきれていない」という話題でした。長崎市もそうですが長崎県は日本一海岸線が長い県で、もちろん、海岸線沿いには漁業や農業で生活も営まれています。そして夏になるとマリンスポーツももっと盛んであっていいはず…でも本県の海岸線はそうきれいでもないし、サツバツとした感がありますよね。なのでもっと海岸べたの保全や活性化をはかるべきではないかという内容でした。同感です。そういう意味では本市の地勢を活かしてオリンピックの海の競技を念頭に海岸線を活かす事業等が展開されても面白いと思ったところです。

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

大チョンボです

 昨日のブログに「明日(今日)」書いた議会運営委員会は昨日の開催でした。14日は世界遺産の教会ツアー、15日は保育フェスタと実りの感謝祭、そして16日は議運としっかり記憶していたのに、なぜか議運は火曜日と思いこんでいました。それでも市役所にいれば対応できたものを、朝一に議会に出、その後用件で外に出てしまってました。着信で気付いたのはもう開会後。戻ってきても大幅に遅刻です。幸い私の会派からは副委員長が出席されていることと、恐縮ながら代理で急遽先輩市議(団長ですが)に出席願ったのでよかったのですが、議会の会議をこのように勘違いで欠席するのは初めてで昨日一日かなり落ち込んでしまいました。ブログを朝見てくれた人のなかで「勘違いしてませんか?」と誰か言ってくれなかったかなとも一瞬思ったりしましたが…そんなことは問答無用です。随分昔にありましたが「こら哲也、なんばしょっとか!」でした。大変申し訳ありませんでした。

 さて24日開会の11月議会の議案と補正予算の説明にもありましたが、昨日やっと新型インフルエンザワクチンの子どもへの接種助成が公になりました(助成による子ども分にかかる予算は7800万です)昨日からは前倒し接種も始まっており、これで以前からワクチン接種に関する要望二つはクリアーできました。よかったです。また今回の議会には「緊急経済対策」の事業も諮られていますが、やはり従前から意見している「なぜ今この事業なのか?」「経済対策に効果があるのか?」というような事業予算がいくつか見受けられます。自分の所管の分だけになりますが、理事者の考え方を再度確認します。

 オリンピックの全員協議会も議会初日の13時から行われることも決定しています。残念ながら今回は私は会派を代表しての質問者ではありませんので、質疑してほしいことを質問者に伝えたいと思っています。

 皆さん、気づいたら11月中旬ですよ。今年もあと45日しかありません。私の忘年会スタートは28日ですが、やり残したことをきちんと消化せねば!です(まずは遅れている広報誌の作成です)皆さんもやり残しあれば来年に持ち越さずラストスパートをかけましょう。

| | コメント (2)

2009年11月16日 (月)

負け惜しみも込めて

  新聞では民主党の県知事候補が決まったとありますが、今回の民主党の知事候補選出経過はいただけません。これでは自推でだした3名の方、蚊やの外じゃないですか?他党に推薦願いをだした人のことを言うのもなんですが、知事選にでようという決断は当事者にすれば人生賭けた大きな決断でしょうに(ご本人達の働きかけ不足があったのかもしれませんが)はたからみたら最初から完全に眼中にない状態でした。ある方は県庁退職し自治体の長から市議〜県議、そういう方の県政、政治への思いを聞く場もなく(他のお二人も同じくです)、情熱があり若く地元出身ということで、国会議員だけで別の方に決めるというのは…わが自民党も人のこと言えたものではなく、突然の現職不出馬で慌てて相乗りを提案、しかしそれは当然拒否され独自候補探しに。両党とも地方から変わらねばです。先の選挙の結果は民主党の圧勝でしたが、自民党はもちろん、民主党に対しても不安を持っているわけですから。自民党は幸いまだ候補者の絞り込み中、この機会を自民党再生のスタートととらえしっかりと各界各層の意見を聞き組織内の手続き踏んで候補者選定を行ってほしいと思います。

 さて、経過はともかく民主党候補に決まった橋本氏。彼も人生を賭け、また長崎の将来を憂い決断した今回の出馬なのでしょう。長崎県をどうしたいのか、早く考えを示す場をつくってほしいですね。ブログ(「週末は長崎人」で検索を)を読むと多くの同級生も応援してくれるみたいです。若い世代が中心となった党派の域を越えた選挙になるなら面白そうです。

 今週は明日、24日開会予定の11月議会前の議会運営委員会が行われます。いよいよ今年最後の議会となります。1年経つのは早いですね。今回は個人質問の予定はありません。すっかり寒くなってきました。皆さん、風邪ひかぬよう仕事の行き帰りは厚着していかれてください。

PS最近の「いきなり国政選、いきなり知事選」の傾向みて、地方議員で頑張るということはなんなのかなあ(もちろん上へのステップという考えはないですが)と自分の未熟さを負け惜しみ含め感じる今日この頃です。

| | コメント (1)

2009年11月15日 (日)

モニターツアー

モニターツアー

  昨日は教会群の世界遺産登録の青年3団体+観光連盟さん、コンベンション協会さんによるモニターツアーに参加してきました。
 コースはサントドミンゴ教会跡→日本26聖人殉教地→大浦天主堂・旧羅典神学校→大野教会堂→出津教会→ドロ神父遺跡と半日では急ぎ足の行程ではありましたが、皆さん特に外海は初めての方もいたみたいでしっかり勉強させてもらいました。帰り際のバスのなかで私が座る後ろの席から「最初はなんやろうかという気持ちで参加したけど行ってみてまた行きたいと思った」という会話が耳にはいりました。そういう気持ちになってくれることがこのツアーの一番の目的だと思います。昨日のような企画をもっと多く実施し(または民間の観光ツアーのサポートをやってもらい)ちょっと最近は軍艦島ばかりが注目を浴びている感もありますが、もう一度じっくりと教会群の登録に向けた活動(長崎のよき財産の再確認とこれを材料にした地域の活性化)に取り組んでほしいと思います。企画~準備の段階から県市の担当部局の方には大変御苦労をおかけし昨日も何から何までお世話になりました。ありがとうございました。

 今日は市保育会の保育フェスタと出島ワーフから水辺の森にかけて行われている「ながさき実り・恵みの感謝祭」を子ども連れでのぞこうと。なのでほぼ一日オフです。あまり子どもの相手もできていないので今日はゆっくり過ごさせてもらいます。皆さんもゆっくりできていますか?休養は必要ですよ。

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

忘れてませんか?

忘れてませんか?
今日は青年三団体中心に教会群の世界遺産のモニターツアーに参加しています。
写真は市立図書館入口横に掲示されてました。軍艦島ばかりが注目されていますが、教会群ももっと多くの人にその歴史性と価値を知ってもらいたいと思います。久しぶりに改めて勉強してきます。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

ひとごとではなく

 最近は自民党県連が知事選について民主党に「相乗り」を提案したことで、行く先々で「なさけなかねえ」とお叱りを受けていますが、この件については支部ではしばらく様子をみることになっています(早々に先方から拒否され独自候補擁立に努力してるみたいですし)しかしここにきてまた難問がひとつ、それは以下の記事、

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091113-00000507-san-pol

 これでいくと長崎1区は公募対象になります。もちろん公募なので前職の公募をNGとはしないのでしょうが、人心一新という目的考えると…知事選、参議選とあわせ、県連は3人の候補者を年末までに決めねばなりません。もちろん、1区については私たち長崎支部が主体的に関わらねばならぬのですが、残念ながら民主が強く、選挙は4年後?+今の自民党から、ということ考えたらなかなか公募とはいえ手を挙げる人はいないのではないかと思われます。悩ましい問題です。しかしその前に、党本部の公募という方法は理解しますが、公募の前にきちんと党再生を果たしてから公募という順番だと思います。

 さて、昨日は天皇陛下即位20周年の記念式典が行われています。私も陛下のお言葉をテレビで聞きましたが、お言葉のなかで特に印象に残ったのは、先の戦争に触れ「多くの命が失われました。その後の日本の復興は、戦後を支えた人の計り知れない苦労により成し遂げられたものです。今日の日本がこのような大きな犠牲のうえに築かれたことを忘れることなく、これを戦後生まれの人々に正しく伝えていくことが、これからの国の歩みにとり、大切なことではないかと考えます」

 日本という国を背負ってきた陛下のお言葉だからこそ重い一言だと思います。人は生まれて、人としての「使命、幸せ、誇り」があるならば、それは「歴史と社会を背負い、自分ができることで他者ために尽くすこと」だと思います。日々これに務めねばです。

 昨日は第10回食の博覧会「以西の魚料理コンクール表彰式」にも参加しました。今週末の土日には「ながさき実りと恵みの感謝祭」も出島ワーフ~水辺の森公園で行われます。地元農水産物がいっぱい、イベントも盛りだくさんなので、皆さんどうぞお出かけください。

PS 日曜の11時からは夢彩都横のおくんち広場で「保育フェスタ」も行われていますのでこちらの方にも寄ってください。

| | コメント (1)

2009年11月12日 (木)

気になる一冊

気になる一冊
内容もさることながら、もう購入して10日近くなるのにまだ「はじめに」しか読みきれてなく机上に置いたままです。気になる一冊に…なんとか今月中には読みきれたらです。

| | コメント (0)

滑り出し好調?

 昨日から国における「事業仕分け」が始まりました。かなり思い切った結果がだされスタートできたみたいで総理は滑り出し好調とコメントされています。 賛否は両方あるでしょうが、意識改革も含めたところでのこのような手法による仕分け作業は意味あるものだと思います。但し、次年度からはもう少し期間をきちんととって、時期も年末のこの時期ではなくもっと早い時期(概算上げる前)での実施で、再検討する回数や時間を多くかけれるようなシステムが必要かと思います。今回は特に初めてということもありまさに「劇場ショー」的な側面も見受けられました(そのような報道なので)

 市議会でも昨日の建設水道委員会決算審査で「政策評価が不十分」と指摘受けていますが、ひとつには、せっかく成果を検証しているのに、庁内の検証時の資料が十分に提出されていないのではないかと思われます。また、事業仕分けと同じ発想で「この事業がなくなったらどうなるのか?」という視点での担当部局だけでなく(もちろん予算を削るのがミッションの財政課とのヒアリングとは別の)第3者交えた検証作業もこれからは必要でしょう。そしてその結果をインターネット等で公開することです。本市も工夫と積極的な取り組みが必要です。

PS 昨夜、天皇杯のサッカーが諫早であっているんですね。知りませんでした。
Vファーレンの今シーズンの挑戦もいよいよ22日がホームでの最終戦です。シーズンオフ以降どのような方向性を持って進むのか話し合いが持たれる、持たねばならぬのですが(市の上層部にはお願いしています)今期全力で頑張った選手を称える意味でも最終戦はできたら見に行けたらと思っています。皆さんもまだ観戦したことない人多いでしょう?ぜひぜひ家族や友人と足を運んでみてください。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

こんな記事が

 こんな記事がアップされていました。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2009111100416&j1

ならば中学生への2回目の助成はなくて妥当だったのか?それにしても新形インフル対策についても国に振り回されますね~

| | コメント (0)

ひと仕事しました

 昨日は決算委員会でしたが、教育委員会の小中学のパソコン借り上げの質疑で少々エキサイトしてしまい申し訳なかったです。十分な説明がなかったこともあるのですが…それにしても年間小中学あわせて借り上げ費用が4憶。パソコンを40台近く設置する特別l教室はともかく、各教室の分は使用頻度、メンテナンス含め考えたらリースではなく買取で十分なはずで随分とコスト下がるはずです。後日また詳しい資料求めていますので話あって検討してもらおうと考えています。

 さて、タイトルの「ひと仕事」は先週からの行政への働きかけが実り、新型インフルワクチンを小学生以下で2回接種者に対して「1回分を助成する」ことになりました。できたら中学生までという気持ちもないこともないですが…時間がないなかでの予算計上は市長の「決断」です。大変感謝です。ありがとうございます。
 感謝してて恐縮ですが、このように市長の意志で予算は組めるのですから、来年度の予算編成の時期に入っているなかで、特に今回は経済再生~地元中企業の支援施策については従来の事業や新規事業含めしっかりと重点的な予算をつけてほしいと思っているところです。平和市長に加え、経済立て直しの「力強さ」を市民は期待しています。

PS そういえば、先日の城栄商店街青年部での懇親会の席で「市庁舎建て替え」の話題で「松山移転」はどうかと話しがあがりました。もちろん今の中心市街地の活性化をはかったうえでのことですが(県庁舎は駅前整備を再度見直すなかで判断~漠としたところでは現在地建て替えがいいのではと思っています)、合併で市域も北部に伸びたのですから、真ん中という意味では松山あたりでもおかしくないでしょう。陸上競技場あたりを想定すれば着工もスムーズ…盛り上がりましたが、他力本願ではなく自力での商店街活性に取り組まねばです。しかし、新市庁舎建設ももうそろそろ方向性だす時期だと思います。場所については現庁舎別館から公会堂~市民会館にかけてがもっとも現実的だと考えていますが、老朽化・耐震の視点からもできれば田上市政の今任期中にはいくつかの選択肢含め考え方を示すべきだと思います。 

| | コメント (3)

2009年11月10日 (火)

見つけてますよ

 オリンピック、田上市長はいきなりの発表でしたが、広島の秋葉市長は既に1年前から市民に「予告」していたんですね。

 なんか田上市長が訴える「理念」とは随分違うように読み取れますが…お祝い会?

以下クリックを

http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1221209280069/index.html

| | コメント (0)

官僚、40代、地元出身

40

 タイトルには関係ありませんが、まずは新型インフルの件ですが、昨日は県内123施設の休園、休業、学年・学級閉鎖が発表されています。一度に100超えは初めてとのこと。
 で、この事態受けても県の医療政策課はやはり一般の子ども達への接種は来月中旬というスケジュールの変更は現時点でないとのこと。ワクチンの確保に全力を尽くし、接種方法ついても、例えば様々な理由でできないのかもしれませんが、学校毎による予防接種の実施(私たちが子どもの頃保健室で打ちましたよね)等々あらゆる方法を検討すべきで、現時点で「できない」ではなく「ぎりぎりの検討する」ぐらいのコメントだすぐらい本気で取り組まないといけないと思います(本気じゃないとは言いませんが)
 随分話題にしている「補助」については昨日も私が所属する自民党会派内で提案し、会派として正式に行政に対し要望をしました。会派の代表が要望し私は立ち会えなかったので詳細はわかりませんが、なんでも「2憶~3憶かかる」と言われたとのこと。私の試算と違いますが、対象範囲をどこまでにするかで金額は違ってきますので、要は時間的に厳しいなか(議会との関係)で、あとは市長がどう決断するかだけです。殺し文句は「オリンピックにお金をかけるぐらいなら!」です。

 さて、そのオリンピックも東京都の再立候補表明があるかもしれない報道があっていますが、気になるのは「東京と広島の共催」との石原知事発言…長崎はどうなったんだ?オリンピックの招致そのものの賛否は別として、こうやって長崎が眼中にない発言は面白くありません。市議会では招致の議論につては、まずは11月議会が始まる今月24日の初日に「全員協議会」という形で実施の方向で調整されています。第1ラウンドのゴング間近といったところでしょう。

 タイトルの件ですが、「官僚、40代、地元出身+(民主、自民の)相乗り」が今の知事選のはやりなのかもしれません。日曜に行われた広島知事選がまさにそうで44歳の新知事が誕生しています。今日の新聞でも報道されていますが、長崎県の自民党県連も昨日、民主党に同様の申し入れを行っています。呆れたというか、情けないやら…これでは自民党の存在価値もですが(どんな言い訳、独自候補擁立できない理由あっても)今までの金子県政がダメだったという自己否定にしかなりません。県政での「与党ぼけ」「与党でありたい」の県議達のご都合主義には驚きです。そして党組織や党員の気持ちを全く汲み取らずの動きに関しては先に衆議選の時に私たちが党中央にもった不満と全く一緒です。早速、今日支部の幹事長に長崎支部として県議団・県連の動きに反対する決議等ができないか話してみようと思います。

 今日は昨日に引き続き決算委員会です。昨夜は城栄商店街青年部の集まりもあり「地域商店街マネージメント支援事業」の協力についてお願いしたところです。福祉施設や銀行関係者から「できる限りの協力」の返事をもらい心強くなったところです。こちらはいよいよ実質スタートです。

| | コメント (1)

2009年11月 9日 (月)

国会論争

 先週の国会の予算審議、時間のとれるなか部分的にしか見ていませんが、なかなか面白かったです。やはり答弁書の棒読みではない総理、閣僚の生の声での答弁は「官僚まかせ」でないという姿勢が伝わってきて、これは今の政権のプラスの部分だと思います。自民党の質問はまだまだ加藤議員が言うような「与党ぼけ」の質問もありましたが、そのなかでも石破議員の質問がやはり一番冴えていたと思わさせられたのと、斎藤健議員の「CO2削減25%宣言は国益を損なうではないか?」という環境問題に鋭く切り込む質問は聞いていて「よくぞ言ってくれた」と納得ものでした。すごいのはこの方1年生議員(元経済産業省~埼玉県副知事)ですが理路整然とした落ち着いた質疑を行い、今回の予算委員会で(私的には目ざわりにしか映らない)民主党の「一斉拍手やじ軍団」の若手議員さんとは大違いです。プチ溜飲を下げた気持ちでした。

 さて、今日明日(水曜予備日)と私も議会の「決算委員会」が行われます。事前にもらった資料に目を通してはいますが、資料の数字だけ見てもわからない部分は多々あるので、しっかり理事者の説明を聞き、昨年の議事録も参考に読んで質疑に臨みます。

 今週も夜も含め忙しくありますが頑張ります。知事選は自民党はどう対応するのでしょうかね、参議選も含め党員~県民不在の候補者選出をしているようでは自民党再生おぼつかずと思うこの頃です。今週もがんばりましょう!
PS やはり筋肉痛です。

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

しっかりして厚労省

 先日新型インフルエンザの子どもへの接種を前倒しできないものか、ブログに書きましたが、さる金曜日に厚生労働省が各都道府県に対し健康な小学校低学年の接種を今月中旬に前倒しするよう各都道府県に要請しています。遅すぎるし、要請という形で県にゲタ預けられても迷惑な話でしょう。独自に前倒しを行う予定の県は準備はできているでしょうが、それ以外はできて月末でしょうね。厚労省の当初の接種順位を決める判断のミスは「責任もの」です。
 新型ではない季節型のインフルエンザの予防接種で、今、市内の小児科はものすごい忙しさで、土曜日などは注射の予約をいれて病院に行っても風邪をひいた子どもも含めて病院はごった返しの状態ばかりだったそうです。また、新型のインフルエンザの予約についても病院毎でまちまちの対応のようでお母さん達の間では混乱を生じているとのこと。

 またこれも先日言及した補助については個人的に市の上層部に相談もしましたが、ちょうど金曜日夜の市医師会との勉強会でも医師会側から同様の要望がなされましたので、私から「予算組は大変厳しいだろうが週明けにでも医師会としても市長に要望してほしい」旨を逆にお願いしたところです。会議後に協議をしてみるとのことでした。

 さて、厚労省については「たばこ1箱600円」の検討も伝わってきています。財源不足を補うため「健康に害がある」たばこならば税率をあげてもいいだろうという判断なのでしょうが、3つの点で反対です。まず①どこで議論して決めたのか独断すぎます、②大衆嗜好品(他にお酒類等)にだけ狙いを絞った増税は邪道です、③地方の税収へも影響し、かつたばこ販売やたばこ耕作に従事される方へも大きな影響がでてきます。とにかく、マニフェスト達成にこだわる帳尻合わせの財源確保は将来的に大きなひずみを生んでしまい危険です。

 もっと将来的な視野、ビジョンをもった施策の展開をせねば!です。

PS 今日は青年協会現役とOBのソフトボール大会でした。私は応援のつもりで参加しましたが、OBの数がカツカツだったこともあり、第1試合のピッチャーに…しかし、2本のホームランを被弾し(打ったのは知らない後輩、遠慮というものがないのか)大敗してしまい一身に責任を感じてしまいました。第2試合はもちろん…ベンチウォマーでした。それでも明日はたぶん筋肉痛でしょう。

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

自治会でつなぐ地域の「わ」


 今日は「ながさき自治振興推進大会」に出席しました。
 自治会長職は5年毎に感謝状を贈呈しますが、今年度は会長職35年の2名の方はじめ129名の方が「永年在職自治会長」で表彰されました。また、10年以上自治会役員の方で連合自治会からの表彰推薦を受けられた67名の方は「自治会役員功労者」、地域の保健環境向上に貢献されこれもまた連合自治会から推薦を受けた28名の皆さんが「保健環境美化功労者」として表彰されました。私も今回、功労者として表彰頂きました。ありがとうございます。

| | コメント (0)

生活実態?

 昨日は行政改革審議会でした。毎回「人件費」を巡り担当部長と禅問答のようなバトルをしています。私がはあえて極論から意見し、それに対し部長が見解を述べるという展開に。

 私の意見は審議会のなかでも本会議、委員会他どこでもシンプルなもので、
「とにかく一律下げるべき(最近は一人100万と具体的な数字だしてます)現在の職員一人あたりおしなべて713万円という金額は民間と比べ高すぎる」

 それに対し、行政側のこれまでの見解は(箇条書きで)以下の通りです。
○一律ではなく人数で600人削減努力し人件費削減に努めている(4年で433名減)
○一人あたりでも随分と基準を見直し「昇給しない人は20年間昇給がない」
○民間と比べてもそう高いと思わない(どうやら三菱のような大手との比較のようです)
○一律大幅に下げることについては、職員の生活実態も考慮してやらねばならない

 昨日カチンときたのは「職員の生活実態も考慮せねば」という発言。生活実態とは…恵まれているんではないですか?713万という金額もさることながら、なんといってもリストラ(解雇)されることはないわけですから。今、長崎市内の中小企業はいつ会社が倒産してもおかしくないところは残念ながら数多くあります。マンション購入が好調のようですが、関係者に聞くと公務員の方多いです、と言われます。そうでしょう、こんなご時世にローンを組むのも大変だし、それどころかマイホームを手放す人も数多く…税収550億の6割が人件費、まさに「身の丈にあった給与水準」であるべきです。

 ここまでだと市の職員の方からも総好かんくらうのでしょうが、実はこれだけが理由ではありません。以下、これも箇条書きで

○人員削減による人件費削減ははもう限界だと思います。庁内の職員は人数が少なくなるのに、それに反して仕事は多岐に増えています。しかし職員の補充もなくもう皆さんアップアップ、これでは当然モチベーションもあがりません。
○市職員採用は本市のような地方都市では大きな「雇用の場」、積極採用も必要です。また、このことは年齢構成のバランスみても一般職に留まらず、特に現業職・消防職員の採用は喫緊の課題です。
○将来、高齢少子化がきても、できるかぎりの低負担で高福祉行政を展開するためには今まさに血を流す努力をし、市の借金(2000憶)をまず消し、プラス貯金をしていかなければならないと思います。
○嘱託職員と一般職初級の人の給与格差是正すべしだと思っています(ワーキングプアを行政がだしてはいけない)

 だから、一律削減「みんなで痛みを分かち合おう」なのです。年間の収入が100万円落ちたら生活はきついでしょう。わかります。永久的に下げるのがダメだというなら10年間だけでも我慢してくれませんか。将来の子どもや孫達のために。そして市民の安心・安全とふるさと長崎のために第一線で頑張ってくれる私たち市職員の仲間(後輩)を育てるために!

PS もちろん、私たち議員給与もです。まずは51人の定数を40人に減らします。個人的はさらに10名減ぐらいを目指すべきだと考えています。しかし、大胆な議員数のカットができたならば、給料は少しでもあげてください。生活実態という意味では(言いわけではなく)組織のバックアップなき保守系議員、特に若い世代は食っていけません。そして食っていけないことより心配されるのは志ある若者が議員を目指さない(目指せない)ことは大変まずく、また民間でもまれた仕事意識や経験が議会にも必要です。議員で食っていけないなら、民間企業を辞めて議員になる人などいなくなります。議員年金も将来的にはなくなるからなおさらです。「自分達に甘いのか」とうお叱りを受けるでしょうが、議会の総コストは下げるなかでの考え方です。ひとつだけ、もし日本に政治家への「個人寄付」という考え方が定着すれば話は別です。先の職員給与含めて色々とご意見あろうかと思います。コメント、メール等でお聞かせください。

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

MVP

テレビも新聞も松井一色ですね。総理も早速「国民に勇気を与えた」とコメントだしていますが、確かにそうです。故障に悩まされた今季だったので、やったねという気持ちとこれで日本球界復帰→阪神獲得は当分なくなったと残念な気持ちもほんの少し。勝手な願望でした(笑)

 さて、昨日インフルエンザの話題に触れましたが、ちょうど今日の新聞には大村市が未就学の子どものワクチン接種に「半額助成」をするとの記事があります。子育て応援手当の補正予算が執行停止された際、本市独自での考えはないか?と尋ねたことも以前書きましたが、今回の大村市の半額助成は私からみたら「スマッシュヒット」です。

 本市では子ども一人につき2回の接種で6150円。それに+通常の季節型のインフルエンザの予防接種もあります。子どもを二人、三人かかえる家庭では…予防接種だけでもばかにならない金額です。本市は生活保護世帯、市民税非課税所帯、特定中国残留邦人については接種「無料」が報告されていますが、これは財源をみると国が半分、県市が4分の1を費用負担…てことは県下一律かもしくは全国一律の制度かもしれません。応援手当の停止にともない子どもへの新型ワクチン費用の助成を検討してほしかったところです(検討したのかもしれませんが)今からじゃ遅いでしょうね。そこまで頭が回らず残念でした。ちなみに14歳以下54000人として1憶6600万、執行停止した応援手当を市単独の財源で行うと約4憶円かかります。

 今日はもう金曜日。午前中は庁内での打ち合わせ、相談受けたことの対応等ですが、午後からは行政改革審議会に出席します。今回の審議内容は①職員数の推移、②職種別職員数年齢構成表、③第4次行政改革大綱の成果と検証について、④長崎市の人員体制の現状について、となっています。積極的に臨んできます。

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

ダブルスタンダード

 民主党のマニフェストのなかで、「保育所待機児童の解消のための保育所設置の規制緩和」が検討されていることを「保育の質の低下、児童の安全」および「保育所乱立」の意味で心配していましたが、どうやら都市部のみ、また待機児童解消までの期間に限定して緩和する方向で落ち着きそうな報道があっております。率直に妥当な判断だと思いますが、ここ数年の法改正や施策の変更の流れは、ややもすると都市部にスポットをあわせた変更で地方にはそぐわない現象を生じていました。これからは、今回のような都市部と地方で基準(ルール)が違うダブルスタンダードの考え方を柔軟に取り組んでいくべきではないかと思います。もちろん、地方自治体においても国の基準をさらに緩和することはできないでしょうが、地域の実情にあわせた「横出し」または補完する新規のルールづくりは、どの分野においてもこれからさらに必要となってくるでしょう。幼保に関していえば、まさに今推進の立場で働かけを行っている「認定こども園」について、なぜ、特に経営が厳しいと言われている幼稚園でさえ手を挙げないかについては、その要因等については既に十分な検証もできているでしょうから、そろそろ「長崎方式」のルールを提案する時期にきていると思います。

続きを読む "ダブルスタンダード"

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

頑張る飲食店には

頑張る飲食店には
頑張る飲食店には
昨日の食事会の店にいけ洲があり、綺麗なイカが泳いでいたので思わず写真をとりました。呼子のイカを運んできているそうです。
またこの店の2階につながる階段にはバリアフリー用の一人乗り昇降機が設置されていました。こういうもの設置については高齢者用、また観光都市として観光客に対するバリアフリー対策として行政が一部補助(年間いくらまでと予算の総枠を決めて)をだしてもいいのではないかと、来週行われる決算委員会のなかで提案できたらと思いました。

| | コメント (0)

色気を捨てる

 昨日は終日親戚の法事でしたが、法事が無事終わり食事会の席でお寺の住職さんとお話する機会を得ました。

 短い時間のなか色々話すなかで、今の日本、そして長崎をもっとよくせねばならぬという話で一致したのですが、そのなかで私が「古きよき時代に戻したい」と話すと住職さんは「それは無理。古きよき時代に戻すのではなく、古き時代の行いを今に活かせねばならない」と言われました。伝統や文化、助け合いの心…確かに言われる通りです。

 そして昨日話をさせてもらったなかでもっとも印象深かったのは「人は色気を捨てねばならない」という言葉です。
 色気?なんのことかと思ったわけですが、住職さんの言われる色気とは「他者からの自分の評価」のことでわかりやすく言うと「自分が周りからどう見られているか」を気にするうちは、自分のやりたいこともできず、成長もないということです。身につまされる思いがしました。そして、政治に関してのひとつ面白い話は「アホ武将(住職さんがそう言ったのです)と言われた武田勝頼は織田信長になぜ負けたのか、知っていますか?」と聞かれ私が存じてませんと答えると「勝頼は戦に対してみんなの意見を聞いて戦った。信長は独断と偏見で戦った。その差ですよ」 政治家には独断と偏見が必要だと言われました。私は「両方合わせ持たなければならないのではないですか」と話しましたが…すごく心にひっかかる話でありました。皆さんどう思われますか?

PS 最後の落ちですがこんな話をしておきながら、最後に「貴方の菩提寺はどこですか?」と聞かれ、恥ずかしながらとっさに思い出せませんでした。なさけない。時々はお参りに行きなさいということでした。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

避けたい山の事故

 昨日、不明になっていた小学5年生の子どもの死亡のニュースが速報で流されていました。最初は意識不明での速報だったので、なんとか無事であればと願っていましたが…可哀そうでなりません。親御さんの気持も察するにたえず深い悲しみとそして自責の念にかられていることと思います。
 HPでこの件でいくつかの記事を読みましたが、二度とこのような事故を起こさないようにするための用心(注意点)がお知らせされていました。専門家からみると色々あるのでしょうが、その方は「体力的に弱い方(子どもや女性、高齢の方)、また初心者は登山のグループの先頭と後方の間にはさむこと」、これは基本だそうです。そして、そうはいっても子どもは特に先を行きたがり、それを止めることなかなかできない。そういう行動も想定して、100円ショップで笛(ホイッスル)を買って持たせておき、なにかの時には笛を吹くこと。また、最近は携帯電話もかなりつながるので持たせておくこともベターである、と書いていました。
 そうですね、用心にこしたことはありません。今回の事故で私もほんとうに初歩的なことですが、知識として知ることができました。皆さんの周りで登山される方がいらっしゃいましたら「そういえばこんなことが書いてあったよ」とお伝え下さい。
亡くなられたお子さんのご冥福をお祈りいたします。

 昨日は国会の論戦もテレビで一部見ましたが、そのことについては改めて感想等お伝えします。今日は終日親戚の法事で私用です。

PS HPリニューアルでブログがトップにきて、自分では少し見やすくなったのではないかと思っていますが、いかがでしょうか?
 アンケートはやはりなかなかですかね?昨日の時点でもう少し「賛否のクリック」頂けるかと楽しみにしていましたが…名前の欄は賛成や反対等の記入で、またコメントなくても構いませんのでご協力よろしくお願いします。今後このじげもんアンケートについては、市政の課題等について「まえてつはこう考えるが皆さんの賛否は?」みたいな設問もしたいと思っています。市政エトセトラの1回目の「長崎市の財政」についても、HP開いてくれた方の7人に1人ぐらいの割合で見てくださってるみたいです。ありがたいです。このコーナーの充実にも心がけていきます。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

驚きました(知事不出馬)

 政権交代後の政治の世界は期待感や大丈夫なのかという不安感含め驚くことばかりですが、昨夜、知人の方からニュースで流れたと知らせて頂いた「金子知事、不出馬」はこれまたびっくりしました。今朝の一部の新聞には一面特ダネで載っています。

 「これ以上自身が知事に留まることが県政運営のプラスにならないという判断をされたものと思われる」と記事に書かれています。そうなのでしょうか?詳細がよくわからないので自身の感想は差し控えますが、まず心配されるのは、色々なことはさておき、本市のこれからにどう影響がでるのかということです。、色々と考えてみなければなりません。考えてみなければという意味では今国会の自民党のあり様も、自分のこれからの政治活動にとっては注視すべきところです。昨日、HPもリニューアルしたことだしはりきって活動する!と書きましたが、国政含めた政治の「激動ぶり」も要チェックです。

 今日は明日また休みということで、もろもろのアポや行政からいくつか報告を受けることになっています。夕方からは経友会関係の行事です。

PS リニューアルと関係があるのか?ですが、昨日のアクセスが100を超えています。私のブログへのアクセスは、週末の土日は平日に比べぐっと落ち、月曜が週のうちでももっとも高くなることが多い傾向にあるので、そうしたなかでの日曜の100超えは初めての嬉しい数値です。不思議な気持ちがしていますが率直に、ありがとうございます。

 

| | コメント (2)

2009年11月 1日 (日)

リニューアルしました

 今日からHPをリニューアルしました。実に1年半ぶりのリニューアルですが、あまり欲張らず、またしっかり定期的に更新できるよう、無理のないものに変更しました。

 リニューアルした箇所は、まず「今週のまえてつ」をトップページで見れるようにし、新しく「じげもんアンケート」のコーナーをつくりました。第1回はオリンピック招致について。皆さん、ぜひご協力ください。
 「市政エトセトラ」は私が知り得た市政の情報で皆さんにもお伝えしたいものや、本市の課題や問題点等についての私の考えをこまめに伝えていければと思っています。これは前回もコーナーを設けながら出来ていなかったところなのでしっかりと取り組みます。また、私の今期の本会議での個人質問もクリックにより市議会のHPから見ることができますので是非ご覧になってください。

 なにごともそうですが、物事新しくなったり、区切りの時は気持ちが晴れやかになるものです。今月もはりきって活動します。

PS HPリニューアルしてくれたTさん、ありがとう。いつも「あてにしてます」(笑)これからもよろしくです。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »