« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

今年もお世話になりました

 今年も残りあと数時間となりました。朝からこざこざと用件をすませ、大そうじも手つかずのまま年を超してしまいそうです。

 今年も皆様に支えられ頑張ってこれた一年でありました。一年を振りかえり、市議としての活動のなかで一番の収穫は「学校選択制の見直し」にこぎ着けたことです。但しこのことは私達市議の多くも5年前、選択制に賛成した立場であったことを考えると大いに反省すべきで、想像した以上に学校間に児童「増」と「減」の二極化が進んでしまったという状況を招いたことは先を見る力が足りなかったということです。それにこれでジエンドではなく、この後適正配置の課題もあります。ハード面、そしてもっとも重要なソフト面での教育の充実が求められます。

 逆にくやしかった(残念だった)ことはやはり新市立病院と原爆病院の統合問題です。市議会のなかでは真っ向からの統合賛成は私一人に近い状況でしたが、私は当時もっと冷静な議論をしてほしかったのと、将来的な本市の医療環境を考えると今でも統合すべしという決断は間違っていなかったと思っています。

 そして一番戸惑ったのは…バイオラボの特別委員会ですかね。もともと所管の委員会ではなかったので猛勉強して臨みましたが、なにか後味の悪さだけが残った委員会審議でした。プラス市長との直接の論戦はできていませんが、オリンピック…これは来年に持ち越しですが、私はやはり早く手を降ろすべきだと思っています。

 一般質問は今年は2回行なえましたが、2回目は政権交代による本市への影響、緊急雇用対策についての質問と、どちらかというと会派を代表したような質問でしたので、個人質問としては実質1回。それでも「路面電車の北部延伸については来春方向性をだす」「DV被害者への定額給付金相当額支給」「市営住宅マスタープランの作成に着手」「合併町に対する公共工事の地元発注へ配慮する手法を研究~実施する」「来年度からの予算策定経過を事後公表する」「総合計画の地区計画に地元の意向を反映する」等の答弁をひきだすことができました。また、新型インフルエンザの子どもへの2回目接種への半額助成を働きかけ実現できたこと、地域商店街支援事業スタートも成果としてプラスできました。

 衆議選に負けたことは大変ショックでしたが、こうやってみると一定きちんと結果をだせたという満足感はあります。

 来年も何卒よろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2009年12月30日 (水)

もう30日だというのに

 もう30日だというのに挨拶廻りもままならず会議等に時間を割かれています。今日も日中は会議のはしご…何の会議かは皆さんのご想像におまかせします。時間がもうありません。

 しかし、その挨拶廻りですが、めっきり廻るという習慣が減ったみたいですね。多くのところが仕事納めであった28日ですら挨拶廻りする姿はあまり見かけませんでした。なんだか年(仕事やプライベート)の区切りとして古き習慣がなくなってくるのは一抹の寂しさも感じます。

 私も今日でなんとか仕事納めをし、明日一日だけは大そうじ等家のことをすませたいと思っています。さて今日も出発です(8:00)

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

ひと足はやく~まちかど龍馬館

龍馬館
龍馬館
龍馬館
龍馬館
龍馬館
龍馬館
 

 昨日、ひと足早く龍馬館を見てきました。まだ少し展示の設営が残っているとのことでしたが、予定通り1月2日の12時オープンです。関係者の皆さん、準備方大変だったでしょう。ご苦労様でした。龍馬関係の予算には日頃批判的な立場にたっていますが、これはこれで是非多くの観光客が龍馬館を訪れて頂き、観光とのタイアップによる浜ん町の活性、そして市民の方にも改めて本市の歴史の再発見をして頂きたいと思います。

 オープン前なので肝心の展示のところの写真は多くはアップいたしていませんが、上から順に、龍馬館入口(メイジヤさん隣です)、入って最初に見る大型スクリーン(黄色のマップは「龍馬の道インデックス1~45」まであり、まち歩きのポイントとなっています)、展示コーナーの一部、そして龍馬にちなんだグッズも販売、最後は入口側面に掲げてある青年協会のメンバーが集めた市民の応援メッセージのボードです。

龍馬ばりに 「長崎を元気にしてそうろう」 です!

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

仕事納め

仕事納め

いよいよ今年もあとわずか。今日明日でほとんどのところが仕事納めではないでしょうか?一年振り返りどのような一年でしたか?

 私自身の一年の振り返りはまだ後日しっかり書きますが、市政報告作成時にも思っていたのですが、議員10年経ってやっと市政全般的に物事がみえ、随分と役所の方が私の意見や相談に対し真っすぐに向き合ってくれるようになったような気がします。議員になっての年数違いで対応が変わるのは実際はないわけですが、やっとここ1、2年で自分の主張がその背景も含め理解してもらってきているものと…ありがたく、(職員の方の私への評価は様々でしょうが)来年は任期最後の年、市政報告に記した3つの目標に向けて積極的に取り組み結果をだす年にせねばと気持ちを強くしています。

 さて、今日は当初は終日挨拶廻りの予定でしたが、緊急て発生した案件の相談と「まちかど龍馬館」の内覧会、党務の会議が終わり挨拶廻りに。夜は先輩と会い飲み会ですが、たんなる飲み会ではなく、さ来年の選挙に出たいという方の相談にのることになっています。自分の経験でよければと引き受けましたが、おこがましいような気もしています。さ来年の統一地方選挙は随分と様変わり、新旧交代の予感です。

PS 写真は先日世界遺産推進室からもらった卓上カレンダーです。県と県内4市2町で取り組んでいますが、私自身この一年取り組みが弱かったのを反省しています。来年はしっかり取り組みます。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

暖かな日曜です

 今日は完全オフ。暖かな日曜となり、子どもの教会での遅まきながらのクリスマス会に送り迎えの車中からは、布団を干している家もチラホラ。さすがに商店街は今日はほとんどの店が開けていました。かき入れ時ですね。

 今週は明日で市役所も仕事納めで、私もほんとは終日挨拶廻りをしたいところですが、日中には会議と「まちかど龍馬館」の内覧会があります。いよいよ2日オープンです。挨拶廻り全然できていないので火曜以降もしたいと思っていますが、ほとんどの企業等休みに入ってるでしょうからお会いできるのかどうか…

 先日買った難しい本は昨夜から読み始めました。正月用の文庫本も購入。さ来年春は選挙なので今回はゆっくりした年末~正月を過ごせたらと(過ごしたい)思っています。

 

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

それでもまだ…

 昨日JOCからオリンピックの共催はNOと言われた田上市長。それでもまだ一部競技の開催ができないか検討すると言われていますね。

 理念を発信したことに意義はあると言われるなら、ここはもう手の降ろしどころだと思います。一部競技の開催になんの意味があるのか…まだ何をプロジェクトチームで検討させるというのか、担当部署ではそれぞれ課題山積のなか本来の業務に専念させるべきです。

 一方、昨日の私立幼稚園協会の市長要望も保育会に続きゼロ回答。

 オリンピック、そして龍馬伝、市民の思いは「とにかく自分達の暮らしをよくしてほしい」が切実な思いです。やらなければいけないこと、かける予算は他に一杯あります。先日の議会予算で例えて言いましたが「若宮神社の龍馬像の景観をよくするための電線の切りまわし」に500万の予算を使うぐらいなら、私だったら同じ500万で「幼稚園や保育所に4000冊の児童図書を配布」に予算を使います。要は「優先順位」の問題です。

 年内が潮時、年が変わって新たな気持ちで!「改める勇気」(マーガレットサッチャー)

 

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

ちなみに

ちなみに
わが家のサンタのブレゼントは写真の本です。龍馬の漫画は大人が読んでも面白そうです。

| | コメント (0)

船の汽笛とともに新年を迎えよう2010

 来年、長崎市で「海フェスタ」が開催されますが(7/17~8/1)、その関連事業として、元日零時に長崎港に停泊中の船舶による汽笛の一斉吹鳴(いっせいすいめい)が行われることになりました。

 昨日このことについてお知らせのあった文書には以下のような目的が書かれていました。

 「一斉吹鳴は海フェスタの長崎市での開催を祝って、長崎港・福江港に停泊中の船舶が一斉に汽笛吹鳴をおこない、市民に開催をPRすることや除夜の鐘や年越しそばだけでない、『みなとまち』ならではの年越しを体験してもらうことを目的としています」

 汽笛を鳴らすために31~1日にまたがり船に乗られる方には申し訳なくも思いもしますが、面白い試みだと思います。評判よければ次年度以降も~でもそれではやはり関わられる方が気の毒ですかね。ライトアップとかして大みそかのカウントダウン時に常盤出島に人が集まるようなしかけも楽しそうです。とにかく、初の試みですが、長崎港近くに住む方は元日零時、耳を澄ましてみて下さい。

 昨夜はサンタのイベント頑張りました。最初の訪問先7時到着目指し、6時過ぎに1台の車でサンタとナビの3人でスタート。担当は希望に反し南部でしたが(地理に不慣れなため)2時間半かけて10軒のお宅を訪問しました。ドライバー役だったので、子ども達の笑顔やびっくりした顔、固まった姿などは見れませんでしたが、ちょっとでも子ども達に夢を与えることの手伝いができてよかったです。

 今日も庁内と外を出たり入ったりです。夕方からは私立幼稚園協会の市長への政策要望に立会います。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

イブ

 今日は公立の小中学は終業式、新政権はちょうど100日、そしてイブの日です。もう少し寒いぐらいがイブっぽいような気もしますが…

 今日は夕方から昨日もお伝えした「サンタドリーム09」のお手伝いにでます。どういうことをするのかというと、保護者から事前にプレゼントを預かり(ボランティアスタッフがサンタに扮し)その子どもの家を訪ねプレンゼントを渡すというもの。その際、これも事前に保護者から聞いていた子どもとの「お約束」を確認します(例えば朝ご飯は残さず食べよう!みたいな)また、こちらで地図で訪問する家の場所は確認していますが、念のための「玄関先のサンタの貼紙」も事前に色塗りして作成してもらっときます。私と同級生で始めたこのイベントも既に10数年、今はあるボランティア団体に引き継いでもらっていますが、今年は数年ぶりに参加です。過去にはプレゼントを渡す相手が高校生だったり、おばあちゃんだったりしたこともありました。雪が降った年など大変な思いをした記憶もありますが、今日は天気も穏やか、順調に実行できることでしょう。ちなみに私の役割は「サンタを運ぶドライバー」です。

 夕方まではこざこざと仕事していますが、昨日になって「やらなきゃリスト」に1件追加があることに気づきました。県の選挙管理委員会に提出する「政治資金収支報告書」作成です。これが毎年やっかいなのです。どこぞの総理と違い扱うお金の額はほんとに小額なのですが、仕分け記載する項目が詳細かつ判別が難しく、いつも要綱を脇に悪戦苦闘しながらの作業となります。残り1週間のなかでできるかどうか…とにかくラストスパートです。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

年末用の1冊

最近

 年末まではまだバタバタですが、年末年始に読みたいと思う本だけは先行して購入しました(写真)

 興味深いタイトルでしょう?

 内容は読後にお伝えしたいと思いますが、どうも「今の政治の目指すべき正しいと思われている方向性がほんとうに正しいのか?まだ日本という国は高度成長再びという気持ちがあるのではないか、政治は全ての人を救えない…だとすれば、色あせた希望はいいかげんに捨てて新しい希望を見つけ歩もうではないか」ということを経済の視点で根拠づけて述べ主張している内容のようです。

 今日は変な天気ですね。ゆっくりと休みたいところですがそうもいかず…忘年会もお陰様で残りあと数回に。体力勝負です。 
 明日夜はイブ。数年ぶりにサンタのボランティアの手伝いさせてもらいます。

| | コメント (2)

2009年12月22日 (火)

同じ目標ならば

子どものために
 

 昨日は保育会の市長要望でしたが、市長が急遽上京されたため副市長対応となりました。

 要望項目は4項目ありましたが、政権交代もあり国の動向を見極めたいという理由も述べられていましたが、ほぼゼロ回答…かなりさびしい要望となりました。

 さびしい…ゼロ回答だったこともさることながら、行政側に「子どものために」という共通の認識があるのか少し疑問を感じるような回答の仕方だったことがなによりも個人的には寂しく感じたのです。
 「立ち位置」は同じのはず。ならば「予算は厳しいけどここまではできる」「予算はつけれないけど行政で何か支援できることないですか?」みたいなやりとりになれば互いに力をあわせ少しづつ頑張っていこうとなるのですが。残念です。25日は幼稚園協会の要望もありますが、それも同じようなことになるのでしょうか?

 もろもろの事情あると思いますが、特に財政的に厳しいという話は、基金等を取り崩してでも、今「長崎方式」の予算組みがあってもいいと思っています。担当部署も課題山積、かなりお疲れ気味のようです。大変なのはよくわかります(大変にさせてる張本人の一人ですから)ご苦労様です。年明けでもゆっくりと担当部署と話せたらと思います。

PS 昨夜は忘年会や会議等3件の「はしご状態」で早退~遅刻とバタバタで申し訳なかったですが、城栄商店街の活性化委員会は(各種アンケート調査も終え)現況~課題~将来像について話し合いました。積極的に様々な意見がだされていて嬉しかったです。かなりいい目標設定ができそうで来年以降の議論が楽しみです。

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

残すところあと10日に

 今年も残すところあと10日となりました。ほんとに「師走」ですね。やらなきゃリストは…まだ半分ほどしかクリアーできていません。来週はもう私もですが皆さんもバタバタでしょうから今週中にある程度目途つけねばです。 

 さて、リストのなかでも最優先であった「市政報告」が完成しました。改めて完成品見ると内容的に「言葉足らず」でもっとお伝えしたかったこと、総体的過ぎて個別課題についての具体的な取り組みや見解を述べた方がよかったかもというような反省が既にありますが、私の現状認識や政治活動に対するこれからの基本的な方向性はお伝えすることができていると思っています。本来ならば一人でも多くの人にお配りしたいところですがそれもままならないので、よろしければHP上のサイドバーからクリックして是非ご覧になってください。そのうえでご意見等頂ければありがたいです(コメントor直接のメールで結構です)

 今週も今日明日含め飲む機会続きますがなんとか乗り切ります(検診の結果、肝機能が要検でした。年明けたら病院受診予定しています)

PS  中山ゴンのVファーレン入りはなくなったみたいです。他に複数のJ2が名乗りを挙げており、試合に臨む自身のモチベーションや練習する環境面考えたらやむを得ないでしょうね。しかし、そのVファーレンのかきどまり競技場の施設の要望や長崎市内でのサポーターの拡大等の課題についてもまだ進展していない状況のように思えます。週末の飲み会で高校のサッカー部OBの先輩からもいい提案を頂きました。今週連絡とってみねばです。

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

4つの思い

もちつき
 

 今日は淵中のもちつきに顔をださせてもらいました。あいにくの天気でしたが、急遽テラスに場所を変更し、昨日からPTAの方々の準備のもと行われました。

 もちつき開始にあたり校長先生から「今日は保護者の方々がもちつきに4つの思いをこめているので生徒の皆さんもそのことをしっかり思ってもちをついて下さい」と挨拶がありました。その4つの思いとは、①もちつきという伝統行事を通じて国を愛する気持ちを再確認する、②地域の方とのふれあいをもつ、③ともに力をあわせる、④来月には次の進路を決める3年生を励ます、というような意味合いをもって行っているとのことでした。その通りです。生徒達も元気にもちをついていました。

 昨夜は帰りが夜中遅くとなり、かなりバテ気味の朝でしたが、午後からは昨日に続きオフ。ゆっくり休ませてもらおうと思っています。

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

初雪

 朝起きて外を見たら雪が舞ってました。初雪ですね。この分だと明日の朝は積もるんではないでしょうか?明日のご案内頂いた中学のもちつき心配です(雪でも決行でしょうが準備が大変かと)

 今日、明日は珍しく完全オフです。今日は午前は子どもの保育園のクリスマス劇を見に、また夜は後輩(先輩)たちとの忘年会です。地元の先輩後輩は消防団にも所属、自治会の行事(実行部隊)や仲間の運営する幼稚園の行事手伝い等地域のために日頃から精力的に活動しており、後輩とはいえ頭の下がる思いと頼もしくも感じています。楽しい飲み会になることでしょうが、肝機能が「限りなく赤に近い黄信号」状態なので節制しながら臨みたいと思っています。明日は中学のもちつきに参加と久しぶりに実家にも顔だしてみようと。

 皆さん、年末年始の準備始めましたか?私はいつも年末にバタバタと…今年もたぶんそうなるのでしょうが、大みそかまでに土日があと2回あります。少しづつ計画的に動ければいいですね。

PS 民主党の政府への予算要望、批判浴びてますね。現実路線に変更?それにしてもこれもまた十分な説明必要でしょう。しかし、この要望内容が「自分達が書いたものではない。誰が書いたんだ?」と言っている民主党の重要案件の審議過程てどうなっているんでしょうか??(なんでも要望の文章のなかで使われている「マニュフェスト」の語句。民主党内では「マニフェスト」と統一しているそうで、小さな『ュ』が入らないそうです→だから外部の人間が書いたと)

 

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

不可能は不可能でしたが

不可能は

 写真は、昨日の銅座自治会の市長要望で、自治会長から市長へ要望書を手渡している写真です。映りが暗いですが回答も暗く「不可能はやはり不可能でした」

 今回の要望は今工事が行われている新地橋(平成23年1月完成予定)の完成を4ケ月を早めて来年のおくんち前に完成させてくれないかというもの。なぜならば、来年は銅座が7年に一度の踊り町なので新地橋にできる広場を確保したいため。これは銅座だけの問題ではなく、くんち全体として、また観光地長崎としての広場の活用も含めた要望だったのですが(最初はくんちに間に合わせるというところで協議~計画されていたのが)地質が思った以上に緩く手間な工法をとらねばならないこと、文化財がでてきたこと等でどうしても間に合わない、理解してくださいという回答でした。

 しかし、せっかくの機会、来年のくんちに関しては場所の確保についても行政もできる限りの協力をするということと、これは私が提案しましたが、銅座~新地界隈の街づくりについて、浜の町でやったようなエリアマネジメント的に地域住民と行政が協働で問題点抽出~課題解決、施策や事業に反映する勉強会的なものをやってほしい、については「いいことだ」ということで市長も前向きな姿勢を示されました。銅座にかぎってでも、ゴミの収集、商店街の街灯設置と維持管理、道路の補修、違法ぎりぎりの商売、路上の各個店の看板の整理、銅座町市場の撤退問題、銀鍋さん前のバス通りの慢性的な交通渋滞解消等々、地元だけ(or単一自治会)、また縦割行政では解決ままならない問題が山積しています。昨日の要望がきっかけとなり新年度に新しい動きにつながればと願っています。

 来週は保育会や幼稚園協会、はりきゅう助成等の要望立ち会いがひかえています。

| | コメント (1)

歩いて発見

歩いて発見
わが母校のカヌー部の格納庫みたいです。いつからカヌー部できたのか…ちなみにオリンピックにおけるカヌー競技の開催条件調べたら、全長1200、幅は400メートル、仮設スタンド12000名だそうです。長崎市では無理ですね。大型の施設作らず開催可能な競技何があるのか…(他にも開催期間中の救護体制とか厄介な課題もあるのですが。これは来月福岡市に勉強に行きます)

今日は昨日の銅座町自治会の市長陳情の件なども書きたいのですが、なにせ朝からバタバタ。後ほどゆっくり書かせてもらいます。

| | コメント (3)

2009年12月17日 (木)

やはり歩いてみらねば

 昨日は午前中かけてエミネント葉山を中心に背中にリュックをからい歩いて市政報告を配って廻りましたが、やはり歩いてみるものですね。気づかされる事多々ありました。

 午前9時にスタートしましたが(皆さんもそうでしょうが)この時間は既に働きにでている時間ですから地元にはいないですよね。大人が仕事に、子どもが学校に行った後の住宅地はひっそり静まりかえっていて、数時間の歩きでも道で出会った人は5人いたか、いないかぐらいでした。郵便受けには当日やもしかしたら数日前の新聞(雨の日の時のビニールに入った新聞があったので)が結構残っていて、皆さんどうされているのか、長期お留守の御宅も多そうです。(新聞の件は知人と話したら、朝は新聞読む暇なく出勤している人もいるのではと、そうですかね?)
 そういう人の気配がないところですから、やはり防犯が心配ですし、子どもの登校はともかく下校時の見守りも必要です。空き家もちらほら、道路は(市道ですが)ひび割れ箇所があちこちに。公園ももちろん人っ子一人といません。しかし、たぶん旧市内の郊外型団地(造成30~15年ぐらい)はどこも同じ状況だと思います。少し他の地域の状況も直接見たり聞いたりしたうえでですが、行政に提案してみたいと思うのは、そのような団地の地域にしぼった関係者の集まりによる、現状や共通の問題点、課題の抽出~解決策の検討~実践が必要だと思いました。これは斜面地のようなところもそうです。連合自治会単位の行政との意見交換はあっても、同じ地勢や団地の形成等での広い市域での話し合いというのは私の知るかぎりやっていないと思います。
 それにしても、やはり歩いて気づかされること大です。もっと歩かねば!

 今日は歩いて市役所に。午前中は庁内での用務とこれも長らく時間がかかっている保育所の相談事で現地にて協議。午後には銅座町自治会の市長要望にも立ち会います。夜は経友会の忘年会。今夜はかなり遅くなりそうです。木曜でよかったです(翌金曜一日頑張って乗り切ればいいので)
 皆さんも忘年会ピークじゃないですか?体調管理に気をつけられてください。

 

| | コメント (3)

2009年12月16日 (水)

頂きもの

頂きもの
頂きもの

  写真は昨日の頂き物ふたつです。下の写真の「さんま寿し」ですが、くまのといえば…三重県?さんまがめちゃくちゃ捕れるわけではないでしょうに発祥の地とあります。写真のように一匹を半身にし丸ごとです。

 上の写真はなんだと思いますか?

 クリスマス商品ですが…びっくり、トイレットペーパーです。飽きたら本来の目的にお使い下さいと書いてあります。なんでもアイデア次第ですね。

 昨日は庁内でいくつか用事をすませ(前回欠席の城栄商店街活性委員会の会議報告も。順調です)、外回りをし&今日の市政報告配布の準備を…そして今日は午前中かけて配布に出ます。しかも徒歩配布。頑張ります!

 一段と寒くなってきましたね。皆さんも暖かくしてお出かけください。

PS 普天間問題、報道のような結論なら、新政権スタートの直後の判断でもよかったような…何を今まで検討してきたのかわかりません。また、子ども手当の自治体負担もですが、昨日は「国民の世論も所得制限があってしかるべきだという思いが強いと思う」と述べ、子ども手当の所得制限導入の検討に入るとのこと…妥当な判断とは思います。しかし、世論のせいにしてはいけないでしょう&それでは今までの児童手当と変わらないですね。総理、しっかりしてください!

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

都市間競争

都市間競争

  今の時代、国際競争はもちろん、国内でも都市間競争の時代といわれ久しくなります。本市は観光都市といわれ、観光産業で潤っているのは事実。そこで、来年は「龍馬」にあやかって大いにもうけたい、もとい「長崎の魅力をさらに多くの人に伝えたい」と思っているところですが、大河ドラマによる交流人口増としては、昨年の「篤姫」と違い、龍馬は本市だけにかぎらず全国で多くの都市が「ゆかりの地」であります。特に写真の高知市は早くから龍馬を「観光の柱(ツール)」にしており、来月中旬には早速「出会い博」がスタートします。

 そこで「敵陣やいかに」とばかりに市議会の観光議員連盟でもオープニングイベントを視察することになっています。残念ながら私は不参加ですが、行かれる方には「しっかり視察してきて長崎の龍馬の事業にも反映させてください~くれぐれも敵に手の内を見せられるか、との対応をされないようにですね」と冷やかしていますが、皆(どの自治体も)目のつけどころは同じ「使えるものはなんでも使う」の貪欲さが大事です。もっと泥臭く本市も頑張らねばです。

 昨日、長いこと随分気になってた友人からメールをもらいました。どうしているかと心配しつつもなかなかタイミングというか時期を逸してしまい連絡をつけきれずにいただけに嬉しかったです。まだ返事をしていませんがすぐにでも書こうと思っています。皆さんも周りにそういう方がおられませんか?今年もあとわずか、気になる人は今年中に少し勇気をだし思い切って連絡をとられてみてはどうでしょう。私もまだ複数そのような方がいらっしゃいますので「やらなきゃリスト」に追加です。

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

今年もあと半月に

 書き込み遅くなりましたが、年内にやることリスト作成したら「てんこ盛り」でした。早速今日からリスト項目消しに取りかかります。

 長らく時間がかかっていた市政報告書もやっと完成~納品されてきました。作成部数は内緒ですがとにかく余らすことなきよう配布や郵送をしないといけません。

 また今週の忘年会は2回だけ。よく考えてみたら例年に比べ少ないようです。僕らは自分達で主催するより「呼ばれるほう」が多いですから…やはり景気低迷の影響でしょう。景気低迷といえば、銅座自治会の市長要望も今週セットしてもらっています。皆さん必死に頑張っていますので、切実な要望に行政が応えてくれること願っています。まさに今回の要望は「不可能を可能に」の要望事項…オリンピック招致と同じ気持ちで受けてもらいたいです。

今週末は初雪の予報もでていますので、皆さん、早め早めで仕事には取りかかりましょう。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

何をやっても?

 昨日は午後3時から先輩のところで飲ませて頂き(上等肉も食べさせてもらい)その後、虹が丘の連合自治会の定例会〜懇親会に参加しました。 

 給油活動停止に続き普天間問題で民主党の安全保障に関する認識の違いに危惧をしていましたが、今度は昨日から「天皇陛下の特例会見」と「永住外国人への地方参政権の次期通常国会での成立を目指す」という報道。私にとっては続けての大事(おおごと)にびっくりですが、マスコミは淡々と報じています。感覚マヒしているのか?しかも小沢氏が訪中時、韓国での講演のなかでの発言と、これではまるで「お土産外交」というより、中国に対しては家来が主君に「貢物」をするように感じがしてなりません。特に外国人への参政権はもっと国内で議論されるべきです。韓国側からすれば自国も参政権認めていると言いたいのでしょうが、数が数百人程度のもの、全然違います。お叱りのご意見があること承知で言えば「参政権得たいなら日本人に帰化すればいい」、参政権を与えるとその人達の票をあてにした政治家も現れることでしょう。政治体制が大きく違う国で育った外国人に(地方とはいえ)参政権を与えることについてはもっと慎重になるべきです。民主党の新人議員さん、中国に行くのであれば、地元の有権者に外国人参政権の賛否を明らかにして中国に渡ってほしかったです(たぶんほとんど小沢さんが恐く、か何も考えず賛成なんでしょうが)

 民主党は国民向けのマニフェストと別に政策集をつくっています。そこに書いてあるのは①夫婦別姓、②慰安婦への弔意金の支給、③国立追悼施設の建設、④人権擁護法案、そして⑤外国人参政権、です。
 ここまでのことを国民が認めたのか?答えはNOです。今は「マニフェストに書いてあるから」ですが、もうすぐしたら「国民の審判を受けた民意のもと」先のような政策が実現されるとすれば国家のありようの重大な危機です。

 民主党政権なら何をやっても許されるのか?
 こども手当の財源の自治体負担に対しても全国町村会に続き7県の知事も断固反対〜事務放棄辞さずの構えを示しました。自治体や業界の陳情受付のルールといい、ここは「おかしいことはおかしい」と徹底抗議、怒りを示す時期です。

PS 北朝鮮問題も危うい状況に。早速アメリカを通して、北朝鮮が「拉致問題を含み日朝協議に前向き姿勢」を伝えてきました。これも「訪朝の可能性」を軽々に発言した総理発言直後…既に先方のペース(術中)にはまってきています。

 

| | コメント (2)

2009年12月12日 (土)

歳末大売出し中!

歳末大売出し中!
お買い物は地域の商店街をご利用下さい!

| | コメント (0)

議会終了しました

 昨日で今年最後の議会が終了ました。最終日の議決は前述した通り損害賠償の和解の件1件が否決~その分の予算が減額修正されました。裁判という手続きを踏んでいないという理由が否決の主となる理由でしたが、私は被害を受けた方の状況等も含め総合的に判断し原案賛成(和解金支払い)の立場をとりました。

 全体的には、やはりもっときめ細かな、また相手(市民)目線にたった市の仕事の進め方が求められると随所に感じさせらた今議会でした。市立幼稚園の廃園、保育所の民間移譲の案件は十分な説明と話し合い不足、さらには全庁的に推進している指定管理者制度の在り方(これはやはり全体的な制度への取り組みとして総務部に猛省を求めるところであり、個人的にはもう何年も前から指摘していました)、そして経済対策~緊急雇用への取り組み等々。

 龍馬伝スタートが間近にせまり、振って湧いたオリンピック騒動で、なにか市役所全体が浮足立っているような感じもします。忙しすぎるのも一因でしょう。年内にそれぞれが諸課題を整理し、年をはさんで心身ともリフレッシュし、新しい年を新たな気持ちで互いに力合わせ頑張りましょう。議会中は理事者で親しき方にも強い口調で臨ませてもらった今議会でもありました。嫌わないで下さいね(笑)

 なんだか、一年が終わったような感じの今日のブログですが、まだまだ年内やること一杯です。地域や市民の方の要望への対応、各種団体からの来年度の政策(予算)要望の市への働きかけ、いよいよ主作業に入る城栄商店街の活性化委員会、はたまた議会中ストップしていた懸案のVファーレン、自分自身の活動、そして…ラッシュに入った忘年会etc、土日で一枚紙に「年内やらなきゃリスト」作成してみねばです。

 とにもかくにも昨日で議会終了。議会事務局の方はじめ、皆さまありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

今8時20分

既にハローワークの玄関前には開所待ちの人が10人ほど立って待たれてます。
頑張らねば!

| | コメント (0)

既に半世紀

既に半世紀

  「既に半世紀もたつ」と言ってしまえば酷かもしれませんが、出島復元はS26年に復元整備事業に着手して、その後S57(1982)年にやっと復元整備構想の答申(基本構想)~H8年(1996)年史跡「出島和華蘭商館跡」復元整備計画策定、本格的な復元に至っています。その間、官民あげて取り組もうということで伊藤市長時代には約10憶の基金も募りました。

 文化財の忠実な復元ですから、文化庁の指導のもと詳細な調査と復元工法等の十分な打ち合わせのもと進めなければならないのは承知していますがあまりに時間がかかりすぎです。これでは何のために事業を行っているのかすらわからなくなってきてるような気がしてなりません。

 なんのために…もちろん長崎の歴史の再現であり、そのことを後世にしっかり伝えていくことなのですが、もうひとつの大きな目的は「観光の目玉」にだったと思います。当時の伊藤市長はそう言ってましたし、だからこそ「本物を」また「官民あげて」だったのだと。当時市議に初当選後の私は復元の内容を知るなかで、観光が主の目的であるなら、現在地にこだわることなく、今の長崎港に扇型に張り出した「再現物」でいいのではないかと思っていました。それは本物ではありませんが、私たちが子供の頃教科書で見た出島は海に橋が架かって突き出していたのですから…

 現在、H8に策定した短中期整備計画の3つのステップ①建造物の復元(19世紀初頭にあった49棟のうち25棟)、②出島周囲の護岸石垣の復元、③出島表門橋の復元、に取り組んでいますが、この計画も、計画では概ね15年、エンドは23年でしたが、今議会の所管事項調査での説明ではH28年に完了となっており大幅に遅れてきています。ご苦労はあるのでしょうが、ピッチあげてもらわねば、特に出島表門橋は一日も早い完成が求められています。また、ひとつ提案したいのは長期復元整備計画では「四方に水面を確保し、19世紀初頭の出島の完全復元を目指す」となっています。これはいつのことになるのか?これを実現するには、①川をふる、②現在のトレディアホテル~JA会館~その隣の駐車場施設あたりの用地買収をし国道を迂回させる、③NIB前の道路、一部民間地を川につなぐ(そうすると電車は市民病院前~築町ルートに)と大がかりな事業になりますが、目標としているのであれば同時に取りかかっていかねば、ほんとに所管事項調査のなかである方が言っていましたが「生きている間にはできない」になりかねません。関係者や市民の声をもっと聞いて、まずは「なんのために復元しているのか?」に立ち返り積極的な取り組みを願います。

 今日は議会最終日です。いよいよ今年も残りわずか、やり残しなきよう年末まで忙しく動かねばです。

PS GDP大幅下方修正、景気回復遠のくばかりです。やはり一番の問題は現政権の検証なき「補正予算削減」であったと思います。年が明けたら建設業をはじめもっと大変なことになるのではないでしょうか(今は前倒し発注で実感ないのかもしれませんが)、郵政、普天間問題に共通するのは「とにかく旧政権のやったことにはなんでも反対」…気持ちはわかりますが検証なき政策変更は国益に反し混乱を招くだけであり、将来見据えつつも現実的な対応をとることを期待します。

| | コメント (0)

2009年12月10日 (木)

平和の発信

平和の発信
今朝、松山の競技場のとこで大型バス3台から次々に子ども達が…バスは熊本ナンバーでした。修学旅行か?先生やバスガイドさんの誘導で城山小学校に向かってました。
平和学習…長崎だからこそ子どもに届けることのできる平和の発信です。

| | コメント (0)

住みたい街

きみたちが
大人になっても
住みたいと思える街を。

これはあるハウスメーカーの広告のキャッチコピーですが、僕のなかでは好きな部類です。

「住みたいと思える街」の前に「子どもにとって住みよい街」でありたい。
昨日は幼稚園の役員さん達、ならびに保育会の青年部の人達と今月下旬に市長に対して行う政策要望をはじめ、政権交代による国の動向、またそれにどう対応するか、現場や地域の現況等について話す機会がもてました。最近の心配事のひとつでもある学童の設置や運営についてもいいアイデア頂きました。

 残り任期1年数ケ月のなかで、子育て(子育ち)環境をさらによくするための「長崎方式」のルールをなんとしても一定確立させたいです。そういう意味でも昨日のような情報の共有~連携した取り組みをさらに強く&同僚議員のなかでも「同志」を増やさせばです。

 子どもは私たちの宝物。この気持ちを皆が共有できれば…大人たちも街ももっともっと輝くはずです!

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

500万の電線切りまわし

 昨日の所管事項調査で委員会は全て終わり、今日は特別委員会、明日は休会日で金曜日は最終日となります。それぞれの委員会の審査結果を整理し最終日に議案や予算の賛否の意思表示をするわけですが、このままでいくと、1件の議案の否決とそれに連動する形で予算の減額修正が行われそうです。

 まだ議会が終わってないので総括には早いかとも思いますが、今議会の感想を率直に述べれば、自戒の念をこめて「緊張感に欠ける議会」であったように思います(自分の感想なのでお叱りを受けるかもです)

 もっと議論をせねば!残念ながら今回の補正予算の内容をみれば私が関わった委員会の審議に関して言えば「皆(委員)がやさしすぎ」「理解力がありすぎ」です。理事者の説明も足りない(説明資料も不十分)こともあって(そうではないんでしょうが)安易に予算をだしてきているとしか思えません。
 たとえば、タイトルの予算。これは先日、若宮神社に民間が建てた龍馬の銅像に関連し、その神社内に電線が張ってあり、それが龍馬像、また龍馬像をバックに写真を撮る時に邪魔になる(景観上)から電線を切りまわすのにかかる補正予算です。

 そんなことに500万…ありえないしおかしいと即座に思いますが、理事者の説明もそれっきり。聞けば経緯があるみたいですが、私以外に指摘したのは別の市議一人だけ。こういう予算を簡単に通すから、財政厳しきおり、以前は「さるく」、今は「龍馬伝」なら予算はなんでも通ると、議員から、また行政内部からも言われるのです。
 500万のお金があれば、例えば軽度発達障害児の療育のための作業療法士を一人増員することもできます。公立幼稚園の絵本はほんとに少なく古い本ばかり、これで絵本を買ったら1冊1200円として4166冊買えます。はたまた、育成協の自主事業の補助額を増額してくれたら地元で苦労して協賛金を集めてまわる労力も減らせます。

 ここで問題なのは議会の審査が甘いのもですが、根本的には行政にまだ予算は「人の金を使っての意識」があるのではないかということ、また予算計上の優先順位がはっきりしないということ、もあると思います。その他、龍馬館の運営のための任意の団体である実行委員会への3000万の貸付、緊急雇用で先の雇用対策で「後につながらない」&「せつな的」ではないかと指摘された幕末の衣装を着た人による観光インフォメーション、これもまた私が他に雇用対策なかったのかとの問いには「県からの内示が遅く(それを県に返すまでに)1週間しかなく、他の部署からはあがってこなかった」という答弁。9月議会本会議で「このようなことに効果的に対応できるよう常々準備しとく」という答弁とは大違いです。

 とにもかくにももっと議会力も発揮せねば「市民力」「職員力」しか発信しない市長から「議会てこんなもんだから」て言われそうです。オリンピックでさえそうだったんですから…同僚に働きかけもっと厳しく臨みます。田上市長は好きですが、それが市民のため、私達の責務、ひいては長崎市全体がよくなることなのですから。

PS この際、幕末衣装についても一言。何も幕末の衣装じゃなくてもスタッフジャンバーでいいじゃないですか?自分達がやらないから…出島の門番もそうでしたが、ハローワークの募集では十分応募があったと。それだけ皆職に就くのに必死なんですよ。何を好きこのんで応募するものか…幕末衣装は新年度も予算計上予定とのこと。ならば、ご提案ですが、これから3ケ月、所管の部長を筆頭に職員の方々が土日、ボランティアで衣装を着てインフォメーションを体験したうえで予算計上されてみてはいかがですか?その時には私にもお声がけください。私も体験させてみてください。

| | コメント (6)

2009年12月 8日 (火)

長崎の夜は

長崎の夜は

  女優の小雪さんが宣伝する「ウィスキーがお好きでしょう~」で始まり「長崎の夜はハイボールで始まる」のCM、皆さんご存じですよね。あの歌で石川さゆりを思い出すのは…きっと私たちから上の世代。

 そのハイボールがバカ売れ、ちょっとしたブームになっているそうです。以前ブログにも書いたJR九州のハイボール号(毎週金曜の夕方長崎駅発~湯江で折り返し。車中ではモルツ2本とハイボール飲み放題+お弁当付き、しめて4800円)は好評で当月は既に予約で満員だそうです。私なんか、乗ってみたいという気持ちよりも4800円だすなら、街で飲むさ!組だったんですが…

 皆さんもブームに乗って今夜ハイボール一杯いかがですか?

PS サントリーのまわし者ではありませんから(笑)ちなみにあのテレビのCMを見て「こんな夜景は長崎にはないぞ~」て思いませんでしたか?あれは長崎だから長崎バージョン。佐賀で見れば「佐賀の夜は~」だそうです。

| | コメント (0)

気のゆるみか、はたまた…

 日曜の夜から悪寒がし昨日は終日調子が悪く、病院に行ったら風邪と診断されました。子供達は早くに新型インフルエンザに罹っていたこともあり(変な話)風邪と言われホッとしたとこですが、子供からうつったにしても、気の緩みというか、やはり歳なのか免疫力がかなり落ちてます。先週は生まれて初めて「めもらい」にも罹りました。体を鍛えねば!です。

 昨日いくつかの予算や議案を審査し、これで私の委員会に提出されていた議案や予算は全て審査終了しました。今日は「所管事項調査」といって各部が抱えている重要案件や課題等のなかで議会に今の時点で報告をしといた方がよい(中間報告)と理事者が正副委員長と事前に打ち合わせし決めた項目の説明~質疑が行われます。実は私の方からも議会前に「公立小中学校の適正配置計画」の策定状況の報告を求め一項目入れて頂いています。

 先週は大変不愉快なことがひとつありました。オープンにしていいと思うので書きますが、バイオラボの件で先方の顧問弁護士から私の政務調査費の開示請求があっています。私含めバイオラボの特別委員会に所属していた委員のうち6名の市議が(選りすぐられて)開示請求を受けています。最初に事務局からその話を聞いて思ったのは「なんで?」&「特別委員会の委員全員というならまだしもなぜ私含め6名が?」

 後段については委員会の中で特別に強く発言したメンバーかと思ったわけでですが、6名の市議の名前を知らせてもらうなかではそうでもなく、何の基準で選ばれたのか?そんなことはともかく、政務調査費とバイオラボがどうリンクするのか…思うに「お前たちも税金を私的に使っているではないか?」という指摘をしたく取り寄せているのでしょうが、長崎市議会の政務調査費の使途基準は私が言うのもなんですが他都市に比べても遜色なく厳しいものとなっており「どうぞ見てください」と言えるものです。それに開示請求なんて大げさなことをしなくても常時誰でも所定の手続き行えば閲覧できるようになっています。

 特別委員会のなかで「クロ」と決めつけられたような裁判のような参考人質問を受けた、抗弁権や反論権が弱い等、確かに今後の特別委員会の在り方として改善が求めらる点はあるでしょう(これは職員が参考人質問受けた時も同様でした)しかし、委員会のなかで判明した助成金の「虚偽申請」と結果的に「税金を無駄にした」ことは紛れもない事実です。だとするなら、見当違いの「目には目を」的な手段ではなく、異論があるなら市長ならびに市議会を正々堂々と逆に訴えればいい話です。とても不愉快でもありやるせない気持ちもしましたが、またそうまでさせてしまった原因が先ほど述べた委員会審査の進め方等にもあるとするならばやはり改善が必要なのかもしれません。とにかくびっくりの出来事でした。

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

子どもへのワクチン

子どもへのワクチン

 今日の長崎新聞19面に写真の「これからの子どもへのワクチン」という記事が載っていました。ヒブワクチン(ヒブと呼ばれる細菌)と肺炎球菌ワクチンについて書いてあります。どちらもまだまだ私たちには初耳に近い内容ですが、どちらもこれからワクチン接種が広がっていくのはもうそう時間はかからず、そういう意味において公費助成やその手前での国における予防接種の定義づけや助成措置の検討が急がれるところです。特に肺炎球菌ワクチンは高齢者に有効で、接種による医療費削減にも効果があり既に全国で70以上の自治体が接種への公費助成が行われています。長崎市議会は今議会に公明党提案で意見書が提出されましたが、時期尚早ということで全会一致が得れませんでした。これから医師会の方々と一緒に勉強し実現を目指していきたいと思います。また昨日の新聞では一面使って「県民のがん検診50%を目指す」という記事もありました。
 まずは県民、市民の安心安全。予防医療へのもっと優先的な力をいれた取組みが求められます。

 今日は先週に引き続き委員会審査です。補正予算の審査からです。
 風邪をひいた次男は復活していますが、代わりに私が調子悪く風邪気味です。用心せねばです。皆さんも今週あたりからいよいよ忘年会シーズン突入ではないですか?体調管理気をつけられてください。

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

完全オフの一日

 完全オフの一日でしたが、下の子が風邪ひき高熱がひかず一日家にお籠り状態でした。

 そこでゆっくりチェックしたのが、知事立候補予定者の東良信氏のHP。レポート等読ませてもらいましたがなかなか好感もてます。だから応援しますという話ではないのですが、今まで県外にいた方の視点というのは大事で、日頃住んでいて感じなかった感性や気づかなかったことに気づかされることは新鮮でもあります。皆さんもよければ下記アドレスをクリックされてみてください。

http://www.higashi-yoshinobu.jp/

PS 子どもと車で移動中に交通事故の処理で停まっているパトカーと警察官を見たので「どんな事故だろう?」と子どもに話しかけると長男が「覚せい剤を使用したんじゃないの?」と。
全くチンプンカンプンな会話ですが、小学2年生にまで「覚せい剤」という言葉がこの種の会話で日常的に発せされるのにはショックを感じました。あれだけ連日テレビの報道がなされたら…テレビや芸能界の影響の大きさをこんな身近な会話で改めて。子どもには聞かせたくない、知る必要もない言葉だと思います。大人がしっかりせねばです。

| | コメント (3)

2009年12月 5日 (土)

3時間で130人!

 さて時折数字をタイトルにだしてますが…今回の「3時間で130人」の数字は私の子どもの掛かりつけの小児科の先生が先日休日夜間急患センターで3時間で診た子どもの数です。

 センターに当番でつめる小児科の先生の大変さは耳に入っていたので、今朝の季節型のインフルエンザの予防接種に行った際、私が「先生(連日患者が多く)お疲れではないですか?なんでも私が聞いたところでは昨月にセンターに当番に行かれた先生は8時間で130人診察し、それでも40人近くの方が待ち切れずに帰ったそうですよ」と話しかけたら「僕なんかこの前の日曜は3時間で130人を診たよ」と…びっくりです。その先生は最近は毎週末センターに行かれてるとのこと。小児科の先生は数が少ないうえに先生の高齢化もあり(ここ10年で小児科の開業医は時津で開業された方が一人だそうです)毎週通っていて、このままでは僕らが倒れるよ、と苦笑いで話されていました。先生は「このままでは10年後には小児科医は0になる。その他の科の先生も同じ。大変なことになるよ」とおっしゃてました。ほんとうに本市の今~将来の医療については真剣に議論を継続してやっていくのが私たちの大きな務めだと改めて思ったところです。

 昨夜は一足早く会派の議員で議会の中間の反省会を兼ね本年最後の懇親会を行いました(来週以降皆忘年会ラッシュなので)来週の会期末まであとひと頑張りすること確認しあいましたが、銅座の人通りがほんと少なかったです。皆きびしいですね。政治の世界も国民の期待を受け政権も変わったのですから、今年中に大きな懸案の課題の処方箋を示し、来年こそは明るい年にしてほしいものです。

PS 昨日、鳩山総理のことを「政治資金の仕分けをしたら」とちゃかしてしまいましたが、自民党という立場ではなく、やはり一国のトップとして説明責任をしかるべき時期にしっかり果たしてほしいと思います。時は師走、確定申告を控える時期、トップの「知らなかった」では「真面目なものが馬鹿をみる」みたいなモラルハザードが心配です。

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

お話になりません

 昨日は委員会初日、文化観光部所管の指定管理の審査でした。随分と紛糾し、私自身も予告の通り、かなり質疑を交わしましたが、前向きかつ当該案件の質問というより、そもそも指定管理者制度を扱う総務部に指定管理者制度全般のなかで質問したいことばかりで、かなりストレスたまる質疑の連続でした。

 指定管理者制度は4年前に本市でも導入され、今回は案件によっては先の4年間の期間を終え2回目の指定管理者の選定であったり、例えばブリックホールのように今回初めて指定管理に移行する施設の2パターンありますが、最初の案件については、以前から指摘していた公募をかける以前にその施設の直営で運営していた時の「施設評価」と「施設の位置づけ、目指すべき方向性」を示すべきと意見してきましたが…全くできてません(そこまではできないとのこと)、また今回が2回目の更新になる案件についても、先の4年間の指定管理の評価もありません。もちろん、頑張って運営してくれた指定管理者の実績評価もなく、いくら頑張っても次の期間も仕事がとれるかどうかについては全く配慮のない現況です。これでは頑張り甲斐もありません。

 また、特に問題なのは指定管理者制度の大きな目的はコスト削減もですが、サービスの向上だ、と何度も言ってきたのですが、モニタリング等の評価が十分でないこと含め、本市はコスト削減が全ての感。これでは指定管理者制度導入の本来の目的が果たせません。というようなことを担当部局、また所管する部長にずっと言い続けてきてたのですが…お話になりません。ガイドラインの策定含め、もう一度勉強し直してください。本市の指針を例えば札幌市のものと比較されてみてください。一目瞭然です。

 今日も引き続き、指定管理の議案審査があります。前述のこともあり気が重い審査になりそうですが、横着な物言いをしないよう気がけ頑張ります。その他、福祉部やこども部、道路公園部等でなかなかうまくいかない案件抱え込んでいます。年内になんとか一定の目途つけたいものです。休む暇ありません。

PS  鳩山総理、長妻厚労相が仕分評価の一部を受け入れられないと発言したことに関し批判をされていますが、一事業1時間程度の仕分け作業のなかでだされた結論で受け入れられないものがあるのは至極当たり前だと思うのですが…内輪のなかでそんな批判する暇あるなら、自らが自分の政治資金を仕分けしてほしいものです。

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

2冊の手帳

師走

 今日は3日。もう来年2月の予定なども入ってきており今日から来年の手帳も持参です。そういうわけで今年もいよいよカウントダウン、議会中はほぼそれ以外は動けませんが、終了後は今年のやり残しがないよう走り回らねばです。

 昨日で一般質問が終わりました。自分が質問をしていないので評論のようにとられるのはあまり望ましくないのでかいつまんだ感想になりますが、政権が交代してまだまだ中身がみえない(予算編成方針等)こともあってか、例年ならこの時期は来年度の予算編成や政策、議員個々が予算にとりこんでほしい事業等についての質疑が行われますが、今回はそのような質問も少なく、またあったとしても答弁の歯切れも悪く、質問する議員側、答える理事者側も互いにストレスを抱えたような質疑のやりとりであったように感じました。 
 それにしても私的には既に政府のなかでは暫定税率の廃止は規定路線であり、ならばもっと本市の道路整備等については質疑がでてもよかったと思うし(私は推進の立場でありますが)新幹線や駅前整備についてももっと深い議論がなされてもよかったと思います。複数の議員がオリンピックについて質疑をしましたが、これについては理念はよくわかりましたので、一日も早く、検討されている課題についての検討結果の情報公開をしてもらわねば議論は先には進みません。

 さて今日の新聞をみると一夜にして環境税創設は見送ると総理が発言されています。高速道路無料化も一部見直しをしたいとのこと。追加景気対策の概要も発表されていますが、前政権の対策とどこがどう違うのか、一見したら執行停止した事業等も復活されているようでよく精査してみないといけないのと、この景気対策の審議は来年初めなのか?それでは遅く、やはり会期の再延長を行って成立をはかるべきだと思うのですが。たばこの増税も1本2~3円になるとかで先に言われていた大幅増税(1本10円程度)は見送りだそうですよ。先行き不透明、視界不良状態です。

 県議会は今日から一般質問ですが、新聞によると議員提案で「歯と口腔の健康推進条例」が提案されるそうです。議員提案の動きは知っていましたが、私も密かに「歯科保健条例」の条例制定について担当部にも働きかけていたので先を越されてしまいました。
 しかし、県で条例が制定されると各市町村はそれに沿って行動計画の策定が求められますから、施策の推進という立場でみれば効果は同じで県・市どちらが条例制定が先であってもいいことと考えればとにかく喜ばしいことです。本議会も議員提案の条例制定についてはもっと研究~取り組みが求められます。

 さて、今日から委員会審査です。一般質問も今回はなく、黙って聞いとくだけでしたので、今日からの委員会では積極的に発言します。今日は文教経済委員会関係の施設に関する「指定管理」の議案審査です。

PS 先月もフル更新できました。読んでくださる方を励みに…感謝です。ありがとうございます。

 

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

数字合わせ

 今朝の新聞では原爆症基金法の成立が大きな見出しで載っていました。本当によかったですが、昨日の同僚議員の質問にもありましたが被爆者にとってはまだまだ解決されねばならぬ課題が残っています。県内ではHTBの経済界の支援断念であったり釜山の事故のその後の報道等、暗いニュースもあり、政治が今こそ果たすべき役割を痛感させられます。

 国政をみると来年度からの環境税の導入がほぼ決定の様子。マニュフェストで約束された暫定税率の廃止も同時に行われるなかで、表面上の「数字合わせ」に走っているようで、こんな短時間でそのようなことを決めていいのか、本市も含め地方の道路整備はどうなるのか、表面上は数字は合っても地方にとっては約8000憶の歳入減はどう補われるのか?疑問だらけの政府の方針決定です。先の仕分け作業の際に枝野代議士が「マニュフェストのなかには負担については記載されていない」からと言われ、ひとつの見解として示されたこども手当の地方自治体や企業にも負担を持たせようという案。地方や国民は「話が違うじゃないか」ともっと怒るべきだと思います。

 さて今日は一般質問最終日。夕方までびっちりです。一昨日、昨日と朝歩いて通勤しましたが(今日は朝一での立ち寄りもあり車出勤ですが)徒歩の通勤は快適です。気持もいいし考え事もできるし、かつ昨日はウオークマン(今はデジタルオーディオプレイヤーと言うんですね)を家の中から探し出し、随分以前にブログにも書いたクラッシックベスト100から自分の好きなものだけ録音した曲を聴きながら歩いてます。精神的にも落ち着きます。議会でも質問も芸術的にせねばですね(笑)いつまで続くか自信なしですが頑張ってみます。

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

ご存知ですか?

ご存知ですか?

  認知症のサポーター養成講座ってご存じですか?

私自身も先日の城栄商店街の活性化委員会のなかで、介護施設関係者の方からの話で初めて知りました。その方は「できたら商店街の方で研修をやってほしい」ということだったのですが、皆さんの反応は「それはいいこと。ぜひやろう」と。こういう話がでてきて、やろうということこそ活性化の一歩かもしれません。

 この養成講座は「認知症を正しく理解し、その対応を学びサポートする」というものですが多くの方に受講してほしいです。家族が認知症で困っているという話はよく聞きますが、そういう当事者の方に限らず周りの方や今回のような商店街の人達等、地域の方が皆で認知症を正しく理解しサポートすることは大変大事なことだと思います。
 この事業は国の事業メニューに沿って昨年からスタートしていますが、担当課の話ではまずは研修講師となる方の指導をし、今は講師に包括介護センターや介護施設、市の職員の方等がなられ、申込みで5人以上集まりがあれば「出前講座」的に実施しているそうです。約2時間の研修で、研修終了者は写真の「オレンジリング」がもらえ、それを常に手首に巻いてることで「認知症の方へのサポートができます」という印になるそうです。市の計画では年間5000人の受講が目標で、現在既に半分ぐらいの方が受講されているそうです。関心持たれた方はぜひ受講されてみてください。お問い合わせ等は市の「すこやか支援課」になります。私も城栄商店街でやる際は受講します。

 さて、昨日は一般質問2日目。これで10人の議員の質問が終わり残り…11人。市長も大変です。また昨夜は、久方ぶりに親戚にもなる知人の方らと飲む機会があり、世界遺産等の話等で盛り上がりました。皆さん、頑張っていて、そして、ふるさと長崎を愛しています。元気をもらいました。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »