« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

感謝です。お蔭さまで今月もブログ連続更新

 5月も今日で終わりで、明日一日小屋入りで終日過ごすこともあり、今日は庁内で一日仕事してます(バンドエイドはそういう意味ですね、納得しました。そういえば事前に馴らしておかなくていいですか?と聞かれたのでした。大丈夫ですと答えましたが)

 さて、参議選について私のスタンスは?と以前に質問を受けていましたので…

今回は(も)「打倒民主」で頑張る覚悟でいます。

 民主に政権、日本の将来はまかせられない。かといって自民党も今のままでは国民の信頼回復にはまだまだ。真摯な反省と取り組みが足りません。これは中央も地方も同じです。

 今回の自民党県連の選考経過ならびに方法については不満があります。しかし決まった以上、また負けられない選挙であるうえで、参議選が終わるまでは自身の思いと行動があるとすれば、それも含めしばし封印します。

 知事選で中村候補を担ぎ知事に押し上げたなかで、それからの県政をみると、まさに荒波のなかを「ほうどう丸」こぎ出しています。地方からの発信~改革の灯を消さないために、流れを逆行させないために、自民党として「中村県政推進」のために戦います。

PS いくつもの県政課題の事業ならびに政策決定手続きのなかで、私のなかでの気懸り度が特に高い「県庁舎移転」については党所属国会議員との話(正式ではありませんが)のなかでは「ゆっくり考えていい」という考えを示してもらいました。近々自分の考えをしっかりとまとめ上げたいと思っています。ちなみに今市議会では議長に私が提案し、全議員対象に「県庁舎整備基本構想案」の説明会を実施することに決まりました。

 

| | コメント (3)

2010年5月30日 (日)

5月も終わり

 いよいよ5月も残すところ1日。外は夏の気配さえ感じる晴天です。

 今日は先週日曜日予定だったのが延期になった小学校含めて2つの小学校の運動会を覗かせてもらいました。元気な子ども達の姿をみるにつけ、この子達のためにも今私達大人が頑張らねばという気持ちを強くもったところです。先輩や後輩、同級生と色々な方にもお会いできました。

 さて、今週火曜は「くんち小屋入り」です。私も今年初めて踊町側の身(銅座町 南蛮船〜役員として)で初経験します。光栄なことです。当日はこれも初で紋付袴を着ます。今から楽しみにしていますが当日は以下のような一日の予定となっています。

7時     銅座町自治会事務所集合(袴の着付けは6時から)
7時15分  銅座町出発(思った以上に早い出発時間です)
8時     諏訪神社 清祓い
10時30分  銅座町に帰町
14時     打ち込み出発
18時     小屋入り打ち上げ

天気もいいようです。頑張ってきます。もちろん議会も1週間前、本職も頑張ります。

| | コメント (3)

2010年5月29日 (土)

看板

看板
看板外した方がよくないですかね。


今日はオフ、来週バタバタしなくてすむようバーベキューの打ち合わせをし細々と準備の一日です。

| | コメント (1)

2010年5月28日 (金)

金曜、晴天です

 昨日は午後から社会福祉専門審議会に出席。2年の任期で市長より辞令を頂きました。全体会の後早速分科会が行われました。私の所属は「身体障害者福祉専門分科会」になりましたが、初回から会議は「分科会の審議事項」で事務方に不満爆発の状態でした。というのは昨年度の実績はたった1回で、この分科会はその下部部会の位置づけである「審査部会」がメインで障害者の審査と医師の指定、更生医療機関の指定について年に4回会議が開催されています。もちろん審査は大事な仕事ですが審査にはまた別の医療を専門とする委員がおり、私などは明らかに門外漢。分科会の所属については私自身、本人の希望なのですがなぜ希望した時点で事務方が分科会の内容を事前に知らせてくれなかったのか、またそもそも専門分科会が審査がメインだけの内容でいいのか(この点は他の委員も強く指摘)疑問です。とにかく、私がこの分科会を希望し発言していこうとした期待とは大きく違う会の性格に、分科会を今からでも変更してもらおうという気持ちになるぐらいがっかりの内容でした。

 さて週末の金曜、今日は午前中に議会運営委員会を行い、その後会派で会議、午後からは理事を務める特別養護老人ホームの評議会と理事会にでます。夕方からは田上市長の市政報告会と旧子育てフォーラムのメンバーで久しぶりに集まり情報交換会です。

 今週は天気に恵まれましたね。週末の運動会も大丈夫そうです。今日一日ファイトで!

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

地域力にも限界が

地域力も限界?
地域力も限界?

 早朝の歩きも最近は腰が痛くかろうじて継続の青色吐息状態です。昨日は歩くスタートが遅くなり、この際と小学生の通学時の通学路の安全確認とゴミステーションの現況チェックを兼ねコースを変更し歩きました。そこで撮った写真が2枚。上の写真で分別作業しているのはリサイクル推進委員(自治会長)です。毎週水曜はこうやって自治会内ステーションをたぶん何十ケ所と廻っておられます(私はそのうちの1ケ所だけ、恐縮です)ペットボトルのプラステック剥ぎはともかくもアルミ缶回収はもともと分別の意思なくゴミとしてだされていますから当然ほとんど全袋から取り出して分けなければいけません。写真のようなステーションがいくつもあるわけですから…もう限界です。なにか対策うてないのか(自治会長は何もないと言われますが)リサイクル委員の方を集め意見交換するなどしていい方法ないものか、担当部署に相談してみます。

 下の写真は地域の商店(市場)の今。昔は全部店舗で埋まり賑わっていたそうです。

 一昨夜のふれあいセンターの運営委員会も(初めて運営委員に就かせてもらったので)参加してみて改めて地元まかせになっている実態もわかりました。そもそも市役所内でも「お荷物」なのか(あえて適切でない表現を)ここ数年で所管する部署も3回変わり、今は自治振興課所管です。行政が適切なサポートをし、またせっかくの中学校区毎にある施設なのでもっと有効活用を図るべきです。

 もろもろ含めて以前から私は市民力の進化形として「予算と権限」を地域に与えるシステム・仕組みをつくるべきという「地域分権」を訴えていますが、支える人材サポートも含め、市長は本会議での私の質問に対し「一気には難しい」と答弁されましたがもう待ったなしの課題となってきていると認識しています。市長の言葉を借りれば、早く「ベクトル」を示してほしいと思っています。

 さて今日は午前中、私立幼稚園PTA総会、明日行う議会運営委員会の事前打ち合わせにあたる四者会議(正副議長、正副議運委員長)、午後からは社会福祉審議会と会議続きです。夜は経友会理事会〜例会です。

PS 地域の商店街は当事者、市民(地域)、行政の三者で守り育てていくもの。それぞれがそのような認識を持って取り組むためにも是非「地域の商店街振興条例」を定めてほしいものです〜今年度内に再度質問を行い策定を促したいと思っています。

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

あい丸現物

  昨日紹介した長崎あい丸を長崎中央卸売市場(東ながさき)まで買いに行ってきました。下が箱に入った状態です。びわも一緒に。あい丸は2LとL、Mサイズがあるそうですが私が買ったのは2Lサイズ。

あい丸現物
あい丸現物

 市場内ではパートの人も雇い入れてびわの出荷の真っ最中でした。写真のように大きさを選別し箱に詰めていきます。今年は収穫が例年に比べ遅れているとのこと。

あい丸現物

 贈答品は下のようにわざと房のまま、そして一袋だけ袋を外して箱詰めに。これ4千円~5千円ぐらいとおっしゃてました。確かにこうすると高級感でますよね。長崎びわ、これからも本市の産直ブランドとして大きく育ってほしいものです。

あい丸現物

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

市場じまん第2弾

第2弾

 長崎「あい丸」

 甘姫みかんに続く「なかさき市場じまん」の第2弾はアイユタカのエリート版です。長崎県は全国弟2位のじゃがいもの産地ですが、そのなかで諫早市飯盛は県内でも有数の産地。そこで採れたアイユタカのなかでも厳選されたものが今回「長崎あい丸」という名称で売り出されています。

 昨年末の第1弾の甘姫みかんが大好評だったのに続いて今度はじゃがいもでのトライですが、ネーミングを考えるにも一苦労~晴れの初出荷の日には田上市長も青果に顔をだされたと聞きます。まだ周知不足の感もありますが、これは来月初旬までの期間限定なので、まだの方は是非写真ののぼりを目印に市場等で買ってみてください。そういう私もまだなので今朝知人の先輩にひと箱お願いしたところです。買ったらまた写真アップします。

詳しくは以下クリックを↓

http://www.nagasaki-ichiba.jp/

[長崎あい丸3つの限定]
○生産農家を限定…少数の生産農家(7軒)と連携して品質の向上と安定を図ります。
○約1ケ月の期間限定…春作 アイユタカの収穫期である5月10日~6月初旬までの期間限定出荷です。
○出荷量の限定…高品質のものだけを選別・出荷するので、1日の出荷量は1t~1.5tの限定です。

※アイユタカとは?
平成15年に長崎で誕生した新品種で、従来値の約1.5倍ものビタミンCを含んだヘルシーさが人気。芽が浅く、見た目にも美しい丸い姿が特徴で、クリーミーな味わい野菜のプロも絶賛する味です。肉質が柔らかく、味の染み込みが早いから短時間で調理できる、今、注目のじゃかいもです。

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

ラストウィーク

 5月も早くも最終週に。月日の経つのは早いですね。

 昨夜は城栄商店街振興組合の第29回の総会~懇親会に出席してきました。どこも厳しい情勢に変わりありませんが、活性化計画のもと「まずはできることから」諦めずに頑張っていくことが大事です。来週のBBQについても色々とアドバイス頂きました。

 今週は対外行事としては私立幼稚園PTA総会、淵地区ふれあいセンター運営委員総会、社会福祉審議会、経友会例会、老人保健施設の理事会、子育てフォーラム等々様々な会合にでます。また週末には来月初旬開会予定に先立ち議会運営委員会も開催されます。
 今日は天気がイマイチですが今週は晴天続きの予報。忙しい毎日になりそうですが皆さんともども頑張りましょう。

PS 口蹄疫さらに深刻な状況ですが、本市においては畜産農家は41戸、牛は5000頭、豚は4200頭で消毒液を無償提供し予防措置に努めています。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

かまぼこバー

 地酒を飲みながらかまぼこの食べ比べができるバーがあったら…

 今年度より市商工部に「中小企業支援室」が新設されています。今までも頑張ってきていましたが、組織としてよりどうも個人として頑張っていた~地元企業が求めるニーズにあった施策や事業であったか?いやいやそもそも民間企業が行政に何を頼るというのか…

 しかし新年度から「きめのこまかい企業支援」を田上市長肝入りで行おうとしています。積極的に外に出ていく姿勢とあわせて、どうやらリーディング事業をたくらんでいるようです(表現悪くすみません、議会には詳細は知らされてないから。いい意味でのたくらみです)

 目をつけたのは「かまぼこ」そしてそのヒントは下記アドレスの企業にあるみたいです。
「12ミリに切れてる板づけ」、贈答品で優に1万円を超える「特選セット」、「手作り体験教室」「かまぼこをドレッシングで食す」、「かまぼこバー」「かまぼこ地図」、「Webえほん」等々。30分くらいかけても見飽きないHPです。

今日は雨の休日。お時間ある方は下記をクリック願います↓

http://www.kamaboko.com/odawarakanko/sato/kau.shtml#ptop

| | コメント (2)

2010年5月22日 (土)

オフの一日

オフ
オフ

 今月末までは総会シーズンが続きますが今日は珍しくオフ(ほんとうは遠藤周作記念館での行事があったのですが)で長男の運動会を見に行きました。なんとか天気も終わりまでもってなによりでしたが、子どもの成長は早いな、と運動会での姿を通して感じさせられました。

 子どもといえば、昨夜は保育会の総会後の懇親会に出席させてもらいました。市長の代理で出席されていた副市長からは「次期総合計画でも子どものことは最重点課題に位置付けている」とおっしゃっていました。望ましいことだと思いますが、ならば「財源」もしっかり優先的に確保するようお願いしたいところです。先般の本会議の個人質問で踏み込んで質問できませんでしたが、「(仮称)次世代育成に関する財源確保条例」の策定なども今後提案していきたいと思っています。

PS 下の写真は歩き中に個人のお宅の窓越しにぶら下がっていた植物、とうがらしみたいな…なんでしょうか?ご存じの方いらしたら教えてください。

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

元気のおすそわけ

 どっと疲れている週末金曜日ですが(時には政治とは関係ない話題で)がんばらんば!と元気のでる話題を紹介します。

 昨夜たまたま見たニュースで知った「宮本やこ」さん。ブロードウェイミュージカル「ストンプ」の日本人初のメンバーです。

 ストンプとはモップやバケツなどの日用品などの日用品を利用したパフォーマンスで人気を博しているミュージカル。1991年にイギリスで誕生、ニューヨークのオフ・ブロードウェイで人気を集めるなど世界各地で公演を成功させてきています。宮本さんはそこに99年単身乗り込みメンバーの公募に挑戦。600名のなかから選ばれた一人です。5分ちょっとの短い特集でしたが彼女の持つエネルギーが画面から十分伝わってきました。すごい・パワフル~自分もがんばらんば!&一度生公演見てみたいと思わされました。ここまでくるには血のにじむような(実際流血だらけの練習の日々だとか)努力が…

関心持たれた方は以下のHP、vol 6 宮本やこさんをクリックしてしてみてください。
(このサイトもお勧めです。時間かけてじっくり読んでみようと思っています)

http://www.iseeny.com/success/index.html

| | コメント (0)

2010年5月20日 (木)

これからの議会2

  昨日は議会による政策条例提案で政令指定都市のなかでは12本の議会提案条例を可決している福岡市を視察しました。
  視察前には全国的にも飛びぬけた実績なので、議会全体としてなにがしかの仕組みやルールがあるのかと思っていたのですが、ベースは全て個人や会派からの提案~超党派での勉強会~水面下での調整~議案発議~委員会審査(質問するのも答弁するのも議員です)~採決という流れです。ややもすると一部のスタンドプレーになるやもしれぬ提案を議会として「いいものはいい」と認める(同調できる)土壌があるということでしょう。議会が発議する条例は「行政側からはなかなか発議されないであろうような内容」または「部局がまたがり必然性があっても迅速な取り組みがなされていないもの」が傾向として多いとのこと。
 また、やはり議会事務局の、特に法制関係の整合性を精査するというバックアップ体制が欠かせません。福岡市ではH11年より若手職員を2年の任期で衆議院法政局に出向させ研修を積ませているそうです。理解のある市長です。ただやはり行政側にしたら議会からの条例については「やっかい感」というものはあるだろうとのことでした。

 やっかいと思われてこその議会でなければならないと日頃より思ってますが、せっかくの議運委員長に就かせて頂いてるのでなにか道筋できないか考え中の日々です。

参考(福岡市議会がこれまで提案~可決してきた条例)
・政治倫理に関する条例
・ピンクちらし等の根絶に関する条例
・人に優しく快適なまち福岡をつくる条例
・ピンクちらし根絶一部改正条例
・出資法人等の保有する情報の議会への提供等に関する条例
・政治倫理一部改正条例
・福岡市行政に係わる重要な計画の議決等に関する条例
・市議会議員選挙広報発行条例
・風俗関連の営業に係る勧誘,誘引及び客待ち等の防止に関する条例
・留守家庭子ども会事業の実施に関する条例の一部改正条例
・人に優しく安全快適なまち福岡をつくる条例の一部改正条例
・公共交通空白等及び移動制約者に係る生活交通の確保に関する条例

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

どうなるか楽しみです

反応楽しみ

  昨日は庁内で相談事への対応、昼間はご無沙汰の高校の先輩とランチし、地域活動の件で大いに話が盛りあがり色々とヒントももらいました(ランチミーティング、もっと積極的に組んでもいいのかと改めて。夜はやはりお酒がはいるし、予定組むにも限界が)

 その後、午後には城栄商店街ならびにその周辺を商店街組合の青年部長と「城栄地区親睦会(バーベキュー)」の案内で廻りました。先日お知らせした「公園での火器使用許可」がでたことで商店街青年部の行事として先般策定した「商店街活性化計画」の一環の企画イベントです。声かけしたとこは(どこまで声かけしていいかわからないので)まずは毎年夏祭り時にお手伝いしてくれる金融関係や病院福祉施設の方達に。プラス今回は幼稚園や保育園、活性化計画策定で一緒に頑張ってくれた市商工部職員(若い方の出会いの場にもならないかと思っています)、商店街青年部に婦人部、そしていつも強力助っ人してくださる城栄ソフトの方々です。
 バーベキュー自体は商店街の肉屋さんに相談~お願いしているので何も心配していません。とにかく人が集まるか否かです。写真の申込用紙とチケットと別に案内文をつけたのですが、そこに書いた「まずはこの地域で働いている皆様がお互いの顔と名前(仕事)を知り、道で会ったら挨拶ができるような交流の場にしたい」が目的ですから人さえ集まれば成功だと思っています。

 案内後早速に「会費は領収書は切れますか?(企業負担してくれるのか)」「申込書は5名の枠になっているが5名以上参加してもいいですか?」と連絡がありました。滑り出しの反応上々です。目的達成したいです。

PS 当日はスペシャルゲストも招きたいとお願い中、お楽しみに!
 

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

与えられたもの

九州〜活水女子は強いらしいですね。どうやら出馬の方向と聞こえてきています。でもどうなんでしょう?出馬の理由に必然性があったり、以前から「先々は国政を目標に頑張る」と周りにも発信していたならばいいですが、そうでないなら3年前の選挙で議席は与えて頂いたもの。ならば任期中はしっかり支持してくれた方の期待に応えて頑張るというのが常識的な姿ではないかと思います。自分の都合〜夢々落ちたらまた来年頑張ればいいから、ではないと思いたいし、落ちたら次も国政一本で頑張るぐらいの姿勢を持ってほしいです。
未確認の情報なので上京して丁重にお断りしたとするならごめんなさいです。

| | コメント (0)

HIKOMA

HHKOMA

  昨日はHIKOMAフォトカレッジの開校式・入校式にご案内頂き出席してきました。この学校は厚生労働省の雇用基金の助成を受けた(全国初)写真技能士の養成校です。2年間の修業で1級・2級の資格を目指すものです。資格を取得することで、自営(いわゆる写真屋さん)や就職(例えばデザイン系の会社に技能を活かして)に活かすというものです。養成校としては九州では沖縄に次いで2校目だそうですが、今後の課題は半年間の厚労省の助成(一人月10万)が切れた後の支援策、ならびに他の事例では単独の学校ではなく工業高校のなかのコンピューター科に併設された事例等もあるそうで将来的な継続した取り組みを目指すならこのようなことも検討〜取り組み課題となります。第1期入校生は9名。上野彦馬にちなんだ校名のとおり写真発祥の地・長崎から「平成の彦馬」を目指して一流の写真家が生まれることを願っています。なにかのご縁で出席させてもらった開校式、これからも見守っていきたいと思っています。

PS 田上市長の市政報告、初の公会堂〜は昨年も公会堂で行ったそうです。記憶にないということは昨年はどうも出席していないみたいです。ということは「毎年参加」と書きましたが1回目だけの参加でした。大変失礼しました。

 これまた話は全く変わりますが、昨日は珍しく月曜から休肝日となり、夕方早く家に帰っていると家の前の保育園に18時ちょうどぐらいに1台のタクシーが。中から一人のお母さんが出てきて足早に保育園に入っていきました。子どもの迎えで時間がなくてタクシー、たまたまなんでしょうが…もちろん6時になったらピタッと保育ができませんてことではないのは承知していますが、なんだか大変だなと思わされた光景でした。

| | コメント (0)

2010年5月17日 (月)

人間都市て?

人間都市て?

  晴天続きですね。今週も快晴スタートです。

 写真は昨日自治会で頂いた田上市長の市政報告会の入場整理券です。毎年1回この時期に開かれているようですが、1期目の任期最後の年度でもあり、多くの方に足を運んでもらいたいです。たぶん入場券なくても大丈夫じゃないかと思います。お尋ねは事務所にされてみてください。

 入場券見て気になっているのはタイトルサブの「人間都市の長崎へ」という言葉。私の記憶では初めて聞く言葉、市長の新語、市政推進のうえでのキーワードでしょうか?であるとするならどういう意味か聞いてみたいところです。また、毎年思うのは市政報告の入場券を直接私たち議員には頂けないことです。私は勝手に毎年伺っていますが、議会は行政と両輪と考えるなら案内頂きたいし、何枚かもらえば自分の周りにも声をかけることができるのに。いつも議会はそっちのけ…ではないでしょうがこういうところは寂しく感じるところです。

 よくみるとこれまでの会場だった市民会館文化ホールではなく、公会堂になっています。多くの皆さんがお時間お繰り合わせうえ足を運ばれることを願っています。よろしくお願いします。

 今週は議会が提案する政策条例を活発に行っている福岡市の調査も入っています。道を一歩一歩確実に歩んでいければ!です。活動しやすい季節、今週もファイトで頑張りましょう。

PS 随分と落ちてます。ここまでくると、攻勢をかけるというよりほんとに心配です↓

http://www.ntv.co.jp/yoron/201005/soku-index.html

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

快晴な一日

快晴
快晴

 1週間前の週間天気予報は週末は雨でしたが、昨日も今日も快晴に恵まれ公立の中学校の運動会も無事行われなによりでした。

 今日はエミネント葉山自治会役員会・民生委員合同会議に出、午後は写真の「メディカルツーリズム推進協議会」設立総会に参加しました。経済産業省九州経済局、ならびに市の担当理事の講演の他各分野におけるツーリズムへの取り組みが報告されましたが、市場としての一定の需要があるのは理解しつつも、受け手側の課題や心配される事が多くあることに対しツーリズムのメリット(誰のために行うのか?)、また経済効果がどれぐらいあるのか、ニーズがあってもそれだけの供給体制(施設と人材)が整うのか?等々まだまだ課題だらけだと認識を持たされました。

 ですから「推進協議会」なのでしょうが…勉強だけではモチベーションが持続できるのか心配でもあります。

 下の写真は会合には全く関係なく、会合があった交通会館の出口ロビーでの展示。世界遺産も(こちらもモチベーションが…)頑張らねばです。

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

連合自治会での新行事

連合自治会での新行事
連合自治会での新行事
 

  写真は虹が丘小学校校区連合自治会での今年度の新規行事の囲碁大会です。3つの自治会から4人ひとチームでのトーナメント戦を行いました。参加者の最年少は中学1年生ですが囲碁教室に通っていて三段の実力者です。色々な趣味を通じて交流を深め地域の輪が広がっていけばと思います。

 昨夜は先輩方と市政や地域の話題に始まり宗教や前市長の話等々酒を飲みながら楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。今夜は城栄青年部活動の件で打ち合わせ兼飲み方(飲む機会多過ぎ?)交流イベントを考え中です。

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

本物の政治家

 インターネットを見ているなかで気になる記事に出くわし以下にアクセスしてみました。

 今宮崎県で大変なことになっている口蹄疫に関する地元選出の自民党・江藤拓衆議の質問です。少々長いですが是非皆さん、見てみてください。政治家というもの、これだけの気概と地域を愛する心(郷土愛)、そして政治の原点である弱者救済への思いを持つことが必要で、地元から選出され地元の将来を託された政治家の心の底からなんとかしてほしいと吐露した委員会での質問内容となっています。「これを見て泣かない人は日本人ではない」「こんな人がいる自民党なら支持します」というようなコメントもありますが、コメントに捉われずそれぞれが何かを感じてくれたらと思います。多くの国会議員がこのような情熱と思いを持ち与野党関係なく政治課題に取り組んでいくなら政治は真っすぐに進んでいくはずです。個人的に(内容は深刻ですが)感動を覚えましたし、混迷する国政のなかで「やっぱりこれじゃいかん、頑張らんばさ!」と勇気を与えてもらったような気がしています。
 また、恥ずかしながら事の深刻さが認識不足でした。報道もなぜか…鳥インフルの時はあれほど騒いだのに。政府や地方が力をあわせて解決していかねばです。本市も含め県下でもその影響でなんらかの対策をうっています。遅まきながら内容の確認等行ってみます。 

 昨日は以前から担当部課に意見~お願いしていた「公園で火を扱うこと」に関してOKを頂きました。
 どういうことかというと、地域の公園は子どもが遊べる所であることはもちろんですが「地域の交流の場」でもあり、その目的を達してこそ存在価値があるわけですが、今の街なか、特に住宅地で見かける公園は、子どもの少子化(外で遊ばない傾向など)もあって誰もいない寂しい公園風景となっています。それでは意味がない、だから公園を周辺地域のニーズにあわせ遊具や藤棚を撤去したり、木陰をつくる、芝を貼る、というような改修を地域の声を聞いて行っていくことが必要だと以前から意見してきました(げんに担当課はこれからそうしていくと)
 それと私があわせて提案していたのは、公園に畑をつくったり、休みの日には地域の人を集めてバーベキューができないかというようなお願いでした。昨日、畑は難しいとのことですが「火をつかうこと」に関しては条件付き(自治会等地域の団体の主催であること、直火は禁止し十分な注意をはらうこと)でOKをもらいました。ありがとうございます。早速、地元と相談して計画をたてようと思っています。色々なこと(できるところから)をやって疎遠になりがちな地域コミュニティーを再構築していければと考えています。

江藤拓衆議質問↓

http://tweetbuzz.jp/entry/26726426/www.youtube.com/watch?v=3kj6qw71dtg

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

教育格差

教育格差

  過日の新聞で気になる記事があり切り取っていました。

 学校外活動費、年収で格差
 ある民間の教育研究所の調査によると、スポーツや芸術、学習塾などの学校外教育活動の平均費用は年収400万未満の世帯が月額8700円、800万以上の世帯が同2万6700円と、1万8000円の差がある結果になったとのこと。もう少し細かな内訳は、スポーツは2400円(400万未満世帯)と4900円(800万以上世帯)、芸術は1100円と3600円、通信添削等の家庭学習は2200円と4600円、学習塾など教室学習は3000円と1万3600円だそうです。また、中学2年生ではスポーツや芸術活動をしている子どもほど学校の成績もよかったという結果もでているそうです。

 これもまたある教育(学力)格差に関する講演のなかでは、子どもの学力を規定した重要な要因として①学校外教育費支出、②子どもに対する学歴期待、③世帯所得、④母親の学歴、と指摘されていました。

 以前は「日本は格差社会になったのか否か?」が議論されていましたが、一般的にみる貧困率はアメリカに次いで日本は2位、所得の再分配が十分に効いていないため、例えば「貧困率-所得再分配による減少する貧困率=可処分所得による貧困率」という数字をフランスと比較すると、フランスは24.1%-18.1%=6.0%なのに対し、わが国は16.5%-3.0%=13.5%と、国による「格差の調整」が結果としてうまく機能していないことは明らかであります。そのうえにたって上記のような様々な要因が混じり合って教育格差が引き起こっているわけです。

 子ども手当も子育て支援の手段のひとつとして有効なのでしょうが、額の設定とあわせやはり所得制限を設けることが必要で、それだけではなく教育の格差の幅を小さくするための自治体独自の施策の展開が早急に求められます。一方で国においては「与える」ばかりでなく、社会保障に対する国民の「負担率」を引き上げることも同時に考えていかないと収支のバランスを保ったなかでの格差是正は実現できないと考えます。このような議論をもっと国のなかで喧々諤々やってもらい、国の進む方向性を私達に示してもらいたいと思います。と、とても固い書き込みになってしまった今日のブログでした。

 ここんとこ天気いい日続きますね。今日はなさけないことに腰痛がひどく朝一で病院に行った後市役所に出仕事します。連休明けのフルの1週間、長く感じますよね。ファイトで!

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

ゆいまーる

 昨夜の報道番組で松岡修造さんが沖縄にあるプロバスケ(BJリーグ)「琉球ゴールデンキングス」というチームを紹介していました。最近は普天間問題で沖縄の人は心が晴れない日が続いていますが、ことキングスの話(取材)になると皆表情が明るくなるそうです。なんでも沖縄の人は、行列に並ぶという習慣はないそうですがキングスの試合には試合開始2時間前から行列ができるとか…

 私は沖縄にプロバスケがあることも、またBJリーグがどんなものかも知りませんでしたが、リーグはイースタンリーグとウェスタンリーグに(それぞれ6チーム編成)分かれリーグ戦を行い、それぞれの最終成績上位4チームでプレーオフを行い上位1位同士が決勝戦を行い日本一を決めるようになっています。キングスはリーグに初参加の一昨年は最下位でしたが昨年は日本一に輝いたチームです。
 チームを興したのは東京の民間人の方で(それもまだ若く今現在36歳)当時はよそ者ということで多くの方から相手にされなかったそうですが、まずは地域の中に溶け込むとこからコツコツと努力をし現在に至っているそうです。放送では試合の風景が映し出されていましたが、それはそれはすごい盛り上がりで、観客も若男女、外国人と様々な人が気持をひとつに応援する姿は感動さえ覚えます。画面通じて感じるぐらいですからそのパワーはすごいと思います。キーワードは沖縄方言でいう「ゆいまーる」支えあう気持ちだそうです。Vファーレンに足らないところはきっとこのあたりだろうと…皆で応援しよう!

BJリーグの公式HPは下記アドレスですので一度覗いてみてください。HP上段から各所属チームのHPにつながるようになっていますのでキングスのHPに!(一番右です)地域をあげて応援している姿が一目でわかります。※男性の方はHP左下段にばかり注目しないようにです(笑)

http://www.bj-league.com/bj/GameRanking.do#top

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

これからの議会

 議会(議員)も変わらんば!議会の「見える化」ということがよく言われていますが、長崎市議会も「議会基本条例特別委員会」を設置し議会改革に取り組んでいます。秋頃には成案ができる予定です。 

 私は特別委員会のメンバーではないので人まかせ…ではなく、今年度は議会運営委員長という役職に就かせて頂いているので、議会の活性化という意味で「議会による政策条例の提案」ができないかを模索しています。副委員長ならびに他の会派の方とも事前に相談しています。実現できるかどうか、それ以前にその方向に進んでいくことができるかどうかまだまだ大きな山をいくつか越えねばなりません。来週には政策条例の議会提案が多い福岡市に調査に行くようにもしました。

 議会は行政からだされてきた条例を審議するだけでなく(しかもそのほぼ全部が可決ですので単なる承認機関といわざるをえない状況です)議会自らが条例を提案する、また既存の条例を見直す、ということがこれからの地方議会に求められてくる大きな役割です。そのためにはシンクタンク的存在がどこなのか、関係する団体等の意見交換~施策の集約をどうするのか等々様々な課題がでてきますが、「まず条例を1本あげる」ことを目標に精一杯取り組んでみます。

PS 昨日も市役所で相談事の対応に時間をとりましたが、最近とみに各担当部課の対応が早く丁寧になってきたように感じます。いや、以前からということであればお叱りを受けるところですが、市民の役にたつ所=市役所なのですからいい傾向ですし、感謝しています。ありがとうございます。

| | コメント (1)

2010年5月10日 (月)

全国比例て

芸能人やスポーツ選手の就職先なんでしょうかね?

しかも今の情勢で民主党から出馬を決意する人の気がしれない、と思うのは私だけでしょうか?

| | コメント (0)

今こそ徹底した政策論議を

 普天間問題は依然混迷していますが、ここにきて訓練地を徳之島だけではなく全国に分散させたいという案がでてきているとか…もう驚きを通り越して呆れるばかりですが、民意は適格だなと感心したのは最新の世論調査では、5月末に解決できなければ鳩山総理は退陣すべし&5月末の解決は望まない、という声が大勢を占めたとのこと。私もここまできたらじっくり時間をかけ国内、またアメリカ政府とも本当の意味で同じ認識にたてるような議論と交渉を継続していくべきだと思います。ただし、鳩山総理は責任、というよりリーダーに不適格なのですから即刻退場してもらわなければ新たなスタートはないと思います。

 そして、そのうえで参議選を前にしての絶好の好機であるこの時期に徹底した政策論議を国民に示すことでこの国の在り様とというものを皆が共有できるような形をつくることこそ、国民から選ばれた者の責務ではないかと考えます。

 そういったなか、たぶんいてもたってもいられないという心境からでしょう。先週に読売新聞が緊急提言をしています。提言の柱は以下の5つ

○マニフェスト不況を断ち切れ(政策ミスで日本を破滅させるな)
○コンクリートも大事だ(デフレ脱却に公共投資は必要だ)
○雇用こそ安心の原点(福祉は産業活性化に役立つ)
○内需と外需の二兎を追え(官民で海外需要を取り込め)
○技術で国際競争を勝ち抜け(先端分野に集中投資しよう)

 本当はこういった提案を今こそ、それぞれの政党がうち出すべきです。読売の提言をまだ私も熟読できていませんが、私ならばこれにプラスして「地方分権を加速せよ」「教育を立て直せ」という大きな柱をたてます。新しい政党もでてきていますが、今回こそ間違いなき道を進まねば日本は沈没してしまいます。踏ん張りどきです。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

地域を守る

 今日は午後から消防の第一分団の分団長が変わりその就任祝賀会に出ました。

 第一分団の担当地域は市北部ですが、人口にして約35000人が住む地域が管轄だそうです。その地域を守る分団の団員は28名。彼らにはいつも頭が下がる思いでいますが、彼ら自身、自分達の活動を地域の方に感謝しろとは思ってないはずですが、だからこそ、地域の方に僕が伝えたいのは「彼らがいてくれるおかげで自分達が毎日安心して過ごすことができる、夜も眠れる」ということです。地域の方のなかには消防団の存在さえ知らない方もいるはず。これぞまさしく「市民力」です。

 夕方からは銅座自治会の総会~懇親会にでました。銅座自治会は今年は7年に一度の踊町。皆はりきっています。自治会あげてくんちを成功させねばですが、この機会を通じて今一度自治会の団結を深めてほしいと思っています。私も(居住地区は違いますが)役員の末端に名前を連ねさせてもらいました。これからも一緒に銅座地区、及びまちなかの活性化のために頑張っていきたいと改めて気持ちを強くしたところです。

| | コメント (0)

2010年5月 8日 (土)

御馳走になりました

一般財源化
一般財源化

  昨日は私達の自民党会派で保育会役員との意見交換の勉強会後、保育現場の視察をしました。2班に分かれ2ケ所の保育園を訪ねましたが、私達の班は写真の給食を御馳走になりました(皿うどんは複数名分です)最近は園児のアレルギー食とかへの対応をしたり、食材は極力地元からの調達を心がけたりと、給食ひとつとっても色々な工夫がされていました。
 もちろん、給食が目的ではなかったので保育現場もしっかり視察、園児に混ざって踊りや椅子取りゲームなどもして遊んだのですが、撮った写真をうっかり操作ミスで消してしまっています。昼食時には園長と今の子育て事情や目指すべき保育の在り方等について話しあってきました。

 保育関係者にとっては、政権が変わりこの一年で制度がどのように変化するかについて大きな関心を持っていますが、特に一般財源化については自治体により、その自治体の財政状況、子ども施策への「思い入れ」「施策の優先度」の違いにより、「保育の質」に差がつくような予算配分になることについて不安も持っています。
 子ども手当についてもブレまくっていますが、この先政府の動きに注目し対応していかねばなりません。

 今日はオフの一日でした。明日は午後から飲む場に出席することもあり今日は休肝日にします。歩きは続けていますが体重はやはり…変化ほとんどなしです。

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

対岸の火事ではなく

対岸の火事ではなく

 ギリシャではIMFからの融資条件の年金の大幅カットなどを含む財政緊縮政策に対し大規模な暴動が起こっています。ヨーロッパでは国家破綻予備軍の国がギリシャの他にもいくつかありますが、日本も対岸の火事ではなく、このまま将来ビジョンなきままの無策の国政運営が続けば現実味のある話です。しかしその時、日本でも暴動が起こりますかね?意外に淡々と「仕方ないか」とならないでしょうか?それぐらいに今の日本全体には国としての「覇気・元気」がないような気がしています。

 昨日は写真のように幼稚園協会との行政交えての勉強会。これまで政策(予算)要望時にやりとりしていましたが、それではなかなか共通の認識にたてないということで、過日の本会議での私の質問に対し市長が「コミュニケーション不足であったことは確か」と答弁があったこともあり早速新年度、役員交代もありこの時期に実施しました。限られた時間で今年度の予算関係の質疑に走りすぎた傾向もありましたが、内容ある会議になったのではないかと。これからも定期的に行えたらと思います(行政側が望めばですが)

 あと取り急ぎ。参議選、わが党は金子氏で決まりました。手を挙げた県議が辞退したとも聞き実質的には金子氏と冨岡氏の戦いに。選対会議で投票が行われたそうで大差で金子氏に決まったそうです。私個人的には悶々とした気持ちでいます。できれば冨岡氏に医療・福祉のエキスパートとして国政復帰を果たしてほしかった&県連が当初から話してた「選考過程の透明性」が十分はかられたなかでの選考であったとは言えなかった選考過程に対し不満もあります。報道にある「結論ありき」そう思われても仕方ないだろうと…地方組織も変わらねばというなかで県民にそのことを示す絶好の機会であったのに残念でなりません。これでは表現が適切ではないと思いますが「揺り戻し」のような県民の信頼回復にはつながらないと思います。これからどう臨むか、自分のなかできちんと整理してみなければなりません。

PS 写真よく見てください。浦川市議が卓上に置いてるのはメモをとる電子機器ですよね。使ってる人初めてみました。本人に聞きそびれましたが、書くより早いのでしょうか?後から文章起こすなら二度手間にならないのか、保存しやすいのか…今度使用しての感想聞いてみようと

| | コメント (1)

2010年5月 6日 (木)

遅いかもしれませんが

 今日は連休明け、連休前から気になっていた案件をまずひとつ相談せねばです。

 PFIによる新市民病院建設のSPC(企業体)の申請がいよいよ来月に迫っていますが、確認不足でまずかったと、ここにきて慌てているのは、その審査の配点…1000点満点の500点が価格点で点数のだしかたは(最も低い入札金額÷当該応募者の提示する入札金額)×500点、これでは安ければ安いほど価格点が高くなり(コストを抑えるため仕方が妥当という見方もあるでしょうが)、そのコスト削減が設計や施工の工夫からきているのであればよいのですが、単純に金額だけの評価での価格点をこれだけの配分にすると、大手はしっかり利益をとり地元企業が「泣かされる」ことは明らかであります。PFIですから最低制限価格もありません。
 また残り500点の加点審査のなかでの「地域経済への振興」という加点項目の配点はたったの50点です。これでは以前より本会議の質問で「どのようにして地元にお金を落とす仕組みをつくるのか」と要望してきた私の答えにはなっていず(十分配慮してますとの答えだったので安心していました)、やはりこんなことならPFIにすべきでなかったというのが率直な思いです。せめて配点の変更ができないか、今さらの声も十分承知しながらもやれるところまでやってみます。

 今日は午後からは私立幼稚園協会と議員有志、ならびに行政を交えての勉強会も実施します。実りある会議にしたいです。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

安近短・フイニッシュ

安近短・フイニッシュ
安近短・フイニッシュ
安近短・フイニッシュ

  今日でGWもラスト。最後はほんとに全て無料ですませてしまいました。子どもの日は母に感謝する日ですが、大人が子どもに感謝する日でもあります。報道によると子供人口は29年連続で減少。少子社会だからこそ、今の子どもにとっていい環境を整えてあげたいものです。

 早速、明日、明後日は幼稚園、保育所関係者と勉強会に現場視察。これからも(子ども以外ももちろんですが)「子どものことならまえてつ」と認識されるよう活動の大きな柱のひとつとして積極的に取り組んでいきます。市長ならびに担当部課の方々、僕と議論して勝てますか?いざ勝負です。

PS 連休中、プライベートばかりのブログの内容となり失礼しました。明日からまたしっかり!です。

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

言われてみたら

  GW真っただ中ですが、今日はいよいよ鳩山総理が沖縄を訪問、報道で知るかぎり超過密スケジュールの行程。せっかく(遅きに失したと思っていますが)の訪問で事の重大さを考えたら、じっくり関係者と話をする時間をとるべきで、日帰りではなく一泊するぐらいの覚悟で訪問するべきだと思います。そうじゃないと行く意味がありません。もちろん沖縄県民が望んでいるのは「総理の謝罪」ではないのですから。
 個人的には普天間問題だけでなく、公約違反の数々、リーダーシップのなさによる政治の混迷、政治とカネの問題の責任をとり総理も小沢氏も辞任し新しい体制のもと、5月決着にこだわらず真の解決を目指していくべきだと思っています。

 話題はすっかり変わりますが、今日の毎日新聞に地方面の記者のコラム欄に以下のようなことが書いてありました。

「新装オープンしたハウステンボスの有料・無料ゾーンを分けるゲートはHTBにあまり似つかわしくない貧相な造りである。しかし、古参社員に言わせるとこれこそ新生HTBの象徴であると。以前ならHTBの雰囲気にふさわしいゲートをと造るのに半年以上かかり間に合っていなかったろうと。沢田社長は見てくれを気にしない、能率とコスト意識を重視する、という。意外に庶民的で堅実なリアリストぶりがうかがえる。HTB再生物語、いよいよ本番が幕を開ける」(抜粋)とあります。

 言われ見たら確かに貧相とは思わないものの簡易なものです。そんな視点では気づかされませんでした。ちなみに記事を書いたのは西高時代の同級生です。頑張ってますね。記事の内容含め嬉しくなりました。

言われてみたら

| | コメント (0)

2010年5月 3日 (月)

安近短・その2

安近短・その2
GW後半も晴れが続くとか。今日はその2で大村の野岳湖に。休み十分とらせてもらってます。休み明けは気持ち切り替え一苦労しそうです。

自民党の参議選公認選びは連休中に動きあってるみたいですね。当初、透明性高めたい、党員投票も考えたいとも発言もあってましたが…どんなことになっているのか、特に心配は第一選挙区支部長の動向です。

| | コメント (2)

2010年5月 2日 (日)

今年も晴天に恵まれ

  今年も昨年に続き「鯉・来い祭りin神浦河川公園」の手伝いに行きました。今年も晴天~天候に恵まれ盛況でした。

今年も晴天に恵まれ盛況でした

 今年も助っ人をしてくれた純心大学の学生さんです。子育てフォーラムで一緒に勉強してきた4回生の子達です。

今年も晴天に恵まれ盛況でした

 「鰻つかみ」の川に放流直後の写真です。

今年も晴天に恵まれ盛況でした

 午後からの「ぶりつかみ」は抽選で140名の参加。長蛇の列ができました。

今年も晴天に恵まれ盛況でした

 昨年第10回を記念して採った鰻をさばいて焼けるようにしたのですが、随分好調だったので今年も実施。写真は最後にスタッフ用にまとめ焼き。

今年も晴天に恵まれ盛況でした
 公園中央の池が「ぶりつかみ」の舞台に。スタート直後の写真です。この後、ぶりを手づかみして大喜びの子ども達でした。

今年も晴天に恵まれ盛況でした

 ほんとに手づくりで皆が協力しあっての楽しいイベントです。準備も大変だったと思います。来年も必ず手伝いに行きます。関係した皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (2)

2010年5月 1日 (土)

【お詫び】メールの不具合について

このホームページのサイドバーから「メール送信」をしていただいた宛先のメール不具合等につき、いただいたメールの返信が遅れており、失礼しております。
大変申し訳ありません。
対応ができましたら、またお知らせしますが、メールはこちらまでお願いいたします。
maetetsu21@nifty.com

| | コメント (0)

安近短・その1

安近短・その1
安近短・その1

  今日からお陰様で連休に。今日は安近短・その1で佐世保の「海きらら」に行きました。パールシーリゾート全体的に思ったほど混んでなく(GWといえども土曜日だからでしょうか)水族館もゆっくり見て回れました。海きららは初めてでしたが、色々と建築~設備にも工夫が施されていてイベントも充実、スタッフの対応もよく、率直に「ペンギン水族館負けてる」と思いました。刺激に頑張らねばです。しかし、ここでも佐世保バーガーブームでした。平気で30分待ち状態でした。

 その後はハウステンボスに無料ゾーンができていると聞いていたので帰り道に立ち寄ってみました。正面の入口ゲート横のバス乗り場から無料バスで送迎され、ホテルヨーロッパ前の無料ゾーン(デッキのあるとこ)に。下の写真の通り有料ゾーンとは区切りがされており有料ゾーンから無料ゾーンに来た人はチケットを見せて有料ゾーンに戻るようになっています。まだまだ無料ゾーンの周知が行き届いていないのか、9割5分ぐらいは有料ゾーンからの客だったと思います(無料ゾーンだけの利用はバスでしか移動できませんがそのバスはガラガラだったので)
 またその下の写真のように以前の飲食ブースは無料休憩所や色々な手作り体験ができるようなスペースに様変わりしていてました。まだまだ店舗等が以前からしても変わり映えしませんがこれから徐々に魅力ある施設に変わっていくのでしょう。ハウステンボスは長崎県の貴重な財産、それぞれができる「応援」の仕方で支援していけたら!です。

 まずはGW初日ゆっくりとした一日を過ごすことができました。明日は終日外海のイベントの手伝いです。

安近短・その1

安近短・その1

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »