« 全国比例て | トップページ | ゆいまーる »

2010年5月11日 (火)

これからの議会

 議会(議員)も変わらんば!議会の「見える化」ということがよく言われていますが、長崎市議会も「議会基本条例特別委員会」を設置し議会改革に取り組んでいます。秋頃には成案ができる予定です。 

 私は特別委員会のメンバーではないので人まかせ…ではなく、今年度は議会運営委員長という役職に就かせて頂いているので、議会の活性化という意味で「議会による政策条例の提案」ができないかを模索しています。副委員長ならびに他の会派の方とも事前に相談しています。実現できるかどうか、それ以前にその方向に進んでいくことができるかどうかまだまだ大きな山をいくつか越えねばなりません。来週には政策条例の議会提案が多い福岡市に調査に行くようにもしました。

 議会は行政からだされてきた条例を審議するだけでなく(しかもそのほぼ全部が可決ですので単なる承認機関といわざるをえない状況です)議会自らが条例を提案する、また既存の条例を見直す、ということがこれからの地方議会に求められてくる大きな役割です。そのためにはシンクタンク的存在がどこなのか、関係する団体等の意見交換~施策の集約をどうするのか等々様々な課題がでてきますが、「まず条例を1本あげる」ことを目標に精一杯取り組んでみます。

PS 昨日も市役所で相談事の対応に時間をとりましたが、最近とみに各担当部課の対応が早く丁寧になってきたように感じます。いや、以前からということであればお叱りを受けるところですが、市民の役にたつ所=市役所なのですからいい傾向ですし、感謝しています。ありがとうございます。

|

« 全国比例て | トップページ | ゆいまーる »

コメント

  特に、「活水女子」は、

 『知事選挙出馬』が有ったり、

 『参議院議員選挙長崎選挙区出馬要請』が有ったり!!

…比較して、“九州男子”はどうなのでしょうか?


 自民党“現”長崎選挙区第1支部長氏は、

 今回は、“風”を捉え損なったのかしら?


 金子氏に「敗れた(!?)」直後に、行動判断が悪かったのではありませんか!?


 “無所属”若しくは“みんなの党”による出馬を模索しても良かったのではありませんか?

   (てんぺすと)


投稿: “九州「女子」”は元気!! | 2010年5月12日 (水) 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全国比例て | トップページ | ゆいまーる »