« どうなるか楽しみです | トップページ | 元気のおすそわけ »

2010年5月20日 (木)

これからの議会2

  昨日は議会による政策条例提案で政令指定都市のなかでは12本の議会提案条例を可決している福岡市を視察しました。
  視察前には全国的にも飛びぬけた実績なので、議会全体としてなにがしかの仕組みやルールがあるのかと思っていたのですが、ベースは全て個人や会派からの提案~超党派での勉強会~水面下での調整~議案発議~委員会審査(質問するのも答弁するのも議員です)~採決という流れです。ややもすると一部のスタンドプレーになるやもしれぬ提案を議会として「いいものはいい」と認める(同調できる)土壌があるということでしょう。議会が発議する条例は「行政側からはなかなか発議されないであろうような内容」または「部局がまたがり必然性があっても迅速な取り組みがなされていないもの」が傾向として多いとのこと。
 また、やはり議会事務局の、特に法制関係の整合性を精査するというバックアップ体制が欠かせません。福岡市ではH11年より若手職員を2年の任期で衆議院法政局に出向させ研修を積ませているそうです。理解のある市長です。ただやはり行政側にしたら議会からの条例については「やっかい感」というものはあるだろうとのことでした。

 やっかいと思われてこその議会でなければならないと日頃より思ってますが、せっかくの議運委員長に就かせて頂いてるのでなにか道筋できないか考え中の日々です。

参考(福岡市議会がこれまで提案~可決してきた条例)
・政治倫理に関する条例
・ピンクちらし等の根絶に関する条例
・人に優しく快適なまち福岡をつくる条例
・ピンクちらし根絶一部改正条例
・出資法人等の保有する情報の議会への提供等に関する条例
・政治倫理一部改正条例
・福岡市行政に係わる重要な計画の議決等に関する条例
・市議会議員選挙広報発行条例
・風俗関連の営業に係る勧誘,誘引及び客待ち等の防止に関する条例
・留守家庭子ども会事業の実施に関する条例の一部改正条例
・人に優しく安全快適なまち福岡をつくる条例の一部改正条例
・公共交通空白等及び移動制約者に係る生活交通の確保に関する条例

|

« どうなるか楽しみです | トップページ | 元気のおすそわけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どうなるか楽しみです | トップページ | 元気のおすそわけ »