« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

感動をありがとう

感動をありがとう
惜しかったですね、サッカー。でも爽やかな感動をありがとう。


元気もらった感じがします。しばらくはまだまだサッカーの話題が…写真の件は後日また

| | コメント (0)

2010年6月29日 (火)

3つの意見

 先週で閉会した6月議会では私も委員会審議のなかで種々質疑を行いましたが、そのなかで特に注意して後ほど実行の有無をチェックしようと思っているのは以下の3点です。

*観光部の事業にみられる実行委員会形式の事業の発注について、実行委員会の負担金で市の割合が大半のものについては「市が直接発注する」という件。これは補正予算の採決の際「付帯決議」として委員会の総意として是正を求めたものです。なぜならば発注における透明化をより向上させるためです。よからぬ噂をよく聞きます。理事者はそんなことはないと言われますが、ならばなぜそのような話が聞こえてくるのか、違うというならばもっと透明化をはかればいい。私個人的には必ず市が直接にこだわらず、実行委員会の発注でもその発注方法、その後の発注先をオープンにするような改善がなされることが第一歩とも思っています。私の質問から決議までに行き着きましたが、委員会の全会一致(皆がそう思っているということ)で決議されたことを理事者側は重く受け止めるべきです。

*環境部のアダプトプログラム(公道等を民間の企業や団体が里親的に地域を受け持って定期的に清掃をすること)の推進を展開するなか、市の職員さんは市役所や支所等の出先の施設周りでも清掃活動を行っていないことを指摘し実施を求めました。私が伝えたかったのは清掃そのもの、「市自らが率先実行」もですが、仕事前に市役所周辺を清掃するなかで通行する市民と交わす「おはようございます」という挨拶のやりとりが市民とのパートナーシップ、信頼の醸成のひとつになると思っているからです。早速、担当部署で協議をしたと聞いています。実行されたらなによりです。私も議会事務局が当番の時は実践します。

*教育委員の年間の実動日数と月額報酬を確認するなかで、教育委員に限らず種々のこの種の委員の月額報酬を「日額費用弁償」に切り替えることの検討を求めました。教育委員長で年間36日、月額12万ほど。裁判の事例では「概ね月額報酬が妥当と思われる実動日数」にはあたらないと思います。阿久根市は議員も日額報酬に切り替える先決処分をしびっくりですが(この件はいずれブログに→議員定数の大幅削減で報酬アップが私の持論です)このあたりの見直しもその自治体の「行政改革のやる気度」をはかるひとつの視点になるかと~見直しできるかどうかは9月議会は個人質問ができるでしょうから正式に本会議で質問してみようと思っています。

 その他障害者の雇用事業等についても質問しましたが、取り急ぎの報告として「まえてつ主質疑」(見直しするならそう時間がかからぬもの)として以上です。理事者の方からは相変わらずと思われるでしょうが…見直し方よろしくお願いします。

PS 今日はパラグアイ戦ですね。国民の半数以上の方が勝てると思っているんじゃないでしょうか…私もそう思いたいですが、グループリーグの1位と2位の対戦となるベスト16での戦いが今6試合消化されていますが、2位の国が勝っているのはガーナ(2位)VS米国だけ。現実は…負けてもいいから納得のいく試合をしてほしいです。ガンバレ、ニッポン!

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

お
今日所用で多良見バイパスから西山に車で抜けたら、社会実験でなんと「0円」パイパス無料は事前に知っていたのでびっくりはしませんでしたが西山に抜けたら差額の150円取られると思っていたのでこれにはびっくり。
社会実験期間とはいえ自民党時代にできなかったことをやれる(やれた)のには率直に政権交代効果だと思います。
しかし台数が随分増えて走ってました。これでは…実験ですから無料化のプラスマイナス見極ねばです。

| | コメント (2)

2010年6月27日 (日)

今週もまだまだ

 今週もまだまだサッカー熱継続ですね。

 日本時間で29日の火曜23時にパラグアイと対戦ですが、もしも、もしもこの試合に勝てばスペインとポルトガルの勝者と戦うそうです。世界ランク2位と3位で事実上の決勝戦と言われているそうですから、日本もここまできたらなんとかもうひとつ勝って、是非次の試合まで見てみたいです。願う、勝利!

PS 昨日のブログ、確かにそうですね。どうしたんでしょう?率先してその方は道をあけたとおっしゃってたような…なにせ疲れ状態で飲み中に聞いた話で記憶が定かではありません。すみません。

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

長崎のマナーは…

 今日知り合った方(東京の出身で仕事の関係で全国を廻り今長崎に来て6年)が長崎はいい街だがマナーは今まで住んだなかで最低だと言われました。

 かなりショックでした。

 たとえばどんなところがですか?で、例としてだされたのは

 ココウォークでエレベーターに乗っているとベビーカーを押した方が何度か乗ってきたのに遭遇したが、その人がいざ降りようとする時「降ります」と後ろで声をだしても乗っていた方が進路をあけないということが毎回だったとか…そうかなあ、そんな光景を私は見たことありませんが、そうなんだそうです。同席の人も納得していました。

 長崎を出た人が少ないからそうなんじゃないかともおっしゃってました。

 これからしばらくそんな外から目線でみてみたいと思っています。

| | コメント (2)

2010年6月25日 (金)

勝ちましたね

勝ちましたね

 万歳~違いですが(昨夜の経友会の賀寿懇親会)

 後半開始前に奇跡的に起きることができそのまま試合終了まで。本田君が凄い!あの3点目、普通ならば自分でけり込むところをパスを回す、あの冷静さ…まさにチームプレー、政治も見習わねば!

 とにかくこれでしばらくまだまだサッカー一色ですね。マスコミは…うってかわって岡田監督を英雄に??

 昨日は超バタバタでした。今日は議会最終日。最後までしっかり臨まねば&夜は議会の打ち上げ、今回も事務局には大変お世話になりました。

PS 選挙期間中は一切の政治活動はストップせねばなりません。このブログは大丈夫なのか?今日朝一で選管に確認してみねばです。

| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

選挙に行こう!

 今朝は5時からブログ書いていましたが書き終わり直前で突然のシャットダウンで書き込みが全てパーに。ショックです。改めて書きますが、取り急ぎ、知人が教えてくれた下記アドレス「選挙に行こう!」にアクセスしてみてください。なかなか面白かったです。

http://senkyoniikou.com/

| | コメント (1)

2010年6月23日 (水)

コールセンターに電話したら

 コールセンターに電話したら民間のNPO団体に電話が転送された。もしそうなったら面白いと思いませんか?

 なんのことかというと、昨夜は長崎大学受託研究成果報告会「待ったなし、長崎市!今こそ市民がまちづくり!」を聞きに行きました。
 講演者は私も日頃からおつきあいあり8年前に一緒に「かっちぇる城栄(空き店舗利用)」を行った長大の山口純哉先生と長大知的財産本部の嶋野武志先生。

 山口先生の話はこれからの長崎は人口が減り税収もダウン、しかし市民ニーズはより多岐に、だから行政もできることを絞りこみ、手が届かない分野を市民活動(市民力)のような分野で補っていく。他都市の先進事例に共通する3要素は「顧客価値」「差別化」「スピード・機動性」がポイントで、これからの市民力向上のためには市民ならびに行政の意識改革が必要というような内容です。

 ヒントももらいましたが、違和感も感じました。以下一番の違和感と同感、そして私案は

 まずひとつ。積極的にやれる人達の市民活動を伸ばすのは大いに結構、しかし市民力を語るうえで「本当は頑張りたくないのに(もっと負担軽減すべき)頑張るざるをえない自治会」のような公共サービスを補完する今の仕組みが「すりきれてしまっている」→「だから行政の仕組みを変えないといけない」ことの議論なくして、たんに市民活動の分野だけで市民力を捕らえるのはおかしいと思いました。

 「行政の仕事を仕分けしなければ」は同感。しかし「いる」「いらない(無駄)」の仕分けだけでなく「行政がやるべき仕事か」「民間でやれる仕事か」の仕分けを行政外の第三者の視点でやることが必要。また、今(これから)求められる公共ニーズをしっかりつかむための手法として優秀な行政マンを活用せぬのはもったいないので、私案として「現予算の1.5倍予算策定」で特に医療・福祉、まちづくり関連分野について「本当に必要と認識される施策や事業」を一旦きちんと洗い出し表にだして、真に必要なものには予算の組み替えで予算をつけ、また市民活動の分野でカバーできる施策・事業についてそのバックアップ体制をとるということです。

 現役卒業世代(に限らず)は「自分にやれること、能力・経験を活かして」のボランティアに留まらず起業化し「お金もうけ」しよう!お金を稼ぐことは悪いことではなく、稼いだお金をどう使うかが大事。市民力でお金を稼ぎお金をまわさなければ!

 市民力を高めるために「市民大学」をつくろう!

 山口先生による「市民力向上」のこれから5年間の工程表が示されましたが、田上市政3年間での「市民力」「みなでまちづくり」の成果を数値的に表し、また自己評価と外部評価により示すことも「これからの市民力向上」を目指すなら必要な通過点だと思います。

 まだまだ書き足りませんが、とにかく残念でしたが消化不良でしたね。しかも会場の質問でわかったのですが、会場にいた人の3分の2が行政に係る人、質疑応答の質疑も市役所の人ばかり…これでは??まだまだ。がんばらんば市民力!!

| | コメント (2)

2010年6月22日 (火)

循環型社会

循環社会

 今日の委員会は所管事項調査で現地調査を行いました。ANKコールセンター、ならびに西工場の建設予定地視察の後、三京町のグリーンコンポストの工場を視察しました。

 循環型社会推進のため、本誌は平成3年よりし尿汚泥のたい肥化、平成13年からは剪定樹木及び学校給食残さもこの工場でたい肥化しています。
 写真は発酵工程メインのレーンでここで3種混合し約60日間かけてたい肥化します。たい肥化された製品は市内の小中学校や学校以外の市の施設、また他町にも搬出しています。
 私が現地を訪ねるのは今日で3回目、最初に訪れた時は議員になる前で、その時はまだ若い職員さんが20名近くいたのですが(今は減量化により7名とのこと)当時は工場のガスはアンモニアガスが霧がかった状態で仕事をされており慣れぬ私は目もあけきれないような状態でした。そういう環境で市の仕事をされている皆さんに頭の下がる思いがしたのを今も鮮明に覚えています。
 常々、仕事上足らざるところは指摘・意見せねばですが、しっかりやっているところもきちんと評価してやらねばです。
 今日で委員会も終わり、明日は特別委員会(私は議会運営委員会)が行われます。

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

信頼関係

 信頼関係のうえに~はどの世界でも基本であり、行政と私達の関係でももちろんそうです。しかし…

 当初予算のある事業(NPO団体による事業に対し補助金をだしている)について委員会審査後、担当部署に個別に、事業の内容とその団体に対し大丈夫か?ということ含めて意見していました。その後担当部署も現地調査等しっかり調査をししばらくは実績をみてみるということで私は納得していたのですが、先日同僚議員がその団体の関係者と会った際に先方が「前田(どうも呼び捨てらしい)がぐちぐち言ってるらしいがうちは大丈夫だから」というようなことを言われたらしい。

 その話を聞いて、その関係者が私が知った方だったのでびっくりしたのですが、よくよく考えてみると「なんで私の名が?」

 本会議や委員会であれば公の発言なので当然外部に聞こえることも意識して発言せねばなりませんが、担当部署とのやりとりで、私が「自分がこう言ってると先方に伝えていいから」と言わないかぎりは、名前をあげて事を進めていくことはNGのはず。「○○議員に言われて~」と自分達は何もおかしいと思っていないが議員が言うもんでと責任転化したような発言をされているのか?…以前にも何度かこういうことがありました。

 事実がわからないので「なんでかなあ」と思っていますが、前述の通りだとすれば職員力云々以前の問題です。

 さて、週が変わりましたが今日も先週に引き続き委員会です。補正予算の審査が長引いています。24日は選挙公示、25日は議会最終日です。

| | コメント (3)

2010年6月20日 (日)

あいにくの

 今日は父の日ですがあいにくの雨…こういう日は雨に濡れない大型施設がいいのか、どの施設も駐車場入り口から車道にかけてすごい渋滞していました。龍馬フェスタ2010は今日も行われていますが天気に恵まれず残念です。

 私は今日も8時からの朝礼に出、事務所詰め。午前中は明日以降またスタッフが増えるので部屋のデスク等の配置やりかえ~明日の会議資料等の準備をしました。比較的ゆったりした一日ですがそれも今日が最後。いよいよ木曜から戦いが始まります。

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

自然体験

自然体験
来月末、下の子が保育園で二泊三日の体験宿泊に(写真)初めて親から離れての宿泊、大丈夫なのかと思ってますが、当の本人は今から楽しみにしてるみたいです。知らぬ間に育つものですね。しかし、写真のような自然体験は、疲れがちな大人こそ必要かもですね

| | コメント (0)

2010年6月18日 (金)

女性パワー

女性パワー

 昨夜は看護連盟県南支部地区の合同支部総会に顔をださせて頂きました。活動や新役員等の報告はありましたが、昨夜は選挙前ということで(看護連盟は比例候補を抱えています)さながら決起大会。「在院日数短縮で私達は毎日へとへと。それなのに給料は300万~400万、医師はこの何倍ももらっている。おかしいじゃないか」「現場の改善は現場をよく知る仲間を国会に送り法律をつくるしかない」…200人近くの女性パワーを感じました。

 昨日の委員会は新設された「滑石公民館・児童館の設置条例」と高校生の授業料無料化に伴う「商業高校の条例の一部改正」の2つの議案を審議し(いづれも可決)その後教育委員会の所管事項調査を行いました。先般の中学の校長先生による個人情報漏えい事件後の対応、再発防止策の報告もありましたので、「再発防止策はきちんとやってほしいがそもそも共有ファイルを自分のパソコンに取り込んでいることが公僕としてモラル欠如ではないか」「上から再発防止策を下に降ろすだけでなく一般の教職員の声もこの際、メール等で広く集めるべきだった」という二つの意見を述べました。理事者側からはこれからしっかり取り組むとの答弁でした。また、教育委員の月額報酬について(実動実態に照らし日額報酬に見直すべき)、今年度からいくつかの学校に配置されている「副校長」というポストの役割について質問しました。

 今日は終日、補正予算の審議となります。夜は参議院選挙の総決起大会が公会堂で行われます。

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

同感でした

 個人質問で自分の質問がない時は同僚の質問を聞き、違った角度からの質問に感心させられたり、「それは違うんでは?」と思わさせられたり、理事者の答弁で新たに勉強(認識)をできたりと、いろんな意味でこれまた勉強の機会ですが、昨日の質問では同僚議員の「新幹線を活かした観光施策の展開」ならびに「新市民病院」の質問についてほぼ同感でした。これだけでは「何が?」と思われるでしょうから、すぐにまた書き込みしたいと思いますが、自称「長崎の必殺仕分け人」と言われて質問された先輩議員、その切り口(口撃)には厳しいものがあり、最後は市長がさすがに感情をあらわに答弁されていました。率直な感想ははそのような質問形態がいいのか?という思いはしましたが、見てる方からみて「馴れ合い」にみえる質疑は避けるべきであり、またやはり貴重な質問機会なのですから「完全理論武装」して臨まねばです。今日から委員会審議です。

| | コメント (1)

2010年6月16日 (水)

中小企業支援

中小企業支援

 昨夜は経友会の勉強会に議会中忙しいなか、市の商工部中小企業振興室(新規部署)より講師を招き、今の市の取り組みと本市の中小企業経営支援の概要について勉強させて頂きました。

 私も改めて支援概要を確認させてもらいましたが、市のメニューだけでもいくつもの支援事業や補助金があり、まずはそれを知ってもらうこと(昨夜参加のほとんどの会員が知らなかったものと。市の企業への周知方法にもひと工夫必要です)そしてこれからの本市の支援の基本的あり方としては「金はないけど知恵をだす」~個別に各企業に出向き、市が知る情報提供(県や国等の補助メニューの内容)からその申請のお手伝い、他都市の中小企業の成功事例等からの経営のヒントを一緒に考えたり、県外への販路拡大のネットワーク紹介等を行います。昨夜来られた会員の企業にも希望があれば直接担当部署がお訪ねするとも話されてました。このような地に足のついた事業展開には大いに期待をもてますし、昨日の個人質問で「市職員で自治会未加入者が200人いる」「市長の言う地域力、市民力、職員力はこんなものか」という質疑のやりとりがなされていましたが、こういう市民との直接の関わりによる行政支援こそ、あるべき自治体の姿だと思います。市内の中小企業が独自の経営観のもとそれぞれの「強み」を活かした仕事の展開により、業績を伸ばしひいては市民の雇用をしっかり守ってくれることに私個人も含め力をあわせて臨まねばです。いい勉強会だったと思います。担当部署も大変でしょうが頑張ってください。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

やりましたね

 勝ちました、ニッポン!

 最後まで目が離せず試合終了まで見てしまいましたが、よく攻めてよく耐えましたね。神風が吹いた思いがしました。

 一方、国会の方は…自民党の谷垣総裁の質問も質問のよしあし以前に報道的にはこのサッカーの勝利と大相撲の賭博事件で全く注目されずです。こちらは神風吹かずでこのまま選挙に突入でしょう。全てが裏目裏目で流れています。

 しかし昨夜のサッカーも4年前と比べたら貴重な1点をとった本田やゴールを死守したキーパーの川島(控えには中村俊輔と川口、稲本もラスト3分の出番)と新顔の活躍が目立ちました。世代交代の感がしますが政治の世界、特に地方議会にて世代交代図りたいものです。

PS 昨日の同僚議員の質問に対しコメント頂いておりますが、駅周辺開発については確かに攻め切れずの感想はもちました。私が以前に質問し答弁を得ている「社会情勢の変化を見極めて計画は見直しをしていく」というあたりから認識を問い、そのうえで駅周辺~中心市街地の将来像をどう考えているのか~もう少し書きたいところですがここまでにしときます。いつも市議会をケーブルでご覧になって頂きありがとうございます。

| | コメント (1)

2010年6月14日 (月)

なんかおかしくないですか?

 選挙が11日とほぼ決まり、最初はそうなんだと納得はしていましたが、考えれば考えるほどなんかおかしくはないかという思いが上昇しています。 

 郵政改革法案を通すことがいいとは思っていませんが、今国会で通すと言った矢先にもう今議会は諦め選挙後の臨時国会でと。所信表明を行い予算委員会や党首討論で議論すること山積なのに「支持率が高い今こそ」とばかりに選挙に突入。政治空白をつくりだしたのは自分達なのに。そしてなにより宮崎の口蹄疫拡大に隣県際での消毒が義務化された今、口蹄疫問題だけでも、もっと時間をかけて与野党が一致協力してこの国難を乗り切られねばならないのではないのでしょうか?2001年のイギリスでは時のブレア政権は総選挙を延期してまでこの問題に取り組んでいます。なんでそもそもこんな高い支持率になるのか(それだけ自民党がつまらないということでしょうが)支持率が高くなかったら会期延長したんでしょうか?支持率の高い低いで、総理自らが「国家的危機」と言っているのに、その解決にベスト尽くさないというのは言動不一致ではないでしょうか?選挙期間は17日間、このさらなる政治空白が…心配でなりません。
 私も日程が確定しつつあるなかで選挙事務所に入っていますが、すごい違和感を感じながら過ごしているというのが偽らざる心境です。

 さて今日は個人質問2日目。5人の同僚が質問にたちます。議会後は明日の議運の事前打ち合わせもありますので夕方までびっちり議会です。

 

| | コメント (1)

2010年6月13日 (日)

生まれ変わりました

 昨日はプラチナライト新里浦上の内覧会に行ってきました。随分と存続運動で頑張った厚生年金会館のリニューアルです。ホテル業として存続はしませんでしたが医療福祉施設として生まれ変わりました。

 外から見た建物はそのままですが、中はフロアーによっては中の柱も取り除き大改造しています。まず5F、6Fは下の写真のような住宅型有料老人ホーム(44部屋)になっています。家賃は食事も込みで15万弱となっているとのこと。食事は共用のフロアーで行いますが同施設内にある病院の食事と一緒の献立ですから栄養やカロリー計算などしっかりされています。またその下の写真のように24時間スタッフが常駐しています。高齢化が進み、またひとり暮らしの高齢者が市内には2万人いると推定されます。このような有料老人ホームのニーズはこれからも増えていくんだと思います。気になったのは月の金額。年金生活者には少し厳しい金額かもです。私の知り合いのドクターが以前7〜8万で入居できるホームをつくりたいと言っていたのを思いだしました。

生まれ変わりました

生まれ変わりました
 
 4Fは入院・介護療養型老人保健施設になっています。そして、下の写真がこの施設の一番の特徴である2Fの透析室です(85床)ここでは写真奥(ついたてのみえるところ)でコンピュター制御がされており、私はよく知らなかったのですが、透析時の面倒な記述手続きや看護師の機械操作が大幅に省かれるそうです。そしてなにより、透析患者さんにとって喜ばれるのはこの施設の立地、公共交通機関の充実した場所なので、たとえば仕事帰りに透析して帰りが21時過ぎぐらいになっても公共交通で帰宅することが可能です。北部に住まれている患者さんにとっては朗報でしょう。

生まれ変わりました

 1Fは内科、整形外科、リハビリ、デイケアとなっています。リハビリの場所は以前のトレーニング室をそのまま。

生まれ変わりました

 施設1Fのロビーも若干以前の厚生年金会館を思い出されますが、内覧で見た際に建物内で唯一以前の面影が残っていたのは2Fの会議室になっている下の写真。ちょうど2階にあがり宴会場の行く通路のところがこのように以前まま残っていました。

 会館の移譲後一抹の寂しさもありましたが、内覧会で生まれ変わった施設を見て、これから医療福祉施設として市民の安心安全の場所になるんだと実感され、これからも頑張ってほしいなと思いました。余談ですがこういう姿をみると本市の公共施設も耐震の問題さえクリアーすればリニューアルできる施設が沢山あると思います。活用促進せねばです。

生まれ変わりました

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

始まりましたね、ワールドカップ

 前回に比べ盛りあがりイマイチの感もしますが、全敗でもいいから100%の力をだしきって戦ってほしいです。

 さて昨日は個人質問初日。長崎新聞をみるとそれぞれの議員の主質問とその答弁が記事になっていますが、昨日のなかで一番あれっと思った市長答弁は老人交通費助成を現在の100円切符(5000円分)からスマートカードにできないかというもの。質問者の「来年度からと実施を」に対し、部長答弁は「色々な課題があるので今後検討し前向きに取り組む」だったのですが、その答弁後すぐに市長が手を挙げ「来年度からやれるよう取り組みます」と踏み込んだ答弁をしました。

 これだけの記述では市長の言われるスマートカードの導入、いいことではないかと思うでしょう。私も基本賛成です。しかし次の課題が解決あってのうえです。それは、
・バスや電車はカード使えるがタクシーは使えない
・本人使用がルールだがカードにしたら他の人(例えば家族)が使用してもわからない

 そして一番の問題は、今は切符にすることで後ほど切符回収し、交通事業者に精算払いしていることです。これは満額使わない人もいるということで過去において議会で指摘があり、確か2年ほど議論したなかで今の「精算払い」方式にしたのです。これまた不確かな数字ですがこの方式に切り替えて3割ほどはコスト削減できました。またその後の経過としては80歳で線引きしていた交通費助成制度を「長寿祝い金」を廃止する代わりに年齢制限をなくしました。

 このような経緯、課題があるので、昨日の答弁は私からすれば部長答弁で留めておくべきだと思ったのです。

 そこで昼休みに入ってちょうど廊下で市長とすれ違ったので、先のような意見を私が言ったところ、市長は「課題は認識してるが、それでもそれを解決して実行せねば」と。それに対し私が「しかし精算払いはカードではできませんよ」と言うと「他都市でもそうしてる。精算しなくていいと思ってる」と言われました。

 唖然としました。それではなんのことはない、「ばらまき」です。

議会でのこれまでの経緯ご存じなかったのかと思っていましたが、元々のところの意識から違っていました。ならば色々考えず5000円現金を渡したがいいではないかと思います。他都市でもそうしてる、というセリフも市長らしくない発言。とにかくどうなるのか推移見守ることに。

| | コメント (4)

2010年6月11日 (金)

こつこつと

 昨夜は城栄商店街活性化計画に基づく「事業支援作業部会」の第1回を行いました。参加者はけっして多いとはいえませんでしたが、あれっと思う方も(この人も参加してくれたんだ、という嬉しい思い)数名いらっしゃり、「地元との連携」、「安心安全」、「組織強化」に分かれて話し合いを行いました。

 私が所属した地元との連携では来月予定の「夏祭り」についての話し合いを行い、これまでの実施状況を確認のうえ、「子ども向け、若い親世代向け」の企画をやろうという新しい視点での提案があり、また先日の親睦バーベキューに参加した方々にも「イベントや夜店の自主参加の意向調査」や私達が準備する夜店へのお手伝い等での参加をお願いすることになりました。商店街としての安心安全のパトロールも来月から実施することになったようです。焦らずこつこつと活動を続けていくことが大事です。これからが楽しみです。

 さて、今日から議会も本番、個人質問が始まります。今日は5人の同僚が質問に立ちます。選挙日程も当初の予定通りに来月11日投票で決まったようです。厳しい戦いになりそうですが、こちらもいよいよ!です。

| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

夏だ、キャンプだ!

海フェスタ

 先日外海の筏の写真をご紹介しましたが、海フェスタ(7/17〜8/1)関連イベントのひとつに市と青年協会主催の青少年キャンプがあります(写真)
 毎年の青年協会の定番行事かつ力をいれた行事ですが、今回は海フェスにからめて(予算をもらい)五島にてキャンプを行います。海水浴やバナナボート、シーカヤック、五島うどんづくり、地引き網体験とイベント盛りだくさんで、もちろん地元の子どもとの交流もあります。私も協会在籍時は担当委員長として伊王島に100人の子どもを連れて行った記憶があります。子ども達にとってはいい経験〜思い出になると思いますので是非対象となるお子さん(小3〜小6)がおられる方は奮ってご応募ください。詳細は今月号の広報ながさきをご覧になってください。ちなみにわが長男も申し込ませます。

 さて、新内閣の支持率すごいですね。なんか、政権を失った昨夏の衆議選に続き、選挙で2度負けた気分です。しかし、不思議に思うのは何もしていないのにこれほどV字回復する世論というのはなんなんですかね?負け惜しみに聞こえるでしょうから(実際そうです)これ以上書きませんが、政治とカネ問題に正面から臨めるか否か(小沢氏の証人喚問、政治倫理審査の開催要求に応じれるか)、政策の見直しを行えるか否か、労組依存政党&その代表選手である仙谷官房長官のもと公務員改革が行えるか否か、しばらくの間注視してみたいと思っています。

 議会は今日まで休会ですが、今議会で耐震の関係で請願を一本だすべく今準備を進めています。明日から個人質問が始まります。

PS 青年協会といえば2000年の日蘭オランダ年から10年経つので、青年協会でこれまた私も参加したオランダに連れて行った子ども達の10年目の同窓会をやろうという話がでてきています。OBも頑張っています。

| | コメント (1)

2010年6月 9日 (水)

マニフェストの再検証を

 11人の閣僚が再任して「表紙変え」という批判を撥ね退け中身を変えるっていうのはかなりむずかしいと思っていたのですが、どさくさにまぎれてというやり方があったんですね。

 長妻厚労大臣、昨夜の会見で「子ども手当の満額支給断念」と述べておられます。当然と思われますが、あれだけこだわっていたのをこのタイミングでだすとは…舛添氏が大臣時代輝いていましたが、今は全然さえませんね。11人の閣僚が鳩山政権下でどう取り組んできたのかも問われるところでしょうし、この際、「ごめんなさい」も含めてマニフェストの検証〜再考を早急に行い参議選に臨むことが求められます。もちろん、自民党もしかりだと思います。

 

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

 昨日から定例市議会が始まりましたが、市長からの報告(NPT再検討会議等)、議案の説明に入る前に先月現職で亡くなられた鳥居市議への黙とうと同僚議員による弔意が読まれました。

 鳥居市議とは青年協会の先輩後輩でもあり、私が初当選した際は同じ会派に所属させて頂きました。訳あって私は2年後に会派を離れましたが、本会議や委員会での鳥居市議の行政への質問、意見はずっしりした重みのようものが常々ありました。理事者への追及も鋭く、行き過ぎのこともしばしば(理事者には反問権がないのですから)で私が一番記憶しているのは、どんな内容だったかは覚えていませんが、ある理事者が委員会の答弁が適切でなかった時に「悪かったと思うなら坊主になってこい」みたいな発言をされ、実際その理事者の方は坊主にされてきたことが記憶のなかにあります。昨日の弔意のなかでも触れられていましたが確かに行政改革について、また女神大橋の脇に女神像を建てたらどうかという質問を何度もされていました。女神像建設の質問には当時の伊藤前市長が「それはボランティアのような手法で取り組んでみたらいかがだろうか」と答弁され「空き缶でも積んで造れというのか」と怒っていたことも思い出されます。
 現職、任期半ばで亡くなられ大変ご無念であったと思います。この一年近くは挨拶程度で言葉も交わすことはありませんでしたが、先輩の志、思い半ばの部分はしっかり私達が頑張って取り組んでいきます。ご冥福をお祈りいたします。

 また、昨夜はふれあいセンター交流会にも参加しました。毎年1回行われているそうですが、100名近くの方が集まっていて、こういう方々のお陰で地域の交流拠点も運営維持されているわけですから、(指定管理で運営はまかせてはいますが)行政は密に彼らの意見や提案に耳を傾け一緒になって、これまで以上にその目的を達成できるよう取り組んでいかねばならないと思います。カラオケあり、踊りあり、合唱ありの楽しいひと時でした。

 今日は休会日なので、議会の準備半分、選挙事務所半分の一日です。夜は虹が丘小学校区青少年育成協議会の総会に出ます。議長をしてくれと言われています。しっかり務めねば!です。

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

今日から議会です

 今日から6月議会が始まります。会期は25日まで。本予算を2月議会で承認し22年度がスタートしたばかりですから今議会では補正予算では大きなものは西工場移転のための環境アセスメント調査費がついた程度です(やっと地元合意がとれています。このての施設の建設は地元の理解あってこそです。建設の了解頂いた地元の皆さんに感謝です)

 議会はもちろん頑張りますが、これから7月の選挙が終わるまでは選挙事務所にもいる時間が多くなります。それにしても管新総理のもとの組閣、党役員人事は思い切った顔ぶれになってきましたね。支持率も急上昇、民主党側にしてみたら反転攻勢でしょうが、あまりにも出来過ぎで、今回の辞任~新人事、全て小沢氏が演出しているのではないかと思うのは私だけでしょうか?とにかく大きく風向きが変わった選挙戦は大変厳しいものとなるでしょう。どう支持を訴えていけばいいのか…

 今週夜は月曜の今日はふれあいセンター協の総会・懇親会。火曜は虹小の育成協、水曜は相談事、木曜は城栄商店街の事業支援作業部会、金曜は今のとこ何もなし。今週も体力勝負です。週初め、気合いいれて頑張りましょう!

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

終日行事に

 今日は終日行事に参加しました。
 まずは、保育園の運動会に。知らずに行ったらここの園の運動会は体育館で行っているとのこと。これだと雨の心配はいらず、怪我もなくとのこと…それぞれの園の考え方があるみたいです。場違いながら挨拶もさせて頂きました。ありがとうございます。

行事

行事

 続いては市歯科医師会主催の「歯っぴいスマイルフェスティバル」に参加。ここ数年はかもめ広場の1ケ所で開催されていますが、好評で多くの親子連れで賑わっていました。今年は写真下の「一日歯医者さん体験」コーナーも。アラフォー前の若手医師の企画だそうです。将来歯科医不足が予測されるとのことで…キッザニアみたいですね。いいことだと思います。でも将来医師不足が予測されるなら今の医師を取り巻く環境を早急に改善せねば!です。

行事

行事

 そして午後からは海フェスタに公募イベントのひとつの、外海の「筏航海」の筏のお披露目会に行ってきました。2月初旬より製作したした筏がこのたび完成。見ての通りかなり大きなもので重さは2トンを超えるとか。筏製作と並行して乗組員さんの練習も行っているそうですが、来月18日の当日には無事航海ができることを願って帰ってきました。

行事

行事

| | コメント (0)

2010年6月 5日 (土)

本日は晴天なり、政界は…

 本日は晴天ですが政界は…突然の鳩山総理の辞任で大騒ぎになった今週末でしたが、政治空白をつくってはいけないと早々に管新総理が誕生。私達の想像以上の「小沢離れ」の言動で内閣や党人事に着手している様子ですが、これがほんとうに脱小沢シフトを敷くことができるのか否か、そしてもっと注目すべきことは「表紙のすり替え」という批判を打ち消すことができるだけのこれまでの8ケ月の政権運営を検証するなかで政策の見直しをどこまでできるのか、ここが一番のポイントだと私は思っています。野党時代に無責任に、もっといえば「票欲しさ」に言ってきたことが、政権与党となり、現実の状況のなかからどれだけ軌道修正を勇気をもってできるのか?もしできなければ、新政権発足の今が支持率のピーク、今後の国会運営、選挙を通じて支持率は下がることはあっても上がることはありません。とにもかくにも8日の組閣とその後の国会運営、お手並み拝見ということでしょうか

 今日は長崎市における金子事務所の事務所開きでした。先にお知らせしましたように今回も選挙にはまります。夜は青年協会の後輩諸君の厄入りの懇親会に出席します。皆さんもよい週末をお過ごしください。

 

| | コメント (0)

2010年6月 4日 (金)

お友達集団ではないのだから

 最近はとみにバタバタでブログのアップが遅れ気味でしたが、今朝は新聞にもゆっくり目を通すことができ…そのなかで気になった市政がらみの記事2件。

○県と長崎市が意見交換
地域医療をめぐって田上市長が「市の周辺部で医師確保が難しい」と協力を呼びかけたのに対し「優先順位は離島へき地が優先」と県側が返事

○世界遺産推進本部会議、目標時期の設定結論出ず
文化財指定は国次第なので目標を設定するのが難しい、などの意見もでた

 率直な思いは子どもの使いや学級会ではないのですから…。前段については県に医師確保の協力を求める前に市長が昨年夏までに結論をだすといった「地域医療検討協議会」で大学病院と市民病院、県市の医療の役割分担をはっきりさせるのが先決、当時はそれを踏まえて新市民病院をどういう特徴をもった病院にするのか示していくと言っていたのが…いまだ結論でないどころか、ゆっくりいいですよという事務方の意識、既に今月にはPFIの受付も始まるというのにです。全くもって認識不足、25年にはりっぱなハコものはできたけど「医師が足りません、閉鎖のフロアーがでました」となるのが目に浮かんできます。

 後段もしかり、文化財指定の云々は最初からわかりきったこと。今回の県との意見交換がアジア戦略がテーマであったなら「アジアからの巡礼地長崎」あたりから切り出し、県に対し登録年度の設定をどう考えるか厳しく攻めなければいけなかったのではないでしょうか?

 両方とも会議の場にいないのであまり色々と注文はつけれませんが、先の公会堂の市政報告会のなかで(私は所用で途中退席しましたが)市民からの質問で「初デートの場所はどこですか?」という質問がでたと聞いています。そのような質問がでること自体が、市長自身が甘くみられてる、もしくはそのような質問をしてもいいという雰囲気を感じさせた会合であったということです。そんな質問は少人数の会合でコーヒーブレイクの間にやりとりする話で会場に来た多くの方がどん引きだったことでしょう。

 自治体のトップは人柄より先見性、実行力、そして組織のなかではやはり凛とした空気が張り詰めるような場もないといけないと思います。先見性、手法においては凄い人だと常々感心していますが、もっとぐいぐい引っ張っていくようなトップ像をこれからは期待したいです。
 市政報告会のなかで市の財政は「市民の財布」と言われた。ならば市民から入ってくるお金の6割を職員の人件費(職員一人当たり平均720万)に充てることをまず見直してください。「借金は0がいいというものではない」とも言われた。市民の財布と言い切るならば後世のために確実に借金を減らす目標を定めて取り組んでいかねばならないのではないでしょうか?
 市長の最大の売り物である「市民力」も(これも何度も意見していますが)その進化形の「自主自立の行政システム」を示し、また37回開いたという「ちゃんぽんミーティング」も37回という回数だけではなくその成果をご披露願いたい。

 脇道にそれましたが、大きな期待と共鳴をしているだけにはがゆさを感じる今日この頃の市政運営です。同情されるのはあまりに忙しすぎる、もっとじっくり考える時間、疲労回復の休息をとれるよう事務方の配慮を願いたいです。最後に市長はもっとわがままでトップダウンでいいと思いますよ。前進あるのみ、田上丸!

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

反省もありますが

大成功とはいかないまでも

 昨夜の城栄地区の親睦会(バーベキュー)は参加者なんと、92名の大親睦会になりました。最初の頃こそ、所属毎でかたまって飲食していましたが、段々と時間が経つにつれあちこちで交流の輪が広がり、若い男女も多くいたこともあり最後には即席のカップル(カップルという言葉死語ですかね?)やバーベキュー後に二次会に繰り出されたグループもいたみたいで、交流の輪を広げるという目的も合格点ぐらいはだせたみたいです。天気もなんとかもちました。また、飛び入りで副市長にもお越し頂き恐縮しました。

 そのなかでも参加者の一人から「楽しかった。今度は企画の段階から入ってもいいですよ」と言われました。ありがたい~シメシメです。このような機会をきっかけに私達がセットするのではなく自主的に勝手に企画してもらえばなによりです。

 支えあう、共助の地域づくり、それぞれができることから取り組まねばです。ご参加ならびに手伝ってくれた皆さん(今回も純心の学生にも)、また賞品提供やご厚志をくださった方々、ほんとうにありがとうございました。

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

いい経験をさせてもらいました

 昨日の小屋入りは午後のうちこみもギリギリで夕立にあうこともなく無事終わりました。

 小屋入り初経験のなかほんとにいい経験をさせてもらい、伝統行事と地域の団結をこれからも守っていけるよう頑張っていかねばならないと改めて思いました。そういう意味でもくんちの存在はとても大きなものです。夜は打ち上げも行われましたが、ほんと皆さん力強かったです。見事な仕上がりを目指して本番まで支えてくださる皆さんに感謝しながら精進するよう締めの挨拶もさせてもらいました。

 今夕はいよいよ地区親睦のバーべキューです。反響よく予想をはるかに上回る参加者の予定で、当初人が集まるだろうかの心配が今は逆に多すぎて大丈夫だろうかの心配になっています。昨日のような天気にならないこと願い夕方から準備~実施してきます。今日はイベントが終わるまではアルコール飲みません。

| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

諏訪神社にて

諏訪神社にて

普段自分の写真はアップしませんが今日ばかりは。

晴天の中の小屋入り、今8時20分ですが無事清祓い終えたところです。写真隣は齋藤前長崎大学学長。銅座町踊町実行委員会の顧問さんです。

ということで今日一日仕事は休ませてもらいます。すみません。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »