« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

開通効果?

開通効果?
浦上川線開通の効果が早速なのか、今日は朝8時前の時間にもかかわらず、松山あたりから市役所までの道は日曜の朝のようなスムーズさ。しかし費用対効果でいえば630億かけた事業、また将来的に温暖化で潮位が上昇すると言われてなか、現時点においても色々と検証してみなければならないと思っています。ひとつ言えることは、この道路にかぎらずですが計画から30年、あまりに時間をかけ過ぎで、出来上がった時には社会情勢も施策・事業の優先順位もすっかり変わってしまっているのではないかと思います。


今日から4日間、議会は個人質問が行われます。20人の市議が質問します。


写真は今日から新しくなった市役所本庁の各種証明窓口の交付番号待ち掲示板です。以前のものと比べたらかなり見やすくなりました。画面右は今4分割ですが、件数が多くなると9分割、それ以上と面数が増えてきます。ちなみに左画面は民間企業のCMや市からのお知らせ等を流します。10月からのあじさいコール開始と、これからも市民サービス向上に常に努める長崎市役所です。

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

今一歩

 Vファーレン、最終選、惜敗で今シーズンは5位でした。残念。来シーズンこそ4位以内の成績で!

 夜は青年協会後輩の結婚式。ほがらかな結婚式でした。

 議会は明日から個人質問です。

| | コメント (0)

2010年11月27日 (土)

お詫び

 昨日からHPにつながらないと連絡が多数あっています。今このブログを読んで頂いている方は「まえてつブログ」「今週のまえてつ」でアクセスしてくださっている方で、前田哲也のHPには今日現在つながりません。けっして私が閲覧拒否をかけているわけではありませんので誤解なきよう願います。

 原因がまだわかりません。早急にメンテナンスできればと思っていますので今しばらくお待ち下さい。ご心配かけ申し訳ありません。

| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

シーズン

 年末を迎え忘年会シーズンに明日から突入です。風邪はなんとか治りつつありますが、既に10件の予定が~体力が続くのか、もちろん議会中ですので極力お酒はひかえながらもお世話になった方々と本年を振り返り健康に過ごせたこの1年に感謝しながらありがたく会に参加させて頂きたいと思っています。

 シーズンといえば、JFLリーグもあさっての日曜日が最終戦です。Vファーレンは現在5位、4位のチームが最終戦で負けてVファーレンが勝てば順位が入れ替わり4位で今シーズンを終えます。来期につなぐ意味でも順位はともかく最終戦を勝って締めくくってほしいと思っています。28日(日)13時、かきどまり競技場で行われますので是非お時間ある方は応援に行ってください。よろしくお願いします。

 昨夜は中小企業経友会の例会日。今年最後の外部講師ということで日本銀行長崎支店長に「長崎経済の今後の展望について」という内容で講演を頂きました。内容は、以下、

 世界全体ではリーマンショック以降の経済は持ち直しつつあるが、実はリーマンショックの09年でさえ新興・発展途上国全体では2.5%の成長、そのなかでも特に中国の9.1%、インドの5.7%とすごい数字となっています。10年前を100とした時の指数では、世界計142(新興・発展途上国182)米国118、英国116、ロシア159、中国271、インド204、それに対し日本は107となっています。

 そうした世界の状況のなかでわが国をみたとき、業況判断、経常利益、設備投資等ゆるやかに伸びを示す数字となっており、現在(10年後半)は景気改善テンポが鈍化しているが、11年は緩やかな回復、12年度以降は潜在成長率を上回る成長が続くという見通しがなされています。

 さて、長崎県の状況はどうか?というと、経済の動向をみる前に人口の増減に注目しとかなければならない。自然減はそうでもないが、社会減が全国でトップ3に入る状況はやはり雇用の場がないという現実にあり、また産業構造も他県に比べ製造業の比率が低いことをみたとき、本県の今後について、ひとつは第一産業を6次産業化する、またやはり観光をもっと魅力を磨き稼げる産業化するということが必要であると言われていました。

 その他まだまだお話はありましたが、取り急ぎの感想で雑駁ではありますが、総合的には、非常に厳しい、回復の兆しにはほど遠い本県の経済状況があると私は感じました。ならばやはり、商工会議所を中心とした「都市経営戦略策定検討会」の提言等をしっかりひとつひとつ、官民協働のもと実行に移し、ひいては強みを活かし、市場を開拓、社会現象(人口減少&高齢化)に対応した産業転換~商品開発を行っていくことが肝要かと改めて認識したところです。

 

 

| | コメント (0)

2010年11月25日 (木)

100%の人事?

 昨日私が発した野次は長崎新聞によると「怒声」という表現になっていました。確かに怒声なのだから許されるなら市長自身に質問をしたかったところです。たぶん決算不認定を重く受け止めていないのだろと。重く受け止めるというならば昨日も書いたようにやはり昨日は避けるべきだし、それを周囲も進言せねば。色々言ってもどこかの新聞に抜かれそうになったので慌ててセットしたというのが本当の理由ではないかと思うわけです。

 人の悪口は聞く方もきついと言われますが、ここ数日は批判ばかりで恐縮ですが解せぬことばかり、次なる解せぬことは代表監査委員選任(現原爆対策部長)後の後任の部長人事。後任の方は、これは庁内では数日前から100%間違いないと言われてた人。原対のNO2のポストの人であり至極順当と表向きはみられますが、4月に病院局管理部長から異動したばかり。当時は新市民病院建設のPFI選定の大詰めの時期であり、なにゆえ異動になったのか異動になった本人も含めさっぱりわからないと議会の中でも声がでていました。本人は新しい病院ができるまでは頑張るんだと、私とはことあるごとに意見を異にしていましたが、彼の意見にはそれなりの論拠があり、誰も失敗することは望んでいないので最後まで頑張るものと思っていた時の仰天人事。何があったのだろと思ったものです。
 
 誰もが納得のいく人事はないと思いますが、やはりそこにはある程度の納得いくものがないと色々な噂がでてくるもの、もちろんそういう時は悪い噂になります。そのなかには先のポストまで約束された異動だという話もありました。

 結果的にはそうなったわけで「やはり」と思った方は庁内にも多数いるはず。4月で異動した人を部長にするほど、本市は人材が枯渇しているのですか?噂は噂だからとわりきって行ったのですか?ならば4月にさかのぼりなぜ一番大事な時期に異動させたのですか?

 人事は人を活かしも殺しもします。もちろん個人だけでなく組織も同じ。今回の人事が庁内の多くの同僚(仲間)にどのように受け止められているか、面従腹背、組織がものを言わなくなったら終わりです。トップ、またそのポジションにいる方含め強く認識してほしいと思います。どんなにすばらしい計画をたててもそれを実行、リードしていくのは職員一人一人なのですから

| | コメント (0)

2010年11月24日 (水)

11月議会始まりました

 今日から11月議会始まりました。今日は開会日初日ですので、会期の日程が決まり(13日まで)先月審議された特別会計、一般会計の決算報告の後採決~その後今回提案されている補正予算、条例の説明が市長よりなされました。決算では一般会計予算が先般の道路予算流用の案件により決算不認定となりました。行政の猛省を求めるところです。

 そうしたなかで議長の許可を得て市長が来春の選挙への再出馬の表明が議場でありました。決算不認定のその日になぜ出馬表明するのかどうしても解せず、市長が発言する前に「決算不認定の日にどうしてやるのか?」と、いわゆる「野次」を飛ばしましたが反応なかったです。その後、議会が終わって廊下で市長とすれ違ったのでその際も「日が悪い」と言いましたが、これまた反応なく素通りされました。決算不認定とはそんなもんなんですかね。例えば来週月曜の個人質問初日でも、職員の一連の不祥事による自らの減給の条例も提案しているのですから議会最終日でもよかったはず。他に出馬表明をした人もいないのに現職の市長が何をそう急ぐのか…私には理解できませんでした。

 補正予算、条例でのマイ注目は、長崎まちなか龍馬館運営費と新市民病院の独法化の条例です。

&これからの行政側の対応次第ですが、最終日の名誉市民の議案、私達の会派では反対の意思を示すこともあるかもです。

PS 昨日、休養十分と書きましたが、夜から熱がでて今朝はおう吐まで。風邪ひいたようです。このタイミングで~なさけない。

| | コメント (0)

2010年11月23日 (火)

休養十分

 明日からの議会をひかえ今日は完全オフ。子どもの相手がなかなかできていなかったので終日一緒過ごしていました。子どものペースにつきあうと疲れはしますが休養十分、明日からの議会、しっかり臨みます。

| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

あさってから議会

 あさっての議会開会を前に、今日の議会棟は理事者がひっきりなしに出入りする姿が見らました。毎度のことですが今議会質問を予定していない私などは完全にスルー状態です。

 今日は午前中に厚生労働省の雇用支援事業の一環で開校しているフォトカレッジの2期生(半年)の入学式に出席させてもらい、午後は庁内での仕事とあわせて、理事を務める老建施設の理事会にも。

 それにしても市の姿勢ですが、先の名誉市民、市役所の建て替え場所の今年度中へのエリア表明、まちなか龍馬館の来年度直営の運営予算計上(補正予算)、そして今日また別件で市長から議長に申し入れがあったそうですが、とても大事なことが議会には事前に相談もなく突然にでてくることが目立ちます。事前の相談は悪く言えば「根回し」的になってしまうとよくありませんが、こうも続くと議会軽視というのか、はたまた、改選間際のこのタイミングでなんでというような意見もでてきたりと(そういう私もそう思っていますが)なんだか不協和音を感じています。もちろん、こういうことは議会で堂々と論戦すればいいことですが…

 あさってからしっかり臨みます。

| | コメント (1)

2010年11月21日 (日)

学校、保護者、地域

 今日は虹が丘小学校のレインボーフェスティバルの手伝いにでました。今年から毎年行っている育成協のもちつきと学校側の総合学習の発表の機会を一緒にやることにしました。何度も会議を重ねてきていたので心配は天気だけでしたが、お陰様で天候にも恵まれ、ほぼ成功といえるイベントとなりました。関係した皆さんお疲れ様でした。

 下の写真は開会式後の1・2年生の発表風景です。

学校、保護者、地域
 
 これはグランドでの「昔遊び体験」

学校、保護者、地域

 順番が前後しましたが、もちの丸め風景です。保護者や地域の方がお手伝いしてくれました。

学校、保護者、地域

 子ども達のもちつき。意外にうまくついていました。

学校、保護者、地域
 
 グランドゴルフ体験も。地域の先輩方がルールの説明後、生徒はチーム毎に分かれて点数を競う形で行っていました(もちろん打数の少ない方がいいそうです)

学校、保護者、地域

 こんな体験も~私も含めこれはたいていの大人も未体験ででは?

学校、保護者、地域
 
 昼食はもちと豚汁。昼食の合間に学童クラブの子ども達の太鼓の演奏もありました。

学校、保護者、地域

 その他、教室では出店があり、午後は体育館で学年毎に総合学習の発表会も行われました。とにかく、てんこ盛りの内容でしたが、先生はもとより保護者、地域の方々皆が力をあわせて行ったことがとてもよかったと思います。しかし皆さん終わってぐったりしていることでしょう(笑)

| | コメント (0)

2010年11月20日 (土)

手作りの暖かな

手作りの

 昨夜はボランティア仲間(後輩)の会費制での結婚披露のパーティに参加させてもらいました。皆平服での参加でしたが、それぞれの参加者からの一言スピーチだったり、即興での歌や龍踊りのだしものがあったりと手作りの暖かな結婚披露宴でした。

 さて、写真はそのホテル前にての行列。稲佐山への夜景観光のシャトルバスへの行列でした。夜景観光さらに充実させねばです。

| | コメント (0)

2010年11月19日 (金)

ハナキン

 今日は金曜、ハナキンです。ハナキンて言葉最近聞きませんよね。そもそも漢字ではハナキンは「花金」なんでしょうか?

 以前は金曜になると飲み屋街は賑わったものですが、もうそんな話もはるか昔。昨今の不景気と職場で飲みにいくような風土もなくなりつつあり市役所周辺の飲食店は閑古鳥が鳴いています。お昼はお昼で価格破壊に近いような値段での弁当販売~そういうのに慣れ始めると怖いもので500円でランチは当たり前、600、700円でもだそうものなら今日は贅沢したなあと。豊かになりすぎた日本、生活の質を少しづつ落としていくことが肝要と私は思っていますが、仕事をうまくしていくための職場の上司と部下での飲み会=コミュニケーション熟成などは仕事をうまくやっていくため、部署で目標意識をもつためのいい知恵だったと思われ、意外と十数回も市長が職員との対話をやって、最後はお疲れ気味で気持ちが伝わってこなかったみたいな話も聞くなかで、もしかしたらこんなシンプルなことが大事なことなんじゃないかと思っています。そして、お金はまわさないと!(生活の質を落とすに逆行しそうですが)しっかり消費もしないとですね。

 昨日はひとつ嬉しいことがありました。私の先日の視察で書いていた、検診等のシステム化の話を担当部署に提案しようと連絡とったところ、既に私が視察した新潟市の担当者に確認をしていて、且つ庁内の動向をしっかりつかんだうえで検討をしていたみたいです。正直びっくり~嬉しかったです。本格的なシステム化はあと2年ほど先みたいですが、十分な情報をとり、また電算システムの部署においてはベンチャー的な独自のシステム開発(維持コストのうえからも)も選択肢に入れて取り組んでほしいものです。

| | コメント (0)

2010年11月18日 (木)

こつこつと

こつこつと
こつこつと
こつこつと

 昨日は議会運営委員会が行われ、11月議会の提出議案と予算案の説明がありました。議会は今月24日から来月の13日まで。いよいよ今任期も2回の議会を残すのみとなりました。しっかり臨みますが、予告していた個人質問は残念ながら希望者多数により会派の持ち枠(300分)から外れてしまい、次回の議会にまわることになりました。

 話題変わり出来上がりました!

 城栄商店街のマップです。新マップは組合加盟店の紹介とあわせ各店舗のサービスや設備についても付記しています(スタンプ加盟店、トイレあり、クーポン利用可、お客様感謝デー参加店舗、専用駐車場、30分無料駐車券発行、100P利用の際100円負担)

 随分と時間と苦労を重ね出来上がったものだけに多くの人に見て活用してもらいたいと思います。商店街にお越しの際は加盟店に置いていますのでぜひ入手されてください。クーポン券は定期的に変わっていきます。

 また、毎週水曜の美化パートロールも2週目に。「ゴミが落ちていない」という新たな課題が発生したみたいですがこれも継続して行っていきます。

 そして昨夜は商店街関係者による飲み会。年末、日にちの設定が悪かったこともあり男だけの飲み方でしたが楽しい飲み会になり、市の担当課の方、10月から城山支店に赴任してきたという銀行の若い職員さんの参加もあり、互いの顔や仕事を知るという意味ではいい機会になったと思います。今回までは青年部の企画として行いましたが(急遽の企画で立案の仕方~手続きにおいて配慮足らずは反省しています)今後は有志で気軽にメール等で連絡を行い定期的やっていこうということになりました。

 とにかく、出来ることからこつこつです。

| | コメント (0)

2010年11月17日 (水)

申し訳ありません

認識違い

 総合計画、認識違いしてました。9月議会で審議~継続審議にもなっていました(議会でも報告済)私はそれと今行われている質疑は別物と思っていました。ブログを消すわけにはいかずすみませんでした。

 しかし、構想の本市における背景認識(人口減少・高齢化、経済停滞、国からの財政支援低下等)は間違ってませんが、それに対しての目標設定、施策の展開についてはやはり独自性、強弱のついたものとなっているかについてはやはり疑問が残るもので、かつ基本フレームが設定されていないなかでの計画づくりは順番が違うと思われます。また、やはり地域分権はどこを探しても見当たりませんでした。

 今日は婦人防火の集い(写真)にも参加しました。夜は城栄商店街関係での飲み会です。

| | コメント (0)

10年先の長崎

 先週末、本市の第4次総合計画(案)が私達議員の手元に配られています。うっかり持ち帰らずに昨日から内容を見させてもらっていますが、総務委員会では既に月曜からその内容について説明~質疑が行われています。金曜配布の週明け早々の質疑で十分な質疑ができるかは疑問であり、かつ総務委員会という限られたメンバーでの審議では同僚他多くの議員の意見はどのように反映されるのか甚だ疑問です。聞くだけ、言うだけ姿勢の典型的パターンであり、どこでどのようにこんなタイムスケジュール、審査方法で決まったのか、少なくとも議運委員長という立場でも知らされていなかったと記憶しています(所属委員会の会派選出市議の報告不足なら謝りますが)議会力まだまだ、反省せねばです。

 さて、総合計画を見てのまずもっての感想は、よくできたものとなっていますが、総花的過ぎて本市独自の特徴が見られないような気がします。他都市と比べどこに特徴があるのか、また前提条件はどういう設定なのか(人口予測、財政規模、公共の在り方・どのような社会であるべきか、市債に対する考え方、公的施設の維持コスト等々)見落としがあるかもしれませんが、まずはそこをしっかり議会ともども共通認識を持つべく議論するところからのスタートではないかと思うわけで、個々の施策の議論はそう重きをなさずにいいと思っています(個々についてはむしろ年次の予算審査時と施策・事務事業評価を受けての議論で)

 そういう思いを持ちながら数日かけて計画を自分なりにチェックしてみますが、今回私が真っ先にチェックしたのは先にもブログした「地域分権」への取り組みでしたが、計画をみるかぎり…ありません。

 なんで?ほんとに?

 この分野に踏み込まないと本市は全国的にも地域経営認識の遅れた自治体と言わざるを得ず、かつ市民と協働した行政運営はできません。今一度チェックかけてみます。

 今日は議会運営委員会が開かれます。

PS 昨日の写真撮影は笑顔がでずに大変でした。表情づくりの成長していない自分にがっくりきたところでした。

| | コメント (2)

2010年11月16日 (火)

いよいよ

いよいよ

 いよいよ、来春の準備にはいりました。今日は写真撮影です。

 写真左は初挑戦の時の12年前のリーフ、右は8年前。左のリーフは初心を忘れないようにとずっと鞄の中に入れています。前回の選挙は経費節約で写真撮影(プロに頼みます)をせずに8年前のを使用しましたが、今回も幹部のなかでは「お金のもったいなかけん、よかさ撮らないで。そげん変わっとらん」とも言われましたがさすがに…

 しかし、自分的にはちょっとダイエットして臨むつもりが(その努力もないので当たり前の話ですが)もう間に合わないし、期待できないとなり今日夕方より撮影となりました。

 肝心の私の決意はきちんとお話できる日までもうしばらくお待ちください。すみません。

 今日は朝から明日の議運前の正副議長、正副議運委員長の四者協議です。あと2回を残すばかりの議会も来週から開催されます(24日予定)こちらもしっかり臨まねばです。

| | コメント (0)

2010年11月15日 (月)

対照的な姿

 政治の世界では日中、日露と首脳会談は開かれたものの、その成果には?しかつかない内容で、地方に目を移すと「九州はひとつ」でこれからも協力して成長を続けねばならぬ福岡市長選は自公推薦候補が勝ったとはいえ、政治経験なき新人市長のこれからのかじ取りはいかにと心配されます(そもそも自民党の人材の薄さを露呈しており、私は個人的には前佐賀市長の木下氏に期待していましたが選挙は人物本位だけが有権者の選択基準にはならず無念の大敗でした)
 外商を含め諸外国による「日本包囲網」のなかで安易な日米回帰路線ではアジアのリーダーたる日本の地位は築けないと思うのですが…補正予算の採決含めて今週も国政は波乱含みのなかどう展開していくのか、要チェックです。

 一方、スポーツ界は世界のなかで日本勢の頑張りには勇気づけられました。フィギュアスケート男子の高橋、織田の金銀(女子も村上がSP2位)、体操女子団体銀、宮里藍2位タイ(3日目)、そしてなんといってもバレーボール女子の32年ぶりの銅メダル獲得が凄かったですね。前日ロシアに逆転負けで嫌な空気のなかで世界ランキング2位のアメリカをフルセットで破っての勝利。龍馬伝を見た後にチャンネルを変えて見たのですが、昨夜の龍馬伝は大政奉還の建白書を山内容堂が書いた場面の回でもあったのでなんだか引き続いての胸のすく思いがしました。

 日本の若者が世界相手に頑張っているのだから、年長組も頑張らねば!今週もきばりましょう。

| | コメント (0)

2010年11月14日 (日)

長崎の男たち

長崎の男たち

 視察中に経友会の会長から「読んでみんね」とお借りしていた本を移動中に読みました。こういう立場柄か、これまでも何度となく本を紹介されたり読んでみなさいとお借りすることがありますが、正直専門的過ぎて読みづらいものやなかなか頁が進まないものがあり、この本も最初は「いつ返してもいいから」と言われていたのですが、本の厚みに(319P)読みきれるかは自信がありませんでした。しかし、読み始めると意外に(すみません)面白く一気に移動初日で読んでしまいました。

 本は本島元市長の初めての選挙戦のことが佐藤泰彦氏が当時を振り返る形で書かれた本です。本になったのが3年前になっていますから、30数年前の出来事を、初めて本島氏が何の面識もない佐藤氏に電話で市長選に挑戦するから手伝ってくれという件から始まりその後の9ケ月あまりの戦いぶりを克明に描いています。すごい記憶力です。

 佐藤氏が本島氏に「勝てる根拠は?」と問う場面では「全国の市長選の統計では4選の候補が落ちる確率は70%、4選の候補は落ちっとバイ」…それだけの根拠です。たいしたものです。もちろん、当時の現職市長への市政運営への批判やご自身の長崎への思いややりたいことはあったのでしょうが、そういう話は一切なしです。その後は知名度を上げるためセスナから本島の名前を蓮呼しておらだり、小刻みな集会、特にカトリック、五島人会と選挙に関わらない団体を引き込んだり、最後は情報が漏れることを防ぎ福岡で印刷したチラシを30万部、選挙直前に配布したりと、まさに本島市長誕生はこの本の著者である佐藤氏の存在があってこそだったんだと知りました。今でいえばさしずめ「選挙プロ・選挙請負人」みたいなものでしょうが、そこにあるものは情熱、長崎を変えねばという気持ちの一念であったと思われます。本島氏の、選挙戦の時が経つにつれ変わる様も私にはしつかり目に見えるようでした。自分を振り返り…恥ずかしい思いがしています。

 本を貸してくださった方は何気に貸してくださったと思うのですが、自分のなかではかなりのショックを受けて読ませてもらいました。

 一度著者である佐藤氏にお会いして直接話を聞いてみたいと思っています。

PS 過去に佐藤氏とは一度署名活動でお会いしています。また、視察の帰りの飛行機では偶然この本の原稿を預かったというペンクラブ主宰者の元参議田浦先生ともお会いし原稿が持ち込まれた当時の話を聞くことができました。

| | コメント (0)

2010年11月13日 (土)

開通間近

開通間近

 開通を前に一般開放し市民ウォーキングさせたようです。偶然知りました。浦上川線は朝夕の渋滞緩和解消のため建設されましたが、やはり両出口の混雑がどの程度になるのか心配ではあります。

 このような道路建設はもうつくりません、とはっきり言える行政でなければならないと思ってます。私達の会派は計画があっても長期間たって計画自体に疑問符がつくものは廃止、本当にいる道路は工期短縮をはかり早期に完成させるよう「めりはりある」道路行政を行うよう要望してます。

 そういえばアップすると伝えた会派の政策要望を収めたUSBを議会控室に忘れてきてます。すみません、来週には!

 メイドインジャパンの記事に昨夜コメント頂いています。ほぼ同感です。今こそ、いやこれからはもっと毅然たる外交を行ってほしいものです。もちろん内政もしかり。政権交代し国民の期待に応えるためにも自分達の約束してきたことを実行しなくては~今の民主党は政権維持が政治の目標になっているようにみえます。しっかりと政治のかじ取りを。

| | コメント (0)

2010年11月12日 (金)

これからの地域力

 昨日、視察した長野市では「都市内分権」をH16から研究~制度化を進めてきて今年度から本格的にスタートしています。

 なぜ分権が必要か?は省略し、具体的な取り組みを以下に、

 ざっくりとは、市内全地区(32)に住民自治協議会を設置。支所をその拠点と支所長等を「地区活動支援担当」に任命し側面的支援を行う。財政的には「運営交付金」や「やる気支援補助金」「やまざと支援金」(山間地区)等で金銭的に支援し、そのお金はある程度の自由裁量で使えるように権限を持たせています。

 但しここに至るまでに、長野市は、市が主導して設置した団体や委嘱制度を19廃止しており、それらの廃止により2億3000万弱の予算を浮かせ、その分を運営交付金に充てています。あわせて、市が主催するイベント・研修会等への参加・出席要請を廃止、市からの依頼事務についても必須事務と選択事務に仕分けしています。
 
 以上が今年度からの「第一期見直し事項」で今後は24年からは第2期(法定・国や県の団体への補助金検討、区や地域への補助金の検討)、27年の第3期(法定や・国や県が設置した団体等のあり方検討)と順を追って改革を行っていくとのこと。

 説明を聞くとすんなりみたいですが、ここに至るまでは随分と苦労をされ時間をじっくりかけて取り組んできたそうです。

 私からみたらこれでも、既存の組織(本市でいえば自治会)との住み分け・連携や支所の権限が不完全であること含めいくつか不十分、大丈夫なのかなと思うこともあり、その席で質問を交わしましたが、同じような問題意識は持っておられ、とにかく進めるなかで解決していくという姿勢で頑張っているとのことでした。

 資料対応で頂いた前日の新潟市も小中学校単位にコミュニィティ協議会をつくっていて(屋上屋を重ねるという声はあるみたいですが)広域にわたる地域の課題解決に市民が率先して取り組む仕組みができており、特筆すべきは市職員による「所属の垣根を超えた支援」として地域コミュニィティ協議会に1~2名を「コミ協担当職員」として指名、市職員5名1チームで「コミ協応援隊」を結成、市の担当課+地元管轄の社会福祉協議会職員による「支援チーム」を組んで支援を展開しているそうです。

 こういう先行事例をみてみると、私がこれまで発言してきた通り「田上市長が胸をはる3つの力も進化形~システム化という意味ではまだまだ」なのです。次期総合計画のなかで地域分権をどう定義し具体的な計画として提示してくるのか、「一朝一夕にはいかない」と答弁されましたが既に4年を…そろそろ形(山に例えれば山頂)をみせてもらいたいものです。どういう形で挙がってくるか楽しみにしています。

 今日は午前中庁内で仕事、午後は親戚の葬儀に出、児童福祉審議会に出席します。

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

寒いです2

 今日はホテルロビー隅にパソコンがあります。ラッキーです。

 昨日は新潟市の視察。歯科保健については県が先行して条例をつくっていますが、市でもそれ以前から十分な歯科保健行政を展開しているらしく、乳幼児等(一部成人も)の検診データーについては電算でのシステム化により個人情報として入力をしており、いつでも情報をアウトプットして活用できるとのこと。これは市販ソフトでの対応とのことなので早速視察より戻ったら担当部署に提案してみたいと思っています。地区毎の疾患率のよしあしにより悪いところは特定地区として自治会と連携しての取り組み、また歯科保健センターを歯科医師会に委託して行っている等積極的な取り組みは勉強になりました。予算規模は1億(人口72万)。長崎市は2500万ぐらいでないかと記憶。だとすれば人口比率でみると(もちろん財政状況が違っているにしても)やはり「かけるべきところにしっかり予算を組んでいる」と思われました。

 地産地消も視察項目でしたが、こちらについては担当職員は大学に出向して学術的にも勉強して臨んでいるようで、やっていることは地産地消推進の生産者や飲食店の登録制度展開等、本市とそう変わらぬ取り組みでしたが、「高ブランド品をつくるより普通の価格のをより多く生産~消費させる」という視点のもと、生産者と飲食店のマッチングを行ったり、青果市場の出荷情報・実績をHPを通して流すなどという取り組みは工夫がみられました。また米粉(こめこ)の研究に力をいれているとのこと。

 その後は使われていない港湾沿いの土地を県から借り上げて民間主導の地産地消を目的とした大型店舗を見学。たまたま同僚議員と知り合いの方が社長をされていて、実際にチャレンジする民間の方の話を聞いて元気をもらいました。同僚議員とは「これからは特区によるコストをかけない商業施設開発の展開、一定役割果たしたら時期をみての撤退~また新たに別目的での土地の利用」というようなことを考えていかねばならぬのではないかと話したところです。

 今日は午前中に長野市を視察して帰崎~そのまま夜の経友会の委員会に参加です。明日は朝一から議会に出ます。

| | コメント (0)

2010年11月10日 (水)

寒いです

昨日は会派の政策要望を終え視察に出ました。今日、明日と新潟市、長野市を視察します。視察内容は後ほど、また政策要望も帰って内容についてお知らせできればと。


PS 長崎空港で今日明日お世話になる議会への気持ちばかりの手土産(菓子)を買ったのですが、手荷物検査のとこでX線通した後受け取るの忘れてしまいました。機内でそのことに気づき、羽田空港に着いてから長崎空港の電話番号問い合わせしてたら、隣にいた同僚が私の持つべき菓子を持っているではありませんか!?聞いたら、後ろにいて、私が忘れていたんで持ってたと…まあ、よかったですが教えてくれても。人のいい先輩でした。

| | コメント (0)

2010年11月 9日 (火)

朝晩冷えてきましたが

 朝晩めっきり冷えてきましたが、今日午後から昨日書いたように視察に出ます。向こうは暴風雨だそうで、かさばりますが寒さ対策でカーディガンとコート持参で行くことにしました。風邪もはやりつつあるみたいですので皆さんもご注意されてください。

 昨日は幼稚園協会と保育会役員と勉強会~意見交換をしました。話してつくづく感じるのはやはり私がこれまで意見してきた「長崎モデル」今こそ子育ての哲学(子どもこそ将来の財産)に基づき新規施策・事業の展開や予算の拡充で地域の独自性を発揮すべき時だと。今日は会派の政策要望もありますのでその点も踏まえてしっかり意見してきます。

 城栄街商店街活性化への取り組みもこつこつと取り組んでいます。もうすぐマップが出来上がります。明日は参加できないのが残念ですが婦人部を中心とした美化パトロール。来週は青年部主催の「城栄地区第2回親睦会」を行います。このことについては青年部長と私で部員に対し少し相談不足(なかなか集まれないなか個別に了解とりながらで対応)のなか不満の声もあるように聞こえてきていますが、つなぐためには今年中になんかせんば!の気持ちで今回までは大目にみてほしいと…自身の選挙をひかえ誤解なきよう進めていかねばです。

| | コメント (0)

2010年11月 8日 (月)

メイドインジャパン

 先日の豪華ゲストの話の内容は、

麻生太郎元総理
 民主党批判を自分に対しよくぶつけてこられるが「貴方が選んだ政権でしょう?」と切り返しているとのこと。ビデオ流出問題は二つの問題をはらんでいる。ひとつは情報管理の問題、もうひとつは当然中国からみたら、公開しないと言っていたビデオがこういう形で流出すると、日本不信はますます高まる。今回の尖閣諸島の案件は辿ればやはり普天間問題の決着に行き着く。あれで日米関係をぎくしゃくさせてしまったので「今だ」とばかりに北と南から攻撃されている。相手の立場にたてばここが攻めどきで至極セオリー通りの展開だ。だから、やはり外交、安全保障が大事。これからも野党だがしっかり意見していく。

金美齢さん
 日本再生への道、というタイトルで講演。日本には「あうんの呼吸」というものがあるが、外国にはそれは通用しない。メンタリティが違うのだから。そこをわからずに外交を行うから今回のような事態を招く。本来、安全保障・外交は国の要。しかし、国民はそのことに精通する議員を評価しない。そこに大きな問題がある。(中略)日本はいつからこれほどまでに国民が劣化してしまったのか?今のような社会主義的な方向に向かう政治についてはすごく危惧を感じている。日本再生への道はメイドインジャパン~原点回帰あるのみ。科学技術はNO1でなければいけない。

 ざっくりとは以上のような内容でした。麻生元総理はいつものべらんめえ調で聴衆を引き付ける話術はさすがで、一方金さんも負けず劣らず、しかも話がわかりやすかったです。会費1万の講演会で実際は資金パーティだったのでしょうが、そういう意味では飲食が全くない代わりにこのような普通直接聞けないような方の話が聞ける講演会形式の資金パーティもスマートでいいのかなと思いました。

 さて、今日は休み明けもあり日程びっちりですが、今週は明日は午前中に市長に会派の政策要望を行い、午後からは県外に視察にでます。帰りは木曜ですがこれが任期最後の視察となります。視察先は新潟、長野~歯科保健行政、地産地消への取り組み、地域活性に関する各種支援制度、高齢者対策について学んできます。できれば今月末の議会で質問したいのですが、9月議会に続いてなのでできるかどうかは微妙です。

 さあ、今年もいよいよあと50日あまりとなりましたよ。やり残しあればスパートせねば!です。

| | コメント (2)

2010年11月 7日 (日)

今日もてんこ盛り

今日もてんこ盛り
今日もてんこ盛り
今日もてんこ盛り

 今日も行事のてんこ盛り。朝一から城山教会バザー、西町教会バザー、午後からハーレーフェスティバル、そして夜は銅座町くんち打ち上げ~二次会まで。明日からもきばります!

注)銅座の写真は「しゃぎりのご披露」時の写真です。

| | コメント (0)

2010年11月 6日 (土)

豪華ゲスト

 週末の土曜日、今日は午前中は私事で三重に行き、午後からは行事への参加続きでした。下の写真は看護連盟主催の「看護祭」に。私が伺った時は血圧検査等もやっていましたがバザーで賑わっていました。私もおつきあいで数点購入。関係者の皆様、盛況にてなにより、お疲れ様でした。

豪華ゲスト

 次はながさき自治振興推進大会に出席。市長、議長が欠席(海外出張中)でなんとなく寂しくもありましたが、大会では永年在職自治会長、自治会役員功労者、保健環境美化功労者(個人・団体)の表彰がなされました。まさしく市民力、表彰受けられた皆様、おめでとうございます。そしてありがとうございます。

豪華ゲスト

 日中行事の最後は三好県議(西彼杵郡選出)の議員在職15年記念特別講演会に行きました。それが行ってびっくり。豪華なゲストの講演でした。片山さつき参議院議員に麻生きる元総理、そして評論家の金美齢さん(ちょうど携帯の電源が切れて写真撮影できず)なかなかの話を聞くことができました。

豪華ゲスト

豪華ゲスト

 今夕方6時ですが、これから学童の勉強会に行きます。

| | コメント (2)

2010年11月 5日 (金)

伝えるて難しいですね

 昨日、知人から「前田君のブログ見た人が市議の給料が安いから違う選挙にでるのだと聞いたが」と言われました。

 そんなことは…今の報酬では生活(収支)が厳しいという現況と市議の大幅な定数削減に伴う報酬アップ(パート的な人を雇え政治活動を充実できる)の話はしました。どうもこのことみたいです。

 それを聞いた別の知人は「大幅に市議削減してもその中で前田君は当選できると思っていると思われたら実質、自分のために給料上げろという話で受け止められる恐れはあるよね。それに今の市民生活の厳しさ考えたらいくら議員定数削減したとしてもそのような話は感情的に受け入れるのは難しいだろう」とも。

 うーん。そこまで思いは巡りませんでした。そういえば、私の親戚からも「ブログに給料あげろみたいなこと書いてあったけどお金のことは書かない方がいいのでは」と注意を受けました。

 コメントしてくれればまだそれに対して答えようがあるのですが…このような声があるというのは言ってもらわねばわかりません。もちろん、そういう話題がでるということはブログを見てくださっているからで…ありがたい話です。伝えるって難しいです。これからも思ったことは書いていきますが(それでないと意味がないので)但しできるかぎり真意が伝わるよう、市政に関しても批判一色にならぬよう留意しながら続けていきたいと改めて思いました。

 今日は金曜ですね。週末もびっちりですが、週のひと区切り、しっかり一日仕事に励みます。

| | コメント (1)

2010年11月 4日 (木)

4年間の評価

 近々、某新聞において田上市政の4年間の市政検証〜評価記事が掲載されるらしい。

 マスコミがどう評価するか楽しみである。私の楽しみというのは評価自身ではなくどういう切り口、視点で検証を行っていくのか、その点が特に気になるところ。

 さる9月議会で市長に自身の自己評価を問うたが、種々の施設整備を挙げて「長崎化」が進んだと自画自賛。はたしてそうであろうか…得意の観光分野、イベントの展開だけではもう人は呼ぶには限界で役所含め関わる人も疲れきっている、観光を産業として育てないといけないが、長崎化が本当に結果として成果につながったのか、さるくは確かに目のつけどころとしては正しかった、しかしガイドの在り方を含めさるくが進化してきているという感触は私にはない。さるくと言えば厳しい財政状況でも予算はいくらでもつく、議会ではもっぱら言われてきた。ならば費用対効果はどうだったのか?田上市長の観光施策は今年たまたまの大河ドラマ「龍馬伝」に救われた感がしないでもない。是非自身で様々な実績値から自己評価を願いたいものである。

 経済対策は頑張ったのだろうが成果には結びついていないのが現況であろう。それが市政のせいというのは酷であろうが、市の独自の取り組みというものは経済成長戦略はたてて取り組んだわりには今ひとつ。たぶん、総花的に何もかもバランスよくという取組みがかえってそれぞれの施策や事業の特徴を欠いたのかもしれない。重点事業の絞り込みとそこに予算を突っ込む、人事においてはもっとマンパワー、思いきった人員強化が必要であったと思う。また、経済対策は市でやれることには限界ある。県との連携不足、役割分担がきちんとできていないことはある意味もったいない。今後の大きな課題というより、県との連携は大前提であろう。企業誘致より地場企業育成、個々の企業の経営改革とブランド品戦略の展開、県外〜海外への市場拡大が求められる。三菱の下請け企業の意識改革も急務である。

 医療・福祉、教育についてはよくもなく悪くもなく、というところだろうか?以前から「長崎方式」「長崎モデル」を意見するが、やはり行政、出過ぎたことは嫌いらしい。市長が言う「職員力」こそ、このことで力を発揮すべきだと思っているのだが…
 ただ障害をもった方、母子家庭へのやさしい施策の展開については評価したい。その分子育て支援施策については最前線で頑張る現場とのコミュニケーション不足が現況に対応した施策や事業展開を遅らせてしまった要因であろう。学校選択制廃止の思いきった決断も評価。但しこれもまた廃止の決定後速やかに全市内の小学校の統合計画を市民(地域)に対し示すべきであったと思う。

 医療、特に関心をもって議論してきた新市民病院については「原爆病院との統合問題」で、ある意味、長崎の医療の現況があぶりだされ、これから目指すべき医療が見えてきたという意味では、結果いい問題提起になったと思うし、市長の強い決意でこれまで以上にしっかりした内容で病院建設が進むのかと「結果オーライ」と思ったが…今はどうしてしまったのか?目指すべきビジョンはどこからも感じることはできない。それがないまま、PFI事業において設計が先行してしまったことは愚の骨頂、もうどうにもならないというのが正直な今の私の所見である。3年半後、間違いなく新病院オープンからの救急救命はスタートできないであろう。また病院建設による公共事業としての地域経済への貢献も残念ながら全く期待できない。地元に落とせるであろうお金をみすみす東京にくれてやったようなものになってしまったのは残念無念である。

 まちづくりでは、高さ制限や景観計画の遅れにもみられるが、「まちの将来の姿」の提起が遅れているように思う。そして特に目立ったのは、県庁舎整備に伴う、本市としての認識・意見を言う場がほとんどなく県に追随という姿勢であったことも今後について大きな危惧をもった。この案件は本市にとってもまちなか再生含め大きな問題であるはず。私自身は跡地がこれまで以上に賑わいを持つことと駅前整備を最小限にすることがセットで移転は是としているが、市は(是非はともかく)もっと意見を言うべきだったと思う。県立図書館の件は確かに誘致問題のレベルで争うべきでないという本市の主張は望ましいと思うが、ならば(私は提案したが)なぜ市立図書館の建設の際に合築を考えなかったのか?市民生活の「先を見る」という視点での公共交通のあり方及び充実についての取り組みも弱かった。電車の北部延伸の案件(事実上の断念)などはほんとにやる気があったのかと疑わざるをえない。オリンピックは問題外。平和の希求は長崎にしかできない発信のやり方があるはず。例えば外部の方が言われている「国際的な平和機関の事務局誘致」などはグッドアイデアだと思う。

 最後に市民力、職員力を活かすには、市民力を信頼し行政の仕事をフリーハンドでまかせること、そのシステムをつくること。職員力については多くの真面目にやっている職員が高い志と働くモチベーションを下げないような、人事と評価制度を早く確立すべきである。

 ざっくり自分なりに思いつくまま書いてみたが、私は田上市政にはそれでも期待している。私たちが気づかずにいる、ボクシングでいえばボディーブローような攻めがじわじわと効いてきて勝利に結びつくことを。ぜひ、11月議会では自己評価とこれからの長崎の目指すべき道筋をはっきりと示してほしいと思っている。

 

| | コメント (2)

2010年11月 3日 (水)

怖かった?

怖かった?

 今日は次男の保育園のバザー。ここ数年何かと都合がつかずお手伝いができずにいたので最後の年の今回は朝から手伝いに出ました。

 担当はゲーム、手作りのゴルフのパターのようなものでこれまた手作りのボールをゲートに通すというものですが、お客(子ども)さんはスタートからさっぱり、「最初は建物のなかの方で遊んできますから」と保育士さんが慰めに近いような言葉をかけてくれましたが隣の工作コーナーは賑わっているのにやはり…さっぱり。午後を過ぎ、「もう交代しましょう、子どもさんと遊ばれてください」と交代してもらいお役御免に。

 その後は子どもと一緒にいくつかブースを廻り、園庭隅のベンチで知り合いと話していて何気にゲームブースの方を見ると…なんと子どもで一杯!

 隣に座る知人から「怖かったもんね」かなりショックでした。

 そんなこんなでかなりゆっくり過ごした今日一日でした。また明日からきばらないと。

 

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

長崎やろもん

 昨夜は高校の先輩方(たまたま同じとも)と夏の参議選の打ち上げを(えっ、今?そう選挙後全く打ち上げやっていなかったんです)ここまで時期がずれると、逆に冷静に選挙が振り返られそれはそれでよかったのかも。昨夜の会を呼びかけたくれた方は本格的な選挙は初めて。最初は渋々だったそうですが~仕事以外のネットワークが広がり大変よかったとおっしゃって頂きました。こういう話を聞くとよかったなあと素直に思えるものです。

 その後は携帯で連絡をとっていた方が偶然すぐ近くで飲んでいるということで合流~ある団体の役職のあられる方が退かれるといううことで慰労会を行っていたとのことで、私達も合流させてもらいました。

 そこにはVファーレンの件でともに盛り上げようと先日会議で一緒したA社長もおられました。早速またまたVファーレン話に。「昨日(日曜)勝ちましたよね。いよいよ4位が射程圏内に」「お、そうさ、背中の見えたぞ」とそこまではよかったのですが、「そういえば残念な話のある」ということで次のような話を。

 なんでも話によると、先日Vファーレンの佐野監督と食事する機会があり食事後飲みに行ったとのこと。行った店で社長もよく知る市会議員がいたそうで、そこで社長がその市議に以前から訴えているサッカー専用スタジアム建設の話をしたら、その議員が「頑張ればできるかもしれませんね。でもその時はその施設をホームにするチームはVファーレンではないかもしれませんよ」と言われたとか。どういう意味かと尋ねたら「だってVファーレンは南高のチームでしょう」という答えが返ってきたそうです。佐野監督は「南高てなんですか?」と聞かれたとか…

 Vファーレンは長崎のチームではない?(長崎やろもん)

 そう思う人が多くいるのでしょうか?もちろん過去において私が呼びかけ市議有志で勉強会をした時も「自助努力が足らん。自分達でもっと市民を巻き込む努力をせんば」と指摘は受けました。それもまだまだなのはよくわかっています。それでも先のようによそもんみたいな気持ちを持たれているとは~私もまた聞きでも話を聞いてショックでしたが、直接聞かされた二人は強烈にショックを受けたそうです。なんでも佐野監督は別のチームからも監督のオファーがありそれを断ってVファーレンに、しかも提示された収入は4分の1だそうです。それでも長崎に来てくれた。情熱以外の何ものでもありません。

 とにかくこの話は選手や監督以外の社長、事務方、私達応援する者の努力不足からきたもの。これから来年に向けてしっかり自分達にできることでサポートする。それが大事です。悔しさを頑張りに転化させねばです。

 さて、今日も庁内にていくつかの相談事、これから予定する会議等の打ち合わせ、それに外回りをします。夜も会合に出席です。晴れてますね、今日も一日互いにきばりましょう!

| | コメント (0)

2010年11月 1日 (月)

今年もあと2ケ月

 今日から11月、今年もあと2ケ月に。改めて月日の経つのは早いですね、「年内までにやらなきゃリスト」をそろそろ作成しチェックしていかねば間に合わないというぐらいやることが山積しています。

 昨夜はやはり飲み過ぎました。280名をほどの大結婚式でしたが、青年協会だけでも現役とOBあわせたら70人ほどいたんじゃないでしょうか、またOBがどうやらある一定の年齢の方以下への案内だったみたいで、私もOB席のなかでは一番上位の卓で、いつもお酒をついで回るのが昨夜ばかりは受ける側に。なんだかちょっと偉くなった気分でした。が、計算違いはそのせいか次から次に後輩からお酌を受け、またやはりそうはいっても後輩のところも自ら廻ったりと…最後はかなりグロッキー状態でした。

 そして今日は寝坊。それでもバタバタと用意すませ議会には8時過ぎ到着。今日はここんとこかかりきりだった会派の政策要望をまとめ上げました。今回は例年と違う視点からの構成になっています。苦労しました(ボリューム的にはそうないのですが、昨年度の要望項目の回答の確認とそれぞれの要望の進捗チェックに時間がかかりました)今日、内容について会派の代表の了解がとれたのでほぼ完成です。皆さんにお知らせできるのは9日に正式に市長に要望した後になりますことをご了解ください。

 コメント頂いたとおり、市民の税金から報酬を頂いているのですからしっかり仕事せねばです。パフォーマンスというのが何のことを指すのかわかりかねますが、おっしゃる通り、「仕事してなんぼ」の世界は皆さんと同じです、われわれも。激励のコメントありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »