« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

今年も一年お世話になりました

 大晦日の一日の始まりは雪で真っ白、帰省する方もおせちを頼んだ方、正月の買い物をする人、多くの人が朝からこの雪に予定も狂いバタバタとされたことでしょう。

 今年一年を振り返り、本市は龍馬伝で始まり龍馬伝で終わった感がしています。県下の経済効果は267億、本市も久方ぶりのグラバー園の100万人越えはじめその恩恵に預かったわけですが、勝負は龍馬伝以降の来年、新幹線の博多~鹿児島全線開通もあり、滞在・体験型観光をいかに進化させ、観光の複次産業化は喫緊の課題です。

 経済対策も企業誘致から地場企業育成にシフトしたことでもあり、県や商工会議所等との目標の共有化とさらなる連携強化が求められます。

 医療・福祉はニーズが多様化するなか、いかに民との協働化により多種多様なニーズ、救うべき弱者救済がはかれるか、この分野は「財政が厳しいからできません」ではなく自治体独自の施策「長崎モデル」の確立に努力せねば~私も微力ながらしっかり取り組んでいきます。

 皆さんにとってはどのような一年でしたか?一年一年、反省のうえにたって「翌年は今年よりは少しだけよい年に!」

 私自身は飛躍の一年になるよう、気を引き締めて春まではとにかくがむしゃらに前進あるのみです。今年一年の皆さまのご支援に感謝申し上げ、来年もどうぞよろしくお願いいたします。よい年をお迎えくださいませ。

| | コメント (0)

2010年12月30日 (木)

作業が進みません

 今朝今年最長というぐらい寝坊してしまい、エンジンのかかりが遅く午前中は年賀状書きに。午後、挨拶廻りやこざこざの用件すませてたらあっという間に夕方になりました。今夜も今年最後の夜警にでるつもりですが…寒いですね。元日は雪が積もるのではないでしょうか?お正月らしいといえばらしいですが。

 今の小さな気がかりは、年賀状には3が日過ぎたら「断酒!」と書きましたが、既に新年会の予定がラッシュ状態~本当に「今は断酒してます」で許してもらえるのか…心配かつ心揺らいでいます。

 今年もいよいよあと一日に。皆さんはどのように過ごされていますか?

| | コメント (0)

2010年12月29日 (水)

年末までまだまだ

昨日挨拶廻りを十分できなかったので今日も終日廻りましたが、それでもまだまだご挨拶したいところは沢山、なかには昨日で仕事納めしてて閉じていたところも…とにかくぎりぎりまで頑張ってそれでも不義理したところは新年にご挨拶させてもらおうと思っています。


昨夜は銅座の夜警に参加。ラストの2時までいましたが寒かったです。行けるならもう一日参加できれば…

PS複数の同僚市議から市長から臨時議会(今年も)お世話になりました、と電話があったと。私には…ありません。もちろん臨時議会の補正予算に反対したからでしょうが、しかし、同じ反対した同僚には電話あってます。これって〜反市長派?本人は是々非々で臨んでいるつもりなんですがね。来年2月議会は最後の政策論議を挑みます。そういう意味でもマニフェスト、どんなものが出てくるのか楽しみしています。

| | コメント (1)

2010年12月28日 (火)

まいりました

 ここにきて、昨夜から次男が高熱~もしやの朝一番での病院直行は、やはりのインフルエンザでした。諸注意受け薬をもらい帰宅後は今度は自分。そういえば私は予防接種を…受けてない。せめてタミフルだけでも。病院に行き私も薬とこの際予防接種も受けていたら既に11時近く~その後用事をすませたらもう3時をあっという間に過ぎていました。

 庁内では4時から事務納め式ということで私も市長の挨拶を聞きに議場に。市長曰く「今年は3つの大きなテーマで~ひとつは龍馬伝、ひとつはNPT再検討会議、ひとつは新しい動き(野母崎の小中一貫教育、長崎サミット等々)職員の皆さんの努力に感謝。しかし不祥事も続けて起こり残念であった。ひとつ信用を失うとそれを取り戻すにはその何倍も努力と時間がかかる。年末年始は節度をもって過ごしてほしい」

 夜は今夜だけは用心をしてひとつ行事参加を来年参加に延期してもらい、子どもが寝たら夜警にでようと思っています。もちろん明日もあさっても仕事&挨拶廻りをします。

| | コメント (0)

2010年12月27日 (月)

熱伝動

 昨夜お会いした「長崎の男たち」の著者の方とは2時間近くお話をさせて頂きました。本を読んだなかで聞いておきたかったことを直接ご本人に確認させて頂いたり、当時の話、また長崎人の気質について、そして選挙に臨む心構えなどをご指導頂きました。

 私についても事前に情報をとっていたらしく、曰く皆「まじめ」だと言っていたと。たぶんその後におっしゃりませんでしたが「地味、暗い」という評価が続いていたものと思われます。

 選挙選スタートにあたり、心構えをしっかりもつのにいい機会となりました。間に入り紹介してくれた知人にも感謝です。選挙は戦い、もっと遠慮せず死に物狂いで頑張れ、夢を語り俺にまかせろというリーダーシップも大事、短時間でありましたが見透かされていました。そして大事なことは気持ちの共有=私たちの間では以前からこれを「熱伝動」と言っています。ひとりひとりに熱を伝動すること、選挙はこの積み重ねあるのみなのです。

やはり人生の、政治の世界の大先輩でありました。激励頂き元気を頂きました。ありがとうございます。

 話は変わりお知らせです。正式なものはまた後日になりますが、今回の選挙は事務所を現在の住まい近くで城栄商店街に構えることになりました。もちろん今も活動に参加し連合自治会の相談役をさせて頂いている虹が丘地区についても地元の方と相談をせねばなりませんがまずは本拠地にひとつです。今日の午後、荷物を入れます。いよいよです。

| | コメント (0)

2010年12月26日 (日)

臨時議会

 金曜日に行われた臨時議会は17時に議会延長をし結局終わったのは20時過ぎになりました。 

 ここまで長引いたのは再度提出されてきた病院PFIの関連予算で審議が長引いたことによるものでした。

 修正減額による否決から10日あまり、真摯に重く受け止めて「審査会委員の個別採点結果」提出までは良としますが、その提出の仕方も中途半端で、氏名と採点が一致されるのものではなく、最初は市幹部の採点がどれかまでも答弁できないという姿勢でした(結局答弁しました)。ここまでの(持たなくてもいいであろう)疑義を持たれた責任を本当に感じているのなら審査の際の原本提出が潔いというもの(それがないという話が聞こえてきていますが)、私が質問した「議会を通れば監査の結果を待たずに本契約するのか?」の質疑には、なんのためらいもなく「そうです」と。議会を通して監査を大至急やってもらいその結果をもって契約というのが「市長自らが監査要求したのですから」筋のはず。「もし監査で疑義があるという結論がでたら、進めたことも含め責任をとる」ということになるのでしょうが、結果の如何を問わずこういう進め方は到底納得のいくものではありません。

 ついては皆様にお詫びですが、以前にも書いたように経済対策の予算を年内にあげたいと議長と相談したにも関わらず、病院局の予算が経済対策を含む予算から分離できなかったため、補正予算全体に対してもわが会派(自民党)は反対せざるをえませんでした(共産党も同様の趣旨で反対)議場ではかなり痛烈な野次もでましたが、反対した結果は結果として事実であります。このような議案の出し方をした行政側を問う気持ちもなくはないですが、とにかく大変残念であり申し訳ない今の気持ちであります。

 ただいづれにしましては他の自治体が年明けに議決する経済対策の予算を本市は年内に議決できました。年明け早々に発注できることはなによりです。

 私の任期も実質あと3ケ月、今、今期の私が質問・提言した案件の進捗もチェックをかけています。積み残しの宿題含め年が明けたら自身の活動と並行して仕上げに取り組んでいきます。たぶん体がいくらあっても足りない状態になるでしょうが、全力尽くすのみ!です。

PS その前に今日中に風邪を治します。夕方は以前ブログで紹介した本島市長誕生の本を書いた著者の方に知人の紹介を得てお会いします。どのような話をお聞きできるのか楽しみです。

| | コメント (0)

2010年12月25日 (土)

風邪でダウンしています

 昨日から咳がひどかったのですが今日になって完全にダウン。朝から病院に行き午後からは家で寝ています。昨日の議会のこともお詫び(補正予算に反対しました)も含めて述べなければならないのですが明日書かせてもらいます。

 今夜は特に冷え込みそうです。皆さんも風邪ひかぬよう気をつけてお過ごしください。

PS 真央ちゃんSP1位に~よかったです。フリーも頑張ってほしいです。

| | コメント (0)

2010年12月24日 (金)

クリスマス

 今日はクリスマスイブ、議会が夕方で終わればですが、今夜はサンタのイベント手伝いに出ます。もう十数年続いていますが、親御さんから子ども達へのプレゼントを事前に預かりサンタの格好をしたスタッフが届けるというものです。毎年続ける仲間の皆さんには頭が下がります。今年は私もドライバーでお手伝いできればと思っています。

 今日の臨時議会は経済対策はともかく、さる11月議会で修正減額された病院PFI関係の予算審議がどの程度のものになるのか全く予想がつきません。どうしてもタイムスケージュールの関係で年内に基本契約したいようで、PFI審査の個人の採点結果をだすことを決断し、すでに監査委員会には提出、今日は議会にも提出するということですが、その中身の審査に入ればかなりの時間がかかります。一方、いや、提出されていなかったことが問題なのだから提出されたら予算は即認めるというものであればそう問題もなく予算議案は承認されます。しかし、資料としてだされたのであれば審査するのが議会の務めとするならば~どういう展開になるのか?出たとこ勝負でしょうがわが会派は徹底して議論してこい!の模様です。

| | コメント (0)

2010年12月23日 (木)

地域の輪

地域の輪
地域の輪

 今日は地元でのもちつきに参加。7時に集まり準備をし9時からもちつきでしたが、私はすみません、9時から参加させてもらいました。米は50キロ、大人がまずついて、十分つけたところで写真のように子どもにもちつき体験をさせ婦人部の方たちがまるめを。

 参加した自治会は普段から青年部(何歳までを青年部というかは?ですが)が協力的でまとまっています。こういう自治会だと助かりますね。先輩方は指導~若手は実践、といいように役割分担できていました。
 最近はもちつきするところが多くなってきたようです。伝統行事は「地域をつなぐ」力があると思っていて、そういう意味でのもちつきの復活傾向は大歓迎です。ちなみに写真手前はわが息子二人です。楽しんでいました。

 明日は臨時議会、病院の議案もありますが経済対策の予算もしっかり審議します。クリスマスの日に24億の経済対策の予算を~

| | コメント (0)

2010年12月22日 (水)

宝続き

宝続き

 写真は昨日の幼稚園協会の市長陳情です。幼稚園協会からは①幼稚園奨励費の増額、②預かり保育助成の適用条件見直し、③施設耐震検査への市単独補助ならびに貸付金新設、をお願いしました。預かり保育助成の条件見直しには前向きな回答もらいましたが、他はやはり財政厳しきおりを理由に厳しいというような回答であったので、再度私からも耐震の件で確認をしたところ耐震調査助成については前向きな説明があったところです。
 前日の保育会とあわせて子どもを育てる現場の要望、今回は特にしぼった項目で要望していること、また両団体とも今、国が検討をすすめる制度変更(新システム)に対し大変不安を感じています。今後の本市の子ども施策への取り組みに大いに期待しています。

 昨日で私の陳情・政策要望への立ち会いも終わりです。昨日はまた24日に行われる臨時議会の内容の説明がありました。経済対策、総額24億、中身については今日精査し明後日の議会に臨みます。今までと比べ随分と練られた内容になっているようですし、年内議決は本県でも本市だけでないかと…事務方の頑張りに感謝いたします。

 

| | コメント (2)

2010年12月21日 (火)

子どもは宝

子どもは宝

 言い訳がましいですが、長文を書いていざ登録という直前でパソコンが勝手に強終了してしまい、全部パーになってしまいいました。ショックです。

 書いていた内容は、昨日は児童福祉専門分科会で「学童のこれから」について、夕方は写真の保育会の市長陳情に立ち会いました。

 これから必要なことは国に言われた通りではない自治体独自の施策の展開~そこにはトップの理念・哲学が必要です。子どもにかかる費用は「費用ではなく(将来につながる)投資」と思ってほしいです。「子どもは宝長崎モデル」私の公約のひとつです。

 今日は幼稚園協会の陳情にも立ち会います。午前中は議会運営委員会も行われます。

| | コメント (0)

2010年12月20日 (月)

民主党しっかり!

 小選挙区、二大政党制は与野党袂を分かちつつも切磋琢磨して国政に臨むのが目的のはず。ならばわが自民党も批判や上げ足取りばかりでなく積極的な提言や国民のためということであれば必要に応じ与党をリードする姿も必要と考えます、それが自民党への信頼回復につながる唯一の道なのだから。かたや「仮免政権」の民主党は政権維持だけを目標にするのではなく政権交代時のようなダイナミックかつスピード感のある政策の転換・推進をやってほしい。もちろん、間違っていたものは間違っていたという率直さがあってもいいと思う。もう小沢さんごときのことで政治が停滞するのはやめにしたらどうだろうか?小沢さんの本質は権力だけ。最近の政治倫理審査会への出席拒否の理由を聞くとまさにマキアベリストそのものではないか、この人のために日本の政治が停滞するのは国益に大きく反することは明らかで「退場」願いたい。

 と、いきなり、今の国政をみて感じていることを書いてみました。

 さて、昨日も書いたようにいよいよ今年もあと2週間、外回りもしたいところですが、まだ宿題がいくつも残っていて、今日は午前中、ハザードマップ、また銅座のゴミの件で担当課と打ち合わせ、午後からは児童福祉専門分科会、臨時議会に向けた4者協議、保育協会の勉強会~市長陳情立ち会い、とかなりヘビーな日程です。

 子ども達の間ではインフルエンザもはやりつつあるみたいです。皆さんも何かとお疲れがちのことと思われこういう時は病気になりがち、お体気をつけてお過ごし下さい。

| | コメント (2)

2010年12月19日 (日)

嬉しい話(成果?)

 先日、地元でお世話になっている病院の忘年会に参加させてもらったおり、6月に行った公園でのバーベキューがきっかけ(正確に言えばそこで知り合った人の取り持つ縁)で来月入籍される病院の女性がいると聞きました。

 交流の輪を広げることが目的のひとつでしたが、それ以上の成果(?)がでたことにうれしく思っています。継続できたらいいのですが…

 いよいよ今年もあますところあと2週間。やり残しなきよう!今週は24日に臨時議会が行われます。
 皆さんも年末まではりきって仕事に、プライベートに頑張りましょう。

PS 忘年会もやっとピークを越えました。なんとか体もちました。

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

子どもの成長

子どもの成長
長男が学校の人権標語で優秀賞をもらったみたいで夜帰ると机の上に。


こんな標語を自分で考えたとは。忙しくなかなか相手できてませんが子どもの成長を感じ嬉しく思いました。
やっと忘年会もピークを越えました。なんとか体もったようです。今日は午前中は滑石にできた小規模特別養護介護施設の落成式に。夜は虹が丘連合自治会の集まりに出させてもらいます。

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

第2の普天間の心配

 昨日の「上告断念」はその選択枝もないわけではなかったという意味ではサプライズではないのかもしれませんが、今日の新聞報道にもありますが、地元に対し何の相談もないなかで突然総理が表明をされたことには戸惑いを感じえません。

 高裁判決後の様々な論評でもある通り、これからまさに漁業者対農業者という表面的な対立ではなく、日本の農業、水産業がどうあるべきか、また海の再生をどう考えるか、そのうえでどう共生をはかっていくか~ひいてはこれからのお金の使い方はどうすべきか(開門による被害の防止に使うお金より前向きな投資に使うお金がより望ましいということは明らかです)をしっかり考えていく時期であっただけに、一方的な、また一部報道にあるような今の政局打開のための「政治主導による求心力維持」のために諫干の問題が取り上げられたとすれば断じて許されるものではありません。こういう時こそ、県知事を先頭に中央に対し断固たる態度の表明と地元の関係者達との「勝った、負けた」ではない危機感の共有、前向きな議論が必要だと思います。

 さて今日も庁内外で慌ただしく動きます。私も含め皆さんも忘年会ピークでしょう。お体気をつけながらお過ごしください。

PS 面白い記事見つけましたので以下を↓

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/net_research/?1292398948

| | コメント (3)

2010年12月15日 (水)

上告断念

あまりに短絡的、おそまつの一言。ニュース見て怒りを通りこしてます。やはり総理失格です。

| | コメント (3)

やるぜよ!

 一昨日議会が終わり昨日は議会中にできていなかったことで庁外を廻っていましたが、並行して来春の準備も。昨夜も打ち合わせしましたが、かなり厳しい情勢です。たぶん、現職は除き、新人5人ぐらい(前一人含む)のなかで上から二人の枠に入らないと目的達成できません。新人のなかでは私より市議選で随分と得票の多い方もいてまさに現時点では圏外。相当頑張らねばなりません。

 先月末に行った拡大幹事会後は議会中でもありまだ外回りも開始できていず、そもそもアイテムがまだできていません。事務所がやっと場所が決まり、昨日は電話・ファックスの番号の手続きを済ませ、これでやっとリーフレットの記載必要事項が~年末ぎりぎりの出来上がりです。その他、事務所への引っ越しや肝心のスタッフの方のお願いも現在進行形の状況。もちろんなにをやるにもお金との相談もあり予算組みもせねばなりません。これまでの選挙に比べたらブツの量(印刷物や郵送、電話等)もこれまでの倍以上。一体全体いくらかかるのか?この種のものは最初から抑えていかねば到底足りなくなります。まあ、そうはいってもないものはないのですからあるだけでやるしかないのですが…

 とにかく初挑戦ですから「さわやかに、したたかに、質素に(笑)頑張ります!」ので応援よろしくお願いします。

PS そこで以下のような業務のお手伝いをして頂ける方募集です。お知り合いの方等で手伝ってもいいよ、という方いらっしゃいましたらご紹介ください。条件等はご相談で(かぎりなくボランティア価格でお願いしたいですが)
但し、こちらの条件もひとつだけあります。それは私たちは「チーム」で戦いに挑みますので、基本は私の「想い」に共鳴~協働してくれる方でないとNGです。ですから最初に私の話を聞いてもらう、これが条件です。ご紹介よろしくお願いします。

○事務スタッフ(男・女) ~ 事務所内でパソコン入力等の事務等

○ドライバー(男) ~ 基本は私と一緒、もしくは単独で書類等の届けや受領に

○サポーター 
サポーターはすみません。完全ボランティアになります~例えば自分の仕事をしながら(仕事の合間に)事務所からのお願いした書類を届けたり、または応援頂ける方から書類を受領してきて事務所に持って帰ってくれる方、イベント時(平日夕方~夜や土日)の手伝いや日中に時間が空いたんで1、2時間手伝えるよというような方です(事務所での軽作業になります)

| | コメント (0)

2010年12月14日 (火)

今年最後の議会も閉会

 今年最後の議会も昨日閉会しました。議案のなかには土山秀夫氏の名誉市民の選定議案もありました(全員賛同)以下、まえてつ注目議案

113号 長崎市付属機関に関する条例の一部改正する議案
9月議会時に質問内容に掲げヒアリングを行い提案した、懲罰審査会のメンバーに「外部審査員」を入れる条例改正、当時は「市の業務は特殊、地方自治法に詳しい方でないと難しい。今後検討」と否定的な見解であったものが、不祥事が続くなか、あっさり方針転換。なんだったんだという思いはありますが、望ましいことであり、これからは民間の感覚も取り入れ、また「身内を庇う」と言われることのないような審査になってくると思います。

131号 地方独立行政法人長崎市立病院機構定款について
独法化には賛成するものなので定款自体には反対ではありませんが、やはりそこで働く人が十分納得されてが理想。そういう意味では話し合いの時間も内容も十分でなく、今後の互いの立場にたった真摯な話し合い~協定成立を望みます。あわせて新しい病院のビジョンを早急に示してほしいと思っています。

138号、132号 病院補正予算、一般会計補正予算
PFI関係の病院予算は、住民監査の際に個人審査結果の資料提出を拒否したことにより監査の結果がだせなかったことを議会は問題視~減額修正されました。資料をださなかったことは明らかな判断ミスです。今後の市の対応を見極めます。

112号 長崎まちなか龍馬館条例
1年かぎりであった龍馬館をもう1年延長するというもの。しかし最初に実行委員会に貸し付けた3000万の返済がまだ完済されておらず、しかも今度は市が直営で運営&家賃設定までも調整したとのこと(メルカ築町の時の手法が思い浮かびました)入館者も予定を下回ったとも報告されており、やるからにはしっかりと事業を検証して、一過性のものに終わず龍馬を本市の観光の財産に定着させてもらいたいものです。

議第7号 長崎市議会基本条例
1年以上かけて特別委員会を設置し議論してきた議会基本条例が成立しました。この条例は議会の基本理念と基本方針を定めたものですが、つまるところ、市民に信託を受けた者の集団なのだからもっと切磋琢磨し、質を上げて行政に臨み、それをもって住民自治の発展に寄与しようというものです。議員間討議や市民の多様な参画機会(参考人制度他)反問権などを定義しています。他都市に比べたら条例制定早い方であり、後は運営次第。条例制定の効果がでることを期待しています(実践の場に私はいないのであえて期待という表現にさせてもらっています)特別委員会委員長はじめ所属委員の方お疲れさまでした。

追伸 今議会冒頭、市長は議長の許可を得て自身の来春の市長選再出馬を発言されましたが、昨日の議会でこそ、市長は再度議長の許可をとり、自身の提案した予算が減額修正されたこと、その要因となった監査に資料提出を拒んだことが疑念を招いてしまったことを率直に反省~重く受け止める言葉が欲しかったものです。議場(議長の許可を得ての発言)は自分の都合のいいことだけを発言する場ではないのですから。

| | コメント (0)

2010年12月13日 (月)

「仮免」で政権運営?

 民主党の支持率が落ちたひとつの要因に閣僚の不注意な発言が大であったにもかかわらず、総理のタイトルのような発言。自身の後援会で「今までは仮免。これからが本番」と語ったそうですが、学習能力のなさにはほとほと呆れます。政治に自浄作用が求められていることは自民党の例をみてもわかっているだろうに…年明けは波乱含みとなりそうです。

 さて今日は議会最終日です。だされた議案では私が所属する厚生委員会で減額修正が2件、建設水道委員会で「景観条例」が継続審議となっています。以前お話した「検証力」は議会も行政も相互にまだまだ~24日には臨時議会で経済対策の補正予算審議がなされますが、しっかりした予算案がでてくることを期待しています。

PS 週末の忘年会のなかで「なぜこのような不景気に市役所の職員にボーナスがでるのか?民間ではボーナスなしのところもある。自分達の税金が使われているのだから納得いかない。自分達だけよければよいのか?」と意見を受けました。ボーナスなしは極論ですが、意見の趣旨には反論できませんでした。もちろんこの言葉は私達議員にも向けられたものです。こういう意見がある(稀ではなく大勢の人がそう思っている)ことを自覚して日々仕事に励まねばなりません。

| | コメント (1)

2010年12月12日 (日)

ありがたいかぎりです

 昨夜の地元若手の忘年会から今日のエミネント葉山のシニア研修会(式見ハイツ)、夕方から城栄ソフト(私は会費会員で恐縮してますが)の忘年会ととにかく飲み続けですが、人と人のつながりは大事ですね。昨日から色々な話をさせてもらいひとつひとつが自分の血と肉になったような、そしてまた元気をもらったような気がしています。皆さんから激励頂きただただ感謝、感謝です。明日は議会最終日ですが、それが終わるといよいよ~戦闘開始です。

| | コメント (3)

2010年12月11日 (土)

体力勝負

 今日は1件、明日は2件の忘年会、来週は平日全滅です。さすがに少々疲れてきたのとなんだか頭痛もして風邪のひき始めのような兆候が…体調管理も気をつけねばです。

 昨夜は銅座の夜警(23時~01時)に出ましたが、久しぶり人の出が多かったです。いつも昨夜ぐらいあるといいんですがね。

PS 入会しませんか?のカンコロ倶楽部、電話で問い合わせしたら今年は既に冬の分の特産物の発送も終わりもう入会受付締め切っているとのことでした。すみませんでした。尚、興味持たれてくれた方は上五島町のHP開き「上五島カンコロ倶楽部」で検索して下さい。夏に送った商品等が写真で見れます。

 

| | コメント (0)

2010年12月10日 (金)

入会しませんか?

ふるさと

 昨夜は長崎市上五島町人会、県央上五島町人会の合同意見交換会に出席させてもらいました。昨夜の会の目的は、上五島5ケ町(若松、奈良尾、上五島、有川、新魚目)が合併後も長崎市にある各町人会は旧町毎の親睦組織をそのまま維持していたのですが、定期的に集まっているのは2町ほどで他は休眠状態に近い現状。これは町人会の会員の高齢化と、一方若い世代が参加しない(若い人はふるさと意識希薄&この種の集まりは面倒くさいと思われているのか)ことが大なのですが、こんな形で自然消滅していくのは寂しいじゃないか~そこで本市(本県)の町人会も合併しよう(それぞれの町人会は支部に)ということで開かれたのが昨夜の会。長崎市上五島町人会は旧上五島町の方だけですが、県央上五島町人会は既に旧町入り混じった方々で構成されています。

 いいことだと思うのですが、今まで何度も同様なこと、若い世代だけ集まろうというようなことはやっていて、現実はなかなか集まらないのが悩みなのです。ふるさとを思う気持ちは皆持っているでしょうが…昨夜はこの種の会合をとにかく続け拡大していこうということと、来春には結成会を開きたいということで別れました。

 写真は反射で見えづらいですが、そこでご紹介頂いた「上五島カンコロ倶楽部」カード。どんなものかというと、年会費は1万円(最初、え、高い!と)で特典は上五島町の情報が送られてくるのと、年2回夏と冬(お中元、お歳暮時)に上五島の特産物が計1万5千円分送られてくるというもの、かなりお得です。それも商品は事前にカタログで選べるそうです。この他上五島に行った際は宿泊が10%引き。
 1万円で1万5千円分の5千円分のプレミアをつけるのは面白いですね。会員が何人いるのか?ですが、早速試しに入会してみようと思います。ふるさと納税やふるさと市民等色々な取り組みありますが、カンコロ倶楽部は実益がある点が魅力的だと思います。こういうPR、特産物の拡販の手法もあるんだなと感心しました。

PS  コメントありがとうございます。検証力はまだまだです。変わる、変わらない~変えなきゃ!でしょう。逆説的とはいえそう諦めないでください。
職員一人一人は能力がある(潜在も含め)と思っています。それを引き出す意識改革と能力を引き出す種々のインセンティブをどのように工夫できるか、確かに「即退場」(これは議員も指していること理解しています)というような、現実的にはできませんが独法化のような非公務員型組織に近い形にするのも一考だと思います。

 

| | コメント (0)

2010年12月 9日 (木)

委員会終了

 昨日で委員会審査が終了しましたが、最後の最後で国に対しての意見書の提出で紛糾し委員会が終わったのは19時過ぎでした。時間にというより紛糾した議論に疲れました。

 さて、昨日の委員会では一昨日の病院PFIに関連した一般会計補正予算がその分減額修正されたのに加え、これも随分と質疑で多くの時間が割かれた障害者・高齢者の交通費助成事業の給付方法を現在の回数券方式からスマートカード方式に変えるための予算が全額減額修正(要は否決)されました。

 カード化は障害者団体からの毎年の要望であり、また利便性・安全性という意味からも私達もカード化には反対するのではありません。しかし、これまでの事業のなかで、①精算方式(使われていない回数券もあるという過去の指摘で毎月人件費がかかるが使用枚数をチェックし交通事業者に精算払いしています。概ね30%節減という過去のデーターも有と聞いています)、②事業の目的が外出促進なので一度に1回の回数券使用と限定(回数券にお金を足している現状が不便という声あり)&当該年度の有効期限有、③本人のみ使用、とあったものが、精算方式はしない、カードなので一度の上限金額設定なし、有効期限撤廃、本人確認もできない、死亡や市外に転居しても自主的な返還で了とする。これではそもそもの事業の目的(外出支援)からも目的が後退した感があり、事業の整合性が問われます。また、カードの発行も市独自にするか既存のカードに積み増すのかの方針も定かでなく(カード作成に年4000万)、積み増し機の増設(18ケ所)に約3000万、理事者からは種々これから検討していきますという説明でしたが、これでは到底納得いくものでなく、検討不十分ということで減額修正をかけたわけです。

 当事者の切実な願いであることは理解していますし、6月議会の個人質問では市長が来春からやると明言。それにしては検討不十分な提案でした。これで議会が通ると思ったのでしょうか?少なくとも9月議会や決算で検討案を委員会に中間報告としてだしていれば、その際に今回のような質疑が行われ、それに対して検討を加えたうえで提案できたものを…そういう意味では最近とみにこのような「いきなり案件」が多いです。事前の根回しということではなく議会の意見も参考にという意味での「議会力」もあてにしてほしいとこです。猛省を促し(個人的な意見ですが)もしや病院局は今月下旬の臨時議会での議案上程があるかもしれません。どうしても来春から実施したいというならば、今日からでも交通事業者とよくつめて協議をし臨時議会でも再提案も可能だと思いますよ。委員会は心情的にはなんとか予算を通してあげたいという気持ちが共通の気持ちであったのですから。

 今日は委員会は総務委員会のみの開催です。なので私は庁内、庁外でたまっている用件(全て急ぎ)をすませます。

PS コメントありがとうございます。旧魚市跡地についてはコメントで返すような内容でないのでしばし時間ください。県庁、市役所整備についてはきちんとした自分の考え示したいと思っています。正副議長経験者から市長選は~今のところなさそうです。市長選はとにかくまずは来月に市長が発表するというマニフェストを見てからだと思いますが。

| | コメント (3)

2010年12月 8日 (水)

後味悪く

 昨日しっかり臨むと言った病院関連予算の予算審議ですが、全会一致で減額修正されました。質疑を終えての討論・採決での修正の提案は私から。内情を話すとこの種の修正は修正の提案がでると採決を待つまでもなく修正案は必ず可決されます。というのは、議会での予算の修正は滅多にあるものではなく、いうなれば「伝家の宝刀」みたいなものです。もちろん行政側にしたら最悪の結果でありその後の影響も大であります。ですから私達もその運用には慎重になり、修正の提案をする前に休憩をとり、非公式で全員で協議を行います。つまるところ全委員の意思で修正をかけることになりますから、結果は全会一致となるわけです。

 修正できるのは議会の権利。修正をかけた後はいつも後味の悪い気持ちになります。議会は追認機関ではないのですからチェックは当たり前。しかし、修正をかけるような事態は極力避けたいし(そこまでしっかり検証された予算を上程すべきであり)仮に修正をかけるとしても理事者も私達議会の指摘を納得したうえでかけたいものです。互いの主張が平行線のままでは…終わってから感情的なしこりが残ります。歳の上では大先輩である理事者に対しぞんざいな物言いもしていると思います。それでも議会人としての役目は果たさせばという思いを理事者に理解してもらい「戦い終わればノーサイド」と思ってもらえたら(そうはならないでしょうが)

 過日はランタンの件でも関係者の方々に誤解を招き、未だ関係修復できません。今は特に選挙をひかえるからか議員の議案や請願への賛否、委員会での質疑が微妙な言動になっているように感じます。私も気づかぬところでそうなのかもしれません。それでいいのか?いいわけがありません。残り任期4ケ月あまり。「しっかり臨む」あるのみです。

| | コメント (2)

2010年12月 7日 (火)

検証力

 昨日の委員会は結局病院関係は審議に入らず、昨日一日行政側の考えをまとめる時間、いわゆる「猶予」を与えたような感じになりました。今日どのような考え方がだされてくるのか、議会側は「住民監査の審査で資料拒否はありえない。審査以前の問題」と言っているのですから、議会側が納得する答えはかなりハードルが高く難しい決断が迫られると思います。昨日は障害者・高齢者交通費助成事業のスマートカード交付の予算でも大もめでした。

 最近思うことは、議会提出の議案や予算、またそれぞれの行政の最終判断が過去の経緯や周囲の意見をよく聞かず(一方的な見方)、これは言葉を変えれば「検証が足りない」というようなものが多いような気がします。もちろん検証は私達議員側にも求められることで、最近知人の方から「とにかく検証だよ」とご指摘を受けています。検証なきところ進歩・変化はない、私もそのように思います。

 これから住民や地域のニーズもより複雑多岐になり、時代・社会背景のなかで施策・事業の中止・変更は常に求められてくると思います。もちろん財源的にも厳しくなる一方将来に向け誤りなき政治が求められます。そしてそれをなしえるところが自治体として生き残っていくとするならば、行政も議会ももっと切磋琢磨して政策を競わねばです。今は残念ながら議会はほぼ追認機関に。

 さて、今日の両事案、議会力を発揮できるか~少なくとも私はさらに議論を掘り下げて挑みます。「喉元すぎれば」の対応にならぬよう行政側にもお願いしたいところです。


PS 忘年会は今週4件、来週4件、いよいよピークに。それにそなえて今夜は休肝日です。

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

意外な僅差

 昨日、阿久根市長のリコールが成立しましたが、意外な僅差でした。そういう意味では竹原市長が「社会に対し問題提起した」というリコール成立後のコメントも少なからず正だったんだろうと思います。議会人としては許されざる市政運営だったと認識しますが、ドラスティックに改革する姿勢が(実質的に)市民の半数近い賛意を得たということは、今の政治がそれほど国民側からみたときに不信や怒り、信頼を失っていることによそのことだからというのではなく自分達に問いかけてみなければならないと思います。

 昨夜は銅座くんちの町方での最終のうちあげ。ほんとうにこれで最後、次は7年後。楽しいひと時を過ごさせて頂きました。最後は「皆さん7年後まで元気でいましょう」ということでお開きに。いい経験をさせて頂きました。ありがとうございます。文化と伝統しっかり継承していきたいものです。

 今日は先週に引き続き委員会審査です。病院局の予算の続きからですが、昨日書いたのは質疑のなかで深まった疑問ですが、そもそも先の9月議会では一度審査の結果については報告を受けていたもの。今回の住民監査請求~個人審査結果提出拒否がきっかけで先日の質疑になったのですが、そこまで深く切り込めていなかったということは(説明がなかったとはいえ)私達委員会も猛反省せねばなりません。

 そのうえで今日の対応ですが、審査内容への対応をどうするかもですが、このように疑義が発生した審査の結果があるなかで、それに関連する補正予算を審議していっていいのか、否かという判断を各会派がやって今日の委員会冒頭に話し合いをします。難しい判断になると思われ意見が大きく分かれるのではないかと思います。

 今週も議会に忘年会(飲酒はほどほどに控え一次会帰り徹底しています)、両方しっかり臨みます。

| | コメント (0)

2010年12月 4日 (土)

チーム医療

 昨日から市議会は委員会審査。厚生委員会は終日病院の議案、請願でしたが、随分ともめました。

 市立病院の独立行政法人化では職員の身分について厳しい質問が相次ぎました。非公務員型になるわけですから、公務員の時のような身分保障がなくなるわけで、頑張れば昇進、昇給しますがその逆もあり(もちろん首もあり)。そして給与額は今までのような給与表での給与額決定ではなく、それに経営状況や社会情勢が鑑案されて決定されます。昨日もめたのは身分保障について職員側の十分な理解が得れてないのではないかという各委員からの質疑に対し、説明会は3回開いた、そもそも交渉事ではないというような趣旨の答弁。

 もちろん、はいそうですか、わかりましたという話ではないのでこじれているのは理解できますが、やはりこれから新しい病院になるには皆の協力が必要なことは絶対条件。これからも十分時間をとって基本協定へと向かってほしいと思います。私も質疑のなかでは「貴方達職員の方は独法化しても市からの出向で病院に入る方がほとんど。自分達の身分だけ保証されて他の人にはこれで納得しろというようなことを言われても納得するはずがない。相手の立場にたってこれから取り組むよう」要望をしました。

 次いての「独法化に反対、直営に戻すよう」という内容の請願審査が行われましたが、私は独法化自身には賛成しているので請願には反対しました。

 その後は補正予算の審議でしたが、その前に過日のPFI事業に関する住民監査請求における監査委員がだした結論である「市より審査の際の個人採点の内容が資料として求めたにもかかわらず提出がないことで結論を導きだせなかった」という件について改めて説明を求めました。この件に関し病院局から種々説明がありましたが、私も含め同僚からは「監査の存在を否定するものであり納得いかない」という意見が相次ぎました&聞けば聞くほど審査の方法について疑問が増し疑義が深まった形で、結果すんなり補正予算審査に入るということにはならず、月曜に持ち越しとなりました。私の会派は強硬に意異を唱えている同僚がいるので朝一番から団会議で対応を協議します。

 ずっと続いている忘年会は週末も土日ですが連ちゃんです。とにかく体力と財布が…ですがせっかくの機会、一年を振り返り来年を語り合いながら楽しく過ごすことを気がけて体力勝負の様相になっていますが頑張ります。

PS そうそう、昨日の独法化の定款を定める条例のなかで、成人病センターの土地まで独立行政法人に移譲する内容になっていることを質し(病院としては病院統合後は活用しないわけですから土地はやれないという趣旨)結果、土地分は繰り出し金で調整して返してもらうようになりました。評価額にして6億5000万を取り戻したことになります。意見が通りよかったです。

| | コメント (5)

2010年12月 3日 (金)

子どもじゃあるまいし

 昨日、市長が度重なる不祥事に対し所属長による全職員の面接の指示をだしたということです。

 子どもの面接じゃあるまいし…多くの真面目にやっている職員からしたら迷惑な話です。解決策が違うと思うわけです。公僕としての自覚を促すのは必要ですが、面接より大事なことは前にも書きましたが市長自らがもっと厳しく臨むこと、処分を厳しくすることだと思います。あとは例えば人事評価を昇進、昇給に反映させること(降格も含め)、もっと外の世界にでることを奨励するきっかけとなるインセンティブを与えることのようなやる気と市民や地域との接点をつくること、もちろんこれも前に書いた、「チームで仕事をする」という民間では常識的なことをきちんと行うことだと思うわけです。そもそも所属長のなかにはその方自体が処分を受けた方もおられるのではないですか?処分を受けた人が面接なんてありえません。それとやるのは結構ですが就業時間中の実施はNGですから念のため。

PS 県議会の県庁舎建設特別委員長が個人的な意見と断りながらも「跡地には市役所移転を提案したいと〜」
 なんだかあやしい。なんの権限があってそのような発言をされたのか?おりしも市長も庁内で検討中にもかかわらず突然の建て替え&今年度中にエリアを提案すると。建て替えすること、言われているような公会堂周辺エリアならわざわざ急いで今年度中の言及をする必要はなく、来春の選挙前ということ考えれば「田上マジック」の可能性大いにありだと私は思っています。しかし、もし県と市、そしてもしやの近隣地域との水面下でのこのような話があがっているならばそれは市民への裏切り行為だと現時点で述べておきます。そのようなことがないとは信じていますが

| | コメント (2)

2010年12月 2日 (木)

また不祥事

 また市職員の不祥事が発生しました。大変申し訳ありません。信頼回復に取り組んでいるなかでの今回の不祥事ですから市長他市の職員全体の市民の方に対しての申し訳なさやくやしさを想像するまでもありませんが、昨夕このことを知り今朝までずっと「なぜなのか?」「どうしたらいいのか?」考えていますが答えが見つかりません。

 組織全体が弛緩していることは確かです。なんとなくゆるい、淀んだ空気を私は感じています。それがどこからきたものなのか…公僕としての自覚、仕事の目標意識ややりがい、首(リストラ)にあうことがないということ、コミュニケーション不足、組織のなかでのそれぞれの個人の役割の認識の希薄さ、等々。処分を厳しくする、意識改革を促す、これだけでは解決できない問題で、しかも本市だけ突出して…ご意見あればお知らせください。

 しかし批判ばかりも言っておられず議会の方もなんだか緩いような気がします。対行政との是是非非の緊張感は今行われている議会をみるかぎりは感じられません。怒らなければいけない(指摘是正)とこで怒らない、意見した議員が周りから浮き上がった存在のようにみられる今の議会は「追認機関」と言われても仕方がないと思います。議員としての任期もあとわずか、本来ならばこの時期の個人質問は4年間のまとめの質問、今まで質問してきて実現できなかった、進捗がみられない、意見をたがえてきた案件を厳しく追及・議論する最後の機会なんでしょうが、じっと聞いていると、なかには地元に関連した質問(しかも厳しい追及はなく)、また過去において質問項目に挙げたこともないような新たな案件を質問される方、結局のところ選挙対策ですか?と思われる質問がちらほら見られます。ケーブルやインターネットを見られた方がどう感じられるか、議会は「戦いの場」、そして私達は「市民・地域の代表」なのですからしっかり役割を果たさねばです。

 昨日行われた議運で経済対策の補正予算を議長の後押しもあり今月24日に臨時議会を開き審査を行うことになりました。一日でも早く!という議会全体の空気と、理事者もそれを理解してかなり無理をしたなかでの年内実施です。多くの方が不景気にあえいでるなかささやかな「クリスマスプレゼント」になればと~経済対策にみあうしっかりした予算案(事業案)になるよう期待しています。

 

| | コメント (0)

2010年12月 1日 (水)

スタート

スタート
ご報告させて頂きます。


昨夜、市政報告会&拡大幹事会を開かせて頂き来春の選挙、県議選に挑戦することを決心しました。事前にご相談、また昨夜の会合にもご案内が十分できておりませんでしたことお詫び申し上げます。


新聞に「検討中」とでたあたりからバタバタしましたが、満場一致をもってご了解頂いたのでいよいよこれまでで一番厳しい戦いのスタート地点に立てました。12年間で得た経験を活かし「県と市をつなぐ」ために目標必達に向け頑張ってまいります。なにとぞご支援よろしくお願いします。

なぜ県議を目指すのか、何をしたいのか、という自分の思いは年内にホームページもリニューアルを行い改めて皆様にきちんとお伝えできればと考えていますので今しばらくお待ち願います。


今日は個人質問3日目。質問終わってからは議会運営委員会も行われます。国で可決された補正予算はやはり年明け1月の臨時議会になりそうです。遅い、なんとかならないかと思っていますので、今日の議運で要望含め確認します。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »