« タイガーマスクとこども基金 | トップページ | わくわくするような話 »

2011年1月17日 (月)

対話とリーダーシップ

 阿久根市長選挙は「対話を重視」の新人候補が勝利しています。

 竹原氏は独裁的、議会制民主主義を否定するものだと言われていますが(確かにそうだと思いますが)彼の主張・目指すものが対話で実現できたかというと、たぶん、答えはNOだと思います。

 リーダーシップで断行するもの、対話のなかで下から上にあげて政策・事業化されるもの。しかし少なくとも行革は上からしか断行できません。バランス感覚の問題だと思いますが、今、政治に求められているのは強いリーダーシップではないかと~それが7645票という数字に表れたのだと思います。

 今週もてんこ盛りの忙しさになりそうです。周りに風邪の方が結構いらっしゃいます。皆さんお気をつけてお過ごしください。

 

|

« タイガーマスクとこども基金 | トップページ | わくわくするような話 »

コメント

法令違反をしていたのですから、リーダーシップとかバランス感覚とかいう以前の問題ではないでしょうか。
仮に理念が正しいとしても、何をしてもいいわけではないでしょう。

投稿: ちょっと一言 | 2011年1月18日 (火) 09:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイガーマスクとこども基金 | トップページ | わくわくするような話 »