« 生涯現役 | トップページ | 変わりそうな予感 »

2011年1月26日 (水)

思い描くイメージ

思い描くイメージ
 
 今日の長崎新聞2面に写真のような記事がありました。

 私が今春に向けて活動するなかでのキャッチテーマは「県と市をつなぐ」県都長崎が元気になってこそ、長崎県が元気に~その長崎市の元気は県と市が連携しあってこそ!ですが、その将来形がこのようなことを思い描いています。但し、そうなった場合、財源がどう動くのか、地域住民サービスの低下を招かないか、これまでの合併(行政区の出現により)に合併の理念からかい離しないか、他市の位置づけはどうなるか?等々まだまだ研究せねばならぬこと山積しているので今は話していません。

 まずはその手前で、長崎市のまちづくり(ハード&ソフト)を県市連携強化のもとダイナミックかつスピード感をもって(必要な道路等の建設、時間がかかりすぎ)やっていきたい、その橋渡し役をやりたいのです。

 その先はもちろん、地方分権→地域分権も考えています。これはどちらかというと田上市長の役割、以前から私が意見している「市民力の進化形」です。

 今回の新潟県と新潟市の合併構想も「大阪都」構想とあわせ大きな問題提起となることでしょう。今日の記事そのなかでも一点目をひいたのは、文中「県と政令指定都市の仲が良好」とありました。

 さて、長崎県と中核市長崎市の仲は良好でしょうか?

|

« 生涯現役 | トップページ | 変わりそうな予感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生涯現役 | トップページ | 変わりそうな予感 »