« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

まえてつ第2章

今日は3月31日、今日で市議前田哲也も終ります。この12年間大変お世話になりました。自分なりには足らざるところはありつつもやってきた実績についてはぎりぎり合格点をつけていいぐらいかと自己評価しています(総決起大会で激励頂いた市長の評価はリップサービスつきの「末広がり」の88点でした)


さて、明日からいよいよ決戦!まえてつ第2章(進化形)が始まります。


戦いの準備もおかげさまで整いました。3.11から世の中の価値観、政治の在り方が大きく変わったと、10年先の将来には歴史の1ページが刻まれるはず。そんな時代だからこそ!全力で戦い勝利をもぎ取ります!

| | コメント (3)

2011年3月30日 (水)

最後にひとつ

脇岬漁港の災害時の避難用の船揚げ場の件、担当部署に相談したら早速の調査〜県に要望してくれるとのこと。今日は現地の漁業組合に足を運びました。市議として最後の仕事になりそうです。


長崎ソカイネットは最近ご紹介頂いた軽運送協会さんが協力(荷物の運搬)を快諾。これまたよかった。ありがたい。支援の輪、確実に広がってます。


PS遅くなりました。市の住宅課も着々と受け入れ準備中。民間の方提供の住居については、まだ解決課題がいくつか…なのでコメント頂いた方、今しばらくお待ち下さい。但し登録しといて、希望があれば是非!と思っているので、私のメールアドレスか、もしくは、長崎ソカイネットのアドレスまで住所やお名前等お知らせ下さい。一旦プールした形に。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2011年3月27日 (日)

支援バザールbyソカイネットワーク

支援バザールbyソカイネットワーク
支援バザールbyソカイネットワーク
支援バザールbyソカイネットワーク
今日は忙しい合間をぬって、ソカイネットワークが行っていた支援バザールに寄ってきました。


橋本さん、川良さんと意見交換〜モロモロ相談してきました。詳しくは明日書きます。とにかく行動にスピード感がありいいです。


一番下の写真はこれまた早速で、事務所に絵本が届けられました。確かに預かりましたので支援団体にきちんとお渡しします。ありがとうございました。

| | コメント (1)

次々に

 一人一人の力ってすごいですね。

 今日聞いた次なる支援は「被災地に絵本を送ろう」というものです。

 小さな子どもをもつママ達が、避難所の光景を見て「もし自分がその立場になって避難所で子どもがぐぜったら~」

 子ども達に家にある絵本を送ろうという活動が始まっています。しかも大ブレークしているみたいで…暖かなプレゼントをありがとう。長崎のママの行動力はすごいよ!

以下は本文とは関係なく
  ↓
http://www.city.soma.fukushima.jp.cache.yimg.jp/0311_jishin/20110324_melma.html

| | コメント (0)

2011年3月26日 (土)

嬉しいですが

ちょっと、時間ください。

ソカイ=住居の提供というイメージが強いのでしょうが、ネットワークにそこまでの受け入れ体制がとれるのか…明日、中島川会場に出向き確認~調整必要です。

僕はあくまで生活用品~電気製品等々で呼び掛けてかけていました。住居ならば一次的には行政が窓口がいいんではないかとも思ったりも。

でもほんとうに嬉しい申し出です。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2011年3月25日 (金)

長崎ソカイネットワーク

 私と同じ考えの人がいました。

 「長崎ソカイネットワーク」という団体が立ち上がります。

 長崎に避難してきた人達の日常生活を営むための最低限の生活用品を市民から寄付してもらい仕分けをするという活動がメインです。

 私はまだ電機屋さんとかに相談をしていた段階だったので、同じ気持ち、素早い行動にはありがたく、また敬意を表します。なんでも市長も全面的にバックアップするとのこと(市長、高島の件も是非ご検討を!)

 会長は橋本剛さんがなられると聞いています。知事選にでた橋本さんです。この人は長崎には必要な人材です。皆のリーダとしても適任~頑張ってください。私も構想とは別に朝礼等でそういう活動が始まればいつでも寄付できるよう各家庭の日用品をチェックしてくださいと呼びかけていたので、広報といういう意味でしばらくは側面的にサポートできればと思っています。

 とにかく吉報です。皆で励まし、そして日本、もちろん長崎を元気にせんば!

| | コメント (5)

2011年3月24日 (木)

地場企業を元気に!

 今夜の経友会の講師講演は長崎大学経済学部准教授の西村先生をお招きし「サービスとして経営を見直そう」との演題でサービスとは何か?から始まり、企業がこれから伸びていくためには何をすべきかの本質をお話頂きました。

 サービスとは何か?
 私が資料のレジメに書いたサービスとは?→相手が求めていることに応えること、と書きましたが、西村先生は「自分のもつ優れた技術や知恵を他社のために提供すること」と言われていました。

 また、製造業とサービス業で分けられている企業が提供する価値が、それぞれ、製品(モノ)およびサービス(コト)ではない。製造業に区分けされる企業収益にほとんどがサービスである場合も多い、とのこと。なるほど

そしてサービスdくりのためには、
(1)顧客が欲しいのは、モノではなく、自分たちがやるよりも優れている技術や知恵
(2)他社との競争を勝ち抜くために必要なのは、社員のもつ技術や知恵
(3)モノはサービスを運ぶ手段である
(4)提供側の企業は、価値の提案しかできない
(5)顧客は常にサービスの共同製作者である
(6)サービスづくりを行う企業は、顧客志向であり、関係志向である

「気づき」の場でした。西村先生ありがとうございました。

 ところで、体調が絶不調で風邪気味です。こじらせないようにせねばなりません。活動は感謝、感謝の連続です。明日も頑張ります!

PS この場ですみません。同級生の鈴木君、空メールをとのことですが、アドレスがわかりませんが。被災者の受け入りの生活物資を用意する件はなかなか進みません。事が大きすぎてどのようにしたらよいのか今まだ検討中です。

| | コメント (0)

2011年3月21日 (月)

被災者支援

被災者支援で落ちていることがあるのに気づいてます。
長崎に避難してくる方々の生活備品、身の回りのもの。救援物資を送ることもありがたく大事ですが、長崎市にも既に避難してきてる人がいます。その方達の生活用品は自前で揃えなければなりません。明日、異業種の集まりがあるので提案してみます。

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

気持ちだけ

気持ちだけ
気持ちだけ
気持ちだけ
気持ちだけ
朝一番で今日から本格的にスタートした救援物資受付場所に激励に行ってきました。ちょうどスタートの時間だったので皆でまず黙祷を捧げその後部長挨拶。今日は市職員と一般のボランティアの方20数名で対応します。受付は10時から15時、場所は元船のドラゴンプロムナードの下の倉庫1F。長崎倉庫さんのご協力で開設できてます。ありがとうございます。10時直後から早速写真のような光景が。支援物資は一旦大村に集め福岡空港より自衛隊機で現地に運ばれるそうです。皆さんお一人お一人の暖かな気持ちも一緒に届けます。支所等でも受付てますのでご支援よろしくお願いします。

| | コメント (2)

2011年3月19日 (土)

卒業式

卒園式

 昨夜は青年協会現役の卒業式。大震災で中止することも考えたそうですが、粛々と行うことに。

 毎年のことながら卒業(40歳)当事者は長年の協会活動を思い出し感極まった思いで僕らOBも現役会員も卒業者に対しご苦労さまという気持ちでひと時を過ごしました。

長崎市も被災者支援に向けさらに早急な取り組みを願っていますが、18日現在で「ファミリー入居」長期入居可能数は市営住宅等141戸、「避難者」短期受入可能数は老人福祉センター等150戸となっています。

 

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

ありがとうございました

 今日は議会最終日、3期12年、まだまだ任期が残っていますので振り返っての思いはまた後日に書きたいと思っていますが、本当にお世話になりました。最後の本会議をしっかり務めてきます。

 「再生に向けて」の記事の内容について、不快な思いと被災された方々に対し配慮に欠け傷つけるような表現を使ったことを反省しています。私の気持ちを伝えるならばもっと違った表現の仕方があったと思います。あえて文章は削除しませんがここに深くお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

 

| | コメント (1)

2011年3月15日 (火)

募金活動

 昨夕、長崎市・長崎市議会合同で募金活動を行いました。私はチトセピア前に応援にきてくれた商業高校の生徒さん達と立ちましたが、買い物や仕事帰りの多くの方から募金にご協力頂きました。御苦労さまとお声をかけてくれる方、通りがかりの車の助手席の窓を開けて募金をしてくれた女性の方、お客待ちのタクシーの運転手さん、声を聞きつけてか、近くから駆け付けた方は貯金箱毎ごそっと募金してくれた方も。なかには1万円札や5千円札も。募金を呼びかえる高校生のなかには泣いている子もいて、恥ずかしいのか「おかしかね。涙のでるとさ」と。見ている方まで目頭が熱くなりました。暖かな皆さんの気持ちが伝わってきました。

 長崎市では、昨日の段階で以下の対応をとっています。
(1)行政関係の施設や出先での募金箱の設置
(2)市民病院DMATの派遣(長崎県からの依頼)
  災害派遣チーム(医師1名、看護師2名、薬剤師1名、事務職員1名)
  3月12日出発済、昨日時点で福岡市内で待機中
(3)上下水道局の応援給水活動(日本水道協会を通じて厚生労働省から依頼)
  上下水道局職員5名、給水車1台、緊急自動車1台
  3月14日出発、派遣先:福島県郡山市
(4)被災建築物応急危険度判定活動(建築住宅部に長崎県から依頼)
  資格を持つ職員2名、14日出発のところ、九州地方整備局からの要請により待機中
(5)緊急消防援助活動(消防局に長崎県から依頼)
  出動可能性調査があり、出動可と回答している
(6)避難住民のこころのケア、健康相談(福祉保健部の長崎県から依頼)
  県、長崎市、県下市町村職員のチームにより派遣。現在待機中

| | コメント (4)

2011年3月14日 (月)

再生に向けて

 時間の経過とともに想像以上の被災のすさまじさがテレビを通じ伝わってきています。コメントにある通り各国、各県では既に支援活動が始まっていますが、昨日などは節電を呼びかけるチェーンメールが私の携帯に数度入ってきたり、知人からは原爆医療等の専門家の派遣はどうなっているのか?等の問い合わせもありました。今日、議会に出て情報を収集し議会としての対応等も議長の意向も確認しながら相談してみたいと思っています。

 さて、今回の災害で様々なことが明らかになったと思います。災害はいつ起こるかわからないというなかで(しかも想定以上の災害が起こりうる)災害時の対応の在り方、平時の時の防災意識と備え、災害に強いまちづくりの必要性と長期的視野にたってのまちづくり(県庁整備は再度冷静に考えなおすべきという声も多く聞こえていますし私もそう思います)、原発に頼っている我が国のエネルギー供給の現況と今後の供給体制について等々。

 そしてなにより私は今回の災害でずっと思っていることは、今回の災害がわが国を「神様が試しているような気がしてならない」のです。災害直前までの国政の混迷状況、まさに日本という国がこれからどんどん斜陽のように、国としても個人としてもなんの希望も持てずに落ち込んでいくのではないか、周りを見渡すと個々の個人的欲求「自分さえよければいい」みたいな言動ばかりがややもすると目立つ世の中だったり、地域の自治会も役員の負担ばかりが増して地域コミュニィティーの維持にも大変な苦労があるなかで、今こそ日本人が心をひとつに、またそれぞれの人が自分の生活を見つめなおし、そして助け合う「互助の精神」をこれを機に確認しあうとするならば、わが国はもう一度再生できるのではないかと思うここ数日です。もちろん、災害にあわれた方には心からのお見舞いの気持ちは持っています。ひとりでも多くの方のご無事をお祈りしています。

 昨日、グリーンキャンペーンに寄らせてもらったおり、出店をされていた知人の方が「こういう時にこのようなことをしていいのかと思ったりもしながら出店しているよ」と言われていました。私は今この時に、何もできなくても自分自身のなかでそう思う心が大切だと思います。

| | コメント (3)

2011年3月12日 (土)

今こそ

大変な事態になりました。多くの尊い人命が奪われ行方不明の方が多数でています。政府もあらゆる手段を講じて救済に全力を挙げてほしいです。自衛隊の皆さんもご苦労様です。

今こそ皆が助けあって自分達にできることで被災された方々、地域の支えになれないかを考え行動せねばです。
出来ること〜今日朝一番で自民党支部に明日から募金活動を行うよう提案しました(個人ではできないので)他は周りの人達と相談して私も行動しようと思っています。


後援会活動も自粛し、また今回の事態で改めて天災の恐ろしさを再認識させられました。長崎で起こったら…防災のまちづくりの視点、これからとても大事な視点でしっかり取り組まねばです。


震災された方にお見舞い申し上げ一日も早い復興を心から願っています。


今こそ、日本人として力をあわせ難局を乗り越えよう!

| | コメント (4)

2011年3月11日 (金)

宝探し

昨夜は銅座の夜警に。月一の行事ですが、若い人が集まる夜警は情報収集と場としても非常に面白いです。

昨夜は携帯電話を使いこなす彼らに驚きといかに自分が遅れてるかを認識し、浜の町再生の話を語り、そしてさるくの進化形として子供達に「宝探し」をさせたらどうかという話に。その方曰く、これからのキーワードは宝探しだそうです。そうかなあと思いながらも、「子供が来ると大人がついてくる」という理屈はごもっとも。


そういうことを考えてたら改めて「長崎観光のターゲット」はどの層か?と思わさせられました。


昨夜の話ではないけどイベントは子供向けではなし、もちろん子供が楽しめる施設もなく(学習は別ですよ)、若い男女かというとイマイチ演出不足、ならば学会等のコンベンションは施設も飲食他の夜の楽しみもまだまだ足りない何かが。商売のターゲットとしては今からは高齢者と言われてますが、バリアフリーや公共交通、ちょっとお金をだしてもいい宿(ホテル)に泊まりたい、延泊したいのニーズには十分供給側が応えていないような…


あらゆる世代に!は、魅力的なまちづくりには不向きだと思います。観光の世界でもマーケティング戦略の練り直し急務だと思わされた昨夜のひと時でした。

| | コメント (0)

2011年3月 9日 (水)

活性化急務!

活性化急務!
活性化急務!
活性化急務!
昨日曜日は高島町に行ってきました。H17年の合併後6年、一層衰退してしまってます。合併時からの人口減少率37%(現在860名)高齢化率54%で限界集落です。今こそなんとか活性化に全力注がねばです。現地を廻り改めて気持ちをさらに強めました。
写真は上から今月26日に開通の伊王島架橋、高島の住民の健康の拠り処の診療所、帰りに船着き場で買った高島トマトです。

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

頑張れ!

頑張れ!
 

 金曜夜は看護連盟の勉強会に参加(シーボルト大学の看護栄養学科の助教授の退任記念講演)した後、Vファーレンの決起大会に。いよいよ来週13日から新しいシーズンが開幕します。今期は順位に関係なく昇格はないというなかでモチベーションを維持しながら戦う厳しさがあるのでしょうが、最後の選手会長からの挨拶は「目指すは優勝!」とのこと。頑張ってほしいです。来月までは無理ですが私もしっかり応援します。

頑張れ!

 土曜日午前中は同僚の堤市議の事務所開きの案内を受けましたので出席させてもらいました。堤市議も2期目の挑戦で厳しい戦い。人の心配するだんではありませんが、頑張ってほしいです。
 午後は推薦頂いた組織の役員さんへの挨拶廻りをしました。

| | コメント (0)

2011年3月 5日 (土)

乗り切れば終り?

今日から委員会審議。私は厚生委員会に所属してますが、今日は主に補正予算と条例の一部改正の審議でした。


唯一議会側から強く意見がだされたのは、春から診療所としてスタートする野母崎病院の医師と看護師の配置の件。
医師はテレビで見るドクターコトーばりの離島・過疎地医療に情熱をもった若手医師が着任してくれるとのことで、ありがたいかぎり。行政も地域も長くこの医師が働いてくれるようともに力をあわせねばです。


しかし問題は看護師。正規が3名、嘱託が13名で看るということで、日によっては正規がいない嘱託2名での夜間体制をとるという説明に、正規の看護師を増やすべきだと随分と議論がなされました。理事者の説明不足、私達の理解不足もあり、条例改正は結局は要望を付して全会一致で賛成したのですが、終わって委員会を出た時に、前を行く理事者の一人(質疑では前面にたって答弁していた理事者)から「はい、すんだ」という一言が聞こえてきました。


残念ですね。地域の医療と市民の安全安心のなかで議論されてたことが…議会を乗り切れば終りなのか?我々議員が無知と思ってるのか…12年間市議を務めて意識を変えきれなかった自分に反省してます。

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

相思相愛??

 昨日は市議として最後の質問をしました。最後だからばっちりといきたいところでしたが…

 夜にスタッフと反省会をしたところ、初めて市議会を傍聴したという男性スタッフ(33歳)に感想を求めると「日頃、(僕が)田上市政を支えると言っていたのを聞いていたので、質疑のやりとりを聞いてなんだか相思相愛なのかと思いました」と。

??

 それは、たぶんボクシングでいう「クリンチ」だったのだと思います。最後の質問だったので配慮があったのか(そうじゃないでしょうが)意見として言ったことにほぼ同感の意思を示されたので、そう応えられると「じゃあ頑張ってください」としか言いようがなく…

 傍聴、ならびにケーブルテレビ等でご覧になってくださった方、ありがとうございました。そして最後まで質問項目のてんこ盛りで、時間の都合で答弁を用意されていたのに質問することができず担当課にはご迷惑と余計な時間を費やさせました。申し訳なかったです。

PS しかし不満はやはり人件費の件、市長の意識は弱いのでしょうか?僕は気づきませんでしたが、傍聴席からは市長が私の意見の際、しきりに首をかしげていたということでした。僕の主張は終始一貫、職員減はもう限界~市長の任期中(期間限定)の一律カット、また将来的には人事評価をしっかりしたものにして、頑張った人は給料をしっかりあげてもいい、そうでない人はそうでないなりの給与体系にというものです。

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

22回目の個人質問

いよいよ今日の13時から市議として最後の質問になります。


「集大成の質問、期待してます」という激励も頂いてプレッシャー感じまくってます。自分自身も質問したいこと、意見したいことありすぎて、現時点の頭の中では90分ぐらいは質問時間ないと足りないような内容になってます。答弁の時間がどれぐらいになるかわからないなかで(時間とりそう)時間配分が出来不出来のポイントになることでしょう。


とにかく皆さん、できれば傍聴、もしくはケーブルでご覧下さい。しっかりバトルします。


昨夜は拡大幹事会も。多くの方にお集まり頂き元気をもらいました。厳しい質問もありましたが…ほんとに感謝感謝の毎日です。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »