« 暑さに負けず | トップページ | 日本沈没の懸念 »

2011年7月26日 (火)

一泊2千円!?

 昨日ハウステンボスクルーズより上海航路開通の際の長崎での宿泊料金の設定等について説明がなされたと新聞報道があっております。

 それがなんと一泊朝食込みで2000円~驚きました、呆れました。そうだHISなのだと再認識させられました。

 私自身は上海航路は推進の立場ですが、行政のあまりに大きな期待感は危険ではないかと意見をしてきましたが、今回の内容は私でさえ想像よりはるかに厳しい数字でショックでした。これでは…協議会の座長は「何もわからないなかでスタート地点にたった。これから民間のなかでの話し合いと行政支援も検討をお願いしたい」というようなコメントをだされていましたが、どうなんでしょうね?行政が継続的に支援をするということは望ましくないと思いますし、先の議会の委員会でも県は金銭的な支援は現時点では一切考えていないという答弁もなされています。ちょうど今週末の長崎市と長崎市選挙区県議との市政懇談会もあるというので、本市が抱える様々な諸課題のなかでこの話題もだしてみようと思っています。あと半年、時間はあまりありません。

 昨日に続き本日も外回りと庁内で相談事への対応です。夜は福祉関係の勉強会にでます。

|

« 暑さに負けず | トップページ | 日本沈没の懸念 »

コメント

…「ただちに、、、、、ということはない。」(放射線影響についての枝野幸男官房長官の会見時など)。


…「“現時点”では、、、、、」

*相変わらず“お役所言葉”のように感じます。


 しかし?…東京在の「中国政府の観光関係者」が長崎に来られましたときに、日本政府?長崎県?に支援要請のスピーチをされておられましたから、、、



  さて!?どうなるのでしょうか?


投稿: | 2011年7月26日 (火) 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑さに負けず | トップページ | 日本沈没の懸念 »