« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

存在するな(禁止令)

20111031_1_2 先輩に勧められ精神科の先生が開く月一の勉強会に参加してます。月末開催ということもありなかなか日程が合わず今月でまだ2回目の参加でしたが、今月の講師タイトルは「どうして子どもに死にたくなる気持ちが芽生えてくるのか?」

 興味深い内容であったので他の行事を調整して参加したのですが、当日の講師はなんと高校の同級生でした。大学卒業し企業で就職、子育てのなかで感じるものがあり心理カウンセラーになったとか。以下、講演の要約です。

 子どもが死にたい気持ちになるにいたり、親の養育の問題があるが、親の養育では言語的ななものより非言語的なものの方が影響が大きいといわれている。非言語的なものは主に表情や態度を表す。例えば言葉で「大好きよ」と言って育てても、子どもが親に話かけた時迷惑そうにしたり両親の仲が悪く母親が不幸そうにしていたり…そのような時に「私は迷惑な存在で産まれてこなきゃよかった」これらの決断は多くは6歳までに行われることが多い。6歳という年齢に驚きました。

 講師が小学~高校で命の授業をした際のチェックシートでも、生きてるのが厭、産まれてこなきゃよかったがクラスに平均1~2人いる。先生に提出することを考慮すると、もう少し多くの子ども達が既に希死観念を抱えていると推測される。

20111031_2_2 心理学的には「禁止令」という言葉があるらしく、「死にたい」は「存在するな」という禁止令だそうです。存在するなの決断の原因としては虐待だけでなく、以下のようなことからも

・身体的虐待
・性的虐待
・放置虐待
・あからさまな無視
・DV(父親からの母親への暴力を子どもに見せる)
・親の自殺、親または兄弟の事故死(人生なんてそんなもんだ、死んだら愛される)
・親が子供を邪魔もの扱いする
・親が他の兄弟の話ばかりを聞く
・親の不幸を子どもせいにするような言動(あなたがいるからお父さんと別れずにいるのよ)
・親が苦労して生きているのが辛そう、不幸そう
・留守番でさびしい思いを我慢している子どもに、親が「ごめんね」と何度も謝る(自分が産まれたから親に迷惑をかけて悪い)

 例示の頭の方はないとしても後ろにいくにつれてそうなのかと思わさせる事例も。もちろん、このことひとつが直接に強く子どもに禁止令をだすもではないと思われますが…

 また、興味深かったのは、じゃあ親が言動を改めたからといって、子どもの心に改善が生まれるかというとそうでもないということで、親子の関係においても子どもの方から積極的な関係が必要とのことで、つまり、「親がどうしたかではなく子どもがどう受け止めたか」が大事であり、完璧な親を目指すより、むしろ子どもに「あなたがいてくれてることが嬉しい」というメッセージを言葉で伝えて抱きしめるなどの態度で示すことが大切。

 子どもから変わろうとしなければ変わることはできず、外部から過剰に働きかけることは本人にとってプレッシャーでしかない。わかっていそうでわかっていなかったのかもしれません。行政のなかでの不登校での対応等、このことを当てはめるとまずい対応しているケースもありそうです。とても参考になる勉強会でした。
 ちなみに子どもにプレッシャーを与える5つの大人からの禁止令があるそうです。聞いてはっとさせられました。

1、完全であれ
2、努力せよ
3、他人を喜ばせよ
4、強くあれ
5、急げ

 

| | コメント (2)

2011年10月30日 (日)

天候に恵まれず

20111029 今日は子供の通う学校のバザーでしたが、あいにくの雨で…私も朝一より駐車場への誘導係を手伝いましたが、一番雨脚の強い時で大変でした。写真は毎年恒例のもちつき。

20111029_2 昨日は自民党県連の青年部局・女性局の合同総会ならびに研修会でした。初めての企画として「ランチ会」なるものを実施したのですが~各テーブル毎に党所属地方議員と参加者とがランチをしながらラフな感じで話ができたらという目的で~県連会長の金子参議の話が国政報告会と思われるほど多岐にわたり(本人も話の終わり際そう言っていました)あまりテーブル毎で話す時間がとれませんでした。でもいい企画であったと思います。野党なんですから色々なことにトライせねば!

 今週は明日、決算特別委員会の理事会・分科会報告・採決が行われ、午後からは「県議会・県政改革特別委員会」が行われます。火曜は種々行事や用事をすませ、水曜日からいよいよ「長崎県・上海市友好交流関係樹立15周年記念中国訪問団」に参加してきます。

| | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。なかなか即返信となりませんがコメント頂くことで勉強にも励みにもなりますので今後ともよろしくお願いします。

「レベル4」のコメントについて
長大側も建設が前提で公開講座を開いたのではないと報道されていますので安心していますが、「万一の際にそなえわが国においてもレベル4の研究施設が必要」ということはこれを機に多くの方に知ってもらうことも必要と思います。まだ関係者とお会いできていないのでまずはお会いしてから話を直接聞いてみねばです。

「遠かったの」のコメントについて
宮崎はJRや空路での移動方法もあろうかと思いますが、そうですね、日帰りの日程でもあり乗換等の時間考えたら直接バスでとなったのかと思われます。20数名の団体でもありましたし、帰路の交通機関との移動等の時間ロスも考えてのことだと。

離島の交通体系の整備については県も継続して取り組んでいますが、おっしゃる通りもっと関係市町と協議・連携のうえ公と民の役割をきちんと整理して利便性の向上、交通格差の是正に向け努力せねばと思います。ご指摘の宇久・小値賀は下記アドレス4頁見てもらえばわかりますが現況は不便なものとなっています。担当部署とは一度話してみましたがこれからも協議してみます。

http://wwwtb.mlit.go.jp/kyushu/gyoumu/kikaku/file10/kouro01.pdf#search='離島航路・宇久

「政策課題」について
民主党のすすめる法律案(国政課題)等について真っ向から受け答えできる県議は…いないでしょうね。議員個々ならびに政調会における問題意識・認識からの調査研究、また自民党県連としての各政策課題に対する情報収集力の弱さからだと思います。質問という形でコメント頂きましたが、痛いところを突かれた思いがしております。自省も含め組織内で'対応します。

| | コメント (0)

2011年10月28日 (金)

あっという間にもう週末

 昨日はブログ書き込みできずすみませんでした。終日バタバタで夕方より経友会の例会~懇親会で家に帰りついたのはちょうど日付が変わる頃。昨日は主に来週月曜日にある県議会・県政改革特別委員会で議論される「入札の改善提案」について、企業の方からの聞き取りや意見を頂戴して入札案を作成していました。あくまで個人案ですから、私の案を政調会長がみて(昨日のうちに提出済)手直しを加え会派案、もしくは自民党案として議論されることになります。

 しかし、昨日、同級生から、今の民主党政権が目指す外国人参政権、人権侵害救済法、二重国籍法案などに対する不安、韓国になめきられてるようなスワップ5兆円の報道、また対馬での現況などなどわが国の政治に対する不安で一杯~ついては自民党県連はどう認識・行動しているのか?という内容のメールを頂きました。

 恥ずかしながら今が精いっぱいで思考がそこまでに至っていません。もう少し視野を広げねば&コミュニケーションをとる時間を確保せねば→便利さにかまかけ日々の日程を携帯電話の「ジョルテ」で管理してましたが、やはり手帳できめ細かく管理せねばです。いい手帳目をつけてます。「時間はつくるもの」行動スタイル改めます!

| | コメント (1)

2011年10月26日 (水)

ほんとに遠かった

20111025_01 20111025_02

 昨日は議員21名と事務局の方とで宮崎で行われた「森林・林業・林産業活性化九州大会」に参加してきました。

20111025_03 九州各県の持ち回りで大会を実施しているらしく、1200名の参加のもと、東京大学准教授による基調講演「地球温暖化対策が牽引する木材利用促進政策」と事例発表「宮崎県諸塚村による産直住宅プロジェクト事業・日本初の村づくりFSC森林認証取得」、最後に大会決議を採択し帰路につきましたが、3時間の会議に参加するのに往復11時間。ほんとに遠かったです。さすがに帰路は皆ぐったり気味でした。しかし、こうも遠いと、長崎~宮崎間はオリエンタルブリッジの航路も廃止されており、両県の人的・物的交流はかなり低いんでしょうね。九州内の物流強化もこれからの課題のひとつです。
(写真:対馬市選出の坂本県議と)

 さて、今日は決算審査3日目(最終日)です。明日が予備日となっていますが私が所属する総務委員会は今日で終わるのかどうか…また、夕方からは一昨日に続き「議会基本条例策定」のワーキング会議もあります。こちらも気合い入っています。その他、議会始まる前、昼休みを利用しての勉強会、打ち合わせと昨日休んだ分まで取り戻さねばです。

 なにかご連絡等ありましたら、携帯か事務所までお願いします。携帯に出られない折は折り返しご連絡さしあげますのでよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2011年10月25日 (火)

決算審査の充実---本日は宮崎へ出張

 県議会特別委員会で議会改革の課題のひとつに「決算審査の充実」が挙げられていますが、決算審査を経験したらなるほどです。

 端的にいえば「予算はつけている(承認されている)のだからその範囲内で予算執行が行えていればいいではないか」という行政側の姿勢を強く感じました。もちろんそうははっきりいいませんが、提出されている資料や私達への説明、答弁のなかでもそういう姿勢が随所に。予算をオーバーして事業を行うことはありえないのは当然なのですが、だからといってその内容については「質問があればどうぞ」というのはやはり説明(報告)不足であり、成果説明書もありますがこれもまた説明があるわけでもなし…これは議会側が求めないからということもあるのでしょう(議会が説明の省略化を求めてきたのかもしれません)いづれにしても経験したなかで変えていかねばと感じたことは積極的に意見していきます。

 昨日の決算審議では、未利用地の活用について、委託金・補助金の審査についての考え方、基金の現況の確認と今後の在り方について質問しました。

20111024_2 今日は朝一番で宮崎まで日帰りで「森林活性九州大会」に出席してきます。議会からバスが出るので乗っておけばいいわけですが、会議は3時間、往復の移動に8時間の強行日程で帰りは22時になっています。議会活動も色々~行ってきます。

| | コメント (0)

2011年10月24日 (月)

今週も決算審査

 今週も月、水、木は決算審査です。日程が飛び飛びになっているのは、明日は森林業活性化九州大会、金曜日は新幹線議連の東京での要望活動があるためです(私は新幹線は欠)。

 また、今日は夕方より超党派有志による「議会基本条例」の勉強会にも会派の代表として参加します。ここで成案(たたきの案)をつくり議会改革特別委員会に提案する段取りになっています。

 そのようなことで今週も議会活動にしっかり臨みますが、ご用件おありの方は昼休み(12時~13時半)、もしくは金曜は今のところ日程に余裕ありますのでなんなりとご連絡下さい。よろしくお願いします。

 めっきり涼しくなり朝晩は寒いほどです。皆さん、お風邪などひかれぬようご留意ください。

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

50周年

 今日は岩屋中の50周年記念事業が行われています。おめでとうございます。
 私が知るところでは江平中も50周年…団塊世代の現役卒とあわせて考えた時にきっとその当時が中学新設のピークであったのではないかと思います。

 長崎市では児童数の少ない小学校の適正規模・配置の問題が現況としてありますが、小学校ほどではないとしても中学校も児童数の課題と、それと小中共通の課題として「建て替え」の時期に差しかかってきています。
 コンクリートの耐久年数の大まかな区切りは50~60年と言われていますが、市内には学校の他に公的施設や市営住宅、橋等、半世紀を超えた建築物が多くあります。これらは全て更新対象です。学校に関しては私立の学校なども老朽化が目立ちます。

 そのなかでも特に心配なのは「橋」
 橋については計画的な維持補修はほぼやってなくて、その前段階での危険診断も実施されていないと私は認識しています。ある日突然橋が壊れるという事態もあり得ないとは言えないわけで…

 県では施設のたんなる維持管理に留まらない効率的・有効的な活用の視点より「ファシィリティマネジメント」の考え方を昨年度から取り入れていますが、住民の安心安全な暮らしにおいてこれ等の公共建築物の更新も待ったなし(お金がかかるという意味で頭の痛い)課題でもあります。

※ファシィリィティマネジメント
    ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

 

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

長崎食の博覧会in浜ん町

Dsc_0525_3 Dsc_0514

ベルナード観光通りで23日まで「長崎食の博覧会in浜ん町」が行われています。
日本料理、西洋料理、そして中華料理…とにかく見事の一言につきます。
他にも出店ブースも。ぜひお出かけ下さい。

Dsc_0510 Dsc_0511 Dsc_0513

Dsc_0516 Dsc_0515 Dsc_0517

Dsc_0524_2 Dsc_0521_2

| | コメント (0)

初決算委員会

 昨日は総務委員会にて総務所管分の平成22年度決算審査を行いました。
 市議時代にも経験済みですから、配布された資料の見方はわかりますが、ボリュームが多く、また審査方法も理事者からはほんとに概略の報告で、あとは各自質問してください、というやり方。市議会の決算は説明が十分になされていたので拍子抜けのような感じでした。だとすればもっと勉強して臨まねばなりません。土日にしっかり!

 
 昨夜、レベル4施設視察報告が行われています。私は行けませんでしたが知人の方複数が足を運んでくれています。参加者は約40名、ドイツの施設では繁華街の真ん中に位置して施設があるとのこと。参加者からは心配の声やつくるならテロ対策等の施設整備の必要性等の意見がだされたと参加した方からメールにてお知らせ頂きました。ありがとうございます。

 週末ですが天気もイマイチ。行事事が多く変わらず慌ただしい土日になりそうです。そういえばあと10日で上海行きです。運航する船も今SSKのドックに入り改装中と報道されていました。来月の総務委員会の県内視察では長崎~上海の航路を展開するハウステンボスクルーズの社長とも会って今後の振興策について意見を交わします。なにせ私が外で色々な方とこの話をすると、10人中8人ほどは失敗するのではないかという意見を頂きます。市とも連携をとり軌道に乗せるために何が必要で何をせねばならぬか、役割分担含め協議をしていかねばです。
 わが国の観光の現況はあと5年したら日本人が外国に出る数より入ってくる数(インバウンド)が逆転するといわれており、そこで落とされるお金を増やすことが大事であるならば、いわゆる観光業は「輸出産業」であると言えるのではないかと…本県の観光業は輸出産業という認識で官民一体で取り組まねばならないと考えています。

 皆さんよい週末をお過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

2011年10月21日 (金)

レベル4

20111021_2  今日長崎大学が設置に向け検討を進めている「高度安全実験(レベル4)施設」の市民公開特別講座が19時より市立図書館にて開かれます。

 今回報道~知人からの問い合わせがあるまで恥ずかしながら私はこの施設について知りませんでした。たぶんご存知の方も少ないと思います。以下をクリック願います。
(左端のlevel 4をクリック) ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB

 同大は日本で初めての施設設置に向けドイツの施設を視察してきたのとのことで今日市民に向けた理解を求めるために講座を開くそうです(入場無料、事前の申し込み不要)

 長崎大学はウィルス等の研究では既に熱帯医学研究所があり先進の大学でもありますが、この施設の設置でさらに先行、同大のプレゼンス&ブランド力をアップしたいものと思われます。もちろん、わが国には現在ひとつも施設がないわけですから、視察に行かれた須斎理事が言われているように「解明されていないウィルスが日本に入ってきた際、まん延するのを防ぐために研究施設が必要」、ならばわが大学が!という気持ちもあります。

 しかし(世界では40施設)日本でなぜ0なのか?地域の同意が得られないということです。もし地震が起きたら、テロ攻撃の対象にされたら…なにもそんな危ない施設を長崎に設置しないでもという方がほとんどではないかと思います。なんでも筑波大学にはいつでも稼働できるよう施設(ハコ)だけはあるという話も聞いていますが、やはりそこでも二の足踏んでる様子。残念ながら今夜は公開講座には行けませんがこの件に関しては関心をもって臨んでみようと思っています。幸い須斎先生は市議時代、市の行政改革審議会でご一緒させてもらっていますので近く直接お話をうかがえたらと思っています。

 一昨日は百条、昨日は特別委員会で、両委員会とも同じ議員が委員長ですが、ほんとに強引な進め方で呆れます。昨日などは自分が前回予告した委員会の進め方をしていないために質疑が散漫になっているのでそのことを指摘したら逆ギレ、罵倒される始末。反論しようかとも思いましたが我慢しました。確かに大胆な提案で議会・行政改革断行のため委員会を引っ張っていってくれていることは認めますが、俺が一番わかってるんだ~黙ってついてこいみたいな姿勢では理事者も含めた全体の同意はなかなか得られないし、そういうプロセスでの改革は本質的にはうまくいかないと思います。一昨日の百条でも意見しましたがダメですね。また私が意見しても、続けて同様な意見で賛同、かばってくれない先輩達にも…以前の自民党も同じようだっのかもです。

 まあ、とにかくめげずに頑張ります。今日は終日委員会での決算審査です。県政報告もアップしましたのでご覧になってください(まだ視察の報告できてません<(_ _)>)

PS 事業仕分けへのコメントありがとうございます。返信のコメント今しばらくお待ち下さい。

| | コメント (1)

2011年10月19日 (水)

事業仕分けを終えて

 試行の事業仕分けが昨日行われました。私自身からすると満足いく内容にはほど遠かったです。昨日の様子、内容は県議会のHPで見れますので是非ご覧になってください。
 下記クリックし、一番上の決算審査特別委員会をクリック
   ↓
http://www.nagasaki-pref.stream.jfit.co.jp/gikai_list.php

 やったことで一歩前進という声もある半面、パフォーマンスじゃないかという声もありました。私がほど遠いと思うのは、やはり全く質疑の時間が足りないなかで同僚議員の質疑を聞いても(仮に私が質問したとしても)判断できるような状況にはならないことです。試行ということであれば各常任委員会のなかで事業を抽出し、前から話す有識者、民間人を交えじっくり議論する方がベターだと思います。そういう意味では「事業仕分け」と仰々しく構えなくても今の審査を充実させればいいのではないかと思います。

 さりとて、昨日のやり方は不満はありつつも了解したことなので各人に配布されたシートには特記事項に記述をしながら無理に判定をしてみました。私の判定は平成「長崎俵物」PR事業については「事業内容を改善し県が実施」、関連事業の一部については事業を「廃止する」、ココロねっこ運動推進事業及び関連事業については「市/町の自主性にまかせる」の判定をしました。

 全体の結果は既に議員には報告があっていますが(公表せぬようにとのこと)俵物事業については第1位は「事業内容を改善し、県が実施」、第2位は「事業内容を拡充し、県が実施」、ココロねっこについては第1位が「事業内容を改善し、県が実施」第2位が「市/町の自主性にまかせる」でした。

 今回の事業仕分けの評価については今月末に会議を開き協議を行い、今後どうするか決定されます。

| | コメント (3)

2011年10月18日 (火)

今日から決算審査が始まります

20111018_2 今日から31日までの日程で決算特別委員会が開かれます。市議時代にも経験しており勝手がわかっているとはいえ、県議会ではやり方(例えば今日は総括質疑があります)も資料等の種類も違うので今回については見よう見まねで質疑を行っていきたいと思っています。

 また今日は注目の事業仕分けも総括質疑終了後に行われます。対象事業は以下の2事業です。

1、平成「長崎俵物」PR事業及びその関連事業

2、「こころねっこ運動」推進事業及びその関連事業

 対象事業の抽出については今回は試行実施の提案者である特別委員会の委員長一任で決まっていますので、委員長なりの視点があるのでしょうが、確かに予習したかぎりでは俵物はPR不足とそもそものブランド力の評価、成果について既に12年目の取り組みにしては物足りなさを感じます。また、こころねっこについてもこの際「実施主体の市町の自主性にまかせていい」と私自身は思っています。私は質問にたちませんがどのような質疑になるのか、行政の評価とどう違った評価になるのか、やる以上は関心大です。

| | コメント (0)

2011年10月17日 (月)

現在23時

 帳面消しのような書き込みですみません。

 今朝は朝一事務所にて書き込みしようとしてた矢先に知人の方の突然の訃報の連絡でその後の連絡等で書き込めず、そのまま文教厚生委員会の傍聴に出、それが終わったのが午後、その後地元にて相談事を受け、またUターンし自民党県連の政調会で移動政調会&県への来年度予算編成向けた施策要望項目を協議の他問い合わせ事項への行政からの説明で一日が終わりました。夜は経友会の委員会で今帰りました。

 今週は日中は議会、夜も毎日予定ありでヘビーな週となりそうですが、気合いで頑張ります。

| | コメント (0)

2011年10月16日 (日)

秋本番

今週の土日は行事続きでした。

Dsc_0477 Dsc_0478 Dsc_0479 

 土曜はまず先輩の会社での芋煮会にご案内を受けました。この会社はリネン関係の業種ですが積極的に障害者の方雇用されており、先般NPO団体を立ち上げ自立支援施設を立ち上げたとのこと。子供を連れて参加させてもらいましたが芋煮とさんまは美味でした。

Dsc_0481_2 午後からは城山くんち(八幡神社奉納)の手伝いに。大人神輿の担ぎ手が不足していることのことで急遽若手に混じり担ぐことに。なんとか3時間ダウンせずに地元を練り歩くことができました。残念ながら担いでいる折の写真は撮れませんでしたが、出発前に写真を。

Dsc_0480_4 Dsc_0484_2 Dsc_0488

 そして今日日曜は立岩神社のふるさと祭りの神事に出席。八幡神社も含めて両神社とも初めて出席しましたが地元の祭りも関わる人が不足状態です。幸い、商店街や福祉施設の職員さん、地元ソフトチームの方々の応援でなんとか続けていけていますが、庭先廻りでも関心なさげのところも少なからず…もっと地元での行事に多くの方が参加してもらえるようになってほしいものです。私自身も土日の全ての行事に当日の参加、出席のみで言えた義理ではありませんが、先週はおくんちも大盛り上がりで幕を閉じたわけですが、地域のお祭りも皆で支えて継承していかねばならず、継承者の高齢化、祭りを支える人の確保の問題はこれまでも、これからも検討課題です。

Dsc_0493 Dsc_0494

 また午後からは滑石ふれあい祭りを覗かせてもらいました。多くの人で賑わっておりこの地区は「おやじの会」も活発に活動しているみたいでたのもしく感じました。

 
 さて今週は、17日(月)は文教厚生委員会の傍聴、自民党の政調会、18日(火)から決算特別委員会が始まります。19(水)は百条委員会、20(木)は県議会県政改革特別委員会、21(金)決算委員会・分科会審査、となっています。注目の事業仕分けは18日の決算特別委員会・総括質疑終了後に行われます。

  

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

改めて事業仕分けについて

 事業仕分けについて多くのコメントを頂いているので改めて自分の思っていることをお伝えします。

 国において行われた事業仕分けは、議員内閣制のなかで予算を策定する権限をもつ議員側が行った、ここが地方議会とまず違うところです。地方議会は予算を策定する権限はなく、あくまでチェック機関です。

 国が実施した事業仕分けはパフォーマンス的なところがあったとはいえ効果はあったと思っています。当時は予め抽出された事業について「無駄を排除し財源を新たに生み出す」という大きな目的のために行われたものと理解し、あわせて結果として予算策定する事務方である省庁の「既得権益・予算額確保優先への固執の様」や「国民目線の欠如」という姿勢があぶりだされたことになったと思います。また民間人を交えた議論ができたことも一定評価されると思いますが、しかしその後については、新たな事業に名前を変えての予算づけ等、その成果については検証が必要です。

 今回長崎県議会がやろうとしている事業仕分けは財源確保が目的ではなく、予算や決算審査のなかでの議会としてのチェック機能を強化するための手法のひとつであり、一部の委員が言っているような「この際政治主導で行うんだ」というものではありません。執行権は行政にあるのですから事業仕分けの結果については「重く受け止め今後の予算策定に活かせ」というものになります(廃止ということであれば「予算の組み替え」は可能かもしれませんが)

 今回行う事業仕分けは先行している他の議会を真似てやるもです。試行ですから結構ですが、短い時間の説明と一人5分の質疑で判定するのは乱暴すぎます。国がやった時のような質疑のやりとりを繰り返して結果を導き出していく方がやるんであればベターかと思います。

 長々と書いていますが、財源を生むための手法のひとつとして、予め目をつけていた事業を抽出し、予算を組む権限をもつ&与党側だけで行った事業仕分けを、仕組みも違う県議会においてやって大丈夫なのか、意味があるのかということです。今回のような仕分け判定については行政が「政策評価」や「事務評価」のなかで既にやっています。三重県の北川元知事などはここを徹底しています。ですから、私は、予算を組む側の行政が現在やっている判定を「民間人(有識者・専門家)をいれ、地域や各自治体、サービスを受ける側の声を活かして」充実強化し、その結果を議会が改めてチェックするということがより有効ではないかという考えをもつものですから、先のように行政側がやるべきではないかと意見したわけです。私は議会のチェック機能充実の手法としての事業仕分けであるなら、なじまない、もっと他の方法を考えるべきだと現時点で思っています。

 コメントを複数頂いていたので返事をせねばと思っていましたが、視察であったため取り急ぎ今自分の考えを改めて述べさせてもらいました。 

| | コメント (5)

2011年10月14日 (金)

視察本日まで:液状化対策→そなエリア東京→中小企業振興条例・企業誘致

 昨日は浦安市に行き「液状化対策」を調査、詳しくは後日述べますが、浦安市は市内の34が埋め立て地で先般の震災では市内の87%が被害を受けたとのこと。

 浦安市の視察後は東京都江東区にある「そなエリア東京」東京都臨海部基幹的広域防災拠点を視察しました。30年内に起こるといわれている直下型地震に備えた施設です。

 今日は千葉県にて中小企業振興条例、企業誘致の取組みを調査し帰崎します。

| | コメント (0)

2011年10月13日 (木)

防災施策・雇用労政施策を視察

 昨日は朝7時40分の飛行機で神戸空港に。
 9時前には神戸に着いてるわけですからこの便はかなり便利かも。しかも今回は片道8000円でチケットとれたそうです。

Dsc_0417 Dsc_0435

 昨日の視察は阪神淡路大震災記念館 「人と防災記念センター」にて防災施策、「京都ジョブパーク」にて雇用労政施策を視察してきました。
 ジョブパークは公労使の連携のもと運営されていました。

 パソコンが環境にないため詳しい報告は帰ってきてさせて頂きます。

 本日は東京に移動と~二ケ所視察します。

| | コメント (0)

2011年10月12日 (水)

信念もって臨まねば

 昨日は第2回の百条委員会、午前中は現地視察を行い午後から審議でしたが、実質的には昨日からのスタートなのでそう深くは議論に入らないと思っていたのですが…甘かったです。

 委員長より「今日は配布資料の説明後、説明に関する質疑に留め、次回以降の進め方について協議を行いたい」という発言だったのですが、資料説明が核心部の事務方の審査の方法・経過についての資料説明であったので、質疑が「情報開示が不十分である」ということから始まり「事務方の審査が審査員のさじかげんひとつではないか、問題となっている農業法人の採点が水増しされているのではないか?」という質疑で激しいやり取りがなされました。今回の百条ではいくつかの「論点」があるわけですが、審査の順番はともかく、私が昨日問題ならびに反省させられたのは、

1、特別委員会から百条委員会に切り替わったのにもかかわらず、資料に於いて黒塗り部分が多い。「個人情報を理由にしているが、百条は特別な委員会なので、個人情報よりも公益が大きいと判断される場合は情報開示を求めることができる」と委員長が理事者側に詰め寄ったところです。私自身は「そんなことはないのではないか」の趣旨の意見を述べましたが軽くいなされてしまいました。勉強不足~要確認必要です。

2、参考人への質疑が「一方的に攻める」展開を止めきれなかったことです。私はかばうわけではなく、百条といえども基本的な人権ももちろんあるのと、まだ不正があったという明確な証拠も事実も判明していないなかでの質問にしては厳しすぎるとうのが率直な感想です。抗弁権があるのかないのか、そして昨日の一番の反省は、昨日の参考人の答弁を受けて新たに二人の職員(元含む)を次回の委員会で「証人尋問」とすることに同意してしまったことです。委員長のその旨の提案のおり一瞬「いきなりの証人尋問はおかしい。まずは参考人として招致すべきでは」という思いが頭をよぎりました。しかし異論を唱えることができませんでした。先輩議員がだれか発言してくれるだろうという期待もあり…結局全会一致で了解されたわけです。たぶん私の意見が正論です。ならば臆することなく発言せねばでした。委員長は私に対しては発言の機会を十分与えてくれていますし、議論を止める際も「了解してくれ」という目配せのようなものもあり一定の配慮に対して感謝というか評価はしています。しかしやはり進め方、手続きが粗っぽい、強引すぎる。大反省です。

 以上のように疑問、反省の残る委員会でした。正直私が質問すると、自民党所属でもあり「かばうのか?守るのか?」と委員間でも質問の趣旨を理解してもらえない雰囲気がありやりづらくもあります。が、しかし次回からは昨日の反省を踏まえ意見すべきは意見するという姿勢で臨みます。もちろん、疑わしき点があればその点は追及していきます(げんに今までそういう質疑を行ってきました)ブログを読まれた皆さんは「当たり前のことば長々と。なんば言よるとか」と思われたでしょう。失礼しました。

 今日から金曜まで経済雇用・災害対策特別委員会の視察です(日程は先にお知らせ)帰ってくるのは夕刻になりますが、なにかございましたら携帯に着信か留守電を残されるか、または事務所までご連絡ください(事務所も木曜は休み)よろしくお願いいたします。 

| | コメント (0)

2011年10月11日 (火)

晴天のなか

Dsc_0381_2 昨日は朝一便で五島に。ターミナルに向かう道中、前日のくんち後にもかかわらず道路がゴミひとつなく清掃されているのに感心させられました。

 五島では知人の相談事での現地視察でしたが、五島は父のふるさと。そういえば随分昔(市議になる前)に五島から選挙にでないかという話があり(もちろん丁重に断りましたが)当時地元の青年部の方々に「住んでもいないのに」と不評を買ったのを思い出しましたが、昨日のように県議となり父のふるさとの相談も受けられることになったのは、嬉しいのとあわせて活動範囲の広がりを実感したところです。

Dsc_0391_2  Dsc_0394_2  Dsc_0395

 帰りの船に乗るまで時間があったので、堂崎教会に案内してもらいました。
素晴らしい景観のなかに歴史を刻むように佇む教会も見るにつけ教会群の世界遺産登録に向けては県がもっと主体的に頑張らねばと思わせられました。

Dsc_0397_2 Dsc_0402_2

途中、まぐろの養殖をしている湾を通りました。まぐろ、ふぐの養殖は五島でも有望株です。お昼はしっかりおいしい食事も。
日帰りでバタバタでしたが、今度時間がとれたらじっくりと島内を廻ってみたいものです。もちろん最優先の課題は「雇用の場の確保」であることは短い滞在時間でも商店街などを通る際に十分に体感してきました。 

 今日は終日、百条委員会です。午前中は現地視察で午後から審議に。どのような展開になるのやら…いづれにしても設置された以上は県民への説明責任を十分に果たさねばです。

| | コメント (0)

2011年10月10日 (月)

歴史の継続

 今年のくんちは凄い人出でしたね。昨日は午前中ご案内受けた幼稚園の運動会を覗かせてもらいその後子どもを連れて街に繰り出したのですが浜の町は人、人、人…曜日がよかったし、コッコデショの年だから特別なのかわかりませんが、こんな人の多さは初めてではなかったでしょうか?そして今回、「追っかけ」と言われるファンがゾロゾロと歩いて移動する姿にびっくりさせられました。これもFB等の効果なのか、私も携帯にもリアルタイムで「○○町が今ここにいます」みたいな情報が飛び込んできてました。新たなくんちの楽しみ方ですね。伝統ある祭りが情報伝達ツールの発展で新たな楽しみ方を生み出し市民や観光客にさらに楽しんで頂ければなによりです。時代が変わる中で「長崎人」として祭りを継続していくことは、その主役は踊り町の人だけでなく私達長崎市民一人一人の役割だと思いますよ。子どもの笑顔を見て改めてそう感じた昨日でした。

 今日は知り合いの方の相談事で五島まで日帰りします。明日は第2回の百条委員会です。

PS 青年協会の江戸町おくんち広場もお疲れ様でした。久しぶりにブースにも入らせてもらいましたが、来場者も多く、イベントも充実。すごくよかったと思いますよ。こちらも先輩から代々続いているもの…今年もありがとう。

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

長崎人を実感

 昨日は早朝より八坂神社へのくんち奉納警備、帰る間もなく江戸町公園で青年協会のくんち広場を手伝いました。

 長い一日でしたが「長崎人」を実感しました。

Dsc_0351 Dsc_0353 

Dsc_0354 Dsc_0359  Dsc_0367

Dsc_0362  Dsc_0364 Dsc_0365

Dsc_0368 Dsc_0371 Dsc_0372

Dsc_0373 Dsc_0374

| | コメント (0)

2011年10月 7日 (金)

長崎県議会版事業仕分け

2011100701_2 2011100702_2

 先日書いた事業仕分けを今回の決算審査のなかで試行としてやることが決定しました。数名の方からどのようにしてやるのかとのお尋ねもありましたので、当日の流れと評価シートをアップします。

 当初はシートに加え起立による意思表示もとのことでしたが、今回はそこまではやらないことになりました。試行実施後は検証を行います。

 ご覧になりご意見があればお寄せ下さい。

| | コメント (5)

いよいよ始まり

 今日からいよいよくんちが始まります。早くから今日この日のために練習を続けてきた根曳衆はじめ町方の皆さん、高ぶる思いを胸にいかんなく鍛練した成果を発揮してください。私は明日後輩達の青年協会のメンバーが江戸町公園で行っているおくんち広場に手伝いに出ます。

 陣内議員の選挙陣営の選挙違反、控訴が棄却されました。陣内議員とは市議会で同期の当選組です。当時同期当選は6名、「六気会」と名前をつけよく定期的に集まって酒を飲みながら市政や長崎市の将来について熱く語りあったものです。市議会のケーブルテレビでの放映も私達が当時の議長に要望し反対もあるなか実現しました。陣内議員が一期早く県政に、そして私が今期、一人が市議会の副議長、一人が次の選挙での復活を期し、二人が引退しました。そういうなかで同期として色々な思いもありますが陣内議員には出処進退については自ら清く判断してほしいと思っています。陣内さんは剣道の先生です。誰よりも真っすぐな人であるからこそ…

 組合については言うに及ばず。猛省のなかで組合員他多くの方から信頼を裏切ったなかで組合が組合たる活動に専念し信頼回復に努めてほしいです。そして心に留めてほしいことは今回の件で言い分はあるでしょう。しかしその一方何も知らず選挙事務所にてお手伝いした学生達がある日突然に警察での取り調べを受け心に深い傷を負ったという事実を心に刻み言動をしてほしいと思います。

 今日は朝から決算特別委員会の理事会に先輩県議のピンチヒッターで出席します。事業仕分けの試行についての協議を行います。

| | コメント (0)

2011年10月 6日 (木)

試行という改革のもとに

 昨日は終日特別委員会が開かれました。

 午前中は議会改革の審議。委員長より通年議会(議会の会期を言葉の通り通年にする)や質問回数を増やすこと、理事者説明の省略、将来実行を目指す事業仕分けの導入等が委員長案として提案されることになりました。

 改革する気持ちは一緒なのですが性急なこれらの改革には危うさを感じます。特に通年議会にすることについて段階的な実行が望まれます。また事業仕分けについては、「今月末に行われる試行をもって議論することになっているので現時点での委員長案には反対」と意見しましたが、目指す方向は一緒ということで(事業仕分けについては県政が二元性代表制の関係にあり執行権の侵害にあたり明らかに反対なのですが)、とにもかくにも「試行でやってみていいではないか」みたいな論法で次々に事業仕分けはじめ実行されることになっています。「やってみないとわからない」はわかりますが、やると既定路線になってしまうであろうことが想像されます。試行といわれるとなかなか反対できないなか、次々にだされる改革案に自分が「考え方が守旧派なのか?」のような錯覚を起こすような委員会審議となっています。

20111006_2 午後からは架橋における「一般競争入札」と「随意契約」の整合性について。これについては当時の入札に切り替えた際の既存随意契約案件の精査が足りなかったという委員会の指摘は妥当であろうと思われます。「今になって思えば…」という反省の弁も理事者から述べられましたが今後の事務執行に活かしてほしいと思います。

 今日は終日、来週火曜日に行われる百条委員会に向けての勉強会です。

PS とにかく忙しいとブログに書きましたが、昨日年末までの議会日程をチェックしてみたら、10月から残り年末までの91日中、52日が議会関係でした。二日に一日の計算になります。これに事前準備の時間もいれると…忙しいはずです。

| | コメント (2)

2011年10月 5日 (水)

県議会終了

 26日間にわたる県議会が昨日終了しました。

 議案ならびに予算はすべて可決(一部付帯決議、予算留保あり)し諫早湾干拓開門への反対決議はじめ意見書も十本程度だすことになりました。詳細は県議会のHPでご確認ください。

 2回目となる定例議会でしたが、初定例と比べると当たり前ですが少し余裕をもって臨むことができ、また個人質問はしませんでしたが、予算総括質疑、所属する総務委員会では自分なりに考えを伝え行政に再考を求めそれなり成果(答弁)を引き出せたと思います。まあ自己評価なので理事者側からみたらどうなのか、存在感は示せたのかはわかりませんが…

20111005  議会が終わったとはいえ、今日は県議会・県政改革特別委員会、来週は百条委員会、そして18日から月末までは決算審議が行われ、その勉強もせねばならず一息つく間もなしです。もちろん議会人ですから忙しいのは当然ですが、気になっているのは地域廻りにほとんど時間がとれていないことです。やはり外を廻ることでも私達に皆さんの声が届くわけですから、それがおろそかになっているということは非常にまずい状況です。時間はつくるもの…努力します。

PS 今日の長崎新聞に「県議会をふりかえり」ということで大型公共事業に対する議会の姿勢が(既定路線をひっくりかえす、立ち止まることの難しさ、いや、そのやる気)問う記事が書かれていました。文中のなかの新人議員の発言というのは私のことです。記事を書いた記者も問題提起~私とほぼ同じような感じ方でした。設計予算の執行停止ができたのにしなかった。今県議会は会派間で対立の構図になっていますが、県民・県政推進のために無用な対立はほどほどに力をあわせて臨んでいくべきだと考えています。 

| | コメント (0)

2011年10月 4日 (火)

地方紙でしか扱っていないのはなぜ?

 家に帰りインターネットでニュースをチェックしたらショッキングな記事が目に飛び込んできました。
 ↓
http://www.shinmai.co.jp/news/20111004/KT111003ATI090018000.html

原発との関連性はわからない。そうでないことを願っていますが私は関連があるのではないかと心配です。政府は今回この件についてコメントをだしているのでしょうか?

| | コメント (0)

ジレンマ

 昨日新幹線の総決起大会に出席しましたが、今日の新聞を読むと公会堂の半分弱は自治体職員であったと…

 大会のなかでは各市町議会の決議の披露もありましたが、当該長崎市と沿線の市だけで「県民がひとつになって」というならば決議は13市8町の全部の議会で決議しなきゃと思ったり、応援の意見発表が元気なく感じたり…私自身は報告会で話をしたり個々人で話したりする時には反対の人の意見にも納得しながらもしっかりと説明させてもらってますがしかしそれも県庁舎含めた長崎市のグランドデザインとリンクさせた話になれば自己矛盾も感じる時が何度もあります。

 ご批判を受けること覚悟で、今の自己の気持ちを率直に述べるならば、新幹線は必要、しかし駅前開発はもう一度見直しをかけバリアーフリーの徹底と公共交通機関、観光周遊の拠点機能を強める、県庁は今の現地(魚市跡地とするなら最低でも内容の再考)、駅前周辺には市役所含めた公的サービスの窓口機関の集約、魚市跡地は別の活用がはかれないか、という思いです。もちろん党や会派の考え方とは違います。

 評論家でも傍観者でもない民意を背負い託された一人としてジレンマを感じています。また、先の委員会でも要望しましたが東日本の震災を受け、ものの価値観、人間の幸せ感も大きく変わったと私は思っています。もちろん街の将来像も…ならば今このタイミングで知事と市長のトップ同士が長崎市、そして県都長崎市の果たすべき役割について今一度じっくり話し合ってもらいたい、たとえ既存の計画でこのままいくにしても立ち止まることがとても大事だと考えています。

 今日は県議会最終日ですが、午後からは今月後半から行われる決算審査の説明があります。

| | コメント (0)

2011年10月 3日 (月)

さて10月第一週はりきって!

 ほんとに過ごしやすくなってきましたね。週末皆さんはどのように過ごされましたか?

20111003__5 20111003__7 20111003__9

 昨日は常盤出島で行われていたラブフェス(テレビ、ラジオ局主催)に子供を連れて出かけました。色々なステージイベントの他、食や様々な企業、自治体PRのブースなどがあり面白かったです。全体の様子もでしょうがここでは3枚を。見ての通り昔なつかしいガッチャマン、これはリーダーですよね。名前が思い出せません。そして西海市のイベントの告知ポスター、行ってみてください!最後は先輩の店(中華)が今回商品化しよとしている「中華もなか」、もなかのがわの中身にさらうどんをはさんだものですが、がわと細麺のパリパリ感の和と華のコラボが微妙な味わいでおいしかったです。商品化するとのこと、長崎の名物がひとつ増えればいいですね。

 今日は休会日ですが明日の議会最終日の打合せ、新幹線の総決起大会、夕方からは看護連盟の勉強会に出席します。

 

| | コメント (0)

2011年10月 2日 (日)

記録は8日で

 先週末から罹った結膜炎での禁酒は結果8日で更新記録ストップしました。

 昨夜は山田正彦代議士の講演を初めて聞きましたが、滅多にない機会、福島原発や政局、野田政権のこれからの課題等について、自民党側からすれば、うーん、おやという内容もありましたがフラットな立場で聞けばなるほどという内容もあり有意義な講演でした。ただ農政の専門家としてのTPPの件なども詳しく聞きたかったのですがそこまで話す時間が足らず、代わりに出席者全員に「農政大転換」という自著の本を頂きました。なんでも5月の時の入院中10日で書き上げたとか。それは凄いと思いました。私も一冊…まだまだです。農政分野は弱いとこなので今日から読み始めてみようと思っています。

 今日はオフ。一日ゆっくり過ごし、また明日からにそなえます。

| | コメント (0)

2011年10月 1日 (土)

今日から10月

 今日から10月です。くんちもいよいよ、昨年のこの時期はもう仕上げていてすぐ本番といってもばっちり演技ができる状態だったと思います(昨年は銅座町の南蛮船に町方として出演)朝晩はめっきり涼しくなり過ごしやすくなってきました。

 今日は私の所属する経友会に昔在籍していた山田正彦元農水大臣の講演会が行われます。私は所属が違うので遠慮していたのですが、出席するようお声がかかりでることにしています。考えてみたら政党が違う国会議員の話をプライベートで聞く機会は滅多にありません。講演ではもちろん政局の話もあるでしょうから、せっかくの機会しっかり拝聴してこようと思っています。

 今月は議会関係の日程は4日県議会閉会~決算審査総括説明、5日県議会・県政改革特別委員会、11日百条委員会、12~14日経済雇用・災害対策特別委員会視察、21・24・26・27日は決算審査となっています。

| | コメント (3)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »