« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

社会科見学?

 今日から明日まで視察に出ます。
 市議時代も視察した成果をどう活かすか、問題提起したことはありますが、県議会も改革が必要だと思います。今のシステムは調査した案件はそれぞれの議員が今後の質疑等にそれぞれで活かすだけ。これでは…
 
委員会として調査した案件を本県の施策に取り込む、既存である事業なら改善をする、それがどこまで実現できるかを確認していく作業が最低限必要かと思います。これも議会改革のひとつ。今は知人から「社会科見学」と揶揄されています。真っ向から反論できない自分がいます。

 市議の時、初めて副委員長になった折の視察で(市議会は委員長班と副委員長班に分かれて視察を実施)張り切って同行理事者に視察から帰ってレポートをだすよう指示しました。今考えたら、横着な議員と思われたことでしょうが、それでも当事レポートを提出頂いた理事者もいました。後刻、先輩議員から「前田君、理事者に宿題だしたらしかね。ほどほどにしとかんばよ」と言われたのを覚えています。

 税金ですから自己も含め説明責任があります。しっかり勉強してきます。

| | コメント (5)

2012年1月30日 (月)

寒波の到来は週後半!?

 今日の天気予報では今週後半に寒波がくるってことで木曜日は雪マークとなっています。県政報告会が心配です。事前に会場となる店の方に「当日に雪で公共交通等停まったりしたらどうなりますか?」と聞いたところ「もう食材用意し仕込みをしていますから…雪でもはってでも来てもらわないとでしょうね」と予想通りの答えが返ってきました。雪が降らないことを祈るしかありません。

30_1 昨日はお世話になっている先輩の会社の新年会(昼間)にださせて頂き、その後ランタンの媽祖行列の手伝いに(とても短い時間で恐縮でしたが)参加してきました。遅く行ったので顔を見られるなり「今頃来ても仕事なかですよ」と言われ、早退の際は「もう帰るとですか?」と信じられないような顔をされました。申し訳ない。来週は「終日でます」の宣言通り働きますから…写真の2枚は土曜日夜、子どもを連れて行った中島川会場。多くの人で賑わっていました。個人的には中島川会場は新地会場に負けず劣らずいいと思います。今年は新地界隈に桃色ランタンも初登場していますので、まだの方は是非足を運んでみてください。

30_2   30_3

 今週は珍しく議会の会議がありません。各委員会での審議事項や案件を今一度しっかり見直しする週にしたいと考えています。県も査定の大詰めでしょうが、よそと同じような予算査定していても本県は将来たちいかなくなるのは自明のこと。当初予算審議は初めてのことでもあり、どんな特徴と独自性をもった予算案がでてくるのか今から楽しみにしています。

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日)

コメントに対し

 多くのコメント頂きながら返事が遅くなりました。

○ある県議の図書館のブログ
 どなたのことかはわかりませんが、以前に指摘頂いた通り県立図書館に関する関心が私達にも薄かったのは事実です(自身の利用も含めて)反省です。
 昨春県議になったおり、どうやらその前の任期中に大村市で決まりという暗黙の流れができていると信じがたい話が聞こえてきていました。もちろん行政は否定しますが…ただ「県都だから長崎でないと」の発言は確かにそうでしょうが、長崎市選出以外の同僚県議からは不評をかっています。長崎市に頑張れというより私達市選出県議が頑張らねばでしょうね。今週は視察等もあるのでいい機会、他の会派の同僚とも協議してみます。

○上海航路
 確かに盛り上がりに欠けるのでしょうが、これは民間の事業、そこに税金投入ですから、もっとしっかりした県としての「施策の目標と税金投入の説明責任をまず果たす」ということが必要かと思います(これまで委員会等で意見しています)そのうえで県民挙げてのムードづくりでしょうが、現在盛り上がらないのは、先の手順を踏んでいないのと、多くの方が「どうせ失敗するさ」と思っておられるからでしょう。今からが勝負です。来年度の6億については内訳を説明してもらっていますが、ハード整備で4億、ソフト事業に2億となっています。まだ査定中であり詳しい内容はご容赦ください。厳しいのは確かですが、これがこけたら県にとってのかなりの痛手、というか責任も問われます。私は上海との「物流促進」という意味でなんとしても成功させたいと強く思っています。

○ランタンの中国語パンフレット
 中国人向け4000部作成は知りませんでした。当初、春節祭にあわせて上海航路がスタートするとのことだったのでそのような部数になったのでしょうか?ご指摘の通り今回のランタンでは使われないかもしれませんが、今後長崎を訪れる中国人観光客へのPRの材料としては活用の方法があると思います。

○学童クラブについて
 学校敷地内のクラブが人気がないというより、NPOでやっている学童が人気=ニーズがあるということです。それは保育の内容であったり、責任体制の明確化であったり、それぞれの親御さんの色々な判断なのでしょう、と思いますが。とにかく頑張るNPOに対してはしっかりサポート~支援すべきです。

| | コメント (0)

1月も終わり

 早いですね。今週で1月、一年の12分の1が終わりです。

 今週は31、1日と総務委員会の視察で愛媛県に。観光施策、ならびに地域防災計画(原子力発電所防災対策関係含む)の調査を行います。

 2日(木)は19時より県政報告会を常盤出島の「水辺のレストラン」(会費4000円)で行います。ご案内が昨年末だったということもあり、案内が見落とされてる方も多くおられたり、ご案内が行き届かずのこともあろうかと思います。申し訳ありません。年明けでの会合はこれまで開催していませんでしたが、今後は毎年この時期に新年会を兼ねて行っていきたいと考えています。もし出欠の返事はしていなかったけど(&案内はきていないけど)当日出席できるという方がおられましたら大歓迎ですので、私もしくは事務所まで電話やファックスで結構ですのでご連絡ください。よろしくお願いいたします。

 今週も天気予報では寒波の到来があると。皆さん、風邪対策しっかり行いお過ごし下さいませ。

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

頑張りが評価されるような行政を

 学童保育という言葉をご存知でしょうか?

 母親の就労増に伴い保育所では待機児童が増え定員増の施設整備が求められているように小学校でも放課後の子供の居場所づくりが必要で、現在学童施設も整備しても整備しても追いつかない状況にあります。

 長崎市においては自治体直営での運営ではなく補助金をだす仕組みで行っており、市内の学童の8割はお母さん達が運営協議会をつくり指導員とともに運営を行っています。当然役員になる方々の負担は相当なものとなっています。そこで学童保育が「一時的な子供の預かり場所ではなく育ちの場」であるということを考えた時に、将来的には法人格を有する保育園や幼稚園、NPO法人等で運営を行っていった方がいいという提言を「在り方検討委員会」の一員として行ったのが2年前、私が市議の時でした。

 今回、ある校区の学童の件で相談を受けました。内容はNPOで行っている学童クラブが評判がよく新年度には国のガイドラインで「分割」を示された定員70名を超えることが確実な状況なので分割を許可してほしいというもの。もちろん分割するということは補助金が新たに一クラブにだされるということです。
 しかし、行政の回答は「NO」
 理由は校区内の他の学童に「空きがある」からそちらにまわしてほしいということ。現状は学校敷地内に2つのクラブがあるのもかかわらず、外にある、また保育料も他より高い今相談を受けているクラブに希望者が多い。そういうことを行政はどう評価されているのでしょうか?

 今まで私もそういった市側の対応をしょうがないのかなと思っていましたが、提言をだしてから今にいたってはそれはおかしいんじゃないのかなと思っています。
 先に述べたようにお母さん達の運営というのは正直ご本人達が希望してやっているのではないことで、ややもすると「指導員まかせ」のクラブもあるという現実、そこで働く指導員が就労としては将来がみえない低い所得のなかで頑張っており、安定した職場環境に改善をしなければならないこと等を考えた時に、このような「頑張っているNPOが育つ芽をつむ」ようなことを行政がすべきではないと思います。担当課とも話をしましたが十分に私達の主張には理解を示していますが結局は現行のルールのなかでは我慢してくれという話でした。

 最近、田上市長から「市民力」「職員力」という言葉を聞くことが少なくなったような気がします。このような細かいことまでは市長はご存知ないでしょうが、これからは「新しい公共」の担い手が地域を支えていくのです。NPOの育成は大変重要な課題です。

 この件については今後の学童の在り方を大きく方向展開するモデルケースになろうかと思っています。あと少し猶予があるので行政側の対応を見届けてみたいと思っています。

 市長、もし私のブログを見ていたらご所感お聞かせください。

| | コメント (1)

2012年1月27日 (金)

仕分け人になりました

 と言ってもほんの一瞬、一言だけでしたが。

 今日は午後から議会運営委員会主催の研修会。講師に滋賀大学地域連携センター特任教授の石井良一教授とテレビでも有名な北川正恭先生を招き「事業仕分け」と「地方分権時代の議会改革」という内容でご講演を頂きました。

 その石井先生の講演のなかでの「模擬事業仕分け」として仕分け人の一人(一期生議員)として広島県で実際に事業仕分けのテーマになった東京でのアンテナショップについて仕分けを行ったのです。短い時間でだした私の判定は「県が実施するが内容・規模は見直し」

 しかし実際は「不要」という判定がなされアンテナショップは閉じたそうです(場所も含め再検討に)なかなか興味深い内容でしたが、昨秋私達が試行した事業仕分けについても厳しい感想が述べられました。以下、
(位置づけ)位置づけ、どのように活用するのか不明、パフォーマンスに終わっていないか
(体制)全議員で参加で外部仕分け人、県民の参加がなく、通常の議会の答弁に終始
(公開性)公開しているが県民の傍聴少なく、形式公表の状況
(時期)予算編成に活用してもらうためならもっと早い時期での実施が必要

 北川先生の話は議会改革は待ったなし、今頑張らんと地方はなくなるよという強い危機感をもたせる内容。行政も議会も今のような政治では対応できないという話に終始していました。マーガレットサッチャーが好んで使った「変わる勇気」という言葉が頭にひらめきました。

 今週も結局毎日議会関係行事でした。とにかく忙しい…

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

NPOの育成

26 随分以前の記事になりますがこのような記事を見つけました。拡大の上読めますか?NPOでこういう取り組みをやるとは…順調に推移しているとのこと。グッドアイデアですね。

 このような目立ったNPO団体の活動もありまうが、NPOのその多くは地味で、また認知においても十分できていない活動がその多くです。そのような活動に対し行政がしっかりサポートすることがとても大事です。「新しい公共」という言葉が使われいく久しいところですが、本県のNPO活動は活動量も、行政支援も地域差がありそうです。県議になってから私自身の周囲でも同僚からもこの種の話はなかなか話題にあがりません。市議時代からの取り組み課題であり一度長崎市と県それぞれの支援体制、これかtらの取り組みを精査します。取り急ぎは今相談を受けている「学童分野」でのNPOの活動を広げることに取り組んでみたいと考えています。

 今日は朝一より県政報告作成、10時から経済雇用・災害対策特別委員会に出ます。

| | コメント (1)

2012年1月25日 (水)

すみません

 今朝知人の方からご連絡頂きブログの更新がないので寝込んでいるのかと…誠に申し訳ありません、書けていないだけです。昨夜は特別委員会が終わって先輩議員からお誘いを受け行政(執行権者)と議員の関係について、また地方政治について、自治体の長の経験もあるご自身の経験談含め、これもまた経友会の先輩の「築町食堂」で同期の壱岐の県議と3時間にわたりご指導を頂きました。ありがたいことでしたが少々飲みすぎました。三人でお酒を一升半。遅れて参加した勉強会ではダウンしてしまい失礼なことをしてしまいました。

 昨日の特別委員会では大きく4つの議論を

*議会基本条例の制定(現在私も所属するワーキングチームで最終素案作成中)

*費用弁償(現在会議開催一日5000円→3000円に)&宿泊費の見直し(現在50㌔より遠方の県議には会議前後に13200円の宿泊費支給→実勢価格8200円に)

*現在の年4会期を「通年議会」への会期変更(審査の充実、専決事項廃止等々)

*入札改善案の条例化について

 いづれも来月10日の特別委員会で概ねの決着をつけますが、私個人的には「議会基本条例はもっと拙速な制定にこだわらずもっと時間をかけて」「費用弁償等の見直しは当然の流れ」「通年議会には反対」「入札改善案の条例化にも反対、理事者の議会提案を受けた自発的な改善点の提示」の立場でいます。

 今日は午前中、文教厚生委員会に員外議員として出席させて頂き、「長崎県老人福祉計画・長崎県介護保険事業支援計画(H24~H26)」「保育所への看護職の配置について」「私立幼稚園振興計画(素案)」について勉強させてもらいました。午後はやっと時間がとれたので久しぶりに事務所に入り事務打ち合わせを行うことができました(やること盛り沢山で時間切れ)

 話変わりハウステンボスクルーズの社長交代の記事が今日の新聞に。心配がさらに大きく~県当局は税金を投入しているのですから、すぐにでも現時点での正確な事業展開の進捗と今後の取り組みについて情報提供を求め、今後の対応について協議をせねばでしょう。私はプラスそのうえで議会に対し委員会開催~説明をお願いし新年度の予算措置等についてもどうするのか、その方向性について説明をせねばいけないと思います。なにせ6億以上の予算を計上しようとしているのですから…

| | コメント (2)

2012年1月23日 (月)

今日からランタン

23_2 今日から長崎ランタンフェスティバルが始まります。今年はどれぐらいの集客を考えているのか?毎年天候等にもより集客数が上下しますが、冬の観光資源としては一定「人を呼べる」イベントとして定着していますので、リピーターを増やす、滞在時間を長くするための「顧客満足度を高める」取り組みがさらに大事だと思います。
ランタンには私も毎年、媽祖行列の手伝い(何年たっても荷物運びの裏方ですが)に関わってます。微々たることですが盛り上げに一役です。関係者の皆さん、ご苦労様ですが無事にイベント終えられるよう期間中頑張ってください。よろしくお願いいたします。

 しかしひとつ残念なのは、ほんとうは春節祭にあわせて上海航路も計画がありました。多くの中国の方にランタンを見てもらいたかったのですが、それは来年の楽しみにとっておきます。上海航路もサポートできることがあれば!と思うのですが、いまだ未確定部分が多く、何を手伝っていいのかわからない状況です。折りしも春秋航空による佐賀県での格安飛行機での佐賀~上海便がスタートしたところ、心配が増します。

23_3 しかし、この航路を盛り上げたいと思っている人も沢山います。例えば私が所属する銅座町青年部では2月29日に「ウーマンズグルメラリー」を行いますが、その日は航路の第一便の日。なのでイベントに「上海航路就航記念・応援イベント」と冠をつけ当日は上海航路のPRもあわせて行いたいと思っており関係機関と打合せ中です。とにかく成功させんば!

 今週は議会関係は今日が百条、明日が県政改革の特別委員会が行われます。夜は明日が精神科の先生の勉強会、木曜日が経友会の総会日です。昨日は終日家で寝てました。なんとか風邪を本格的にひかずにすんだみたいです。寒くなるみたいですが皆さん、今週もファイトで!

| | コメント (1)

2012年1月22日 (日)

真っ向勝負を

 自民党の党大会が今日開かれますが、昨日の県連の幹事長や青年部代表との意見交換では「わが党がだらしない」という声が多くでたと報道にあります。私の思いもそれに近いものがありますので、そのような意見を全国の地方組織が持ち合わせていることにひとまずほっとしています。社会保障の一体改革に対する事前協議は民主党の「意思統一がない」なかで「抱きつき戦略」でこられても密室との批判も受けかねず、早期に国会を開会し公のところで堂々とした論戦を展開してほしいものです。

 
 さて足元をみると明日は百条委員会が行われます。昨春の自民党分裂の影響で派生してでてきた案件であり、検証がなされている「県政の透明性の確保」はこの案件でなくてもこれまで以上に求められますが、なにか不毛の議論を延々と展開しているように感じてなりません。これが県民の負託に応えることなのか、周囲の方からは「もっとやることがあるだろう」とご意見を機会ある毎に頂いています。関係した職員も所管部局の職員も疲労困憊はピーク。正すべきところは正さねばですが、そろそろ結論を出す時期でしょう。全会派一致のなかで設置された百条ではなく、また委員会の適正な進行に関し私達会派等も「分裂に気をつかっての」対応ですから、理事者やマスコミ含む第三者からすると、百条の本質のところでの検証や反省・課題がわからないのではないかと危惧していますし、私自身がこの委員会が終わった時には猛反省せねばならないと思っています。

 わが会派は何につけよく言えば「穏便」、悪く言えば「事なかれ、自分さえよければいい主義」であることも感じつつあります。議会改革の前に自ら及び周囲の意識改革~行動改革が求められます。悶々とした日を過ごしていますが、自覚のもと活動ふりかえって行動せねばなりません。

 今日はオフですが昨夜から寒気がしています。暖かくして読書他こざこざの用事すませて一日を過ごすつもりです。

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土)

新年会もピーク超え

 新年会もピークを超え残すところあと数件になりました。ご案内頂きました方々、ありがとうございました。

 コメント頂いておりますが、確かに市との意見交換は時間足らずでしたが、最初の一回と思えば…これから改善、また回数も定期的にやらねばでしょう。らんらんについては話題に挙がりませんでしたが、私も見た限りではご指摘の通りかと思います。市議会で来月行われる当初予算の審議のおり議論をしっかりしてほしいところです。

 来週も百条、県政改革特別委員会、経済雇用・災害対策特別委員会に出席します。

 いよいよランタンも始まりますね。来週は雪マーク。皆さん防寒対策しっかりと!

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

市との勉強会を終えて

 昨日は帰りが日づけが変わる寸前で帰りついた途端寝てしまいブログ書けませんでした。申し訳ありませんでした。

19_2 1902

 市との勉強会の議題は県議からの提案議題(県議が提案していいことも知らず)も含め11項目あり、3時間半の時間では消化不良でした。しかし、初めてのトライとしてはよかったと思います。集まるだけでいいから一年一回と言わず定期的に行いましょうと提案したところです。特に勉強会の後の懇親会は話が弾みました。やはりノミニケーションの中での胸襟を開いた議論も必要です。お世話になった市の幹部の方々との懇親はとても楽しくもありました。

 意見交換した11項目は以下です。

*県立図書館問題について(議員提出議題)
*市庁舎の建替えについて
*「黒い雨」の人体影響に関するデーター保管について(議員提出)
*介護保険制度に関わる問題点について(議員提出)
*福祉医療制度への県の補助のあり方について
*有害鳥類駆除対策について(議員提出)
*長崎市都市経営戦略推進会議提言内容への対応について(議員提案)
*企業誘致について
*コンベンション施設の設置について
*矢上大橋有料道路の無料化について(議員提案)
*地域高規格道路長崎南北幹線道路の整備について

 限られた時間のなかだったので、私は介護保険に関わり次期介護計画のなかでの施設整備に関する市の考え方、ならびに福祉医療費制度についての県との協議内容について説明を求めました。医療費制度についての県の補助のあり方については「(市議と県議の)立ち位置変われば見方も変わる」と言い市の幹部から失笑を買いましたが、きちんとした前提の話をせずに要望するのはおかしいと思い発言しましたが、懇親会の席でも「やはりあそこは頑張りますと言わんといかんですよ」と戒められました。そうではないと思うのですが…現物給付に当時誰よりも強く頑張っていたのは私という自負があるからこそあえて発言したのが伝わらなかったのは残念でした。
 その他、議題外で上海航路への長崎市の対応、経済対策の住宅リフォーム事業への次年度も継続するか否かについて(継続するそうです)質問しました。

 これからも連携強化で一緒に頑張ることを確認し合い会を閉じました。

| | コメント (1)

2012年1月17日 (火)

連日電話もとれぬほど忙しくしています

 昨日は朝一から漁業の不法取締りの取り組みについて水産試験場ににて取締りの担当部署より説明受け、実際に取締り船にて船長より説明を受けました。現場の苦労がよく理解できました。この件はいずれ詳しく。
 その後午後より試験場の視察~戻って会派での勉強会、夜は議会の三会派での新年会・司会進行と休む間ない一日でした。

 で、本日も朝から県政・県議会改革特別委員会。
 午前は議会基本条例ワーキングチームの一員として、同じ議員ですが、説明・提案する側にまわりました。午後からはその特別委員会でだされた宿題・課題事項への検討の会議を急遽行い、その後また特別委員会に本来の委員として戻り「入札の改善案」について理事者と議論もやり取りを行いました。夜もその延長でのディスカッション飲み(ほんとは今週唯一の休肝日の予定が…)幸い21時前に帰宅できました。

 明日の市との協議事項の予習できてません。明日朝せねば!今夜は速効で寝ます。おやすみなさい(現在21時前の書き込みです)

PS そういえば、月一の精神科の先生との勉強会、今月は24日(火)19時~
テーマは 「カウンセリングに関わる最近のこどもの傾向について」 です。興味深いテーマ、関心あられる方はご連絡ください。

| | コメント (0)

2012年1月16日 (月)

はやくも1月後半に

 今週も議会関係の行事が多いです。

 今日は自民党政調会として水産センターを朝から調査、午後戻ってきて明日行われる県政改革特別委員会での「入札の改善案」に対する会派としての最終意思をとりまとめるための勉強会を行います。明日は終日特別委員会ですが入札の案件他「議会基本条例案」も審議されます。

 そして18日(水)はタイトルの長崎選出県議での市との協議会が行われます。午後から夕方までみっちりありますが、協議事項は山ほどあるのでしょうからこれでも時間が足りないぐらいでしょう。今まで定期的にはやってなかったとのこと、いいことだと思います。実りある会議にせねばなりません。
 また、その日は朝から県主催の「産学官金連携推進特別フォーラム」がベストウェスタンホテルで10:00~17:00であっています。私も午前中顔をだしたいと思っていますが、関心あられる方は是非足を運ばれてみて下さい。よろしくお願いします。

 新年会もまだまだ続いており今週ははしご含め5件ありますが、お声をかけて頂くことはありがたいこと~体力勝負ですが頑張ります。但しもし一緒になられる方おられたら、私にあまりお酒を勧めないでください(笑)

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日)

シンポジウム

1501 1502

 今日は県立図書館の長崎市での存地・再整備に向けたシンポジウムに参加してきました。会場は1500ほど埋めてましたが、盛り上がりはイマイチの感でした。 

 どうしてそうなったかというと、たぶんに、来てくださった方は語弊を招く表現ではあればすみませんが、多少なりとも意識を持った方々。その人たちにあえて長崎学等の話を改めてされても、それはわかっている、それより具体的に長崎に存地というならば候補の場所はどこなのか、そもそも長崎市が土地を提供せねばならぬのか(大村市は土地を提供)。

 「市立図書館があるからいいではないか」という多くの市民に県立図書館の必要性の理解を求め機運を盛り上げようというのであれば、もっと市民に訴える方法を工夫しパンチの効いたチラシ等の配布もせねばならぬと思います。チラシについては随分以前から提案していますがいまだに作成されていません。

 とにかく、今のようなやり方ではなかなか市民が一体となった存地運動にはならないのではないかという思いを持ちながら帰路につきました。

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

通年議会

 今県政改革特別委員会で通年議会の議論が交わされています。

 今の議会は2、6、9、12月と計4回、これを通年の一年を議会としてとらえようというものです。主のメリットは、今までは議会の招集権は知事にあった(形式的には知事が議会を開いてくださいというもの)ものが常に議会の期間中なので議長や各常任委員長の判断でいつでも開催できること。議会と議会の間での専決事項がなくなるということ、これが大きなメリットです。逆にデメリットでの一番の心配は行政側が常に議会の対応で追われ日常業務に支障をきたす恐れがあることです。理事者の議会の出席もさることながら議会に備えての資料づくりは私達の想像以上に大変だそうです。また定例の議会が前提で、行政の施策や事業の庁内での意思決定の工程(タイムスケジュール)が組まれているなか、常に議会となればいつ何時個別事項の中身が問われるか等も行政側にすれば心配でしょう。その他専決がなくなることで事務の執行に一定の手順を踏まねばならずそのことで支障をきたさないか、事務作業量の増大、執行残の取り扱い等々。ただこれは行政側にたった理由なのでしっかりとした認識~議論が必要でしょう。

 ただそれより私が危惧しているのは、今年度は特別委員会や百条委員会等の所属もありほんと自身の活動の時間がとれないなか、それでも一年通算すると160日程度の議会&委員会開催になるそうですが、通年議会になるとこれまでの年間140日程度が190日ぐらいの開催になるとの説明があっています。
 県民に選ばれた立場として190日の議会出席が非というのではなく、そうすると年365日、土日祝日を除くと240日、そのうちの190日ですから、平日で自身の活動ができる日は年間50日程度、週1回程度ということになってしまいます。市議の時と違い県会議員ですから各種課題に対しての県下の状況も把握せねばなりません。土日があるじゃないかと言われるかもですが平日でないと開いてないとこ、アポがとれないところもあります。議員の仕事は県政のチェックとあわせて県民の声を届けること、つきつめれば「光があたらぬところに光を照らすこと」だと認識しています。そう考えた時にやはり現在の定例の日程のなかで充実と工夫を凝らすことで対応すべきだと思うわけです。通年議会に反対すると「議会改革に消極的」みたいな雰囲気が委員会内にありますが言うべきことはしっかり主張する、来週のとりまとめではしっかり意見したいと考えています。

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

81歳、まだまだ現役

12 今日は午後から日吉方面に自治会の老人クラブの新年会に案内を受け顔をださせて頂きました。

 来賓が3名、恐縮ですが私と市議の方と老人クラブの方が小学校時代教わったという恩師の方が来られました。なんでも小学校の同窓会に来られた際にお誘いを受けたとかでわざわざ東彼杵から来られていました。

 その先生は御歳81歳、22歳の時に初赴任したのがこの日吉小だったそうです。赴任時は住まいも決まっておらず小学校の用務員室に1週間泊り、その後地元の方が「見つかった」と言ってくれたところは牛舎だったそうです(当時は農家で農耕用に牛を飼っていたそうです)夜の食事は毎日校長宅、近所方から野菜などよくもらっていた。ひわは三度の食事よりよく食べてた。夜は毎夜のように青年団で集まり飲んでいた(その青年団で道路の側溝の藪狩りを月一やっていたとも)とにかく教師として定年まで勤めあげれたのはこの日吉で学び育ててもらったおかげと話していらっしゃいました。

 いい話でした。地域に学校の先生が溶け込む、地域で先生をサポートする、今の教育現場ではなかなか見かけられない姿が昔は普通にあったんでしょう。驚くぐらい当時のことを覚えてらしていて、3年間の日吉小での教師生活を終えその地を離れる時はバスの走る沿道に地域の方がハンカチを振って見送ってもらったそうです。

 その先生は定年後、地域活動に取り組まれ今でもいくつも地域の役職をもたれていました。なんと議員も3期されたそうで選挙の際は教え子達が頑張ってくれたと。全て恩返しの気持ちでだそうです。今は4時に起きて新聞配達されているとのこと。ほんとにただただ驚き頭が下がる思いでお話を聞かせて頂き元気ももらいました。一期一会に感謝です。

 

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

内閣改造

 今日あたり問責決議を受けた二人の大臣に代わる人が決まるんでしょうが、誰がしても、どの政党が政権を担ってもと、国民の間では諦めに近い冷めた感が強いように感じます。それらは私達地方議員含めた政治の責任であり、今年こそはこの閉塞感をう打ちやぶるために何をすべきか、行動に移さねばほんと取り返しのつかないことになるのではないかという危機感を強くもった今年の年明けです。

11 国における最優先課題として、社会保障と税の一体改革、消費税の増税が今取沙汰されていますが、個々の、例えばパンクしている国民健康保険や医療費、介護のかかる費用等のコストや制度を見直しこれまでの通年予算を組み替えずして、たんに増税だけ訴えても、増税時に消費が落ち込み結局は税収は思ったほど伸びなかったという過去の経験すら生かされないこと含めて後先が逆になっているように思います。それぐらいわかっていると言われるのか…しっかりしてください、財務官僚言いなりの野田総理!

 
 本日は県政改革特別委員会で「入札制度見直し素案」に対する理事者側の見解を再度確認します。素案自体にはまだ議会内でも項目によっては異論はありますが、理事者側も「頭からできない」ではなく、十分に検討してきたものを示してもらわねばなりません。もういいかげんこの件についても終止符をうたねばこれだけに時間を割くわけにはいきません。また今日は議会改革で「通年議会」を目途に議員の「費用弁償」についても議論されます。長崎市議会は全廃してましたので県議会がどういうスタンスでいるのか、いい機会なので十分議論してみたいと考えています。

| | コメント (1)

2012年1月10日 (火)

疲れました

 今日は朝の9時半から18時半過ぎまで百条委員会でした。どうしても私が質問すると証人をかばうような質問にみられる恐れがあるので質問しづらくはあるのですが、努めて第三者的に質問を終盤の方で行いました。当時の代表(谷川社長)の農業従事の認識と販路であるカルビーポテトチップスとの取り扱い証明について、また経営上の収支について証人に質問しましたが十分なやりとりはできず次回持ち越しとなりました。次回開催は23日です。

 夜は銅座青年部の新年会と夜警に参加してきました。青年部ではまたまた来月に面白いイベントを企画しているみたいです。内容についてはもう少し内容がきっちりしてからお伝えします。今年も銅座から「街の元気」を発信していきます。自分にできるお手伝いでしっかり応援していきます。

| | コメント (0)

2012年1月 9日 (月)

議会基本条例

 今県議会ではワーキングチームで「県議会基本条例」の制定に向けて勉強会を重ねています。今日も急な呼びかけではありましたが、座長他3名の議員で昨年末に県議会改革特別委員会で説明した素案をさらにチェックしました。もう一度ワーキング全体で議論をし、17日に再度練り直した素案を特別委員会で示す予定でいます。

 今週は明日が百条委員会、11、13日が県政・県議会改革特別委員会が行われます。

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

世界遺産登録に向けて

 昨日は好天のなか出初式は行われましたが、午後からの3つの分団の顔出しはさすがにタイトな移動でした。しかし日頃地域住民の安心安全のために尽力頂いている団員の方にお声をかけれたのはよかったです。

3つめの分団の祝賀会の会場で引退された先輩市議と隣り合わせになりました。市政や議会の話が主でしたが、引退後どうされているのか伺うと、好きな釣りの他に全国の世界遺産廻りをしているとのことでした。うらやましいかぎりですが、その会話で気になったのは「改めて廻ってみて、みなほんとうに辺鄙なところにあるがやはり自然の威風堂々とした威厳を感じる。それに比べたら教会群はほんとこれが世界遺産になるのかという疑問を感じ得ない」と。

 当初予定は23年度世界遺産指定でしたが教会群の登録に向けての取り組みがここまで遅れた最大の要因は「構成資産の確定」に時間がかかりすぎたことです。昨年末にやっと構成資産の確定がなされました。文化財指定の関係でいくつか構成資産から漏れることは予想していましたが(構成資産から漏れても同等に保存計画等には取り組むことは要望)まさか長崎市の26聖人と五島市の堂崎教会が外れるとは思っていなかっただけにショックでした。なぜならどちらも禁教~弾圧~復活の歴史を語るなかでは、また世界遺産指定に向けたストーリー性をもたせる意味では欠かせない資産であると思っていたからです。

26専門家による判断ですから、それなりの選定理由があるのでしょうから仕方ありませんが、とにかく早急にユネスコに提出する申請書類、裏付けとなる保存、活用計画を練りあげねばなりません。目標修正した26年度登録はタイムスケジュール的にももうぎりぎりです。ほんとうは26年で大丈夫なのか、23年の目標設定の甘さの二の舞にならないためにもそこも議会含め再度議論すべきところだとは思っていますが…もうひとつ世界遺産を成就させるためには官民、県民が一体となっての取り組みが求められます。そういう点においてもまだまだ盛り上げ不足であり、構成資産の確定を受けてひと区切り、気勢をあげるような事、場をもつことも必要なことだと思います。

 単なる観光資源としてではない、地域活性のひとつのツールとしてこの世界遺産登録に向けての取り組みはとても大事だと思います。市議時代に世界遺産特別委員会の委員長もさせて頂きました。自身の取り組み不足も反省しつつ今年しっかりと追いかけてみたいと考えています。

 今日はオフの日。冬休み、正月はともかく、あまり相手せず不満たらたらの子供と過ごす一日になりそうです。

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

上海航路販売開始

Photo 昨日よりいよいよハウステンボスクルーズによる上海航路が売り出されました。現在はネット販売のみですが、いずれ窓口販売等もされるものと思います。私も利用の呼びかけをした一人として早速ネットを覗いてみましたが(ハウステンボスクルーズHP)まだまだ情報不足です。徐々に充実されるのでしょうが、例えば船内の案内や上海に着いて折り返し帰ってくるにしても現地のホテルに二泊せねばなりません。そういう手配や上海での観光や食事のオプションプランも必要でしょう。もちろん上海の見どころなどを伝えることも大事です。2月29日が初便ですが、3月のカレンダーをみると特に上海→長崎便は既に空席残が少ない日もあります。随分と集客に努力されていることでしょう。クルーズ本部のスタッフの皆さんも今が一番忙しく大変でしょうが「日本と中国の夢の架け橋」のため頑張ってください。県や市の支援体制連携を密にしっかりせねばです。ちょうど、再来週に長崎市選出県議と市の幹部との勉強会が開かれます。これまでの年1回の顔会わせでは不十分だということで実施されますが、協議課題は山ほどあると思われます。上海航路も議題に挙がると思いますので問題点~課題を抽出しておきます。

 今日は出初式です。午前中は全体での出初、午後からは各分団で消防団後援会や地域の方々を交えての出初・祝賀会が行われます。私もありがたいことに3つの分団から案内受けていますので「はしご参加」になりますが感謝と激励の気持ちで顔をださせてもらいます。

 人によっては三連休ですね。寒いですが天気はよさそうです。まだまだお正月気分も抜けないところ。まとまったお休み楽しく過ごされてください。

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

心のバランス

 年明けで皆さん気合満々のところでしょうが…

 知人からお世話になっていたドクターが病院を閉じていることを聞きました。昨秋以降メール、ファックス等での連絡しかできておらずに知らなかったのですが、病院はいつ訪ねても待合室には患者さんで一杯で、たぶん一日3ケタの患者さんを診られていたと思います。閉じた理由は「少し疲れた」伝聞なのでそれ以上は窺い知ることができませんが、そういう時期もあるだろうと。十分休まれて心身ともに充電され、また復帰されることを願っています。

 頑張っていた方のそのような話を聞き、今年もまだ始まったばかりですが、心は正直なので、たまには息抜きし、またプラス思考で物事くよくよしないことが必要なのかもしれません。私自身は反省多々ですが、皆さんはどうか心身のバランスとりながら無理なさらず今年一年をお過ごしください。

 写真は昨日の仕事始めの模様です。

0601 0602_2 0603

| | コメント (0)

2012年1月 5日 (木)

地産外消

0601_2 0602_3 0603_2

 今日は朝一番で青果市場の初市にださせてもらいました。市場の開設者は市長ですので市長より年頭の挨拶が恒例となっています。震災の影響等もあり大変だったなか、市民への安心安全な野菜や果実の供給に尽力頂いた関係者に感謝の言葉と本年はそれに加え、上海航路就航等もありアジアに向けての輸出も展望がある、また「市場(しじょう)の在り方検討委員会」での議論も踏まえ市場の活性化に努めようとの挨拶もあったところです。野菜は外国での関税もですが基準が高いなか現実に輸出するのは大変ですが、諸外国でも「お金をだしてでも安全な食材を」という富裕層がいるのも現況であり、その可能性を探るべきです。

0601_3 0602_4 0603_3

 続いて、魚市の初市に。こちらも震災の影響が大きく、また先行している鮮魚の輸出も2ケ月ほど中断したが、(条件つきではありますが)どこの県よりも先駆けて5月末に再開することができました。今後は活魚のままでの移送も考えているとか…厳しい環境のなかで対前年比105%は関係者の並々ならぬ努力の成果です。今年も急成長のまぐろの養殖含め大漁・安全操業を祈っています。

 本日最後は商工会議所の賀詞交換会に。こちらでは経済界の多くの方にご挨拶と近況を伺うことができ有意義でした。その後は会議等もあり昼ごはん食べそびれましたが、まずは充実の一日でした。夜はエミネント葉山の組長会に出ます(19時書き込み)

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

雪混じりの仕事始めに

 寒い仕事始めとなりました。朝から県庁の仕事初めにださせてもらいましたが、昼時はさんで寒気と腹痛が…風邪気味なのか?一旦帰り夕方より再始動です。

 「県職として成果をしっかりだし県民に最大の還元をすることを常に心がけて職務励むよう」という知事の言葉が印象的でした。

 皆さん、お風邪をひかぬよう気をつけられてください。

| | コメント (0)

2012年1月 3日 (火)

正月気分も今日まで

 晴天に恵まれたお正月、皆さんどのようにお過ごしでしょうか?

Dsc_07651 Gokoku02 Gokoku03

 私は昨日、護国神社にお参りにいきました。近くにいながら初めての参拝。人は多いよと聞いてはいたのですが確かに多く、また車が駐車できることもあってか、高齢者の方や施設の車椅子の方が職員さんに連れ添われてお参りに来ている姿がもありました。私はひきませんでしたが、子どもがひいた「子供おみくじ」は大吉と中吉、二人とも満足していました。その後はここ数日定番の近所の公園にてサッカー、夜は高校の同窓会、7年ぶり、卒業来30年でした。100名を超える同級生と恩師が集まり懐かしく楽しいひとときを過ごせました。

 今日は滑石地区での成人祭に参加します。例年参加の高木代議士と市長が欠席とのことで祝辞を述べることになっています。かなり緊張しそうですが、ひとつでも心に残る言葉を贈ることができたらいいのですが。

 正月休みも今日までです。明日から普通通り活動します。


PS  年明け早々ぶっそうな記事です。心配です。
    ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120103-00000029-jij-int

| | コメント (0)

2012年1月 2日 (月)

県立図書館

 今月15日に長崎市が中心となって県立図書館のシンポジウムが公会堂で行われます。昨年末に市の担当部署より案内をもらいお誘いあわせのうえ参加下さいということでした。その際どの辺りに案内をしているのか聞いたのに対し、主に自治会役員等に知らせているとのことでしたが、県立図書館と市立図書館の役割の違い等は一般の方にはなかなかわかりづらく、図書館の設立の経緯を知ってもらうためにもいい機会だと思います。無理な動員にならない範囲で多くの方にご理解を頂ければいいのではないかと思っています。以前より市民に対しわかりやすいチラシ等を作成したらと提案していますが、たぶん当日にはそのようなものも配布されるものと思われます。

 県議会でも大村選出議員は「誘致」に、長崎市選出県議は「存地」に向け本会議の質問も含め火花を散らしていますが、本来の県立図書館の機能と役割を再確認するなかで早期の場所の決定をしてほしいと思っています。
 正直、長崎市は存地で当たり前という気持ちがあったのでしょう。運動の遅れが目立っていました。そもそも私は17年当時、市立図書館建設の際に「いずれ建て替えが必要な県立図書館についても県としっかり協議しておくこと」と何度も意見しましたが、その当時は全く市当局は反応ありませんでした。今言ってもせんない話ですがもっと早くからつめていれば今のような状況にはならなかったんではないかと…
 
 私個人の感覚的にはどうやら前任期に大村ということで暗黙の方向性がだされている様子で、存地はなかなか厳しい情勢だと思います。確率で言えば7対3ぐらいではないでしょうか?そう感じるのは、教育委員会の結論をだすのが遅れに遅れている現況とそのうえでほんとうに長崎市の可能性があれば、私が今言っている県庁との合築も全くない話ではなく少なくとも選択枝の一つになりうるのでしょうが(話題にも挙がらず)それぞれが全くタイムスケジュールがあわない工程になっています。

 ここ数ケ月(春までに)で巻き返しに全力を挙げねばです。

| | コメント (1)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

 穏やかな新春をお迎えのことと存じます。今年もよろしくお願いします。

 早々に賀状を沢山頂きましたが、先輩からの賀状に、昨年来日されたブータン国王のお言葉の引用がなされていました。私は知りませんでしたが、ほんとうに我が国がそうでありたいと思わさせられましたので以下引用して

「他の国であれば国家を打ち砕き、無秩序、大混乱、そして悲嘆をもたらしたであろう事態に、日本国民の皆様は最悪の状況下でさえ静かな尊厳、自信、規律、心の強さを持って対処されました。文化、伝統および価値にしっかりと根づいたこのような卓越した資質の組み合わせは、我々の現代の世界で見出すことはほぼ不可能です。これは日本人特有の特性であり、不可分の要素です。このような価値観や資質が、昨日生まれたものではなく何世紀もの歴史から生まれてきたものなのです。それは数年数十年で失われることはありません。そうした力を備えた日本には、非常に素晴らしい未来が待っているとこでしょう。」

 そう信じそうありたいと思います。ならば自分達に何ができるのか、何をせねばならぬのか、ひたむきに取り組む一年でありたいと思っています。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »