« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

空転の一日

 昨日は結局、終日議会が空転。今朝の新聞でも怒りを込めたお叱り記事がありました。開会直後にだされた「休憩動議」を否決し(可否同数だったので議長が否決すればよかったのに。通常可否同数の時は反対の決定をするのが暗黙のルールかと思っています)そのうえで昼休みにでも議会運営委員会の開催を求め、一般質問終了後、何時間でもかけても議論すればよかった、もしくは午前中はやむなしとしても午後は予定していた質問を行い、半日分だけでも日程を消化すればよかったんではないかと思います。しかし後段のことは、会議中頭に浮かびながらも私自身がその会議の気勢におされそういう提案をできなかったことは大反省です。委員会のメンバーの一員なのですからひるまず発言せねばです。

 とにかく、一日空転したことで傍聴を予定していた方、ならびに終日待機していた知事はじめ理事者、そしてひとえに県民の皆様に申し訳なかった気持ちでいます。

 さて、今日は仕切り直しで昨日分の質問からですが、日程がずれたために私の予算総括質疑も来週5日に変更されました。人により感じ方は違うでしょうが私は月曜の質問はその前の週末になにか質問が脳裏に浮かび落ち着かないのであまり好きではありませんがこればかりは致し方ありません。今回は、これまでの反省もあり、持ち時間の25分をワンテーマでやります。私の意見(主張)に沿った答弁がでれば(なかなかそうはいかないでしょうが)…地域にとっても業界にとっても、はたまたこれからの庁内組織についてもかなりのインパクトを与えるスマッシュヒットになるのではないかと一人勝手に思っています。

 

PS  今夜は「ウーマンズグルメラリー」のお手伝いにもでます。天気もおかげさまで大丈夫そうです。当日参加も可能ですので是非ぜひお時間ある方は誘い合わせてお越しください。 

| | コメント (1)

2012年2月28日 (火)

紛糾中

 今日は10時の開会と同時に昨日の同僚県議の本会議一般質問での質疑での発言が「議会の品位をけがし権威を落としめた」という理由で懲罰すべしとの意見がだされ、議会運営委員会が休憩をはさみ断続的に開かれています(16時現在)

 これから懲罰の動議がだされ議場にて採決が行われるものと思われますが、私達は私見での発言であり、受け止め方は個人個人様々、表現の自由を最大限尊重すべきという理由で反対することになろうかと思いますが…現在長い休憩中になっています。

 色々とあります。この一年で4年分ぐらいの経験させてもらっているような感じです。

| | コメント (0)

2012年2月27日 (月)

今日から一般質問が始まります

 昨夜は佐世保市での「通年議会」に対する公開討論会でした。会場からも様々な意見がだされ今後の議会での判断の参考になりました。昨夜一番記憶に残ったのは、一人の県議が発言した、「県民アンケートで、今の県政に対し満足していると回答した人が0.7%しかいなかった」→だから議会も改革せねばという話。1000人に7人という数字をどうみるか?これは私は最後に意見しましたが、満足していないというより、「県政が見えない」「県政が身近でない」という側面もあるのだと思います。しからばもっと積極的に地域のなかで県政の「広報」と対する県民の不満や要望等を「広聴」する地域活動がもっと必要だと感じています。

27 27_2 27_3 27

 ところで討論会の前に時間があったのでアーケードを歩いてみました。昨年商店街組合の理事長の話も商工会議所との意見交換の中で聞いていたので、まずは自分の目で…確かになにか活気とまではいかないまでも元気や個性を感じました。長崎では残念ながら見かけなくなってしまった寝具店やレコード店、スポーツショップもあり、空きテナントを利用してか、誰でも休憩できるような広場もありました。お洒落な店も。浜ん町も負けずにもっと元気に!

2602 また昨日は地元連合自治会のレクレーション大会にも顔をだしました。年に2回行っていますが、毎回80人ぐらいの方が集まっているそうです。今回もチームに分かれての競技。自治会長が考えた新しいゲームに皆はまってました。これが意外と難しいのです。

26

社協の方も来てくれていました(ありがとうございます)が、このような他の参考になる取り組みを市内に広く伝えていってもらいたいです。

 今日から一般質問、3日間にわたり12人の県議が登壇します。私の出番は今週末の2日です。厳しくやります。乞うご期待。

| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

公開討論会

 昨夜は18時半から県庁にて「通年議会」に対する公開討論会が開催されました。150人も傍聴席を急遽180に増やしたぐらい多くの方にお越し頂きました。ありがとうございました。最初の委員長より挨拶~各会派代表の主張~委員間討議~公開討論に参加した方との意見交換という流れでしたが、終わっての感想は、通年議会を主張する側も時期尚早(私達)という側もどれだけ参加者に主張を理解してもらえたか、納得のいく伝わり方をしたのか、そもそも参加された方々が通年議会とはなんぞや、通年のイメージを描くことができたのか、進行の在り方含めて委員会側で反省すべき点多々あったと思います。今日は18時より佐世保市で行われます。

 明日から一般質問が行われますが、来月2日に行われる予算総括質疑の質問通告も明日が締め切りです。今のとこ、県営交通(バス)事業、医療福祉行政(医師不足対策等)を考えていますがまだ質問組み立てには至っていません。貴重な機会、しっかり成果だすべく準備します。

 今日は朝一で鍼灸師会の総会~地元自治会のレクレーション大会~知人と相談事、午後からは佐世保市に移動し用事をすませ夕方から公開討論会。帰りは22時の予定です。ちょとオーバーワーク気味かも

| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

二つの「ともに」

25 今日は午前中は東長崎の青果に顔をだしびわのことについて話をしその後、「ともに会」主催の障害者就労支援の勉強会で神の島のANAのコールセンターでの障害者の雇用状況について話を聞きに行きました(会は午後分科会~夜は意見交換の懇親会と続くのですが私は残念ながらここまで)

25_2 午後は玉成高校の教育シンポジウムに参加。基調講演は前県こども政策局長の浦川先生で「地域とともに教育風土づくりを!」について拝聴させて頂きました。

 ともに働く、ともに育てる、今日は二つの「ともに」がキーワードでした。

25_3 その後、県警楽器隊の定期演奏会をのぞかせてもらい、現在17時、家に一旦帰り、今から県庁にて「通年議会への公開討論会」に出ていきます。慌ただしい一日でした。

 また寒くなりましたね。皆さんお気をつけてお過ごしください。

| | コメント (0)

2012年2月24日 (金)

長崎ブランドの危機

2301 昨日は内容に触れませんでしたが、2月上旬の異常気温による農作物(びわ、いちご、デコポン)の被害は深刻で、特に長崎市におけるびわの被害はびわ農家750戸の9割近くの農家、被害額にして6億6千万近くにのぼるのではないかと報告があっています。被害にあったのは露地栽培のびわ(本県のびわ結果樹面積 露地548㌶、施設40㌶)がほとんどです。

 2月2日、3日の最低気温は-2.5、-3.0(長崎市)でしたが、びわについては-3℃で3時間経過すると20%、4時間経過すると40%の凍害が発生するそうです。

 私達が調査したびわの木は見た目はわかりませんが、種が黒くなっていて(健康なものは白)いわゆる「死んでいる」んだそうです。

2302_2 びわは平成18年にも台風の塩害で10億近い被害がでて金融支援を行っていますが、それもちょうど今年あたりから借りたお金の償還時期に入り、また兼業農家、高齢化が進むなか、今回の被害はかなりのダメージであり、なかには廃作する人もでてくるのでないかと危惧されます。びわは本県が誇るブランド産品であり、県や市、JA、生産者が一体となってこの危機を乗り越えねばなりません。県としても、被害実態の調査および被害にあわれた農家の支援ニーズをしっかり把握しできる限りの支援を行ってほしい旨昨日の現地調査後の委員会では要望したところです。今後の委員会での報告をを待ちます。

 今日は終日県政・県議会改革特別委員会です。

| | コメント (0)

2012年2月23日 (木)

すばやい対応

 今日は午前中は百条、午後は昼御飯食べる間もなくびわの寒冷被害の現地調査に行きました。昨夕、突然に決まり手続き的にどうかと思っていましたが、委員長も連絡せず決めたことは詫びられたなかで、そのことはともかくすばやい対応はよかったと思います。

 明日は県政・県議会改革特別委員会です。今日の休む間もなかったこともあってか心なしか少々体調不良です。

| | コメント (0)

2012年2月22日 (水)

気合いの入った予算に

 昨日開会した県議会は常任委員会や特別委員会の委員や正副委員長の人選(実質決まっているので手続き上の確認)の後、知事より施政方針が述べられました。時間にして1時間あまり、知事は原稿を、私達は配布されている冊子で知事の言葉を追っかけながら~市議会の時も同様でしたが、配布資料にて確認でよさそうなのですが、議事録に残すためにはこのようにやるしかないみたいです。抜粋しながら知事の事業にかける意気込み等を生の言葉で聞く方がよっぽどいいと思うのですが…。午後からは予算特別委員会が本会議場にて全議員で行われ新年度予算について総務部長、財政部長より総括的な説明の後は各部担当課長より主要事業に対する説明がありました。説明者は16人でびっちり夕方までかかりました。これも配布資料と同じ内容(活字)を読むだけの部もいくつかあり、再考の余地ありです。しかし改めて読み返すなかで再確認できこれはこれでよかったです。

 全体的には知事が任期折り返しで総合計画に沿った特徴ある新規事業がいくつもあり「気合いの入った」予算になっていますが、新規・重点事業に対し予算が甘めの査定になっているのではないかという率直な思い(特にアジア戦略)と財源がある基金事業の事業内容についても「財源があるから継続している」というような事業もあると感じられその効果・成果の検証が予算審議時にしっかりチェックせねばとも思っています。あとはスクラップ&ビルドの対比が十分わかるような資料が不足しています。これは予算編成方針では、新規事業ひとつに対しては原則既存事業をひとつ廃止が原則ですからほんとうは各部で資料をそろえ議会に提出すべきでしょう。もろもろ初審査にあたり感じていることがありますが審査のなかで精査していきたいと思っています。

 あわせて遅くなりましたが、新年度は私は農水経済委員会(副委員長)に所属となりました。また議会運営委員会の委員にもなりました(一年生議員では私ひとり)議会運営委員になったら特別委員会には所属できないのが残念ですが、議会運営を決める大事な委員会ですのでいい機会、しっかり臨み知識を吸収したいと考えています。

 今日は所管委員会での予算の勉強会が終日あります。

| | コメント (0)

2012年2月21日 (火)

今日から議会

21 昨日は交通局にて路線の相談、ならびに長崎バスとの運賃の格差解消について相談ならびにその理由や考え方、今後の取り組みについて打合せをしてきました。1時間ほどのヒアリングでしたがどうしても納得いかないところが多々あります。今議会で予算総括質疑ができるので項目に挙げて質問してみようと思っています(あわせて医療関係「医師不足対策」についても考えています)

21_2

 午後は公園整備(こしき岩)の件で市役所の担当課の方にも同行頂き現地調査。
連合自治会長他各自治会の役員さんが集まり市議も交えて要望の整理と今後の対応について協議をしました。 私が同行したのは相談を受けた公園が自然公園区域内にあるため県も関わっているからです。
 地元としては今年度県や市により整備予算がつき整備されたのですが、引き続き新年度も継続してほしいとのこと。
財政難の折厳しい見通しですが、なんでも今でこそ閑散としている公園も昔は小学校等の遠足のコースで多くの子ども達が来ていたとのこと。写真を撮りそこないましたが見晴らしも最高にいいところです。
 今後桜を計画的に植えたいとかはたあげ大会をやったらどうか等々、地元の方々が活性化をはかりたいとの思いがありますので、少しづつでもその気持ちに応えられるような行政対応がとれるよう今後働きかけていくことをお約束してきました。

 その後は自民党県連会議室にて夕方遅くまで今議会に上程される議案ならびに新年度予算の勉強会に参加しました。

 いよいよ今日から来月16日まで、長丁場の議会が始まります。びっちり県庁につめることになろうかと思いますので、ご用件等あられる方は事務所の方にご連絡願います(携帯は休み時間の折り返しになろうかと思いますのでメッセージを是非!)。

| | コメント (0)

2012年2月20日 (月)

どっちもどっち

 昨日朝のラジオで日曜討論を聞いていましたが、民主党も自民党もどっちもどっちに聞こえました。特に自民党は避けて通れない重要課題を自分達が先送りしてきたという意識が明らかに不足しています。対する民主党はマニフェスト違反は明らかです。

1、総予算207兆円の全面組み替え、世襲と企業団体献金廃止、衆議院定数80減
2、中学卒業まで一人当たり31万2000円の子ども手当
3、年金制度一元化月額7万円の最低保証、後期高齢者医療制度廃止、医師の数1.5倍4、地方の自主座言を大幅に増やします。農家の個別所保障制度、高速道路の無料化
5、中小企業の法人税化11%に引き下げます

 この際民主党の国民に対する謝罪と「話し合い解散」の合意のもと、自民党他野党も真摯に協議の場に乗るべきです。

 昨日の討論のなかで沖縄のことにかなりの時間が割かれていたので聞きいっていましたが、沖縄の軽減負担を考えるときに、基地を県外に移すか否かの前に日本の国防がどうあるべきかという議論をもっと深くやるべきだし政府としての国防への認識、これからのビジョンを示すべきだと考えていました。私は結論から言えば国防をもっと強化すべきであり自衛隊の増強に賛成の立場です。話が飛躍しますが今若年者の非正規雇用による低所得化、未就職者が増えていますが、健康な方(職業訓練も希望しない人など)は自衛隊に入ってもらえばいいのではないかと思ったりします。もちろん制度の趣旨は理解してですが生活保護をもらっている方もおられますが、国でも問題になっているように「何か仕事をしてもらって」保護費を支給しないと、このままでは納税者の理解が得られない時が必ず来ると思っています。

 脱線気味の話になりましたが、今日は朝から交通局にて打合せ後、地域の要望事項で現地調査、午後半ばからは明日から始まる議会に向け「予算の勉強会」を会派で行います。

| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

また一軒

18 昨日は親戚の結婚式、今日はお葬式と、冠婚葬祭の続いた土日でした。

 地元の商店街でまた一軒店が閉じられました。理由はお聞きしていませんが、震災後に商品の食材が急騰したと言っていたとか…それだけではないのでしょが、地元の方から長年愛され続けてきたお店が閉まるのは残念で残念でなりません。ご夫婦とも組合の役員や婦人部の中心メンバーとして活動して頂いてきただけに、これからどうされるか含めて心配しています。県の新年度予算をみても地域商店街の支援施策もありますが、もっと抜本的な手を打たねば…

 明日は打ち合わせ&要望事項の地元調査(市の担当課にも立ち会いお願いし)と勉強会~夜まで続きます。あさってから議会が始まります。

| | コメント (0)

2012年2月17日 (金)

ポスト争い

Photo 昨日は終日全員協議会の世話人会で各委員会ポストの割り振りの協議が行われました。政治の世界ですからポストはひとつでも多く(もちろんポストをとる~ポストに就くことが最終目標ではなくそのポストについて何をやりたいかが問われるわけですが)求めるのがこの世界の常識。昨日は9つあるポストをわが会派は会派議員数での比例案分5対4を求め、連立会派側は昨年同様7対2を主張。随分もめると思っていましたが座長裁定で6対3で決着しました。今日は副委員長他残りのポスト配分の協議です。昨日のような流れになればこれからの議会活動のうえにおいても昨年度とはまた違った展開になるのでないかと思います。座長の新聞取材での「昨年は数の力で押しまくる印象を与えたことを反省し~」というコメントは評価できます。

 コメントを頂いていましたが長崎市が津波災害にあった際の避難先は現在長崎市が見直しをしている防災計画で具体的には明らかにされると思いますが、もちろん標高の高いところや北部の方に避難することになります。またご指摘の3700戸の床下・床上浸水についてはそれを大きく1面で報じた記事にもある通り既存の防波堤等の設備がない場合であり、津波で防波堤が決壊したという想定ではなく、単純にそのようなインフラ整備がなかったらということですから、この数字自体を大きく記事に取り上げるのは誤解を招くものと感じており、あのような「不安をむやみにあおる」ような見出しはいかがなものかと個人的には思っています。

| | コメント (0)

2012年2月16日 (木)

ご報告

 ご報告があります。

 昨年の改選後の自民党の分裂状態の解消をはかるべく県連の幹事長を中心に水面下で交渉があっていたらしく(らしくというのは関与していないので)昨日からの3日間で新年度の委員会構成等を決めるため、状況が急展開し朝一番で自民党の会議が開かれ私達の会派と4人の会派プラス合流できる議員により新会派を結成することになりました。

 結果は二転三転したようで18人による会派(自由民主党・県民会議)で新年度に臨むことになりました。よって分裂状態は変わらず今後どういう展開になるのかわかりませんが(幹事長に一任しています)会派の人数が増えたのは心強く、気持ちも新たになったところです。夕方は慌ただしく控室の部屋の引っ越しを行ったところです。

 そういうこともあったため、委員会配属等の実質的な話し合いは今日以降になりました。今回、その話し合いの会派代表の世話人に私も先輩議員に交じりならせてもらいました。何事も経験、どんな風に決まっていくのか見届けてみたいと思っています。

 今日議会日程もアップしていますのでご覧になってください。外に出ていないため寒さを直接肌で感じていませんが少し寒さも和らいできたみたいですね。昨日も話してました。嫌なこと、面白くないこともあるだろうが前向きに進んでいこうと。春近しです。

| | コメント (0)

2012年2月15日 (水)

白旗

 昨日の特別委員会は随分と議論をしてきた入札の改善委員長私案の審議が主であったのですが、私達会派の大きな反対理由の「条例化」「最低制限価格の95%」は委員長の方からあっさりと取り下げられました。しかも「委員会全体で決めたことだから業界から一斉に議会が批判を受けてもやむをえませんね?」と念押しされて…何を言っておられるのか?
あわせて昨日感じたのは理事者もしたたか。こちらが望んでもいない1億以下の指名競争入札にも「労務賃金支払い誓約対象工事」とすることを「議会側からの提案」という形に変えて今後は実施することに。委員会では私一人異論を唱えましたが、これでは業界側は「踏んだりけったり」です。今後は決議という形で取りまとめにはいりますが、前述の件は理事者と話をし慎重な実施を求めていきます。

15 今日から3日間、全員協議会が開かれます。新年度の常任・特別委員会の所属決めです。

PS 昨夜は以前ブログにも書きましたが、先輩議員による第2回の「築町食堂呑」理事者の方も交え議会ならびに理事者への臨み方等をご自身の経験交え色々とご指導頂きました。さすがに昨夜は飲む量はセーブしました。お声をかけて頂けることに感謝です。

| | コメント (0)

2012年2月14日 (火)

地域防災計画の見直し提言

1401_2 1403

 昨日は議会運営委員会が午前中開催と思い県庁にでたら午後の開催となっており事務所に戻り一仕事しまた午後より防災計画見直し検討員会に出ました。県議の傍聴は意外に少なく私と松浦市選出の同期の県議のみでした(松浦市は原発の影響大であり総務委員会でも積極的に意見・質疑されています)

 議題は①地震・津波の想定、②原子力災害発生時の避難対策、③地域防災計画の見直し検討の3点でした。
 地震津波は4連動のシュミレーションによる県下全域(27ケ所)の被害想定が報告をされましたが、幸いというか本県は津波の到達に120分以上時間がかかります。それまでに避難がなされれば人命の被害は最小限に留めることができます(もちろん防災教育や日頃の備えは大事です)

1402 原子力災害では今回初めて具体的な避難先や避難経路、災害時の30㌔圏内自治体の行政機能の移転先等も具体的に示され了承を受けました。

 今後は議会への報告がなされ6月に県の防災会議において県下での統一した認識がもたれるものと思います。私が提案している「防災基本条例」も積極的に検討されているとのことで9月議会ぐらいに上程されれば県下の市町に対して指導・助言も財政的支援含めきちんとした裏付けになるものと思われます。

 短期間のなかでよくここまでまとめ上げたものです。委員会のメンバーはじめ担当部局の皆様、お疲れさまでした。お陰で県民の安心安全な暮らしがさらに一歩前に進むことができました。

 今日は終日、県議会・県政改革特別委員会です。議運聞き損ねたのでまだ予算みれてませんが今日にも資料配布されるものと…じっくり精査します。

| | コメント (1)

2012年2月13日 (月)

新年度予算

 新年度の予算審議を行う定例議会がいよいよ始まります。今日は開会前の議会運営委員会(会期日程や提出議案の説明他)と予算特別委員会理事会が行われます。昨年は改選期であり今年度の予算審議に私は関わっていないので今回が初審議となります。どのような「濃さ」で県議会の当初予算審議がなされているのか、事前配布の資料がどれぐらいあるのか、とにかく初経験、楽しみにしています。

 また、水曜日から3日間かけて全員協議会で新年度の委員会構成(常任・特別委員会)を決めます。4年間で4委員会を経験することを念頭に今年はまずは全体を知った方がいいと思い総務委員会に所属しましたが、一年経験して理想的にはあと一年同じ委員会に所属する(予算決算を連動してみる、自身の意見がどう反映されたかを確認する等の理由で)のがいいのではないかと考えたりしていて現在所属希望をどこにするかで悩み中です。連立の会派では所属に加え委員長や副委員長ポストなども決めるのでしょうが、私達はそこらへんは全く関係ないので…私たち1回生はともかく先輩方は正直さびしくもあるでしょう。今年一年の連立の議会運営の在り方のよかった点とそうでない点を自分達なりに整理していずれ巻き返した時の議会運営に活かさせばならないと思います。私は手法と向かう方向は別にして「改革する意思」は評価しています。

 今日は自分の仕事プラスで午前はできれば議運、午後は防災計画見直し検討委員会(ラスト)の傍聴に出れたらと思っています。明日は県政・県議会改革特別委員会、その後は全員協議会なので今週も議会行事でびっちりとなります。ご連絡での携帯でない時は事務所までご連絡願います。

PS 先の経済対策特別委員会で大村市に誘致したSUMCOグループの事業再生計画の説明がありました。昭和60年に操業を開始し現在1300名の雇用があります。これまで県として24億、大村市が9億の補助金を投入しています。今回発表されたのは一部ライン工場の閉鎖による15%の要員施策を実施するとのこと。説明を聞くかぎりでは今後の動向を見守り、今すぐどうこうということではないとのことでしたが(私は恥ずかしながら知らなかったのですが)隣の伊万里にも工場があり、ここは大村市の工場の規模よりはるかに大きいとのことで、私はいづれそちらに統合されないのか心配でありそのことを委員会では意見しています。九州各地でも誘致企業の閉鎖が相次いでいると聞こえるなかで、誘致した工場の存続は今のうちからしっかり当該市と県が連携を密に情報の共有と必要となる行動計画をたてておくということが必要だと思います。

| | コメント (0)

2012年2月12日 (日)

子どもと読書

 子どもにとって読書はとても大事です。

 土曜に市立図書館に寄ったら多くの親子が本を借りにきていました。いいことだと思うのですが子ども達には学校の図書館もあるわけで、そこの図書の貸し出しの状況、図書の整備状況はどうなっているのでしょうか?

 長崎市はモデル校として学校の図書館に司書の資格をもった職員を配置しています。司書がつくことで学校図書の活用(学び学習等)は格段に変わると言われています。全校に配置することは予算的に無理でしょうがまずはどのような効果が表れるか、その結果を待ちたいと思っています。また、図書そのものの整備は、本来国の交付金の算定基準内訳には自治体毎に図書整備費も一定計上されているのですが、財政厳しき自治体がその算定数値のはるか少ない額でしか図書整備をしていないことが以前全国的に問題となりました。

 当時、その報道を知り私が長崎市に確認したおりは、長崎市は算定数値と同じぐらいの金額をきちんと図書費に充てていました。

 が、その当時から気になっていた私立の小中学はどうかと今回、県の担当部署に確認したところ、私立については国も県も(もちろん市も)予算措置がないとのこと。つまり私立へ学校への運営費のなかで各学校が独自に整備するしかないとのこと。なぜなら私学なので本=個人財産になるので、個人財産になるようなものについては助成できないということらしいです。

 おかしいと思いませんか?説明を聞いてもしっくりしません。そのせいなのか、私が知るいくつかの学校の図書室は公立と比べ明らかに数が少ないような気がします。22年度に国の基金で各学校に500冊づつ整備はした実績はあるそうですが、それっきりです。

 公立があるのに私学に行くのは個人の選択だからという声が聞こえてきそうですが…なんとかならないものかと思っているところで、近いうちにこのことを含めて私学振興については関係者と協議せねば思っているところです。

 現場の方との意見交換が明らかに不足気味。議会明けはいよいよ2年目、踏ん張りどころです。

 皆さん、充実した週末過ごされましたか?

| | コメント (0)

2012年2月11日 (土)

通年議会

 久しぶりにゆったりした週末を迎えています。

 今日は朝から虹が丘連合自治会のレクレーションスポーツ大会に。私は練習していないため毎年ソフトバレーの審判役。午後は相談事を一件受け夜は科学館に子供を連れて天体観測に。結構人が多かったです。

 週末に行われた県政・県議会改革特別委員会では「通年議会」で大もめ。委員長含め現在過半数を占める会派は現在の年4回の定例議会を通年1回に賛成しています。通年にすることでメリットが大きいと主張しますが、年中議会に拘束される(概略のスケジュールを事前にだすと言っていますが、いつ何時でも議会や委員会の招集をかけることがありえるわけでやはり拘束状態です)ことは、日常の議員活動や行事・会合への出席ができなくなり大きな問題だと私達は認識し反対しています。議論中に、委員長から(私達が議会改革に消極的であり)「このような議論を皆にみせたい」ということで急遽今月25、26日に長崎市と佐世保市で「公開討論会」を行うことになりました。議会事務局も想定外の展開に大慌てしたことだと思いますが、公開であろうがあるまいが自分たちの意見をしっかり意見していくだけです。県庁で審議・議論するばかりが議員の役割ではありません。そもそも通年議会というのは、県民の皆さんにはわかりづらい内容だと思います。参加される県民の方からどういう声が届くのか、いきなりの展開でしたが丁寧に臨みたいと思っています。詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。

 昨夜は銅座の夜警にも参加。少々風邪気味です。週末ゆっくり過ごし体調万全で週明けを迎えたいものです。

| | コメント (0)

2012年2月10日 (金)

大切なメッセージ

 ここのところ語り部の方のご逝去の報が続いています。

 自らの被爆体験を子ども達ら多くの方に伝えていく語り部の方々は、ご自身のつらい思いや悲しみを抱えながらも、これからの世の中が平和であること、ただそれだけを願って活動してこられました。その方々も高齢になられご逝去されていき、いずれ戦争体験をされた方がいなくなってしまうわけです。長崎市も語り部の継承・育成に力をいれて取り組んでいますが、やはり原体験をされた方から直接聞く話と間接的に聞く話では同じ内容でもその重さ、訴える力は全然違います。

 今なすべきことは一人でも多くの方に語り部の方の話を聞く機会を持ってもらうこと、また語り部でなくても戦争を経験した人でこれまであえて体験をお話になられていない方も大勢おられます。思い出したくない、自分の胸のうちだけにしまっておきたい、理由は様々かもしれませんが、もしかしたらその人達も今になって誰かに自分の体験や思いを伝えたいと思っておられる方もおられるのではないかと思います。その話の内容はきっとその方の戦争体験に留まらず、私達、これから生きていく者たちへの大切なメッセージになるものだと思います。そのような方々のお話を集めるような取り組みも必要だと思います。

 ご逝去されました語り部の方々のご苦労に感謝し、その方々のご意思が生かされるような平和な世の中にしていかねばならないと訃報に接しながら思い新たにしているところです。

 今日は終日特別委員会に出席します。

| | コメント (0)

2012年2月 9日 (木)

暴れん坊将軍

09 昨夜は久しぶりに家にいたので子どもと一緒に「なんとかヒストリー」とかいう日本の歴史をわかりやすく伝える番組を見ました。

 昨日スポットを当てた人物は江戸時代の第8代将軍の徳川吉宗。「享保の改革」で財政再建を行ったと子供のころ歴史の授業で習ったのを思い出しましたが、改めて吉宗が行ってきた数々の改革を学ぶと、まさに今の政治に求められる改革の断行、リーダーシップの大事さを再認識させられました。まさに「暴れん坊将軍」と言わしめられたトップとしての器量が窺われます。目安箱や町火消の制度などは画期的で今に十分通じるものです。エンターテイメント性が求められるのがテレビですから脚色も少しはあるのかもしれませんが、一番おもしろかったのは当時の大奥改革のところ。

 当時は大奥(1000人ぐらいの人員。その8割が下女で将軍と接見できるのは残りの2割、それもピラミット構造になっておりトップは正室と側室)は贅沢のかぎりをつくしていたのですが、ここだけはどの将軍も手をつけれなかったそうです。そこで吉宗が行ったことは、まずは何も理由を言わずに「25歳以下(当時は25歳以上はお年寄グループにみられていたそうです)で綺麗どころを50人集めよ」と命令を下したそうです。理由を言っていなかったので暴れん坊将軍のこと、側室選びと周囲は思って50人が人選されたそうですが、さてその50人が集められた時に吉宗が告げた言葉は…

「今日をかぎりに皆を解雇する」だったそうです。そしてその理由は「皆は綺麗だから大奥から離れても嫁のもらい手があるだろう。第2の人生を歩まれよ」と言ったとか。

 この50人には200人ほどの下女もついており、結果大幅なリストラを行い、経費も1/3縮減したそうです(但し同時に大奥トップの正室に反対されないために正室個人には年間の報酬も新たに支給するという懐柔策もしっかりうっています)

 私はこのエピソードは知りませんでしたが大した将軍だと改めて知ったところです。

 平成の暴れん坊将軍が待ち望まれます。参考までに享保の改革は↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AB%E4%BF%9D%E3%81%AE%E6%94%B9%E9%9D%A9

| | コメント (0)

2012年2月 8日 (水)

中小企業振興

 昨日は経済雇用・災害対策特別委員会のとりまとめに向けた最終の委員会が行われました。中小企業振興についてはこれまでの様々な施策がうたれていますが、今後の行政としての「立ち位置」「支援の継続性」を明確にするため「中小企業振興条例の制定」を現在市で制定の動きがある大村市の中小企業の関係者等とも意見交換を行い調査・検討してきましたが、現時点では条例そのものが目標ではないということもあり、「経済は生き物」であることから現支援策の充実とニーズに応じた新規施策や事業を積極的に行う方が先との認識でまとめました。種々の委員会としての提言は近いうちにとりまとめをします。委員会の議論を通じ既に新年度予算等に組み込まれたものもあるとのこと。議会前に新年度予算案が公表される頃にお伝えいたします。

 ランタンはすぐに発表があるとは思いませんでしたが、77万、予想値ぐらいでした。今年は旧正月が1月ということが人の流れを低調にさせた大きな要因(正月明けの同じ月に旅行に出ることを渋る)と市長も挨拶等で言われていますが、確かにそれもあるでしょうが、旅行エージェントへの働きかけ不足や市民のランタンを見にくる足が明らかに落ちてきていることも要因のひとつでないかと感じており今後の課題だと思います。新地が旧正月を祝う行事に行政が乗っかってここまで大きくしたイベントであり多くのボランティアの方の支援で運営されているこの一大冬のイベントを今後もさらに大きく継続していくためには、原点である部分をしっかり残しつつ新たな仕掛けが必要だと思います。今後種々の集まりの場で皆さんの意見を聞かせて何がしかの提案ができればと思っています。

 雪が降るとの予報、皆さんお気をつけください。

| | コメント (0)

2012年2月 6日 (月)

最近ブログ内容薄く

 すみません。

 今日は朝9時半から百条委員会、終わったのは20時でした。

 ランタンも今日で終わりました。関係者の皆さんお疲れ様でした。感じたことを明日かあさってにも書ければと思っていますが、前年が85万人でしたが今年は…マイ予想では78万人あたりでは?天候だけでなく原因ありそうです。

 明日は経済雇用・災害対策特別委員会です。

| | コメント (3)

2012年2月 5日 (日)

いつものメンバー

05 今日は終日まそ行列の手伝いにでした。幹部は9時集合ですが私は10時でいいということでぎりぎりにでたら周りはいつものメンバーの顔ばかり。毎年の担当の輸送班の業務でもあり一日リラックスして仕事してきました。

 今日はしかしあいにくの雨。雨のなかでの行列は10年ぶりぐらいとのこと。皆寒いなか頑張りました。お疲れ様でした。

0502

 打ち上げは120名参加。市長も来られたので早速今日のメンバーの方から提案を受けた「ランタンは新地の旧正月を祝う行事だが、市の観光イベントでもある。中国と縁深い長崎が旧正月を市内全域で祝うということにすれば住吉とか東長崎とか地域への分散化も可能ではないか」ということを伝えました。市長は慎重な姿勢でしたが、例えば住吉の北消防署後の公園でオブジェを設置しランタンを灯し、商店街の方でイベントや出店を行ったら結構盛り上がると思うんですが…どう思われますか?私は「あり」だと思います。

 現在、22時。やっと家に帰ってきました。速効で寝て、明日また終日、百条委員会に臨みます。

| | コメント (1)

2012年2月 4日 (土)

来週大きな山場を

 所属している県政改革特別委員会、いよいよ来週10日に大きな山場を迎えます。

 ○ 通年議会
 ○ 議会基本条例
 ○ 入札制度等県の発注方式の改善に関する条例
 ○ 費用弁償改正案

 上記について、委員長試案に対してそれぞれの会派で賛否を含む意見をまとめてくるようになっていますが、どれも会派間でかなり意見が分かれそうです。

 今日はそれで議員間で勉強会、午後からは私学関係の相談と当ブログにも先般から書き込んでいる学童クラブを訪ねて行ってみました。土曜日なんで児童の数は少なかったですが子供たちがノビノビと遊んでいました。なんでも今日も入会希望者が来られたそうで、このままいくと80人を超えるとのこと。なんとかしてあげたいです。その後は事務所にて相談メール等に対応。明日は終日媽祖行列の手伝いにでる予定しています。

| | コメント (0)

2012年2月 3日 (金)

政策活動としてはいい流れが

 今週は自身の政策活動としてはいい流れでした。

 ひとつはコンベンション施設に関わることで、検討委員会が長崎駅西側が最適地と決めたこと。ここは私も個人的にベストな場所だと考えていました。覚えてられるでしょうか、この場所は以前長崎県が市民病院と原爆病院の統合を提案した際の場所でもあります。新聞記事の写真には市長の隣に知事がしっかり映っていますので県と市の連携のもとこれからの計画策定~JRとの交渉にはいることになるのでしょう。JRは必ずOKすると確信しています。

 もうひとつは今日長崎市が知事に要望した「矢上大橋の無料化」です。これについても今日の知事のコメントは「無料化に向けた関係議案と予算案を2月議会に上程する。議会のご協力をお願いしたい」というもの。長崎市にとっては長年の懸案課題のひとつがついに解決しました。しかし長崎市が応分の未償還金の負担をするということですが、大橋の受益者は諫早市はじめ南高来の市町全てに及ぶので例えば各市町に一律でもいいので1000万づつでも負担してもらうべきだと思っています。それぐらいの金額は各議会も了承できるはず、金額は少しでも受益者負担してもらうことが大切です。

 知事、次は東長崎地区の重点要望は県営バスの運賃値下げです。これも前向きな検討よろしくお願いします。私個人としては県立図書館の新県庁舎との合築も長崎市内における建設予定地の選択枝のひとつとして視野にいれてもらいたく活動したいと考えています。


 昨日の県政報告で始まるまで会場外に出ていたせいか、こころなしか今日は一日ゾクゾクしています。早めに薬飲んでいますが、明日も終日仕事、あさっても終日ランタン手伝いなので風邪をひくわけにはいきません。インフルエンザも流行しています。皆さんもお気をつけて週末をお過ごしください。

| | コメント (0)

2012年2月 2日 (木)

感謝にたえません

 今日は朝の雪で中止も真剣に検討しましたが、予定通り県政報告会を行ったところ、悪天候にかかわらず多くの方にご参加頂きました。

 ただただ感謝です。今年も頑張ります!

| | コメント (2)

2012年2月 1日 (水)

視察は議会と行政の両方で

 現状は視察は議員側で調査項目を決めますが、案件毎で担当理事者が同行します。先進事例は議会だけでなく行政側にも認識してもらい本県の県政に活かせないか検討しないと議員ばかりが視察してきて「それと同じようにやれ」と言っても「はい、わかりました」とはなりません。ですから私は視察は議会と行政の両方で行うものだと認識しています。

 昨日の最初のコメントは少し皮肉も入っていたのですね。移動途中で読んだものですから、よく理解せずコメントをアップしてしまいました。ご意見の通り議員(委員会)自らがまとめるべきだと思います。

 また今回の視察先、視察項目は正副委員長に一任で決めています。希望があればとのことで希望はしたのですがもう決まった後でした。市議の時と同様これからは遠慮せずにおこうと思っています。

 さて昨日私は一日遅れで委員会の視察に合流したのですが、松山市で「坂の上の雲まちづくり構想」について調査。坂の上の雲は改めて述べるまでもありませんが、松山市ではそれを観光に活かすということだけでなく、10年かけてでまちづくり構想として取り組んでいます。詳しい資料は後刻アップしますが、市民参加によるまちづくりが最終の目標となっており、長崎市と似たような施策・事業であり、これまた長崎市と同様にこれから次のステップに進む方向性を模索中であるようでした。私は観光のキーワードは物語性(歴史)だと思いますがそれをまちづくりに反映させるというのは非常にむずかしいものがあるとい思います。本日も引き続き調査になっていますのでもう少し詳細に勉強してきます。

 さらに昨日は愛媛県で「防災計画の見直しについて」調査をしてきました。愛媛県は原発立地県でもあり、震災以前より四国電力と安全協定を結んでいます。現在、本県は隣接県として九州電力に同協定の締結を要望していますので大変参考になりました。ちなみに愛媛県では原発事故を想定した訓練を今月に予定しており、昨年の11月の本県での訓練を視察し参考にさせてもらったということでした。

 今日は午前中調査~午後から帰路に着きます。長崎の天候はどうなんでしょう?明日がやはり心配です。

PS 昨日長崎~伊丹~松山と移動したのですが、伊丹空港で松山行きのプロペラ機に搭乗し、いざプロペラが回り始めたところ「ブチッ」という音が聞こえたと同時にプロペラが止まりました。電気系統のトラブルとのことで一旦降機させられ滑走路上でバスの車内で待機、40分ぐらいして「整備が終了しましたから」と機を換えることもなく再度同じ機に搭乗してのフライトでした。飛行中のトラブル発生でなくよかったのですが、短時間の整備で乗せられるのもなんだか心配でした。珍しい経験をしました。

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »