« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

もとい

失礼しました。PSの委員会は県議会4常任委員会全て行われるそうです。

だとしたらなおさら日程決めに??

ある常任委員長は同じ理由で反対したそうですが…地域活動をどう位置づけするかということです。

さきほど(31日、午後4時)安倍元総理の街頭演説を聞きに行ってきました。

| | コメント (3)

お疲れ様でした

 130人の県職員の方々が昨日退職されました。長年勤めあげて昨日を迎える気持ち、県政に対する思い、万感の思いがあられたと思います。引き継ぐ私たちが希望のもてる県政運営にこれからもしっかり臨んでいきます。長い間ご苦労様でした。聞いた話では「退職したからといって、感謝の気持ちをもって奥さん(旦那さん)を連れて海外旅行など行かぬようにと代々先輩達が言っていた。なぜなら夫婦喧嘩してもバラバラには帰ってこれないから」だそうです。笑い話ですが、そんなことはないと思うので是非この際ご夫婦でしばしゆっくりされまた新たな人生を歩まれ後進の指導方もよろしお願いいたします。

ところで上海航路を成功させねばと先日「促進協議会」が設立されました。私は百条委員会が同日あっていたため出席できませんでしたが、同僚議員の多くが参加したみたいです
 
。成功を願い力をあわせて!…ですが、ひとつだけ。

 
 翌日に、夏までは現在の週2回の運航が週1回になることが発表されました。協議会に参加していた方から「その件は前日にはもちろんわかっていたはずで、皆で頑張ろうという会なのにその場で報告すべきでないか」というご意見を頂きました。その通りだと思います。私もこれまで厳しいことを(議員という立場で当たり前のことを)意見してきていますが、心から成功してほしいと願っている一人です。そのような方が大勢いてサポートしていくのです。ならばよくない情報であっても皆で共有するということはなによりも大事なことだと思います。会議で報告すれば水を差す形になると判断したのかもしれませんが、後日報道で知ればそれ以上に後味悪い気持ちになるのは明らかなこと。今後このようなことがなきようお願いしたいものです。

 8日はVファーレンの試合に1万人集めるため声をかけあっています。目立つようなことばかりでなく、地味な活動、またもちろん景気をよくすること含め長崎の課題は山積しますが、力をあわせることで乗り切る、成功させるしかないわけですから、ともに頑張りましょう。

PS 通年議会、早速、農林水産委員会が9日の日に集中審議をすると連絡が。副委員長の私も日時も審査内容も委員長からは聞かされず…その日は中学校と高校の入学式の日です。もちろん私たちにも案内がきています。地域活動はいいからってことなんでしょうか?全会一致での実施に至っていない点含めて開催の手続きはもっと丁寧に行うべきです。こういうことを1期生から言われるようでは…先が思いやられます。

| | コメント (2)

2012年3月29日 (木)

触発

 昨日は年度末の選管にだす収支報告を。これがまた大変で、日頃から事務所のスタッフがこまめに管理してくれているのでなんとかできていますが一人では到底無理。スタッフに感謝です。

 昨夜は月末に東京に戻る職員の方との以前からの約束であった「若手職員」との飲み方でした。若手といっても歳はそう離れていない職員さんだと思っていたら、なんと1~3年生のほんとに若い職員ばかり。戸惑いましたが、話が進むにつれ、しっかりした考え、県政に対する熱い思い、公務員としての責任感、どれも自分が彼らと同じ歳の頃を考えたらここまでの大人であったろうかと思わされ触発を受けました。頼もしい思いとあわせて、彼らを育てるのも我々の仕事だと、ともにしっかり歩まねばです。

 年度末で皆さんバタバタされているのではないでしょうか?移動の際のお車等気をつけられて~私も色々なご相談事の対応、同時進行中です。新たな年度もスタートダッシュかけましょう。

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

公会堂に代わる施設

 田上市長が公会堂のあり方検討委員会の「公会堂に代わる新しい文化施設が必要」という報告書の提出を受け「中小規模の専門ホールを持つ施設をどこかに建設する」と発言をしています。
 
 前向きに受け取ればこれは「現在の公会堂は残さない」という発言であり一歩前進とも受け止められますが、率直に思うのは(新聞記事の報道でしか知りえてませんが)報告書を受け取ったその場で前述のようなコメントをするのであれば「建設前提」であり、そもそも検討委員会で議論させるような内容であったのか甚だ疑問を感じます。 
 
 私自身市議の時より、「本市には2000人クラスのブリック、同程度の公会堂の二つの施設の他はキャパ800の市民会館文化ホール(ホールとしてはけっして合格点ではない)、450のチトセピアしかない」「中規模ならびに100~200のキャパのホールが必要」と関係団体の要望等も聞くなかで意見・質問していますし、当時よりその必要性は担当部局も十分認識していると聞いてきました。 
 
 この件ばかりでなく、とにかく検討委員会が多すぎます。もっとトップならびに担当部局で判断していいと思います。市長の「皆の意見をよく聞いて」はわからないでもないですが、トップダウンの手法がなければ施策・事業のスピード化もはかれず、かつ組織も引きしまりません。
 またこの件に関しては市役所の建て替えも検討しているなか、部分的に先行し、しかも財源の話もなく(市役所の建設費を浮かせてなどと考えているのか)、場所を「どこかに」などというしまりのない内容では新聞記事を読んでも心躍りません。

 「まわりの意見をよく聞くやさしい、親近感のある市長」からそろそろチェンジしてほしいと願っているのは私だけではないと思いますが…今後の期待を込めて今日は少し辛口でした。

PS 大阪維新の会市議の改ざん資料による質疑、自身の作成ではないとはいえ問題ありでしょう?なにか昔のにせメール事件を思いおこしました。

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

第15回百条委員会

 昨日は朝一で市役所に寄り、9時半から百条委員会でした。終わったのは19時。

 昨日は諫干入植の頃と同時期の補助案件でほぼ補助金の認定確実と思われていた案件が知事の「天の声」で不認定になったこと、その補助先が「TGFが諫干に入植するので支援してくれ」というお願いを断ったのに対し当時の知事が怒ってひっくり返したという内容に審議を当時の関係職員、補助先の代表を証人、参考人として質疑・尋問が行われました。

 代表は行政側を通してTGFをよろしくという依頼はなかった、但し他の関係者からそのような依頼がありできない旨断った、補助の事務手続きについては知事にあげるまでは認定の方向で報告をしたがその際に「(この補助金は知事特任という知事肝いり別格の補助)であり既に一度補助を受けているところに再度補助をだすことは制度の趣旨からしておかしいのではないか」という知事の指摘に対し、担当部が再度検討し不認定としたということが明らかになりました。昨日の質疑ではその事実経過や当時の対応が詳細に問われたわけですが、私から言わせると行政は三度度過ちを犯しています。

 
 それは知事が言うように「2度はだめ」というのであれば最初から応募の際に規定しとくべきであったろうということ(これはこの制度の発案が知事であったことから認識の差が知事と担当部の間にあったものと思われます)まさしく当時の部長が昨日「事務方のミスリードをおおいに反省している」とあっております。あわせて同時申請していた別の補助案件を認定にすべく見直しをさせていたため、それより早くに条件がそろった当案件の処理を先にすませず待っていたこと、そしてそのことが昨日明らかになった、知事が指摘をした当日に(審査をした審査会等への相談もなく)短時間で庁内の関係者で協議を行い、その日のうちに認定を不認定と「県として判断」をしてしまったことにつながっています。もっと慎重な検討が必要であったはずです。

 私は上記のように判断しましたが、議員個々人のとらえ方は様々、まだまだ真相究明が必要ということで次回持ち越しとなりました。百条委員会は6月まで続く予定です。

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

4月8日は1万人!

 まだ先の話ですが、4月8日(日)かきどまり競技場でVファーレンの試合があります。現在3位とスタートダッシュは快心の2戦連勝。

 

 昇格のためには優勝することとあわせて、1試合平均3000人の観客動員が課せられています。これがかなり高いハードルになりそうで、島原や佐世保でのゲームもありますがとにかく長崎で稼ごうというもの。1万人来てくだされば3試合分。協賛するスポンサーさん達を中心に今確実に行ける人を呼び掛け中だとか。私もその日は是非!皆さんもどうかこの日だけでも見にきてください。一度見ると愛着も面白さも感じること保証しますので

 よろしくお願いします

PS  昨日の気になる記事(本市の企業誘致企業の雇用体系みると気になるではすまない問題になるかと。勉強してみます)
     ↓
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120324-00000302-agora-pol

| | コメント (3)

2012年3月24日 (土)

一年ぶりに

 今日は一年ぶりに知り合いのドクターのお宅にご招待してもらっています。夕刻からですが、ちょうど一年前もお訪ねし地域医療の現況等について色々とお話を聞けたところで大変参考になったのを記憶しています。お伺いするのが楽しみです。

 今日は晴れましたね。午後からは冨岡第一選挙区支部長の街宣活動に同行します。定期的にやっている街宣活動で私も日程があえばご一緒させてもらってますが、いつも違和感感じているのは、でっかい党の車の上から街頭をうっていることです。私は選挙時ですら抵抗感ありますが、人に訴える時は同じ目の高さで、それこそビールケースにのっかってぐらいで街頭はうつべきだと思うのですが…何度か本人にも話しましたが…KY?

 

| | コメント (7)

2012年3月23日 (金)

慌ただしい時期です

 年度末で慌ただしい時期で、県庁に行くと理事者の方々が異動が発表されていますので次々に挨拶に来られます。確か長崎市役所は今日かと…それぞれの部署では引き継ぎもあり、この時期色々な相談事でお尋ねしてもなかなか対応が難しそうです。なので月末までは自分にできるところでの仕事や行事の出席を優先したいと思っているところです。

 今日は午前中事務所にて相談事への対応と県政報告づくり、午後は理事を務めている特養の評議員会、ならびに理事会に出席します。

 夜は久しぶりの休肝日に。明日は午後から第一選挙区支部での街宣活動。街中から北部を予定してるみたいなので見かけた方はお声をかけてください。

 皆さん、よい週末をお過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

素朴な疑問

 今、私の周囲では「県議会どうなってるんだ、しっかりなさい」というお叱りとあわせて、「なんで?おかしいんじゃない?」という声が多く届いています。

 
 前段はこれまでもブログに書いていますが、後段は…そう、先日設計企業体が決まった「新県庁舎建設」です。一次審査で絞り込み二次審査を公開プレゼンで行って決定した過程には異論ありませんが、基本構想では「16~18階」となっている庁舎が、決定した企業団が提案した案は6階建て。基本構想の但し書きに「目指す目的に合致すればこの限りではない」と記しているそうですが、あまりにも違いすぎます。ましてや、他のプランは全て基本構想の通りの階数で提案されています。

 

 但し書きを認めるのであれば、あえて階数を示すことはなかったのではないかと思います。まずは一次審査でなぜ認めたのか?あたりから…かなりの議論になること必至では。通年議会のスタートはこの件での集中審議から??

| | コメント (6)

2012年3月21日 (水)

内示

 先週末、県職員の内示がでています。市と違い離島含めた県下での異動や東京からキャリアが出向で来るケースに帰るケース、はたまた東京事務所や警察等で本庁職員が東京に行くケースなど様々です。家庭を持たれた方には子供の教育事由で単身赴任という方も結構おられるみたいで大変そうです。
 また、まだ一年しか県議として働いてませんがキャリアの方々からも多くのことを学ばせて頂きました。テレビ等で伝わる官僚のイメージは本県に出向で来られた方には微塵も感じさせません(若いからでしょうか?職責が上がれば変わるのか?そもそもの官僚の人事システムを変えねば変わらないと常々思っています)地方のことを知った方が偉くなって省庁で中核の立場になってくれたら国の施策ももっとよくなるだろうにと思っています。本庁でもさらに国民のために頑張ってくださることを期待しています。お世話になりました。

 今日は終日相談事で外廻りです(久しぶりです)お昼はエミネント葉山自治会の子供会の送別会、夜は青年協会の卒業式にも出ます。

 やっと暖かくなってきました。春ですね。世間では4月が年度変わり、期待や決意に胸ふくらませ…前向き思考で頑張りましょう!

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

禁煙条例

 以前ブログに書きましたが、神奈川に続いて兵庫県でも、いわゆる「禁煙条例」が今議会で成立しています。全国的な流れになりそうですね。吸う権利やたばこの税収、葉たばこ耕作者、飲食店他での営業への影響等々むずかしい問題抱えているので、これもまた時間をかえた議論が必要でしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120319-00000086-san-pol

 今日の長崎新聞では知事が「通年議会は評価する」と。驚きです。どういうニュアンスの定例会見だったのか知りませんが、僕らは行政の事務執行まで考慮し拙速な導入は避けるべきと主張してきたのに「運用で配慮してくれれば」とは。今までの特別委員会での理事者の答弁はなんだったのかという思いもしています。


 今日は朝から子供達と市立図書館に行ったら休館日。で、その後はブリックホールにお誘い受けていた93歳の教育学者(太田尭さん)の記録映画を見に歩いて移動。映画の間子供はどうしょうかと思っていたところ託児もありで心配なしでした(映画の内容は後日に)その後は25日まで開催のグリーンキャンペーンに寄り帰路に。そしてとどめは近くの公園で野球&サッカー。疲れました。

| | コメント (1)

2012年3月19日 (月)

夢に向かって

 昨夕は昨年の選挙前にご紹介頂いた少年野球塾の卒塾式にださせて頂きました。卒塾するのは小中学生あわせて12名。この野球塾は元プロ野球選手(現役時代にゴールデングラブ賞3度受賞)が10年前から始められたものですが、他と違う特徴は対外試合を行わないこと、いわゆる「野球教室」そのものです。また保護者の話を聞くと、よそはレベルの高い子にあわせて練習が行われていくが、この塾は子どものレベルにあわせて練習を行う、お父さん達も球拾い含め練習に参加する、もちろん挨拶等の礼儀は厳しく指導するというものです。

 卒塾する子どもの保護者の方からはそれぞれに子どもの成長を喜ぶ感謝の言葉が述べられていました。そして子ども達からも監督やコーチ、お父さんお母さんに対する感謝と塾で学んだこと、これからの夢を一人一人が語っていました。

 子ども達の夢は聞いていて気持ちのよいものでした。夢に向かってこれからもがんばってほしいと思うのと同時に、震災にあった子ども達も含め子どもが将来に対し大きな夢を持てるような、そしてその夢を実現させてあげれるような環境、世の中をつくっていかねばと思いました。

 私達大人にできること、それは子ども達が学び育つよき環境を整えること、子ども達の見本として一人一人が責任ある行動をとり確かな社会を引き継いでいくことだと思います。

 「子どもが世の中の一番の財産」最近子ども関係の取り組みも薄くなっています。新年度は初心にかえり!

 今日は小学校の卒業式に出て県庁にて仕事です。

| | コメント (2)

2012年3月18日 (日)

よりよいものにすること

 改革とはよりよいものにすること。

 通年議会、決まった以上やってみてダメだったら戻せいい、と討論会にでられた多くの県民の方がおっしゃってました。

 ダメだったら戻せばいいというものではないと思っていたから拙速な導入は避けるべきと反対していましたが、ほんとおかげさまで新聞や報道に名前や顔をでるなか、「改革に反対する守旧派」のイメージがついたのかもですね。この際そういうイメージつくなら報酬減額にも反対すべきでした。議会の減額後、知事等特別職も減額を決めましたが、理由のひとつは「議会が全会一致で決めたから」だったそうです。やはり影響大でした。

 

 がれき処理も動きがでてきましたね。独自のテスト焼却と情報の徹底した公開を条件に本県も前に進んでほしいのですが…広島市は受け入れに積極的な姿勢表明したのも考えさせられました。長崎市議会は民主系の会派から提案が全会一致に至らず議会での決議は難しいとの報道があっていましたが、県議会では民主系は慎重な姿勢でストップをかけた方。よくわかりません。

 

 とにもかくにも通年議会でどう変わるか、全国初を経験するのもなかなか得難い経験です。ここからが真価(進化)を問われます。

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

暗たんたる気持ち

 今日の長崎新聞の「県議会を振り返って」の記事にタイトルの言葉が…ほんと外部の方からみてそう思われるのは無理ありません。今議会、当初予算の審議の場、長い議会を終えて、普通なら「長かったがしっかり議論できた、問題点指摘でき課題もみえた。よし新年度もがんばるぞ」というような疲れのなかにも充実感を感じるところなのでしょうが、今議会終えての率直な感想は肝心の予算については「やはり県政、多岐にわたりきめ細かな予算が組めている」と感心させられる一方で、「やっと終わった。長かった、疲れた、うんざりした」が残念かつ申し訳ないながらの率直な感想です。

 それぐらい今の県議会は異常なまでに連立会派とわれわれ自民党+公明党で全てにおいて対立しています。これが県政推進に寄与するような前向きな対立~政策形成につながっていればそれはそれでよいことなのですが、まさしく政争です。昨日書いた「数の力でねじふせる」みたいなことも正しいことであればそれでも結構。しかしそうでないのではないかということやもっと時間をかけて議論すべこことも多々あるような気がするのですが。

 かなりぼやきモードになっていますが、両方の側にこのままじゃいけないということ思っている同僚議員が沢山いるはずです。
 うちの方の反省と認識しなければいけないことは確かに指摘受ける通り「現状肯定、改革にそう前向きでない」のは認めざるをえません。しかしうちのよさは「行政とともに県政推進に取り組みたい。話し合うなかでよき道を行政も納得のうえで探っていきたい」という姿勢は私はその考え方に賛同しますし大切だと思います。それが「なれあい」、「追認」になってはいけないのはもちろんのことです。
 
 要は改革は大事、しかしそこのことは望むべくは全議員が共通の認識のもと&行政側にもしっかり理解を求め取り組んでいくことだと思われ、今問題なのは改革に向かう手法なんだろうと思います。「強行突破せねば改革は成し遂げれない」という気持ちからこの一年臨んだものかもしれません。不満はありますがそれはそれで成果がでたとするならば、これからはじっくりその成果を示す、検証していくのが次のステージです。

 議会外では6名の自民党所属の方が離党されました。今日は常任総務会でその扱いについても協議されますが、皆選挙に臨んだ気持ちは同じはず。これから皆で同じ方向に時には喧々諤々やりあうことがあっても、力をあわせるところでは力をあわせて県民の負託にしっかり応える活動していかねばです。まえてつ、春を迎えるにあたり気持ち新たに取り組みます。

| | コメント (4)

2012年3月16日 (金)

申し訳ありませんでした

 ほんとここ数日バタバタでブログを書く時間がありませんでした。申し訳ありません。

 
 今日で議会が終わりました。

 

 が、今議会は本来の議会の審議より「場外戦」がとにかくはばしく大変でした。今の県議会の在り様にはすごい不安やこのままじゃいけないという気持ちを強くしています。詳しくは明日以降に。

 

 新年度から通年議会が始まります。反対討論をしましたが賛成多数で可決。枠だけはめても意味ないんですがね…今の議会は「改革、改革」と多数派が数の力で議決をねじふせています。絶対よくないです。どこかでほころびがでるでしょう。ほんと、この一年で色々と経験させてもらいました。変えんば、県議会!です。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

議員報酬減額

 昨日の県政・県議会改革特別委員会で通年議会は採決の結果、可否同数~委員長裁定で可決されました。共産党の賛成により最終日16日の本会議においても可決成立することが確定しました。これまで懸念含め慎重な姿勢をとってきましたが、決まった以上はそれに従って対応するしかありません。今日の新聞には「全国都道府県初」という見出しが躍っていましたが、通年議会のメリットが十分活かされるような議会活動にしていかねばなりません。理事者も大変でしょうが、ここは気持ち入れ替え、議会側と調整~確認が必要な点を早急に洗い出し本格実施前に混乱なきよう万全の準備をされてください。

 

 さて、昨日は通年議会の公開討論会のなかで参加された県民の方から寄せられた「県議は高給である分、しっかり働け、改革には前向きに臨め」というご指摘を受けて、議会の改革本気度、自ら身を削る努力を示すためにも「年100万の報酬減額」が提案されました。その場で賛成意見がだされましたが、各会派に持ち帰り、但し明日の議会運営委員会にははかりたいので今日急遽開催の同特別委員会の時までの結論を持ち寄るようにとのことになりました。

 
 
 自ら提案していないということ含め反対する理由は持ち合わせていませんが、なにぶん何事も急な提案ばかりです。連立会派側は事前に相談されてきているみたいですが、私たちはいつもその日に提案を受け「なぜいつも改革に前向きな姿勢を示せないのか」のような委員会の展開には毎回戸惑いを隠せません。昼休みに会派で議論しますが、提案を受け入れる形で結論づけられるでしょうが、物事の決め方としてはいかがなものかと思います。昨日の質疑では「ならば政務調査費、議員の海外視察の全面視察の凍結も検討すべきではないか?」と意見しましたが(本来はそちらが先か同時かだと思います)「それは今後検討する」という話でした。

 
 わが家の家計は議員報酬だけでは必要な支出に私の月間の必要な経費(冠婚葬祭や交際費等)差し引くと10万をきる金額になります(事務所経費は別)これで食費、生活費、雑費、医療費等、共働きでなんとかやりくりしている現状です。これに選挙のおりの借金、次への蓄え…もちろん私だけでなく皆さん厳しいのはわかっていますので頑張るしかありません。

 
 今議会の初めにでも代表者会議等で提案していてくれたら、私たちも自発的にそうですねとなったのでしょうが、思いつかなかった(思いついても口にだせなかった)ことは猛省せねばでしょう。今議会は反省ばかりです。

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

通年議会採決へ

  昨夜も大村市において通年議会の公開討論会が行われました。多くの方に会場にお集まり頂きましたが総じて通年議会賛成~現状維持では何も変わらない。議員には自分達の税金が払われている、地元での議員活動は「選挙活動」なのだから県庁でもっと仕事を、というような趣旨のご意見が多数ありました。
 
 もっぱら「抵抗勢力」のような扱いでなかなか私たちの意見が聞いてもらえない状況にはまいりましたが、これも県民の方のご意見なのですから、私が昨日意見した「通年議会より先に地域での議員活動、すなわち県民・地域の声を代弁、県政に届ける広聴広報活動にもっと力をいれねば」ということに今後どう取り組めるかしっかり考えていかねばなりません。

 長崎新聞読まれる方はもう記事をご覧になっているでしょうが、週末、議員辞職勧告や県議の自民党除名の話がでてきています。除名の話などは私は党紀委員会のメンバーではないのでどのような内容なのか現在知りえてませんが、今日の通年議会の採決も含め波乱含みの週になりそうです。そのようなことをしているだんか、というお叱りの声もあるのでしょうが、政治はある意味で「戦い」であるのですからここは避けては通れないところなのかもしれません。主体的に関わることはありませんが、「責任の一端」という言葉ですませてもいけないことだと思っています。じっくりと先輩方の意見を聞き行動をとっていかねばと考えています。 

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

あれから1年

 東日本大震災から一年がたちました。昨年の今日は選挙を前の挨拶廻り、その道中で見た最初の映像…大変なことが起こったと思ったものの、後ほど知るような大惨事になっていたとはすぐにはわからず夜に自宅に帰りその深刻さに驚いたのを覚えています。震災のなかで選挙を戦っていいのか、いや震災が起こったからこそこれからはもっと政治が変わるはず、変わらねばと訴えて戦った選挙戦でした。

 

 そして一年たって…今自分が置かれている県政の場は?責任の一端ではなく「土台になれ!」という叱咤の言葉ありがたく、改めて思いを強くし2年目の県議会に臨みます。

 
 

 週後半にインフルエンザからは復活しましたが、かわりに子供たちが罹患して休んでいるので昨日今日と家でみています。今日は夕方から大村市にて「通年議会の公開討論会」が先日の長崎、佐世保に続き行われます。懸念されることがいくつかあり、その解決の処方箋が示されない(はっきりしない)なかで通年議会にそこまでこだわる理由がわかりません。今の仕組みで工夫、改善を加えれば通年議会導入に賛成の方々がおっしゃっている議会改革は十分行えるはずだと思っています。

 
 

 今議会も残り1週間、まだまだ波乱含みですが常に「県民目線」を忘れずに!

| | コメント (2)

2012年3月 8日 (木)

戦線復帰

 おかげさまで今日から戦線復帰(というぐらい休んでいる間に色々あっています)です。ご心配と激励のコメント等ありがとうございました。

 病気で3日間休んだのは記憶にないぐらい久しぶりでしたが、3日間何をしていたかというとひたすら寝て、起きてる時は国会中継見たり新聞や本を読んだり、それと議会中ですので持って帰っていた予算資料に目を通したりして過ごしていました。それでも病気での一日はすごく長く感じられ、在宅や病院での療養中の方の気持ちがよくわかります。昨日病院で診察受け今日から大丈夫と言われた時は正直ほっとしました。

 今日は10時より本会議で昨日懲罰委員会で賛成多数で可決された懲罰に対する採決が行われます。私は懲罰に当たらないという立場ですので反対します。新聞記事を読むと連立の方から「県民不在の懲罰合戦にならなければよいが」というコメントが記されていますが、合戦とは何を意味しているのでしょうか、ご想像のことを踏まえての発言ならば(現時点ではどうなるのかわかりませんが)全く議論の俎上が違う話で合戦にはならない話だと思います。ただもしそうなれば同一会期内ですからそのようなとらえ方をされることも覚悟で臨まねばでしょうね。自分たちの言い分はあっても県民からみたら「県議会は何をやってんだ」が大方の声なのですから。もちろん議会に係る理事者も同じ気持ちでしょう。責任の一端を感じていますが、こういう時こそ他力本願に聞こえるかもしれませんが、年長の先輩方(議長含め)が後輩を導き正常化に向けて汗をかくべきです。できなければ、若い世代が動かねばならぬのかもしれません。

 3日も休んでおいて偉そうなことを書きました。残りの会期での審議、しっかり臨んできます。

| | コメント (3)

2012年3月 7日 (水)

なんとか回復

今日朝一で病院に行き診察受けたら、今日一日休んだら明日から仕事に出ていいと。

ほっとしました。

また間の悪いことに自宅パソコンも故障してしまい立ち上がらずで困ってます。
ご心配おかけしました。休養十分。明日からまた頑張ります。

| | コメント (2)

2012年3月 5日 (月)

ただただ申し訳なく

 昨日午後から熱もでだしたので休日診療に。熱の出始めは検査値がわからないから今朝熱がひいていなければ再度来院をとのことで朝一番に行ったら・・・インフルエンザA型でした。最低でも3日は休みなさいと。

 今日は予算総括質疑の日であり急いで欠席の旨連絡しましたが、議員の一番の舞台は本会議場での質問、それがインフルエンザとはいえ体調管理できずできなかったことに対し本当に県民の皆様に申し訳なく、かつなさけなかったです。また、意見が違うとはいえこれまで質問に際しやりとりをしてきた理事者にも悪かったです。

 とにかく今は一日も早い復帰のため十分に休みをとります。

| | コメント (2)

2012年3月 4日 (日)

シーズン到来

 春が近づいてくると…プロ野球の季節に。昨日はビックNで多くの観客のもと地元出身下柳選手がきっちり成果をだしました。たのもしいですね。

 ではなく、春が近づくと毎年花粉症で悩まされます。今シーズンもついに昨日午後から目も鼻もまっ赤になり苦しんでいます。花粉症のやっかいなのは身体的な現象もきついですがなにより集中力がなくなります。電話で話するのもつらいです。明日は質問、今日中に治さねば!子供からは外に遊びに連れていけとせがまれていますが、雨なので花粉は落ちているでしょうから完全防備で外出するつもりです。症状お持ちの皆さんもお気をつけください。

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

後味悪い一日に

 昨日は一般質問最終日でしたが、質問終了後に百条委員会での証人出頭を拒む二人の方に対し「議会として告発する議案」が上程され賛成多数で可決されました。

 二人からは出頭しない理由を付した上申書がでていたのですが、委員会として「正当な理由ではない」とみなされ(これも採決~賛成多数で)告発にいたったわけです。正当な理由かどうかの判断は個々人様々であり、かつ仮にこの二人の証言がなくても審議に大きな影響があるわけではなく(二人の関わりについては既に別の証人が「関わっていない」ことを言及している)今回の告発は私は反対の立場をとりました。

 また、先日自身の本会議での発言が「著しく議会の品位を落とし、議会ならびに他の会派のいわれなき誹謗中傷である」という理由で懲罰動議をだされ可決された私の会派の議員(党県連幹事長)からの「議長において適切な処置を求める動議」は(議会手続きのまずさがあったことは認めますが)議長においては取り上げてもらえずこれまた紛糾しました。

 県民の皆さまから「県議会は何をやっているんだ」というお叱りを受けています。ごもっともです。議会がこのような状況ですから理事者側に大きな影響がでており仕事に支障がでていると聞きます。このような状況がいつまで続くのかわかりませんが、自分は自分で頑張っているつもりですが、やはり心がなえてきているのも事実。

 休み明け月曜日は総括質疑です。気持ち切り替えて臨まねば!

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

関連質問しました

 昨日は同僚県議のハウステンボス~上海航路の質問で関連質問(5分)を行いました。質疑中、関連をやる人が決まっていないということで急遽15分前に決定し質問。

Img_0123_s 要旨は「知事が答弁で上海航路好調なら2隻目も考えていると聞いている。そうなれば物流にかける期待大きい」旨の答弁に対し、
「船を新造、中古を改装するにしても2年近くかかる。それも好調であればとの話であり、一企業の動向に頼るような物流施策でいいのか?またインフラ整備についてお尋ねしたい」旨の質問を行いました。

 知事は私の質問口調にカチンときたのか、少しむきになったような感じで「企業まかせで2年も待つということではない。それに今の船も貨物も載る。海外物流は今後大いに発展の要素がある。県としてしっかり頑張る」というような答弁をされました。

 ならば…頑張ってください。今の船にどれだけ積めるのか?上海航路にどれだけの貨物路線がはりつくのか?コスト比較は?物流する物は?市場調査は?長崎からの積み荷するような企業をどう発掘するのか?特区申請はどうなった?山ほど課題あります。

 最後にコンテナ物流の県の所管は土木部・港湾課です。経済振興という視点、そのうえで様々な課題に取り組むなら「産業労働部」に所管変えすべきと要望を行いました。

 今は関連質問も事前通告が多いですが、私たちの会派は「通告なし」を良としています。数字を求めるような質疑をしないのであればむしろ「ガチンコ勝負」そちらが望ましいと思います。なぜなら議場でのやりとりを聞いての関連質問なのですから。これも小さな議会改革(むしろ当たり前のこと)だと思います。現行の制度で変えれる、変えるべき改革は沢山あります。

 今日は午前中、高校の卒業式に出て午後は相談事の対応ならびに予算総括質疑の準備をします。

29PS 昨夜はウーマンズグルメラリー盛況のうちに終了。参加された皆さん、どうもありがとうございました。写真はダイアリーにアップしています

| | コメント (1)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »