« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

働き方が変わる

 社会保障制度がかわるなかで、人の働き方も変わってくるわけですが、これは単に年金支給開始年の引き上げで働かざるをえないというより「生涯現役、元気なうちは働きたい(働ける)」というような高齢者が増えている、高齢化が進むなかではこの現況は望ましことだと思います。いわゆる若い頃は雇用(生涯雇用で、そして定年退職後は社会保障で守られるというこれまでの制度の前提条件が、先に現況であったり、若い世代でも非正規ニートのような場合には十分な社会的支援が必要となってきているわけですから、これからの社会保障の考え方は「若い世代が年寄りを支える」という一眼的なことではなく、「年齢に関係なく元気な人が弱者を守る」という考え方に変わっていかねばと思います。

 以下の記事等を読みながらそういうことを考えていました。

(変わる雇用)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120831/mca1208310500001-n1.htm

 
 夏休みも今日で終わりですね。明日からまた普段通りに。子ども達、夏休み疲れしいてなければいいのですが…

 

| | コメント (1)

2012年8月30日 (木)

もうひとつのオリンピック

30 昨日からパラリンピックが開会しました。
 先に行われたロンドンオリンピック熱が冷めやらぬなか、うちの子がテレビの番組表でパラリンピックの放映を探して一言「なんで放送がないの?」そうですね、パラリンピックで頑張るアスリートにも大きな声援を送りたいものです。せめて開会中はこまめにチェックを

http://london.yahoo.co.jp/para/

 昨日から議会が始まりました。知事より議案・予算の説明と前議会から以降の取り組みについて報告がありました。一般質問される方は昨日から本格的にヒアリングが始まっていますが、私は昨日正式に予算総括質問することが決まり(持ち時間30分)これから質問項目決めです。質問したい項目はふたつ既に頭にあるのですが、もう一項目ぐらいはできそうなのでまずは骨格を。

 昨日午後からは事件のあった農業大学校の現地調査に。事件に触れるものではなく、今後の対応、取り組みについての質疑、また激励の意味もあるのだという委員長からの提案で現地に入ったわけですが、やはりそうは言っても事件に関連した質疑もあり、かなり責めるような雰囲気も個人的には感じました。事件後の生徒への心のカウンセリング等の対応、ならびに来年以降の入学希望者への取り組み等、現場も一生懸命頑張っていることも報告がありました。幸い延期されたオープンスクールへの参加希望者、来年度の入学希望者の数も例年並みに確保できそうとのことでした。今後は心のケアや防犯体制、日頃から生徒の悩みの相談等に対応できるよう力をいれるとの考えが示されました。私の方からは「女生徒もいるなかで職員構成が男性がほとんどなので、日頃の悩み相談に力をいれるのであれば女性職員の配置も検討すべき、農業大学は本県にとっては大事な施設なのだから、老朽化がみられるなか、この際改修、改善してほしい点などはしっかり予算要望するよう」要望しました。亡くなられた先生への黙とうと入院中の生徒の一日も早い回復を願い始まった現地調査でしたが、調査したことに意味があるよう、これからしっかり取り組んでほしいと思います。

 今日は県庁にて今回だされている議案・予算の勉強他予算総括質疑の骨子づくり含め県庁に出ます。知事、また議会代表は今日からブラジル訪問です。

PS 昨日の委員会改正条例の引き下げは、そのことを提案した特別委員会が議運前に開かれ、委員長より「否決されそうだから取り上げる」と明言され、その後の議運では「まだ条例改正の意味が広く理解されていないから今回取り下げる」と発言がありました。特別委員会にも所属する先輩議員から「理解されていないなどとはとんでもない。理解したうえで本会議で否決するんだ。今回の件に強い憤りを感じていることだけは伝えておきたい」と発言がありました。私もその通りだと思いますし、このような悪しき前例をつくってはいけないと思います。

| | コメント (0)

2012年8月29日 (水)

今日から議会

 今日から10月15日までの日程で8月定例議会が始まります。今議会では一般質問は行いませんが、20日に行われる予算総括質疑に手を挙げます(今日の議員団会議で決まります)

 そこで今日は10時の開会前に議員団会議を行う予定が昨日に続き急遽議運を開催することが昨夜事務局から連絡がありました。なんでも今日上程~採決予定だった委員会条例の改正案を取り下げるらしいとのこと。

 このブログでは触れていませんでしたが委員会条例の改正とは「委員会に理由なく欠席を繰り返す議員については注意を行い、それでも改善されない場合はその所管委員会委員長の判断で懲罰にかけることができる。また月額報酬から欠席分を差し引くと」というものです。内容だけみると至極当たり前のことなのですが、正当な理由の判断や委員長によっての判断に明確性がない、またそもそも理由なく欠席することなどない等の理由で提案された特別委員会の議論のなかでも賛否が分かれています。そのうえで先日の議運にかけられ今日の本会議で採決されることになっていたのですが、突然の取り下げということに。どのような理由によるかは今日の議運でわかりますが、一度決めたこと(昨日の議運でも確認済)のことを取り下げるということはまずありえません。今日は理由をしっかり確認して判断しなければなりません。

 本会議終了後は予算決算質疑の理事会が行われ、その後農水委員会で今議会の委員会審査の確認と事件の起こった農業大学への現地調査を予定しています。

| | コメント (0)

2012年8月28日 (火)

どうなる国会?

 今日、自民党が問責決議をだすということですが、問責をだせば国会審議は全て止まります。先の野党7党での問責を否決し、今回は自分達が…なかなか説明責任が果たせないような気がしますが、それだけ首相(民主党)の事後の対応が信義にも劣るということなのか、私は一日も早い解散総選挙を願う一人ですが、それでもやはり今回は「成熟した政党としての対応~大人の対応」を望みますし(選挙法案には賛成すべき、仮に問責決議可決しても重要かつ早急な対応が必要な案件には例外的に対応すべし)あわせて選挙前には「自民党、野党3年間の総括」をすべきだと思っています。今日が山場、どのような展開になるのか注視です。

 明日から議会が始まります。今日中に今議会の議案ならびに主の補正予算計上事業について議運で説明時の資料をアップしますのでご覧になってください。長丁場になりますが、しっかり臨みます。

 今日はもらった資料の予習、ならびに自治会の相談事での現地調査、午後からは昨日の農水委員会の「国に対する意見書提出」について議運で協議を行います。

| | コメント (1)

2012年8月27日 (月)

もし住民投票をしたら…

唐突なタイトルですが…

 今日、緊急の農水委員会が開かれ、先の諌干の開門に関する評価書の公表に対する抗議を表す意見書を明後日の議会初日に本会議にかけることを委員会で決定しました。

 その議論の際に一委員から「佐賀県ばかりでなく、全国的にもマスコミ報道をみると長崎県が悪者(開門反対の立場が)になっている。これまでの県としての主張が全くといっていいほど伝わっていない。このことをどう考え、これからどう動くのか?」という意見がだされていました。

 確かに他県ばかりか、県内においても、少なくとも私の周りでは(新幹線が話題に上ることはあっても)この開門の件については賛否の意見どころか話題に上ることさえほとんどありません。それぐらい関心がないのか、もしくは「開門してみていいじゃないか」という意見が多いのかもしれません。私の普段からの説明不足も反省せねばなりません。

 そんなことをつらつら考えた時に、理事者は「これから県民にももっと理解を得れるよう広報に努める」と言っていましたが、今現在、住民投票条例(県には常設型の条例がありません)が仮にあったとして、この件を「開門賛成、反対」で投票をしたとしたらどうなるか、また各市町別に結果がみれたら…と思ったところです。イエス&ノーの単純な結果により意思決定をするということは、ある意味判断を間違わせてしまう(世論に左右されるという意味で)危険性がなくはないですが、もし仮に今行ったら「開門すべし」が半数を超えるのではないでしょうか。これもまた善良の判断ともいえます。

 私たちが当たり前に思っていることが世間からみれば非常にイレギュラーの可能性も否定できません。これからより慎重に行動せねばです。

| | コメント (1)

2012年8月26日 (日)

補正予算額49億

 今議会の補正予算額は49億。額の多い、少ないで予算の質を問うことはもちろんできませんが、当初予算執行から半年、進捗や現場の状況をみるなかで(マイナスも含めて)予算の増額等、効果がみられるような事業は「ここが勝負時」みたいな年度途中での攻撃的な補正予算を組んで一気呵成に進めるみたいな手法があってもいいような気がします。当初組んだ予算を計画通り実行して次の年度でまた増額が定番のやり方でしょうが…

 そこまで検証するような時間もないのも現実かもですが、「当初の計画通り順調に進捗」ばかりでは面白みに欠けます。

 明日は諌干アセスの報告に関係して緊急の農水委員会が開かれることになりました。予算総括質疑も手を挙げる予定です。夏バテなどと言っている暇はありません。いよいよ議会スタートです。

| | コメント (0)

2012年8月25日 (土)

夏休み最後の週末

 朝から地元の夏祭りの手伝いに出、まずは公民館から机や椅子運びを行い、テント張り、午後(今は14時半ですが)これからゲームや飲食の設営にはいり、夕方より本番を。たぶん私は焼き鳥係になろうかと…他の夏祭りにも案内がかかっているので「はしご」できるかどうか難しそうですが、栄養ドリンク飲んで頑張ってきます。

 皆さんは夏休み最後の週末どうお過ごしでしょうか?くれぐれも無理はなさらぬように

| | コメント (0)

2012年8月24日 (金)

29日から定例月議会が始まります

 昨日、議運が行われました。

 昨日決定した日程では、8月定例月議会(旧H24第3回議会)が 8/29~10/15行われ、そして定例月議会閉会日が決算審査の初日になり、引き続き議会は継続です(決算委員会 10/15~11/8)

 でもって、11月定例月議会(同第4回議会)は11/20から始まります。その間にも百条委員会、県議会県政改革特別委員会(私は所属せず)、広報広聴・条例制定の両検討協議会(私が所属する条例制定検討協議会はタウンミーティングをこの間4回行います)とにかくびっちり…

 まさに通年議会です。「県庁で審査するばかりが議員じゃないぞ」と言われぬよう~頑張り時です。

昨日配布された日程表は↓ 

※8/30~9/8は知事・議会代表でブラジル、11/12~は同中国訪問です。

24

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

一ケ月ぶりの百条委員会開催

 先月の13日の本会議最終日に中間報告と5本の動議が可決されて以来、一ケ月ぶりに百条委員会が開かれますが、前議会でとりまとめの予定が突然継続しさらに証人等を呼んで審査を行うことになっていますので、今日は委員長から今後どのような視点にたって委員会を進めていこうとしているのかについて(情報漏洩の件での開催通知となっていますが)提案があろうかと思います。通知案件含めしっかり議論してきます。

 午後には議運が開かれ来週29日から開かれる9月定例月議会に上程される議案・予算案、日程等の確認が行われます。農水委員会では開会初日の午後、先日痛ましく許し難い事件が起こってしまった農業大学に出向くことになっています。この件は委員長からの提案ですが「推薦入学の時期が迫ってきており、学校側としての対応等を確認したい」とのことで実施されます。

 夜は経友会の納涼例会です。納涼と名のつく飲み方既に何回目か…

PS LCCの記事が今日の記事に載っていました↓

23

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

夏休みもあと10日

22_2 今日のラジオ体操は子どもの数がめっきり少なく、さすがにこの残暑のなかで子どももバテているのかと思ったりしてましたが、私は今日は元気に冨岡第一選挙区支部長の朝の街頭演説に立ち会ってきました。そこで久しぶりに私もマイクをもったのですが、我ながらヘタクソ。やはり定期的にやらねばダメですね。朝から大いに反省させられました。

 今、お昼前ですが、午前中は明日の百条委員会の勉強他相談事への対応整理~なかなか物事が進まずじりじりしていますが粘リ強く取り組むしかないので。そうじゃなければ私達への相談もないわけで…

 
 夏休みもあと10日ですね。ここにきて長男が自由研究を~と言いだし「今まで何をしていたのか?」とどこの家庭でも聞かれるような会話もわが家もきっちりやっています。なかなかまとまった時間がとれませんが、きちんと子どもの宿題もチェックしてやらねばです。

 &あわせて自分への宿題として、ちょうど議会も一年経ったので、自分が行った一般質問、予算総括質疑、委員会での質疑を今後に活かすべく(またお知らせする責任もあり)全て洗い出しているところです。近いうち(近いうちはいつ??)にここにアップ、冊子にする等の形でお知らせいたします。

 
 皆さんも家庭サービス含め、夏のやり残しなきよう、また残暑のなか体調がいまいちの方は十分な休息をとって9月からまた全力投球できるよう、夏休み最後の10日あまりを過ごされたらいかかでしょうか。

| | コメント (1)

2012年8月21日 (火)

LCC誘致

21_lcc LCCとはローコストキャリアの略で、効率的な運営により低価格の運賃で運航サービスを提供する航空会社のことです。

 効率的な運営とは具体的に
「運行コストの低減」
「人件費の節減」
「機内サービスの簡略化」
「航空券販売コストの低減」
「旅客運賃以外の収益確保」
「路線の工夫」
等を行うことにより低価格を実現しています。

 長崎空港では神戸行き、沖縄行きのスカイマーク、関西空港行きピーチアビエーションが就航しています。LCCゆえの天候不良、機材の修理での急な欠航、欠航による代換の手配なし等デメリットもありますが、それでも好調な運営がなされていると聞きます。私も一度朝一の神戸線を利用しましたが満席に近い状況でした。

 そうしたなかで、このLCCを交流人口増・観光振興の視点からもっと誘致~積極的に活用できないかということをここしばらく考えています。
 具体的にはひとつは、今の2社のLCCはどちらも既便がある関西方面であること。安いことで特に個人客が本県にプラスで流れてくることもあるでしょうが、既存航空との比較のなかでLCCを選択して来られている方もおられるだろうということで、パイとしてどれだけ増えているのか疑問をもっています。端的に言えば商売でいえば「新しい商圏を獲得すべき」ではないかということです。長崎では唯一、既存航空が就航していない沖縄便がありますが、福岡空港をみてみると静岡や松本便などもあり、そういった既存で就航されている都市との就航、もしくはLCC各社との協議により新たな都市との就航が結べないかということです。これは先方の都市にとっても悪い話ではないと思います。保有機が少ないことで難しいのは予想されはしますが…

 もうひとつは釜山とのLCC便の就航です。釜山を本拠地とするLCC会社が日本での就航を増やしたいと活動中との記事を以前見ました。当時企画部にも伝えましたが、釜山は350万都市、観光客さらには将来の物流を考えると大きな商圏であると思います。釜山と長崎市は姉妹都市を結んでいますが、ヒト・モノは福岡の方に流れている現状です(福岡は既に経済交流協定締結)佐賀県の春秋航空の上海便の動きも伝わってくるなかで(上海航路は成功してほしいと思っていますが)是非この釜山便は就航の可能性について検討されてみてほしいところです。

 そして最後にLCC機体そのものを宣伝広告に使う手立てがあります。昨日の新聞記事にもありますが、旅運賃以外の収益確保は先方も望むとこ。またピーチアビエーションのHP(http://www.flypeach.com/jp/home.aspx)は長崎を魅力的に宣伝してくれています。LCCならではできることです。ですからせっかく就航しているのですからもっと活用をはかるべきです。

 小さな提案で、かつ空港使用料の問題等々こちら側での課題・検討事項も多々あると思いますが、一度しっかりした検討をやれたらと行政側に働きかけてみたいと考えています。LCC等について詳しい方がいらっしゃいましたら是非情報提供をお願いいたします。
 
 

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

最近書き込みが遅れがちで

最近書き込みが遅れがちで申しわけありません。

今日は午前中は県庁にて、あさってある議運と相談事への対応、午後は外を廻りこれもまた相談事の対応でした。その後事務所に戻り、行事の出欠等の確認と週一送っているファックス通信の原稿づくり~送信まで行い、夕方からはお世話になっている調理師会のサマーレクレーションに参加させてもらいました。

盆を過ぎ、ほんと言葉の通り「残暑厳しい」ですね。皆さん、バテ気味とは思いますが、無理をせずマイペースで乗りきりたいものです。

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

コメントありがとうございます

 種々コメント頂きながら即返信ができずにすみません。

 政治家の定年制は以前から言われていることで、気力、体力、能力があれば歳は関係ないといいますが、それでも「新陳代謝」という意味では、やはり若い世代の芽を摘むことにもなるわけですから、いずれの時には後進に道を譲り引退、それでも道半ばというのであれば「後継を育てる」ことで身を引くという潔さも必要だと思います。それも血縁以外へのバトンタッチが望ましいと思っています。ほんと国政をみると…老獪にやられているのでしょうね。

 隣国の件については、同僚県議とも、また昨日の議員団会議でも協議をしていますが、まずは国に対してもっと毅然とした態度をとることを求めるべきではないか、ということと、今回、竹島や尖閣諸島の問題が物議を醸していますが、ご指摘通り対馬においても、隣国の土地買収がこれもご指摘の自衛隊の隣地も含め行われており、韓国人観光客のなかには、背中に「対馬は韓国領土だ」と言うハングル文字で書かれたシャツを着た人が歩いているとも聞きます。とんでもない話です。観光サイドの点で波風たてたくないという現地の方の気持ちもあろうかと思いますが、このようなことが許されてはいけないと思います。対馬市としてどう認識しているのか、長崎県はどうなのか、今後議論していく必要があろうかと考えます。

 新幹線は全国紙でも「費用対効果に危うさ」「新型車両は開発途上」等問題点がいくつも指摘されています。そのようなことをわかったうえで、これからどう取り組んでいくのか、時間をかけてひとつずつ解決~また県民の方にしっかり説明していかねばです。JR九州の社長が長崎駅ビルの開発計画を見直すと言及していることも今後注意が必要です。佐賀の古川知事は、フル規格への反応は今はそう言わざるを得ないでしょう。諌干含め隣県佐賀とはもっと忌憚なき意見交換を定期的に行っていくことが肝要かと思います。

 
 最後に特別委員会のコメント、ありがとうございます。確かに私でさえそう思う時があるのですから先輩方はなおさら…しかし意見は言わねばですね。ご指摘の通りだと思います。現在特別委員会に私は所属していませんが、幸い議運のメンバーではありますので、他人事と思わず積極的発言に努めます。

 まとめた形でのコメントへの返信となりましたが、いつもありがとうございます。今後とも叱咤(激励)よろしくお願いいたします。

| | コメント (1)

2012年8月18日 (土)

ひと区切り

 本日、新幹線西九州ルートも起工式と記念式典が行われました。

 昭和49年からの取り組みが今日やっと着工に向けてスタートがきられたわけです。これからの10年、新幹線は地域再生~活性化の「手段」です。今日の挨拶のなかで「これからフル規格、長崎・博多間40分を目指す」ともありましたが、ほんと、今日から次の10年に向けての新たなスタートを迎えたわけです。

 新幹線着工推進で取り組んできたものの責任として,県民の半数近くは依然として新幹線に対し懐疑的に思っていることを常に意識してこれからもしっかり取り組んでいきます。

| | コメント (1)

2012年8月17日 (金)

今日から仕事と思いきや

 今日はエミネント葉山町自治会のシニア日帰り旅行に同伴させて頂きました。行った先は博多のアサヒビール工場とホテルでのランチ会。

 初めての試みだったのですが、なかなか人集めに苦労したようです。最初は子供会も含めての企画でしたが、申し込みが芳しくなく、結局はシニアだけに(いくつからシニアなのか…自己申告みたいです)帰り際予算が許せば来年も実施したいとの会長の挨拶がありましたが、地域内でのこのような親睦・ふれあい活動は、とても大事なことだと思います。今回は参加しただけでしたが、できるかぎりの協力ができればと思って帰ってきました。

 明日は新幹線着工の起工式、ならびに記念式典に参加します。午後からは緊急の議員団会議です。議題は…特別委員会の報告となっていますが時節柄それだけではないのでしょう。

 猛暑続き、皆さんバテ気味でしょうが、体調管理に注意しながら乗り切りましょう!

| | コメント (2)

2012年8月16日 (木)

今日まで盆休み

今日まで盆休みいただいてます。

しかし長崎県議会は通年議会、今日は県議会県政改革特別委員会が行われています。
ご苦労さまです。

その改革委員会もいまだ入札制度を議論してます。春に議会としての方向性(私達の会派からすると賛同できる部分は少なかったのですが、採決にて決まったこと、受け止めねばなりません)はだしているのですから、後は理事者側が改善案を提示し、それについては所管の委員会で審議すべきだと思うのですが、またそれを特別委員会で、いい悪いを議論してます。おかしな話であり、また前回傍聴しましたが、私達の会派側があまりに意見がなさすぎます。これには傍聴に来られた関係団体の方からも不満の声がでています。本会議の採決では今過半数を巡っての攻防なのですから、「言っても一緒」ではなくもっと反対意見含め、我が方も「改革は是」というのであれば建設的な意見、また外れた議論を修正するぐらいの力はみせないと…自身の反省も含め「県民のため」にもっと頑張らねば。

| | コメント (2)

2012年8月14日 (火)

祭が終わり

 終わってみたら過去最高の38個のメダル、今回のオリンピックほど国民に勇気と感動を与えてくれたオリンピックはなかったと思うのは私だけでしょうか?今の政治の劣化や現在の不満や将来への不安がそう思わせるのか…日本人が弱っているんだと思います。

 
 
 事務所は一足先に今日からでしたが、私も明日、あさってと盆休みさせてもらいます。じっと家にいるわけではなく、疲れはとれず、またゆっくりもできませんが、盆明け後気分一新頑張ります。皆さんもゆっくり過ごせたらいいですね。

| | コメント (2)

2012年8月13日 (月)

ファックス通信

13fax008_2

 今日は安全運転に心がけ終日外まわりしていましたが、週初めはファックス通信を申し込んで頂いた方に通信をお送りさせてもらっています。週一、どんなに間隔空けても二週に一回を心がけています。今回は雑感ぽい内容になっていますが、内容は毎回様々。

 よろしければ是非お申し込みください。※写真クリックで拡大で見られます

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

落ち込んでます

12_ 参りました。親戚の告別式に出、その足で初盆まわりを始めた矢先に不注意で車の自損事故起こしてしまいました。ご覧の通りの大破。相手が電柱でしたからよかったものの、すぐさま保険屋さんに連絡、事後処理の指示受けてとにかく帰宅。

 もともと運転は上手ではないのですが、どうしたことか、バック中に事故ったのですが、見えていませんでした。しかもこつんとぶつかったぐらいなのにガシャンと大きな音がして…

 皆さん、くれぐれも運転にはご注意をされてください。

| | コメント (4)

2012年8月11日 (土)

雪辱、それにしても女子強し

 男子サッカーは負けましたが、今日は女子バレーで雪辱。日韓は因縁あるうえに今回は竹島の問題も…両国の友好関係に影が。心配であります。

 いよいよオリンピック残すところあと2日となりました。始まる前は心配していましたが盛り上がりましたね。

今日は看護連盟の会合に出、夜は親戚の通夜に。

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

願いは通じるもの

0902

09_2 09040907 0906

 昨日は午前中原爆慰霊式典に出て、午後からは4月に要望した「軽度および中等度難聴児に対する補聴器購入費用助成」に関する2回目の担当部局との協議を行いました。

(要望内容はバックナンバー4月13日のブログをご覧になってください)

09_3 4月以降、担当部局では他県の助成の実施状況や内容、実施に至るまでの経緯について、また県内市町の取り組み状況等について調査をし部内レベルで検討をしています。

 また私達お願いする方では、この助成事業を実施するとすれば一義的には市町が実施主体になるので、長崎市の担当課との協議(県がやると決めれば前向きに取り組むとの考え)とやはりこの種の要望は要望する側の「熱意」も問われますから、署名を集めてきました(先行実施県の岡山県は署名を500名ほど集め県議会に陳情~実施の運びとなっています)昨日私もその署名の数を聞いて驚いたのですが現在2493名の署名が集まっています。これだけの思いは必ず実現させねば!です。

 昨日の協議には難聴児を支援する会の代表(耳鼻科医、今回私が相談を受けたドクター)のほかに県耳鼻科咽喉科医会の会長、県難聴者・中途失聴者協会の役員さん、事務局ならびに会員の方、そして当事者である子ども達とその保護者の方も出席し、それぞれが胸のうち(願い)を訴えました。

 どなたのご意見も切実な気持ちが伝わる話でしたが特に印象に残った話は、一人の保護者の方が「自分の子供は片方だけ聞こえない(中略)病院で補聴器を薦められたが経済的な負担もあり、また片方が聞こえているからいいと思ったが、試しでもいいからつけてみたらと言われ装着してみた。そうしたら装着した帰りの車のなかで子どもから『お母さん、みんなこんな聞こえているの?』と笑顔で言われた。私はどんなことをしてもこれからずっと子どもために(補聴器の交換等のため)パートでもいいからずっと働いていこうと思った」と。また役員さんの一人は「最近新しい機種の補聴器を購入(30数万)性能がよく防水機能になっている。そこで今までお風呂に入るときは補聴器を外していたが、今回装着したまま入ってみた。湯ぶねの中で潜ってみた。そうしたらお風呂ってこんなに音が反響しあうんだと初めて知った。子ども達に色々な音を聞かせてあげたい」

 スクリーニングで早期に発見し療育、適切な時期に補聴をすれば言語発達の遅れを防げます。なのにこのことが親の経済的負担でできない、躊躇されるという実態があるとするならば…

 担当課も十分理解してくれていますが、課題がいくつかあるとのこと。本当は昨日「わかりました。やります」と言ってほしかったのですが仕方ありません。どうか高いスクリーニング率を活かすうえからも、補聴器費用助成はスクリーニングとのセットだという立場にたって(現に全国でスクリーニング率90%以上の本県含めた3県のうち岡山県、長野県は助成制度あり)決断してほしいと願っています。願いは必ず通じるもの。(難しいとなれば次の手を考えていますが)吉報を待ちます。

PS なでしこ、残念でした。しかしあっぱれな戦い、堂々の銀メダルです。レスリング女子では3つの金メダル。バレーは負けましたが、それにしても大和撫子が元気な今回のオリンピック。振り返ると私たちの周りも…男性諸君(自身も含め)奮起を!!

| | コメント (2)

2012年8月 9日 (木)

67回目の夏

09__3
 今日は原爆慰霊祈念式典に出ます。平和への誓い~私は「平和の実感は足元からの平和」ということで、福祉や子育て施策に自分なりに一生懸命取り組んできたつもりですが、県議になり、現場へ足を運ぶ回数が減り、目に見えた実績をまだだせずにいます。この種のことは焦らずじっくり取り組まねばですが、存在価値を示すためにもそろそろ実績をださねばです。自分自身をふりかえりながら厳粛に式典に臨みます。

↓平和宣言文(平和宣言文解説書はこちら>>>

09__2

| | コメント (1)

2012年8月 8日 (水)

実のあるバトル

 昨日は条例制定検討協議会が行われました。午前は今から条例化するか否かを検討している「中小企業振興条例」策定に関し、商工会議所、商工会等関係団体の方を参考人として招き意見交換後、所管部の条例制定への認識を確認しました。関係団体からは「今の産業振興ビジョンで十分ではないか、また担当部局もよく相談にのってくれている」ということから制定に対し慎重な意見もでましたが全体的にはやはりあったがいいという意見が大半でありました。

 ちなみに「中小企業振興条例とはどんなもの?」以下、千葉県のHPをご覧になって確認されてみてください。あえて、条例他、施策・事業等のページをアップしているのは、条例を制定(H19)したらからこそ、千葉県は積極的な取り組みができていると思われるからです。

http://www.pref.chiba.lg.jp/keisei/genkist/jourei/index.html

 参考人との協議後の担当部局との質疑で条例への認識を確認すると「単なる理念条例では意味がない。産業振興ビジョンで足りるのではないか。関係団体と意見交換しながら条例制定に意義があるなら検討したい」と(私達からすれば)消極的な見解でした。どうして意義があるような条例制定を目指すとならないのか?

 条例を策定ありきではいけない、と言われていますが、日本の企業の99%は中小企業、うち雇用は全体の7割を超える数。日本、もっといえば地域を支えているのは中小企業といっても過言ではありません。産業振興ビジョンももちろん大事ですが、まちづくり・地域再生の視点からも振興条例の策定は必要であると思っています。また、それが現下の厳しい状況で頑張っているそれらの企業に対するエールにもなるものだと思っています。昨日はすれ違い気味の議論となりましたが、私含め議会の意思も十分伝わったと思いますし、これからさらに検討して11月議会前を一定の方向性を行政としてもだすと確約されました。そういう意味では実のある議論ができたものと思います。制定に向けこれからもしっかり活動していきます。

PS 昨日ある週刊誌で維新の会の塾生リストがすっぱぬかれてますね。長崎県関係者も3名いるとか…興味深いですね。ただリストが公表されたら困るという人も、これなら自分も!という人もいたりとか、これからの動きに注目です。

| | コメント (2)

2012年8月 7日 (火)

大津の事件をふまえ

07__2

 大津市でのいじめの事件を受けて県議会の文教厚生委員会でも昨日、集中審議により、本県のいじめへの対応が審議されました(私は委員外議員として傍聴)。

 本県では過去3年、1471、1251、1174件といじめの認知件数(公立の小中高)が認識され、その約9割が当該年度に解消、継続したものも一昨年度より関係者らでの引き継ぎを行い次年度には全て解消されているとのこと。「解消」の認識は教師、当事者である生徒、保護者の三者で確認した状態だそうです。

 委員会では、件数が減っていない、相談体制のスクールカウンセラーの配置目標が低い、出席停止処分の認識と実行による効果、他県で成果を挙げている方法を学ぶべきだ、等々質疑・意見がだされましたが、本県ではH8に「いじめ対策ハンドブック」(いじめ問題についての基本的な認識、いじめ問題への対応、いじめを生まない教育環境づくり)を策定し、その後数度の改定もし、教育関係者一丸となっていじめ問題には取り組んでいます。大津のような問題ある教師(もっといえば教育委員会)の対応がなきよう、該当事件も独自に検証をし次の議会で報告をするとの答弁もあっています。

 私はいじめはなくならない、どの学校にもあるものだと思った方がいいと思います。先日の夏休み前の地元中学の生活指導の先生が言っていましたが、「子ども達の成長のなかではそのようなことはあり得る。但し本校はそのような時に生徒への指導、時には保護者を呼び出してきちんと解決していっている」、そうだと思います。早期に発見して全力で解決する、それしかないのではないでしょうか。その時に、教師だけに頼るのではなく、保護者も真剣に、場合によっては(日頃からの子ども達との交わりという意味では)地域も含めて彼らを見守っていく、一人では難しいけれどチームで彼らを救う、加害者のいじめの背景も認識しながら指導していくことが大事だと考えます。

 途中までしか委員会は傍聴できませんでしたが、タイムリーな時期での審議であったと思います。ただもうちょっと理事者(行政職)を信じていいんではと思いもしました。

 以下、昨日頂いた資料で本県に現況とハンドブックにある「いじめのサインとチェックポイント」を参考にアップします↓

07_01 07_03_3

07_05 07_04

| | コメント (1)

2012年8月 6日 (月)

サザエさん症候群?

 昨夜、お世話になりっぱなしの先輩から相談があるということで訪ねてみると「晩飯を一緒にどうか」と。そこ行った先の店でその先輩の同級生とバッタリ。結局相談事の話もできず、オリンピック他の話題で盛り上がったのですが、
 そこで聞いた話が、
「日曜日の夕方、サザエさんの時間になると、明日からまた仕事ということで憂鬱になる人がいる。これをサザエさん症候群というらしい」て話になり、先輩方からは「いや、明日から月曜、また今週も頑張るぞとなる」との力強い会話でした。

また月曜です。今週も頑張るぞ!

以下、興味をもってサザエさんを検索したら登場人物一覧が。なんの足しにもなりませんが興味ある方は
 ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%82%A8%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9#.E3.82.B8.E3.83.9F.E3.83.BC.EF.BC.88.E9.87.91.E6.AC.A1.E9.83.8E.EF.BC.89

| | コメント (2)

2012年8月 5日 (日)

地域力

 今日は市民大清掃の手伝いに出ましたが、自治会加入者のなかで掃除に参加する人、しない人がでます。私が手伝いにでた自治会では掃除に参加しない人からは負担金として500円集めていますが、これも自治会未加入者からは負担金はとれません。

 また、掃除前に定例会が行われ、敬老の日のお祝いの品を今までより金額を落とすことの了承をとりました。10年前には30名ほどの対象者(この自治会では70歳以上)が今年は130名、あと一・二年で180名になりそうとのこと。自治会の高齢化が進んでいます。さらにこれまで自治会に加入していない方で対象の方にもお祝いをしていたそうですが、これもご意見が多数寄せられ自治会加入者に限ってに変更したとのこと。

 
 定例会の議題のなかでは、盆明けに高齢者と子ども会に声がけしていた日帰りのバス旅行の出欠の確認も行われていましたが、これも大苦戦、子どもの申し込みは現在0で、高齢者の方も少数で、今日は役員で手分けして声かけをしていました。

 ほんとうに自治会の存続、運営は大変で、役員のなり手がいないというのもわかります。長崎市に限らずでしょうが、自治会の在り方は今十分な検討をしないと崩壊の危機だと思います。
 このことは何度もブログで書いていますが、私は例えば
①自治会にお願いする事項の負担軽減、行政との役割分担をまず行う
②自治会とその他地域の支援団体をここでも役割をきちんと整理し住み分けを行う
③自治会未加入者にはゴミの捨て場所を指定する等、自治会加入者との自治サービスの区別をはかる
④今ある連合自治会組織を小学校単位毎にし(ほぼそうなっていますが)その組織をもっと「地域内の課題をある程度完結できる組織」に変え、そこには権限と予算を一定与える
⑤携帯電話のメールやアプリを有効活用し、常時、地域や自治会の情報を会員に伝えていく
等の「次のアクション」を考えるべき時期だと思います。啓蒙啓発で地域力をアップするのは限界があります。僕はこの点は田上市長とは認識が違っています。

 それにしても暑い日が続きますね。十分な水分補給と食事、睡眠をしっかりとられてください。

| | コメント (6)

2012年8月 4日 (土)

オリンピック熱

 あれだけ盛り上がらないと言われていたオリンピックも始まってみたら、皆かじりつき状態ですね。サッカーや競泳の大躍進に喜び、お家芸の柔道の苦戦に様々な批判めいた声が…ほんとここでもまたマスコミのある意味での恐さを実感しています。プレーしているのはほとんどが20代前半の選手です。ならばもっと大らかな気持ちでみてあげてもいいような気がしてなりません。後ろ向き、これからの課題のような話は終わってから総括すればいい話だと思います。まずは頑張りにエールを。しかも既にここまででメダル数は22、前回の総メダル数26と比べても(メダルの色が違うだけで)そん色ない数字だと思います。これから後半に。皆で寝不足に注意しながら大きな声援を送りましょう。

過去のオリンピックでのメダル数
 ↓
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3980.html

| | コメント (0)

2012年8月 3日 (金)

また来週から

06_04

06_08

 視察から今夜帰ってきました。今回は視察先が被災地であったこともあり、委員会審査とは直接関係しませんが、震災からの復興状況、また復興の課題等について、現地の水産加工会社の社長より再建に向けた取り組みを直接お聞きする機会を得ました。改めて国の対応の遅れと想像以上の復旧の難しさを知って帰ってきました。大人は「将来がみえない」と。そして子どもからは「私たちの未来を返してください」という声があるそうです。それでもとにかく歯を食いしばって頑張るしかない現地の方々に心からエールを送りたいです。

 土日は行事や市民大清掃等に出席・参加しますが、また来週から頑張ります。

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

高度衛生化でブランド化

02

0202

 昨日は八戸の高度衛生化された魚市を視察調査しました。詳しくは帰ってきて内容に触れますが、全国で最初の施設となります。本県も長崎魚市がH32完成を目標に同様の施設の建設を進めます。
 消費者に安心安全な魚の供給と、そのことにより付加価値、差別化をはかり魚価向上に取り組むものです。魚の電子入札も実施されるとのこと。これも水産業では先進的な取り組みです。

 今日は宮城に移動し森林組合、森林バイオマスの視察を行います。

| | コメント (1)

2012年8月 1日 (水)

まだまだ課題山積

 
 今日から8月です。この暑い夏をどう充実させるか、夏を制する者は~ではないですが気合いを入れて乗り切りたいものです。

01_02

 昨日は結局オーシャンローズの内覧会に大急ぎで参加し、新幹線のシンポジウムにも遅れて出席しました。

 内覧会は…うーん、やはり中古船の改造ということでかなり無理してしつらえた感がしました。中国人向けの視点を主にリニューアルしたようですが、日本人利用客からみたら施設の質やエンターティナー性が低いような気がします(中国の人の満足感と比べての質の違いではなく、日本のお客のどの層が利用するかと考えた時の高齢層の利用が多いとみた時の施設設備の物足りなさを述べているつもりですから誤解なきよう)また、バリアフリーが全く効いていないのも非常に気になりました。
 いずれにしてもこれからも利用客のニーズを確認しながらの改善が大事です。とにかく成功してほしい、色々なご意見やアイデア等お寄せください。

 新幹線シンポジウムでは、講演やパネルディスカッションで意見がでていたように、着工決定でひとまず当面の目標は達成ですが、「新幹線はあくまで手段」平成34年開業に向け、これからの10年間、また10年後のまちづくりをどう目指していくのか、また長崎、諌早、大村、嬉野、武雄の5都市がそれぞれどう光り輝き、連携をとっていけるのかが「新幹線を走らせてよかった」といわれることになるのだろうと思います。これからが第二幕の舞台(勝負)です。

 今日から3日まで農林水産委員会の視察に出ます。

 ロンドンオリンピックも日に日に盛り上がってきてますね。失敗は許されない、また日の丸を背負ってのプレッシャーのもと悲喜こもごもですが、日頃の鍛練の集大成、メダルの色にこだわることなく、のびのびとしたプレーをみせて私たちに勇気を与えてほしいものです。ガンバレ、日本!

| | コメント (1)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »