« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

今年もお世話になりました

 本年も残すところ今日一日。今日になってやっと一息つけてます。

 今年一年を振り返ると常時忙しいなかで自身を振り返る間もなく一年が終わってしまい、今になり成果としてどれだけのものが残せたかというとやはり「落第点」であったと改めて思うところです。一番反省せねばならぬのは現場の声を反映させきれていないこと、これは私が動けていないことが原因であり、来年もまたこのような議会関係(通年議会)でびっちりスケジュールが組まれてくるようであれば、それを補う方法をとっていかねばなりません。また、問題提起~意見した課題を追っかける努力が足りませんでした。
 
 

 例えば県庁舎跡地活用について。このことについては委員会や本会議でも質疑を交わし、活用案についてはそもそも県としての「たたきの案を提示すべき」、最終案については本庁着工前(来年秋)までに提示することを意見してきましたが、先日開催された第3回の検討懇話会を傍聴したところ、まさに振り出しに戻ったような混迷ぶりでした。しかも提出資料を見ると、委員会のアンケート集計では「公園・広場」が最上位になっています。会議のなかでも「何も手をつけず時間の経過のなかで可変的に考えてみてはどうか」という意見もありました。驚きです。あれだけの移転反対の意見があるなかで決定した経緯があるなかで、公園・広場が選択肢のひとつにあること自体が…また「どうして最初から県立図書館、コンベンション施設、市役所を外して検討するのかを再度確認したい」という質問に対しては「もう一度持ち帰り検討してくる」との答弁。成案をとりまとめるタイムスケジュールについても、「着工してから完成まで5年はかかるのだからゆっくりでいい」というようにとれるような理事者の意見もでていました。これまで開催された懇話会や作業部会にこれまで自身の日程の関係で傍聴しきれずにいたことを反省しています。

 反省を踏まえ来年は飛躍の年にせねばです。
 この一年のご支援に感謝し来年こそさらに頑張ることをお約束いたします。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。穏やかなよきお正月をお過ごしくださいませ。

| | コメント (0)

2012年12月30日 (日)

今日から休みに

 今日から2日まで休ませてもらいます。かなりのオーバワーク、心身ともに休養できれば…
昨夜の今年最後の忘年会は帰ったのがなんと4時過ぎ。最後にふさわしい?飲み納めとなりました。

年明けは3日から始動しますrun

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

うれしいこと重なった年…

 昨日県庁は仕事納め、議場での仕事納め式にださせてもらいました。

 知事の挨拶で「うれしいこと重なった年」ということで、新幹線着工、VファーレンJ2昇格、ロンドンオリンピックでの本県出身選手の活躍、和牛日本一等の話がなされました。また課題としては諌干開門、日中関係の改善の話もありましたが、仕事納めの挨拶のなかで本県地場企業が景気低迷のなかで厳しい現況であること、県民の生活感がよくなっているという実感がなかなかでてこないというような点についてどう打開をはかっていくかの決意のようなものが聞こえてこなかったのは残念でした。
 つつがなくの全方位そこそこの県政ではこれからの本県浮揚は難しいと思いますし、来年度は中村県政4年目、知事の評価は県民目線でみたとき「頑張っている」という評価は頂けると思っていますが、ならばこそ、少々イレギュラーでも力強いダイナミックな施策展開にチャレンジしてほしいと思います。正月休み、そういう視点で来年度の重点施策をチェックしてみようと思っています。

 私は今日まででなんとか仕事を終えたいと思っています。夜は今年最後の忘年会です。既に来月は新年会が12件入っています…頑張り時!

| | コメント (0)

2012年12月26日 (水)

11月議会が終わりました

 やっと終わったというのが率直な感想です。先月の20日に開会し37日間の議会でした。もちろん議会の評価は審議時間ではなく内容ですし、またここまで理事者を議会で拘束かけるのは日常業務にやはり影響があるのではないでしょうか。今日閉会し明日一日終わればもう仕事納めなのですから…

 議会終了後には議会運営委員長から、①来月からは月に1週間は議員個人が活動できるような日程を組む、②次の議会からは個人質問を一日5人で行ったものを従来の4人に戻す&関連質問を復活させたい、との提案があったそうです。元に戻すことに異論はありませんが、上記のことは議運等で議論を重ねて決めたことなので、議運委員長とはいえ一存で変更を持ちかけてくるのはいかがなものでしょう、連立会派内部からの要望もあったものと思われますが「ご都合主義」以外ののなにものでもありません。一事が万事この調子ですから呆れるばかりです。

 さて、人の批判の前に自身の活動を振りかえると今年は落第点です。地域の要望や色々な方の意見を十分に県政、市政に反映させることができませんでした。また取り組みが形として表れていません。自民党も正念場ですが私自身もまさに正念場、奮起の年にせねばです。

 今夜は冨岡事務所の選挙スタッフ間でのお疲れさん会です。楽しい宴席になりそうです。皆さんも忘年会はそろそろエンドですか?財布も気になるところですが、地域経済活性化のため最後のひと踏ん張りのご貢献ください(笑)私も年末ギリギリまで頑張ります!

| | コメント (0)

2012年12月25日 (火)

年明け早々の選挙

 年が明けて6日告示の13日投票の雲仙市長選に立候補予定の金澤前県議の選挙事務所に時間の合間を縫って激励に行ってきました。訪問時はご本人は挨拶回りをしていてお留守だったのですが、近くにいるとのことでわざわざ戻ってきてしばし話をすることができました。

 時間がないなかで国政選挙前に議員辞職したことを申し訳なかったと話されていましたが、立場が替われば致し方ないと思われます。また、対立候補がみえないのでやりにくいとも言っておられました。しかし、あと1週間もすると正月を迎え、正月が明けるとすぐに選挙戦だから大変でしょう。所期の目的を達成するよう願うばかりです。

 さて、議会も明日が閉会日。少ない額とはいえ経済対策の補正予算も組んでいるのですから、ほんとうはあと1週間ぐらい早く議会を閉じ、すぐに発注~入札をかけてもよかったのではと思っていますが、とにかく通年議会を1年は決められた通りやってみるということで…見直しの雰囲気は通年議会賛成派にもあるようです。特別委員会の在り方を含め時期がきたら見直しの議論をしなければなりませんし、任期後半に入るなかで、いよいよ議員定数の問題も議論を開始せねばです。

| | コメント (0)

2012年12月24日 (月)

ふるさと納税

 本会議や委員会でよく「ふるさと納税」の推進についてが質疑になることがあり、知事も先頭にたって東京とかで県人会等があった際は積極的にPRしてるそうですが、ネットで以下のような記事を見つけてびっくり~ここまでくると納税の本来の目的から大きく外れているような気がするのですが皆さんどう思われますか?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121214-00029225-zai-bus_all&p=1

PS 今日は珍しく終日フリーでした。午前中は家の用事をすませ、午後はブリックに所用があり出かけたついで近くの大型商業施設に寄りましたがすごい人でした。車なしで出かけていたのですが、駐車場は満車、待機の列が長々と続いてました。世間はクリスマスですね。皆さん、暖かな一日をお過ごしくださいませ

| | コメント (2)

2012年12月23日 (日)

頭が下がります

24

2403

2402

 今日は朝からもちつきのはしごでした。最初のところは自治会の諸行事を若手が中心に行っていて、市内見渡してもそのような自治会はそうそうはないだろうと思いますが、これがなかなかうまくいっていて多くの人が集まるため皆そう無理なく、また手際よくもちつきを実施していました。なので私などは「戦力外」ほとんど見てるだけでした。そして2件目の自治会は、こちらは一転してベテランばかりのもちつき(+地元老健施設の助っ人さん)でしたが、ここでは私も戦力として「つきて」で頑張ってきました。どちらにも共通することは地域のため、特に子供達のために率先して取り組む姿です。このような人達がいて地域コミュニティが守られているわけです。先の自治会の若手のなかには地元の消防団に所属している人も多くいます。本当に頭の下がる思いです。ありがとうございます。

 さて、今日は自民党の選対会議が行われています。私は委員ではないので詳細はわかりませんが、どうやら来夏の参議院候補者決めの公募期間を来月の1月末に再度設定したそうです。以前に書きましたが、わが県連の「公募」は普通に皆さんが想像される公募ではありません。お金がかかる、いわゆる言葉悪く聞こえるかもしれませんが「持参金」がいります。もちろん、私などは選挙を今までやってきた人間ですから自身が選挙で戦うのに自分でお金を用意するというのは当たり前のことで、現に今までもそうしてきました。維新の会などもそれぐらいの覚悟でと自己資金の選挙戦であったと報道されていました。
 しかし、それも額次第の話であって、国政(特に参議選は全県での戦い)となるとその額は数千万だと言われています。そうなると公募にそもそも応募できる人は限られてきます(応募はできますよ、ただ候補者に決まらないだけです)資質とやる気、将来性があればお金は(自己負担はもちろんあったにしても)党が面倒みるとなれば若手にも、また政治経験のない方にも門戸を広げることにもなります。今までも意見してきてますが、将来的にはこのような形にもっていくことが党改革のさらなる前進につながるものと考えています。現状に風穴開けたい思いもあります。自民党県議の一年生では私が最年長でもあり、これからの党の改革にもっと積極的に取り組んでいきます。

| | コメント (0)

2012年12月22日 (土)

三連休です

 久しぶりに土曜日の午前、予定も入らずゆっくり過ごせています。時にはゆっくりと過ごす時間は必要ですよね。皆さん、そうした時間とれていますか?そういえば最近は全く読書もできていませんでした。先日気合いをいれて新書を2冊買ったのでなんとか年内に読み切れたらと思っています。

 今日を入れて三連休は日中は地元関係のもちつきが複数入っているだけ(夜は忘年会続きですが)ほとんど戦力にはなりませんが顔をださせてもらいます。

 以前は毎年スタッフをしていたサンタのイベントもここ数年は休ませてもらっています。この三連休は今年を振り返り来年に向けての活動計画等をたてる連休&子供達と全くと言っていいほど時間とれていなかったので、子供と過ごす時間もとれたらと思っています。

| | コメント (0)

2012年12月21日 (金)

勝って兜の…

 昨日の条例制定検討協議会(障がい者差別禁止条例)は、やっとタウンミーティングや関係者との意見交換を踏まえたなかでの、いわゆる「慎重な対応を求める」項目についてのすりあわせが整い、来月には最終的な成案に近いものを示せるところまできました。
 

 ここまでこれたのは順を追って作業をしていることもですが、今まで急進派だった委員が急に立ち位置を変えてきたのも功を奏しています。おかげで私たちが懸念していた点はほぼ解消しそうです。また、今回の条例制定作業では改めて議会事務局職員の優秀さを再確認しました。彼らがいなければ策定はできませんでした。まさに協働作業(事務的には随分と事務局に負担かけていますが)の賜物です。大変でしょうが、やはり議員提案の条例策定は今後も積極的に取り組んでいかねばならないと思います。但し数にこだわることなくじっくりと取り組むことが肝要です。

 昨夜はまた自民党県議団と今回当選した国会議員との意見交換会がありました。衆議5人のうち4名が参加されましたが、お一人お一人の挨拶のなかでこんな話が聞けました。

「昨日上京してきた。安倍総裁にも会えたが、会う人会う人に自民党が圧勝したことによる笑顔はない。これからが大変だという引き締まった顔、歯を食いしばるような意気込みを感じた。自分はそれが嬉しかった」

 私もこの話を聞いて嬉しかったのとほっとした感がしました。新生自民党にご期待ください。

 今日は予算総括委員会と議会運営委員会が開かれます。

| | コメント (2)

2012年12月20日 (木)

12時間睡眠

 昨日はなんと12時間睡眠しました。薬が効いたのか、かなり回復しました。

 今日は終日、条例制定検討協議会に出席。夜は忘年会が2件先約があったのですが、急遽、当選した国会議員と県議団の意見交換会が…一年生議員、先輩らが皆出席というなかで欠席もできず、ひとつは丁重にお断りを入れ、もうひとつは二次会から参加とさせて頂きました。心苦しいかぎりです。

 明日は予算決算委員会審議です。26日まで議会はあります…

| | コメント (0)

2012年12月19日 (水)

早速体調壊してます

 昨日から喉の痛みと寒気がひどく、夜の忘年会後速攻で寝ましたが夜中も寒気でなかなか熟睡できませんでした。朝一病院により議会にでますが、選挙の疲れというより気が緩んだんでしょうね。

 昨日は一昨日調査に出た土石流の砂防ダム計画の今後の取り組みについてと林材業組合の方を参考人として招き、現況ならびに、抱える課題、要望について集中審査を行いました。本県には組合員だけでも1万9千人近くの林業従事者がおり、その家族までいれたら、本県人口の3~4パーセントの方がいる計算となります。しかし昨日意見聴取したかぎりでは「明日に期待がもてない産業」であることは明らか。保林も山林の荒れ具合には追い付かず、予算も少ない、民有林は所有者はわからないのも多くあり、切った木材は値段が安い、市場の需要も伸びない、海外輸出も現在中国・韓国に試験的に行っているが抜本的な活性化にはまだまだ道半ば、経営が悪いため設備投資もできず、後継者不足も…厳しい話ばかりでした。そうしたなかで県や市町がどう林業行政にこれから関わっていくのか、今回数項目の要望が議会からの求めによりだされてきました。できるところから施策や事業をふくらませ支援をしていかねば、わが国の国土、山林はズタズタになっていくことでしょう。委員長の提案で集中審議のテーマに今回なりましたが、いい勉強をさせてもらいました。

 今日は補正予算が追加上程されます。額にして16億。合計66億。ほとんどが前倒しに公共事業ですし予算規模からしても経済対策にはほど遠いです。今日の新聞で10兆円規模の補正予算を検討しているとのこと、金額もですがどのような内容になるのか関心大~期待を持っています。

| | コメント (2)

2012年12月17日 (月)

やっと通常の議会に

 終わりました。自民党、293議席、自身の所属政党でもありますが、勝ち過ぎの感がしています。敵失なのにこんなに勝たせてよかったのか、という声は当然でしょう。

 選挙期間中の個人演説会で私は応援弁士を数回務めましたが、その際必ず「皆弁士は民主党の批判をするが、3年前にそういう未熟な政党であった民主党に政権を託そうという判断を国民の多くにさせたのは自民党への信頼がなくなったからだ。ならば、演説会で皆さんに訴えなきゃいけないことは、批判する前に自民党がこの3年間でどう変わったかということをまずお伝えしなければならないはず」という事を言ってきました。が、私の後の弁士も候補者本人もそのことは語らずじまいでした。

 自民党にとってはこれからがまさに正念場です。驕ることなく真摯に約束したことを着実に実行に移し国民の期待に応えねばです。私たちも朝一番で議員団会議を開き、県政においてもしっかり正面から臨んでいこうと確認し合ったところです。

 また今日から議会が始まりました。26日までの日程です。所属する委員会は雲仙普賢岳の土石流の流出防止の砂防工事の現場を調査に。現地から一部地権者の了解がとれず防災工事ができていないことに不安の声がでており今回議会に対し要望がでていたことを受けての視察でした。明日引き続き集中審査しますが、早期に工事に着手できるよう努めねばです。

PS 選挙のお礼、例えば「ご支援ありがとうございます」などという文面は公職選挙法に抵触します。頑張る決意のみの内容お許しください。

| | コメント (3)

2012年12月10日 (月)

お詫び

 随分と遅くなり申し訳ありませんが、選挙期間中にブログの更新を控えさせていただきます。

 公職選挙法では「選挙期間中の全ての政治活動はしてはならない」とあります。これは自身の選挙如何に問わずとなっております。ブログが政治活動にあたるかどうかは判断が分かれるところで、他の議員の取り扱いもまちまちですが、日頃より情報の発信ということで日々更新を基本としている私の場合は十分政治に活動にあたると認識しています。確認が遅れ躊躇していましたが、やはり期間中の更新は控えさせていただきます。

 また選挙が終わりましたら更新に努めますので当ブログの訪問よろしくお願いします。

| | コメント (1)

2012年12月 5日 (水)

投票に行こう

 昨日から選挙が始まりました。一番の願いはもちろん…ですが、次に思うのは皆さん、棄権なきよう投票に行って頂きたいです。若い人が行かないから政治家が若者を「浮動票」としてみなし軽んじる傾向があるのだと思います。まずは投票に!

選挙が始まる前、年齢別の投票率がどんなものかと思い調べてみました。

http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/693/

 今日は予算総括質疑が行われます。私の出番はおおよそ15時ぐらい。30分の持ち時間ですが、前の同期議員がおせば20分ぐらいになるかもです。歯科保健行政、経済対策基金、地域の活性化について質問します。

| | コメント (2)

2012年12月 3日 (月)

決選前日

 いよいよ明日から選挙が始まりますが、世間の関心は…どうなんでしょう、師走の忙しいなか、飲食店からは恨み節も聞かれ、また保身のための離合集散の様にあきれ果てさらなる政治不信を招いているのではないかとさえ思います。しかし、ならばこそ、今回の選挙で各候補者が語る政策、日本~長崎の将来の姿をしっかり聞いて頂きご判断を頂きたいと思うところです。昨日の1区での青年団体主催の公開討論会、私は体調不良で足を運べませんでしたが、ユーチューブでライブを見ました。視聴者数はなんとたったの21名、残念なかぎりです。

 議会は今日、明日と休会ですが、水曜からは26日までびっちり通常通りに議会です。選挙活動には大きな制約となりますが、議会活動はしっかり臨まねばですから仕方ありません。市議会も同様なので、異例の地方議員の姿なき選挙戦となります。

 今週は今日は総決起大会(18時半、県総合福祉センター)、5日は予算総括質疑で30分質疑をします(15時予定)

| | コメント (3)

2012年12月 2日 (日)

まいってます

 金曜日夕刻ぐらいからお腹の調子が悪く、土曜は明け方から激痛でたまらず病院に行ったら「大腸炎」と診断をされました。できるかぎり安静、食べるものもやわらかいもの、アルコールはもちろんNG(酌して返杯したらうつるそうです)で、昨夜出席の忘年会はご馳走を前に挨拶のみで早々に失礼しました。

 大事な時期に…完全に休むわけにいかず活動していますが、そのせいか治りも悪くまいっています。

 ところで、私の上海航路の質問で「県が中古船を買って民間事業者に貸し出して二隻体制でやらないと成功しないのではないか」という趣旨の質問をしたことに「そんな訳のわからんことを」というようなご意見を頂いていますが、私が意見したかったのはあくまで「県の覚悟」を問うたのであって、それをやれという話ではなく、それぐらいのことをしてでも臨まないと「失敗してやっぱりだめだったね」の話ではないでしょうということです。ひとつの例えでありますのでご理解願いたいと思います。

PS どこぞの政党はこども手当、年31万2千円を公約にしています。12月で割れば2万6千円…まだ言うんですね?

| | コメント (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »