« 頭が下がります | トップページ | 年明け早々の選挙 »

2012年12月24日 (月)

ふるさと納税

 本会議や委員会でよく「ふるさと納税」の推進についてが質疑になることがあり、知事も先頭にたって東京とかで県人会等があった際は積極的にPRしてるそうですが、ネットで以下のような記事を見つけてびっくり~ここまでくると納税の本来の目的から大きく外れているような気がするのですが皆さんどう思われますか?

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121214-00029225-zai-bus_all&p=1

PS 今日は珍しく終日フリーでした。午前中は家の用事をすませ、午後はブリックに所用があり出かけたついで近くの大型商業施設に寄りましたがすごい人でした。車なしで出かけていたのですが、駐車場は満車、待機の列が長々と続いてました。世間はクリスマスですね。皆さん、暖かな一日をお過ごしくださいませ

|

« 頭が下がります | トップページ | 年明け早々の選挙 »

コメント

 どの時代にも生き残りは確かにあったと思いますが、生まれてくる人に無能という人はいないはず。それぞれの人が自分にある才能を活かせる生き方ができるような社会をつくらねば。理想論ですが。でも今の政治はほど遠いですよね。自分にできることから取り組みます。
 2年間で2%の物価目標、言われる通り、賃金には反映されないと思います。
 格差についても拡大傾向が気になります。大人の所得格差が子供にも。しかし、いい取り組みもあります。埼玉県では高校の進学率は96%、しかし生活保護を受ける子供は86%、そこで県では民間団体と連携して特養の一室を借り大学生がボランティアで子供に勉強を教えるという教育支援を行ったところ、結果、進学率が上昇し通常の高校進学率と同じになったそうです。このような「教育、就労、住宅」支援の取り組みが今こそ必要だと思います。

投稿: まえてつ | 2012年12月25日 (火) 07:57

高収入な人ほどふるさと納税すればその恩恵が大きくなるということですね
賢くて高収入な人と情報弱者で低収入な人の格差は、これからますます広がりそうですね

自民政権になりインフレ方向で消費税を上げ、土地、株が上昇する割りに賃金が上昇しない傾向になるのでしょう
格差の助長で、底辺層は子供を作れなくなり、上の階層の子供だらけの日本になっていってますね

能力があるものだけが子孫を残せる
原始時代から続いてきたことですね
遺伝子は無能なものを淘汰したいんでしょう
そうしないと遺伝子自体が強くなれないんでしょう

賢く情報を取り入れることができる者だけが生き残れる時代です

投稿: pp | 2012年12月24日 (月) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頭が下がります | トップページ | 年明け早々の選挙 »