« バトルにならず | トップページ | 決選前日 »

2012年12月 2日 (日)

まいってます

 金曜日夕刻ぐらいからお腹の調子が悪く、土曜は明け方から激痛でたまらず病院に行ったら「大腸炎」と診断をされました。できるかぎり安静、食べるものもやわらかいもの、アルコールはもちろんNG(酌して返杯したらうつるそうです)で、昨夜出席の忘年会はご馳走を前に挨拶のみで早々に失礼しました。

 大事な時期に…完全に休むわけにいかず活動していますが、そのせいか治りも悪くまいっています。

 ところで、私の上海航路の質問で「県が中古船を買って民間事業者に貸し出して二隻体制でやらないと成功しないのではないか」という趣旨の質問をしたことに「そんな訳のわからんことを」というようなご意見を頂いていますが、私が意見したかったのはあくまで「県の覚悟」を問うたのであって、それをやれという話ではなく、それぐらいのことをしてでも臨まないと「失敗してやっぱりだめだったね」の話ではないでしょうということです。ひとつの例えでありますのでご理解願いたいと思います。

PS どこぞの政党はこども手当、年31万2千円を公約にしています。12月で割れば2万6千円…まだ言うんですね?

|

« バトルにならず | トップページ | 決選前日 »

コメント

1.運航会社の企画についての「長崎県」の精査能力の欠如。
…第1次!本格就航以前、つまり前年11月3日の初航海(試験航海)時に、関係者が乗船した折りに、欠点・改善点は把握出来ていたにも関わらず、
運航会社の本気度?やる気?能力?を、買いかぶったのではないでしょうか?
 もっとも、翌年の本格就航までには、キッチリと「仕上げて」くるはずだと長崎県も思っていたでしょうが!?
  … 世間一般では、『常識』と言います。

※結果、カッコ悪かった!?『県民だより 1月号』!!
*営業就航記載日が2月29日に変更修正されないまま、中村法道長崎県知事の表紙掲載長崎県広報紙『県民だより 1月号』は長崎県民に配布された。

投稿: 『長崎ー上海航路』に関する一考察(検証提案・その1) | 2012年12月 3日 (月) 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バトルにならず | トップページ | 決選前日 »