« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

もうすぐお知らせできそうです

 参議選が二か月を切り慌ただしくなってきましたが、全国比例に長崎市選出の現職県議が挑戦することが予定されているため、定員2の補欠選挙が行われる見込みです。仮にその方が公示日に自動失職したら、そこから50日以内ですが…お盆は避けたい、原爆関係は避けたいとなれば選管の準備次第ですが、8月4日が濃厚ではないかと勝手に思っています。しかし、もしかしたら自動失職でなく、早い時期に辞職されたら、参議選と同時ということもあり得ます。はたまたそんなことはないと思いますが、出馬を取りやめたら補選そのものが来年の知事選にスライドします。あわせて本番では何万票という票を獲得せねばならぬ選挙ですので、組織代表ならまだしもそうでない方が手を挙げるのはなかなか難しいことです。

 しかし、もう自民党としても時間があまりなく、この間人選についてとても苦労してきましたが、やっと近々公認候補としてお知らせすることができそうなところまできました。今しばらくお待ち願い、決まった折には政治活動ならびに後援会活動へのご支援お願いいたします。

30

 ところで話はがらっと変わりますが、昨夜飲食をした知り合いの店で県産品の焼酎や日本酒を飲もうとしたところ、両者とも一種類ずつのみ。いも焼酎にいたっては扱っていないとのこと。すかさずもっと種類を置くよう頼みましたが、市内の多くの店でほんと県産品少ないですよね。確かな数字ではありませんが、宮崎・鹿児島では県産焼酎8割、本県は2割と聞いた記憶が。キャンペーンはらねばと思います。

 ちなみに参考として県産酒の受賞歴です。飲んでみてください。県産がないお店では「県産品を置かないと店にこないぞ」と少しオーバーに話してみてください(笑)

| | コメント (2)

2013年5月29日 (水)

そろそろご決断を

 一年交代の議長がいいとは思いませんし、この一年県政発展、議会活性化のためご尽力頂いた議長ですが、そろそろご決断されてもいいのではないかと思っています。

 なぜなら、政権交代したなか、県として国に対して要望活動に取り組むには、議長が同行し要望活動をするには政権政党の議長がいいと思うこと。しかしこれは前政権でも多くの県議会において議長が非政権党であったということもあるのでしょうが、本県はプラス議会において過半数をおさえていない現況にあるので議会運営の意味からもそう思っているわけで、その他にも些細なことになるかもしれませんが、

○現在水産部で問題になっている案件に対し先方からの一方的な嘆願書に対し一度ならずも二度、所管する委員会に委員会開催を要請している。これは所管する委員会の委員長権限への過剰な介入です。当事者と県で認識の違いから協議中であるのはご存じのはず。それを一方に肩をもつような、しかも先方が県を提訴すると言ってきているから早急に開催する必要があるとおっしゃっているとか…それが事実なら言語道断です。脅かしに屈する形になることは絶対にあってはなりません。

○また上記の件は先日の議会運営委員会でも「県政改革委員会でも議論したい」という意見がだされましたが、所管委員会でまずは審査すべきという意見がだされたにもかかわらず、明日県政改革特別委員会で審査することが決定し通知がだされています。先の議運では既に新年度の当委員会の委員構成を決めようともしていたなかで、まだ「前の委員会が生きているから」と急遽開催することについて、その経緯も含めよくご存じのはずの議長が委員会開催を許可したことについて公正な議会運営という意味で疑義をもつものであります。

○過日、韓国の経済界が来崎したおり、その歓迎の懇親会のなかで、対馬の仏像返還に対し意見交換しないばかりか(先方が経済界だからこそ我々の主張をすべきだったかと)衣装を着替え化粧をし「どじょうすくい」をご披露したとか…交流促進とはいえ、議長としての威厳に欠けますし、このような情勢のなかでそこまでサービスしなくてもいいのではないかと思うのは私ばかりでしょうか…

まだまだありますが、様々なご尽力頂いたのも事実。お疲れ様でした。

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

肥前の殖産を実現する会

29

2902_2

 考え方色々でしょうから「面白くない」と思われる方もいらっしゃるのでしょうが、実現する会の前には「新幹線西九州ルートで~」というタイトルが入っている会合に昨日初出席してきました。

 会の目的は、佐賀県内でも「妥協の産物」のフリーゲージトレインは新鳥栖~武雄間93ケ所の踏みきりの危険性、時短効果の薄さ、本州への直接の乗り入れの期待もてないなかで、新幹線効果を最大限発揮するために、佐賀県側から「フル規格化」の声が徐々にあがっているということです。これまでは佐賀県に配慮して本県からはけっして声をあげることができず悶々としていた件(フリーゲージで博多~長崎1:20、フル規格で超最速0:40)に関し、対象となる新鳥栖~武雄間(写真青の線の部分)の11市町のうち9市町でフル規格に賛成の意見であり、市町によっては議会で意見書をだそうというところまできているそうです。

 約800億の佐賀県の負担をどうするかという課題がありますが、本県としては願ってもない話であり、会議の席では「そういう状況にあるので長崎県からも声をあげてほしい」との意見がだされました。先方にはJR九州に前いた方もおられ説得力あるデーターや表にでないJR九州の本音のような話(フリーゲージ導入したくない)も聞くことができました。

 もちろん人的交流促進、それが経済活動につながるということですが「点ではなく線でものを考えよう」「将来的には物流新幹線も視野に」とこの会議ではかなり議論を重ねてきた経緯があり、また佐賀の自民党県連大会では石破幹事長が挨拶で「踏みきりが多い新幹線は本来の姿ではない」というような発言もしているとのこと。

 この議論は先送りできるテーマではなく情勢的にはここしばらくがとても大事な時期となります。長崎からはお誘い頂いた先輩県議と同僚県議あわせて三人で話を聞いてきましたが、持ち帰って議会ばかりでなく行政、経済界等の方の声を聞いてみなければいけません。

| | コメント (0)

言わんこっちゃない

28_2

 今日の長崎新聞です。

 この記事見ると地元の方は心配しますよね。

 交通局所管の委員会委員長ということでこの件について「24日の協議会(勉強会)で説明し27日に記者発表したい」とのことでしたが、十分な審議をしないなかでの記者発表は誤解も生むし、地元に不安の声がでてくるのではないかと発表に反対しましたが、どうしてもというので委員会では了解しました。

 が、言わんこっちゃない、さも決定したような書きぶり。委員会でも集中審査することにしていますが、こういう報道があると、既定路線としかならず、しかもこれでは長崎市側の言い分も全く反映されない状況に。

 どのような発表になったのかわかりませんが「十分注意して発表するよう」注文していた私としては議会軽視としか思えません。こんなマスコミ操作とも思われることをするならば、やっぱりこの際(個人的な考えは委員長になったのでセーブしようと思っていましたが)「長崎市からの県営バス全面撤退」も俎上に載せられたらとも思い始めました。

 いずれにしてもこれは決定事項ではありませんので、委員会において集中審査をします。

PS 面白い会議は後程書きます。

| | コメント (3)

2013年5月27日 (月)

さつきもラストの週に

 さすがにもうGW気分はないでしょうが、5月ももうラストの週ですね。

 今週は議会は金曜日に条例制定検討協議会、議運が行われますが、政府施策要望の文言調整や委員会に向けての事前調査、今議会での個人質問の準備等も行います。条例制定については、また次の条例をつくると張り切っていますが、私は条例制定は望むべくは行政でつくるのがベターと考えており、どんな条例制定に取り組むにしても行政の動き、考え方を確認しながら進めていくべきだと思っており、そのような意見を述べようと思っています。条例をつくること(実績づくり)が目的とならぬよう。「お前は相変わらず後ろ向きだなあ」と言われるのは覚悟のうえで。ちなみに昨日古賀事務所開きで障害者差別禁止条例制定での意見交換にでてこられた方とお会いし、先日議会にて条例が可決されたことを伝えると「聞く耳もたないですから呆れますよ」と苦言をお受けしました。確かにまだ時間をかけるべきだったと思いますが、議員間の協議の場で「抵抗勢力」と思われるのを避けて発言しませんでした。申し訳ななかったです。だからこそ今回は…!

 昨日は朝からの古賀事務所開き出席を行事として優先させたため結局小学校の運動会は2ケ所しか顔をだせませんでしたが、子どもから元気をもらいました。開催に向け準備をされてきた先生方、保護者の皆様お疲れ様でした。

PS 今日は夕刻、面白い会議に案内受けています。もったいぶるわけではないですが、正直内容をよく承知していないので明日ご報告します。

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

地域医療再生基金

 医師不足が言われて久しいなか、県においては将来へのさらなる高齢化踏まえ独自の医師確保対策ならびに質の向上、在宅医療への取り組みを継続して行ってきてます。

 しかしその財源は少なくない額を国の基金事業に頼っているのが現状であり、先週所管委員会で説明がなされていますが、現在第3次の再生計画の申請時期となっています。

 問題と思うのは、「財源が国頼みであり、継続した取り組みが保障されないこと」「そのため細切れのような施策展開のように思われること」「区切りにきちんとした検証がなされていないのではないかということ」「施策の優先順位が行政のなかでのみ決められていること」等々を感じています。

 今回の第3次の再生計画も申請の45億に対し県の段階で絞り込まれて15億。委員会のなかでは例えば漏れた事業にどのようなものがあったのか等は知らされてません。

 もっと議会としてチェック力つけねば&第3者のチェックの必要性も問われると思います。これも今議会の個人質問の項目候補です。

 今日も晴天ですね。公立の多くの小学校で運動会が行われます。運動会日和でなによりです。私は古賀事務所の事務所開きに出、可能ならば運動会にも顔だしを。夕方からは銅座町自治会の総会&懇親会に出ます。

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

競技力向上

01 02

 「長崎がんばらんば国体2014」まであと504日となりました(来年10月)
 それに先駆け、今月24日から37競技のリハーサル大会が順次行われます。

 なかでも全日本総合女子ソフトボール選手権(9月・時津、長与)は北京五輪で金メダルに輝いた日本のエース、上野由岐子選手らを擁するチームの出場が見込まれています。
 また、25、26日に行われる都道府県対抗なぎなた大会も長崎県勢は上位を狙っており注目されています。

 リハーサル大会が開催されることも知らない方が多いのでは。高いレベルの試合が見れるのと、来年への本県選手へのプレ応援兼ねて足を運ばれ応援してください。

PS 明日はVファーレン、格上の相手ですが是非勝利を!負けるとズルズル↓の予感

| | コメント (2)

2013年5月24日 (金)

委員長デビュー

 昨日より委員会が始まりました。

 昨日、今日は所管する環境部・土木部・県民生活部・交通局の人員体制や業務、施策、予算の概要の説明を受けるだけで本格的な質疑は後日になるのでデビューといっても議事進行役ですが、かなり守備範囲の広い委員会だということを再認識しました。今日は交通局の説明を受けその後来月に知事ならびに正副議長が上京し「政府施策要望」する項目の審査が行われます。

 今議会は個人質問も行います。これまでの質問ふりかえり項目絞って!が、毎回そう思っているんですが本番時はてんこ盛りに(-.-)

PS 飲食街、人通りが少ないです。経済活性化のためそう散財してとはいいませんのでこまめにノミニケーション(古い言葉ですね)お願いします。

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

評価とアンケート調査のかい離

22_5

 昨日は議場におけるロビーコンサートが行われました。

 高校生による演奏や弁論、コーラス、なかなかよかったです。傍聴席も関係者で一杯でしたが、議長の挨拶で「コンサートが終わってからも議会を傍聴ください」と呼びかけていましたが、終わったら…ゾロゾロ。残念でしたが仕方ないですよね。またの機会に!
出演された方、また議会事務局はじめ準備された方々お疲れ様でした。

22_6

 さて、昨夜はお知らせしたマニフェスト検証会に参加してきました。時間ぎりぎりに会場に着きましたが、会場のメルカ築町の大会議室(確か200定員)は既に一杯で大盛況でした。既にコメントも頂いていますが、確かにJCさん、よく頑張りました。市民がこのような形で市政に関わる、また選挙の時の公約を検証するという作業は大変有意義なものであったと思います。「マニフェスト検証大会・長崎市」で動画も見られそうですので是非ご覧になってみてください。

続きを読む "評価とアンケート調査のかい離"

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

今日から議会

22

 今日は開かれた議会を目指し、開会前の10時10分より本会議場にて高校生によるコンサート、意見発表等が行われます。インターネットで見れますのでお時間ある方はご覧になってください。この件は議長提案であり、悪いことではないので了解しましたが、開かれた議会を目指すなら例えば「委員会中継」等他にも取り組むことはあります。広聴広報検討協議会が精力的に検討を重ねていますのでご期待されていてください。

 昨日はブログを休みすみませんでした。明日から勉強会というのに委員会の勉強が追いつきません。

 さて、今日の新聞で過日私がブログにも書いた「直売所への行政指導」の件が再度記事になっていました。一部の会派が現地調査を行ったとあり、その会派に対し先方が「嘆願書」を渡したとなっています。県が行政指導をしていることからすると要は「県との約束を破っているが地域活性化のため大目にみてくれ」との話です。ならば、約束を破った事実を認めることからスタートしなければ「認識が違っていた。なので県の指導には従えない」では平行線のままですし、それならばどう認識が違っていたのか、遡って委員会ではっきりさせるしかありません。行政のチェック不足という実務怠慢もありますが、今回のようなことをうやむやにしては今後の県有地の活用についても大きな影響がでますので、この際委員会で集中審査することをわが会派からも要望していきたいと考えています。

 今日は本会議~委員長会議~議会運営委員会~水防会議に出席します。

(お知らせ)
 今夜青年会議所主催で長崎市長のマニフェスト検証大会が行われます。どんな内容か興味深々なので私も顔をだす予定でいますが、皆さんもよろしかったら!

| | コメント (1)

2013年5月20日 (月)

いよいよ今週から議会が始まります

 新年度の通年議会がいよいよ水曜から始まります。

 木金は早速委員会が開催され、委員会のメンバーが変わっていますので所管する全課の仕事内容についてまずは勉強会が開かれます。このレクを聞いて議案外の質疑項目や集中審査の項目等を委員それぞれが認識し質疑等展開してくるものと思われます。

 水曜日の本会議は議案上程のみで、午後からは委員長会議ならびに議会運営委員会が開かれます。私は本年度も議運のメンバーになっています(-.-)

 また、同日初めて「水防協議会」という会合に議会代表として参加します(環境生活委員会の委員長の宛職だそうで、このような宛職が複数あるみたいです)月末には議長の代理で食品衛生協会の会合にも出席。委員長にならせて頂いたことで公務が増えそうですが何事も勉強、いい機会ですので知識を広げ&人脈づくりに努めます。

 今日は晴れましたね。一日ずれていてくれたら運動会も開催できたものを。Vファーレンも応援に行きましたが残念ながら負けました。しかし新聞にある通りいい試合でした。

今週も皆さん、ともにきばりましょう!

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

雨で順延

 今日は多くの小中学校の運動会が予定されていましたが、あいにくの雨で順延が多かったんではないでしょうか。私が案内を受けた二校も平日開催で延期となっています。子どもも親も残念ですね。

そんなんで少し時間が空きましたが、午後はVファーレンの応援に行き、夕方からは城栄商店街の総会・懇親会にでる予定しています。

 

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

選挙モード突入か

 今日は自民党県連大会が行われました。二年に一度の役員改選も事前に人事案は内定していましたので異議なく了承され、新体制のもと、県議会においては県政推進にさらに尽力することを約束し、そして夏の参議選まであと2ケ月あまり、必勝を誓う決起大会もあわせて実施し、まさに選挙モード突入です。
 来週からは議会も始まります。個人質問も順番が廻ってきそうです。委員長ということもありとにかく勉強あるのみ。

最近はさらに一年生同僚議員がそれぞれ声をかけあって、色々な部署の中堅・若手職員とも「割り勘飲み」を開始し始めました。ちょっと出費はかさみますが、飲んだ席での忌憚なき意見交換はかなり有意義です。職員のやる気も熱い思いもしっかり感じています。これからも続けて行っていきたいと思っていますのでよければ逆指名もしてください(笑)

PS 長崎市は今も議員と職員は原則飲むのは禁止しているんですかね?もしそうならそろそろ解禁していいんじゃないでしょうか

| | コメント (2)

2013年5月17日 (金)

NPOで破産!?

 岩手県山田町の緊急雇用事業を受託したNPO法人がずさんな運営で破産しています。

 金額がなんと5億6000万…町は法人相手に訴訟を起こすそうですがお金取り返せないでしょう。法人にもびっくりですが、自治体の監査チェックがどうだったのか、そもそもこんな大きな額をひとつの法人にまかせたこと自体が問題ではなかったのかと、むしろ行政の責任が大きいのではと思ったりもします。

 他人事ではなく本県においても、NPOの育成は大事ですが、このようなNPOが受託した、もしくはNPO団体が企画提案し採択されたこの種の基金事業については、さかのぼっても再度チェックする必要があるのではないかと思っています。なぜなら、先の議会で私は緊急雇用事業を所管する部に「これまであった民間からの提案型の事業(ふるさと雇用)が制度としてなくなっているが、自身としては有効な事業であったと認識しているがこれを補うような工夫はなされないのか」の質疑のやりとりをし後日、ある国会議員に「なぜ国がこの制度をなくしたのか」を尋ねたところ、「民間に直接にしたらチェックが効かないんだよ」というような話であったのを今回の報道に触れ頭をよぎったところです。

NPO育成と支援、所管する委員会所属なので力いれて取り組む課題のひとつです。

PS 観光へのコメントおっしゃる通りだと思います。以前に私は長崎市の観光をレストランに例え「古びた三ツ星レストラン」と表現したことがあります。本市のイメージ(外観)は昔と同じ「エキゾチックな歴史の街」店内に入るとメニューも昔のままの「グラバー園」「めがね橋」「カステラ、ちゃんぽん」、店の人の接客(ホスピタリィティ)もあまり変わらず…これではなかなかですね。今日もアジア国際戦略課に出向き、観光ターゲットとしての「韓国戦略」について話をしてきました。レポートを書く際にそのことにもふれます。

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

どんより空ですが

 今日も仕事に精一杯励みましょう。

 私は今日は交通局ならびに県警との打ち合わせ&現地調査があります。あとは相談事対応と22日から始まる議会の準備。

昨日たまたですがグッとくる記事を見つけました。

 ↓

http://sankei.jp.msn.com/life/news/130506/trd13050608400005-n1.htm

PS 今週末の土日にインフォしていた第2回「食の遊宴地」が夢彩都横のおくんち広場で開催されます。ぜひ足を運ばれてみてください(案内チラシアップしています)
&日曜日に今年唯一かきどまりで行われるVファーレンのサッカーの子供達招待の抽選に当たりチケット頂きました。子供は楽しみにしています。やっぱり長崎市開催が足を運びやすい…

| | コメント (1)

2013年5月15日 (水)

ソウル事務所開設

 実は先週末より釜山に行き、今月曜日のソウル事務所の開設記念行事に出席、ならびに夏から就航予定の航空会社との調印式に同席してきました。

 詳細は改めて写真と一緒にお伝えしますが、釜山については昨年ブログでもお伝えした西海市(一部長崎市)で行われた自転車レースの今年度の大会での韓国市民参加の要請、ならびに今後の長崎県(市)との国際交流の展開についての課題等の意見交換を関係者としてきました。
(長崎市による釜山事務所が開設されて10年経過しますが、どれだけの成果を挙げ今後どのように展開していこうとしているのか、今回意見交換してきたなかでは長崎市、本県の知名度については残念ながらお寒いかぎりでした)

 ソウル事務所開設についても10年ぶりの再開(奇しくも長崎市釜山事務所と同時期)となるなかで、人流・物流のさらなる促進といっていますが、「なぜこの時期なのか」「なぜ韓国なのか」「人流はともかくどんな物流を目指すのか」「市町との連携はどうとるのか」等々確認すべき点は多くあります。

 そして心配性の私が既に心配しているのは大韓航空系列のLCCによる「週三便の定期航路」、一定の就航率がキープできるのか…

 新年度当初予算の審議のなかでは了解されてるとはいえ、少なからずの県民がこの時期の動きに対して疑問をもっているのも現実です。ですからこの時にこそ「目指す成果とその実行のプロセスについて」はしっかり追及確認せねばと思います。上海航路の二の舞にならないためにも。また責任の所在を明らかにしとくためにも。

 
 今日、所管する委員会の3月議会予算審議時の議事録ならびに資料をもらいました。高さにして20センチ強、かなり読み込みに時間が…きばります!

| | コメント (1)

2013年5月14日 (火)

シルバー世代

 昨日の人口予測のブログに対しコメントもですが詳しいデーター欲しいとの連絡もらいました。嬉しい限りです。ありがとうございます。

データーは冒頭に書いた国立社会~の団体のHPで見れますが、

http://www.ipss.go.jp/pp-shicyoson/j/shicyoson13/t-page.asp

 長崎県だけを知りたいということであれば加工したデーターを送信できますのでご連絡ください。コメントでも意見あっていましたが、65~74歳、また15歳以下の数値もお知らせできますので。

 コメント頂いた74歳までの人も元気に働くというのはわかります。今のその世代は元気ですよね。長崎市には「シルバー人材センター」というのがありますが、以前に議会では、いい意味で独立してボランティアではなく企業としてやっていけるのではないかと意見したこともあります。元気な高齢者が増えるということは先日の分子の数値が抑えられるということですから、これから確かにその世代の働き方はとても大事です。それも収入の視点だけではなく、社会・地域に対して貢献して頂く立場から現役で頑張って頂いたら、社会は随分と安心した、ゆとりのある社会環境になるんのではないかと思います。

PS もうひとつのコメント、きちんと承知していませんが、例えば対馬を頭に浮かべてのリクエストであるのだろうと思いますが、対馬でさえ全体の1%程度、そのような数字を聞いたような気がしていますが一度きちんと確認してみます。

| | コメント (1)

厳しい将来予測のなかで

 昨日のファックス通信で将来の人口予測を掲載しました。
ブログを読んで下さる皆様にもお伝えしたく、お知らせいたします。

034

| | コメント (2)

2013年5月11日 (土)

不採択の原因を踏まえて

過日の食品デリバリーのブログについて国の補正予算のお知らせを 頂きありがとうございます。雲仙市で採択されてるとのことですのでその内容については調べてみたいと思います。ありがとうございます。

その補正予算の事業については私も承知していて、実は本県で採択があった一方で長崎市からの申請については不採択になっているのです。申請までの期間が短かったため計画の熟度が足りなかったのか、不採択の理由がわからないので、まずはその理由を確認せねばなりませんが、大事なことは当たり前のことですが、不採択後の対応です。ならばどうするのか?

今回の事業は既に地域内にあって唯一あった食品を扱うお店の閉店による買い物支援事業の補助申請であったと聞いていますので「不採択で残念、また次がんばろう」という話ではありません。今まさに非常に困っているわけですから、ならばどうするのか、という次の策を考え実行せねばならないわけで、先日イベントで市長と会った際に不採択の結果とその後の対応お願いしました。また財政の部長にも不採択に至る経過の調査も依頼したところです。今回の事業は地元負担もあるなかで計画されたものですから申請主体であった地域協議会も落胆著しいと思うわけです(この種の協議会のなかでの専門性の高い人材の確保、関わりも課題)「買い物弱者対策」は解決の優先度の互い課題であります。緊急雇用事業の制度を活用してのモデル的な取り組みもやっていますが成果につながっていない模様です。この機会にしっかり追いかけて取り組んでいきます。まずは近々長崎市の担当部署に足を運んでみますので市の取り組みについても改めてお知らせしたいと思います。

皆さんよい週末をお過ごし下さいませ

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

予期せぬ就任に

 委員長ポスト等を決める全員協議会がまるまる3日間、断続的に開催された世話人会のもと行われてきましたが、その結果として予期せぬ展開で私は今年度「生活環境委員会」の委員長を務めることになりました。

 所管する委員会にも初めての所属となるなか、ほんとうに重責ですが、しっかり一年務めます。所管する部はコメント頂いた通り、県民生活部、環境部、土木部、交通局と多岐に亘る部署になります。それぞれの部がどのような所掌事務を受け持っているかはまた後日お知らせしますが、なにぶん知識薄い分野もありますので、関係する方々のご指導や助言多く頂ければ幸いですし、私なりにやりたいことも既に持っていますので、来週から事前勉強に努め改めて皆さんにも「らしく」どのような課題に問題意識を持って臨むかもお伝えしたいと思ってます。

 切歯扼腕、そこまでくやしい思いは…とにかくあまり気負うとうまい結果にならないこともあるので長いスパン、一歩一歩、行政と認識共有しながら取り組んでいきます。

 そして周囲の方々には文教厚生に所属すると言ってきていました。申し訳ありません。でもその分野も引き続き頑張りますのでお許しください。

PS コメントありがとうございます。パソコンが当時あれば…私も同感に思うことあります。書店の話は心温まる話ですね。私は恥ずかしながらそんな勉強しませんでした。

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

今どきに驚きました

09 09_2

 おかげさまでうちの長男も小学6年生になり来春は中学生に。

 その長男なんですが今学校外での習い事は水泳と空手をやってて学習塾は行っていませんでしたが(その必要性も親として感じていませんが)さすがに本人が何を意識したのか、通信の教材で勉強したいと自ら言ってきたものですから(学習塾に通うより費用が安いこともあり)先月よりスタートしています。

 で、勉強している姿はこれまでも見かけていたのですが、学習のなかに「あかペん先生」といって問題を解いたのを郵送してそれが採点されて郵送されて返ってくるというのがあるのですが、そこで「今どき」とびっくりさせられたのは、その採点が自宅のパソコンで見れて、間違ったところは復習のメニューもその画面上にでるのです。しかも学習に応じてご褒美コインが貯まって、一定貯まれば玉手箱が開けられるみたいな仕掛けも…いやはや驚きです。

 このようなITの活用による学習スタイルに驚く私が旧世代なんでしょうか…

少々邪道のような気がしないわけでもないですが、勉強に関心を持つのはよしとして、飽きずに続けばと願っています。

 今日も断続して議会での全員協議会が開かれています。

| | コメント (3)

2013年5月 8日 (水)

覚悟

 昨日のブログに対して親しき方からメールを頂きました。

『これからは介護されながら生きる高齢者はもっと増える。子どもが親の介護をするにも核家族化したなかではとても大変。さりとて老健や特老を増やせば保険料がアップする。これからの経済はマイホームと車の購入に並んで介護に多額の出費をさせる経済になるであろうと覚悟している。親の介護も子どもの義務だと覚悟している。』

 そうですね。介護の問題は避けて通れない大きな課題であり、今既に困窮している方が多くいるなかでは、制度設計の見直しは喫緊の取り組みが必要だと思います。先日の新聞では改憲の動きのなかで、まさしく「親は家族が看ることが当然だ」の風潮になることの危惧も記されていました。

 新年度、文教厚生委員会に所属できるでしょうから(明日には所属委員会決まります)しっかり自身も取り組みます。

※関連した内容でまえてつ通信NO27もご覧になってください

PS 先般、映画にもなっている「県庁おもてなし課」のことを書きましたが、先日の新聞のトピックスで「役所の若手職員が自分たちで町のPR冊子をデザインした」とありましたので、早速議会事務局の方にお願いし取り寄せてもらいました。

01 02
03 04
05 06
07 08
09 10

いかがですか?垢抜けていますか?
私はもうちょいインパクトあっていいのかなと思いましたが同僚の県議に見せたらなかなか好評でした。若い職員が自ら頑張る姿勢は頼もしいです。

| | コメント (1)

2013年5月 7日 (火)

介護保険サービスの見直しについて

 先日来、厚労省において介護保険制度の「要支援1」「要支援2」と認定された人向けのサービスを、将来は介護保険制度から切り離すことも含めて見直していく方針を固めた、という報道について

 なんでも、市町村事業に移行し、ボランティア、NPOなども活用して柔軟、効率的に実施すべきだと提案しているとのこと。

 これでは「切り捨て批判」も致し方なく、市町村におけるサービス提供にも、それぞれの自治体の財政力の違いで格差がつくのではないかと予想されます。あってはいけませんが、もしそのようなことになったら一番ご苦労するのは「家族の介護者」でありこれでは元の木阿弥になってしまうのではないかと心配されます。

 あわせてさらにまずいと思うのは既に既存の制度のなかで、実態のよしあしは別としても(検証が必要と思っています)要支援に向けた種々のサービスが既に実施、そのための施設もできており、提供する側にたてば、今さら何をという気持ちになるではないでしょうか…在宅へのシフトで介護費用が増加するのは織り込み済みであったと思うわけで、ここはまずは在宅と施設入所のバランス&介護費用の比較(今の新規の施設を基本認めないという方針がはたしていいのか~そのための検証を全国的に行う)をまずはすべきだと思いますが、そんなことは吹っ飛ばしての国民会議の提案には「本当に現場のことを知っているのか?」という思いさえいたします。

 私がこの報道に触れてまず感じたことですので、思い違いもあるのかもしれません。ご意見お聞かせください。

 連休が明け、今日から3日間、各種委員会の委員構成や特別委員会の設置に向けた協議がなされます。全協は世話人という形で各会派の代表が出て協議~それを持ち帰ってまた各会派にての協議、これをずっと繰り返して案件をひとつづつ片づけていきますので、原則この3日間は議会に全員拘束されます。

 新年度は「文教厚生委員会」を希望しています。

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

食品デリバリーと商店街

 私の地元の商店街もそうですが、地域の商店街の衰退がここのとこさらに拍車がかかったような感じがしており、空きテナントの表示がいたるところで見かけられます。

 一方、最近コンビニの店員さんを店を出た路上でよく見かけたり、バイク便が走る光景も見ます。たぶん食品のデリバリーではないかと思われます。ここ数年では生協の他にダイエーのような大手だけではなく地元のスーパーでも注文をネットやファックス等で受け付け配達するところも増えてきました。

 団塊の世代もあと10年すると70歳を超えるわけで、そうなると多くの方が買い物に出る、重いものを持って帰るというような買い物スタイルはこれからもっと減少して地元商店街にとってはさらに厳しい環境が予想されます。

 私が関わる商店街ではこれまでも商店街の活性化に取り組むなかで、宅配についても検討がなされてきた経緯がありますが、なかなか意見がまとまらず試行的な取り組みすらできていません。福祉とリンクさせてやることも検討したのですが…

 対面で商品を売ることが商売の基本、また既に独自で配達を行っているところ(米屋、酒屋等)では直接配達して「御用聞き」をすることが大事なので(次の注文につながる)、共同での配達システムができても参加しないというアンケートの回答もありました。

 では配達はしなくても、買い物に来て荷物が多くなったらタクシーで帰っている高齢者の方も少なからずいるという状況踏まえ「帰りのタクシー代補助」や商店街に来た方は買い物だけでなく、病院等の他の用事も一緒にすませる方も多いので「荷物の一時預かり~配達」みたいなことができないか(本人が直接買うところは省かない)とも提案したんのですが、検討の俎上に乗るところまでも至っていません。

 諦め感のような空気があるなか、しかしやはり地域の商店街はなくてはならなものという認識にたてば、ほんとに今が瀬戸際で、市と現場、市と県が連携をとって、場合によっては市の職員が各商店街担当で張りついてもらってでも(もちろん当事者の頑張りが一番)現況を打開せねばだと思います。

| | コメント (1)

2013年5月 4日 (土)

ファックス通信のバックナンバーをアップしました

 トップページでもお知らせしていますが、「ファックス通信」を「ひと月前分まで」を随時アップしていくことにしました。以前コメントを頂き、確かに多くの方にお伝えしたいという気持ちがありますのでそうさせて頂きました。
 但し直近、もしくはリアルで通信もらってもいいよという方は引き続きファックスでの送信を継続して頂ければ幸いです。アップの案内にも書いていますが、週1、スパン空けても二週に1回を心がけていますが、現在№33号ですので10日に一度のペースになっています。バックナンバーご覧になって頂き、ご意見やご感想頂ければありがたいです。よろしくお願いします。

 今日は朝一から自民党の広報車において広報活動を行いました。コースは野母半島を経由し茂木~飯の浦、太田尾~中心部と広報をして廻りましたが、夕刻の中心部においては「マイクの音が大きく騒音迷惑だ」と市民の方から強くお叱りを受けました。確かに党の広報車はマイクの音量が大きくでるため、自分達ではここまでは許容範囲だと思っていた音量が、聞く人からすれば騒音であったのかと…今後大いに注意せねばなりません。そのように感じている人が大勢いるのでしょうから。申し訳なかったです。

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

やっぱり弱ってみえるのか…

 昨夕、信号待ちしていると、自転車で通り過ぎようとしてた宗教関係所属であろう若い外国人男性が自転車をわざわざ停めて私に「時間ありますか?」と。断りましたが、弱ってみえたんでしょうか…

 コメントも頂いています。ありがとうございます。今月中に健康診断(ドック)を受けてみようと思っているところです。

 さて、昨日の委員会の正副委員長と担当部署の打ち合わせは、委員会での集中審査後の行政の対応の確認と委員長から意見要望の場となりました。委員長からはこの問題を長期化せぬよう、隣地の賃借や現在の雇用状況も考慮して検討するよう、また基準をつくるようにという意見でしたが、担当部局からは隣地や雇用はそれはそれ、今回の指導とは別であり、協議会設立の原点に戻り「直売所」のコンセプトを徹底させたいとの考えが示され、私も同意見ならびに委員長とは認識が違い、厳正に臨むよう意見をしたところです。いずれにしても問題解決のリミットは次の議会が始まる当月22日までとしたところです。

 明日は終日、党の広報活動。今日は毎年「安近短」で恒例の大村野岳湖の広場で行われている「新茶まつり」を覗いてきました。道中にあるシュシュも大盛況でした。イベントは今日が初日ということで来賓の背広組も多数、そのなかに同じ会派の同僚県議もいました。お疲れ様です。

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

ダブルでショック

 体調整えることは皆さん仕事をするうえで最低限の自己管理ですが、ここのとこ頭皮に湿疹がでてて我慢できずに病院にかかったところ、先生から「哲ちゃんの仕事も大変だろうけどストレスや心配、悩みからきとるとよ。思い当たることのあるやろ。セーブせんば」と言われまずはショック。

 そして続けて私の顔をしげしげみて「それにしてもようやけとるねえ」「いえ、先生、やけるようなところには出てないんですよ。皆から最近よく言われます」「そういえばどす黒い感じやね。それは体が悪かとよ。血液がよくなかとやろうね。健康診断は受けとるね?貴方の体はまだくだばってはいけないんだから大事にせんば」

 追い打ちでショックでした。他に昨日は朝晩にもショックなことがありダブルどころかトリプルショックな一日でした。

 が、連休前で今日も一日びっちり予定いれてます。昨日は熊本日帰りでしたが、その前に県庁にて過日ブログにも書いた「地域活性化事業」の来年度以降の県・市のサポートについて担当部よりレクを受け、しっかりフォローできるとのことでひと安心。早速、関係者に伝え2、3年後見越したスパンで取り組めるよう相談してみようと思っているところです。

 今日はまた昨日のブログした件で急遽正副委員長と担当部で打ち合わせが入りました。いい機会ですので委員会で確認し損なったこと含めてしっかり今後の対応について意見します。

 連休前、きばって仕事し、明日から休みを満喫されてください

| | コメント (1)

2013年5月 1日 (水)

厳正な対応を!

 今まで表にださずにいましたが、先週所管する委員会にて集中審議がありましたのでこの際ブログでもご報告を

 県がもつ資産のなかに水産部が管理する漁港関連の土地があります。水産業低迷のなかいわゆる「塩づけ」状態の土地も少なくなく、その活用については、民間からの提案によっては「土地の使用許可」を与えその活用に努めているところです。但しあくまで「水産振興」が目的でなければなりません。私なりには水産振興とは行きつくところは「生産者の所得を上げること」という理解をしています。

 そうしたなかで、皆さんご存知かと思いますが、長崎市内において地産地消のための直売所がその漁港関連の土地に11年に開設されました。その後一年が経過し規模を拡大したいとのことで、隣地に2期工事の申請があがりました。

 ここからが今回行政指導までの事態になった経緯になります。

続きを読む "厳正な対応を!"

| | コメント (2)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »