« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

県政報告会を行います

 今日はHPトップにあるように県政報告会を行います。

 選挙後に行いたいと思っての実施ですが、会場の都合ならびに8月に入るとなにかと盆前は皆様忙しくなるだろうと考え、月末の今日となりました。商売をやる人からは月末は避けるべきと苦言を頂きましたが今回はお許しください。

 久しぶりの報告会ですので6月議会の話を中心にしっかり話そうと思っています。懇親会には冨岡衆議、そして古賀参議がお越しの予定です。またVファーレン関係者も現況の報告、お願いにきてもらいます。

 お忙しいなかに来て下さる方に感謝し、またお時間あって1部だけでも顔を出せるという方は是非お越しになってください。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

少しでもプラスがあれば

 昨日、教育委員会の担当部署の方に説明を受けました。

 一番不謹慎と問題にした自殺事案の報告の際に笑いが起きた件は、説明によると自殺事案で笑いが生じたということは絶対にない。あったのは次の意見交換会の際に「国際的な場面で幅広く活躍できる人材の育成について」の意見交換を時間の都合で次回に実施すると報告した際に、一人の委員から「次回までに英語の勉強をしておかないといけない」との発言に笑いがでたとのこと。

 笑った、笑わないのやりとりをこれ以上しても仕方がないのでこの件については連続した話題のなかでそうであったのではということを信じるしかありません。十分な確認のないなかで皆さんに事実の確認のとれない内容をお伝えしたことについてはお詫びいたします。申し訳ありませんでした。

 しかし、「マスコミはそういう人種」「教育委員会もいじめの可能性もあると認めるにはもっと慎重であるべきであった」等の発言については正確な発言録をだすよう求めていましたが、非公開なので発言録はだせないとのこと。但しそのような趣旨の発言があったことは認められました。

 話をするなかで、マスコミ批判というよりもマスコミに自分達の真意が、また正確な情報が伝わらず、誤解を招くような書かれ方をされることがあると言っていました。そのことによって最悪の場合は二次被害も起きかねないと。しかし、今回の件では市教委の事実の公表についてもまずさがあったとの発言もありました。

 

 いづれにしてもこれで終わりでは本当に意味がなく、互いに嫌な感じだけもっただけに終わるので、以下数点確認がなされ、私から提案をしました。

○定例会は基本公開している(これは私の勘違いでした)、非公開のなかでどこまで公開できるかについては改めて検討する。同時に非公開の案件の審議内容についても事後公表について検討する。

○自殺案件については保護者の希望で公表しないでくれとなった場合、今現在は教育委員会のなかだけでしか事実の把握はできていないが、今後どこまでどの範囲でお知らせできるかについて検討する。

○毎回、教育委員会側からマスコミに自分達の真意が伝わらないという話がでたり、報道の内容によっては「二次被害」がでないか心配される時があると言う。
  一方、マスコミ側からは「事実を公表しない、隠しているのではないか」という不満が聞こえてくる。今後のことを考えた時に一度教育委員会とマスコミの報道のデスククラスの方で意見交換を行い「公表の在り方」「報道の在り方」について互いに忌憚なき意見交換行い改善すべきところは改善し、紳士協定としてに守るべきことは互いに守る姿勢を共有するような場をもってみてはどうかと提案しました。この件についてはやるという発言はありませんでしたが一度そういう機会をつくったがいいと私は思います。

 いじめ対策については7年前に県はガイドブックを作成しています。十分な内容だと思います。改めて読み返してみねばです。

http://www.pref.nagasaki.jp/sien/pdf/h20ijime_handbook.PDF

| | コメント (2)

2013年7月30日 (火)

通信から気づかされました

 事務所には様々な情報がメールやファックスで届いてきますが、そのなかに「長崎県CSR通信」というのがあります。これは障害者の就労支援の異業種交流会に参加した際に登録~定期的にファックスで送られてくるものですが、先週届いた号では「大村市役所が障害福祉事業所に除草作業を発注」という事例が紹介されていました。

 いい取り組みと思い早速長崎市でもと思い、まずは「市道沿いの雑草の除草をイメージ」し、道路維持課に連絡し話をしてみると、長崎市でも既に小江原地区の市道において一ケ所同様なことができており、それぞれの福祉事業所の方から「この市道なら自分達でできます」というような申し出があれば順次その市道に限っての発注は可能とのこと。

 予想以上のいい話の展開だったので、福祉施設で要望をとりまとめてもらおうと思い、次は障害福祉課に連絡。

 そこで知ったのは本年4月に「障害者優先調達推進法」という法律が施行されており、長崎市においては8月ぐらいまでには推進計画を策定できそうとのことで、既に各部に「どのような仕事なら発注できるかを洗い出す」お願いをしているとのこと。道路維持課がそのような対応できるとはまだ聞いていなかったので早速確認するということに。ちなみに大村市は県内でも早くに推進方針を策定し取り組んでいると聞いているとのことでした。

障害者優先調達推進法
 ↓
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/yuusenchoutatsu/

 恥ずかしながら同法律を十分認識(そういう法律ができたことはおぼろげに)していませんでした。障害者の差別禁止条例制定に力入れてきましたが、このように施行された法律の積極的な取り組みにもチェックの目を光らせねばです。

 その後、県の担当部署には、県下の自治体の状況ならびに、県での同法律施行による取り組み状況について確認をお願いしました。県は随契の発注が厳しく制限されているので地方自治法の解釈の再確認含め、発注の特例を定義せねばならないだろうと思っています。

 小さなことですが昨日はひとつ気づかされ仕事ができました。

※ CSR通信のバックナンバーは、WEBで「長崎県CSR通信」で検索を!

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

これで帳面消し?

 昨日は夏休みになってほぼかまっていない子どもを連れて午前中だけでもと、諫早のプールに連れて行き(これで夏休み7月は帳面消し?)、午後は夏祭りを2つはしごして、銅座町自治会青年部の毎年恒例のビル屋上での花火を見ながらのバーベキュー大会に参加させてもらいました。写真はプール、老人施設での夏祭りのステージイベント、BBQの具材(魚屋さんが奮発して海鮮盛りを)、映りが悪いですが花火です。老人施設での若い職員の頑張る姿に触発されました。

 7月最後の週ですね。暑さに負けず頑張りましょう!

29 29_2
29_3 29_4
29_5 292

PS いじめ、教育委員会の件については色々とご意見頂いております。言葉にしてお伝えするのは難しいですね。これまでも個別には相談等も受け取り組んできたところですが、確かに現場をよく知らずのうわべの話(内容)に受け止められるのかもしれません。しっかり受け止め努めていきます。

| | コメント (1)

2013年7月28日 (日)

教育委員会の件

いじめの件に関してのマスコミ批判での大笑いの件でコメントも続き、周囲の方からご心配の電話やメールを数多く頂いております。

そのなかで、本筋ではないところで私が代理戦争のように騒動に巻き込まれている(自ら加わっている)のではないかというご心配を頂きました。確かに本筋ではないのですが、この件も教育委員会の体質や存在価値を問われる要素を大いにもっていることをご理解頂きたいと存じます。以下、簡潔に私の思っているところを。

○本質的な議論とは?

 やはり、いじめがどうやったらなくなるのか、そのためにどう取り組んでいくのか、対処療法的に、そして中長期的には、でしょう。

 ですが、はたして「いじめ」そのものはこの世の中から一切なくなるものなのか。答えはNOだと思います。しかし子どもの世界においては、自ら受け止め自身で克服できざる弱者であることは明らかで、そこはやはり大人が全力を挙げて防ぐ、守ってあげないといけません。いじめ防止対策推進法案のなかでも道徳教育、早期発見、相談体制の充実等の積極的展開が求められていますが、教育現場まかせではなく、保護者はもちろん地域を巻き込んだ取り組みが必要であると思うなかでは、具体的な取り組みが遅れていると思うわけで、そういうなかで先日のような状況が定例の教育委員会のなかであったとすれば看過しがたいことだと思うわけです。

○今回の案件の公表の時期について

 今回長崎市であった案件は報道が先行した後、記者会見となりました。報道がでるということで直前に議会に連絡があっています。調査中、保護者の意向をいつも盾にとり、公表の時期が遅れますが、私は「事実をありのままにまずは公表する」ことが大事だと思います。そうでないからよく「隠ぺい体質」みたいなことを言われるわけで、これもまた先の教育委員会のやりとりのなかでも「あっさりといじめの可能性と認めた貴方方もまずかった」みたいな発言もあったやに聞くなかで事実の公表の在り方は今後の課題のなかでも最優先の改善点だと思っています。反論あること理解していますがあえて。

○教育委員会の在り方~存在価値について
 これは本県・本市のことだけではなく、全国的な問題でもあります。
 今の教育委員会は形骸化、追認機関になっていないか?参考までに月一行われる県の教育委員会の内容と会議録をご覧になってください(HPへのアップが早いのは評価します)

 議会承認で選ばれた教育委員が本当に今の教育行政へのご意見番、また地域の教育現場の代表として機能しているのか…発言録をみるかぎり「意見なし」が多過ぎるように感じ、この方たちはどの程度現場のことをご存じなのかと思うわけです。
 戦後の教育委員会の成り立ちの経緯からして自治体の長でさえ「口をはさむことができない現場」に対し、このようにシャンシャンの議論で教育行政がなされていっていいのかという疑問を感じます。戦後は教育委員も選挙で選ばれていたことを皆さんご存じですか?
 

 先の問題でも「笑いがでた」ことは緊張感、問題意識欠如としても問題ですが、私にはその背景に「特権階級的意識、お上的感覚」を感じてなりません。そもそも7月定例委員会の内容を見た時に、なぜに「秘密会」にて対応せねばならないのかも疑問に思うところで、今後は極力公開(どうしても秘密会にせねばならぬものだけは除外)の方向でもっていかねばとも思っています。教育委員会の改革が必要と認識している私としてはそこが改革の入口です。

 雑駁ですが以上のようなことを思いながら、今回の案件に対応しています。

※参考

7月定例委員会(自殺未遂の報告はどこでやったのか?)

http://www.pref.nagasaki.jp/edu/gikai/contents/teirei/201307/teirei_201307.php

6月定例委員会(そのなかで発言録をクリックしてみて)
http://www.pref.nagasaki.jp/edu/gikai/contents/teirei/201306/teirei_201306.php

| | コメント (6)

2013年7月27日 (土)

今こそ二次交通アクセスの充実を

 マイ注目記事

 国土交通省が羽田空港発着の地方路線維持のため、利用客を増やすアイデアを地方自治体と航空会社に共同提案してもらい優れた提案の路線には発着枠を配分することを記者発表しています。14年春から3往復分、8月に募集始め秋までに配分先を決めるとのこと。鉄道、バスなど公共交通機関との連携、ユニークなPR、自治体による補助といった提案が想定される。

 ピンときたのは、まさにこんな募集に交通局(県営バス)は知恵と汗をかいてほしいと思いました。いわゆる空港からの「二次アクセス」の充実です。

 全体で3枠、長崎は地方空港のなかでは羽田発着は極端に少ないわけでもありませんから選考に残れるかは期待薄かもしれませんが、大事なことは自治体が空港からの集客に民間含めた公共交通機関と知恵をだしあいアイデアをだすこと~これは最終の選考に残らずとも既存路線での実践が可能となります。考えてみてください。長崎空港で降りて、長崎市にはともかく、雲仙・島原、平戸へのアクセスは今はどうなっていますか~お寒いかぎりです。大村・諌早は素通りされていませんか?

 いい機会だと思います。特に県営バスは、目下、東長崎路線の廃止の件で委員会において集中審査が続いていますが(次回8月1日)、生活路線を守ることももちろん大事ですが、二次アクセスの充実~空港ばかりではなく、新幹線が開通した際の長崎駅の拠点からの二次アクセスの展開に力をいれるべきです。それが県営で公営事業を行う役割のひとつになるものと私は認識しています。

 交通局関係者は私のことを「県営バスをなくす(ぶっ壊す)」と誤解しています。10年後を見据えて新しい県営交通の在り方を各自治体、民間事業者間でしっかり議論し道筋をたてようと従前より言っているのですが、理解されないのは大変残念です。あわせて「現状のような事業展開では公営事業としての役割は終わった。民業圧迫の要素もある。民間でできることは民間にまかせればいい」と言っているのです。しかるに彼らの対応は組織(その組織もひずみだらけ)を守ることのみ。これでは論戦になりません。

 積極的な提案への取り組み期待してますよ。時節柄、教会群の世界遺産登録を見据えて「世界遺産巡礼便」みたいなアイデア(離島の構成資産含めた人的交流案等)もなかなか面白いと思うのですが…

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

困った問題~離島の生活の足

 昨日は対馬での「臨港道路厳原久田線」開通式に出てきました。知事はじめ関係者多くの方の参加のもと無事開通したわけですが、海を埋め立て道路をつくっているのですが(サンゴ礁が見つかり工事停止が2年間あったとはいえ)1.4キロの道路建設に着工から17年かかっています。やはり遅いですね。
 

 午後は振興局にお願いし、対馬南部の道路整備の状況と今後の計画について車で60キロほど廻りながら説明を受けました。途中には市文化財もあり、また歴史民俗資料館にも立ち寄りました。視察した道路は全体的に狭隘でカーブの続く箇所が多く、大型車の離合がかなり困難であり、道路改良が求められますが、財政難の折どこまで対応できるのか、またどれだけの時間がかかり、B/Cがとれるのか…

 五島や壱岐に比べても取り組みの遅さが目立ち、頭の痛い課題であることを認識させられました。写真も撮ってきたので、注釈なしでアップします。最後のお寿司のメニューは対馬に初めて「回転ずし」がオープンしたとかで、そこのタッチパネルのメニューは韓国語で対応されていました(パネルを見ただけで寿司は食べていません。ごめんなさい)厳原は比田勝に比べ韓国語の案内看板等の対応も遅れているとのこと。来月の委員会視察ではターミナルの整備状況を調査します。

 タイトルの困った問題は、

 知事と一緒に朝一便で長崎空港から対馬入りしたのですが、知事は昼の便でとんぼ帰りの予定が「機材不調」で欠航し、夕方の福岡便で帰って、私たちは夕方福岡便が飛んだ後で最終の長崎便の欠航が決まり(機材不調のまま)夜の福岡経由で帰ってきました。長崎空港に車を置いていたので大変でした。結局、戻ってきてからの夜の行事にも、またお誘いを受けていた病院の夏祭りにも出られず災難でした。

 しかし、問題は以前にも本会議で質疑されていましたが「機材不調による欠航が多い」こと。離島の生活の足としてこのような状況が頻繁に起こるようでは問題です。またそれ以上に安全性のうえからも心配です。きちんと対応するという答弁であったと記憶していますが、同僚に頼み次の議会にてしっかりした対応を求めたいと思いました。

264_4 262_2
263_2 265_2266_2 267
268

| | コメント (0)

事実ならば許されない話

 昨日対馬に出張中、知り合いの報道関係者から一通のメールが届きました。

「今、県教育委員会で非公開で会議があっているが(壁際に話が聞こえてきて)自殺の件の報告で、いじめと決めつけて書いたとマスコミ批判ばかりで笑い声まで聞こえてきた。どうしようもないですね」と。

 状況がよくわからないまでもメールしてくるぐらいだから事実であろうと思い、それならば許されない話で、すぐに県教育委員会に確認の電話をしました。それに対しては

「そんなことはない。どの社がそんな話をしているのですか(どの社でもいい話、事実かどうかが大事なのに)いくつも報告事項があり、仮に笑い声がでたというのであれば他の案件(笑い声がでるような案件てなんでしょう?)であり、自殺の件については私たちも重く受け止めており絶対にそのようなことはない。」 ※( )は私の感想

 その後もう一度先方から「再度確認したがそのようなことは絶対なかった」と連絡がありました。

 そこまで言うのなら勘違いだったのかと思い夜に再度、今度はメールをくれた側に確認すると、

「マスコミはいじめの可能性もあると言ったらあたかもそれしか理由がないように書く人種だから、というような言い方で、そこで大笑いだった」と。

 報道の知人には断ってこの内容をアップしています。事実でなければ私も内容を削除、謝罪せねばならないので是非ご連絡を。

| | コメント (9)

2013年7月25日 (木)

今になって疲れ

251

252

253

 昨日も外を廻っていたのですが、午後に頭がクラクラしだし県庁控室で休憩~しかも事務所に戻る直前の信号待ちでついウトウトとなりびっくり、急遽事務所にて仮眠をとりました。やばかったです。歳をとると疲れがずれてでてくると聞いたことがありますが…

 昨夜は写真の二件の懇親会に参加させてもらいました。

 建設産業団体連合会の設立総会は全国で35県目。27団体が加盟し互いの利害を超えて業界全体の発展に力をあわせていこうというもの。加盟団体の業者数にして1100近くになるとのこと。設立目的に沿った活動を私たちもサポートできれば。

 またジンエアーが昨日初就航しました。祝賀会での馬(マ)代表の挨拶では人的交流を促進し将来的には現在の週3便を週5便~7便にしたいとの力強い挨拶もありました。写真は知事と馬代表とのスリーショット。馬代表とは通訳を通じ以前にまえてつ通信でも触れた「仁川~長崎~釜山」の三角ルートの提案をしたところ、釜山の空港に事務所・カウンターがないことがあるが検討してみたいと言われました。リップサービスかもしれませんが検討を期待します。

 今日は日帰りで対馬の県道の開通式に出てきます。夜は経友会の例会にでます。

PS 深夜、県連会長から電話がありお叱りを受けました。内容は「議員団総会に落選した候補者が来たというのは事実か?」~事実です。「お前たちには憐憫の情というのがないのか、お礼を本人が言いいたいということであったにしても県連の事務所で三役で受ければいいのではないか。しかも当選者と前後させてとはどういうことか」…おっしゃる通りだと思います。政治に取り組む以前に人の情をなくしてはいけません。私が呼んだわけではありませんが配慮が足りず今後強く心に留めねばと思いました。

| | コメント (4)

2013年7月24日 (水)

3日目

 選挙は終わったのですが…ラジオ体操が始まりました。

 自宅と事務所は所属の自治会が違い、事務所所在の自治会の青年部長になっているためラジオ体操担当で毎朝子ども達の前で一緒に体操を。今日で3日目です。規則正しい生活でいいのですがちょっとつらくもあります。

241 さて昨日は議長代理として「西九州自動車道の整備に関する意見交換会」で佐賀に出かけてきました。副知事も出席されましたが、来年度予算獲得に向けた「松浦~佐々の新規着工認可」が今年度の活動の大きな目標であります。これが完成すれば西九州道路は完結なんですが、必要な道路は1年でも早くの早期完成目指して取り組まねばです。

240

 都市計画審議会でも質問し答えは濁されましたが、早くてあと10年はかかるんでしょう(下手すると15年?)遅すぎだと思います。

243

242

 会議から戻ってからは地元商店街を挨拶廻りし、皆さんから「よかったですね。頑張って下さい」の声を多く頂きました。感謝です。そして夜は飯香浦地区の「地蔵まつり」に顔をださせて頂きました。飾り素麺も見事ですが、江戸時代中期から代々引き継がれている「鐘おこし」の念仏(市無形文化財)は、この4つの地区から毎年回り当番で務めており、直前ひと月は毎日練習をするとのこと。後継者育成が大変という話をお聞きしました。

 今日も外廻り、昼休みには議員団総会があり、当選証書を受けた江まなみさんが会派入りをすることになっています。

PS そういえば今解体にかかった浦上駅(昨日はかもめで移動)も仮設駅での状態が7年続くそうです。現在売店もなく新聞すら買うこうとができませんから(10月に売店開設予定)、浦上駅から乗車の際はご注意をされてください。

| | コメント (2)

2013年7月23日 (火)

ゆっくりする暇もなく

 昨日は午後2時から会議が入っていたので、朝一から選挙のお礼に、まさに分刻みのように廻りました。選挙明けて時間を置かずお礼に廻ることは大事なことですが、さすがに半日では…そして今日は県外の会議に。また行事・会議も目白押しです。時間かけて廻らせて頂きたいと。お許しください。

 午後からの会議はふたつ。ひとつは「県都市計画審議会」。常任委員会委員長としての宛職で初参加しました。今回の議案は西九州道(松浦~佐々)の計画の環境影響評価の報告も含めての承認案件でした(異議なく可決されています)。

 そしてもうひとつは「長崎市市政問題協議会」

 これは年に一度開催されており、市が県に要望する際の要望項目を長崎市選出県議に事前に説明~意見を求めることを主とした会議ですが、議員の方からも聞きたいことがあれば事前に質問項目を提出しておけば文書にて回答がなされます。私の方からは5項目質問をしました。

23_2

238

238_2
239
2313

2314

2315

2316

 会議後は懇親会でさらに市長他各理事者と意見交換を行いました。いいことだと思います。やはり定期的に情報交換しないと連携が強くなりませんから…飲んでのコミュニケーションもたまには必要だと私は常々思っています。昨夜は懇親会後、議長からお誘い受け市長と一緒に市役所近くの立ち呑み屋で二次会。記憶をたどってもこうやって市長と一緒したことは初めてです。しかし残念ながら選挙の疲れもあってか、不覚にもこの頃は眠くて意識がもうろうとしてしまっていました(途中で帰りました)。せっかくの機会、市長に話したいことが一杯あったのに、もったいなかったです。写真はそこでの一枚、市長議長の笑顔に比べ、やっぱり私は無愛想ですよね。一昨日、参議選当選報告会の司会をしましたが、その際も、また県議補選の万歳の際も、テレビを見てくださった方からもっと愛想よくしなさいと言われました。

 そして貫禄だったねとも(太ってる、選挙で痩せなかった)指摘されました。

23

| | コメント (3)

2013年7月22日 (月)

ありがとうございます

 これまで規制されていましたが、ネット選挙解禁でお礼の文章もアップしてよいということになりました。いずれしっかり書かねばですが取り急ぎ。

 参議選、県議補欠選挙、大変お世話になりました。

 新生自民党に期待持ち、頑張れという声をしっかり受け止めた選挙結果でした。責任重大であります。本当にありがとうございました。

 私もいい刺激受け、これからもがんばります!

| | コメント (2)

2013年7月21日 (日)

投票日

今日は投票日。

 私は午前7時過ぎに行きましたが、投票所には多くの方がいて、そこだけみたら投票率は心配なさそうですが…どのぐらいになるのか、棄権なきよう投票には行ってほしいものです。

 コメント頂きました。そうですね、何するのか、だと思います。今回の参議選では選挙区の候補者は公約が総論的で、また県議補選については補選自体が公約PR~実効性が争点になりそれで一票を投じる判断基準になったかといえば、けっしてそのようなことはなかったと自己反省含めて感じています。

いずれにせよ今日結果がでます。私は今日は夕方、地元商店街の夏祭りの手伝いに出(ちょっとの時間に。あいすみません)県議補選の事務所にて参議選ならびに補選の吉報を待ちます。

| | コメント (3)

2013年7月20日 (土)

いよいよ最終日

長かった選挙戦もいよいよ最終日。

今日は県議補選候補に朝一から終日オールで同行し、街頭を約20ケ所、同僚応援県議・市議とともに訴えます。見かけた方はお声、激励をかけてください。

とにかく今日一日頑張ってきます。

| | コメント (1)

2013年7月19日 (金)

眠れない日々

 ここのとこ、眠れない夜が続いています。選挙が気になり…もありますが、眠りも浅く早朝からごそごそ、正味3時間ぐらいの睡眠でしょうか。そうなると考えること多く、悶々とした夜を過ごしています。

 昨日は嬉しいことがひとつ。

 それは夜の個人演説会が終わり来て頂いた方を心こもった握手で送りだした後の候補者がすぐに会場に戻りスタッフと一緒に片づけをする姿を… ネガティブなことをわざわざブログすることないのではのご意見も頂きましたが、選挙で大事なことは勝つことは結果であってそこにたどり着くまでの「信頼」や「感謝」の気持ちをどれだけ持てるかだと私は思っていて、そして戦いのなかでは気持ちをひとつにした「チーム力」も問われます。バトルも無駄ではなく私の思いも伝わったと感じ嬉しく思ったところです。確かに初めての経験、丁寧に教えるという姿勢が私にも足りなかったのかもしれません。

 いよいよ運動できるのは残すところあと2日。二人の自民党候補者の勝利を目指すなかで支持のお願いが錯綜しているようなところもありますが、悔いなきよう全力尽くさねばです。

 また、今日の新聞で小6自殺未遂の記事が。痛ましすぎます。どうしてそのようなことに至ったのか…大事なことはありのままのことを隠さず公表することです。市教委、学校の誤りなき対応を強く望むところです。

| | コメント (3)

2013年7月18日 (木)

本日も晴天、バタバタなり

 昨夜の個演には多くの方にご参集頂きありがとうございます。参議、県議補選候補ともに元気に頑張っています。昨日は県議補選の商店街の桃太郎には選挙区外の同僚県議も同行頂き総力戦の展開に心強い思いも。

 また昨日は選挙の合間をぬって「野母崎振興公社」を訪ね公社の活動について意見交換しました。以前から話していますが、編入町の疲弊が進むなか、公社の役割は重要だと思っていて(野母崎振興公社の歴史は古いのですが)外海地区にもこのような公社が必要だと思っています。

 さて、今日は午前中だけでも(現在5時半ですが)魚市~三和町~中里町~城栄に移動。午後は事務局指示に従い動き、夜は個演の司会です。本日もバタバタです。

 ここまできたらなんとか2議席を。可能性ありそうな両陣営の動きとなっています。

 通常の相談事は電話で行っていますので、こういう時期だからと遠慮なさらずおっしゃってください。

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

とんだ再スタートに

 昨日は朝一より県議補選候補者と辻立ち後、朝礼4件、外海~琴海にては参議選候補選挙カーと合流し街宣。多くの方から激励もらい感激しました。その後は急遽な呼び出しで県連にて緊急打合せ~外での個別対応、そして夜の演説会の司会と、昼御飯は車中、夜は抜きというハードなスケジュールでした。

 タイトルはそこで最後の片づけを候補者が手伝わなかったことをきっかけに、事務所に戻り本人と大バトル。とんだ再スタートの初日となりました。しかし激論したことで彼女がどう受け止めるかは別にしてずっと感じていたことを伝えることができすっきりしました。

 サイドの立場にいることで選挙がみえてくることもあります。そういう意味でも今回の選挙はいい経験です。ここまできたのですから必ず勝たせてみせます。疲れてはいますが差し入れに頂いたドリンク飲んで頑張ります。

 昨日は野母崎で市長を囲む意見懇談会もあっていますが行けずに残念。選挙のことばかりですみません。お許しください。

| | コメント (3)

2013年7月16日 (火)

今日から新しいスタート

 思うことあって今日から新しいスタートをきろうと思っています。

 さて、今朝は5時過ぎから事務所にて仕事、8時からは選挙関係で朝礼3本に候補者とともに出、その後外海~琴海地区の遊説に合流。移動中も車内で携帯にてもろもろ連絡調整事項が山ほどあります。幸い今日はドライバーがついてくれますのでさばけそうです。

 世間はしかし選挙への関心低そうです。特に県議補選についてはやっとあることが認知された程度ではないでしょうか。そもそも補選なので政策や投票の際何を基準に、がわかりづらいですよね。

 ひとつには県政推進のため「県議会でもねじれ解消」を訴えてはいますが、これも一般の方にはわかりづらいと思います。言い換えれば「県の職員が県民の負託に応える仕事をし、そのことに専念できる環境づくりのため」なんですが、これひとつを伝えるも難しく、またそれだけでよいのかという話になります(それは議会内の身内のことだろうという誤解も招きかねません)
 また、私自身が議員の評価や訴える政策はやはり本選で見極めてもらわないという気持ちもあり応援しながら戸惑ってもいます。

 

 さて、今日をいれてあと選挙選もあと5日、しばし本来の仕事がダウン気味ですがお許しください。

PS 月末の報告会、ゲストにVファーレン関係者依頼中です。ご案内が行き届かぬこともあろうかと思いますがなにとぞ多くの方のご参加をお待ちしていますので一部のみでも結構ですので(できれば2部も!)是非足を運ばれてください。よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

なんか普通でした

1502_2

 今日は終日選挙してましたが、夕方、自民党の街頭演説に小泉進次郎党青年局長が応援に駆けつけてくれました。五島では1500人の人が集まり、長崎港に着いて島原に移動する合間の5分だけ応援弁士でマイクを。

 しかし久しぶりに見る小泉さんはなんだか普通でした。これまではもっとオーラーがあったような気がするのですが…野党だったから?

 明日は外海~琴海を候補者と共に廻らせてもらいます。

| | コメント (1)

2013年7月14日 (日)

住みよさランキング

 選挙で訴えるものて、究極はやっぱり県民・市民ひとりひとりの豊かな生活~安心安全、地域の住みやすさですよね

毎年発表される住みよさランキング…

わが県は、うーん。頑張らねば

 ↓

http://toyokeizai.net/articles/-/14481?page=3

 昨日は6時半出で選挙戦。午後は2時間桃太郎して汗だくに。今日は午前中休息して午後から選挙カーに。見かけたら声かけてください

| | コメント (2)

2013年7月13日 (土)

38.2%

 非正規雇用の全体の雇用での割合が38.2%に上昇したという記事をみました。

 この数字は私もこれまで議会の質疑等でも頻繁にだしている数字で、つい最近まで35%と言っていましたが、ついに2000万人超えしたそうです。中身をみても正規から非正規への移った割合が40.3%に対し非正規から正規は24.2%と、非正規になってしまうとなかなか正規に戻れない現状もあります。

 まえてつ通信でも述べましたが、この雇用形態をどうやって正規の割合を増やすように取り組んでいくかが、県政の雇用対策への取り組みの大きな課題だという認識をもっと行政が持たねばなりません。非正規になる心配のない方達だからこそ敏感に感じてほしいです。

 私の提案している「社会人キャンパス」もそのひとつです。前向きな検討を!

| | コメント (1)

2013年7月12日 (金)

今日からは県議補選も

12

 参議選中盤ですが、今日からは県議補選(長崎市、定員2)も行われます。

 県議補選が行われることを知らない市民の方も多くいるなかで、選挙で候補者は何を訴えるのか、

 県政を変えたい、県政刷新!というフレーズも聞こえてきますが、その傍らで応援する自分達はこの言葉をどう受け止めたらいいのか…次の選挙でライバルになるというちいちゃなことはもう言いませんが、この選挙を通じ、「人の振り見て…」ではありませんが自分の2年間の取り組みをしっかり振り返ってみようと思っています。

暑い毎日です。皆さん、水分しっかりとって乗り切ってください&よい週末をお迎えください。

PS 私も選挙カーに乗ってる日もあります。見かけたらお声かけてください。

| | コメント (3)

2013年7月11日 (木)

ありがとうございました

11_2

 遅い時間の書き込みになっていますが、今夜の個人演説会には多くの方に集まって頂きありがとうございました。但し、私はトップバッターで持ち時間は4分。遅れてきてくれた方は私の話聞けずで申し訳なかったです。

 明日からは県議補選も始まります&明日は午前10時に参議選の応援で安倍総理が中央橋で街頭演説を行います。ご都合つく方は是非ご参集ください。

| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

熱帯夜

 朝子どもを学校に送っていますが、車から見る通学の子ども達は多くの子が心なしかグテーとしています。大人ならまだしも…子どもの体力が昔より落ちてきているというデーターもでていて、やはりそうなのかな、ならば体力向上の取り組みもっと力をいれねばと思ったところです。

 が、そういう私も議会(明日で定例月議会は閉会します)、参議選、県議補選の準備で朝から晩まで大忙しで心身ともに疲れ気味です。

 
 明日で議会が終わったら21日まではすみません、補選の候補者の責任者ということもあり選挙にはまらせて頂きます。まえてつ通信もできれば明日書けたら…

(お知らせ)

○これからご案内しますが、今月31日(水)に県政報告会を開催します。今回は二部形式にし、一部は純粋な報告会(無料)、二部は懇親会としました。18時30分、平安閣サンプリエールです。多くの方がご参加頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

○明日私主催で演説会を18時30分より長崎新聞文化ホールで行います。お忙しいでしょうがお誘いあわせのうえご出席頂きますようお願いします。岸田外務大臣も来られますので現在の外交情勢の有意義な話が聴けるものと。

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

連携不足

 選挙明け22日に年に一度の長崎市選出県議と長崎市の「市政問題協議会」が行われます。

 数日前のコメント頂いたなかで「長崎市は県に対して鈍感ではないか」というご意見頂いていましたが、もしそうであるとするなら、私達選挙区の県議にもその責任があると思います。

市政問題協議会も年に一度の開催、それも長崎市側から限られた短い時間で「県への要望事項」をいくつも挙げて、それを説明、何か意見はないか?との内容薄い会議。これではなかなか…しかも昨年の開催のおり、議論する時間が足らないので、分野ごとに分けてもっと頻繁に行おうと提案したにもかかわらず年一回の開催。

 また今回の開催にあたり協議したい事項があればファックスで事前に送ってくださいと文章がきており、そもそも長崎市側が「何の項目を協議したいと思っているのか」わからないなかで(いまだに連絡なし)知らせてくれと言われても…議員個々人関心あることは様々ですから沢山挙がるでしょう。どうするんでしょうか?

 私は遠慮して、
○県営バスの東長崎地区ローカル線廃止について
○新市民病院開設に向けての医師確保の進捗について
○コンベンションセンター構想の進捗について
○県庁舎跡跡地活用についての市の考え方と出島復元について、を挙げました。

 ほんともっと連携を密にせねばです。

PS 梅雨明けしたんですかね。暑い日が続きますがお体ご自愛を。私は心身ともにかなりバテてます。議会は11日が最終日です。

| | コメント (4)

2013年7月 8日 (月)

伝統を守ると言いながら

08

08_2

 街頭で「日本のよき伝統と文化を守りたい」と言いながら、

 昨日は七夕でした。古賀友一郎候補にはアーケードの桃太郎の際に七夕の飾りつけを見つけたので短冊に書いてもらったのですが…

 子供のいる家庭でどれぐらいの家庭で七夕の飾りつけしたのか、わが家はやっていません。言行不一致、政治家はそこからですもんね。大反省です。

 昨日の午前中はある宗教団体の原爆殉難者慰霊法要に出席させて頂きました。その団体とは特に深いつきあいがあるわけではなく、9年前に法要がしたいので公園の使用許可を取りたいというご相談を受けてから毎年ご案内頂いています。同様の法要を広島では既に26年前から行っているそうです。ありがたいことです。感謝。

 長崎も今週には梅雨明けでしょうか。68年目の夏がやってきます。

| | コメント (1)

2013年7月 7日 (日)

地域ニーズって

 昨日、選挙の街頭に合流した件書きましたが、どの場所もご近所からか車に乗り合わせて皆さん寄られてきて100人以上の集まり。私の選挙では経験ないことで、先輩議員が「どうや、よく集まってるだろ?」の問いかけに素直に「すごいですね」と。ほんと、その動員力は見習わねばです。先輩達は200、300の人を集めるのわけないて感じの方が何人もいます。

 ただ私は、負け惜しみではなく、綺麗い事でもなく、こうやって集まってきてくださった方に私たちがどれだけのメッセージを伝えることができるかが大事だと思うわけです(もちろん日頃から)

 昨日のマイクを握った方の話のなかで、道路整備の話がありました。国道や県道の整備がまだまだあり、市や県、国が連携して取り組んでいかねばならない…確かにそうです。でも集まってきてくれた方に「道路はもうよかよ」と思っておられる方もいらっしゃるのではないだろうかという思いをしながらその話を聞いていました。合併して地方交付税が減った云々、これも事実なんですが…やっぱり違うような。なんだろう。夢がない。

 

夢が持ちにくい時代だからこそ政治家は有権者と共有できる夢を語らねば!

現状に対して、また将来に対して不安をもつ方々の「不安の解消」への具体的な処方箋を示すこと!

がとても大事だと思います。もちろん、行政へのチェック機能、また光が当たっていないところに光を照らす作業も政治家の役割です。

 私は、昨日の琴海地区を廻りやはり残念ながら「将来に対し漠とした不安」を集まってきて頂いた方々に感じました。

 私が以前から提案している「第2の役場構想」実現に向け努力したいと改めて感じたところです。

PS でも昨日の道路の話のなかででた、琴海から長崎空港に「浮橋の道路建設」、これは是非実現できればと思います。空港に行くのに便利という話に留まらず、西彼杵半島と大村がぐっと近くなり域内交流が大きく促進します。浮橋の技術も十分実現可能で、もし実現できたら「日本初」となります。

続きを読む "地域ニーズって"

| | コメント (3)

2013年7月 6日 (土)

土日も選挙一色

 参議選挙17日間って長いですよね。まだ始まって3日目です。先は長い。

 今日土曜は選挙カーが西海橋方面より長崎市に入ってくるので、長崎市の一番北端あたりの琴海の形上で合流し街頭演説数か所に合流。明日は市街地の桃太郎(候補者と練り歩き)も予定しています。

中間の世論調査ではかなり自民党に対していい数字がでており、陣営の緩みもですが、投票率が下がる、関心が薄れることが心配です。騒ぐは関係者ばかりなり、となることがないようしっかり政策を、また本県再生の処方箋を示していかねばです。

 今日はお祝いの飲み会、明日夜もお誘い受けた飲み会あり、期間中ではありますが宴席の方は変わらずで、ありがたいですが、体調はやや不良&痩せる気配もありません(-_-)

| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

再検討だけど既定路線

0301

0302

 昨日の委員会での集中審査の件はテレビ(昨日のコメントに内容が。ありがとうございます)新聞で報道されています。確かに委員の反発で「再検討し提案時期を示したい」となりはしましたが、議会への相談もなく強行した5月27日の記者会見の時点で既に既定路線となっていたのだと思います。廃止する路線についても記者会見の時点ではこれから検討すると言っていましたが、昨日の長崎市が「集中審査前日にローカル8路線全ての路線の廃止を知り困惑した」というような旨の発言に対し交通局は「以前より路線ごとの収支は資料として渡していたので廃止路線については想像がつくはず」という答弁がなされました。裏を返せば、交通局では記者会見の時点で8路線全ての廃止を頭に描いていたということです。規制緩和されても「住み分け」にこだわり、住民ニーズより収支を守ることが第一(もちろん経営健全は大事です)、赤字を自治体がみてくれなきゃ廃止します…

 住民の足を守る、住民ニーズに応える公営事業の存在価値が問われています。

 いよいよ今日から参議選が始まります。ネット選挙解禁ですが色々と制限があります。ブログの更新については表現内容に注意すれば許されていますので、普段と変わりなく続けていきます。12日からは県議補選(長崎市選挙区・定数2)も行われますので私も議会と並行して大忙しです。県議補選については自民党からは二人擁立予定で私はその片方の方の責任者となっています。

| | コメント (2)

2013年7月 3日 (水)

全面戦争の予感

 今日の集中審査は平行線のまま、というか交通局の考え方は変わらず、やはり赤字のローカル線は廃止の予定であることには今日の審議後も変わりありませんでした。

 まず審査前にびっくりしたのは昨夕配布されていた資料で、ローカル線の8つは全て廃止ということで検討されていることが判明。8路線のうちいくつかの路線と思っていたのでまずここで驚きでした。

 そして長崎市を参考人としての質疑のなかでは、私の想像に反して長崎市に対して「赤字分の80%は国の交付金でまかなえるのだから実質は20%の負担。ならばローカル路線全体で約8000万の赤字なのだから諌早や大村同様にお金をだせばいいではないか」という意見がだされました。要はそれぐらいの負担をしてもいのではないかということ。

 でも考えてみてください。民間事業者が参入していない両市と違い、長崎市には民間のバス事業者が路線をもっています。民間路線も全路線のうち約40%の路線は赤字といわれており、それを企業内の努力で収支を保っており、長崎市に対して意見されているような助成金は求めていません。東長崎の赤字路線について言われているような助成金を長崎市が支出するとするなら、民間事業者との整合性について説明がつきません。これは金額の多寡の問題ではありません。

 そしてそもそも県営バスの赤字は…そのコスト高や人件費等の総合的な収支を勘案せねばならず、仮に民間事業者がこのローカル線を走らせたらどのような収支になるのか、また交通局のように自治体に助成金を求めることになるのか…

 結局は廃止ありきの記者会見で、長崎市や地元含めもっと話し合うよう委員から意見がでましたが、バス協議会には廃止を申請する予定は変わらないようです。生活者の足をこのようにいとも簡単に責任放棄とも思える今回の案件の経過については私は許し難く、随分強い口調で質疑をしましたが届きませんでした。私はこれから県営バスは「終わりの始まり」のスタートを自らきってしまったのだと思います。

 廃止の再考は引き出せませんでしたが、今後、県営バス全体の収支や中期経営計画、そして公営企業としての存在価値等について継続して審査を行っていきたい旨を委員会で提案し了承をされました。

 
 明日の新聞がどのような報道をするのか…

| | コメント (1)

2013年7月 2日 (火)

明日の集中審議

 地元のコンビニがまた一軒6月末で閉店しました。コンビニ絶好調のなかでも客のニーズに応えきれない店舗は淘汰されざるを得ません。

 さて、明日午後は県営バスの「東長崎ローカル赤字路線の廃止」について集中審査します。個人的には「県営交通の在り方」を検討すべきと意見してきた私からすれば今回の交通局の判断は自らの存在価値を否定したものとしか思えません。傍聴者も多く来られると聞いていますのでぜひお時間ある方は明日午後1時半スタートです。議会受付(本庁4F)にて「環境生活委員会の傍聴に」とおっしゃって足を運ばれてみてください。県民の信託に応えた議論を展開すべく臨みます。

 昨日は県民生活部の審査のなかで、消費者センターについての質疑が交わされました。私は市町にセンターがあるのなら、県には同センターは必要ないと思っていたのですが、センター設置がなされていない市町もまだ数多くあり、広域にまたがった案件や、また情報提供、指導助言という意味でも県の役割も重要という認識にたちました。配布された関係資料をアップしますので参考までにご覧になってください。

0201_2 0202_2

023

024

025

PS コメントありがとうございます。しかしロマンスグレーも複雑です。またその方のお名前は(そのご年配の方も来賓で)来賓紹介時にお聞きしてたので聞かなかったのです。同窓会はそうですね。今回初めて平日夜から変更して土曜日の夕方を設定したようですが一長一短のようです。でも今回初めて土曜日だから来れたと東京から初めて参加の同級生もいましたよ。

| | コメント (1)

2013年7月 1日 (月)

まいりました

 昨日出席した日本会議長崎女性の会で、総会での来賓紹介が終わり帰ろうとした際(一般席の最前列に座ってました)に後ろの席の年配の女性の方から「2年前の選挙では○○さんから頼まれて貴方を応援したのよ」と声をかけられたので、「そうですか、それはありがとうございます。ご挨拶もできてなくてすみませんでした。今後ともよろしくお願いします」と言って、とっさにその方の手を握りしめたところ、しげしげと顔をみつめられしばらくして返ってきた言葉が…
 「あらあ、貴方も昔は男前やったやろうね。今はこんなに白髪がでてるけど」
 返す言葉が見つからず照れ笑いするしかありませんでした。あーそんな歳に…

 今週も委員会審議続行です。うちの所管は県民生活部と交通局が残っており交通局は以前にもブログに書いた「県営バスの東長崎路線の値下げと赤字路線の統合廃止」案件の集中審査を予定(長崎市の担当部長を参考人招致)しています。

 月も変わりましたが、いよいよ今週後半から参議選スタートです。大忙し月間になることかと。皆さんも蒸し暑い天気とお祝いごと飲み会続きでバテ気味になっていませんか。ファイトです!

PS 写真は週末の高校の同窓会と昨日の賀寿会。ついでに子供の空手の昇級試験当日に自宅でパチリ。全く相手できてません。ごめんね。

011 012 013

014 015

| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »