« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

ひっぱりだしてみました

28

 昨夕は夜の行事がありましたが体調不良にて休ませてもらい早々に帰宅。で、ニュースを見ていたらPM2.5がひどく皆マスクやメガネ対策をしていると…そういえば以前花粉症対策に買ったメガネがあったはずと探し出しました。あった。今日からかけよう。

 昨日は条例制定検討協議会が午前午後にまたがり開催されました。現在取り組んでいるのは「地産地消の条例」です。山口県の「ふるさと振興条例」を学びモデルにしていますが、要は「域内のお金の循環を積極的にはかる」ために行政、民間、消費者がどう取り組むべきかをこの際はっきり提示しようというものです。

 目指すべき考え方に異論はなく、昨日も各業界の参考人を招いての条例制定に関するご意見は非常に参考になったのですが、この協議会の気になるところは、名前の通り「条例制定してなんぼ」みたいな条例を制定することが目的化している点です。条例を制定せずとも目的が達成されるなら、それはそれで結構だと思うのですが、口ではそう言いながらもやっぱり条例を一本あげたい、実績がほしい…これまた私は立ち止まることが必要だと感じています。ちなみにこの協議会で条例化した「障害者差別禁止」の条例も制定については関係者らから大変喜ばれましたが、制定した後は議会はほぼノータッチ、行政まかせです。これじゃダメでしょう。

 今日は審議会の傍聴、相談を受けたことへの対応複数、夜も行事あり。明日は母校西高の卒業式、冨岡1区支部長との勉強会、そして結婚式。日曜日は鳴滝高校の定時制の卒業式。そしてお待たせしました、J2の開幕戦、V・ファーレンの応援に行きたい予定です。週末も忙しいです。皆さんもよい週末をお過ごしください。

| | コメント (0)

2014年2月27日 (木)

一周して結局は…

27_3 27_4

 昨日、第9回長崎県県庁舎跡地活用検討懇話会を傍聴してきました。

 今回の会議は資料の通り来月の提言とりまとめに向けての大詰めの会議であり、事務局から作業部会を経て作成された提言素案がでてきました。

 私は数は多くないですが作業部会も傍聴してきましたので、今回の案までに至る委員の方の御苦労を承知しているつもりでその取り組みに対しては感謝しています。

 しかし、このまま最終とりまとめとなれば残念ながら私は同意できません。

 その一番の理由は資料にある「今後に向けての課題」にあります。

 昨日委員のやりとりを聞きながらも、手元にある資料を目で追っていて、私が一番目が釘付けになったのはこの頁です。

 会議の終盤で、この頁のとりまとめの意見を求められるなかで、一人の委員から次のような意見がでました。
「(議論を)一周廻って結局はこの課題を表記するのか。ここに書かれていることは最初から今回の議論の課題そのものであったのだから、ここにこのように書くなら、議論してもこの課題が積み残されましたぐらいのこと訳みたいな記述がいるのでないか」というような趣旨の発言がありました。

 まさに同感です。この内容を今後の課題としてとりまとめた案というものをどのように受け止めればいいのか…

 コメントにもあるパブコメの取り扱いの問題、実現可能性調査の遅れにより懇話会にその調査の結果を報告することなくとりまとめをしようしていること(手順)等々非常にまずいと思います。提案施設の集客力、建設の財源等を見極めることなくイメージの域からでないとりまとめに対し、今後この提言での事務作業~意思決定でいいのか疑問の残る終結を迎えようとしておりやはり同意できません。

 もう一度精査し担当部署の話も聞いてみますが、私は県庁舎移転はしっかりした跡地活用案が確認できないかぎりは賛成できないと言ってきているだけに悩ましい状況になりそうです。

| | コメント (3)

2014年2月26日 (水)

当初予算精査中

 今日は朝一から事務所にて、当初予算関係の資料 を机一杯広げて勉強。その間、午前中は事務所にて二件相談を受け、午後は県庁にて今度の議会・委員会のヒアリング、昨日受けた相談事への対応(医師会関係)、そして県庁舎跡地活用検討懇話会の傍聴をし一日終了。夜は中村後援会関係で集まります。

 県庁舎跡地活用~は不安で一杯。明日にでも配布された資料アップ含めて内容お伝えできればと思っています。明日は終日「条例制定検討協議会」での審議です。

| | コメント (2)

2014年2月25日 (火)

今日は勝負ネクタイ

 今日は臨時議会が開かれます。

 通年議会を廃止する条例案と宮内県議の「知事選応援時の発言による」辞職勧告決議案の採決、それに加え昨日連立会派(現在、改革21・新生ながさき)より動議としてだされてきた「百条における告発に対して不起訴処分とした処置に対して検察審査会に申し入れを行う」動議がだされました。

 通年議会の廃止には私達なりの理由があり議案として提案していましたが、その議案の協議のための議運開催が決まった後に辞職勧告と検察審査会はでてきたもの。だされる方には私達同様、提出に至る理由はあるのでしょうが、彼らは「いつでも開ける」通年議会推進を主張する立場。ならば、百条についても昨年8月26日に検察庁が不起訴処分とした後百条委員会を開き、そう提案~動議をだせばよかったもの。辞職勧告にしても随分と時間が経って今のタイミング。なかなか私達には理解できません。

 以前に「コップの中の争い」と批判的な記事がでましたが、「やられたらやり返す」とととられないないようせねばです。私たちは私達の理屈で正常化に向けてまずは見直すべきところは見直す、この作業をやった後に本来の私達の仕事に専念したいと思っています。
 また職員にこの2年間、負担をかけた、迷惑をかけたという意識も私にはあります。ですから職員のためにも「存分に働ける環境を」と思ってが通年議会廃止の理由のひとつでしたが、誰が言ったか、いちいち新聞記事の反応する必要はないのでしょうが、幹部職員の「通年議会を廃止しても何も変わらないだろう」というコメントにはがっくりさせられました。そんな風に思っているのかと…

今日は私は討論はしませんが、区切りの日。勝負ネクタイで臨みます。

| | コメント (8)

2014年2月24日 (月)

教育にこそ!

Img_1010

Img_0969

 先週末、上京したのは高校時代の同級生が教育関係の仕事をしており、彼が実践・展開しているキャリア教育プログラムを導入している中高校の全国大会を視察するためでした。

 子どもたちに働くことの意義をしっかり持たせたうえで、自分の将来就きたい仕事を見いだす、ではそのために自分は何を学ばねばいけないのか、また偉人達の人生を振り返るなかで「夢に向かってひたむきに歩むことの尊さ」を、そして自身の過去とこれからを見つめてみるというようなことにたどり着けるような教育プログラムを全国に広めようとしています。

 そのプログラムを導入した学校の全国大会を先日視察してきたわけで、大会は実在の企業からだされたミッションに応える「企業プレゼンテーション」部門。夢を実現した先人たちのストーリーを追う「人物ドキュメンタリー」部門、自分の過去と未来の履歴書を執筆する「自分史」部門の分かれて行われました。

 

Img_0972

 同級生ということではなく、彼が目指すキャリア教育の在り方、もっといえば子ども達の教育に臨む姿勢そのものを問い直す取組に感銘を受け、長崎市や県の教育委員会に紹介もしてきましたが、なかなか前に進まないなか、私自身も全国大会等を見たことがなかったので思い切って今回見てきました。

 全国から集まった1254作品のうちの64作品、296人の子ども達が参加しての大会でしたが、感動したの一言。子ども達が自ら積極的に取り組んだらここまでのことができるのかと驚かされ感心させられました。子ども達の可能性を再認識したところです。

 県教委の担当の方にも今回視察してもらいましたが、県教委がやれと言ってやるものではなく、やりたい中高の校長・先生がいてこそやれるものなので、じっくりとこのプログラムのよさを伝え彼がいう「自分のふるさと長崎で実践したい」という夢をかなえられたらと思って帰ってきました。私は今厳しい財政状態ですが、それでも教育にこそお金をもっとかけるべきだというのが持論です。人を育てる、それがこの国をよくする先行投資です。

 今週は明日、臨時議会が行われます。今日はIR(カジノ)の総会で午前中はハウステンボスに。午後は県庁に戻り議会前の勉強会です。

 花粉症のシーズン、私も苦しんでいますが、ケアして頑張りましょう!

PS 大会の模様は明日以降「クエストカップ2014」で検索したら動画で見られます。

Img_0971_2 Img_0970_2

Img_0974 Img_0976

Img_0977 Img_0978

Img_0980 Img_0984

Img_0987 Img_0989

Img_0994 Img_0996

Img_1005 Img_1011

| | コメント (1)

2014年2月21日 (金)

残念でしたが

今日は議会運営委員会において、通年議会の廃止する議案を私達自民党から提案し、本会議に上程するかの協議がなされました。

議論をしっかりやるために、当初予定されてた県政改革特別委員会の開始時間をずらしてもらうようお願いする、また議論は平行線になるであろうから採決で決することを議会運営委員会の正副委員長で前日打ち合わせしていたにもかかわらず、今日は最初から大荒れ。結局途中で連立会派側が退席し、自公委員のみでの議事の進行となり、私達の意見のなかでの臨時議会の実施となりますが協議のあり方としては残念な結果に。先方は退席という形で自民党の横暴としたいのでしょうが事実は前述の経緯が。マスコミにきちんと伝わればいいですが…

夜の飛行機で上京してます。なにをしに?

明日ご報告します。皆さん、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

コンビニとの共存

 地域の商店街からみると、コンビニは競争相手でこそあれ、共存する意識はなかなかもてないものだと思います。

 が、最近のコンビニの展開をみた時にそうとばかりは言えない姿があるように思います。

 コンビニで公共料金の支払い(長崎市では住民票の発行も可能に)、お金の引き出し、高齢者への弁当宅配、地元行事へのお手伝い…そして今回、雪での食料品物資の供給が滞るなかでのコンビニの活躍を目にした時、コンビニはもう地域にとってはなくてはならない存在になりつつあり、そうであるなら共存の道を探っていかねばならないのかもと思います。 

 忙しくしています。昨日、民生委員のことに触れましたが、週末までには詳しい現況等についてお知らせできればと。

 新聞を見ると公会堂の件も。私も個人的にはどうにかして建築物の一部だけでも残せないかと思いますが、そもそも公会堂についてはブリックを建てる際に、ブリックができたら公会堂はなくすと結論づけていたと私は認識しています。そういう経緯があるのに、なんで?という気持ちも。どうして長崎の人はこう間際になって議論をぶりかえすのか、市民性でしょうか(ご異論沢山あるでしょうね)不思議に思うことしばしばあります。

| | コメント (7)

2014年2月18日 (火)

制度疲労

   行政にやれることには限界がある、もしくは行政が担う財源がない。

   しからばそこを補うのはNPOや民間等。この分野の支援がなかなか進まないと思われるなか、共助・互助、ボランティア精神で地域を支えている、自治会という組織がこのままの組織で、かつこれだけ負担を与えていいのかという問題。そして個人のボランティアスピリッツのもとに成り立っている消防団や民生委員という制度が、私からみれば制度疲労していてこのままでは維持できないという危機感を持っています。

   今、長崎市の民生委員の現況について調べていますが、関係者の話も聞くなかで問題提起と継続可能な体制の見直しや代替となる案を探りたいと思っています。ご意見ある方は是非お聞かせください。      

| | コメント (2)

2014年2月17日 (月)

私も理解できません

 コメントで頂いた14年度長崎市の当初予算に対しての市長の総括した表現は、新聞でも理解できないと記事になっていましたが、私もすみません、理解できません。

「全ての仕事が世界都市、人間都市につながる予算ということが意識された」

 想像ですが長崎は平和都市であり恒久平和を未来永劫訴えていく使命があります。その先頭を走るのは歴代の市長の役目(責任)でもあります。そういう気持ちが上記のようなコメントになっているのではないでしょうか…

 しかしですね。亡くなられた伊藤市長が公のコメントでは言っていないと否定はされていましたが、「平和では飯が食えない」と言ったというのは有名な話です。長崎の人口減少、特に若者の県外流出、そして地域経済の縮小をみた時に平和を訴えてばかりでは衰退の一途を辿るだけということを言われたのだと思います。私も現在においても同様の実感を持っています。そしてこのことは多くの市民の切実な声であると思います。ならば、新年度予算にそのような視点からの地域経済の活性化、雇用創出にどのような予算でテコ入れを図ろうとしているのか。そこを知りたい、聞きたいと皆が思っているだろうと。

 またもうひとつ私の使命感でもありますが、「平和都市というのであれば足元の平和=市民が安心安全に、長崎に住んでよかったという医療・福祉施策の充実によりその分野の先進都市を目指してほしい」ということについて、これまでも様々な意見提案していますが、月並み以上には踏みこみません。

 市長のコメントの意味はやはりよくわかりませんが、少なくともそのようなコメントをするのであれば昨年とどこがどう違うのかは説明が必要なのかもしれません。二期目の終盤を迎え集大成として順調に自身が描く街づくりが進んでいるのであればその進捗について、また目指すべき方向性(デザイン)をもっと具体的に述べる必要が私もあると思います。

 特にこれからの10年あまり、大型公共事業が次々に展開されるなかで、その財源と取り組みの優先順位についてはもっと議論が必要だと認識しています。踏ん張りどき、間違ったら取り返しのつかないことになりかねない&「つなぐ力」を十分に発揮できていないという反省の意識でこれから臨みます。

| | コメント (0)

2014年2月16日 (日)

やっぱり

コメント沢山ありがとうございます。

でもやっぱり戦うんです!

今日はすみません、早朝に妻方の祖母が亡くなりバタバタとしてました。最近はブログが薄くて申し訳ないです。

17
PS もっと懐を広く構えないといけない、と読むことを薦められた山岡荘八著「織田信長」をブックオフしました。いつまでに完読できるか自信はありませんが…学びます。

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

戦う!

 中村県政を支えるではなく、戦うんだ。

 今日の第3回出島塾(青年層の養成講座)において谷川県連会長から発せられた言葉です。

 長崎の状態は待ったなし。中村知事は具体的にどう取り組むのか?我々は企業誘致を含め雇用の創出、県政浮揚に全力を尽くす。外部の民間人をトップで迎え、事業団方式でやっていくことも提案したい。とにかく時間がない。やらないんだったらこちらからどんどん行政を攻めていく。戦う。

 元気をもらった講演でしたが、県政への取り組み以前に一人の人間として「宗教観を持った生きかたをしないと人として魅力がない」ともきっぱり言われておりました。確かにその通りだと思います。議会も間近に迫ってきました。きばります。

| | コメント (8)

2014年2月14日 (金)

ありがたいです

 ブログを書いていると色々なコメントや反応がありますが、やはり反応があるのはありがたいです。ブログに直接コメント頂くのもですが、携帯の方に頂く激励のメールも度々あります。先の選挙がらみの内容には、私も心配してた、頑張れという内容&そして昨日は次のような言葉を頂きました。

今の私の心境は次のようなものではないですか、と

『 朝(あした)に道を聞けば、夕べに死すとも可なり。 』

うーん、そこまでは達観していないしまだ死んでも困ります。しかし、十分気持ちは伝わりました。ありがとうございました。

14 14_2

 昨日は午前中外回りをし、午後は土木部に「県民所得アップの土木部としての取り組み」を3月議会で示してくれるようお願い~現在の入札の疑問点もぶつけました。その後は環境保全協会主催の研修会「一般廃棄物業界の諸問題」について勉強~交流会に参加。

 今日は新市民病院の内覧会に出席の予定がアポがダブり欠席。他の日に見られないか打診します。午後は北方領土返還集会に出席の予定です。

 金曜日ですね。あ、今日はバレンタインデー。残念ながら全くもってスルーです(-.-)

| | コメント (3)

2014年2月13日 (木)

10代アスリートのコメントに感動

13

 昨日は県スポーツ表彰式にでました。25年度、スポーツの分野で活躍した人を表彰する式ですが、会場には多くの10代の競技選手が出席していました。

13_2

 折しもオリンピックでは10代のアスリートが活躍。周囲の大きな期待のプレッシャーのなかで4位となった高梨選手は「今まで支えてきてくれた方に感謝の気持ちを伝えるためここに来たのでいいところを見せられなくて残念」というコメントをしています。同じく15歳の平野選手も「今までの積み重ねが結果になった」と。積み重ねって15歳の子に言われたら、僕らの積み重ねは…もっと頑張らねばですね。しかし、冬季オリンピックはまさに10代が主流になってきた感もするなか、今の子達も4年後はもう「追われる世代」になるんでしょうか。随分変わったなと思いました。また昨夜はカーリング女子を、長男からルールを教えてもらいながら見ました。ルールを知るととても面白い競技だと初めて知りました。

  最初の写真は昨日表彰受けた、アジア大会で水泳100メートル背泳ぎで2位になった16歳のわが母高長崎西高の後輩です。

| | コメント (0)

2014年2月12日 (水)

リベロの仕組みは?

 以前長崎市は人事に「リベロ制」を導入すると言っていましたが、今現在どうなっているのかと思わされました。

 リベロとはサッカー用語で「マークする相手をもたない自由に動けるディフェンダー」のことを言います。当時の長崎市の考えでは、限られた人材で仕事をやるなかで、忙しい部署の「助っ人」として人をだすことを考えてたみたいですが、本当に応援に行った人が短期間で対応できるのか等懸念される点もありました。それでも私は「一人の職員が複数の部署を受け持つ」ことはその職員のスキルアップや仕事へのやる気を持つ意味でも悪くないと思っていて、そういう意味からもその考え方について支持していました。

 なぜこんなことを書いているかというと、やはりいまだ部署間で仕事の量と職員配置がうまくいっていないなと思われる部署が見受けられるからです。特に今、人事で増員が必要なのは生活保護を扱う部署です。私も訪ねた折に人で一杯なのをネット等での情報キャッチもですが関係者からもそのような話を「精神的にきつい部署」ということも含めて聞いています。

 行政に求められる多様なニーズのなかで大変でしょうが、特に市民生活そのものに関わる部署については十分な体制整備を切に望むところです。

12_1644 12_1645_3

12_1648 12_1642

PS 昨日もランタン会場を廻りました。実はその前は次男がサッカーの試合の遠征でいない時に長男からのリクエストで次男に内緒で行っていたもので、今回は次男のリクエストで。多くの人で賑わっていました。帰りには出島の無料開放に行き、今うちの子が毎回欠かさず見ているテレビの娯楽番組「逃亡者」の真似事を。よく知らないのですが、鬼ごっこみたいなものです。日も暮れた暗いなか出島内を走りまわってるんですから、そこにいた方はさぞ不思議に思われたことと(笑)

| | コメント (1)

2014年2月10日 (月)

週末のスナップ

長崎ランタンフェスティバル(1/31~2/14開催中)
http://www.nagasaki-lantern.com/(音声が出ます)

10_1613 10_1610

10_1609 10_1614

10_1611 10_1615 10_1616

地元自治会の「やさしいゲームと昼食会」

10_1620 10_1627

10_1629 10_1621

10_1632 10_1634_2

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

後半に期待

 今年のランタンは天候に苦戦していますが、長崎に来られる観光客の方に喜んでもらおうと(もちろん地元の方にも)関係者の皆さん、まさにボランティアスピリット「おもてなし」の気持ちで頑張っています。まだ見に行けていないという方は是非今日ならびに金曜日までの平日の夜にお出かけになられてください。そういう私は昨日夜長男と二人、出島~新地~館内~眼鏡橋~中央公園と歩いてさるきました。

 今日午前中は地元自治会のゲーム大会&昼食会に。今回で10回目、企画・準備される役員の皆さんには頭が下がります。子どもの参加もあり世代を越えての交流がなされ非常にいい行事だと思っていて、市内の自治会にも広がってほしいものです。

 さて、明日は環境生活委員会があります。建設業協会を中心とした団体からの要望事項への県の対応について、また大村湾をきれいにする(浄化)行動計画の説明を受けます。

PS ランタンならびにゲーム大会の写真はまとめてアップしますね。

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

感動再び

 オリンピックが始まりましたね。しばらくは日本選手の動向に一喜一憂するのでしょうが、選手はこの日を目指して想像のつかない努力をして臨んでいるはず。大舞台で悔いの残らぬ全力プレーをだしきってほしいと思います。結果はおのずからついてくるもの。楽しみにテレビで応援しましょう。

 さて、二月は「逃げ月」とも言われあっという間に過ぎていくと。ほんと選挙も終わり早や5日、疲れがどっとなんて言っておれません。
 今、時間をつくりつくり取り組んでいるのは4年という任期最終年度を前に「この3年間の取り組み」をまとめつつあります。振り返ると質問する機会は市議の時と比べたら格段に増えていますが、成果に結びついたものはといえば・・・合格点には及びません。なかなか厳しい報告になるかと思いますが、とにかく今年度中に作成完了し皆様にお伝えできればと思っています。

PS 昨夜先輩県議と一緒に飲むなかである方が「議員で政策に一生懸命の人は選挙には落ちるとさね」これだけでもドキリなのに、次には「前田君のような人がね」・・・苦笑してましたが当たらずもがなでもうバクバクに。やることはしっかりやらねば!

| | コメント (4)

2014年2月 6日 (木)

ラストスパート

 昨日議員団会議を開きましたが、先輩方含め皆表情が明るく俄然元気でした。知事選、補選3つの勝利もあるのでしょうが。

 しかし、知事が当選後笑顔をみせなかったように、本県の置かれている状況は何度も言いますが、深刻な状況で待ったなしであることは誰もが認識していいるところ。

 昨日の会議は今後の議会への取り組みについての協議でしたが、通年議会等の今任期で議会の仕組み、ルールを変えたなかで、メリットよりもむしろデメリットがあると思われるものについては(検証が必要)早急に見直しをかけ、土台を整えたうえで、ラスト1年の任期、しっかりと自分達の務めを果たし頑張らねばなりません。
 そういう気持ちを常々私たち一年生議員のなかでも、先輩からも声としてでてきており、ついてはどれだけ形にできるかです。陸上のトラック競技に例えれば、レースはまさにラスト4週目に入るところですが、気持ちはその4週目第4コーナーぐらいの気持ちでいねばと思っています。ラストスパートです。

 また寒くなってきました。インフルエンザもはやっています。皆さんご注意なされてください。

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

10,017名の意思

 今回の知事選の最終確定を改めて見てたら、無効票がタイトルの数だけあります。

 よく言いますよね。
「棄権せず選挙には行ってください。支持する候補者がいないなら白票で意思表示しよう」と。

 今回の選挙では全体の票の2.13%が無効票(無効票のうち白票が何票だったかは今現在はわからず、後日集計だしてわかるそうです)

 気になって前回の知事選の無効票は…6357票、全体の0.9%

 今回は前回より投票率が20%近く落ちているので%の分母がもちろん違います。概数でいえば前回より約25万票投票総数が減っているのに無効票は1.57倍。

 政治不信は深刻、信頼回復待ったなしです。

 今日は議員団会議があります。知事選、県議補選の報告と当選された議員との顔合わせ、ならびにこれからの議会対策に向けての協議です。議会対策に向けては一貫して反対してきた「通年議会」また委員会としての必要性と審議の内容について疑問を呈してきた「議会改革特別委員会」について、まずこの二つをどうするかの議論からなされていくと思われます。
 私は通年議会については「制度として残すが実質的な審議時間を見直す」、県政改革特別委員会については「廃止し、審議が必要なものはそれぞれの常任委員会、または議会運営委員会のなかの小委員会的なものでこれからも必要に応じ審議していく」というような考えをもっています。但し今審議がなされている議員定数の見直しについては一定早い時期に結論をださせばならないとも思っています。先輩方の意見含めどうなっていくか、「自民党は議会改革に後ろ向き」というレッテルを張られないようしっかりした理論武装せねばです。

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

二夜明けて

 歳なんでしょうね、時間が経って疲れがどっとでてきています。昨日も事務所片づけ等でバタバタした一日でしたが久しぶりに県庁にも出たところ多くの理事者の方から声をかけて頂きました。仕事もたまっています。早速相談事でも動き、今日からいつも通りの活動に戻します。てことで8時に県庁着しています。

 さて、以前に県有墓地の募集の相談を受けていたのですが今般来年度新規貸付を募集する方向で検討がなされている旨説明を受けましたのでお知らせいたします。

「坂本国際墓地の向かいに県有墓地がある。長らく募集はしていないはず。今墓を求めてもいい場所がなかったり、高価で持つことができない人が大勢いる。抽選でもいいから募集をかけてほしい」

 私自身県有墓地があることをこの相談を受けて初めて知ったのですが、確かに国際墓地の向かいに922区画あって明治以前国の所有であったのが明治になって県に移管され以後一般市民の使用に供されていますが、なにぶん古くからあるため区画の所有者との連絡がつかないようなものも少なからずあります。そうしたなか、昭和46年から新規貸し付けを行っていませんでしたが、私の相談者も含めそのような貸付希望の声が多くあることから担当部局で検討を行い、11区画と数は少ないですが来年度新規貸付募集することになりました。現在、永代使用料を現在いくらにするか検討しているとのこと(以前は数千円~数万円と破格に安かった)私の方からは駐車場がないのはいたしかたないとして水道施設はこの際つけてほしいと要望をしています。管理料をとっていないから難しいとのことですが(前述の通り連絡つかない方もいるので今から管理料を新たにとることもできないとのこと)現在ペットボトルに水を入れて持ってきていると聞くなかで墓参りする方も高齢化するなか、それぐらいはしてあげてもいいのではと思いますが、税金からの支出となるとそうはいかないのでしょうか…

 いずれにしても担当部署の努力で今般新規貸付を行うことになりました。吉報です。ありがとうございます。

| | コメント (4)

2014年2月 3日 (月)

一夜明けて

 投票率、過去最低、得票37万、得票率82%

 選対としては50%、40万票を目指していたのでほろ苦い勝利です。

 本人含め厳粛に受け止め今後に活かさねばなりません。

 投票率の低かった原因はいくつか考えられます。
○戦いの構図が共産党との一騎打ちになり「信任投票」的な選挙選になってしまったこと(選択肢の限定)
○政策論争にならなかったこと&現職側が具体的また地域の実情を踏まえたそれぞれの地域の振興策を語ることが少なかったこと&ネット等を活用しなかったことにより政治への無関心層の掘り起こしに欠けたこと(発信力の弱さ)
○出馬表明が遅く、事務所の立ち上げが今年になってしまったことにより後援会活動をする時間もなく盛り上がりに欠けるまま選挙選に入ったこと、既存後援会の基盤が弱かったこと(選挙への準備不足)
○過去の経験から勝利が確信されかつ時間と人力の限定により、対立候補との激戦を想定したような選挙への取組がなされなかったこと(選挙への取り組み)

等が考えられ、箇条書きでは並べて書くことははばかれますが、自公推薦のなかで党主導(実質自民100%)でやってきた選挙も「党主導でやったからここまでできた」という評価がなされる一方(私はよかったと思っています)、支持を打ち出していた民主党支持者の票の取りこぼし、その一因が投票率の低さ、得票が思うように伸びなかったことにもつながったのだと思います。瞬間的にしかテレビで見ていないので確認が必要ですが、出口調査の結果で民主党支持者の共産党候補への投票が多くみられたことは、前述ならびに選択肢がないことへの意思表示、すなわち民主党が独自候補をだせなかったことへの不満(なにせ4年前は現職と戦っているのですから)だったのかもしれませんが、県政におけるこの4年間の民主の中村県政への対応をみた時に選挙の時になって対立候補を擁立するというのは今回は無理であったということは想像がつきます。

 今回の選挙で知事の立ち位置もはっきりしたと私は認識しています。県連会長が言っていた「みんな仲良くでは、皆の言うことを全て聞かなければいけないか、何もしないかのどちらか」だという言葉が頭に残っています。その通りだと思います。「突出した政策もない代わりに失敗もなかった」これが4年間の中村県政の大方の評価だと思います。一期目であり、県民党を自負し県議会の勢力も拮抗していた等致し方ない部分は多分にあったと思いますが、2期目は昨日も述べましたが、待ったなし、思い切った取り組みを期待します。

と、若造議員が偉そうに語ることではありませんが、一緒に頑張って取り組みます。昨日の県議補選の結果も受け自民党会派は22名(46名中)、しかも一年生議員は8名の大所帯となります。責任重大です。理事者の皆さん、これまで以上に互いに意見を交わし県政発展のための政策や事業に反映させましょう。改めてよろしくお願いいたします。

| | コメント (1)

2014年2月 2日 (日)

終わりました

 選挙は投票箱が閉まるまでが選挙ですが、一応昨日をもって17日間の選挙戦は終わりました。多くの皆さんのご支援に感謝するところです。

 しかし、ブログやFBでのコメントも頂き、お会いした方々からもご意見頂いたのは「消極的な選択による選挙」「投票には行かない」等々、やはり現状への不満が如実に表れた反応を実感させられた選挙でもありました。不満ならまだいい。これが諦めになってしまっては…

 おりしも週末に新聞報道では13年人口移動報告で「本県転出超過全国4位」「市町村別 長崎市5位」という数字が示され、もう待ったなしの情勢が浮き彫りになりました。知事も個人演説会で「県下をくまなく廻って改めて地域の疲弊ぶりに愕然とした」という発言をしています。

※人口移動報告(この報告では長崎市は転出超過8位となっています)
    ↓
http://www.stat.go.jp/data/idou/2012np/kihon/youyaku/

 県政においては次の4年間、スピード感を持ち、積極的大胆な施策をうたねばで、そのためには国とのつながり&各市町との連携強化は絶対必須であります。ほんとうの踏ん張りどき、そのなかで自身がどれだけの提案ができ地域活性に貢献できるか、知事選も終わり私にとっても仕上げの一年が始まります。まずは強い精神を。

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

最終日です

 今日は朝一魚市スタートで、午後は私も選挙カーに乗って市内北部を廻る予定です。お見かけの方は声をかけてください。

 イベントとしては16時から鐡橋において最後の街頭演説会を行います。ランタン見学兼ねてに期待しますが混雑も心配しているのでしっかり警備・誘導せねばです。

 期日前投票も今日は17時まで行っていますので、明日ご予定おありの方は今日のうちに足を運ばれてください。

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »