« 新たな気持ちで | トップページ | 第二幕のはじまりです »

2015年4月19日 (日)

無投票

   今日から始った市長・市議選ははやばやと今日の17時をもって長崎市長の無投票当選が決まりました。県内では同時に行われた佐世保市長選も同じく無投票で現職の再選が決まりました。

   本県ならびに長崎市にとって、とても大事なこれからを迎えるなかで選択肢なき無投票というのはやはり好ましい状況ではなく、自身も政治に身を置き政権政党の内側にいる議員として、というよりむしろその対抗馬となりうることもできた立場においては責任を感じています。

   自身の選挙戦では市政の重要課題や示される方向性について「対案を示せうる政治家に」、また「市民が選択枝をもって議論ができ意思を示せるような政治を行いたい」と訴えてきました。実践あるのみです。

|

« 新たな気持ちで | トップページ | 第二幕のはじまりです »

コメント

投票率を見ると、不満がないより無関心のほうが多く感じます。
マスメディアコントロールかシビリアンコントロール?
政治に興味を無させるほうが都合の良い処も有ります。
日本の愚民化政策は戦後レジュームの一環ですから。
かつて米や欧州がアジアでやってきたことです。

投稿: YOU | 2015年8月 8日 (土) 14:44

こんにちは。
浅田さんの市長もいいなと思ってましたが、前田さんも有りですね。
個人的には、浅田さんには知事に、その娘さんか前田さんが市長とか良いと考えました。
仕事的に表向きは応援できませんが、潜在的には応援しています。
頑張って下さい!

投稿: you | 2015年4月25日 (土) 10:35

対抗馬が出ないということは、市政に不満を持つ層が少ないということですね
総合的に見て長崎はよい方向に進んでいるのでしょう

投稿: pp | 2015年4月20日 (月) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たな気持ちで | トップページ | 第二幕のはじまりです »