« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

今週より委員会です

 今日から県議会は委員会です。

 メンバーが入れ替わり初の委員会になりますが、委員長として的確な委員会運営に努めます。1日の日は長崎魚市ならびに水産試験場の視察も予定しています。

 週末は行事てんこ盛りでした。うれしい悲鳴ですが、今週も夜は全て入っています。体力がもつか…もちろん議会中ですからアルコールもセーブで。

 水曜日になると七月です。今年も折り返しに。はやいですね。

| | コメント (0)

2015年6月25日 (木)

再び幸福度論争

 昨日の個人質問で同僚県議から再び幸福度について知事とやりとりがありました。
本会議でやる必要性もどうなのかと感じつつも興味深く聞いていましたが、「幸福度の尺度を県政に反映を」との問いに、知事は「主観的な満足度を施策に反映させるのは難しい」という趣旨の答弁をされてました。満足度(幸福度)は様々な施策の成果が重層的に重なって生じるものですし、個人の自己責任の生活のなかで感じる感情の集合を即県政に反映できるのかについてはかなり疑問を感じます。

 しかし幸福度を高めることはもちろん大事。

 私が考える「幸福度」は「仕事」「健康」「家庭」これらの満足度を高めるために種々の施策のなかで数値で示せるものについては目標値を設定し、それぞれの分野の進捗度を客観的にチェックする、そこを高めるのが幸福度の追求だと思っています。

 また幸福度とは「現在生きている、現在の大人の今の満足度」

 であるならば、私が求めていくのは「幸福期待値」将来に対し幸福である期待値が持てるか、今の社会は僕は期待値がまだまだ高まっていないと思っています。自分たち世代の幸福を求めることはもちろん大事で、そこで頑張るのが政治家ですが、将来の世代のために今なにをすべきか論じるのも私達の大きな仕事だと思います。

 というような話を、先に議場で論陣を展開した同僚議員と議員控室に通じるトイレ&廊下で交わしました。続きを近くまた飲みながら話そうとなりました。

 皆さんが求める幸福度ってなんですか?

| | コメント (1)

2015年6月24日 (水)

出来悪いなかで実はとりました

 後輩議員(歳が若い&一期生)の質問の内容のよさに感心と焦りを感じつつ、昨日の自身の質問は自己評価では「出来の悪い質問」でした。何が出来が悪いか…議論にならなかったところです。

 県庁跡地活用も前日の「MICE後、市がまず考えをまとめることが先決」という答弁がでていてそこでの議論伯仲も、また乳幼児医療費助成の対象年齢の拡大についても知事が答弁しないばかりか前回と全く変わらぬ主張でゼロ回答。これでは何を言っても…

 そこで今回は実をとることにして、公共施設等総合管理計画の策定では「部門別の甘々の計画ではなく総コストを把握し、施設等の統合や廃止、民間移譲等様々な選択肢を検討し地域経営という視点で取り組むこと」、地域医療構想策定については「病床削減ありきではなく検討の過程が大事で地域医療をどのようにして守っていくかの合意形成を育んでいくこと」を要望(注文)しました。このことはしっかり伝わったと思っています。
24_1

 周産期医療体制の充実ではこれまでの認識を改め、「本県の周産期医療の現況は絶対的に病床が不足している」と公式に初めて答弁を引き出し、そのうえで県内で2ヶ所目となる大学病院の周産期総合母子センター設置の計画に県としても同意(はっきりとこの言葉は使いませんでしたが)する」(これまで県内に1ケ所でいいという認識を示していました)、またNIE教育については「NIE教育を積極的展開する」という答弁を得ることができました。

&歯科保健行政についても事前のやり取り経て長崎新聞にある通りの答弁を同僚議員が引き出しています。
24_3_2

 ですから傍目には冴えない質疑に見えたでしょうが、そこそこの成果を。私の意見・主張に理解を示してくれた理事者にお礼申し上げ、更なる奮起を期待します。

 議会は個人質問は今日で終わり、金曜日に予算総括質疑が行われ、来週からは委員会審査に入ります。

PS 新聞ではNIEの記事が大見出しで。これでは…
24_2
※記事は全て2015年6月24日付 長崎新聞より

| | コメント (2)

2015年6月23日 (火)

知事の本気度、というより認識の違いに??

  昨日から個人質問が始まりました。今回12名の質問者のうち私もその一人ですが、他の議員の質疑を聞くことももちろん知事の各課題についてどのような認識をもっているかを確認できるよき機会です。

  昨日の知事答弁で違和感感じた箇所は、

  企業誘致は本県はオフィス系誘致が好調であり今後も積極的に取り組んでいきたい(ここまでは良)そこで人材の育成・供給が大事となってくるが、これについてはやはり人口がそこそこあるところでないと成り立たない、また受け皿づくりについては民間での設備投資を支援したい。

  前記のどこに違和感あるかといえば、人口の多いところでなければ企業誘致が難しいと断じている点…ならば人口の少ないところや離島では金輪際そのような事務系企業の誘致は難しいと諦めているようにも聞こえます。また民間が設備投資できるような判断があればとっくにビルは建っているかと。なぜ設備投資できないか、だとすればどうするかの考察に欠けています。

  もう一点は自民の県議の質問ではありませんでしたが、非正規雇用を正規に切り替えていく、そのことを積極的に展開することこそ、人口減少対策ならびに県民所得アップにつながるのではないかとの質疑に、

  男女の差があり、女性は正規を必ずしも望んでいない(これも誤解を生む答弁だと思いますがそれは別にして)県民所得アップは個人の所得がアップしてもそれが結果として県民所得アップにつながるものではないというような趣旨の答弁をされました。

 まさに以前まえてつ通信で指摘した「県民一人ひとり所得アップにはつながらない」ことを明らかにしており、それでいいという答弁のように聞こえました。質問者は「県が企業に正規雇用を促進するよう要望してくれ」と言われていました。私はそのことには全く賛同できませんが、「非正規で働いている方で正規になりたいと思っている方のスキルアップ、そのための学習環境の整備等の場をつくる」ことは行政に課せられた大きな課題だと思っています。終身雇用の時代と違いこのような方の教育(学び)の場が現況企業側にはないことを以前より意見しています。提案している「社会人キャンパス」もその一つなのですが…

 つらつらと。自民党県連の新幹事長も昨日は熱く少子化対策を質疑されましたが、その続きは今日!行います。

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

未来へのつけ

 明日の質問で「公共施設等総合管理計画」の策定について質問します。

 聞きなれない名前だと思いますが、昨年度国において各地方自治体でも計画が義務付けられたのもので、この計画取り組み如何でその自治体の自治体としての成熟度がわかる案件だと私は認識しています。目的や内容は以下、

(目的)
厳しい財政状況や人口減少を踏まえ、公共施設等の全体の状況を把握し長期的な視点をもって更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより財政負担の軽減を・平準化を目指す。

(内容)
・公共施設等の状況
・県内人口の見通し
・更新等に係る中長期的な経費見込み等

 対象は、ハコモノ(庁舎等、学校、警察署、職員住宅、県営住宅)、インフラ整備(橋梁、道路、トンネル、ダム、砂防関係、港湾施設、都市公園等)、公営企業施設(交通局、県立大学)ですが、インフラ施設については既に十分ではありませんが(コストをだしていないものもあるので)長寿命化計画がほぼ策定されています。本気度が問われるのはハコモノ、公営企業施設です。ここで廃止や統合、PFI・PPI手法、民間移譲の決断ができるか否か、今までのように担当部局にまかせていては進展がなく、そして今まで部門毎でしか承知していなかったコストを総コストで認識した時にはまさに「将来につけを残さないために何をすべきか」「先送りはできない」という考えにたたざるをえないと思います。まさに本格的な地域経営、シティーマネージメント時代の到来を迎えることになるわけですが、そこに進むか進まないかは行政、トップの意識次第であります。担当部署の考えはほぼわかりました。では知事は…どう考えどう臨む、そこを質疑します。

 昨日は自民党県連の大会でした。自民党も新体制の始まりです。大会アピールにあった「おごるとことなく県民の信託に応える」実践あるのみです。

| | コメント (1)

2015年6月20日 (土)

二期目初質問

 来週23日(火)10時より1時間、二期目初個人質問に立ちます。

 あまた質問したい項目があるなかで、質問することでの実をとりたく、前任期からの持越し案件、今からスタートする策定計画のなか行政の認識が薄い(甘い)部分についての指摘等絞って以下の項目を質疑します。お時間のある方は是非傍聴もしくはネットにてご覧になってください。

1、公共施設等総合計画策定について

2、県庁跡地活用について

3、医療福祉行政について
①本県の医療環境の現状認識と地域医療構想策定について
②周産期医療の充実について
③歯科保健行政について
④乳幼児医療費助成の拡大について

4、子どもの学びに充実について
①NIE教育の推進について
②小中学における学校空調の整備について

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

政府施策要望中

昨日から上京し関係省庁や各政党に対して来年度の政府施策要望を知事他関係理事者と一緒になって行っています。大事な活動です。今日午前に帰崎し午後はいつも通りです。

104

101 105

102 103

| | コメント (0)

2015年6月 8日 (月)

新年度も2ケ月を過ぎ

   6月も第2週です。週末は高総体出場のお子さんをもつ親御さんの方は忙しいことだったのでしょうが、中総体は来週なのでまた忙しいという方も多くおられるのでしょう。わが家もそうですが、子どもは歳を重ねるにつけ「親離れ」していくもの。子どもの小さい時を思うと一抹の寂しさも感じますが、それこそが子どもの成長であるのでしょうから今のなかで出来る限りの接点をもたねばと思っています。が、なかなか実行できていません。

   継続は力なりのランニングも続けていますが、ここにきて体重増加を抑えるのも限界に近くなりつつあることを実感しており、ここは踏ん張りどころ、新年度も2ケ月を過ぎここいらで生活全般をもう一度見直さねばです。

   今週は政府施策要望も控えています。また時間があると思ってずるずると個人質問項目も絞っていません。質問したいことは山ほどありますが当日の質疑が散漫にならぬよう絞り込まねばです。

総会シーズンはまだまだ続きますが、今週もしっかり務め仕事します。

| | コメント (1)

2015年6月 6日 (土)

学習環境の今、昔

   過日のガス企業との勉強会でトピックス的に学校空調の話題提供がありましたが、北九州市や福岡市では3ケ年程度の期間をかけて小中学校の全教室に空調を整備する事業を展開することになっています。

   私も大いに賛成で行政に対しこれから提案していこうと思っていますが、まずは皆さんはどう思われますか?

   賛成? or 反対?

   賛成の理由は…、反対の理由は…

   反対の理由でもしかしたら「子どもは少々の暑さに耐えることも大事」という理由の方もおられることと思います。

  でもそれは間違っていると思います。近くなぜ必要かという理由をデーターをもってご理解頂きたいと。しばしお待ちください。これも一年でも早く実現に努力します。

| | コメント (2)

2015年6月 5日 (金)

軽トラ販売スタート

052_3

 昨日ご紹介しました「交通弱者(買い物弱者)のための軽トラ販売」出発式が行われました。徳島市の移動スーパー「とくし丸」は九州では第1号となります。
 生鮮品を含む食品や日用品など300~350品目を積み込み、長崎市北部の希望者の自宅を定期巡回して販売します。

051

053_2

054

| | コメント (1)

2015年6月 4日 (木)

活動が形に

   議員冥利に尽きるときはやはりなんといっても自身の意見してきたこと、共に力を合わせて取り組んできたことが形になった時です。

   明日はそういう意味では喜ばしい日になります。

   何かというと、選挙期間中多くの方にお伝えしてきた「交通弱者(買い物弱者)のための軽トラ販売」がスタートします。1号車の出発式のテープカットは地元スーパーの社長と田上市長です。私は立ち会えませんが、事務所スタッフが写真を撮ってくるので明日アップします。   

   軌道に乗って事業が将来は市内至るところで展開されますことを願っています。関係者の皆様、そして許認可してくださった行政の方々、ありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いいたします。

   そして、今日はもうひとつ実現。

   一昨年、長崎港ターミナルビルをもっと有効的に活用すべきということで提案し「活性化検討委員会」が設置され昨年報告された提言を受けて、今議会にてビルの指定管理の議案が上程されることになりました。来年度から民間の知恵を活かしたビルの維持管理&運営が行われます。どんな風にビフォーアフターを遂げるか楽しみです。

   やっと形がだせるようになってきました。もちろん私がやったのではなく「私の意見を理解してくれ行政が実現させた」のですが…次々にチャレンジします!

| | コメント (0)

2015年6月 2日 (火)

今任期初視察

0210_2

022
023

024 025

026 027

028 021_2

029_2 0211_2

 昨日より今日の午前中にかけて上五島に初視察に二人の同僚議員とともに行ってきました。

 上五島8漁協組合長ならびにまぐろ養殖団体会長、町の担当部署、県の振興局担当との意見交換(すみません、大事なとこの写真撮っておりません)後、現場視察、夜は再度組合長と建設関係者との夕食を交えながらの意見交換(なんでも建設幹部と水産業の方が一緒に意見交換をするような場がなかったとのこと。離島では特に密接なつながりがあります)そして今日は世界遺産の構成資産となっている教会の視察をして帰ってきました。詳しい内容は改めてできればと思いますが、長期的な課題、すぐにもできることを区別しながら早速担当部署ならびに党内での事業提案に活かしたいと思っています。

| | コメント (0)

2015年6月 1日 (月)

離島振興待った無し

   今日は早朝青年協会の後輩の厄入りの儀に出、その足で上五島に行きます。今般の選挙で当選した地元県議と大村の県議とともに、水産業の視察を、まずは町役場にて概要説明を受け現地の視察ならびに漁業関係者との意見交換を行う予定でいます。谷川県連会長が離島振興の新法制定に向け国において全力で取り組んでおられるなか、県政の場においても人口激減のなかで基幹産業のひとつである水産業の維持への取り組みは大きな課題です。農水経済委員長の立場としてもしっかりと見て聞いて施策に反映させたいと考えています。

   6月に入りました。今月終われば今年も折り返しです。年初めの目標の進捗を確認しながらきばりましょう。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »