« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

キャッチボール終了か?

281

   明日から個人質問が始まり、私は二日目の4番手で質問しますが、先週の金曜までの質問項目についての理事者とのヒアリングはほぼ終わりました(なれ合いにならぬようほどほどのやり取りに留めていますので、やりとりしていない再質問は当然あります)。

   そのなかで県庁跡地活用について質疑しますが、今回は私が思った形ではありませんでしたが方向性がなんとか引き出せそうです。結局キャッチボールに例え「ボールがどちらにあるのか、投げ返しがない」と言っていたことも、県市のトップ同士でのキャッチボールはないまま終了、というか終了せざるを得ない状況になるんだろうと思います。結局のところ、MICEが県市で取り組めなかった時点で連携はとれなかったということです。

   もっとも最近の私の長崎市への心配事は、その事務ミスの多さです。なぜこんなことばかりが続くのだろうと思っていて、やはり外から感じるのは市役所全体の組織としての緩みからではないかと思います。
   個々の原因は、聞こえてくるようなトップの威厳が不足しているということであったり、お友達人事みたいなところかもしれませんし、実務でいえば職員の異動の間隔が短くなるなか、専門的なプロパー職員(目利き役的存在)がいないこと、日常的な業務の多忙さ、また職員一人一人のスキルアップのための研修等の時間がとれていないこと、はたまた公務員だからリストラされないこと等々多くの要因があろうかと思いますが、ならば他の自治体もそうかというとそういうわけではなく、やはり長崎市だけということになれば、ここはしっかり組織の点検・見直しと職員の意識改革に全力を傾注することが喫緊の課題でしょう。今市議会もそこのところをしっかり議論してほしいと思います。

PS   ブログはままなりませんが、ランの方は今月の目標150キロは達成、本日の走りをもって200キロ走れました。但しちょっときついので走り過ぎなのかもしれません。何事もほどほどにせねばです。

| | コメント (0)

2015年11月27日 (金)

長崎のかんぼこを売り込もう!

27   明日あさっての日程で写真のイベントが行わます。

   実はこのイベント、私が「長崎のかまぼこは全国どこにもひけをとらないぐらいにおいしい。もっと売り込まねば。そのために県下のかまぼこを一堂に集めた『かまぼこ会館』をつくってはどうか?」との意見に対して、そこまでは難しいが国の消費喚起型の交付金を財源にイベントを実施することになりました。

   週末皆さんのお越しいただき成功裡に終えて来年以降のステップアップ~販路拡大に大きな期待をしています。

   今日は今回の個人質問の準備で日帰りで博多まで。移動の間も絶えず理事者からの電話での連絡を受け夕方議会控室に入りました。

   週末でしっかり質問を組み立てます。寒くなってきました。皆さんご自愛ください!

| | コメント (0)

2015年11月26日 (木)

TPPについて集中審査を行いました

261 262
   昨日から県議会が始まりましたが早速所管委員会ではTPPの集中審査を行いました。

   まだ詳細が確定しないなかでの説明と質疑で消化不良ぽい審査となりましたが、そのなかでもポイントはやはり新聞記事にある通りの「県への影響(額)」と対策、そして国に対しては産業分野等でもうかった金をいかに影響がでてくる農水分野にお金を廻せるかだと思います。

   政府の大綱が昨日発表され今後新たな情報を得るなかで来月14日の委員会審査予備日に再度集中審査を行うことを確認したところです。「守りから攻めへ」来年度施策の打ち出し含めて知恵の出し処です。

   さて、昨日、今議会で個人質問を行うとお知らせしましたが、出番が確定しました。来月2日の14:40から、持ち時間は60分です。ご期待ください。

   ということで今日はバタバタと質問準備の一日になります。

| | コメント (0)

2015年11月25日 (水)

今日から11月定例議会

   今日から11月定例県議会が始まります(来月18日閉会、市議会は27日~16日)

   今年度は私は議員会副会長という立場で種々の調整役の任を務めていて、そのうちのひとつに年間通じた個人質問ならびに予算総括質疑の質問者の調整役をしています。質問者の確定から質問の順番決め、そして質問項目の質問議員間でのダブリ等の調整etcなかなか大変です。

   それで今回は私も質問をすることになりました。急遽決まったのですがやるからには課題・成果をしっかりと引き出す質疑でならねばなりません。従来追いかけてきた案件を中心に構成し実のある質疑になるようきばります。今日の17時が質問通告締切でぎりぎりまで項目については考えてみようと思っていますが今のところ以下の項目を。もしご意見あれば時間にかぎりがありますが電話やメール等でお知らせください。
これだけの項目をやれば時間が足りないでしょうから絞り込みはします。

県民所得の向上最終年度における目標達成の見込み
①県民の施策目標達成の実感について
②雇用増対策のなかでの企業誘致、地場企業育成の課題について

交流人口増への取り組み
①クルーズ船の受け入れ体制整備について
②スポーツコンベンションの位置づけと取り組みについて
③公共交通対策について

県庁舎跡地活用について

安心安全な県民生活の推進
①周産期医療の充実について
②介護事業従事者の人材確保について
③健康寿命延伸への取り組みについて
④児童相談所の役割と体制強化について

教育行政の積極的推進
①学力向上について
②特別支援教育の推進について

| | コメント (0)

2015年11月24日 (火)

迷走に終止符を

   明日の県議会開会に向け議会棟は俄然今日から慌ただしくなりますが、私は今日は議会前の会派全体での勉強会、政調会、都市計画審議会と会合が続きます。

   今議会ですが12月議会ということもあり、行政提出の議案や予算はそう多くないので懸案事項の審査を充実させねばと思っています。自身の委員会でいえば、TPPへの対応がまず。この件については早速明日の午後から集中審査を行います。また、今議会で所管委員会の所属も終わるので、一年間のとりまとめとして、水産関係の意見書の提出ができればと思っているのと、産業労働部関係では企業誘致のための工業団地の造成についての県の取り組み方針の見直しについて結論をだしたいと思っています。

   またタイトルの件は県庁跡地の整備方針についてです。周囲の動きも複雑化するなかで、私自身、新県庁舎建設着工までには整備案を示すよう意見してきたものとして、最低でも年度末までには成案をだすという言質をとらねばと思っており、所管委員会ではないのでどこまでできるかわかりませんが挑んでみます。

   連休中は皆さんいかがお過ごしでしたか?私は行事出席がメインでしたが、飛雲祭(県立農大祭)、農林業・水産業大賞表彰式、ありがとうフェスタ(介護)、YEGイベント、県民表彰、子育てフェスタ、ブランド物産展、民謡大会等に出席させてもらいました。関係者の皆さん本当にお疲れ様でした。

PS  映画鑑賞もできました。世界飢饉を救った「農林10号」小麦の育種の映画です。感動しました。

飛雲祭(県立農大祭)
241 242

農林業・水産業大賞表彰式
241_2 242_2

ありがとうフェスタ(介護)
242_3

YEGイベント
241_6


県民表彰
241_4

子育てフェスタ
243

ブランド物産展
244

民謡大会
241_5 242_4

映画鑑賞

24 242_5

| | コメント (2)

2015年11月18日 (水)

金太郎飴との決別

   どこを切っても金太郎飴。駅前の再開発でよく言われてきたことであり、個々の街の魅力が失われてきていると言われて久しく、長崎市や諫早、大村の駅前開発にはこのような視点を意識して臨まねばなりませんが、ソフト事業に対しても国における「地方創生メニュー」はありきたりのプランでは予算獲得はできないといわれています。

   自治体間の競争を加速させること、本来国がやるべきことを地方に押しつけはしないか等の不安要素もありますが、このルールでいくと決まった以上はいかに即効性または確実に成果がだせる独自性ある施策をうちだせるかが肝になってきます。市町の戦略策定が外部(民間)に丸投げ委託しているところもあるとの報道もあるなか、まさに「職員力」を問われることになり、私たちもそこに行政マンでは思いつかぬ発想、ならびに県民のニーズを届けることにもっと力をいれねばです。

   そういうなか早速9月議会で審議され可決された補正予算(国の創生交付金を財源とした)の活性化事業5つの国の査定が行われ、そのうちの4つは満額または減額されながらも採択されましたが、残り一つの「働くなら長崎!発信事業」はなんと0査定。これには驚きました。減額はあってもゼロ査定とは…審議し可決した私たちの判断の可否にもかかわる問題です。

   そこで財政課に「予算がつかなかったらどうなるのか?」の私の問いに「県の一般財源をつけることになろう」との回答。

   それでいいわけありません。国予算でやるという前提での可決採択された事業です。その後の国の採択が不可であれば仕切り直しが必要で、なぜ採択されなかったのか、他県で採択された同様な事業はないのか、あるとすれば本県の事業とどこがどう違うのか、仮に事業を行うとしてどこをどう見直すのか等々を検討し、改めて議会に対して説明~了解がつ手続きが必要と思われるわけです。

   このような作業をしっかりやっていくことが自治体としての力につながっていくと思います。

   かれこれひと月、財政を通し、また担当部署にも直接そのことを伝えていますがいまだに何一つ連絡ありません。

「予算の執行停止」を委員会で提案するつもりです。

| | コメント (0)

2015年11月17日 (火)

ありがたいコメント頂きました

ん   以下のコメント頂きました。

   この役に就いていて一番に自分を律せねばいけないと思うことは「驕ること、上から目線になること」だと思っていて、そういう視点から昨日の私のブログの内容(書きっぷり)がそう感じさせられたというのであればそう思わせたことに対して十分反省せねばと思います。ご不快な思いをさせたことをお詫びします。

   私はまだまだ未熟なため、このブログにおいても勢いで書いてしまったり、いやな思いをしたらそれをそのまま感情的に表したりとまだまだ修練が足りないのですが、ブログを書くにあたってはあまり慎重な表現や読まれた方がどう思うだろうということはほどほどの考慮でよい、そうでないと率直な思いは伝わらないと思っていて、こうやって指摘を受けた際に改めてそうであれば素直に認めお詫びの気持ちを伝えていきたいと思っています。

   この件は伏線があり、私直接に対する意見や批判はなく一自治会の会長に発せられたいうこと、また顧問をさせて頂いている自治会が「跡地に市役所を!に賛成しているのに貴殿は反対なのか」という趣旨の意見を述べられることに対して違和感を感じていたこともあります。もちろんこの件での自治会内でのコミニケーションがなかったことは日ごろから自治会に関わる県議・市議としてはまずかったという思いはいたしています。

   回りくどい言い訳のような記述になりましたが、私はこの案(プラン)を最初に持ち出したのはどなたなんだろうとを思っていて、もしそれが仮に県議や市議(政治家)であれば、寄り添うことはとても大事なことでありますが、むしろ当事者の方達の気持ちをことさらに乱していると思われてなりません。事実確認できていませんからそうであればと受け止めてください。

   それでも自分達のために動いてくれている、というご意見もあられるでしょう。しかしこれまでの経緯を十分知った方であるならばもっと助言のしようがあると思いますし、ならばご自身が前面に立つべきであろうと思います。

   住民投票条例の設置は貴兄も言われる通り私も大賛成です。貴兄はご存知かと思いますが、市議時代に私は常設型の住民投票条例をつくるよう個人質問しています。

   しかし今回の案件に限っていえばこれが住民投票になじむのか(土地が市有地で主体的に市が事業を起こすのであればいいのかもしれませんが)、かつ全市域的にみたとき、今回の案件で市民が等しく関心を持ち住民投票に臨むのかということについてはやはり疑問を持ちます。中心市街地以外の方からすれば公会堂跡地と県庁舎跡地にどれだけの違いを感じるのか、むしろ住民投票を求めるのであれば駅裏の土地を買うことについて、またはこれから問われるMICEの建設などは投票があってもいいと思います。但しこれも投票結果で過半数とったからとなってもあくまで自治体トップの判断材料であって、それをもって民意だというものとは違うと思います。また市民の代表が選挙で選ばれた市議であるのですから市議一人ひとりの意見も民意。そう考えたときに県庁跡地に市役所を!の民意は46人中何人、何パーセントなのでしょうか、ご教示頂ければと思います。

   いずれにしても一方でまちのビジョンを示しきれない、認識を共有できない県市のトップの責任は大だと思います。

(昨日頂いたコメント)

前田さんの投稿内容から、前田さんが市民側に寄り添う思いよりも、権力者的意見を述べられているように受け止められて残念でなりません。

 前田さんのご意見全体に一貫してにじみ出ているところがあります。

  ・・・ >私(市選挙区の県議の一人として)にはなんの理解を求める説明もありません。たぶんほかの同僚議員もそうであろうと。

  投稿内容からは、「事実」がどの程度おさえられているのか分かりません。

  たとえば、  

  >「会議の際に」とは? 「幹部」とは? 「吊るしあげられた」等。 ・・・会議中でしょうか?

  あくまでも『伝聞』であって、その場に前田さんが居た訳でも、録音等を聴いたということもないでしょう。

  さらに、

  >それって自分達のことだけではないですか?

  >それって ・・・・・ ← あまり心地よく受け止められる記述とは思えませんが。

  ご指摘とおりのこともあるでしょう。しかし、よろず地元・地域住民・事業者等は、生活基盤を揺るがされることが発生しかねない時になって初めて危機感を持つ鈍さ、遅ればせながらの行動となることもあるのではないでしょうか。 また、行政の情報公開は適切でしたでしょうか。市民意見を事前に十分聞いたでしょうか。 県議会・市議会等の議員は自身の時局や県政市政報告会等で、市民意見を吸い上げたり確かめたりがすることが充分だったでしょうか。

| | コメント (0)

2015年11月16日 (月)

改めて県庁舎跡地に市役所を!に反対です

   先日の宵酔い祭りの折に銅座町の自治会長から「県庁舎跡地に市役所をの署名活動の会議の際に幹部の方から、おたくの自治会の顧問をしている前田県議はこの件に反対しているが知っているのか?」と。会長の言葉を借りれば「吊るしあげられた」とのこと。

   なんだか寂しいですよね。たぶんに民放の特集の私への取材コメントを聞いてのことでしょうが、跡地に市役所をという運動を開始しながら少なくとも私(市選挙区の県議の一人として)にはなんの理解を求める説明もありません。たぶんほかの同僚議員もそうであろうと。

   まあ、それはいいのですが、県庁舎移転反対の際は、結果相たがえましたが防災上の見地からの移転反対の論陣は一定理解がなされるものでしたが、今回の市役所を!には、その理由が「浜の町周辺がさびれてしまう、それでいいのか」というものなんですよね、わかりやすく言えば(認識違いがあれば訂正します)。

   それって自分達のことだけではないですか?

   もしそうであれば市が市役所を公会堂跡地に決定した際にこの運動を起こすべきだったのではないでしょうか…

   私自身は公会堂は残してほしいと思っており、市役所は市民会館が耐震に耐えるとしても、あの使い勝手の悪さ&バリアフリーが効いていないことを含めて解体し、その後に市役所、現公会堂をリニューアル活用の考えを持っています。また県に今打診されているホール機能に公会堂をはめこむということであればそれは良とし、新しいホールが出来上がるまでは、公会堂を使用する、それまでの間に再度検討をする。どうしても市役所を建て替えたい(市民会館も残すということであれば現地建て替えです)今市役所が建つ現地にはNHKの移転含めた企業誘致のためのハコモノはどうかとも。

   もちろん、跡地活用を責任をもって示さないうちに新県庁舎建設を始めた県は県民に対して謝罪ものだと思います。が、整備案が示されていないからといって「では市役所を!」は「知事と市長がトップ同士でそれでやろう」ということになれば別ですが、そのことをもって住民投票で市民の意思を問えというのはほんとうによくわかりません。50歩下がって、仮にそのような動きをするならば「浜の町、築町、江戸町界隈も自分達もおカネを知恵もだしてこのように変わる」というようなものがセットならば理解もできますが、何もないですよね。
(よっぽど、浜の町で土地を提供するから市役所をもってきてくれ、ぐらいの大胆な提案でもしてもらえたら)

  そして以前も述べましたが、署名を集め住民請求したとしても、県の土地ということもあり市長の答えは100%と断言していいと思いますがNOです。そうなった時に市長をリコールする覚悟がありますか?関わっている方にお聞きしたところ、「何も考えていない、話にもなっていない」だそうです。だとすれば先導した方は無責任と言われても致し方ないと思います。

  私は次の機会で跡地に関して、また跡地の上物とは別に交流人口・住民生活の両方の視点から「交通の結節点として跡地がどうあるべきか」について議論を挑みたいと考えています。

  銅座町の方々とも同じ顧問の市議さんと一緒にじっくり話す機会をつくってみたいと思っています。中心市街地の賑わいを守ることについては同じ気持ちでいます。

PS  文字としてお伝えすることでさらに誤解やお叱りがあろうかと思いますがしっかりお受けします。ご連絡ください。

| | コメント (2)

2015年11月15日 (日)

客船連続受注など夢のまた夢

   非常にまずいですね。以下のニュースご欄になってください。

   客船の連続受注で生産額・雇用維持をはかるって行政は言ってましたよね。議会側は「そんんなうまく連続受注できるのか?」という声がでるなかで…こけることをもちろん望んでいませんが、過大な期待感を楽観的に施策の柱にしてしまったつけ(責任)を行政はどうとるのか聞かせてほしいです。

http://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A3xTiG0PXEhW7DQAvomJBtF7/RV=1/RE=1447669135/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=O7dJftvPm6ujEYuNwJFN0IKYx1o-/RU=aHR0cDovL25ld3MueWFob28uY28uanAvcGlja3VwLzYxODA5MzM-/RS=%5EADAp18HW7yWrXqzL17lnvvMWtGV0Zo-

| | コメント (1)

2015年11月10日 (火)

13回目もおかげさまで

101

102 103

104  先週土曜と昨日の宵酔いまつり「はしご酒ラリー」は今回は準備時には手伝えず本番のみのスタッフとなり戦力外でしたが、おかげさまで二日間で3400名強の方がラリーに参加頂きました。ありがとうございます。

  そして数か月にわたり準備から本番まで頑張った銅座町青年部ならびに当日お手伝いの街なかの青年団も皆さん、お疲れ様でした。地域の活性化のために汗する姿は敬意と感謝で一杯です。

| | コメント (0)

2015年11月 9日 (月)

負けてたまるか

092

 多くの皆さんのご支援を頂きながら負けてしましました。この敗戦を無にしないためにも今なすべきことをしっかり考えねばです。

 検証はせねばですが、おごりと緩みと市民からの懲罰だと思います。亡くなった前市長の口癖だった「負けてたまるか」本人と自分達が今もう一度この言葉をかみしめて。

091 093

 今日は県庁一番乗り。昨日はTPPの地方キャラバンの意見交換会に出席。よき勉強ができましたし「マイナスをプラスに」これを機に大胆な発想の展開で業界の活性化をはからねばです。

PS 私自身も先週は理事者と些細なことでバトル。これもおごりです。

| | コメント (2)

2015年11月 6日 (金)

必読の一冊

041_2

042

 私は憲法を改正すべきと思っていますが、そのことを主張していくなかでわが国の歴史をしっかり知ることはmustだと思っており、写真の本を読み始めたところです。
  この本は戦後すぐに書かれたアメリカ人による戦争の検証であり、内容は母国に対して冷静な視線なもので、アメリカが意図的にこの戦争を誘発したこと、日本がポツダム宣言受託の二年前から降伏を働きかけていたこと、原爆投下により戦争の終結を迎えたと言われているが事実はそうではなく終結は時間の問題であり、あくまで対ソのためであったこと等に触れられています。
 まだ読み始めたばかりですが、先人達がここまで悲惨な状況のなかで追い詰められ、国を、家族を守るために戦い多くの命が失われたことを思う時に涙とともにだからこそ今しっかりと取り組まねばという強い気持ちにもなります。皆さん是非読まれてみて下さい。必読の本だとお奨めします。

| | コメント (3)

2015年11月 4日 (水)

切実な思いを形にしてください

051 052

053   今日は左の件(今年2月議会で全会一致で採択)でのその後の県の取り組みに対する要望の会に出席しました。

   当時6000強の署名も付けて委員会も本会議でも全員が賛成し「県としてしっかり取り組め!」ということで、来年度には全国初の支援施策が動き出すと思っていただけに現在の進捗状況(県としての主体的な取り組みが感じられず市町まかせ的な対応)については大きな不満の声が挙がりました。

   最後は「年内になんとか検討する」という言葉が担当部署からでましたので今後の取り組みに期待し今月末から行われる議会のなかで確認していきたいと思います。

PS  写真の要約筆記のボランティアさんの活動にはいつも頭がさがる思いです。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2015年11月 3日 (火)

同じ光景

03

  今日は新農水大臣の諫干視察後の意見交換会に出席してきました。意見交換というにはほど遠い短い時間でのやりとりは従来の開門絶対反対の主張をそれぞれの代表から一方的に伝えるのみ。先方は「いい解決策を見出したい」

  大臣が変わるたびに同じ光景の繰り返しです。最終的には最高裁の判決を待つしかないのですが地域や営農者の方々は悶々とした時間の経過のなかで過ごしています。取り返しのつかない政治の判断の重みを今日もまたずしりと感じた一日でした。

  午前は大村市長選の応援に。残すところあと4日。候補者毎日しっかりと街の将来を訴えています。

| | コメント (0)

2015年11月 2日 (月)

今年も残り二か月

 早いですね。今年も残すところあと二月となりました。今でも反省だらけですが、やり残しなきよう計画的に取り組まねばです。

 今日は朝一より政調会の定例会を講師に金融関係者を招き実施、議会は予算決算委員会、昼休みに新幹線議員連盟総会、午後からは交通関係の勉強会、夕刻より水産との意見交換、そして最後はお誘いを受けた西高の歯科の会に。てんこ盛りです。

PS ランニングの方も先月中旬よりアプリを取り込んだことで数値で計測ができさらに充実してきました。そこで今月の目標を一旦150キロで頑張ってみたいと思います。先月は半月で85キロですから十分達成可能な数字ですが、まずはハードル低いところからスタートしてみます。

| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

忙しいのは理由にならず

307_2 306_2
305
  以前の上京要望の際の写真です。

  ここ数日朝一から夜までびっちり、疲れ果てバタンzzzが続いています。忙しいのは理由にならないわけですが…

  今日は早朝に県庁まで走り、その後大村の市長選での街頭立ち合い二か所、寿司祭り顔出し、教会バザー顔出し、憲法改正勉強会、市戦没者追悼式、市中央卸売市場40周年記念式典&祝賀会でした。明日も8時からスタート!きばり時。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »