« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

笑顔必ず再び!

九州新幹線福岡~熊本運行再開。

首相「激甚災害あす指定」

ボランティアスタッフ続々

やっぱり日本てすごい。「絆」誇りに思います。

とにかくクリックしてCMを見てください。

http://withnews.jp/article/f0160418003qq000000000000000W00810401qq000013302A

| | コメント (0)

2016年4月22日 (金)

移動政調会開催します

   明日、14時30分より長崎新聞文化ホールにて県連による移動政調会開催します。

   昨年度から佐世保、諫早、島原に続いて4ケ所目。

   長崎市他職域団体より種々要望を事前に受け明日回答を行います。

   現場主義!

   傍聴は自由にできますのでお時間あられお近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。受付で私の名前を伝えて頂ければ結構です。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年4月21日 (木)

介護現場の環境改善に真剣に取り組みたい

 介護現場での事故が全国的に取り上げられたなかで、真面目にきちんとやっている事業者にとっては本当に迷惑な話であったと思いますが、現場で働く方の環境改善の必要性がクローズアップされたことは、このような事件を通してというきっかけが皮肉なことですが、改善に向けて取り組みが加速すればなによりだと思っています。

 種々勉強しているなかで下記の事業にたどり着きました。このような評価があれば利用を考える方は参考になるし、事業者の自己改善にもつながると思います。本県も同じようなことは行われていますが、ここまでのところまでは行き着いていません。参考にしたいと思います。お時間ある方はどんなサイトなのか覗いてみてください。

  ↓

http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/hyoka/hyokatop.htm

 今日は天候大荒れです。被災地が心配ですが皆さんも通勤他移動にはお気をつけて。

| | コメント (0)

2016年4月20日 (水)

日本人の強さ

 不幸にも災害が起こるたびに日本人の強さや絆を改めて実感します。

 もちろんこういうことで実感するというより日頃からの積み重ねの結果であることも理解しつつもほんとうに日本に生れ育ってよかったということも感じています。

 FBでは支援の拡散により行政の届かないところに迅速な支援が行われ、一方県庁では災害支援室が設置され、関係する各部から配置されている職員が慌ただしく働く現場を慰問を兼ねて訪問させてもらいました。

 私の周囲の方々も続々と現地入りや既に現地から引き帰ってきた方が沢山おられます。感謝の気持ちで一杯です。

 頑張れ、熊本!九州はひとつ

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

一日も早い復旧を

   昨夜の地震にはほんとびっくりでしたが、今朝の報道での熊本の被害の大きさにはさらに驚き、お亡くなりになられた方には心からお悔やみ申し上げ一日も早い復旧と日常生活に戻れますことを心からお祈りいたします。県、ならびに市では早速給水車等の災害復旧応援の第一陣が出発しています。よろしくお願いいたします。ご苦労様です。

   さて、今日は終日外廻りをしていました。やはり「足で稼ぐ」は大事ですね。いくつかの団体から県や市に対する要望事項を確認することができ来週以降に早速、再度お話をよく聞き対応させてもらうことになりました。原点となる活動ができ今日は満足の一日でした。週末も休みなくきばります!

| | コメント (0)

2016年4月13日 (水)

政務調査費返還

 市議時代の政務調査費について市民オンブズマンから返還請求のあっていた政務調査費72万円を返還しました。

 誤解なきようですが、今回の返還は話題になった野々村元県議の類のものではなく、当時市民オンブズマンが市議会の平成21年、22年の全市議の政務調査費を情報開示請求でチェックし、全ての議員が金額の違いはありますが返還請求されたものです。

 当時の私達の主張は使途については議会事務局のチェックを受け(これは該当しませんよと指摘されたものは除外し)政務調査費として計上していたものであり、なんら当時の認識では不正または誤った使い方ではないという認識でしたが、オンブズマンからみると「不適切」という判断で、21年分は不服として裁判に持ち込んだ方数名以外は私も含めてオンブズマンの主張を認め返還しました(今回と同額程度)。

 そして22年分については市がオンブズマンと争い、こちらも決着が先般つき、返還となりました。

 「議会の常識は市民の非常識だった」とまでは言いませんが、私たちがここまでは認められるだろうと思っていたことが認められず認識を新たにせねばとのことで市議会においてはその後使途の明確化がなされたところです。聞くところでは県議会にも同様にオンブズマンがチェックをかけたとのことですがこちらはよかったようです。

 いずれにしても政務調査費というもの自体がその起こりからして「第2の報酬」と言われていてそもそもがその仕分けが非常に難しいものであるのも事実であり、制度自体にいつかメスをいれる議論をすべき時がこなければならないと認識はしています。それにしてもこの出費はとても痛いです(泣)

| | コメント (1)

2016年4月12日 (火)

のど元過ぎればなんとやら

 すっかり春となりましたね。

 年度替わりで皆さん、お忙しくされてることと存じます。そういう私もここのとこ、参議選の関係で後援会事務所に常駐状態で、自身の活動もままならない状況です。立ち上げのスタート時なので致し方ないのでしょうが、仕事のバランス&時間の使い方を早く調整せねばと思っているところです。

 並行して今は県が国に対して近々働きかけを予定している「政府施策要望」に、県連としてもっと積極的に意見を反映できないか奮闘中です。

 タイトルは「世界遺産」のことです。登録延期となりあれだけ県民はじめ関係者を失望させたにもかかわらず、3月末の申請後はどんな申請をしたのかもなしのつぶて。事前に私は「申請するまではバタバタだろうから何も言わないが申請が終わった後は所管の委員長とも相談して閉会中でも委員会を開催し内容について報告した方がよくないか」と伝えていたのですが、それも全く返事なし。お役所仕事の典型だなと思います。

| | コメント (0)

2016年4月 8日 (金)

義務教育学校

08

   聞きなれない言葉ですが前議会で条例改正された小中一貫教育のことです。今日の長崎新聞に載っていますが、実は興味をもっていて研究せねばと思っていたところです。

   少子化が進行し一方で多様な教育が求められるなかでは、教育的な利点(メリット)もですが、教える側の人材確保の点からも私は推進すべきではないかと漠として思っています。全国でまだ検討の予定がないは54%、他の導入状況の推移を見守るが24%となっていますが現場等の声を聞きながら先行研究してみようと思っています。

   今日は小学校、高校の入学式に出席させて頂きます。桜も前日の雨で散りかけていますが皆様よき週末をお過ごしくださいませ。

| | コメント (2)

2016年4月 7日 (木)

囲い込みNGと常々言っておきながら

   介護の分野で地域包括ケアセンターを老健をもつ法人が運営する場合、自身の施設でのサービス提供を優先させることなきよう行政は指導を行っています。

   今般、市民病院が今建設中の施設完成のフルオープンの際に100床増するベット数のうち半分近くを地域包括病棟のベットにする計画があるらしいとの話を耳にしました。

   それって、その病院で患者を完結させるある種の「囲い込み」とみられても仕方ないかと…新病院計画当時の民間病院との「機能のすみわけ」はどうなったのだろうと。

   折しも地域医療構想策定の時期であり、「ベット数削減ありきではない」ということは確認しつつも医療圏内の医療機能を見定めるなかで自ずとベット数は削減されていく、このことは否定されるものではなく、国は当初よりそこを目標にしていることもあり、今後行政指導等含めてきびしい姿勢で削減を推進していきます。

   そのような環境のなかでなぜに公立病院が包括ケアのベットをもつのか、しかも前述のように削減の方向のなかで…市議会での議論を注目したいと思います。

PS  別に市民病院に恨みつらみがあるわけではないのですが次から次に。それぐらい迷走しています。これでは関わる医療従事者も大変だろうと。一度冷静な検証・検討が必要です。

| | コメント (0)

2016年4月 6日 (水)

知識と経験を活かす

   昨日久しぶりに市役所を訪問し用件を済ませた後、せっかくなのでいくつかの部署を廻り近況を聞きたく挨拶して廻りました。

   そこである部署で市議の頃から随分とお世話になった職員の方から挨拶され話をしたところ、新年度から再任用になったとのことで、よくみるとその方を囲む席は再任用の方がかたまった席に座っていて、いわゆる再任用の方の「シマ」となっていました。

   もちろん全部署廻ったわけではないのでたまたまそこだけだったのかもしれませんし、仕事内容によるのかもしれませんが、私が率直に思ったのはもったいないなあと。

   長年色々な部署を経験し現場のこともよく知る大先輩方。むしろそれぞれの部の係の補助に回るような仕事をして頂き、若い職員を培った知識と経験で指導、助言、相談相手となるような存在になってくれたらと思うわけで、たかだか座席の配置かもしれませんがそこにもっと工夫ともちろん敬意の気持ちをもった席の配置や職種内容であっていいのかなと思います。

   よそはともかく、県はそうであってほしいです。これからもたよりにしています先輩方!

| | コメント (0)

2016年4月 5日 (火)

春爛漫

   週末は花見も盛況であったと思いますが、私も日曜の半日だけ次男を連れて唐八景のハタ揚げ大会に行きました。午後は参議の事務所にて打ち合わせ他。

   昨日は夏の参議選に向けての支援する会の初会合。大きなイベントとしては昨日がスタートにあたる会合であったので、準備等バタバタしていましたがお陰さまで田上市長、市議会議長はじめ500名近くの方にお集まり頂きました。ありがとうございます。

   私は今回の選挙では選対事務局長(現在は後援会活動中)の立場でこの選挙に関わっていくことになりました。後援会事務所は元船町に引っ越しをし既に開設しています。ほぼ毎日常駐となりそうで、自身の活動との兼ね合いも心配されますが、どちらもしっかりやっていきたいと思っていますのでご理解とご支援のほどよろしくお願いいたします。

   昨年の今日は自身の選挙戦の真っただ中でした。厳しい戦いでしたがその時の思いや気持ちを忘れず精進していきます。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »