« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月26日 (木)

引き続いて県議会で

   住民投票条例について昨日市議会で審議されています。結果は「継続審査、県の意向を確認し再度審査」となっています。舞台は次は県に。私も6月議会で個人質問をするので、会派の質問調整はありますが、引き続いて知事に跡地について質疑をしたいと思っています。

   それにしても開会するや総務委員長が辞任とは驚きです。「住民投票に賛同、署名集めにも協力してきたので公平中立な立場での委員会運営ができない」ということでの辞任。解せないですね。それならそれで委員長としてさばけばいいものを。また前述のような事を理由とするなら最初から委員長をしなければよかったのにとも。あわせて投票に賛同している市議の多くが所管の総務委員会に所属していないのもどうしてと思います。なぜなら彼らがこの案件に重きをなしていたのなら委員会所属を決める際に総務委員会の所属になるよう努めていればよかったのにと思うからです。毎年の委員会所属は自身の戦略をもって所属するもので漠として交代で所属を決めるものではありません。

  せっかくなので当初からの思いの一端もこの際述べると、わが国は間接民主主義なのですから住民投票に主体的に参加する前に市議の皆さんはもっと議会の個人質問で市長と喧々諤々議論をしなきゃいけなかったと思います。議事録を読み返しても「市長に要望する程度」でそこまでのものは残念ながら感じられませんでした。

  いずれにしてもここは「議員力」の発揮のしどころ。私は「今回の案件での住民投票はなじまない」という立場で賛成派ではありませんが私なりに県庁跡地への思いを次の議会でぶつけてみたいと思っています。

さりとてあまりに多忙で質問の項目決めすらできてない現況であせっています。

| | コメント (2)

2016年5月24日 (火)

意外に冷静

   教会群の世界遺産の構成遺産2つを外すことに対して県も地元も意外に冷静に受け止めているように思えます。外されたことに対して怒りの気持ちはもたないのか?

   私は予想されたこととはいえ、見送り再申請の際に委員会審査で複数の委員から「構成資産を減らすことはないのか?」との質問に「今のままの14資産でいく。大丈夫だ。」と言い切った理事者の発言をしっかり覚えていて、当時の大丈夫はどこからきた自信だったのか…うがってみれば構成資産の見直しを認識しつつも、自分達から減らすわけにはいかないのでイコモスの助言に沿った専門家委員会のなかで決定した形をとったのかとも思われてなりません。当事者の方達あんまりくやしそうにみえませんし。

   私の心配は、新聞報道ではさらなる構成遺産の除外もその可能性も0ではなさそうで、それよりなにより他の地域の巻き返しで今夏に決定しなかったならばどうなるのか。私は地元とともにこれまで歩んできた活動であり、過去の鎌倉の例もあるなかで、こうなったらあと2、3年先に登録の目標を変更してしっかりと歩んでいくことが望ましいのではないかと今回の構成資産の見直し方針を受けてそう思い始めました。産業遺産もその頃までは今の好調さをキープできそうだとも思っていることも理由のひとつにあります。皆さんはどうお考えですか?

| | コメント (0)

2016年5月23日 (月)

議会開催前

 来月1日から6月議会が始まります。

 私は土日の休みなく党活動に勤しんでますが、今週からはそれにプラス議会の準備も。忙しくも充実した週にせねばです。

 25日には市議会臨時会も開催されるとのこと。こちらも注目です。

 今日は県はある事で大騒ぎになりそうですが、うがってみたらそれも規定路線なのかもしれません。それぐらい担当部署の対応に個人的には疑問をもっています。内容については今夕の報道、明日の新聞で。

| | コメント (0)

2016年5月18日 (水)

MICEは決定?

18   今日の新聞に「民間の整備案調査へ」という見出しで長崎市の事業者への事前説明会があったと記事があります。読むと今後は個別に意見交換を交わし市は調査結果を参考に整備方針を固め公募を行うとあります。

   「MICE施設は市が検討する箱物で一番欲しい施設。失敗は許されない」と副市長談も。

   MICE建設はもう既定路線となっているんでしょうか?私はまだそういう認識にたっていなかったので行政にすれば「手順を踏んでいる」となるのでしょうが、既成事実の積み重ねがなし崩し的に意見が集約されたということにならないのか(もちろんここまできたら引き返しもできないでしょうし)心配というより違和感を持って記事を読みました。

   MICE本体の必要性・建設後のランニングコストならびに収支の議論、また今同時に進んでいる市役所建て替え、公会堂に代わるホールの建設、民間の土地である幸町の活用等、広い視野で物事を議論せねばならないのではないでしょうか…

   かたや、グランドオープンを控えた市民病院では「周産期」「ER」に続き今度は「地域包括ケア病棟開設」の案件が問題視されています。この件については乱暴な記述になりますが個人的に結論だけ述べれば「本市における今後目指す地域医療の視点からすれば市民病院の地域包括ケア病棟は白紙に戻す。現在休止状態である100床は病床減を行うことが望ましい」というもと、慎重な議論を今後関係各所と行っていくことが必要である、との見解をもっていて、これは地域医療構想に関わる話であり、県も他人事はではありませんので県政の立場からこの問題については議論を深めていきたいと思っています。
  これは6年前の原爆病院統合にさかのぼった話で、結局は当時市が「単独でやれる」と判断した後、市民生活に最も直結する医療の課題に対して「人まかせ」にして積極的に取り組んでこなかったつけが廻ってきたもので、この点に関しての市長の責任は大です。

| | コメント (0)

2016年5月17日 (火)

あれ3人だけ?

17 今日の長崎新聞に「市役所県庁移転の是非を問う住民投票」に対しての県議・市議の賛否のアンケート調査の結果が記事になっています。

 これまで私の周囲の同僚県議・市議にこの件について話をした際は住民投票には反対の方が多かったのに、実際に請求が成立したから慎重姿勢なのか反対を示す方は想像した以上に少ないんですね。

 以前にも反対の理由は記しましたので今日は割愛しますが、直近でいえば案件としては今回の内容で住民投票を働きかけるより「駅裏に交流拠点施設(MICEとは言いませんが)の土地を購入する時こそ住民投票を提案するべきだったと思いますが…

 本音と建前、この種のアンケートの「議員心理の微妙さ」を感じた今日の記事でした。

| | コメント (5)

2016年5月16日 (月)

いよいよです

 今日は金子原二郎後援会長崎本部事務所開きを行います。

 あいにくの天気ですが神事を9時半、事務所開きを10時から執り行います。

 区切りとして事務所開きは大きなイベント、いよいよ本格的な戦いの始まりです。私も選対事務局長として参議選に関わっていきます。なにかとご無理をお願いすることもあろうかと思いますがこれから約2ケ月弱よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2016年5月12日 (木)

九州はひとつ

   昨日は終日かけて委員会で来年度の政府施策要望の審査でした。今日は離島半島特別委員会です。

12 12_2

   委員会のなかで今般の熊本災害に対する本県の支援状況の報告がありました。九州はひとつ、関わった皆さまに感謝です。これからもそれぞれの立場で継続した支援を!

以下、本県の被害ならびに支援状況です。
   ↓
○長崎県災害対策本部-平成28年熊本地震に対する対応について.pdf

○長崎県緊急支援室-本県の被災地支援の状況について.pdf

| | コメント (0)

2016年5月11日 (水)

政府施策要望の審査

   今日は政府施策要望の審査日です。審査は一日。

   正直毎年の審査は理事者が作成したものを追認するようなものでしかなく、今年はとばかりに政調会として提案を事前に申し入れしましたが、内容的な吟味が薄かったこともあり提案したほとんどの項目が「既にある」「追記で足りる」「なじまない」というものばかりで、採用されたものはごく少数に留まりました。
 内部でもどこまで提案項目の内容について意思の共有ができているかとの問題も発生し、課題多きトライとなりましたが、来年こそは今年の取り組みを活かし実のある提案にしたいと思っており、今日の審査は項目を追加する視点で審査に臨みます。

| | コメント (0)

2016年5月 9日 (月)

躍動の月に!

   皆さんGW明けでお疲れではありませんか?

   私は結局休みなく党活動~これはこれで疲れていますが今日からまた気持ち切り替え頑張らねばです。

   ただGWに唯一合間をぬって弾丸行程で兵庫県の「ひょうご経済・雇用活性化プラン」を調査してきました。地の利も財政的にも余力がある県の施策を学んで何か得るものがあるのかとの疑問をもたれるかもしれませんが、そのような優位性を持った県の産業振興の内容と本県のを比較した時、施策の視点ややってる内容に変わりはなく、だとするなら同じようなことをやっていても本県は厳しい、すなわちもっと独創性のある施策を考えねばならないということだと考えます。そのためには「民の声」をもっと活かす~今週理事者にはご迷惑かけますが任意の勉強会を実施します。

   兵庫のプランで特徴的だったのは「生活の質と地域の魅力を高める分野」にも力を入れるとのことで、生活充実関連(健康・家事・育児・介護などの生活関連のモノ・サービスにかかる産業の振興)、また商業・商店街の振興施策にも県として種々の施策をうっていて、このことは大いに参考になりました。

   今週は常任委員会、特別委員会も開催されます。

   現在7時前、今から出発し企業朝礼から今日はスタートです。連休明け、皆さん同様気合いれて!

| | コメント (5)

2016年5月 6日 (金)

GW終了

   今日休みの方もいらっしゃるのでしょうが、GWも終わりお疲れ気味の出勤の方もいらっしゃるのではないでしょうか。私は結局休みなしでした。

   地震がおさまらぬなか、県議会は今月に予定していた委員会視察を中止することになりました。代表者会議で決まったことなのでどのような議論のなかで中止の決定をしたのかわかりませんが、私は自粛ムードのあるなか、震災直後であるなら本県も心配があるなかで「地元待機」の意味も含めてそのような決定は理解しますが、あまりに過剰な自粛は当の被災者もそのようなことは求めていず、むしろ例えば観光イベント等も普通通りにやりしっかり稼いでその中から被災者の復興支援のための寄付を拠出するようなことがむしろ望ましいと思います。本県へのキャンセルによる観光の影響も甚大で、次週に開かれる特別委員会ではこの対策も議論されることになると思います。

   いずれにしても本県の熊本への支援行動の早さは群を抜いて他県より早かったと聞いています。これからも寄り添う気持ちを持ちできる支援を継続していかねばです。

| | コメント (1)

2016年5月 2日 (月)

公立病院の役割果たさぬ病院ならば

02

   救命救急の不義理の次はこれです。どこまで自分さえよければの姿勢なのか…今の市民病院に欠如しているのは「対話」であり、地域医療の役割を果たす認識のなさの一言に尽きます。この状態であるならいっそ民間移譲したがよっぽどすっきりするのではないかと思います。

  6月議会に向けアクション起こします。

| | コメント (1)

2016年5月 1日 (日)

GWまっただ中

Img_8258
 
 晴天が続くなかでのGW皆さんいかがお過ごしされていますか。
 私は先月は実を言うと自身の活動もさることながら党活動の比重が大きいひと月でした。しばらくは両立ての活動になりますが、主たる仕事が疎かにならぬようしっかり働きます。

 さて、今日は毎年顔だしさせてもらっている「鯉来い祭り」に。昨年は大雨でしたが今年は暑いぐらいの晴天のなかでの開催。よかったです。

Img_8259_2 Img_8260 Img_8261 Img_8262 Img_8263 Img_8267 Img_8264_2 Image1

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »