« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

決算総括質疑の記事です

27

(2016.10.27 長崎新聞)

| | コメント (2)

決算審査も終盤に

   先週から始まった決算審査も委員会審査は残り二日(予備日プラス一日)となりました。所属する総務委員会は今日が総務部他各種委員会、明日が企画部の審査となっています。

   週末は自民党県連としての明日に行う来年度予算編成への要望項目のとりまとめの作成をしていました。改選後折り返しの年度を控え今年度で県政に対しての自民党県連としての「立ち位置」をしっかりと定めて来年度以降さらに県民の負託に応えるべく取り組んでいるところです。会派全体としての認識の統一が後追いになっている形で先行していますが今年はまずは「形」をつくることが目標としています。

| | コメント (0)

2016年10月26日 (水)

総括質疑本番

   決算審査は総括質疑が1日、所管での委員会審査が4日(プラス予備日1日)で行われます。

   今日の決算総括質疑は会派毎の人数により持ち時間を議会運営委員会で決定し実施されますが、自民党は持ち時間は100分、これを一人でやるも複数でやるも会派におまかせとなっていて、わが会派は毎回おおよそ一人30分位の持ち時間で満遍なく質問者を割り振りながら行っています。ちなみに会派の持ち時間については一人会派の方は10分の持ち時間となっていて、人数だけでみるとわが会派の100分というのは…長崎県議会は一人会派は控室(個室)、議会運営委員会へのオブザーバー参加等、少数会派に十分配慮した議会運営がなされています。

   質疑は10時から。きばります。お時間ある方はネット中継でご覧になって下さい。よろしくお願いします。

| | コメント (3)

2016年10月25日 (火)

決算質疑は難し

   明日10時より総括質疑しますが、自民党会派で100分の持ち時間を3人で質疑しそのトップバッターということもあり、財政全般について質疑せねばならず、かつ代表ですからそうそう自身の考えを強く述べるのも躊躇され、作りこみに苦労しています。

   とにかく明日は40分で以下の質疑を行います。

1、財政全般について
○平成27年度決算に関する知事の所見
○長期的な視点で収支が悪化している要因
○財政指標、基金残額等他県との比較による本県財政運営の課題
○今後の財政運営の見通しと今年度決算踏まえての来年度予算編成方針

2、個別政策の事業評価について
○県民所得、雇用創出施策の成果と検証
○アウトソーシング期待効果と実態の効果
○医療費適正化(抑制)の取り組みについて

| | コメント (1)

2016年10月24日 (月)

秋晴れ

 爽やかな秋晴れですね。清々しい週始めです。
 今週は10/26(水)10:00 県議会議場にて会派を代表し、財政全般について総括質疑を行います。

241
↑10/23(日)民謡舞踊発表会にて挨拶させて頂きました

242_2

244_2

↑今朝地元城栄にて冨岡代議士と辻立ちいたしました。お騒がせしましたがたくさんの手振り有難うございました。

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

全く同感

1011_2

  もう8年も経つのですね。

  当時、統合に賛成し意見を述べたのは市議会では私一人。当時、確かに「時既に遅し」という感がありましたが、「立ち止まって冷静に県からの提案を検討してみてはどうか、その結果、統合しないという結論になっても現計画の足らざるところ、課題がみえてきて計画に反映できるのでは」と述べましたが、その検討の最中にいきなり市長は「足して2で割ったような中途半端な案」をだしてきて「これでやれる」と。

  その結果は、一番市民病院に求めた機能である「26年度のER型の救命救急センターの設置」の約束は実行されず、次に言及した28年度の完全統合の際には実現したいも断念。そして今は3年後には必ずと言っていますが、それも、ではどうやって実現するかは???議会も追及しません。そして病院は4年続けて赤字となっています。

  あわせて、当時の知事が統合場所として「統合するなら土地は必ず購入できる」と言及した駅裏の土地(現交流拠点施設の計画地)は当時の提示された倍以上の金額で市が後年購入に至りました。しかも人がいいというか土壌の汚染対策まで買う側が実行したうえで…

  責任を取らない長の発言は要注意です。出来上がった時にはそのポジションにいらっしゃらないということが往々にしてありますから。

| | コメント (1)

2016年10月17日 (月)

バランス感覚

 選挙において有権者の絶妙なバランス感覚が選挙結果にでるとよく言われるが、まさに昨日の新潟県知事選挙は独走する自民党に対してNOを突き付けられた格好の結果となってしまいました。
 「原発再稼働の可否」という明確な争点での選挙戦に、特に女性や若い層の支持が得られなかったのが自民党の大きな敗因だと思っていますが、最近、「わが党におごり高ぶった姿勢があるのではないか、本当に困っている国民の声をしっかり受け止めているのか」という問いに対して自信をもってうなずくことができない自分がいます。
 絶妙ととらえるなら真摯に猛省すべきです。
 先週末は久方ぶりの県政報告会を開催させてもらい多くの方にご参集頂きました。叱咤激励、元気をもらいました。ありがとうございます。

| | コメント (0)

2016年10月14日 (金)

勝ち抜く

10131_2

10132 10133

 火曜から昨日まで離島半島特別委員会で県外視察に出てました 報告はブログならびに通信で行いますが、海士町の調査は聞きしにまさる「小さな島のとんでもない挑戦」でした。元気と勇気をもらい帰崎できました。

 今日は県美での古代ギリシャ展オープニング、県警機動隊視察他相談事への対応し、夜は県政報告会を行います。 写真は海士町の図書館とそこから見える景色です。

| | コメント (1)

2016年10月11日 (火)

民間ではありえないことを平気で

30_2

   H34の新幹線開通を目指すなかで駅前の再開発も進んでいきますが、その内容についてもこれから積極的な議論とその議論をいかに広く県民に伝えていくなかで県民の声を拾い反映させることに苦心せねばならぬと思っています。心配されるのは駅周辺だけで経済活動が完結してしまうような環境を作ってはいけないということ。そういう視点からも「ここしか成功しない」という市長が進めるMICEも一考の余地ありです。

  写真は長崎駅前、諫早駅前に計画する交通ターミナルの報道ですが、以前からずっと意見していますが知事は頑として受け付けませんが、「県営バス(交通局)のあり方」を検討せずしてこのようなハコものを先行して計画を進めるということは民間企業の設備投資でいけばありえません。それを誰も指摘しない…都合のいい時には外部の検討を引き合いにだしますが、交通局については既に10年近く前に外部の会議に於いて「民間移譲も視野にいれて検討すること」と答申されていますがここはスルーされています。どのようになるにしても現在の環境変化、これからのまちづくり、住民ニーズの変化を考慮すると今が「検討時」だと思うのですが知事いかかですか?

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

お疲れ様でした

  くんちも中日に雨にたたられましたが無事三日間を終え出演された方はもちろん関係者の皆様もほっとされているところではないでしょうか。これで終わりではなくこれから事務的な仕事が残っているわけですが、やはり思うに祭りが毎年行われるのも、地域のコミュニティーがあってこそです。今長崎市は将来のまちづくりの大きな岐路に立たされています。

  新しい力の創出なのか、古きよきものを守りながらのまちづくりをやっていくのか、いやいやその中間を歩むのか…以前から言っていますが将来を担う子どもたちにとってよりよき選択を大人の私たちがしがらみや既存の凝り固まった考えにとらわれることなく取り組んでいかねばです。

  議会は6日で閉会し、私はくんちの三日間はライオンズのボランティアブースでカットパインを売っていました。売り上げは市立図書館の本の購入費に充てられます。

  決算総括質疑の質問者にもなりした。予定では26日10時からの質問予定です。質問通告を先週末行い、これから質問の骨子をまとめていきます。今週も行事てんこ盛ですがきばります。

| | コメント (2)

2016年10月 4日 (火)

今年も残り三月

30

 早いもので今年もあと3ケ月となりました。

 議会は6日が閉会日ですが、落ち着くどころか超バタバタしています。というのは来年度予算要望を2ケ月前倒しで作成していて6日の閉会後知事に申し入れを行う予定だからです。今かなりとんがった要望にすべき悪戦苦闘中なのです。提出後は皆さんにお示しできると思いますので乞うご期待。

 写真は顧問を務める銅座町 のイベント告知です。こちらも是非ご参加ください。

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »