« 運動会シーズンです | トップページ | 権限もつ懇話会にすべし »

2017年5月15日 (月)

是々非々

   昨日は次男の運動会で1種目だけ応援した800メートル走は全学年の12クラス代表で走る競技でした。ですからやはり3年が速く次男は1年生のなかでは1番も順位は真ん中位。不公平と思いつつ、下の学年からすれば体力差を知るいい機会になるんだろうと思ったところです。そう思えばいつも1番だった次男にはいい経験になったかと。

   午前の総務会に引き続き行われた午後の定期大会では28年度の決算報告、29年度の活動方針等が了承され最後は大会アピールで滞りなく大会終えましたが、新役員となった会長よりの挨拶のなかで知事選に触れた発言がありました。

   ほんとに概略になりますが「8年前の衆議選で自民党は116の議席(確かな数字の記憶が?です)しかとれず政権の座から下野した。翌年2月の知事選で金子知事が再度出馬すると思ったが不出馬となり、中村知事が誕生した。その後党本部に行くと、長崎から反転攻勢をかけてくれた、と陳情等に行った際には必ずそのような挨拶を受けた。政権を離れた3年3ケ月は筆舌しがたい苦労があった。そのような経緯をふまえ来年には知事選を迎える。おかしな動きがあったら嘲笑される。しっかり臨まねばならない。」
という趣旨の発言がありました。

   経緯についてはおっしゃる通りですが、まだ現知事が3選出馬されるとも言明されておらず、党としての出馬要請と思われた方も会場にいられたみたいで終わって会場出た際に複数の知人の方から質問を受けました。

   議員団会議でも提案があり了承されましたが、責任ある立場として県政に関わるなかで、現知事が3選出馬を表明しても私達は「白紙で全面的に支持する」ということではなく、中村県政の7年間の検証を行い、いいところは評価、悪いところは悪い、そして注文をつける、というように是々非々で臨むことが確認されています。

   ですから新執行部の最初の仕事は検証作業にどう臨み6月議会を迎えるかです。検証はかなり難しい作業になるものと。求められたら汗をかくつもりでいます。

   今週もきばりましょう!

|

« 運動会シーズンです | トップページ | 権限もつ懇話会にすべし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動会シーズンです | トップページ | 権限もつ懇話会にすべし »