« 本日小屋入り | トップページ | 久しぶりにハーフ走りました »

2017年6月 2日 (金)

地域の絆

   昨日一日小屋入りで清祓いとうちこみで街中を練り歩きましたが、踊り町でない年は、早朝に青年教会の現役の厄入りに出てその後は普通に仕事していて、小屋入りといってもなかば他人事にしか感じないのですが、自分がその立場に立ち一日過ごしてみると、それまでの自治会での準備や当日の各町での応対、それをサポートする自治会の方や青年の方々の交通整理のお手伝い等々多くの方が関わり支えられてこの伝統行事が行われていることがわかります。それはまさに「地域の絆」先人の方達が営々として守り引き継いできたものを私達も次の世代にしっかりとバトンタッチせねばです。
   銅座町南蛮船のメンバーも約1/3が新メンバー、7年に一回の出番ですがこの間、消防団青年部として、また銅座町の各種活性化のイベントでずっと汗を流してきたメンバーです。あと4ケ月練習に練習を重ね本番当日を迎えてほしいと思いながら昨日は終日参加させてもらいました。

   今日は相談事の対応と質問の準備、午後からは高総体の開会式、夜は異業種交流の会に参加します。高総体は32競技に、88校から11767人がエントリー。今年のキャッチは、
「描き出せ 限界点の向こう側」皆さんも応援よろしくお願いします。日程は長崎県高校総体HPでご確認を。

|

« 本日小屋入り | トップページ | 久しぶりにハーフ走りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日小屋入り | トップページ | 久しぶりにハーフ走りました »