« 海の警察 | トップページ | 時間がない »

2017年12月11日 (月)

19歳投票率全国一位を目指そう

1211

先週土曜日は虹ヶ丘連合自治会のスポーツ大会に参加。スポーツといってもグランウド・ゴルフですが、虹小の子ども達と地域の高齢者に学校の先生達で4人一組の混成チームをつくっての団体戦と個人戦。私も競技に参加しましたが、個人戦大人の部は上位は皆さん日頃クラブ活動をやっている高齢者の方が独占でした。昨年からバレーからグランウド・ゴルフに種目変更しました。バレーの時はママさんバレーの方が飛びぬけていて子ども達はラリーが続かずイマイチ盛り上がりに欠けていたのですが、ゴルフは競技中に高齢者と子どもの交流もありなかなかよいです。

   さて、今日は委員会審査二日目、文化観光部の審査となりますが、タイトルにつながる話として、今日の午前中は長崎大学のゼミの授業の一環として90名近くの学生が常任委員会の傍聴に来るそうで、私の所属する総務委員会は委員会室が4常任委員会のなかで最も広い部屋のため40人の学生の傍聴があるそうです。学生は傍聴して終わりではなく、レポートの提出が求められているとのこと。議員心理として日頃もしっかり質疑はしていますが、オーディエンスが多いと張り切る特徴がみられるので、今日の所管部局は大変かもしれません、ご覚悟を(笑)。

   今日の傍聴で学生が政治を身近に感じてくれたらなによりで、いい取り組みをして頂いたと思う中でひらめいたのは、本県でこのような「政治と若者をつなぐ」活動を色々と展開し、結果、「19歳の投票率全国一位」を目指したらどうかと…政治への関心の熟度が高いことを誇れる県になることは「健康寿命日本一を目指す」(数年前の部長の委員会質疑答弁)と同じぐらいに価値のあることだと思い、同僚や知事に一度話してみようと思います。

   皆さん、忘年会シーズンピークでしょう。年末ラストスパート、仕事も夜も体調管理に努めしっかり乗り切りましょう!

|

« 海の警察 | トップページ | 時間がない »

コメント

組織票頼みの政党からすれば、投票率が上昇すると困るのでは?
民衆が政治に興味を持ち、いろいろ探られるのを嫌う政治家も多いと思います。

投稿: pp | 2017年12月11日 (月) 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海の警察 | トップページ | 時間がない »