« 心配される投票率 | トップページ | 笑顔なき勝利 »

2018年1月25日 (木)

首相の平昌出席を評価

   昨日より国会は代表質問が始まっています。時間があればテレビ中継を見たかったのですが、同時刻は寒風のなかマイクで外回りしていました。昨日の寒さのなか、グラウンドゴルフに興じるお年寄りのところでお茶を頂き、しばし地域の話題等の意見交換ができたりと有意義な時間を経験できました。

   で、まだ新聞報道等詳しく承知していませんが、首相が開会式に出席を表明~自民党内部でも反対論続出とのことですが、私は評価します。なぜなら行かないことが国内世論を踏まえても「安全な判断」ですが、あえてリスクを覚悟で訪韓するということはよほどの強い意思、戦略があるんだろうと思うからです。期待しています。

   さて、今日は夕方より講師役。こちらも失礼なきようきばらねば!

|

« 心配される投票率 | トップページ | 笑顔なき勝利 »

コメント

そもそも、投票率「目標」45%設定というものが、県政運営の『おごり』と『甘さ』があるのではないでしょうか。

全県下、投票率合計36.03% また、合併七町を含んでも、合計で30%にさえ届かず、投票率29.50%に終わった県庁所在地の長崎市。

投稿: ほぼ、予想どおりの投票率結果 | 2018年2月 4日 (日) 22:51

今日2月3日(土)の長崎新聞22面に「小島養生所遺構/『完全保存、伝わらず残念』/市議会運営委/一部の医療関係者」が出ています。
宮本祥太記者の記事です。

記事によると「長崎大は『遺構保存・活用に大学として積極的に協力』、日本医師会は『歴史的価値がしっかり伝えられるよう保存・継承を』、県医師会は『完全に保存し適切な活用を』、長崎大医学部は『貴重な遺構を完全に保存してほしいという思いを分かってもらえなかった』との意見」だったそうです。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 3日 (土) 11:01

地方への工場進出は、円相場、株価次第ですね。
再び、超円高、株安となれば一気に冷え込むでしょう。
円相場や株価の乱高下には注意が必要です。
期待している景気が一気に冷え込む可能性もあります。
大型景気から大型不景気が一気に来ることも。。
心構えは常に持っておきたいですね。

投稿: pp | 2018年2月 3日 (土) 08:02

オリンピック会場の劣悪環境にボランティアスタッフ2000人以上が離脱との報道がなされています。
F-1の時に脱出GPと呼ばれた韓国GP同様
Kの法則が発動されただけですから特別驚くには値しませんが自国民に見放される環境ってどれだけ酷いのでしょう。
アメリカの駐韓大使の襲撃事件から3年弱ですし首相の安全は勿論、選手達の安全と環境が気になるところですね。

投稿: | 2018年2月 2日 (金) 23:42

日本で低賃金の地方に、大手・中堅の会社の工場が出来始めています。国内でも、海外のような動きがあるのであれば、地方を活性化する要因になる気がします。中央都市への一極集中は、地方の人口減に繋がり、家督を継ぐ者がいない家は滅んでいきます。賃金は上ったり均一化すれば良いというわけでは無いようです。

投稿: YOU | 2018年2月 2日 (金) 18:23

1月27日(土)の長崎新聞の22面に「NEWS論点/大学教育発祥地の完全保存を/小島養生所問題」が出ています。
齋藤寛(元長崎大学長)・朝長万左男(日赤長崎原爆病院名誉院長)・相川忠臣(長崎大学名誉教授)・稲富裕和(日本考古学協会員)の共同執筆です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 2日 (金) 17:39

今日2月2日(金)の長崎新聞21面に「地域リポート/人口ダム機能/流出止められない県都」が出ています。
宮本宗幸記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 2日 (金) 10:02

今日2月1日(木)の毎日新聞16〜17面に「平成の政治/政治不信、改革の動力/政権交代、期待と失望」が、年表と「平成の主な政党の離合集散」と小沢一郎氏のインタビュー付きで出ています。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 1日 (木) 22:01

美人が多い!

投稿: 食べ物がおいしい! | 2018年1月31日 (水) 07:42

長崎は公共料金が日本一高い都市に認定されている。土地が狭いから家賃が高い。豊かさ指標だかなんだかだと、必ず下位にランキングされる。特に、賃金の低さは定評がある。
。。。こちらが正解でしょう。
大都市はディスカウントストアが乱立してるから安い店が多いでしょう。
田舎に行けば行くほど物価が高い。
離島になると運送費がかかるから、ネット購入しても高い。

投稿: pp | 2018年1月31日 (水) 07:27

県作成の資料によれば、

人口当たりの診療所数:全国3位 同薬局数:全国5位
出生率:全国3位 延長保育実施施設数:全国3位
犯罪率(少なさ):全国3位  刑法犯検挙率:全国5位

と、「健康で、安心に、仕事や子育てができる街」であることが証明されています!しかも物価は都会に比べて低く、老後の金銭的不安も多少は軽減され、人生設計はし易い方だと言えるでしょう。

投稿: N.M | 2018年1月31日 (水) 06:47

今日1月30日(火)の長崎新聞の1面に「東京一極集中が加速/転入超過数、2年ぶり増/2017年人口移動報告/本県転出超過5883人/長崎市はワースト3位」が出ています。
猿渡莉子記者の記事で、3面には「東京一極集中」の関連記事が出ています。

長崎市は1888人の転出超過で、全国の1719市町村でワースト3位。県は「長崎市の人口流出が特に課題。協力して人口減少対策に取り組みたい」としているそうです。

25面に「分析究理所一部取り除き/小島養生所遺構保存問題/市民団体、意見聞かれず不満」が出ています。
宮本祥太記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年1月30日 (火) 06:01

福岡でのアリペイ支払いについてテレビでやってます。
長崎でもキャッシュレスがどんどん進んでほしいです。
長崎スマートカードがタクシーやコンビニで使えるようになるとうれしいです。
小銭を持ち歩かなければならない不便な都市は若者から敬遠され少子化の原因となるでしょう。

投稿: pp | 2018年1月29日 (月) 18:42

今日1月29日(月)の西日本新聞17面に「ながさき雑記/長崎総局長・進藤卓也」が出ています。

要点は「長崎県史によると明治維新の時代の転換点に奉行は英国船で逃げ、市中は大騒動。鎖国という台座の上に安住していた長崎の地位は崩落。大正9年の国勢調査で長崎市の人口は九州1位、全国7位。そこから続く長い陰り。与えれた場でなく、どうして自ら生きる場を作るかが、150年前から長崎の課題。現在も答えを出せないでいる」です。

投稿: 桔梗 | 2018年1月29日 (月) 16:18

今日1月29日(月)の長崎新聞の5面に「デスクノート/報道部・山口恭祐/人口減、正面から論戦を」が出ています。

要点は「1999年版建設白書は自治体がそれまで目指してきた定住人口の増加は今後見込めないと既に指摘。現状を正確に言い当てた。同白書はプラス面も言及、人口減少に対応した経済社会構造の在り方を探る必要があるとした」「人口減を前提にした議論は低調。人口が減っても古里で暮らし続けるための議論を正面から」です。

知事選の論戦だけでなく、いつも考えていなければならない課題だと、私は思っています。

投稿: 桔梗 | 2018年1月29日 (月) 11:37

今日1月28日(日)の長崎新聞の22面に「どうなる!?MICE施設/財政悪化、不安視する声も/長崎市が住民説明会」が出ています。
田下寛明記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年1月28日 (日) 12:38

今日1月27日(土)の長崎新聞の9面に「長崎・新大工再開発組合設立を県認可/事業主体、来月発足」が出ています。
山里悠太朗記者の記事です。

13面には「新市庁舎19階建てに/市民窓口の棟は5階建て/市計画見直し方針」と「長崎駅前横断デッキ/新年度中に整備概要/市議会特別委」が出ています。
田下寛明記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年1月27日 (土) 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心配される投票率 | トップページ | 笑顔なき勝利 »