« 首相の平昌出席を評価 | トップページ | 悶々とした決断 »

2018年2月 5日 (月)

笑顔なき勝利

   知事選、過去最低の投票率で終えました。

   投票率と得票で2つの「45」を目指しましたがはるかに及ばずの結果には自身も含め反省と総括が必要だと思います。そのうえでどうこれから県政推進に取り組んでいくかしばしじっくり考えてみます。

   私も期間中は確認団体の車に乗り県内各地を廻り、ブログも「期間中の一切の政治活動禁止」で自粛しましたが今日から活動とともに再開させて頂きます。

   今日は長崎市土木部の要望活動、土木部・文化観光部のレク、午後からは議員団会議も。気持ち新たにきばります。走りは選挙期間中も含め一日も休まず続けていますが、この寒さ、つらい毎日ですがこちらも!!

|

« 首相の平昌出席を評価 | トップページ | 悶々とした決断 »

コメント

今日2月6日(火)の長崎新聞8面に「三菱重、自動車株売却へ/業績不振で検討、合理化加速」が出ています。

同じく21面には「耐震補強後に解体『無駄遣い』と陳述/長崎の住民監査請求」が出ています。
宮本宗幸記者の記事です。

記事によると「旧佐古小の耐震補強と解体で『約2億6千万円の税金を無駄遣いした』と市民団体が訴えた」そうです。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 6日 (火) 10:27

現状の『長崎県政』投票率推移から、来春の統一地方選挙県議会議員選挙長崎市区は、最下位当選者得票が前回の6,563票から更に下回るのではないでしょうか。◎最低でも議員定数2減の「12」で良いのではないかと思います。◎ぜひ、「かたち」にしてください。

投稿: 有権者の県政に対しての信頼・期待感が薄れていまいか。 | 2018年2月 5日 (月) 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首相の平昌出席を評価 | トップページ | 悶々とした決断 »