« 心をひとつに~西九州新幹線 | トップページ | コメントに感謝です »

2018年2月 8日 (木)

できないと言わない

   昨日は九州各県議会議員交流セミナーが本県が開催県で午後から半日かけてありました。

02081    「グローバル化のなかの地方創生ージェトロの役割」と題しジェトロ理事からと「まちを元気にする」、佐世保のきらきらフェスティバル、YOSAKOIさせぼの仕掛け人の竹本恵三さんの講演&交流会という流れでした。ジェトロの話は地方の中小企業でも十分に海外にマーケットがあるということ、またその逆で九州という地勢を活かして東アジアからの企業誘致も可能であるこということ、また日本の農産物の輸出が諸外国と比べてシェアが低く県産品の輸出についてはのびしろが十分にあるという内容も興味深く聞かせてもらいました。

   後半の講師である竹本さんはイベントで街を活性化させたということで全国的にも有名な方。両イベントを成功させるまでの経過を聞いて感心させられ、とにかくやはり「情熱」を持つこと、その情熱を「伝導」させていくことが大事であることを再認識したところです。
   そのなかで印象に残ったのは「朝会議」。皆忙しいのだから朝の7時からホテルで朝食を食べながら会議をした。そのなかでのルールは「できないと言わない」できる方法を考えた、だそうです。確かに「為せば成る」元気をもらいました。その後の他県との議員との交流も有意義でした。準備とお世話をされた議会事務局の皆さん、ありがとうございました。

   今朝は走りに出た際は外は真っ白でしたが、今(7:00)はもう雪も溶け普通に車も走っています。週後半、連休を前にひと頑張りです。FIGHT!

02082

02083

02084

|

« 心をひとつに~西九州新幹線 | トップページ | コメントに感謝です »

コメント

県知事選挙で県政をチェックするどころか、知事候補の確認団体の車両に乗り込み、選管と見紛うかのように投票率アップ運動に専心、加えて候補者の「提灯持ち・太鼓持ち」をしているように映れば、県政トップ選びがシラケるのは当然だったでしょう。『県庁跡地』活用法は、「潜伏キリシタン遺産」登録の可否も影響するでしょうし、そもそも「ホール」については、整備として決まる迄、県は予算措置さえしません。 来年度予算で県を始め、市町が遺産登録を見込んでいますが、もし登録成らずとなったら、かなりの無駄遣いになってしまうのではないかと思います。見通しを誤った上海航路、教会建築物に非ず潜伏キリシタン、新幹線etc. 議員としての働き今一つながら、当分の間(?)市長選挙を視野に入れている方を含め、特に長崎市選出県議諸先生の御活躍を期待するばかりです。

投稿: 長崎市域に限り、住民は『二重行政』を甘受する覚悟が必要かもしれません。 | 2018年2月17日 (土) 12:27

今日2月17日(土)の長崎新聞の22面に「県庁舎移転1ヵ月/跡地周辺疲弊を懸念/売り上げ半減の店舗も」が出ています。
山口紗佳記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月17日 (土) 09:23

今日2月15日(木)の長崎新聞には、

1面に「来年の長崎市長選/高比良県議出馬へ」が出ています。
田下寛明記者の記事です。

21面に「2018年度市当初予算案発表」で「一般会計2044億円/長崎創生の取り組み推進/新規事業は104件」「解説/思い切った定住施策なし」「1億8800万円の減額/2017年度補正予算案」が出ています。
田下寛明記者の記事です。

21面は「人口減歯止めに注力/子育て支援『地域商社』育成も」も出ています。
宮本宗幸記者の記事です。

28面には「長崎市当初予算案/MICE建設費見送り/71億円/予定業者の参加失格で」が出ています。
田下寛明記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月15日 (木) 19:54

今日2月15日(木)は、

朝日新聞は31面に「大型事業投資目立つ/新年度/長崎市予算案2044億円」が、円グラフ付きで出ています。
真野啓太記者、山野健太郎記者の記事です。

毎日新聞は25面に「長崎市新年度当初予算案/2044億円MICE計上見送り/市長『子ども、地域施策に重点』」が出ています。
浅野翔太郎記者の記事です。

読売新聞は31面に「新年度予算案/長崎市2044億694万円/交流拠点施設事業費見送り」が、円グラフ付きで出ています。
牟田口洸介記者、佐藤陽記者の記事です。

「長崎市長選/高比良県議が出馬表明」は、3紙とも長崎市予算案と同じ面に出ています。
毎日新聞の浅野翔太郎記者の記事が、最も詳しくて長いです。

投稿: 桔梗 | 2018年2月15日 (木) 19:27

今日2月15日(木)の西日本新聞の22面に「県都変新/どうなるMICE―上/誤算/巨大事業急転、市に焦り」が出ています。
中原岳記者、重川英介記者の記事です。

同じく23面には「長崎市長選/『出生率向上を実現』/出馬表明の高比良氏抱負」が出ています。
華山哲幸記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月15日 (木) 11:02

カネをろくすっぽ出すわけでもないのに、悲願と厚かましく宣う経済界を敵に回す保守系かつ市民目線を持った市長選挙立候補者が現れない限り、現職四選は揺るがないのではないでしょうか。1,000を超える市内自治会長の内で、どの程度の人が現職に楯突けるか疑問です。はたして、その数は過半数を超えるでしょうか? 報道により噂される方々で、現職対抗馬として告示日まで手を挙げ続ける人は何人いるのでしょう?MICE計画賛成ばかり候補者による市長選挙になれば(*共産党系候補者は非考慮で除く)、当然ながら現職有利となりませんか。

投稿: 減速望めず、加速見込みの長崎市人口。残念ではありますが、もはや覚悟を要するのでは? | 2018年2月14日 (水) 15:11

今日2月13日(火)の長崎新聞の1面「きょうの紙面」のトップに「次期長崎市長選情勢」が出ています。
22面に「市議が出馬意欲、県議も表明へ/来年の長崎市長選/田上市政へ不信感高まる」が出ています。
田下寛明記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月13日 (火) 10:20

今日2月10日(土)の長崎新聞の26面に「MICE建設業者変更へ/長崎市、事故で鹿島失格に」が出ています。
田下寛明記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月10日 (土) 10:24

今日2月9日(金)の西日本新聞の25面に「県財団のビル誘致低迷/クレインハーバー長崎ビル/26億円投じ、入居まだ1社」が出ています。
「県都変新シリーズ」で、重川英介記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 9日 (金) 16:15

今日2月9日(金)の長崎新聞は、1面に「公取委、取引先再調査へ/FFG・十八統合/銀行側、打開へ動く」9面に「競争環境の変化焦点/新潟の統合承認刺激に」が出ています。
どちらも田賀農謙龍記者の記事です。

同じく11面には「行政範囲の変動激しく/本県の成り立ち/一時は佐賀含む“大長崎県”」が出ています。
「文華150年/長崎の明治維新シリーズ」で、次回は3月掲載。関根めぐみ記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 9日 (金) 09:20

今日2月8日(木)の西日本新聞の28面(経済面)に「FFG・十八銀統合/公取委、再アンケートへ/長崎県内/可否判断へ3000社対象」が出ています。
吉田修平記者の記事です。

投稿: 桔梗 | 2018年2月 8日 (木) 12:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心をひとつに~西九州新幹線 | トップページ | コメントに感謝です »