« 悶々とした決断 | トップページ | できないと言わない »

2018年2月 7日 (水)

心をひとつに~西九州新幹線

   昨日、新幹線議連の役員会が行われました。

   今月22日に知事・議会代表・経済界その他関係者で上京し関係機関への「フル規格」の要望活動を行う。3月議会以降での東京での「総決起大会」、そして佐賀県への働きかけをすることが了解されました。

   私個人的には「フル規格よりもミニ新幹線が現実的な選択ではないか」という思いをもっており、この点については新幹線与党PTでの年度末に公表される予定の「フル規格、ミニ、フリーゲージでの比較検証」を踏まえて議論をしていきたいと考えていますが、いずれにしても佐賀県への働きかけをもっと強く行うことが大事で、会議のなかで「官民一体となった佐賀県への働きかけが必要。私達のこれまでの佐賀県への要望活動は長崎の新聞で記事になることはあっても佐賀県のなかでは報道されていない。佐賀県民が長崎が一生懸命になって行動していることを知ってもうらうことが肝要でありバスを連ねてでも早期に活動をすべき」と意見し、この点については3月議会前に行うこと、その際には佐賀県だけではなく佐賀市に対しても要望活動を行うこととなりました。

   これまでの議会の質疑のなかで知事は「佐賀県に理解を求めるため、3つの工法での佐賀県への経済効果の試算をだして説得にあたりたい」と答弁しており、その試算も1月末を目途としていたので出来上がっているのだろうと思います。ここ数か月が山場となりそうです。

|

« 悶々とした決断 | トップページ | できないと言わない »

コメント

たとえ、フル規格整備になったとしても、『あぁ、それは良かったですね』と思う程度です。道路整備のほうが便利なように思います。

投稿: 「県民は、」とは申しませんが、私は冷めています。 | 2018年2月 7日 (水) 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悶々とした決断 | トップページ | できないと言わない »