« 県産でもこれだけのものができます | トップページ | 今日から個人質問が始まりました »

2018年3月 9日 (金)

人間力の追及

   昨日今日は議案調査で休会日となっており、来週の質問の準備や相談事の対応他こざこざと動いていました。今日も同様朝一事務所に出、その後県庁に入ります。
   そして今夜は予定を入れず早く就寝し翌土曜の夜中の03時に松山陸上競技場前に集合しバスでマリンメッセ福岡に向い、08時から開催される実践倫理宏正会の「H30九州地区春季講演会」に参加します。月一、05時からの朝起き会に参加させてもらっていますがこの種の大会は初参加で当然初めて上廣会長のお話を聞く機会がもてとても楽しみにしています。

※実践倫理とは

自分で課題を見つけ、「人間力」を培う
   実践倫理宏正会では人間力を、「人生を切り拓いて生き貫く能力」ととらえています。それは、どのような状況に直面しても取り乱したり悲観したりすることなく、的確な判断をすることができる能力です。
とりわけ困難な状況に直面したときに発揮される力であり、その困難をバネにしてさらに鍛えられていく力でもあります。こうした力こそ、社会教育団体であるわが会が創設以来、一貫して追及してきたものなのです。   一平成30年「年頭之辞」より一

|

« 県産でもこれだけのものができます | トップページ | 今日から個人質問が始まりました »

コメント

一部の県議が、県民及び県出身県外在住者らによる県庁舎移転反対運動が巻き起こった経過から、もう既に多額の費用を掛けて、移転新築したのだから、『精一杯、新築庁舎を「使い倒す」つもりで活用する』と意見しておられるようですが、それは必ずしも『信』を得る政治感覚・センスかどうか危うく思います。

投稿: 「行政庁舎」としては、行き詰まり、解体若しくは民間等への転用の道に進んだほうが教訓となり良いのではないでしょうか。 | 2018年3月12日 (月) 10:35

今日3月12日(月)の長崎新聞の23面に「新県庁舎供用2ヵ月、実情は?/県民の憩いの場/必死に弁当確保/開放的空間…でも記者には『壁』」が出ています。
猿渡莉子記者の記事です。

長崎市は、長崎県と同等か同等以上の快適な職場環境を得たいのでしょうから、プロである記者の皆さんの「取材力」が、読者である住民の得られる「情報の質」を決めることになりますね…。

スーパーマンの職業は、新聞記者です。記者の皆さんのご活躍に、期待しています。

投稿: 桔梗 | 2018年3月12日 (月) 08:49

Bは、aとb,cとdの直線距離がほぼ同じであるならば、等高線間隔対比は倍のようです。よって、ウが正しい。問1(2)は、図示の左右両方共に、『火山』は無いようです。よって、アの火砕流は外れ。他の選択肢で災害想定が最も共に出来るのは、イの土砂災害。◎優秀な長崎市職員は全員正答するでしょうし、長崎市議会議員の中には一部危うい方々がいらっしゃるでしょうけど、大方の議員は公立高校出身で無くとも正答すると思います。たぶん?いや、そう期待しています。

投稿: 先行コメント投稿を補います。 (なお、先行コメントで、補足→250以上300以下 です。) | 2018年3月 9日 (金) 13:36

公立高校出身者で無くとも解ける、易しい良問だと思います。

投稿: 極めて易しい問題ではないでしょうか?問1(1)は、P点は山頂の表示が「358」で、それよりやや低いのに対して、Q点は等高線を辿れば、「250」「300」です。よって、Aは誤り。Bは、「aとbの間・cと | 2018年3月 9日 (金) 13:19

今日3月9日(金)の長崎新聞25面に「県内公立高校入試問題/社会」が出ています。[3]問1は地形図の問題です。中学3年生が答える問題ですが、長崎市の職員は正解が分かるのでしょうか?

投稿: 桔梗 | 2018年3月 9日 (金) 09:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 県産でもこれだけのものができます | トップページ | 今日から個人質問が始まりました »